ぶちぶちワンコの日記

ダルメシアンと暮らすOLの徒然なる日記

やっぱり来たか、ラクダミルクチョコ

2010-02-04 21:09:19 | テーマ別 旅
世の中バレンタイン。
ふと、目に付いた新聞のチョコ特集の記事。
”阪神百貨店 ドバイの王室御用達、ラクダミルクのチョコ 9240円”
あ、もしかして・・・

やっぱりアル・ナスマ。
そしてラクダキャラバンのチョコの写真。

? ? ?
9240円?

あら、そんな値段だったかしら?
ラクダキャラバンは5000円ちょっとだったと思うけど。
しかも円高の今。

(詳しくはドバイ旅行記2009ご参照ください。)

ま、写真はイメージで、別の商品の値段かもしれませんが。
個数の違いとか。
バレンタイン用特別仕様とか。

それにしても、ホントに日本の百貨店まで来ちゃったのね。
ま、あれだけ日本人ツーリストの中で話題になっていたら、日本に目を付けるのは当然の成り行きでしょうけど。

とりあえず、ドバイ景気回復の為にも売れるといいね。
お値段は安くはないですが、ラクダ自体の頭数が減っているらしいので、その分ラクダミルクも貴重になっていると思えば、まあ納得できるかな?

陰ながら応援しています、ドバイ様。


にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へにほんブログ村
コメント

祇園でランチ

2008-12-01 20:53:50 | テーマ別 旅
ちょっと遅いですが、まだ紅葉見れるかな?ということで京都に行ってきました。



祇園エリアでお昼のごはんを予約していたので、それまでちょっとブラブラということで、清水寺へ。
清水の舞台が見えるエリアですが、残念ながら紅葉はいまいち。
結構枯れている木が多くて。
やっぱり遅かったかな?



さて、今回のお昼はやっぱり京料理ということで
『祇園 京柿』でいただきました。

<清水会席>
感想としてはアタリ・・・ハズレ・・・アタリというな感じです。
作っている人の個性が違うのか・・・どれがこの店の味なんでしょ?と思う程、味付け等に差が・・・。


胡麻豆腐 カラスミのせ


汁物 京風にしては味が濃いかなぁ。
老舗料理屋さんでは一番期待するモノだけにちょっと残念。


刺身


白和え・焼き物他


長いもの寒天ジュレのせ


蓮根蒸し
これに入っているウナギはおいしかった!
コレ作った人と汁物作った人ってきっと別人だと思う。

この後、白ごはんと吸い物が出て、その後デザートなんですが・・・


エキストラバージンオイルのアイスだそうです。
もしかしてお店としての方針を模索中なんですかねぇ。
でも、これはもう一度食べたいと思うモノではなかったです。


と今回は少々期待ハズレなこともありましたが、京都はいつでも行ける所なので、八ツ橋買って、お漬物買って、次の機会に期待し、家路へ。
一つ予定がコケても、他のモノで十分穴埋めができるスポット。
それが京都の魅力です。

コメント

お土産~中東編~

2008-08-31 11:21:05 | テーマ別 旅
*テーマ別 旅*
  海外での体験をテーマ別に綴っているカテゴリーです。
 

Bateelのデーツ・スパークリング・ドリンク




アラブ地域でのスィーツと言えばドライにした”デーツ”がよく知られていますが、これは高級デーツの代名詞、Bateelの商品のひとつです。

デーツシロップをアップルジュースで割った炭酸のジュースで、ノンアルコールですが、スパークリングワインのような雰囲気を味わえるドリンクです。

味はシードル(フランスのりんご酒)のような味で、デーツが入っている分、ほのかに甘いかな?という感じです。
ですので、デーツが苦手な方にも抵抗のない、万人向けの飲み易いドリンクです。

”重い”ことだけがマイナスですが・・・。

ポイントはお値段の割に見栄えがすることですね。
ジュースの値段としては安くはないですが。

その分、かなり立派な箱に入っていて、写真の様に大きなリボンまでかけてあるので、そこらへんのお土産屋さんやスーパーのモノでは気は引けるなぁと思うような方へのお土産には一押しです。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
コメント

アクシデント ~列車編②~

2008-08-03 11:23:15 | テーマ別 旅
*テーマ別 旅*
  海外での体験をテーマ別に綴っているカテゴリーです。
 

TGV停めた日本人団体

アビニョンからパリへ移動するのにTGVに乗ることに。
国内移動なので、切符持って乗るだけなんですが・・・。
何やら胸騒ぎが・・・。

予感的中!ツアー参加者に病人発生。
おそらくてんかんの発作だと思うのですが、パタッと倒れるだけではなく、全身痙攣したり、暴れたりと結構激しい発作だったので、辺りは一時騒然となりました。

そこでまた、
”とりあえず、他の方はとにかく列車に乗ってくださいっ!
となりました。

またまた発車間際で、かつ車両や席がバラバラだったので、自分の車両を探すのが精一杯。
なので、他の人がどこの車両に乗っているか、更には乗れたかどうかまでは分かりませんでした。
あの状況で本当にみんな乗れたんだろうか?
と思っていたら、途中の駅で妙に長い停車時間。

”ヨーロッパの列車では運転手がコーヒータイムを取るために列車を停めることもある”とかいう話も聞いたことがありますが・・・。

と勝手に想像膨らませていたら、実は別の列車に乗った私達と同じツアーの参加者が乗り換えられるように待っていたらしい。

やっぱりみんな乗れてなかったのね・・・。
前回のユーロスターは奇跡的だったのかも。

でも、ここでビックリなのはこの融通の効きよう!
ルーズなことも多くて時々イラッとくることもあるラテンの国ですが、乗り遅れた数人の為に列車を停めれる運転手、又遅れることに文句を言う人のいないこの懐の深さ・・・。

まさに脱帽です。

でも・・・もしかして私は列車の旅と相性が悪いのでしょうか?
その後、小旅行ではちょくちょく列車にも乗っておりますが、スーツケースごと移動する列車の旅には腰が引けています。
2度あることは3度ある・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
コメント

アクシデント~列車編①~

2008-08-02 08:55:37 | テーマ別 旅
*テーマ別 旅*
  海外での体験をテーマ別に綴っているカテゴリーです。
 

火事場のバカ力

ロンドンからパリに行くのにユーロスターに乗ることに。
島国日本に生まれた身としては、列車で国境越えは憧れでした。

ワクワクしながら、ウォータール駅に行きました。
ところが、なんだか駅が人であふれています。
原因はチケット発券機の故障。
・・・よくものが壊れるのに遭遇するような。

国際線なのでみんなそこそこ荷物を持っているので身動きできない状態。
列もあるようなないような。
ツアーだったので、本来ポーターに荷物を一括で預けるのですが、それもできない状態。

そして、出発時間もどんどん迫ってきます。
なので添乗員さん
”とりあえずどうにかして、とにかく列車に乗ってください!”

と叫んで、みんなバラバラに。
ということなんで、積極的に人ごみ掻き分けていかなきゃ乗り遅れる・・・。
みんな先を争って通り抜けようとするので、強気で行かないと弾き出される。

無事、改札は通れたものの、行く手には細いエスカレーター。
当時は今ほど重量制限が厳しくなかったのと、ツアーだから自分で運ぶことないし!ということでズッシリ思いスーツケース。

でも、時間的にかなりギリギリだったので、躊躇するヒマもなく・・・。
引っさげて駆け上りましたよ。

いやーアレ持って走れるとは思いませんでしたが・・・。
どうにかなるものですね。

そのツアーの時は比較的平均年齢が若かったので、こんなのもアリだったんでしょうけど・・・。
体力のない人や高齢者が参加していたらキツかったと思います。
ツアーと言えども、全部おまかせで安心はできないですね・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

コメント

アクシデント ~飛行機編~ 

2008-08-01 10:56:11 | テーマ別 旅
*テーマ別 旅*
  海外での体験をテーマ別に綴っているカテゴリーです。
 

飛行機が飛ばない!

KLMオランダ航空でアムステルダムから乗り継いでニースに行く時、理由も分からず8時間足止めされた。
もともと乗り継ぎ時間が長かったので、アムステルダム市内に観光に行けたりもしたのですが・・・。

理由を聞きに行っている人もいましたが、エアラインの職員も肩をすくめるだけで、説明はしてくれなかったよう。

イヤなのが、出発時間がチョロチヨロ数分単位でずれていくこと。
なのでもうすぐ、もうすぐと待っていなくてはならなくて、動けない。

もともと出発が夜だったのですが、時間が遅くなるにつれ、空港内もお店が閉まり、電気も消えていく。

季節は10月終わり。
ニース行きの服装じゃ、オランダはもう寒い。

ようやく乗れて、ニースに着いたのは夜中。
こんな時間に到着する飛行機は他になかったと見えて、閑散&薄暗い空港。
タクシーも見当たらない。
お迎えのツアーバスを見て、ツアーで良かったと思った瞬間。

この経験から、フリーの時もホテルとお迎えだけは事前に確保してます。
後で聞いたら、この航空会社は遅れることがちょくちょくあるそうな。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

コメント

アクシデント~スト編~

2008-07-31 12:01:54 | テーマ別 旅
*テーマ別 旅*
  海外での体験をテーマ別に綴っているカテゴリーです。
 

ストライキ
これも初めての海外旅行で遭遇したアクシデント。
というか、この時は出発直前に爆破事件等もあったりして、今思えアクシデントのオンパレードの旅行でしたが・・・。
フランスではストは結構日常茶飯事のようですが、この時は特に大規模かつ長期的なストで、私が遭遇した中でも一番大変なものでした。

まず、列車が全線停止
地下鉄・国内線・国際線全て×。
TGVにも乗る予定だったのに・・・。
プラス荷物の輸送をしているトラック運転手さん達のスト。
この影響で、お店に商品が入ってこない・・・。

本当にとんでもない時に行ってしまいました。
列車が止まっているため、車が大・大・大渋滞!
全然進みません・・・。全てに時間のかかる悪循環。
 
この時はツアーで1.5日位しかパリに居なかったので、あんまり不便ではなかったですが、もし自分の足であちこち行く予定にしていたら、予定が全てパーになりますよね。
かなり凹むと思います。

かくして、初めての花の都パリの旅は、
ネズミ色の空車の列パトカーのサイレンの音
しか覚えていない・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
コメント

アクシデント~スーツケース編~

2008-07-29 14:36:23 | テーマ別 旅
*テーマ別 旅*
  海外での体験をテーマ別に綴っているカテゴリーです。
 

スーツケースが開かない!

初めて海外旅行に行った時、やってしまいました。
スーツケースのロックミス。
暗証番号のロックボタンがきちんとロックされていなかったらしく・・・設定番号とは別の数字で設定されてしまい、到着後開けようと思ったら、開かない!

しかも、その番号が分からない・・・。
3桁なので、気長にやれば、いつか見つかりそうですが、そんな時間もない。
しかも、初日。
そして私は乗り物酔い&貧血でダウン。

そこで母が何とか開けようとホテルのフロントにドライバーを借りに行きました。
フランス語はもちろん、英語も喋れない母なりにスーツケースを見せて“ドライバー、ドライバー”と窮状を訴えたそう。

で、出てきたのが“”ツアーバスの運転手さん”
ドライバー=運転手 間違っていない。

まぁ、結局“ドライバー=運転手”さんがカギ開けてくれたんですけどね。
結構、手馴れた感じで、普通開ける側と反対の部分を
”スクリュードライバー”でエイッと。
以外に簡単に開くものです。
その旅行中は毎回この方法で素人の私達も開閉していましたので。
こっそりお借りした食事用のナイフなどが使い易かったです。
(勿論お返ししましたよ。)
となると、カギの意味って、気休め?という感じですが・・・。

とりあえず、スーツケースは潰さなくて済みました。
同じツアーで偶然同じ目に合った方がいて、そちらの方はスーツケースを壊さないといけなくて、新しいものを現地で調達されていました。

ウチのスーツケースは日本帰国後、父が数字合わせに挑戦し、見事ロック解除!
その後、この一度は異国の地で捨てられかけたスーツケースは、家族が代わる代わる使い、共にあちこち旅をしました。 

”screwdriver”この言葉、二度と忘れない・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
コメント

お気に入りスィーツ~ロンドン編~

2008-06-19 15:45:30 | テーマ別 旅
*テーマ別 旅*
  海外での体験をテーマ別に綴っているカテゴリーです。
 

Whittard

またまた、ドリンク系になってしまいましたが・・・。
でも、ロンドンで思いつくモノでは、これが一番だと思ったもので。

Whittardはイギリス国内に多くの支店を持つティーブランドです。
紅茶だけではなく、フレーバーティー、コーヒー、その他お茶にまつわる色々なかわいい商品も扱っています。

ロンドン市内にもいくつか支店がありますが、私はコベント・ガーデンのお店に行きました。
コベント・ガーデンは色々なお店が集まっているので、買い物もしやすいし、楽しい場所なのでお勧めです。

マイフェア・レディの舞台でもあるので、いつも観光客で賑わっています。
このお店も小さなお店なので、人でひしめき合っていました。

お茶の種類も色々あって、どれもお土産にいいと思いますが、他の有名ブランドのティーブランドにはないモノということで、お勧めは”インスタント・ティー”です。

粉末のお茶なんですが、種類も色々あっておいしいんです。
お店では試飲もさせてくれるので、どんな味かも買う前に分かります。

本当は全種類欲しいところなのですが・・・。
トイレットペーパーサイズで、結構重かったりして、3缶が限界でした。
エコノミークラスの重量制限ってツライ・・・。

ちなみに日本の百貨店や通販でも扱っているところがあるようです。

フレーバーは、”Dream time”などが万人向けだと思います。

日常的にあまり紅茶を飲まない人だと、リーフの紅茶は面倒くさがられるので、こっちの方が喜ばれます。

ただ、あちこちに配るほどの量は買えないんですけどね・・・。

ミニ缶作ってくださると有難いです。
コメント

お気に入りスィーツ~ドイツ編~ 

2008-06-19 12:17:14 | テーマ別 旅
*テーマ別 旅*
  海外での体験をテーマ別に綴っているカテゴリーです。
 

アイスワイン

スィーツじゃないですが・・・。
デザートワインということで、無理やりこのカテゴリーに入れてみました。




私が買ったのはフランケン地方のフランケンワイン。
ですので、このような丸い特徴的なボトルです。
この地方でしかこの形状のボトルは手に入りにくいそうです。

家族4人で小さーいグラスで1杯ずつ飲んで終わり、という位の量ですが、お値段は約1万円。

でも、買った価値はあったと思います。

味はというと甘~いんです

本当のお酒好きにとっては邪道っぽいかもしれませんが。
私はお酒は甘いのが好きなので、甘いワインに感動!

これをきっかけにいわゆる”貴腐ワイン”のファンになりました。
普通のワインよりも手間がかかるので、お値段は高くなりますが、量はいらないので、私は普通のワイン1本飲むより、これ1杯の方を選びます。

まぁ、お料理には合わないですけどね。

でもドイツで見つけたら、是非飲んでみていただきたいワインです。
コメント