教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

国際法で解決!だけではなくて

2012-09-27 08:16:04 | 平和
☆時事通信 9月27日(木)4時25分配信 によると、

野田佳彦首相は26日午後(日本時間27日未明)、国連総会で一般討論演説を行った。首相は、沖縄県・尖閣諸島をめぐる中国との対立や韓国との竹島領有権問題を念頭に、領土や海域をめぐる紛争に関し「どのような場合であっても国際法に従い平和的な解決を図る」との立場を表明した。中韓両国を刺激しないよう、尖閣や竹島に直接言及することは避けた。
 ただ、「自らの主義主張を一方的な力や威嚇を用いて実現しようとする試みは、国連憲章の基本的精神に合致せず、決して受け入れられない」と述べ、中韓両国をけん制した。首相は、紛争の平和的解決に向け「法の支配は不可欠だ」と強調。



☆ということらしいが、

☆国際法とか法の支配に対する

☆共通の価値観や考え方を

☆持っているものだろうか。

☆Wikipediaを閲覧しても

☆歴史的な背景がすごすぎるし、

☆国家対国家よりも

☆万民のための法という考え方もあるらしい。

☆そもそも国際法は拘束力がないんだから法なの?

☆という話もあるようだ。

☆法とはコモンセンスだからとなると、

☆イギリスの歴史の中に入り込む話にもなりそう。

☆中国は、歴史的にこれは納得しない。

☆野田政権の行方が不安定すぎるので

☆とりあえず、形式的なことを言っておこう

☆では、国連はなんなんだということにもなる。

☆こういうときは、国際法をどのようにとらえるべきなのか

☆万民の知恵を深く語るべきだったのではないか。
コメント

社会を変える雰囲気

2012-09-26 12:12:43 | 
社会を変えるには (講談社現代新書)
クリエーター情報なし
講談社


☆3・11以降、

☆今の日本は変わらなくてはならないという

☆思いが、市民に広がっているという

☆認識を小熊英二さんは持っている。

☆戦後民主主義の影の部分、

☆つまり「自分はないがしろにされている」と感じてきた

☆知識人や学生が立ち上げってきたデモの歴史から

☆今ではソーシャルメディアもあって

☆1人ひとり市民にその雰囲気は広がっているということのようだ。

☆揺り戻しもある今であるが、

☆社会を変える雰囲気は漂ってきたという。

☆客観的な事実が積み重ねられているデモ史観であるが、

☆学者然とした研究所ではなく、

☆オーナーシップに満ちた研究所に好感が持てる。
コメント

反日デモ 保険金支払いの記事

2012-09-21 06:32:19 | 経済
☆産経新聞 9月20日(木)19時30分配信 によると、

日本損害保険協会の柄澤康喜会長(三井住友海上火災保険社長)は20日の記者会見で、中国各地で起きた反日デモで破壊や略奪などの被害を受けた日系企業に対する国内損保業界の保険金支払額が「数十億円から数百億円の可能性がある」との見通しを示した。

損保各社は今後、火災保険などの契約を結んでいる日系企業が受けた被害状況を本格調査し、保険金支払いの対応を決める。柄澤会長は「東日本大震災やタイ大洪水などに比べると(保険金支払いが)各社の決算に与える影響はそれほど大きくないと思う」と語り、業績へのインパクトは限られるとの見方を示した。


☆この冷静な記事はなんだろう。

☆暴徒や暴動が起こっても、

☆緊張感が高まっている片方の脳で

☆企業はリスクの回避や次の戦略のための資金の出所を冷静に考えているということ。

☆これは戦国時代からそうだっただろうし、

☆ロスチャイルド家など富豪のリスク分散戦略は有名である。

☆災害資本主義という言葉は、

☆何も特別な言葉ではなく、

☆すでに資本主義という言葉に内包されていたのである。

☆災害資本主義とは、頭痛が痛いと同じ表現に過ぎないのか。。。。
コメント

被災地に忍び寄る災害資本主義

2012-09-20 09:04:32 | 
ショック・ドクトリン〈下〉――惨事便乗型資本主義の正体を暴く
クリエーター情報なし
岩波書店



☆多くの被災地支援のボランティア活動が行われている中、

☆毎日新聞 9月19日(水)21時33分配信 によると、

 東日本大震災の沿岸被災地では、市町村の街づくりに先行して、企業が高台の土地を高値で買収するケースが出始めている。国土交通省が19日発表した12年の基準地価によると、住宅地の上昇率全国10位までは岩手、宮城両県が占め、商業地も宮城県の4地点が全国10位以内にランクイン。地価の回復が目立つ一方、地価の高騰や移転用地不足を招きかねず、復興への影響を懸念する声も上がる。

☆市場の原理なんだからとは言えない。

☆市場の原理が働く消費者の選択の自由が保障されるベースの上での

☆話でないからだ。似非市場が高台の土地売買で生まれているということだろう。

 岩手県南部の陸前高田市は今年6月、被災した3中学校の統廃合にあたり、3校から中間距離にある高台の山林と田畑を建設用地に決定した。しかし市が購入を検討していた用地南側の一部(約4000平方メートル)は、既に大手住宅メーカーが地権者への買収交渉を進めていたことが判明。関係者によると、メーカーの買収価格は1平方メートル当たり1万円とも言われ、国が山林に道路を建設する際の10倍近いという。

 市側は、メーカーと重複しないよう計画を変更せざるを得ず、新校舎の建設予定地を当初より北側に移動した。久保田崇副市長は「土地所有者は、より高く買ってくれる相手に売りたいだろうが、行政は民間ほどの値段は出せない」と懸念し、市教委の担当者は「民間企業でも用地取得にあたっては自治体の計画に配慮してほしい」と話す。


☆行政は民間ほどと言っている場合ではない、民間が被災地の未来の市場をつくる

☆経営の倫理を発揮するかしないかだけの問題である。

☆リバタリアニズム災害資本主義を標榜するのではなく、

☆公正価格が稼働するような倫理的市場を形成する

☆新しい資本主義を形成するのが3・11以降の民間のミッションである。
コメント

災害資本主義を回避したい

2012-09-20 08:48:45 | 
ショック・ドクトリン〈上〉――惨事便乗型資本主義の正体を暴く
クリエーター情報なし
岩波書店


☆カトリーナ

☆という災害は記憶に新しい。

☆この災害を好機として

☆大儲けしようというのが、

☆災害資本主義。

☆著者ナオミ・クラインは、

☆この災害資本主義(Disaster of Capitalism )を引き起こす

☆リバタリアンの代表さミルトン・フリードマンの政策を

☆批判する。

☆この流れは、なにもカトリーナの参事だけの問題ではない。

☆フリードマンだけが特殊な思想を持っているわけではない。

☆世界大戦も9・11も

☆今回の3・11も

☆原発問題も

☆つねに災害資本主義は忍び寄っている。

☆資本主義の理想型は、

☆労働や移動や言論などなど多くの自由の権利が保障しながらも

☆公平に富をシェアでき、互いにリスペクト出来る友愛に満ちた

☆経済社会のことであるが、

☆災害資本主義とは、自由と見せかけて、選択が強制されたり

☆誘導されたり、そもそも選択肢がない状態を設定する経済活動を

☆生み出す組織や社会のことをいう。

☆そうすると、何も災害時に限らず、いつでもあり得るわけである。

☆ナオミ・クラインは、そのことは了解しているが、

☆大参事の時にこそ、市民は自分たちの生活が選択の自由を

☆特定の人や組織のための利益コントロールがされていることに

☆気づくから、そのたびに警鐘を鳴らしているのである。
コメント

日本航空が再上場はよいけれど・・・

2012-09-19 10:00:23 | 経済
☆読売新聞 9月19日(水)9時13分配信 によると、

 日本航空は19日、2010年2月の上場廃止以来、約2年7か月ぶりに東証1部へ再上場した。初値は3810円となり、売り出し価格(3790円)を20円上回った。

☆成果主義的にはよかっただろうが、

☆了解志向的人間観からみると、判断が難しい。

☆上場廃止のときに、人員削減、給与カット、個人投資家の損失

☆など犠牲は大きかった。

☆そんな日本航空にした守旧派の人々にはおりていただき、

☆改革派の人々とリセット後きちんと組織をつくりステークホルダーに

☆ご迷惑をかけませんということなのだろうが、

☆守旧派と改革派というような分け方の妥当性や信頼性はどこにあったか

☆明らかだったのだろうか?

☆もちろんそういうあからさまなことは言わずに、自主退職などで

☆すすめられたのだろうが。。。

☆株式会社だからしかたがないということだろうが、

☆「日本航空」を「日本国家」に

☆「ステークホルダー」を「国民」に

☆置き換えて同じことが起こるときが刻々と迫っているような

☆気がするが、杞憂だろうか。

☆とりあえず、リセットして新しい日本国家を建国しようよなんて

☆思っている官僚や政治家がいたりしないよね。。。
コメント

アウン・サン・スー・チー氏の外交に学ぶ

2012-09-19 09:35:01 | グローバリゼーション
☆時事通信 9月19日(水)9時17分配信 によると、

訪米中のミャンマー最大野党・国民民主連盟(NLD)のアウン・サン・スー・チー氏は18日、ワシントン市内で講演し、対米関係が2011年から急進展した現状について「中国を敵視するものではないし、米中両国の友好関係はわれわれにとっても有益だ」と強調した。同氏がミャンマーの外交や東アジア情勢に言及するのは珍しい。

☆このスー・チー氏の発言は、戦略的だろうか?それとも

☆了解志向型のコミュニケーションだろうか?

☆おそらく戦略的にみえるが、了解思考型である。

☆次のような記事がある。

スー・チー氏は自国の民主化プロセスについて「どれくらい本物で、どれほど持続性があるのか。これらの疑問に完全には答えられていない」と語り、オバマ政権に対し投資面だけではなく、政府や議会を含めた改革全体の支援を訴えた。

☆つまり、ハードパワーの支援ばかりでなくソフトパワーの支援も依頼している。

☆これはおもしろい。

☆ハードパワーは歓迎しるが、

☆ソフトパワーは自前でやるよと言うのが今までの外交だったのではないだろうか。

☆中日の外交のぶつかり合いは、互いに戦略的であるが

☆スー・チー氏のようにソフトパワーで外交を行う了解志向型で

☆行く必要がありそうだ。

☆権力に毅然とたち臨んできたスー・チーさんだけに

☆権力にこだわる中日の指導者、そしてそういう指導者をよしとしてきた

☆私たちは学ぶべき点がたくさんあるだろう。
コメント

反日デモ 中国も日本も失ったコト

2012-09-19 08:18:39 | グローバリゼーション
☆日経新聞2012/9/19 2:06 によると、

中国内では目を覆いたくなるような光景が続く。日本を標的にした投石や破壊。この暴挙によって、中国は貴重なものを失った。それは大国としての品格と信頼感だ。

 一方で日本の損失も大きい。破壊による実害はもちろんのこと、日中に尖閣諸島の「領有権争い」が存在することも世界に知れ渡ってしまった。対中戦略の失敗といわざるを得ない。


☆具体的にはそういうことであるが、

☆抽象的には、両国とも世界の信頼を失ったコト。

☆戦略というものが有効ではないコト。

☆これである。戦略については、こう記述されている。

中国内の反日デモが政府の予想以上・・・・・・一因は日中のパイプの乏しさにある。権力闘争が続く中国では、従来の外務省や共産党のルートに頼るだけでは、相手の出方を読み切れない。

 「胡錦濤国家主席らの政敵はどう出るか、軍はどこまで反発するか。反日デモの規模は。これらを把握するには党、軍、地方、そして草の根に広がるパイプが必要だが、日本にはそれが乏しい」。中国の内情に詳しい外交筋はこう指摘する。

 もっとも、そうしたパイプを整えるだけでは、中国の対日強硬がやむことはないだろう。日中の国力が逆転しつつあるなか、中国は「もう日本に配慮しなくてもいい」と思い始めているからだ。これを解決するには領土の警備を固め、国力を回復するしかないが、すぐにはめどが立たない。


☆確かにそうであるが、

☆このパイプ作りは民主的で平和な世界をともにつくろうというビジョンを共有しないで

☆妥協せよということである。

☆「日中の国力」が逆転しつつあるという認識は、

☆国力とは軍事力と経済力であると認識しているようだが、

☆それでよいのかという判断と決断が必要なはず。

☆これらの前提で外交を行っていては、

☆どんな戦略をもってしてもうまくいかないのは当然である。

☆従来通り、軍事力と経済力という物心両面の暴力がベースでは、

☆今後のグローバルな共和世界は形成できない。

☆軍事力・経済力に代わる知力を創造すること以外に平和はできない。

☆しかし、これはやろうと思えば、もっとも加速度的に行うことができる。
コメント

9月18日9時18分 世界の本音

2012-09-18 06:44:28 | グローバリゼーション
☆尖閣諸島問題から中国では反日デモが暴徒化。

☆陸では100都市以上でデモが暴徒化し、

☆法治国家中国そのものに矛先がシフトしているとも言われている。

☆柳条湖事件から丸81年を迎えた今日18日、「九・一八歴史博物館」での記念式典がある。

☆「国恥を忘れるな」と訴え、愛国精神を発揚。

☆午前9時18分(日本時間同10時18分)に同博物館の「警世の鐘」とともに

☆陸ではデモ、海では漁船団、ネットではサイバー攻撃

☆が激化すると心配されている。

☆グローバリゼーションによって生まれた格差が生んだ鬱積が、

☆中国リスクを生んでいると言われている。

☆そのガス抜きが今回の反日デモになっているとも。

☆そういう権力の動きもあるだろう。

☆しかし、これは反日デモや中国リスクの二つの国家の出来事ではない。

☆ジャスミン革命以来のネットによって広がった市民革命というのも

☆あるかもしれないが、

☆民主主義への道などと言うものでもないだろう。

☆近代システムそのものの矛盾のクラッシュなのではないか。

☆もはや近代国家同士が互いの利益をぶつけあっていたのでは

☆先に進まないということ。

☆どうしてこの近代国家システムを互いに引き受けねばならなかったのか。

☆このシステムから抜け出るために協力しようではないか。

☆今までのように民主国家や資本主義経済のシステム導入を手伝うよという

☆支援体制ではなく、

☆新しい近代システム構築のために

☆協力しようということだろう。
コメント

私とは何かノート(01) 「本当の自分」幻想

2012-09-17 07:43:50 | 
私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)
クリエーター情報なし
講談社


☆本書36ページ。

人間は決して唯一無二の「(分割不可能な)個人individual」ではない。複数の「(分割可能な)分人dividual」である。人間が常に首尾一貫した、分けられない存在だとすると、現に色々な顔があるというその事実と矛盾する。それを解消させるには、自我(=「本当の自分」)は一つだけで、あとは、表面的に使い分けられたキャラや仮面、ペルソナ等に過ぎないと、価値の序列をつける以外にない。
しかし、この考えは間違っている。


☆なぜ間違っているかというと、

☆この「本当の自分/キャラ・仮面・ペルソナ・嘘」という「個人」の構造・枠組み・概念が

☆近代の矛盾を生み出してきたからだと。

☆平野啓一郎氏のその理由を、近代の矛盾というレンズに通すと

☆その矛盾とはこうなるかもしれない。

1)実際には本当の自分は見えないから、可視化されているキャラや仮面、嘘が反映した社会が近代社会。本質なんて結局あってもなくても社会には関係がない。

2)分人は当事者のみならず社会のあちこちにいる人間同士の関係の中でその都度うまれてくるが、キャラ・仮面・ペルソナは固定化してしまう。レッテル貼りが起こる。了解志向ではなく成果志向に陥る。

3)「本当の自分」こそ、実は幻想で、価値を押し付けられる装置になってしまっている。近代がファシズムを生んだ理由が「個人」という概念が内包する矛盾素にあったのだ。

☆この近代の矛盾が、思春期の葛藤を乗り越えられない壁として現れるのも

☆「本物の自分/嘘の自分」を内包している「個人」概念に由来する。

☆思春期の葛藤を乗り越えられない状態について、平野啓一郎氏は

☆自分の中学時代を思い出してこう語っている。37ページ。

私たちは、たとえどんな相手であろうと、その人との対人関係の中だけで、自分のすべての可能性を発揮することは出来ない。中学時代の私が、小説を読み、美に憧れたり、人間の生死について考えたりしていたことを、級友と共有出来なかったのは、その一例である。だからこそ、どこかに「本当の自分」があるはずだと考えようとする。しかし、実のところ、小説に共感している私もまた、その作品世界との相互作用の中で生じたもう一つ別の分人に過ぎない。決してそれこそが、唯一価値を持っている自分ではなく、学校での顔は、その自分によって演じられ、使い分けられているのではないのだ。分人はすべて、「本当の自分」である。
私たちは、しかし、そう考えることが出来ず、唯一無二の「本当の自分」という幻想に捕らわれてきたせいで、非常に多くの苦しみとプレッシャーを受けてきた。どこにも実体がないにも拘わらず、それを知り、それを探さなければならにないと四六時中嗾(そそのか)されている。それが、「私」とは何か、というアイデンティティの問いである。


☆本当の自分がどこかにあって、あとは嘘の自分が演じているという考えは、近代以前から実はある。しかし、それを近代人の特徴として全員に刻印したのは、歴史的には新しいということのようだ。

☆つまり、発想は近代以前にあり、「本当」という概念があるかないかは、結局普遍論争にたどりつく。

☆だから、平野啓一郎氏は、「個人」の萌芽を、キリスト教に見いだし、

☆キリスト教の布教の武器であった「論理学」に見いだしている。

☆しかし、それがキリスト教や論理学に由来するとしても、

☆その両者は、すでに「分人」的発想も有してきた。

☆三位一体という分人的神性をめぐってキリスト教の歴史は

☆壮絶な血の歴史でもある。

☆その論証を「論理学」が担ってきたということもあるが、

☆「論理学」自体、三段論法という本当の自分を正当化する論だけではなく、

☆弁証法やパラドクスの論理の興亡の歴史でもある。

☆平野啓一郎氏の小説と論考は、この時代の流れを文学という

☆ユニバーサルなメディアに浸透させたところに、得難い才能の広がりがあるのだと思う。
コメント