教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

12月3日センター模試志望者動向〔7〕~2月2日入試(女子)

2006-12-19 11:04:48 | 学校選択
◆2006年12月3日のセンター模試の志望者数のデータから、2月1日入試の女子選択校の動向を

(1)女子選択校(女子校・共学校) 
(2)首都圏2月2日入試
(3)志望者数5人以上
(4)同月前年対比
(5)前年対比80%以上

という条件で抽出し、前年対比順に並べた。

 城西大学附城西2  500.0%
 白梅学園清修(2  400.0%
 横浜富士見丘(2  300.0%
 八雲学園 (2   260.0%
多摩大目黒(特2  226.3%
かえつ有明総進2  150.0%
 日本大学第三(1  143.5%
 多摩大学聖ヶ丘2  132.7%
 かえつ有明難進2  132.1%
 昭和女子大昭和2  130.4%
 鎌倉女学院 (1  122.8%
 神奈川大学附属A  119.4%
 明治学院 (1   112.7%
 山手学院  B   112.7%
 神奈川学園 B   108.7%
 共立女子  B   108.2%
 青山学院中等部   107.3%
 捜真女学校 A   106.6%
 光塩女子学院(1  105.5%
 富 士 見 (2  100.0%
 渋谷教育渋谷(2  96.7%
 洗足学園 (2   95.8%
 山脇学園  B   95.1%
 桐光女子部 (1  94.7%
 晃華学園 (1   94.2%
 吉祥女子 (2   94.0%
 女子聖学院 (2  90.7%
 慶應湘南藤沢    90.6%
 江戸川女子(2   90.2%
 実践女子学園(2  89.5%
 豊島岡女子学園1  89.2%
 大妻多摩 (2   89.1%
 横浜女学院 B   87.4%
 湘南白百合学園   87.0%
 大  妻 (2   86.1%
 鴎友学園女子(2  84.0%
 国学院久我山(2  83.3%

◆普連土の新設2月2日入試も順調に志望者を集めている。
コメント

12月3日センター模試志望者動向〔6〕~2月1日入試(女子)

2006-12-19 10:28:57 | 学校選択
◆2006年12月3日のセンター模試の志望者数のデータから、2月1日入試の女子選択校の動向を

(1)女子選択校(女子校・共学校) 
(2)首都圏2月1日入試
(3)志望者数5人以上
(4)同月前年対比
(5)前年対比80%以上

という条件で抽出し、前年対比順に並べた。

 白梅学園清修(1  800.0%
 かえつ有明総進1  350.0%
 横浜富士見丘1B  259.5%
多摩大目黒(特1  216.7%
 聖園女学院(1A  184.8%
 川  村 (1   166.7%
 明大中野八王子1  163.3% 
 恵泉女学園 (1  154.3%
 東京女学館 (1  152.4%
 清泉女学院 (1  141.4%
 山脇学園  A   140.7%
 山手学院  A   138.0%
 共立女子第二1後  136.8%
 普連土学園 (1  128.4%
 女子聖学院 (1  127.6%
横浜女学院 A   127.5%
 神奈川学園 A   125.4%
 東京農大第一(1  123.2%
 多摩大学聖ヶ丘1  118.2%
品川女子学院(1  117.8%
 かえつ有明難進1  117.6%
 吉祥女子 (1   117.3%
 北鎌倉女子 A後  116.4%
 日本女子大附(1  115.3%
 大  妻 (1   114.0%
 八雲学園 (1   113.4%
 玉川聖学院 (1  111.1%
富 士 見 (1  110.7%
 横 浜 雙 葉   109.5%
 早稲田実業学校   107.1%
 洗足学園 (1   106.3%
 渋谷教育渋谷(1  105.1%
 成城学園 (1   104.0%
 江戸川女子(1   103.2%
 横浜共立学園 A  103.0%
 日本大学 (1   101.3%
 学習院女子 A   100.0%
 佼成学園女子1B  100.0%
 共立女子  A   99.0%
 女 子 学 院   99.0%
 鴎友学園女子(1  98.4%
 田園調布学園(1  97.9%
 三輪田学園 (1  96.1%
 東京家政学院1後  94.3%
 雙    葉    93.1%
 頌栄女子学院(1  89.5%
 香蘭女学校     88.0%
 立教女学院     88.0%
 東洋英和女学院A  87.2%
 桜    蔭    83.6%
 目白学園 (A後  83.3%
 フェリス女学院   83.0%
 女子美術大学付1  81.6%

◆このリストにカリタスがでてこないが、それは昨年の午後入試を午前入試に戻したからで、来年の今は100%を超えているだろう。また十文字の新設2月1日入試も順調。
コメント

12月3日センター模試志望者動向〔5〕~1月入試(女子)

2006-12-18 04:42:13 | 学校選択
◆2006年12月3日のセンター模試の志望者数のデータから、1月入試の女子選択校の動向を

(1)女子選択校(女子校・共学校) 
(2)首都圏1月入試
(3)志望者数5人以上
(4)同月前年対比
(5)前年対比80%以上

という条件で抽出し、前年対比順に並べた。

 開 智(2     189.2%
 昭和秀英(2一般  145.7%
 栄 東  B    144.2%
 開 智(1     131.9%
 千葉日大第一(1  126.3%
 春日部共栄 (1  125.3%
 淑徳与野 (1   121.7%
 和洋国府台女子1  114.2%
 麗  澤 (1   110.1%
 芝浦工業大学柏1  109.4%
 東邦大付東邦(前  109.3%
 西武学園文理(3  108.1%
 栄 東  C    103.5%
 星野学園 (1   100.0%
 浦和明の星女子1  99.5%
 国府台女子学院1  98.1%
 栄 東(東大選1  96.9%
 市  川 (1   94.5%
 渋谷教育幕張(1  92.6%
 獨協埼玉 (1   88.0%
 栄 東  A    85.9%
 大妻嵐山(1    82.5%
 専修大学松戸(1  81.2%

◆昭和秀英の躍進が目立つ。
コメント   トラックバック (3)

12月3日センター模試志望者動向〔4〕~2月3日入試(男子)

2006-12-15 12:57:14 | 学校選択
◆2006年12月3日のセンター模試の志望者数のデータから、2月3日の男子選択校の動向を

(1)男子選択校(男子校・共学校) 
(2)首都圏2月3日入試
(3)志望者数5人以上
(4)同月前年対比
(5)前年対比80%以上

という条件で抽出し、前年対比順に並べた。

 武  相 (3   211.1%
 お茶の水女子大附  175.0%
 日本大学第二(2  165.6%
 帝京大学 (3   157.9%
 関東学院  B   151.9%
 成城学園 (2   147.9%
 逗子開成 (2   137.6%
 都立両国高校附属  135.5%
 東邦大付東邦(後  128.9%
 都立白鴎高附一般  126.7%
 桐蔭学園男子部2  126.5%
 湘南学園 B    125.5%
 聖徳学園 (3   125.0%
 学芸大附属竹早   124.4%
 桐光男子部 (2  122.8%
 都立小石川(一般  118.5%
 桐蔭中等教育(2  114.1%
 足立学園 (3   113.3%
 筑波大学附属    110.8%
 渋谷教育渋谷(3  108.8%
 千代田区立九段   107.4%
 成  城 (2   106.5%
 日本大学第三(2  105.4%
 筑波大学附属駒場  104.6%
 学芸大附属小金井  103.2%
 日本大学豊山(2  102.6%
 学芸大附属世田谷  102.0%
 暁    星    101.2%
 慶應義塾中等部   95.9%
 本  郷 (2   91.9%
 学習院中等科(2  90.3%
 西武学園文理(4  90.0%
 浅    野    89.9%
 海  城 (2   89.0%
 聖 学 院 (3  84.6%
 桜 美 林 (3  80.8%
 公文国際学園(A  80.7%

コメント   トラックバック (1)

12月3日センター模試志望者動向〔3〕~2月2日入試(男子)

2006-12-15 11:25:34 | 学校選択
◆2006年12月3日のセンター模試の志望者数の動向を

(1)男子選択校(男子校・共学校) 
(2)首都圏2月2日入試
(3)志望者数5人以上
(4)同月前年対比
(5)前年対比80%以上

という条件で前年対比順に並べた。

 相  洋 (2B  500.0%
 東海大菅生(2B  500.0%
 かえつ有明難進2  315.4%
 聖徳学園 (2   250.0%
 自修館  B    240.0%
 工学院大学附2   240.0%
 武  相 (2   225.0%
 多摩大学聖ヶ丘2  224.3%
 多摩大目黒(特2  220.0%
 文教大学付 (2  200.0%
 京  華 (2後  190.0%
 かえつ有明総進2  175.0%
 順  天 (2後  166.7%
 青  稜 (2B  162.5%
 聖 学 院 (2  147.8%
 桐光男子部 (1  145.7%
 高 輪(算数午後  143.8%
 城西大学附城西2  125.0%
 高 輪 B     125.0%
 日本大学第三(1  122.4%
 湘南学園 A    120.8%
 神奈川大学附属A  119.5%
 淑  徳 (2   118.2%
 芝浦工業大学(2  117.6%
 藤嶺学園藤沢2   116.1%
 渋谷教育渋谷(2  115.0%
 佼成学園 (1   114.3%
 帝京大学 (2   113.3%
 城  北 (2   108.8%
 聖光学院 (1   107.8%
 青  稜 (2A  107.4%
 穎 明 館 (1  107.0%
 鎌倉学園 (1   101.7%
 学習院中等科(1  101.5%
 本  郷 (1   98.4%
 法政大学第二(1  92.9%
 青山学院中等部   92.4%
 渋谷教育幕張(2  91.0%
 慶應湘南藤沢    90.3%
 栄 光 学 園   88.9%
 世田谷学園 (2  86.4%
 巣  鴨 (2   82.8%


コメント

12月3日センター模試志望者動向〔2〕~2月1日入試(男子)

2006-12-13 09:36:49 | 学校選択
◆2006年12月3日のセンター模試の志望者数の動向を

(1)男子選択校(男子校・共学校) 
(2)首都圏2月1日入試
(3)志望者数5人以上
(4)同月前年対比
(5)前年対比90%以上

という条件で前年対比順に並べた。

 多摩大目黒(特1  288.9%
 帝京大学 (1   285.7%
 順  天 (1後  283.3%
 多摩大学聖ヶ丘1  266.7%
 自修館  A1   250.0%
 啓明学園 (1後  233.3%
 かえつ有明難進1  222.2%
 帝  京 (1   200.0%
 藤嶺学園藤沢1   174.1%
 工学院大学附1B  166.7%
 かえつ有明総進1  166.7%
 渋谷教育渋谷(1  151.4%
 淑  徳 (1   150.0%
 工学院大学附1A  150.0%
 法政大学 (1   144.0%
 桐蔭学園男子部1  141.8%
 相  洋 (1B  140.0%
 聖 学 院 (1  135.7%
 獨  協  (1  134.8%
 青  稜 (1A  134.6%
 関東学院  A   134.3%
 自修館  A2   134.2%
 武  相 (1B  126.7%
 桐蔭中等教育(1  124.2%
 サレジオ学院 A  120.9%
 順  天 (1前  120.0%
 東海大学付相模A  115.2%
 駒 場 東 邦   112.0%
 高 輪 A     111.3%
 逗子開成 (1   109.7%
 桜 美 林 (1  108.3%
 京  華 (1後  107.7%
 桐    朋    104.7%
 芝   (1    103.8%
 成城学園 (1   100.0%
 東京成徳大学1B  100.0%
 青  稜 (1B  98.9%
 麻    布    97.3%
 郁文館(特奨1   97.1%
 開    成    96.7%
 東京農大第一(1  96.5%
 東京電機大学(1  95.7%
 城  北 (1   95.3%


◆前年対比90%に到達しなかった学校の中に、慶應義塾普通部、世田谷学園、成蹊、海城、芝浦工業大学、国学院久我山、攻玉社のようなクリエイティブ・スクールがある。

◆経済的な理由、隔年現象、学内のクオリティ向上の動きが伝わっていないなどの理由で、このような現状になっているのだろうが、学校選択者は最終的な検討の余地ありではないだろうか。特に攻玉社のクオリティは相当向上しているし、学問的奥行きも深化している。

参照→時代の動乱期にビジョンを示す攻玉社

 
コメント

12月3日センター模試志望者動向〔1〕~1月入試(男子)

2006-12-12 03:27:35 | 学校選択
◆2006年12月3日のセンター模試の志望者数の動向を

(1)男子選択校(男子校・共学校) 
(2)首都圏1月入試
(3)志望者数5人以上
(4)同月前年対比
(5)前年対比90%以上

という条件で出した。


本庄東高付属(2 500.0%
成田高校付属   450.0%
東京学館浦安1A 275.0%
日出学園 (2  233.3%
埼玉栄 (1前  164.9%
那須高原海城(特 164.3%
日出学園 (1  162.5%
栄 東  B   150.7%
浦和実業学園(2 150.0%
聖望学園 (1  125.0%
東海大学付浦安A 122.2%
春日部共栄 (1 120.6%
獨協埼玉 (2  113.5%
芝浦工業大学柏2 113.5%
東海大学付浦安B 111.4%
星野学園 (1  110.3%
西武学園文理(3 109.4%
昭和秀英(2一般 109.3%
那須高原海城(Ⅰ 106.0%
城北埼玉 (2  103.3%
城北埼玉 (1  103.2%
千葉日大第一(1 101.2%
獨協埼玉 (1  100.0%
埼玉栄 (S選1 100.0%
埼玉栄 (1後  100.0%
開 智(1    100.0%
渋谷教育幕張(1 97.2%
城西川越 (1  97.0%
東邦大付東邦(前 96.5%
芝浦工業大学柏1 95.2%
浦和実業学園(1 91.7%
城西川越 (2  91.4%

◆前年対比だけではなく志望者数も十分に集まっている学校を抽出すると、さらに

埼玉栄、那須高原海城、栄東、浦和実業学園、東海大学付浦安、春日部共栄、獨協埼玉、芝浦工業大学柏、西武学園文理、昭和秀英、城北埼玉、千葉日大第一、開智、渋谷教育幕張、城西川越、東邦大付東邦

となる。

◆前年対比は右肩上がりだが、まだ志望者数は爆発的に集まっているわけではない私学は、6年後の期待可能性は大。最終的に選択判断するかどうかは、学校に行って雰囲気をつかんでおくことが必要。


コメント   トラックバック (1)

11月センター模試志望者動向〔8〕2月4日入試校(女子)

2006-12-08 10:44:44 | 学校選択
◆2006年12月3日のセンター模試のデータによると、志望者数前年対比、前月対比、平均偏差値前年対比、前月対比の4つのポイントすべて増加という条件を満たしている2月4日入試の女子選択校は、

 聖セシリア女子③
 実践女子学園③

◆両校とも、創立以来、未来の女子の生き方を見据えてきた学校。父権主義的な男性中心社会の殻を破り、新しい社会を建設するのに役立つ人間として女性がその能力を広げていくことを教育理念としている。21世紀の女子教育の拠点である。

※参照①→聖セシリアのキャリアデザイン
 参照②→実践女子の女子教育
コメント   トラックバック (1)

11月センター模試志望者動向〔7〕2月2日入試校(女子)

2006-12-08 09:46:30 | 学校選択
◆2006年12月3日のセンター模試のデータによると、志望者数前年対比、前月対比、平均偏差値前年対比、前月対比の4つのポイントすべて増加という条件を満たしている2月2日入試の女子選択校は、

 八雲学園②
 武蔵野女子学院②
 明治学院①
 北鎌倉女子B
 和洋九段女子②

◆八雲学園は2月1日入試に関しても、前年対比、前月対比については増加だから、全体としてかなりの人気である。英語と芸術と進学指導と1人ひとりの生徒と対話を継続するシステムを構築している。訪れると誰もが八雲の教育に魅了される。

◆武蔵野女子学院はロケーションがまずすばらしい。国際教育の力の入れ方も半端ではない。※参照→武蔵野女子の国際理解教育室のニュースレター

◆明治学院は、日本のキリスト教文化や教育に大きな影響を与えているし、その伝統が今も継承されている。精神と知性の両面の教育力は安定感がある。※参照→10月センター模試志望者動向(11)明治学院

◆北鎌倉女子は、「のだめカンタービレ」の人気にも現れているように、21世紀は女性力と芸術力=デザイン力が必要という時代の要請に応えられる学校として認識されているのだと思う。

◆和洋九段は教育の理念「和魂洋才」を貫徹させている学校。国際化教育では、欧米ばかりではなく中国を中心とするアジアも目配りしていて、姉妹校も多数。情報教育もその実力は文部科学省によって、次世代ITを活用した未来型教育研究開発事業(学校インターネット3)の研究校の指定を受けているほど。オーストラリアの姉妹校とインターネットを利用しての交流を行ったり、プロジェクト型探究プログラムを実践したりしている。
コメント

11月センター模試志望者動向〔6〕2月1日入試校(女子)

2006-12-07 12:41:43 | 学校選択
◆2006年12月3日のセンター模試のデータによると、志望者数前年対比、前月対比、平均偏差値前年対比、前月対比の4つのポイントすべて増加という条件を満たしている2月1日入試の女子選択校は、

 明大中野八王子①
 女子聖学院①
 吉祥女子①
 トキワ松学園A午後
 雙葉

◆明大中野八王子は、男子と同様の結果になっている。地理的に八王子エリアという限られた地域の生徒が集まるだろうから、MARCH以上の大学を考える女子には、早稲田実業や東京純心、白梅学園清修がある。卒業する6年後は、MARCHレベルで十分で、6年間は学園生活を大いに楽しもうと思えば明大八王子は有意義ではないだろうかということか。

◆女子聖学院は、21世紀の女性の生き方を豊かにする教育条件が整っている良質学校である。

◆吉祥女子、雙葉は、不動のポジショニング。隔年現象が続くだろう。もっとも吉祥女子は、今は気づかないかも知れないが、白梅学園清修が挑んでくる可能性がある。

◆トキワ松学園は、とにかく多種多様な体験プログラムを創っているし、オープンマインドな人間的に一回り大きな人材が輩出される可能性大の女子校。
コメント