教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

グローバル化はなぜ矛盾を抱きかかえているのか

2014-03-30 04:47:33 | 
リキッド・モダニティを読みとく: 液状化した現代世界からの44通の手紙 (ちくま学芸文庫)
クリエーター情報なし
筑摩書房


☆私たちの身の回りは、

☆「グローバル」という言葉で満ちているが、

☆言葉は、現実を引き寄せているから、

☆自分の生活は、もはや「グローバル化」の空気で満たされている

☆といえる。

☆だから、ウクライナの話も、

☆9・11の話も

☆実はフクシマの問題性と同じ矛盾の構造を孕み

☆路上で突然きれて、なかば計画性もあるのだろうが、

☆人の道をそれてしまうのも

☆アブ・グレイブ収容所で起こってしまったことも

☆同じ構造なのである。

☆すべてはアウシュヴィッツと同じ構造である。

☆グローバル化の行きつく先が、

☆アウシュヴィッツだというのではない。

☆現段階のグローバル化は、

☆家族の中で起こっているDVも、

☆学校の中で起こっているいじめも

☆部活の中で起こっている体罰も

☆会社の中で起こっているパワハラも

☆社会の中で起こっている差別も

☆国家の中で起こっている格差も

☆世界で起こっている化石燃料の奪い合いも

☆世界で起こっている人権蹂躙も

☆アイヒマン構造と同じであることが

☆スマホで

☆タブレットで

☆要はウェブで

☆テレビで

☆要はメディアで

☆手に取るようにわかる時代であるということ。

☆グローバル化は、最終的には

☆アイヒマン構造を解体する越境性にあるわけだが、

☆現段階では、そこにいくまで、あらゆるところに

☆アイヒマン構造があることを

☆噴出させているために

☆グローバル化は矛盾を孕んでいるようにみえるのである。

☆最終的には、

「自分に合ったものを選び取る自由」

☆に満ちた社会がグローバル世界なのだが、

☆アイヒマン構造がある限り、

☆リーマンショックを引き起こすトリガーに

☆なってしまう表層的な

☆ビジョンだと思われてしまう。

☆ここにグローバル化が足踏みして、

☆アイヒマン構造を解体できない矛盾が立ちはだかる。
コメント

デフレ脱却?外国人投資家売り越しなのに。

2014-03-29 03:35:01 | イノベーション
☆時事通信 3月28日(金)16時58分配信 によると、

 菅義偉官房長官は28日午後の記者会見で、2月の生鮮食品を除く全国消費者物価指数(CPI)総合指数が前年同月比1.3%上昇、9カ月連続のプラスとなったことについて「デフレではなくなってきていることが確認される内容だ」と評価した。

☆デフレ脱却の兆しは大いに結構だが、

☆外国人持ち株比率が28%を超える今、

☆外国人投資家の売り越し動向に不安の声もあがっている。

☆消費税増の様子をみてみようという一時的なものなのかどうか。

☆そんな中、羽田の国際線枠の増加の話も出ている。

☆一方で、ファミマ韓国撤退の話題も。

☆マクロとミクロ

☆富裕層生活と消費者生活

☆などが、グローバルな局面で液状化している。

☆そんな実感を、アマゾンで本ばかりでなく日用品や食品までも購入しながら

☆感じている。

☆グローバル人材育成は、この液状化した近代に突入したがゆえに

☆たしかに必要なのであるが、一部の限られた人材だけではなく、

☆私たち1人ひとりがそうならざるを得ない。いやすでに生活圏は

☆グローバルな動きに囲まれているのだから。
コメント

DeNA 「アプリゼミ」で教育事業に新たな波?

2014-03-25 07:08:22 | 文化・芸術
☆TechCrunch Japan 3月24日(月)19時7分配信 によると、

スマートフォンやタブレット向けの知育、教育サービスはネットサービスのトレンドの1つだ。知育アプリを手がけるスマートエデュケーションや教員と生徒向けのクローズドなSNSを提供するednity、先生間の情報共有向けSNSのSENSEI NOTEなど、スタートアップだけでもプラットフォームからコンテンツまで、ありとあらゆるサービスが提供されてる。

そんな中で、ディー・エヌ・エー(DeNA)が通信教育アプリ「アプリゼミ」を3月20日にスタートし、教育事業に参入した。サービス自体は2013年末に発表されていたもとなる。iOS、AndroidそれぞれのOSに対応しており、当初は「小学1年生講座」のみを提供、新1年生向けに算数と国語、さらに小学校低学年向けの英語の3教科を提供する。保護者向けには進捗確認やメールでのお知らせ機能、分単位の学習時間設定といった機能も提供する。


☆先行するのは、

☆ジャストシステムの「スマイルゼミ」
(2012年11月開始。専用端末を使用し、1年継続で端末代金無料。月額3600円)

☆ベネッセの「チャレンジタッチ」
(3月末提供開始。専用端末を使用し、半年継続で端末代金無料3250円)

☆などだが、これらとの違いは、

☆アプリゼミは、

・端末に依存しない
・月額は980円(アプリゼミサイトから購入した場合。アプリストアからの場合1000円)
・さらに4、5、6月はサービスを無料化

☆サービス利用までの障壁が低い。それに、

アプリゼミでは、DeNAがゲームなどのサービスで培ったノウハウをもとに、難易度調整やリワード導入などをして、教育とエンターテインメントを組み合わせた「エデュメント」を実現するという。これによって勉強が好きになるだけでなく、自ら取り組み、身にけるというサイクルを作るという。教材は、NHKエデュケーショナルが監修する。

☆いろいろな教育ネットサービスが競争市場を創る。しかし、コンテンツが変わらない。つまりカリキュラムが変わらない。従来型のまま。結局学校→塾→紙の通信教育→ネットサービスの通信教育に変化しただけで、新しい市場となるのはもう少し待たねばならない。

☆いずれにしても、ネットサービスで教育が行われるようになると、ある飛躍が期待されることは確かであるが、それはまだこれから。
コメント

神戸の高校生 がん研究で学会発表♪

2014-03-17 06:31:29 | イノベーション
☆神戸新聞NEXT 3月16日(日)17時0分配信  によると、

神戸高校(神戸市灘区)総合理学科の生徒が、19~21日に仙台市で開かれる日本薬理学会年会で、姫路独協大(兵庫県姫路市)と共同研究した成果を発表する。内容は、抗がん剤が効きにくいとされる腎臓がん細胞を死滅させる方法。同学会によると、高校生の発表は極めて珍しいという。

☆この記事で重要なところは

☆「同学会によると、高校生の発表は極めて珍しいという」ところだ。

☆これはどういう意味だろう。

☆高校生のレベルで珍しいということか?

☆それとも、制度的に難しいということか?

☆もちろん、後者。

☆「学習指導要領」にがん細胞を死滅させる実験などの項目はないのに、

☆それを逸脱しているということだ。

☆それが許されたのはなぜか?という重要な意味が横たわっている。

☆部活ならいいじゃないかというかもしれないが、

☆一部活で、顧問の先生の意向で専門的医療機関と研究をコラボすることはまずないだろう。

☆学校単位で取り組まない限り、責任問題があって無理。

☆私立学校ならばできるかもしれないが、

☆「学習指導要領」に縛られている公立学校では、逸脱は難しいだろう。

☆ところが、今回は学校単位で取り組めた。

☆なぜか?

同高は、理数教育に重点的に取り組む「スーパーサイエンスハイスクール」(SSH)として文部科学省から指定されている。今回の研究は、2年生7人が3年生の成果を引き継ぐ形で行った。

☆つまり、SSHとして特例が認められている環境の学校であるということ。

同高の発表は19日。矢上教授は「高校生がここまで調べたのは画期的。SSHの生徒の実力を見せて」とエールを送る。山本健裕君(17)は「実験機器に慣れ、専門用語が並ぶ英語の論文を読むのが大変だったが、本格的な研究で有意義だった。専門家が集まる場所でいろいろ学びたい」と意気込んでいる。

☆逆に言えば、「学習指導要領」では、創造的才能の芽を摘んでしまう可能性が顕在化したということ。

☆それゆえ、各自治体は実質「学習指導要領」を超える「発展的学習」を行うガイドブックを出し始めている。

☆問題は、この「発展的学習」を行っても、高校入試や大学入試で出題されなければ、ミニマムしか教えないというのが現状だろう。

☆次回の学習指導要領改訂は、そこまで予め射程に入れて改訂しなければならない。

☆エッ!また知識が増えるの?

☆いや、テストの出題形式を変えるだけの話。

☆基本知識以外は、問題を考える条件として「提示」してしまえばよいのである。
コメント

まど・みちおさん逝く104歳

2014-03-01 05:57:43 | ひと
☆昨日、まど・みちおさんが亡くなった。

☆いつも子どもたちとまど・みちおさんの詩を

☆共有してきた。

☆これからも

☆そうしていくだろう。

みかん

みかんみかん

まっかだね

やまで ゆうやけ

みてたでしょ


みかん みかん

つめたいね

ばんには おほしさま

みてたでしょ


☆目の前の事物に横たわる

☆色鮮やかな存在の実感。

☆こどもたちが目に見えない大切な実感を

☆自分の中に見いだして

☆ため息をつく。

☆まど・みちおさんの詩はどれもそうなのである。

コメント