教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

ダ・ビンチの認識

2006-01-20 19:31:15 | ダ・ヴィンチ手記
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

どのようなものであれ認識するということは常に知識
に有益である。けだし無用なものを自分から追放って
よきものを保存することができるであろうから。
それゆえ、まず第1にその物の認識を有たないならば、
いかなるものを愛することも憎むこともできぬ。

「レオナルド・ダ・ヴィンチの手記(上)」岩波文庫

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ダ・ヴィンチにとって
知識があっても認識がなければダメということか。
感覚で対象を感じているだけでは愛することも
憎むこともできない。対象を感じることとそれに
何か思いを重ねることも別のもの。

知識には無用なものもあるということか。
認識は誤らないのか。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

考えること少なきものはあやまつこと多し。

「レオナルド・ダ・ヴィンチの手記(上)」岩波文庫

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ダ・ヴィンチにとって
認識とは考えることだと仮定しよう。
すると認識することが少ないと誤る確率が
高くなるということか。

誤るものも知識と化するが、
それは無用なものなのだな。

今なぜダ・ヴィンチか。
考えること
認識すること
が大事だからだ。

考えること
認識することとは
いかなることか
経験することだということだ。

自ら次のように言う。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

経験の弟子レオナルド・ダ・ヴィンチ。

「レオナルド・ダ・ヴィンチの手記(上)」岩波文庫

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こうも言う。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

権威を引いて論ずるものは才能を用いるにあらず、
ただ記憶を用いるにすぎぬ。

「レオナルド・ダ・ヴィンチの手記(上)」岩波文庫

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

考えること
認識することは
反権威・権力

記憶するだけは
親権威・権力

なんという当たり前の
それでいて美しい真理。


コメント