教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

未来からのメッセージ

2005-10-31 16:12:36 | 学習ツアー
ここ1週間ほどロサンゼルスにいるが

ローザ・パークスの死
スモーリー氏の死

のニュースを聞いた。

そしてサマータイムが切り替る10月30日に
立ち会った。
明日31日はハロウィン。
ケルトの収穫感謝祭が取り入れられた。
アメリカはアイルランド系移民が多っかったということか。
ケルトとWASPとの関係?ケネディー大統領との関係・・・。
アイリッシュといえば、未来人ラフカディオ・ハーン。
移民の市民アイリッシュ。
しかし一方でハロウィンは
同時にルターの宗教改革の記念日でもある。

実に複雑だ。しかし、もとはシンプルな原理。
「変容」である。あるいは「超越」である。

死も記念もみな「変容」「超越」の象徴。

ロサンゼルスで

イサム・ノグチに出会う。
カリフォルニア・シナリオ
の庭園と彫刻。

テーマはやはり「変容」「超越」

村上隆の作品にも出会ったが、同じ。
CHIHO AOSHIMAの作品も同様。

スモーリー氏のインスピレーションは
ジオデシック・ドーム。
アメリカの思想家、発明家、建築家である
バックミンスター・フラーがデザインした。
もともとは鉛筆の芯の素材カーボン。
このカーボンの再構築がダイヤモンドにもなり
フラーレンにもなり、ナノチューブにもなる。
まさに「変容」。「超越」。

彼らは、常に地球を意識した。
イサム・ノグチは地球を彫刻したし、
フラーは宇宙船地球号をイメージした。

彼らは自分の目の前の出来事に作品に
地球規模のサイズを含有した。
そしてその限界を知った。

未来からのメッセージ。
それは全ての人々が限界に気づくこと。
そうすれば
全ての人が創造的になれる。
限界を直視すると、
もはや次は「変容」と「超越」しか
生きる道はない。

ハロウィン。
子どもたちが魔物に変身して
騒ぐ。

彼らが越えるものは、
人間の限界という死である。
キリスト教は死を超える宗教。

ハイデッガーはそのキリスト教と
対決した。
彼にとっては、ナチという仮装をした
にすぎなかったのかもしれない。
ハロウィンに重ねたとしたら
それはあまりに残酷な結末。
しかし、たしかに人類はナチという
悪魔を忘れない。
ヨーロッパのいたるところで
アウシュビッツのような場を
再現している。

その限界を超え続けるために。

それにしても
ロサンゼルス。

イサム・ノグチ
イームズ
フランク・ロイド・ライト

でもアイリッシュ。
そしてラフカディオ・ハーン

柳田國男が無視し、
夏目漱石がジレンマに胃を病み
上田敏が愛し
小川未明が尊敬し

日本庭園が愛された。

それよりなにより
小泉八雲は
怪談を愛した。

ハロウィンかあ。
限界
境界
結界

旅はまさに日常と非日常の
間を飛び越える。

ケネディ-大統領は
公民権運動を大いに支持。

キング牧師も暗殺され
ケネディ大統領も暗殺され
自ら死の限界を乗り越えた。

ローザ・パークスを
2人は迎え入れ、3人は
静かな威厳の笑みをたたえているだろう。

あのかぼちゃの笑いのように。
ハロウィンだから。



コメント

ロサンゼルスのMOCAに見る未来

2005-10-29 16:51:11 | 学習ツアー
ロサンゼルスのダウンタウン
2箇所にMOCA(The Museum Of Contemporary Art)
がある。もう1つはハリウッドエリアにあるらしい。

私が訪れたのはリトルTOKYOの近くにある
THE GEFFEN CONTEMPORARY AT MOCA。

村上隆のけばけばしいキノコのフィギュア群が
美術館のセンターを大きく占めていた。

作品そのものよりも、作品が配置された
美術館の空間そのものが作品になっていた。

すべてが、発想の転換、日常の破壊的な創造性
といったテーマなのだろうが、
こんな言い方ではあまりに陳腐。

何が新しいのだろう。
発想をひっくり返すだけでは
もはやアーティストも観察者も
飽きてしまっている。

私が訪れたときには、
High School Apprenticeship Program
が実施されていたのだろう。

5、6組に分かれて、
空間を探索。
チームごとに1人の
アドバイザーがついている。

まずは見て、それからディスカッションだ。
この姿が1つのデザイン。

彼らが1人ひとり異なる反応をする。
その反応の言動がこのミュージアムに刻まれる。

それにしても、発想の転換後の発想とは
何だろう。

青少年たちは、とにかく話すのが好きだ。
そこに全てのヒントがある。
まずはワイワイがやがやあるのみ。
ここをよくみよう。そこに大きなヒントがある。

未来はもうそこまでやってきている。
コメント   トラックバック (1)

イサム・ノグチの世界

2005-10-15 22:24:56 | 学習ツアー
イサム・ノグチ展
東京現代美術館MOTで開催されている。

イサム・ノグチの世界は
実にポスト・ポスト・モダン。

彫刻という物質は
つねに本質のトリガー。

木や鳥や人間が
彫刻と戯れて
初めて彫刻は
最後に彫られて
仕上げられる。

特に子ども達が
イサム・ノグチの
彫刻遊具と創る戯れの
時空は空虚でよい。

戯れは常に虚数に変換。
ポスト・モンダンを超えるのは
この瞬間だ。

学習は常にフラクタル的な時空
虚数的な時空を
学びの時空にする。

このとき学びはすでに遊びそのもの。
学びが遊びに変わるとき
アイデアが生まれ
再びそれを結実するために
学びは反復される。

創造のない反復は学びではない。
反復のない学びは何も生み出さない。

プレイマウンテンのアイデアを
モエレ沼公園に実現するのに
かかった年月。

創造を反復する学びは
無限に虚数を生みつづける。

コメント

石の教会 内村鑑三記念堂

2005-10-03 10:45:52 | 学習ツアー
ブライダル産業の宣伝に
あまりにのせられているので、
これまで
石の教会 内村鑑三記念堂」
を訪れるのを避けていた。

しかし、星野リゾートを調べる機会を
もらったので、リサーチし始めると、
すぐに内村鑑三のことがでてきて
この「石の教会」はその当事の
内村鑑三の功績を称えているというので
やはり訪れようと決意した。

昨日(10月2日)訪れたときも
やはり日曜日ということもあって、
結婚式で混み合っていた。

祈りよりも結婚式優先という
商業主義に、内村鑑三なら
どう語ったのだろうか。

教会が無くても祈れるのだし
それより人々が神の恵みに
瞬間でも触れられれば幸いではないか
と語ったような気がしていたところに

若い牧師(果たして牧師と言う表現は適切かどうか不明)が
近づいてきてくれ、

パンフレットを渡してくれた。
表紙には大きく

I for Japan;
Japan for the World;
The World for Chirist;
And All for God.

という内村鑑三の「2つのJ」の決意文が
掲載されていた。

このパンフレットに誘なわれ、
「石の教会」の地下にある
「内村鑑三記念堂」に歩を進めた。

1911年、北原白秋らが星野温泉で
設立した「自由教育会」が主催した
「芸術教育夏季講習会」。
島崎藤村、沖野岩三郎、鈴木三重吉
与謝野晶子、和歌山牧水のサロンに
もなり、この講習会堂を
内村鑑三は「星野遊学堂」と名付けた。
内村鑑三は、この時代星野の地で
集会や聖書研究会をやっており、
ご子息もまだ近くに住んでいるという。

それにしてもこの星野リゾートを設立し
大きくした星野嘉助(創業者の名前は
代々受け継がれている)は、
大正15年、まだぼんぼん
若者だったのだろう。
T型フォードを乗り回していた。
要するにCO2をはき出しまくっていた。
内村鑑三は彼に「成功の秘訣」という
星野嘉助の人生の指針メッセージを
贈った。
神を信仰するというのはどういうことか
ということだ。

それ以来、おそらく星野嘉助は
「神より与えられた自然を壊すことは
神への冒涜である」とし、
エコロジーの道を歩むことになった
のかもしれない。

さて、内村鑑三の「余は如何にして
基督者になりし乎」は世界各国の言葉に
翻訳され流布した。
新渡戸稲造の「武士道」と同じように。
「武士道」の思想はあのエジソンの
人生を支え、
「余は如何にして基督者になりし乎」は
シュバイツアーに影響を与えたという。

いすれにしても北海道といい、
軽井沢といい、首都圏の私立中高一貫校
のルーツを発見することができるのは
どういうことだろう。

「石の教会」に戻ろう。
結婚式も終了したから、
どうぞ礼拝堂にと丁寧に
案内されて入ってみた。

なんとフランク・ロイド・ライト
がいるではないか。

いやいや設計者は、
アメリカ人建築家ケンドリック・ケロッグ。
フランク・ロイド・ライトの影響を受けているという。

それにしてもここまで
フランク・ロイド・ライトの精神が生きているとは
思わなかった。

ライトの息子は
実はロサンゼルスのパロスバーデスに
「ガラスの教会」を設計した。

これもライトの建築思想を体現しているが、
「石の教会」も同様だ。

自然と一体化
水の存在
サークルという愛の象徴

それはあらゆる思想や宗教を
貫くゴールデンルールの貫徹なのだが、

そんなことはどうでもよい
というふうにブライダルビジネスは
時間を追うように進んでいく。

「不易≦流行」だが、それでも
普遍は残る。

かつては軽井沢は文化人、キリスト教が
ベースだったが、
今はIT成功者の別邸が立ち並ぶ。

ITは金の象徴であるが、同時に広がりの
象徴でもある。

「星野遊学堂」は
ネットの中で再生するだろう。

コメント

セーラさんに学ぶ~クリエイティブ女性像

2005-08-14 12:32:02 | 学習ツアー
セーラ・マリ・カミングスさん
日本の小さな超世界遺産である
小布施を発見。
一躍グローバルシティへ進化させた。

長野オリンピックと晩年北斎が肉筆画を大成させ
画狂人として天命を全うした小布施を結合させ、
イギリスのオリンピックチームのホームステイの拠点
としたり、世界北斎会議を開催したり、
グローバル文化シティの構築を果たした。いや進行中。

夏東京の多くの女子私立中高一貫校は、軽井沢に研修に
やってくるはず。

上越自動車道を使えば、セーラさんの拠点北斎館まで
1時間30分でいける。
しかも30人でバスを貸し切っていけば、
イギリスのオリンピック選手団も活用した
和風と洋風を融合させた「蔵部(くらぶ)」という
なかなかすてきな建築デザインが施されている
レストランで、昼食をとっても8000円ぐらいで
バス・ツアーを企画できるだろう。
北斎館→蔵部→蔵部のお店の人々にインタビュー→岩松院
と回れば(岩松院は曹洞宗派の寺。京都の妙心寺に比較すれば
はるかに貧清なお寺。しかし、その天井画は妙心寺のものより
もすごい可能性がある。なんといっても北斎の肉筆画なのだ。
妙心寺とは違い、龍ではなく鳳凰の図である)、

セーラさんが、いかに縦社会日本の壁を崩し、
グローバルに活躍したか、その方法論や人生論を
学べる。それだけではない。ジャパノロジーの
中心人物北斎の人生と芸術の道を探ることもできる。
そして日本海側から太平洋側に、文化の隆盛が移行していった
明治以降の日本の閉塞状況を再び活性化するヒントが
小布施にはある。
コメント

ヒースロー空港

2005-08-03 11:06:13 | 学習ツアー
ロンドンから帰国。
それにしても
ヒースロー空港は混んでいた。

荷物チェックや出国の手続きが
面倒ということではない。

ただひたすら混んでいるのである。
だからといって4時間前に行っても
便によってはチェックインできないときもある。

また運良くすんなり手続き終えても、
GATEいくための最終廊下にはいると
あともどりできない。

まずはGATEを確認してから、
免税店へ戻ろうと思っても
それはできない。

というのも到着と出発の廊下が
同じため、チェックが厳しくなっている。

だから、免税店に用事があるひとは、
そこで用事をすませてから、
GATEに向かうといよい。
ただ、1時間も前に行くと
GATEもすぐにははいれず、
その廊下で待たされるのだが、
ここがまた暑い。大型の扇風機はあるのだが。

免税店自体は、ロサンゼルス空港LAXより
充実しているかもしれない。

しかし、グループで海外学習ツアーを組んだ場合、
おみやげは事前に購入しておいた方がよいだろう。
まず、免税店は素通りしなければならないことに
なると考えておいたほうが安全だ。

コメント

ポートランド・プレイスからオックスフォードストリートへ

2005-07-30 03:23:41 | 学習ツアー
ロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージックから
ポートランド・プレイスを通って、
オックスフォード・ストリートに向かって歩いた。

ポートランド・プレイスの行き着く先には
BBCとあのランガム・ホテルがある。
またこのプレイスの通りには、各国大使館や領事館が
ある。

テロはシャーロック・ホームズの小説の中にでてくる
縁のある場所をねらったと言われているが、
そのようであり、そのようでもない。

日本の銀座に雰囲気が似ている、いや日本が真似を
したのかもしれないが、
スタンフォード・ストーリートにでると
大変賑わっていた。

通りは「ダブルデッカー」で渋滞しているほど。
写真を撮った時間には、
まだローマで4人目の容疑者がつかまったというニュースは
報道されていなかったはずだ。

とにかくスペインからイタリアから、フランスから
ドイツから観光客がたくさん来ている。

イギリスでの研修のもう1つの魅力は
母国語が英語でない欧州の生徒といっしょに
学べることだ。

英語という母国語ではない世界言語でコミュニケーションする。
一度にアイデンティティ、異文化、寛容性を体験できる。
もちろん人生は安全ではない。自分で自分の足で地に
立たねばならない。ブランド消費の欲望の前に
生きることへの欲求。日本では生きる力に力が入らないはずである。

コメント

大英図書館からマダム・タッソーまで

2005-07-30 02:54:22 | 学習ツアー
キングス・クロス駅の近くでも爆発テロがあった。
その隣にある大英図書館に行ってみた。

世界の知の空間。マルクスが毎日通ったころとは場所も違うし
建物も違うだろうが、とにかく風格はあった。
特にリサーチをしにきたわけではないから、
申請をしていないので、図書の閲覧室には入れなかった。
ただ、Book Storeで、買った一冊の本は、
今回のテロを根本から考えさせるトリガーになりそうだ。

そのあと、マダムタッソーまで例の2階建てバス
「ダブルデッカー」に乗った。やはり安いし便利。
しかし今は少し乗客間に緊張感が走っているような気がした。
それにしても多様な民族が乗っていた。言葉も色も衣装も
まったく違う。「寛容性」「アイデンティティ」
の重要性を改めて感じた。日本では実感できないが、
これはそういうことだ。大英図書館からマダム・タッソーに来る
途中で、あるいはその近くでもう1つの爆発テロがあったはずだ。

昨日の厳戒態勢がまだ続いているのか、
とにかくパトカーがサイレンを鳴らして
走りまくっている感じがする。

そのたびに観光客も市民も顔を一瞬だがゆがめる。

マダム・タッソーに行くのが目的ではなく少し戻って
同じ通りにあるロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージックに
行ってみた。9月まで演奏はないそうだ。夏休みに入ったわけだ。

イギリスでの学習ツアーは、実はこの夏休みに入る前で
なければあまり意味がない。
ここロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージックなどは
無料のコンサートもある。それにいたるところに将来の
芸術家たちを育てる場があり、そういう場は安く参加できる
のである。ただ、夏休みにはいると演奏者がいない。彼らは
学生だから。ともかく何も高いお金を出してミュージカルや
ドラマを見るだけが学習ではない。むしろ観光客をターゲット
にあてていない、市民を対象にした催し物を探すのも1つの
アイデアだろう。
コメント

ロンドン、6000人警官動く

2005-07-29 17:15:58 | 学習ツアー
28日、ロンドンの電車は、6000人以上の
“Armed police”のfloodだったそうだ。

当局は、実行犯と思われる容疑者は1人しか
つかまっていないから、
今後また起こるかもしれないと警戒。

“This is a campaign we are facing,
it is not a oneoff event.”

そうは言っても、片方ではテロ対策コストも
問題になり始めている。

①やはり大事なことはテロが起こる根本的な
問題を明らかにし、平和構築を模索すること。

②当面は自分で自分を守る。

③海外研修で訪れている生徒は、

  1.観光気分にならないこと。
  2.地下鉄に乗らないこと。
  3.1人で勝手な行動をとらずチームで行動すること。
  4.でも、恐れずに真実を見極めようと考えること。

それしかない。
コメント

エロスの像の背景

2005-07-28 17:29:27 | 学習ツアー
ピカデリー・サーカスはたぶん
ロンドンの中心街。
そしてそこにはエロスの像。
その背景には、ギリシア神話も
西欧の神話もあるだろうが、
経済の象徴もある。

これについて、考察するのも学習ツアー
エロスの像そのものについてのみならず
なぜここに様々な象徴が関係しあっているのか。
金融庁の提唱する「金銭教育」は
これを解き明かし、どのような
経済の流れをクリエイトするのか
に役にたつものだとよい。

旅もまた「金銭教育」なのだ。

もっともこの教育の呼び名は響きがなんか違うが。
コメント