ぶちぶちワンコの日記

ダルメシアンと暮らすOLの徒然なる日記

【マカオ旅行 21】帰国

2010-12-23 15:16:38 | 旅行(マカオ2010)
楽しい時はあっという間に流れ、もう帰国です。
マカオ航空の場合、AM11:00発なので、帰国日当日はもう帰るだけですね。
空港が近いので、ピックアップ時間は8:50でした。
香港経由だと日本着が遅い時間になるので、関空から家が遠い方は直行便の方が良いかもですね。

空港もそんなに大きくはないし、混雑もしていないので、あっという間に出国です。
荷物も19.5Kgでセーフ。
3泊4日で多すぎるんじゃないのって?
はい、やっぱり今回もヨーロッパ8日間に行くのと同じスーツケースで行きました。
小さいキャリーの人が多い空港カウンターでは目立ちましたが・・・。
結局帰りは一杯になってますし。
”大は小を兼ねる”です。
どこに行こうが、常に20Kg前後の荷物携えて帰ってくるワタシです。


とりあえずこの空港は迷う心配はゼロ。
でも、割と小奇麗で免税店等も有りますので、退屈という事はありません。



搭乗時間になると、ほんの目と鼻の先の飛行機までバスで移動します。
ランカウイじゃ、自分の足で走った距離ですね。
(今回は問題が無くて良かった、良かった)


やっぱり霞んでいる空。



でも無事に飛び立ちました。

機内食も1回出ます。
もう既に何を食べたのか記憶にございませんが・・・
おいしかったと思います。
不味ければ、記憶に残っているので。

うつらうつらしている間に
15:30 無事に関空に到着です。


今、成長期にあるマカオ、数年後にはまた町の雰囲気が随分と変わっていることでしょう。
でも、お手軽お値段でリッチに、気楽に、そして何よりご飯がおいしい!という点は変わらずにいて欲しいものです。
とりあえず、カニとフカヒレを食べたければマカオへどうぞ!

これで今回の旅行記は終了です。
長らくお付き合いいただきまして、ありがとうございます。




にほんブログ村 旅行ブログ マカオ旅行へにほんブログ村
コメント

【マカオ旅行 20】ザ・ベネチアン・マカオ・リゾート6

2010-12-22 15:12:04 | 旅行(マカオ2010)
さて、日が暮れてきましたので、ベネチアンの夜の姿を。

こちらシティ・オブ・ドリームズはネオン系で、色々な色になります。



この辺りからは”熱烈歓迎”の文字は見ることができませんでしたが、空港からは見えるはず。

ベネチアンの方はネオンのハデさはありませんが、幻想的でロマンチックな雰囲気。






さてと、本日の夕食ですが、最初は中華の”カントン”に行きたいなぁと思っておりましたが、アフタヌーンティーもしたし、2人じゃあまり食べられないので、アジア料理のビュッフェレストラン”バンブー”に行きました。




アジア系なら一通りあったと思います。
もちろんお寿司などの日本料理も。

それとこれまたカニが食べ放題でして。
山積みでどーんと。
隣のテーブルの方は一皿全部カニ盛で、みなさんでホジホジされていました。
カニを心ゆくまで食べたくなったら、マカオに行くべし。








麺は調理スタッフに言えばその場で作ってくれます。
シンガポール風とワンタンの2種類がありました。
もちろん私はワンタン麺!
ここの麺はきしめんタイプ。
これもおいしかったけれど、スープはやっぱり海王老記のが好きだったなぁ。

デザートもしっかり頂きました。


これもマカオスィーツの代表、バニラクリームの上に粉々に砕いたビスケットをかけたポルトガルのデザート、セラドゥーラを食べ損ねていたけれど、やっとここでありつけました。
そして、ついでにまたまたエッグタルトも食す。

とりあえず、カジノで手に入れたお金、無事にお腹の中に収まりました。



にほんブログ村 旅行ブログ マカオ旅行へにほんブログ村
コメント

【マカオ旅行 19】カジノで大当たり?

2010-12-20 14:47:24 | 旅行(マカオ2010)
バブルでのショーの待ち時間が1時間位あったので、ここのカジノもちょいと覗いてみました。

カジノの入口には、定期的に人魚が現れるスクリーンがあります。
これも結構リアルで、観光客に人気のスポット。


ちょっとだけ時間つぶしにスロットをやることに。
ここのは割と空いていて、スタッフもヒマだったのか、説明しにきてくれました。
と言っても、細かい説明はよく分かりませんでしたが。

とりあえず、無くなっても惜しくない金額を投入。
チョコチョコ当たったり、負けたり。
ま、自分でどうにかできるものでもないので、倍率ボタンを端から順番に押しながら、SPINボタンをポチポチ。
めっちゃ適当。
当たりの並び方パターンも色々あったようですが、よく分からないし~。

残りポイントが少なくなってきたなぁと思いながら、多分25倍のボタンを押した時だったと思うのですが・・・
急に画面がコインが飛び出してくる様な画像になりまして、ポイントのカウントがどんどん加算されていき、止まらない!

ぎゃぁー助けてっ!
一体何が起こった?

というのも、別に数字が揃った形跡も無く、当たりを出した感無かったので。

アワアワしていたら、さっきのスタッフや、通りすがりのお客さんまで”おぉー!”みたいに見に来て。
もしや、当たり?
正直、配列みても、なんで当たりなのか疑問な画面でしたが・・・。
撮影できないのが残念。
折角だから証拠写真撮りたかったな。

とりあえず、何が起こったか分かりませんな状態なので、”もうこれで終わります”とスタッフに告げると、精算の機械のところまで連れて行ってくれました。
ここで、また残念。
結果を記したレシートは現金と引きかえに回収。

スロットで、賭けた金額が少ないので、大した金額では有りませんが、投入金額の5倍以上にはなって、とりあえずちょっと小金持ちになって、カジノから勝ち逃げしたのでした。





にほんブログ村 旅行ブログ マカオ旅行へにほんブログ村
コメント (2)

【マカオ旅行 18】シティ・オブ・ドリームス

2010-12-19 11:27:17 | 旅行(マカオ2010)
さて、お腹がいっぱいになった後は、お隣のシティ・オブ・ドリームスへ。



ここもホテルとレストラン、ショッピング・モール、カジノがある複合施設。
ホテルはクラウン・タワーズ、グランド・ハイアット、ハードロックホテルの3つのホテルが入っています。

ショッピングモールはあまりお店の数はありませんので、それほど大した規模ではありませんが、エンターテイメントは見る価値有り!
有料の水舞間も見てみたいですが、とりあえず今回は計画無しにふらっと行ったので、無料の「ドラゴンズ・トレジャー」を見ることに。
こちらは”バブル”というドーム型シアターで12:00~19:00までは30分感覚で、それ以後は1時間ごとに上映されます。
無料ですが、入場にはチケットが必要ですので、シアター隣のチケットブースでチケットをゲット。
多分上映時間の30分~1時間前ごろに配布されていたと思います。


入場前の待機場所では多分中国版お笑い芸人みたいな人がトークとお客さん参加のスロットゲームで盛り上げ?ます。
ま、中国語なので、ニュアンスぐらいしか分かりませんが。
そう、周りはオール中華系。
大盛り上がりの大爆笑の中、ちょっと孤独?を感じるひと時。



前座終了後いよいよ入場です。
みなさん、ちょっとでも前に行こうと入ってはいけない柵の前にまで陣取っている人もいましたが(さすがに係員に出されてましたが)、ドーム天井ですので、どこでも一緒です。
そうUSJのシアター型アトラクションと一緒です。

内容は・・・これも説明は中国語だったので、細かいところは分かりませんが、ハリウッドの最新技術を駆使したドラゴンが神秘の玉を追いかける?スペクタクルショー。





この写真じゃ、いまいちな印象ですが、実物は凄いです!
頭の上をトラが走ったり、飛び掛ってくる映像は、思わず”ひゃっ”と反応してしまうリアリティさ&迫力!
これ本当に無料でいいの~?と思ってしまう。

断然”黄金の木”よりか、見る価値大。
ま、価値観は人それぞれ、国それぞれですが。

というのも、やっぱり彼らに一番ウケていて、歓声が上がったのはコレ



お金が降ってくる映像。
なぜに~?
ドラゴンやトラが飛び回っている方が、断然凄いと思うのですが・・・
やっぱり理解できない人達・・・。

とりあえず、ショー自体は見ごたえありました。

ショーの後、ちょいとハードロックホテルにも行ってみました。
ホテルのいたるところに有名ミュージシャンのステージ衣装等が展示されています。




最後にシティ・オブ・ドリームズの残念だった点
それはトイレが超汚かった事。
これは使う側のマナーの悪さの問題。
ココ自体新しい施設で、元は新しくてキレイでそこそこオシャレなトイレなんです。

ご存知の方も多いとは思いますが、使用済ペーパーを流す習慣の無いお国も有りまして・・・
ま、それはそれでキチンとしていただければ、秩序は保たれるとは思うのですが、床等あちこちに散乱した状態になっておりまして。
便座もビショ濡れとか・・・。
どこをどうしたらこうなる?と思う様な惨状。

ブランドバッグ提げた、おしゃれでキレイなお姉さんが、出た後がソレだと幻滅です。
マスカラ塗る前にトイレの使い方学べ!です。
他は行ってないので分かりませんが、不特定多数の方が出入りする公共の場所のトイレでは同じ様な現象が起こっているかもしてませんので、心の準備を!


<おまけ>
結婚式の様ですが、花嫁さん以外もみんな真っ白ドレス。
これも文化の違い?






にほんブログ村 旅行ブログ マカオ旅行へにほんブログ村
コメント

【マカオ旅行 17】フォーシーズンズ・マカオ

2010-12-17 07:38:38 | 旅行(マカオ2010)
今回もやりました。
旅先でアフタヌーンティーを!企画です。

マカオにも、いくつか有名どころがあるのですが、やっぱり一度は行きたいフォーシーズンズ、ということで、ウィンドウズのアフタヌーンティーに決定。

フォーシーズンズはベネチアンの隣にあり、3Fのショッピングモールでつながっています。
フォーシーズンズにもDFSギャラリオ・マカオというショッピングアーケードがあり、こちらを通り抜けるとホテルに行けます。
こちら高級ブランドばかりなので、ガラガラ~。

とりあえず外観の写真も載せておきます。
最初はどこからどこまでがベネチアンで、どこからフォーシーズンズかが分からなかった。
だって、同化しているんだもの。
とりあえずこの色のところはフォーシーズンズ。







同じ高級と名が付いていても、カジュアルーなベネチアンとは違い、こちらはホテルらしい風格が有ります。
ホテルマンもホテルマンらしいし。
ソフト面でもラグジュアリーなサービスを受けたければ、やっぱりフォーシーズンズですね。
いつも予約いっぱいですが。

ウロウロしていたら、すかさずホテルマンが飛んできます。
(ま、当たり前と言えば当たり前ですが・・・ベネチアンの放任主義に慣れるとね)
という事で”あちらでございます~”と案内されてお目当てのレストランへ。


書斎をイメージした落ち着いた空間。
ゆったり優雅な時間が流れています。
今までいたのと同じ国?と思ってしまう。

ここのはそれほどボリュームが無さそうだったので、2人分オーダーしました。
だって、この為にランチ抜いたし~。
ドバイのバージュのセットですら、ほぼ完食したのだもの、軽い軽いっ!




飲み物は紅茶かコーヒー、それとハーブティーも選べたかな?


で、こちらがメインの3段トレイ。
ちょっとおしゃれでしょ。



もちろんスコーンにつけるクロテッドクリームとジャムをありますよ~

以下スイーツの写真ですが、だんだんお皿が汚くなっていきますが、お目こぼしを~


サンドイッチ2種




ちょい中華テイストの一品



エッグタルトも

ここのはあまり甘くないタイプ


プチケーキ3種





イチゴのスープ



スコーンもホカホカでおいしかったです。
何度も言うようですが、本場で食べたのが一番大味だった気がする・・・。


どれもプチサイズだし、味もおいしいので、大抵の人は、ここのは十分完食できると思います。
何より雰囲気がいいしね~
他人に自信を持ってお勧めできるアフタヌーンティースポットです。
マカオでお茶したいなら、是非どうぞ。


帰りにフォーシーズンズと言えば、やっぱりこの階段よねーと記念撮影。



”マダム、お撮りしましょう”って言ってくれているし。





にほんブログ村 旅行ブログ マカオ旅行へにほんブログ村
コメント

【マカオ旅行 16】ザ・ベネチアン・マカオ・リゾート5

2010-12-15 07:24:03 | 旅行(マカオ2010)
再びホテル内の様子です。
ゴルフコースは閉まっていたので、見れませんでしたが、プールは見ることができたのでとりあえず写真だけ。
プールに行くにはこれまたくねくねと迷路のような長い廊下を歩いていきます。
プールには一応受付があり、部屋番号、名前を書かされます。

季節的に泳ぐ人はいないよね。


と思ったら


元気な人がいた。

プールサイドのカバナ

結構立派。TV付。


子供用?



こっちは温水ジャグジー

タイツ履いてなかったら、足湯したかった。


お子様プレイゾーン




噴水はあっちこっちに



ついでにホテル周辺&外観写真も

お隣にはギャラクシーメガリゾートが建設中。
ホテルオークラやバンヤツリーが入るらしい。




反対側のお隣も建設中

こちら側にはシャングリラ、シェラトン、ヒルトン、フェアモントができる予定らしい。
これが全部出来上がると、壮観でしょうねぇ。


ところで自慢になるのかどうかは微妙ですが、私達、リゾート外周を徒歩で一周してしまいました。
おかげで周りの事はよく分かりましたが・・・とても大変な道のりですので、賢明な方は真似しないように。
ちょっとお散歩~とか思うのなら、西ロビーから出た場合、向かって右手に進んでくださいね。
左手に進むとエライ事になりますから。
歩けど、歩けど何も無い~
そしてホテル内に戻れない~
こんなにデカいリゾートの割りには、出入り口は正面と西の2箇所しかないんです。
普通ゲストが目にしないであろう、従業員出入口や搬入口、瓦礫の山々は見れますが~


やっとホテルの景色が見えてきたところ




収穫と言えば、あんまりこんなところまでウロチョロしている人がいないので、写真撮り放題だったというところでしょうか?




気分はジュリエット?


何かファッション雑誌の撮影をしていました。


一応正面玄関です。

長かった・・・ここにたどり着くのが。









にほんブログ村 旅行ブログ マカオ旅行へにほんブログ村
コメント

【マカオ旅行 15】ザ・グランド・カナル・ショップス

2010-12-13 07:49:41 | 旅行(マカオ2010)
今日はザ・ベネチアン・マカオ内にあるショッピングゾーンザ・グランド・カナル・ショップスでお買い物。
ここも宿泊ホテル内ですが、マカオにきた旅行者のほとんどが観光がてら訪れる場所。
ベネチアの町並みを再現した330以上ものショップが集合したショッピングモールで、館内の運河ではゴンドラに乗ることもできます。
ま、どちらかというと、実際のベネチアよりも、ディズニーシーに近いですが。

こちらはフードコート
ちなみに屋内です。
この空の色は時間関係なく、青空になったり夕空になったりします。
だからここにいると、時間の感覚がヘンに。


各国料理が食べられます。
味の方は分かりませんが・・・。

もちろん日本食も有ります。

ちゃコロッケとか。
濁音が苦手なのか、キャベツもキャペツってよく書かれています。


運河を取り囲むようにショップが有ります。




撮影スポットには事欠かないですね。
ただ、日中はここも人うじゃうじゃになりますが。
ゆっくり堪能したい場合は、やっぱりここに宿泊するのがいいでしょうね。



ゴンドラ
男性2人での乗船も有り。
乗る場合は見世物覚悟で。
 



屋内のゴンドラの乗り場は3箇所



広場ではショーやパフォーマンスも行われています。
私はちょうど手品ショーを見ることができました。



あとよくある”動かない人”



顔はアジア~だけれど。


ベネチアン関連のグッズショップは3軒あって、このリゾート限定のグッズを売っています。
基本取扱い商品はどのショップも同じものが有りました。



オリジナルキャラクターのぬいぐるみを購入。
ゴンドリエの格好をしています。
ちなみにハードロックホテルとかだと、ハードロッカーのキャラクターがおります。


莎莎(ササ)
香港の化粧品店がマカオにもいたるところに有ります。
アジア発のかわいいプチプラコスメがいっぱい。
ここで韓国コスメを買うのもどうかと思ったけど・・・セールだったので買ってしまいました。
トニーモリーのパック&リップバーム。
ハンドクリームも2コで1コの値段と叩き売り!



韓国コスメって安くてかわいくて、いいものが多いですよね~。


NaRaYa
お次はタイ発のファブリックバックショップでサテンのバッグ購入。
祖母へのお土産にしよう~




咀香園

マカオ銘菓のお土産はここで購入。
アーモンドクッキーは(筒)色んな種類のフレーバーやパッケージが有ります。
モノによっては杏仁豆腐の香りがキツイものがありますので、お好みのものを。
私はこの筒型ケースのものが一番好きです。


と別にマカオと関係なさそうなドライマンゴーとつまみ系小魚もなぜか買ってしまった。
魚は結構ピリ辛。
この手のつまみ系も色々有りました。


他にこんなゴマクッキーとパイみたいなお菓子も。

お菓子も中と洋がうまくミックスされています。
結構評判良し。
食べだすと、途中で止められない・・・。


燕之家
燕の巣の専門店
ご存知の通り、燕の巣は中華等で高級食材として使用されていますが、美容にもよろしいのでございますのよ。
お金持ちの香港マダムは毎日食されて、ツヤツヤピチピチとか。
まあ、中には混ぜ物をした怪しげな商品も有ると思いますが。

燕といっても、東南アジアなどの一定の地域の断崖絶壁に生息する燕でして、よって採取は命がけ。
だから高級。
日本じゃそうそう普通に売っていない。
でも生息地域では、割とお手軽に出回っていたりもする。

実は、この夏行ったマレーシアでも缶ジュースタイプの砂糖味の燕の巣ドリンクが有るという情報が有り、そんなお手軽に買えるものがあるのなら、飲んでみたいな~と思って出かけたのです。
が、結局滞在中には見つけることができず。
で、私って一度気になると、興味の虫が収まらないので・・・
母が香港経由でマカオに行くと聞いたので、何でもいいから買ってきて!と。
とりあえず母は香港とマカオで以下のドリンクを買ってきてくれました。


ちょっと私の思っているものとは違うような気がするが・・・
漢方入り?
とりあえず棗入りのはOK。
冬虫夏草もまあなんとか飲める。
が、後の2つは気を失いそうになった。
ネコの落し物の匂いがする・・・。
私、大抵のものはマインドコントロールでいけるのですが、
これ毎日飲む<ブスでいい 
と思いました。


で、コレは私の思っているものじゃなーい!ということで、自ら出向いてリベンジです。
そしてきっとコレがそうよ、と思って買ってきたのがコレ。
説明書きに砂糖水云々って書いてあったし。
ちょっと不安なので、とりあえず4つ入り。(といっても4つと8つ入りしか無かったけど)

家帰って蓋開けて、左の空白にあと2つ詰めてくれと思った。

お味はとりあえずイメージ通り。
おいしいものではないが、まずくもなし。
でも、勿体無くてグイグイ飲めない・・・。







にほんブログ村 旅行ブログ マカオ旅行へにほんブログ村
コメント

【マカオ旅行 14】タイパ村

2010-12-11 11:16:27 | 旅行(マカオ2010)
さて、2日目です。
母上から頼まれたガロの置物を探しにタイパ村へ行きます。
(欲しいのならば、なぜ自分で買ってこないのか・・・と思うが。)
昨日行った観光地周辺のお店にあることはあったのですが、多分中国製と思われるものしかなくて・・・。

ガロとは雄鶏の置物のことでして、その昔、無実の修道士が処刑されることになり、裁判官にテーブルのローストチキンを指して、”私は無実です。その証に処刑時にこの雄鶏は必ず鳴くでしょう”と言ったところ、本当にチキンが鳴いて、開放されたという伝説をもとに、真実の象徴、幸せを呼ぶマスコットとなっているものです。

それで、これにはポルトガル製と中国製がございまして・・・
お値段は倍ほど違うそう。
が、よく見かけるタイプの置物はほとんど中国製だと思います。
どこ製とはどこにも書いてないのでね、断言はできませんが。

で、コレなんですがどこにでも売ってそうで、意外と見かけないものなのです。
だから最終的に選り好みしていたら、買えなさそうなので、とりあえず入ったお店で買いました。



ガロの置物と携帯ストラップ
結局中国製だと思われるモノを購入。
ストラップは多分ポルトガル製のようですが。

それと、こんなものも購入。


じゃん、101匹わんちゃんもどき
頭の三角は何だろう・・・とは思いますが。
パクリじゃない!という証?
かわいいとは言えないですが、ダルメシアンオーナーならば、これに手が伸びてしまう気持ち分かりますよね?
パクリだろうがなんだろうが、ダルメシアンモチーフって日本でそうそう無い!
私にとってはエルメスよりも価値有り~

とりあえず買うべきものは買えたので、後は気楽に散策。

タイパ地区はホテルのあるコタイ地区の隣で近いと言えば近いのですが、大きな道路(信号は無い)を渡ったりしないといけなくて、意外と歩きました。



ここも新市街は小綺麗ですが、同時にそれほど綺麗じゃないところも混ざってます。

タイパ・コロアネ歴史博物館

かっての島の産業や文化を紹介している博物館

こんな”洋”の建物があるかと思えば、こんな”中”な建物も



ぶら下がっているのはうずまき線香でーす。


ポストは”中”より?



ここは官也街



観光スポットでもあるグルメストリート
ポルトガル料理や海鮮料理、マカオ名物のスイーツのお店がひしめき合っています。
見栄え、雰囲気はハイクラスとは言えませんが、安くておいしいものが食べたいのなら、ここがお勧めだと思います。
特に買い食いスイーツはココが安くておいしいです。

私もマカオの人気スイーツ、カスタードタルトはここで食べました。
官也街前の広場から向かって右の一番手前のお店です。



1個70円ぐらい。
カスタードタルトはお店によってタイプの違うものを売っており、マカオ半島やコロアネに有名なお店もありますが、ここのもとってもおいしいですよ!
とりあえず、その場で即食べるのが一番おいしいです。



にほんブログ村 旅行ブログ マカオ旅行へにほんブログ村
コメント

【マカオ旅行 13】 プリプリエビのワンタン麺

2010-12-09 18:42:22 | 旅行(マカオ2010)
さて、本日の夕食ですが、ランチがお腹に残っていて、あんまり沢山は食べれない~ということなので、軽いものにしましょうという事になり、ホテル内の海王老記へ。


味には定評のある、気軽に入れる粥麺店。
疲れた時にお粥や麺でゴハンを済ませられる事ができる国ってホントステキ!

もちろん、お粥や麺以外にも1品料理や主要スイーツもありますよ。
ただ、見ていたカンジでは結構量が多いので、2人ではキツイかな、と思います。
いくらおいしくても、同じモノを大量にっていうのはねぇ。

なので、私はマカオで中華系ローカル料理を食べるのなら、絶対食べようと思っていたワンタン麺。
マカオには手打ちの有名店が数多く有って、おいしいのに値段はめっちゃお安いのです。
叔母はカニのお粥を頼みました。
今日はカニづくしの日?
カニもお手軽食材なのか、どこでも食べ放題。



麺は細くてちょっと食べにくかったですが、このエビワンタン、もうプリップリッ!
スープもめちゃうまっ!
あー、毎日でも食べたい・・・。
もう一度食べたい・・・。
誰か私をマカオへ連れて行って。

という味でした。
とにかくマカオのゴハンはハズレなし!




にほんブログ村 旅行ブログ マカオ旅行へにほんブログ村
コメント

【マカオ旅行 12】マカオタワー

2010-12-09 15:02:04 | 旅行(マカオ2010)
さて、本日の観光の最終目的地マカオタワーでGO!
ちなみに料金が半端だったので、残りはチップ~という気持ちでお金出したら、端数は”要らない~”と逆にオマケしてもらいました。
何度かタクシーは利用しましたが、マカオは旅行者も安心して利用できる国ではないでしょうか。
英語はあまり通じず、漢字表記を見せても、あまりの反応の薄さに了解したかどうだかよく分からない、寡黙でちょっと無愛想に見えるタイプが多いけれど、できるだけ便利な場所で降ろしてくれたり、実は結構気を使ってくれたりと、実はいいオヤジドライバーが多いマカオのタクシー。
旅行者にとっては、お値段も手ごろなので、利用価値大だと思います。

さて、マカオタワーですが、すみません・・・外観の写真が無い事に今気付きました。
あるのは、前回の記事に載せた遠景のみ。
タワーそのものに行った時は、近すぎて撮ってません。
というか、すっかり忘れていたというか・・・。
なので、とりあえずコレでイメージを。


高さ338Mの展望タワー。
58Fと61Fに展望エリアがあります。



ガラス張りの窓から見た眺め。
そしてガラス張りは側面だけではなく・・・



こんなところも。
高所恐怖症ではないけれど、そして落ちる心配も無いけれど、ココを歩く時はちょっぴりすり足になってしまった。

そしてこのタワーには4つのアトラクションがあります。
一つは世界最高地点からのバンジージャンプ
私は運よく、女性2人と欧米系男性1人の挑戦を見ることができました。



残念ながら、バンジージャンプのスポットには近づけないようになっているので、遠くから撮影。
飛び降りようとしている彼女。
ジャンプ前には記念写真も。



ジャンプ台を下から見たところ。
伸ばした手が見える?



分かりやすい表示。
でも落ちるのはあっという間でねぇー。
デジカメでは追いつけませんわ。

そして過去の挑戦者の中には日本人も。
何か見たことあるーと思ったら・・・



ジャパニーズアイドルではないですか!
他にも70歳の記念に飛ばれたご婦人もいらっしゃいましたねぇー。
私?はいいですけど。


ペアで降下できるスカイジャンプも有りますよ。

バンジーと並んで人気があるのはスカイウォーク。
ココを歩くの。



”おいでよ~”とスタッフのお兄さんに手招きされましたが・・・
遠慮です・・・。



インド人の方がいたので、こんなパフォーマンスも。





こんな背景で写真を撮りたい方は是非挑戦を。


あとマストクライムというタワーを登るアトラクションもあります。

アトラクションは基本予約が必要ですが、空いていれば、私の様にカモン、カモンとされる事もあります・・・。
ノリのいい友達とかと一緒だったら、勢いでやってしまっていたかも?
人生後ろ向きな時は、一度体験して見るといいかもですね~。

あと、このタワーの目玉はアトラクションだけではなく、食スポットとしても人気があります。
ディナーだと夜景が楽しめるし、何しろレストラン自体が回転してしまうその名も「360°カフェ」なんかもあります。
ビュッフェもランチ・ディナーだけではなく、ティービュッフェも有りますよ。
今回は時間の都合でここでのお食事はできなかったけど、もし機会があったら一度体験してみたいスポットです。






にほんブログ村 旅行ブログ マカオ旅行へにほんブログ村
コメント