ぶちぶちワンコの日記

ダルメシアンと暮らすOLの徒然なる日記

リカさんはこんなワンコです8

2008-05-30 12:03:04 | うちのワンコ
おねだり犬

何かを食べていると、必ず左右、背後のどこかにリカさんが・・・。
何だか背中にチクチク視線が・・・と思うと、音もなくやって来て、ヒッソリ背後で佇んでいる。



横に居るときは、テーブルに顔押し付けてジィーッ。



そして横目でお皿の中身をさりげなーくチェック!
数の数えられるモノは残数を確認。

”1コ、2コ、3コ・・・・後2コ、後1コぉー!”
何となく最後の1コは私のモノ!みたいに思っているので、残り少なくなってくると鼻息攻撃も加わります。
だから、全部一気に食べずに途中で中断すると、”はやく、はやく!”と急き立ててきます。

最後の1コに手を伸ばす時は、ものすごい期待感に溢れた熱い視線を浴びます。
でもいつももらえるわけではありません。
誰かの口の中に入ってしまった瞬間、目に見えてガッカリ。
でも、懲りずにまた誰かの傍へ。

同時にみんなが同じものを食べていると、あっち行ったりこっち行ったり大忙し!
誰が一番落としやすい? 誰が一番食べるの早い?とキョロキョロ、バタバタ。

でも、二兎を追うものは一兎も得ず。
ヨソに気を取られている間に、目の前のお皿が空っぽに!
”えーっ、ないっ!さっきまであったのにー!”
どこかに落ちていないかと必死に探し回るリカさん。
その姿が実に面白い。
コメント

リカさんはこんなワンコです7

2008-05-28 12:13:18 | うちのワンコ
子育ては×

リカさんは避妊手術済みなので、子犬が産まれることも想像妊娠もないのですが、ぬいぐるみで時々”お母さんごっこ?”をやってます。

ある程度大きいサイズだと攻撃対象になり、馬乗りで遊んでおります。

だけど小さめのサイズだとくわえてウロウロ。

抱えこんでやさしくナメナメ。


オシリを嗅いだり・・・。

ピィーピィー鳴きながら鼻で顔をチョンチョン。

でも、悲しいかな反応するわけもなく、動かないリカさんの赤ちゃん・・・。
すると、反応がないのにだんだん腹が立ってきたのか、チョンチョンが荒っぽくなっていき、最後には
ガーッ!ガブッ!
ブンブン振り回して、足で押さえつけ、ブチッ!

”ワタシがこんなに一生懸命にお世話しているのに、どうしてこの子は動かないのよー!
こんな子、こんな子はこうしてやるー!”



ああ、おそろしい。虐待母になる瞬間ってこんなカンジ?

ところが、しばらくすると”あら、ワタシの赤ちゃんが!誰がこんなことを!大変、大変!”

そして首がパックリ空いてクッタリとなった”我が子”をリカさんがどうするかというと、私の膝に運んでくるのです。

”首が取れて大変なのー。直して


まだそれ程ボロボロになる前ならば、縫って直すのですが・・・。
私が縫ってくっ付けているのを見て以来、リカさんの中で私に持って行けばどうにかしてくれるという思い込みができたようなんです・・・。

”ね、ねっ、可哀想でしょ!早く!早く!”
と私の周りをウロウロするんですが・・・。
”って、アンタがやったんでしょ・・・”

生まれたてのダルメシアンの子犬達を見る機会は失ったけれど、子犬生まれなくて良かったかも・・・。
リカさんの場合、困ったら全部私に押し付けてきそうだし。









コメント

就活生にモノ申す30

2008-05-27 11:58:28 | 人事のつぶやき
辞退するのなら

選考に進んでいる企業に辞退の連絡するのは、やっぱり気まずいですよね・・・。
でも、私の就職活動時代よりかは、学生にとって企業にモノを言いやすい環境だとは思います。
選考途中であれば、メールでもOKな企業も多いですし。
当時は電話か直接出向くのが基本とされておりましたから。
まあ、今でも内定辞退となれば、お詫びに伺うことを期待されることもあると思います。

当時の逸話としては内定辞退のお詫びに企業を訪問したら、担当者にラーメンを頭からぶっかけられたという話も聞いたことがありますが・・・。

気が重いでしょうが、辞退の連絡はやはり早急にキチンとされるべきですね。
選考途中の段階であれば、特に非難されるということもないと思います。
アナタの抜けた分、他の方がチャンスを得られますし、辞退の意思表示さえしていれば、企業側もそれ以上、追いかけてこないですので。

ただ、内定承諾後に辞退する場合は、相当の覚悟が必要です。
おそらく、企業側は事前に意思確認をしているはずですので、その時に“行きます!”と断言し、印鑑を押していたのなら、企業も怒ります。
相当の理由がない限り、責められる可能性は避けられないと思います。

やはり、迷いがある場合はその旨を正直に伝えた方がいいと思います。
企業によっては、他の選考を受け続けるのならば、内定は出さないというところもあるでしょうが、内定が出るところまで残った方ならば、多少猶予を与えてくれるはずです。
折角時間と労力とお金を費やしてきた方に、“あ、そう。じゃ、いらない”と即答することはないと思いますよ。
企業もアナタの気持ちや事情を事前に聞いていれば、辞退する場合も、理解を示してくれるでしょう。

とりあえず、ケンカ別れだけは避けましょう。
後々の社会人生活の為にも、誠意ある対応は必須です。

というのも、自社の人間だけと仕事ができるわけではないからです。
かってアナタが蹴った企業が勤める企業のクライアントである場合もあります。

現状付き合いがなくても、そうなる可能性は常にありますし、合併するかもしれないし、どこでどう出会うか分かりませんから。

企業というのは利益を求めるモノですので、過去のアナタの行状で有益な取引がフイになるようなコトがあれば、その責任を負わされることもあるかもしれません。

内定承諾後の辞退は基本NGですが、やむを得ず辞退する場合は、できるだけ良い関係で終われるように努力しましょう。
怖いのも嫌なのも一時のことです。
その後の社会人人生棒に振るよりよっぽどマシですよ。
コメント

就活生にモノ申す29

2008-05-26 12:46:57 | 人事のつぶやき
今の時期

今の時期は就職活動を終えられる方もいれば、まだまだ続きそうな方、今からやっと始める方が入り混じってくる季節ですね。
採用活動そのものが長期化しておりますので、今から始めても十分就職はできると思います。
現に4月からエントリー受付を開始して、これから説明会を開催する企業もあります。

ただし、選り好みはできないと思います。

早期から活動を行っている企業は終了されるところも多いです。来年度の準備もありますし。

今の時期に新規にエントリーして、選考に関して問い合わせをしてくる学生さんもいらっしゃるのですが、中には
“何でもう選考がないのですか?
というような聞き方をしてくる方がいらっしゃいますが、逆にこちらは
“そんなに受けたいのなら、何で今まで来なかったの?”としか言えないです。

留学をされていた方もいらっしゃるでしょうが、もしどうしても入りたい企業があるのなら、事前にその企業の選考時期も調べ、どちらを優先するかを決めた上で留学された方がいいでしょう。

留学経験というのは企業によって捉え方が違いますので、それを評価する企業は採用において留学生枠を設けていたり、選考時期も考慮してあると思います。
ですが、留学経験や、外国語を話せるスキルが特別必要ではない企業の場合は、わざわざそのために時間を割くことはないでしょう。

それ以外の方は、本当に就職活動そのものに乗り遅れたか、希望の企業の選考に落ちて仕方なく応募している方なんだろうなと企業側は考えます。
そして上記の方々については“早期に応募してきている学生よりも志望度が低い”と思われることが多いでしょう。

ですので早くから活動をしている企業の場合、今の時期に“どうしても御社で働きたいんです!第一志望です!”と活動の初期と同じような表現では言われてもウソっぽく聞こえるんですよね。

この時期ですから、ある程度今までの経過を話されてもマイナスにはならないと思います。
おそらく面接官もそういう質問をされるかとは思いますが。

ただ、“今までの活動から何も学んでいないな”とか、ただタラタラと続けているだけという印象を与えれば、“だからダメなんだよ!”と思われるだけですのでご注意を!
コメント

就活生にモノ申す28

2008-05-23 12:32:22 | 人事のつぶやき
電話の向こう側で
企業側が学生さんに電話で連絡する場合、どうしても日中の時間帯が多くなるので、学生さんの方も授業や就職活動中で電話に出れないこともあると思います。
そういった場合、学生さんの方から折り返し企業に連絡をされることも多いと思います。

学生さんから見れば、向こうがかけてきたのだから、こっちからかけた場合、すぐに分かってもらえるだろうと思われている方もいらっしゃると思います。
だから苗字だけ言われる方も多いですし、“電話あったんですけど・・・。”
とこちらが分かるだろうという感じでかけてこられる方がいらっしゃいます。

でも、それじゃこっちは分からないのです・・・。

小さい会社で一人で限られた人数のTELかけをしている場合はそれでも分かりますが、あっちこっちの地域・複数の職種の選考を同時にやっていると、一気にたくさんの学生に複数のスタッフが電話するので、結構特定するのに時間がかかったりすることもあるんですよね・・・。

アナタが電話口でイライラとお待ちの間、こっちではどうなっているかと言いますと、
例えば次回の選考日程の連絡の場合、

まず、名前と学校名で電話した担当者を探し、どこのエリアのどの職種か調べ、次にリストなり、PCなりでその人の個人データを出し、その人がどういう状況なのか確認して、ついでに選考予約の空き状況も確認してやっと
“お待たせしましたぁ”ということになるんですよね。

複数の部署で同じ電話回線を使っている会社だともっと時間がかかるかもしれません。
以前に別の会社の採用活動をしている時は、一般のお客様も時々同じ電話にかけてこられるので混乱することもありました。

こっちがかけた直後とかだと割合直ぐに対応できるのですが、翌日以降とかだともう忘却の彼方に。

そういう点、変わった名前の方は記憶に残りやすいので得かもしれません。
まあこちらとしては、かけた時に出ていただけるのが一番ありがたいのですが、こればっかりは仕方がありませんのでね。

学生さんの立場では電話よりもメールの方がいいと思われるかもしれませんね。
仕事する立場でもWEB上で学生に自分で予約させたり、一方的にメールで日時を通知する方が楽です。

でも予約が偏ったり、無断欠席をされるリスクが高くなるというデメリットがあるんです。
他部署のおえらいさん等を面接官に呼んでいる場合は、そちらのご機嫌も損ねないようにしないといけません。
つまりすぎても、空きすぎてだめなんです。

面接時間がポッカリ空いてしまったりすると、“こっちが忙しいのに時間作ってきているのに!”という気持ちになりますよね。

さすがに怒って帰ってしまわれるということはありませんが、人事はあの手この手でご機嫌を取らないといけません。
そういう立場なんです・・・実際採用担当って。


コメント

就活生にモノ申す27

2008-05-22 16:54:25 | 人事のつぶやき
連絡は大事です!

携帯を握り締めて、企業からの通知を待たれている方もいらっしゃると思いますが・・・。
何度連絡しても、留守電にメッセージを入れても、応答してこない方もいらっしゃるんですよね。

辞退するつもりの方もいらっしゃるかもしれませんが、その場合もその旨を連絡しないと、何度も掛けてくる企業もありますよ。

ウチは自動的に辞退扱いにしますが。
ですので、逆に辞退するつもりがない場合は、早急に連絡してこないと、消去されます・・・。
留守電を入れた時点で、企業としては“連絡済み”となり、
後で“連絡来なかったので受検できませんでした。もう一度受けさせてください”と泣いてもわめいても、受け入れる必要はなくなります。

そう、それは“すべてアナタご自身の責任です。

それと、連絡先は携帯電話を登録されている方が良いと思います。
家電は敬遠されますのでね。

履歴書には記載していても、企業の学生の個人ページに登録されていなかったり、間違っていたりする場合もあります。
こちらの情報は基本、自分で確認・登録をする必要があります。
企業が書類を見ながら訂正をするということを期待しないでください。

どうしても連絡先を自宅電話にしたい場合は、留守電設定にするか、同居のご家族に受検している企業から連絡が来る旨を伝えておいた方が良いです。
おそらくご両親ならば、何も言わなくても大体分かってくださり、それなりの対応をされるとは思いますが・・・もし、ご高齢の祖父母と同居されている場合は、要注意です。
こちらが連絡したくなくなる確率が大ですね・・・。

あと、電話連絡の場合、後になるほど面接日時の選択が少なくなります。
ですので、直ぐに企業からの電話に出れなかった場合や、折り返しかけ直す場合は、出来るだけ早く連絡を取った方が良いと思います。

就職活動は他の学生との競争です。
そして基本、早いもの勝ちですから。
コメント

りかさんはこんなワンコです6

2008-05-20 12:13:49 | うちのワンコ
ウソつきワンコ

リカさんは”ごまかし演技”をします。

例えば,寝ぼけていて、私に吠えかかってしまった時。
正気に返るや否や”ヤバッ!”と思ったのか、慌てて窓のところに行って外に向かって吠えました。

誰もいないよ!

”いいえ、いたんですぅー。
私は怪しいモノがいたんで吠えたんですー。
アナタに吠えるわけないじゃないですか。


女優だね・・・。
でも長い付き合いなので、バレているよ。

イイ子のフリも得意よね。
まだ成犬になったばかりの頃も、”待て”をさせて他の部屋にいったら、動いていたでしょう?

私が戻ってきそうな気配がした途端、小走りで戻ったでしょ?
ウチはフローリングだから足音で分かるのよ!

で、”ずーっとお待ちしていましたわ、ご主人様

って得意げに待ってたフリしたわよねぇ。


あとオヤツもらう為に、トイレしてないのに、
”トイレ行ってきましたぁ!”と言ってきてもダメよ。
おばあちゃんはだませても私はだまされないわよ。

そんなスキル磨くヒマがあったら、自分のオモチャを片付けてちょーだい!
 




コメント

ドバイへ行ってみた(空港へ)

2008-05-16 17:25:30 | 旅行(ドバイ2007)


真夜中の空港

今日でドバイともお別れです。
最後にお部屋からの写真を。






夜の10時頃だったと思いますが、お迎えが来ていよいよ空港へ。
ですがこの車の運転手さんの運転は結構ヤバかったです。
運転免許のない私ですが、とりあえず間違ったトコロに車を突っ込ませたことぐらい分かります・・・。

とりあえず無事空港にたどり着き、中に入ると人・人・人ー!
こんな時間なのに。関空とは大違い。

しかもみんな荷物がすごい大荷物!スーツケースとかじゃなく、ダンボールとか紐でくくっただけの家財道具とか・・・。
出稼ぎに来ている人が国に帰るんでしょうね。
半分寝かけの日本人と違って、彼らはみんなウキウキ心弾んでいるよう。

”とうちゃん、いっぱい稼いだぞー!お土産いっぱい持って帰るからなー!”
という感じでしょうか。

でも、入ってすぐにセキュリティに荷物を通さないといけないのですが、彼らの大荷物のせいで停滞ぎみ。
すばやく取らないと、他人の荷物に埋もれてしまいます。

チェックイン後にまたセキュリティチェックがあるのですが、ここも長蛇の列。
とても真夜中とは思えない光景・・・。

所々で床に寝ている人もいますが・・・。

通路の床でお祈りしている方も何人か。
ホントどこでもやらなきゃならないんですね。
もしかして飛行機の中でもやるのかな?

とりあえず出国も済み、後は飛行機に乗るだけ。
と思ったらアナウンスが。
”手荷物は1つに、7Kg以下にしてください”

何ですって!
スーツケースが重量制限あるから、手荷物で持っているのに。
大体そんなこと今ここで言われてもね!
空港の免税店で買い物した人はどうなるのよ!(私はしてないですが)

安全の為とは言え、どんどん制限が増えてイヤですねぇ。

結局特に荷物のチェックはされませんでしたが、焦りました。

帰国時もまた飛行機までバスで長い道のり。

深夜2:35出発。

寝ている間に日本へ。

こうして庶民の日々がまた始まる・・・。
何か先に楽しみがないとサラリーマンやってられない。

あ、そういえばアラビックコーヒ飲んでいない。砂漠も行っていない・・・。

ということで
また行くっ


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ










コメント (3)

ドバイに行ってみた(アル・カスル⑦ )

2008-05-16 12:57:09 | 旅行(ドバイ2007)

アル・カスルでのハイティー





アル・カスルのロビー階にあるAL FATROOZ LOUNGEで午後3時から6時までハイティーが頼めるということなので行ってみました。

結構込んでいて、アラブ人と欧米人半々位。
さて、お目当てのハイティーはというと、イングリッシュとアラビアンが選択できるということ。

折角なのでアラビアンといきたいところですが、お菓子ってきっと例のアラブ菓子よね・・・と思って辺りを見回すと、アラビアンらしきものを頼んだ欧米人カップル発見!
ほとんど残されたアラブ菓子・・・。
やっぱりアレか。そしてやっぱり外国人にとってはなスィーツのようですね。

ということでオーダーはイングリッシュで。
2つだと多いのでタワー1つでお茶2つにしてもらいました。

3段トレーにはそれぞれサンドイッチ、カナッペのようなモノ・ケーキが盛られ、スコーンはバスケットで別にきました。

どれもおいしかったです。スコーンもホカホカで。
とりあえず、ロンドンで食べるよりこっちの方がキレイでおいしかったと私は思います。

かねてより、私はイギリスのアフタヌーンティーがみんなが言う程おいしいとは思えなくて・・・。
よくイギリスに行った方が、イギリスで紅茶を飲むとティーバッグでも日本で飲むより数段おいしい!とおっしゃられますが、私には違いが分かりませんでした。
それはちゃんとしたトコで飲んでないからだーと言われるかもしれませんが・・・

行きましたよ!ロンドンのフォトナム&メイソンのティールームへ。
でも、やっぱりそれ程感動はなかったです。
クロテッドクリームも、小岩井の方がおいしい・・・とか思ってしまいました。

イギリスはロンドンしか行っていないので地方は分かりませんが・・・。

ただ、今はどこの国でもある程度のレベルのティーサロンはそこそこのモノを出すし、逆に本場より趣向をこらしておいしくしようとしている姿勢が見えますよね。

だから私の結論としては、”アフタヌーンティーはイギリス以外の国の方がおいしい!”です。


脱線してしまいましたが、ここはドバイです。
アラブのご家族様がご来店されました。
一家の長のようなおじいさんと息子か孫の若い男性、そしてアバヤの女性がゾロゾロ。
この家族は一番広くていい席に案内されました。
ホテルの人かどうか分かりませんが、アラブ人の男性が挨拶に来られ、何か手土産のようなものを”お納めくださいませー”みたいな感じで渡していました。

このおじいさん、もしかしてすごい大物とか?
一緒にいる娘・孫に見える女性も、もしかしたら全部奥さんだったり?

ここじゃ複数の奥さんを同時に連れ歩くのもヘンじゃないそうですが。
あとメイドを連れ歩く場合もあるので、見ただけじゃ人間関係分かりません。

一度お話してみたい気はしますが、民族衣装をお召しの方には声をかけられる雰囲気じゃございません。

とりあえずここにいる間は他の国の人のように、ローカルの方から話しかけてくるということはなかったですね。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

コメント

ドバイへ行ってみた(モール・オブ・ジ・エミレーツ②)

2008-05-16 11:55:02 | 旅行(ドバイ2007)
モール・オブ・ジ・エミレーツ 続き

ストールのお店で結構時間とお金と体力を使ったので、その後は特に惹かれるお店しか入りませんでした。

女の子向けのアクセサリーショップみたいな所で細々したものをいくつか購入。

ヘアアクセサリー、バングル・・・
ストール・・・まだ買うか?て感じですが、安いやつです。シフォン素材など、また”別物なんで



チープだけどキレイなのがいっぱいあって、またテンションあがるー!

あとビーズのついたバッグやらお財布やら・・・。
なんか好みのものがいっぱいあったんで、ごっそり買い込みました

ただ高級なお店ではない為、全部まとめて袋に入れられので、後で自分で入れなおさないといけませんでしたが。

私は旅先で結構こういうチマチマしたものを買い込むので、梱包材料もいつも持って行きます。
女性の店員さんだとある程度気を使ってくれますが、男性の場合”詰めりゃいい”みたいな入れ方されますからね・・・。

お土産は結局ほとんど自分のモノばかりになってしまいました。
でも、この国ってあんまり他人に配りやすいお土産ってないんですよね。
まず、”ドバイ産”というものがないような気がするし・・・。

デーツにしろチョコにしろ他の国の支店だしね。
砂と石油は持って帰れないし。
特に職場のお土産がねぇ・・・。デーツは好みがあるし、いくらバティールのものでも、知らない人にとっては最悪変なモノもらったとしか思われないし。
結局チョコレートになるんですが、暑い季節は手荷物にしないと溶けるので、あんまり量が多いと大変です。

アラブ菓子、日本人の口に合うといいんですがね・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
コメント