教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

キャリア教育 ステレオタイプな人生から脱するために

2013-06-17 19:53:07 | 
キャリア教育のウソ (ちくまプリマー新書)
クリエーター情報なし
筑摩書房


☆本書は、キャリア教育のみならず

☆学校化社会のウソを暴いているといえる。

☆キャリアプランをたてる基準を

☆クリティカルに学ぶ時間がないのだから、

☆しかたがないがと著者は言いつつ、

☆多様な選択肢を知らずに、

☆選択させるキャリア教育の現代的欠陥を

☆静かに熱く論じている。

☆本書を読んだ

☆キャリアデザイン系の編集者や進路指導の教師は

☆どのように感じるのだろうか。

☆フォーマティブアセスメントを活用しない

☆学校化社会にあって、

☆そんなことを問うこと自体、

☆無意味なのかもしれない。

☆本書の問いかけに答える

☆リーダーたちは、少ないだろうなあ。
コメント

21世紀型教育を知る本

2013-06-11 11:42:52 | 
ワークショップデザイン論―創ることで学ぶ
クリエーター情報なし
慶應義塾大学出版会



プレイフル・ラーニング
クリエーター情報なし
三省堂


☆両方読むと、

☆21世紀型教育の3分の2くらいのイメージがつかめる。

☆プレイフルラーニングが面白いと思う方は、

☆ワークショップデザイン論は読まない方がよい。

☆どうしても従来型授業をベースにしたい方は、

☆ワークショップデザイン論を読んで、

☆授業の中に21世紀型教育特区を埋め込めばよい。

☆両方読んで、捨ててしまう方は

☆21世紀型教育を理解している方だろう。
コメント

大学で指導するライティング?

2013-06-11 10:39:33 | 
思考し表現する学生を育てるライティング指導のヒント
クリエーター情報なし
ミネルヴァ書房


☆このようなライティングの指導を学士段階で

☆行わなければならないというのは

☆かなり緊迫したものがある。

☆専門性が高く発展的な探究のいわゆる論文

☆の編集が学士以上の論文の性格のはずであるが、

☆一般的な事実の定型的な論文

☆つまりほぼ要約やまとめのレポートまで指導しなければならないとは!

☆ある大学生グループにセミナーやカンファレンスの内容を

☆まとめてもらうバイトを頼むが、

☆きちんと事実をそのまま書いてこれる。

☆しかし、彼らは、だからできるのですという。

☆そっこから気づきや発見、探求への展開となると

☆バイトという感じではないと語る。

☆だから、そりゃそうだ、大学の論文のようなたいへんな作業になるよね

☆という会話がいつものことだから、

☆大学での論文指導というのは、そういう領域あるいはレベルのものだと思っていた。

☆本書の対象の大学の問題で、

☆すべての大学が、そんな事実をまんま書いたり

☆要約をするようなライティングの指導をしているわけではあるまい。

☆本書はむしろ中等教育段階のライティング指導のヒントとして

☆役に立つだろう。

コメント