教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

米国 デフォルトも辞さない?

2013-10-15 01:46:22 | オバマ大統領
☆TBS系(JNN) 10月14日(月)18時32分配信 によると、

ニューヨークの自由の女神、アメリカの予算が通らず閉鎖されていましたが、ようやく再開されました。しかし、国の借金=債務の上限引き上げ問題はまだ決着していません。原因は、保守的な活動家「ティーパーティー」が支持する議員が反対しているからです。彼らは下院議員の15%と少数派なのですが、今や世界経済の命運を握るほどの力を持っています。

2010年に成立した医療保険改革法、通称「オバマケア」。6人に1人という保険を持たない人を救済し、国民皆保険制度を目指すオバマ大統領が打ち出した看板政策です。しかし、オバマケアでは、従業員50人以上を抱える雇用主に対して従業員を保険に加入させる義務が生じ、違反すればペナルティーもあります。70人の従業員を抱えていたジャックさんは、保険料を支払わなくて済むよう、スタッフの一部を解雇することを余儀なくされました。そして、オバマケアの撤廃を主張する“あるグループ”に共感を覚えたと語ります。


☆オバマケアはある人には画期的で、ある人にとっては抑圧的。

☆そのせめぎ合いは、私たち日本人には理解しえない。

☆というのも、テレビで

「(オバマ大統領は)皇帝でも国王でもない。そして我々は彼の家来でもない。我々は国民なのです」(トラック運転手 アーネスト・リーさん)

☆という日本語訳になっていたが、アーネスト・リーさんは

We are citizens.

☆と語っている。米国の国民と日本の国民ではどうやら、

☆かなり意味合いが違うようだ。

☆Xdayまであと2日。さてどうなるのか。

☆万が一の時には、日本もデフォルトのダメージをうける。

☆共和党の良識的判断に期待するが、

☆彼らは、自分たちが良識だと思ているだろうから、

☆期待できるのだろうか。

☆もし回避できなかった場合、学校で問題解決力なんて言っているけれど、

☆役に立たないことになってしまう。

☆グローバリゼーションの時代、一市民が、グローバルな政治に参加するには

☆いかにしたら可能か?それを学ばない限りなんてことにならないだろうなあ・・・。

☆私たちの国の自治体で住民投票も自分たちの自由にならない「国民」であるのに。

来るべき民主主義 小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題 (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎

コメント

オバマ大統領にエールを贈るワケ

2013-01-22 07:46:50 | オバマ大統領
☆オバマ米大統領は21日昼(日本時間22日未明)、

☆ワシントンで行われた2期目の就任演説を行った。

・米国の可能性は無限

・経済回復

・対テロ戦争を終わらせる

・中間層の成長こそ米国の繁栄

・医療費の確保=将来世代への投資優先

・「米国は地球上のあらゆる場所で、強固な同盟の中心であり続ける」=「アジア、アフリカ、中東にいたるまで、我々は民主主義を支援する。我々は自由を切望する人々のために行動する」

・地球温暖化問題の解決

☆もちろん、将来世代への投資優先に教育支援も忘れていないだろう。

☆可能性は無限という背景には、米国の文化としての哲学があるのも忘れてはならない。

☆ここ数年サンデル教授が注目されてきたが、

☆米国は多様な個人をコミュニタリアニズムによって

☆協力する体制をつくる世界の拠点になろうとしている表明である。

☆おそらく、保守にもリバタリアンにも進まない。

☆かといって、リベラリズムにも進めない。

☆この理念は財政の崖をうまく乗り越えることができないからだ。

☆そして戦争やテロを回避できないからだ。

☆オバマ大統領にエールを贈らねばならないワケは、

☆この新しい地平を拓いたと未来から歴史を振り返ったときに

☆評価されるであろうからだ。
コメント

オバマ大統領の信念

2013-01-15 07:01:00 | オバマ大統領
☆日経新聞2013/1/15 2:33 によると、

オバマ米大統領は14日、ホワイトハウスで記者会見し、連邦債務上限引き上げを巡る議会との交渉について「上限の引き上げはさらなる歳出を認めるものではなく、すでに議会が認めた歳出の支払いを認めるものだ」と述べた。上限引き上げと引き換えに医療費などの歳出削減を求めている共和党をけん制し、議会側に無条件の引き上げを求めた発言だ。

オバマ大統領は財政赤字の削減が急務になっているとの認識も示し、税制改革などによる歳入の増加や医療費の伸び率の抑制などに取り組む意向を表明。一方で、債務上限の引き上げ問題について「夕食に出かけて好きなものを食べるだけ食べて、支払わずに出かけるようなものだ」と述べ、歳出削減の議論とは別問題との認識を示した。


☆「夕食に出かけて……」のレトリックが

☆すてきだ。こんなに日常的なトピックで

☆米国経済を語りきってしまうとは。

☆いや、それだけではない。世界経済への問題も含んでいる。

☆この身近なケースを根本的な問題に結びつけるレトリックの方法を

☆学びたい。それにしても、3つの課題をどのように乗り越えるか

☆その経過も見守りたい。というのも大小の違いはあっても、日本でも同様のケースが

☆あるからだ。

①米金融規制改革法(ドッド・フランク法)の実施急務。

②米国の財政責任による経済回復を確実に実現するという信念。

③国際通貨基金(IMF)・世銀総会や主要国首脳会議(G8サミット)の舞台における新米財務長官ルー氏の活躍。

☆それと銃規制関連の立法の成立。銃の存在そのものが「抑圧」の象徴である。
コメント

オバマ大統領 ミャンマー訪問 「対話と圧力」

2012-11-20 06:54:14 | オバマ大統領
☆時事通信(2012/11/19-12:38) によると、

オバマ米大統領は19日午前、ミャンマーの最大都市ヤンゴンに到着した。米大統領のミャンマー訪問は初めて。半世紀に及んだ軍政支配から民政移管にかじを切ったミャンマーの改革を歓迎し、さらに後押しするのが最大の目的で、オバマ政権が掲げる対話と圧力による「関与政策」の真価を問う機会となる。

☆この「対話」の構造はどうなっているのだろうか。

☆テロなどが起きたときに危険レベルが設定されるから、

☆そのレベルに応じて対話と圧力のレベルも設定されているはずだと思う。。。

大統領はこの日午後、民主化運動の拠点となってきたヤンゴン大学でミャンマーの市民社会に向けて演説を行い、学生や市民らに改革の当事者になるよう語り掛ける。市民代表らとも面会し、米国による民主化支援の継続を伝える方針だ。

☆このエールは、日本では誰に贈られるのだろう。

☆それはともかく、このエールは「対話」なのか「圧力」なのか、それとも両方なのか。。。
コメント

オバマ大統領再選

2012-11-07 18:02:38 | オバマ大統領
☆オバマ大統領再選の意味は

☆中間層の支持というところに横たわっている。

☆もはや格差社会は嫌だという

☆話。

☆欲望資本主義や災害資本主義が崖に直面したということ。

☆しかし、改善はない。

☆大きな政府は、欲望資本主義や災害資本主義が支えるしかないからである。

☆もちろん、中間層が、生き方を変えるというのなら、

☆話は別だ。

☆しかし、EUの債務問題にしても

☆米国の中間層のオバマ大統領支持にしても、

☆モチベーションは、自分たちの配分を多くしてほしい

☆というリバタリアニズムというところが本当のところだろう。

☆しかし、中間層だからリバタリアニズムの動きが

☆民主党の政策は、リベラリズムに映るのである。

☆個々人はリバタリアン。でも社会はリベラリズム。

☆そして引き続き、下院は共和党で、上院は民主党。

☆信条と権力のダブルねじれ。

☆メビウスの輪というよりほかはない。

☆欲望を公正に転換する資本主義を

☆5年後どこの政権が導き出すかだ。

☆もちろん、企業が生み出すのだから、

☆企業と密に組んでいる方だろう。

☆ただし、いわゆる大企業ではない。

☆クリエイティブクラスがつくる

☆創造性が最大の起業とである。

コメント

大衆民主主義に挑むオバマ大統領???

2010-07-22 20:16:47 | オバマ大統領
☆ CNN(7月22日14時15分配信)によると、

ワシントン(CNN) 米国民のほぼ半数が、2012年の米大統領選でオバマ大統領は再選に値しないと考えていることが、米キニピアック大学が21日に発表した世論調査で分かった。それによると、回答者の48%が「オバマ大統領は再選に値しない」と答え、「再選に値する」の40%を上回った。・・・・・・過去の調査を見ると、1994年にビル・クリントン元大統領が再選に値すると答えたのは38%のみだったが、同氏は再選を果たしている。

☆社会正義より個人主義?

☆規制より自由?

☆それともそれはエゴ?

☆よくわからないが、

☆ケインズによれば、結局は本質より

☆人気である。

☆人気は好き勝手が何よりであるということか?

☆しかし大衆の勘も意外と正しいかもしれないし。。。

☆人間の本質は良い加減なものかもしれないし。。。

☆ムムムムム。。。。。。。
コメント

U.S.News ベストプレジデント オバマ大統領15位?

2010-07-06 11:05:17 | オバマ大統領
U.S.News(2010年7月2日)によると、ベストプレジデントのランキングで、オバマ大統領は15位。このランキングの意味が何を示唆するのかは、にわかにはわからない。

☆オバマ大統領は、スキル的にはコミュニケーション能力が、パーソナリティの資質としては想像力が高く評価されている。これはわかるような気がする。

☆ジョージ・W・ブッシュ前大統領は、ワースト5位。これもわかるような気がする。

☆ともあれ、今回、本誌で公表された歴代大統領のランキングは次の通り。

1. Franklin D. Roosevelt

2. Theodore Roosevelt

3. Abraham Lincoln

4. George Washington

5. Thomas Jefferson

6. James Madison

7. James Monroe

8. Woodrow Wilson

9. Harry Truman

10. Dwight D. Eisenhower

11. John F. Kennedy

12. James K. Polk

13. William Clinton

14. Andrew Jackson

15. Barack Obama

16. Lyndon B. Johnson

17. John Adams

18. Ronald Reagan

19. John Quincy Adams

20. Grover Cleveland

21. William McKinley

22. George H. W. Bush

23. Martin Van Buren

24. William Howard Taft

25. Chester Arthur

26. Ulysses S. Grant

27. James Garfield

28. Gerald Ford

29. Calvin Coolidge

30. Richard Nixon

31. Rutherford B. Hayes

32. James Carter

33. Zachary Taylor

34. Benjamin Harrison

35. William Henry Harrison

36. Herbert Hoover

37. John Tyler

38. Millard Fillmore

39. George W. Bush

40. Franklin Pierce

41. Warren G. Harding

42. James Buchanan

43. Andrew Johnson




コメント

オバマ米大統領の学生ローン改革の意図は?

2010-04-01 20:04:05 | オバマ大統領
オバマ米大統領は、基本的内容について先に成立していた米医療保険改革法について米議会が可決した修正案に30日署名し、同法が成立した。同法には学生ローンの支援策も盛り込まれている。・・・・・・民間の銀行が学生ローンを提供する制度が廃止され、米教育省が学生に直接融資する制度が拡大される。オバマ大統領はバージニア州アーリントンのノーザン・バージニア・コミュニティー・カレッジでの学生向け演説で、新制度により680億ドル(約6兆3118億円)を節約できる見通しに加え、学生と銀行業界の間の争いが終了するとの見解を示した。(ウォールストリートジャーナル・日本版

☆680億ドルのうち、100憶ドルを連邦財政赤字の補てんにあてるらしいが、

☆1兆ドルをはるかに超える財政赤字にとって有効だろうか。

☆むしろ、教育にかかる費用や教育の内容を

☆民間の手から引き上げようというのが本位ではないだろうか。

☆新自由主義的な思考から転換したわけだから、

☆理屈の上では、そうなるのではないか・・・。
コメント

ついに米医療保険改革法が成立

2010-03-24 03:21:08 | オバマ大統領
オバマ米大統領は23日午前(日本時間24日未明)、今後10年間で3000万人以上の無保険者を解消する医療保険改革法案に署名し、同法が成立した。米史上で初めて国民のほとんどをカバーする皆保険制度を導入する内容。大統領は署名式典で「歴史的成果」を強調した。歴代政権が挫折してきた難問を最優先に取り組んできた大統領にとって大きな勝利で、11月の議会中間選挙へ弾みを付けたい考えだ。2010年3月24日1時3分配信 時事通信

☆「歴史的成果」・・・。

☆この評価は難しい。

☆日本人にとっては、

☆むしろ当然なのだろうが、

☆この当然という感覚が

☆検討される必要もあるかもしれない。

☆国家のデザインと

☆企業のデザインと

☆個人のデザイン・・・・・・。

☆当面ぶつかり合い揺れ動く。

☆しかし、人類の幸せのためにであれば、

☆それでよいということだろうが・・・。
コメント

米国 核廃絶は唱えるが武器は売る

2010-01-31 09:20:35 | オバマ大統領
米国防総省は29日、台湾に対し、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)システムなど総額64億ドル(約5760億円)の武器を売却する計画を議会に正式通告、中国政府にも通知した。議会が30日以内に異議を唱えなければ、売却は実行される。(時事通信2010年1月30日6時43分配信)

☆世界が軍備を解除する

☆時代は幻想にすぎないなのだろうか。。。

☆権力をとらずに世界を変えるとしたら

☆軍備をなしにすること以外にないが、

☆理想すぎるか。。。
コメント