ぶちぶちワンコの日記

ダルメシアンと暮らすOLの徒然なる日記

【ソウル旅行記】 空港でもドタバタ

2010-02-20 16:36:58 | 旅行(ソウル2010)
お迎えが来て、空港へ。
そこで、少々ムッ!とすることが。

それは現地係員の女性の態度。
結構色々な国の係員さんに会ってきましたが、ここまで感じ悪く、かつ必要な案内もしてくれない人は初めてでした。
添乗員さんやガイドさんではないので、多くは求めませんが・・・今までみんないい人ばかりに当たっていたので、余計にひどく感じました。

それにしても、金浦空港着いてから、どこの航空会社ですか?って聞いていたら遅いんじゃない?
航空会社によっては仁川ってこともあるんだし。

そして免税手続をしないといけないので、場所を聞いたら、インフォメーションで聞けと・・・。
そんな事も知らんのかいっ!
何か・・・いてもいなくても変わらなかったような。
結局この人、仏頂面で車に同乗して空港に来ただけ。
楽な仕事ですねぇ。


そんなわけで、感じの悪いお方とはさっさとお別れして、出国。
さて、もしできるのならば、お買い物をしたい。
でも、時間はあまり余裕なく・・・。

とりあえず、大慌てで、最後のお買い物。
結局、ここでまたお茶を買い足し、ビンが欲しいからとお酒も買う。
でもここの免税店、品物は結構あるけど、化粧品カウンターの狭いレジが1個あるだけ。
両手にいっぱいモノ抱えて大変だった。
ま、国際空港じゃないし、仕方がないか。

これがそのお酒

香りはブランデーの様な甘い香りがするのですが・・・
飲んだらな顔になりました。
お酒好きというわけでもないので、コレがいけるお酒かどうか判断難しいですが。
とりあえず、ウチでは誰もそれ以降飲もうと言い出す人はいない・・・。


12:25 ソウル発

今度も空弁付き。
こちらもおいしゅうございました。
そして行きよりも早く、あーっという間に関空。

あいにく、日本は
しかも寒いっ。
そして、飛行機乗っている時間と同じ位の時間バスに乗って家路へ。

まるで、食料の買出しに行ったかのようなお土産。

セキュリティの画像見ていた係員さんは、さぞウンザリしたことでしょう。

でもね、帰ってきてから、結構アレを忘れた、コレをもっと買えば良かったと反省点も多かった今回の旅。
となると、やっぱりリベンジ必要ですね~。
これぞ、海外旅行がやめられなくなる一番の理由。


では、これにて~
【ソウル旅行記】 完




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
コメント

【ソウル旅行記】 最後はドタバタ

2010-02-20 16:30:22 | 旅行(ソウル2010)
ぐるじぃー と部屋に帰った私達。
母はそのままベッドに倒れこみ、そのまま
私はとりあえず、お風呂に入って、荷物を詰め詰め。
明日は帰国なので、片付けとかないと。
お昼の便なので、朝は多少ゆっくりできそうですが。

でも、お土産は重さの事もあって、2人のスーツケースに分散しないといけないので、母のスーツケースの空き具合を知りたいところなんですが・・・
意識不明だし・・・。
ま、いいか明日の朝やればいいか、



目覚めたら・・・7時過ぎ。
しばし時計の針を見つめる・・・
やっぱり間違いない。

出発は10時なので、ヤバイってことはないのですが、化粧して、荷物詰めて、ゴハン食べて、チェックアウトも・・・と考えると実はあまり余裕なかったり。

あぁぁー今日は余裕でゆっくりホテルの朝食バイキングを堪能するはずだったのに。
ドタバタドタバタ。
とりあえず、ゴハンを食べに行かなきゃ!
あー外で食べる事にしてなくて良かった。

地下1Fのラ・セーヌへ。
結構満員。しかもほとんど日本人。

料理は和洋中韓何でもありました。
パンの種類も豊富でおいしかったです。

とりあえずアワビのお粥

そして”洋”のおかず


母はウドンを食べ

パンを食し

チーズ&デザートも。

あーでも食べたいものはまだいっぱい。
でも時間に余裕がないので、志半ばにしてあきらめる。
えっ、もう十分だろ?

いやいや、予定では、すべて準備を済まして、余裕で朝昼兼用でゆーっくり、たーっぷり頂く予定でしたのよ。
その後、ラウンジで最後の伝統茶を飲んで・・・とか。

現実は大急ぎで詰め込み(あ、ソコソコなお値段出して朝食クーポン買っているし)、部屋に戻って荷物を詰め、重いスーツケース転がしてチェックアウトに走って、汗びっしょり。
あーしんど。



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
コメント

【ソウル旅行記】 無窮花の宮廷料理

2010-02-19 12:00:00 | 旅行(ソウル2010)
本日のディナーはホテル内にあるレストラン無窮花(ムグンファ)で宮廷料理のコースです。
他にも宮廷料理を食べられるところは有りましたが、ここが一番行きやすかったので。

似たところで、韓定食のお店は結構あるのですけどね。
線引きが微妙なお店もあって分かりにくいのですが、韓定食はテーブルにズラッと料理並ぶトコロが多いようです。対して宮廷料理は普通、一品づつ出されるもののようです。

宮廷料理というのは、五味五色と呼ばれる食事を採ることで、農業、漁業、畜産、林業等が国内で正常に営まれていることを確認するために、王様は毎日それらの食材を用いた食べ物を食べる義務があったそうな。
コースにより、お値段は変わってきますが、品数ではなく、使われる食材で値段に差が出るようです。

ここは、夜のコースは4つあって、悩んだのですが、最終的にお粥の内容で決めました。
御床(オサン)130000W
他は110000、120000、150000Wなので、お値段的にも真ん中をとって。
ちなみに宿泊者はお会計で部屋につけると20%OFFになります。



店内はこんな感じ



池があって鯉が泳いでいます。



まず最初は九折板

もう巻いた状態で出てきます。


エビとからしの和え物。周りをナスで巻いてあります。



タコとホタテのお刺身。下に敷いてあった海草も上品な味でおいしい。


松の実粥


ここで、ズッシリした金の器でキムチ登場。
左から人参のキムチ(こんなのもあるんだ!結構イケます)、エゴマのキムチ、ハクサイキムチ、水キムチです。
水キムチのおダシがおいしい。

その後海鮮チヂミ3種


ナマコとアワビの酢の物




焼き銀だら 
一つずつの量は多くないし、上品な味付けでおいしく、余裕余裕と言っていたのですが、このあたりからちょいと食欲の雲行きがあやしくなってきた。



神仙炉
火がゴウゴウ燃えていて、カメラ近づけられません。
でも、おいしかった。このダシってどうしたらこんな味になるんだろう。
ちょっと笑顔が戻る。



野菜とカルビの煮物
今から肉・・・笑顔消える。
いや、とってもおいしいのですよ。
お箸で突いただけで剥がれるようなそれはそれは柔らかいお肉で。
でも、半分はあきらめました。



冷麺またはビビンパ
冷麺は絶品ー!
出来るものなら、毎日食べたいほど。
コレは別腹に入った。

ビビンパを頼んだ母はここで撃沈。

後は果物と伝統茶。
お茶の種類は多分水正果?(生姜とシナモンのアイスティーみたいなモノ)
胃がスッキリします。
この先、吐き気がする時とかコレ飲みたい・・・ときっと思い出すと思う。

あいまいですみません、でも説明なかったので・・・。
不満があるとすれば、ここらへんのサービスでしょうか。
ホテルのレストランで、そこそこ高級なわりに、料理の説明とかがほとんどなかったのです。
日本語で説明しきれない部分もあったのでしょうが。
でもせめてそれなら、外国人用にお品書きくれ~。
メニュー返してしまったら、あと何がどれだけくるのかさーっぱり分からない。

それと、なぜにあんなに急いでドンドン出すんでしょう?
あのペースではしんどくて食べれません・・・。
街中の込んでいる定食屋じゃあるまいし。
ゆったり食べれるぐらいの料金は支払っていると思いますが。
込んでいるわけでもないのに。
そこもホテルを選らんだポイントだったのに。

折角お料理はおいしいのに、勿体ない。


とりあえず、満腹瀕死の状態でフラフラ部屋に帰る。
あー良かった。ここに泊まっていて。
とてもじゃないけど、遠いトコだったら帰りつけたかどうか。




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
コメント

【ソウル旅行】 ロッテ百貨店

2010-02-17 20:00:00 | 旅行(ソウル2010)
仁寺洞の後はロッテ百貨店に行く予定でしたが、その前にMISSHAへ。
ここでもパックなど、他の化粧品店と同じようなお買い物をしましたが、変わりダネとしては、メンズ化粧品を買ったこと。


メンズパック。メンズはこれ1種類しかない。


メンズスキンケアセット。イメージモデルはイ・ビョンホンらしい。
デザインがカッコいいでしょ。

レディースよりちょっとお値段高めなのが納得いかないけど・・・。
その代わり、ココが一番おまけをいっぱいくれた。

その後、ロッテ百貨店に行き、小腹が空いたので再びフードコートへ。
結局外の屋台では食べられなかったホットクを食べました。

感動するぐらいおいしかった!
絶対もう一度食べたい味。
日本でも売ってくれるといいのにな。


糖分補給したところで、百貨店の方を見に行きます。
バッグ売り場で某ブランドのキレイなお姉さんに母捕まる。
そして結果的に私が買う事になる・・・。

随分とお安くなっているようでしたが、探していたものと全然違うバッグを買ってしまいました。
おまけにノリのプレゼントまでもらいましたが、缶入りオリーブオイル風味。
ありがたいようなありがたくないような。
はぁぁー、スーツケースに入るかな。

服とかも見たのですが、なんだか超ミニでタイトなデザインが多かったのでパス。
それと、見落としたのかもしれないですが、アクセサリーや小物系があまりなくて、ちょっとがっかり。

疲れていたのもあって、あんまりお買い物する気力自体が失せていたのかも。
とりあえず、免税カウンターで書類を作ってもらってお店を後にする。
あとは、今日のメインイベント、宮廷料理ね。



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
コメント

【ソウル旅行】 仁寺洞

2010-02-15 23:55:00 | 旅行(ソウル2010)
地下鉄を乗り換え、最寄り駅の安國へ
とりあえず、人の流れに付いて行くと、大きな筆のモニュメント。
休日だからかもしれないですが、結構な人出。
通りの両側には”韓国っ”ていう色彩の伝統工芸品などのお店がズラッと。

ただ私、本で見たりして、あまりここで欲しいものはないなと思っていたので、お店がいっぱい入っていて、てっとり早く見れそうなサムジギルへ。

ここも人がいっぱいでしたが、みんなただ歩いているだけで、あまりお店に入っている人はいなかったです。
というか工芸品のお店とかはものすごーく入りづらい。
入ったら、もう手ぶらで出れませ~んなカンジなので。外から見るだけ~。
ポシャギの巾着袋も見る分にはカワイイけれど、現実的に布の巾着袋って使わないよねぇ。

とりあえず、折角来たから伝統茶飲みたいね。
と思いうろうろ。


とりあえず来たという証にそれらしき建物前でパチリ。
でも、フラッと来てしまったので、お店情報とかが分からず、そして入った通りがたまたまお茶できる店のあるところでなかったようで、あまりそれらしいお店もなく。

しゃーない、メイン通りに戻ってみよう。
もうどこでもいいっ!てな気持ちでとりあえず”茶”の文字を探す。
そしてできれば日本語文字を。
ただ、1Fにある店はほとんどなく、大体上か地下。
なのでお店の雰囲気がいまいち外から分からず。

やっと良さ気なお店が見つかったので、入ってみました。
何か、かなり当初のイメージと違う趣のお店になってしまいましたが。
ほら、めっちゃカフェ風。というかカフェですね。(×伝統家屋)



なんかここはコーヒーだろって雰囲気ですが、めげずに伝統茶をオーダー。
ナツメ茶とカリン茶。

これが、予想外においしかったっ!
カリン茶なんてこれでもかっってぐらいに果肉が入っていて、風邪引いていても、一気に治りそう。
しかも、メイン通りに面しているので、上から通りの様子が見れてよく分かりました。
結構穴場だったかも。
でも、店名は分かりません・・・。だってどこにも書いてなかったんだもの。

で、ほっこりお茶飲みながら通りを見下ろしていると、向かいに何だか妙なお店。
時々人だかりもできるけど、何かあまり買っている人がいなさそうなお店。

ちなみに日本語でも書いていたり。
龍のひげと。
気になるので、見に行こう。

お店には4、5人の白服の男性が一列に並んでいて、今から作るから見て、食べて行ってくださいと。
そして、作り方を全部歌で(日本語)歌いながら、材料を伸ばして、伸ばして最後には16384本の細い糸状に仕上げる。
魔法の様な職人技。



昔王様が食べていた宮廷菓子クルタリをフュージョン化させた茶菓子だそう。
蜂蜜、もち米の生地でアーモンド、黒ゴマを包んだもの。
感触的には綿アメみたいなフワフワした感じ。




涼しい所に保管すれば、結構日持ちもするらしい。
が、家に帰って開けると、あのフワフワ感はなくなっていました。



どっちかというと、キャラメル状になっていたので、冷蔵庫へ。
そうすると、ちょっとパリパリになって食べやすい。

一応注意書きにには冷蔵庫で凍らせれば、サクサクに、と書いてあるのですが...
冷凍庫?か冷蔵庫か微妙な感じ。

でも、ビジュアル的にもおいしさも、出来立てを、その場で食べるのが一番でした。


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
コメント

【ソウル旅行記】 ロッテのフードコート

2010-02-15 20:08:05 | 旅行(ソウル2010)
本当は、午前中いっぱいロッテマートとコンコースギャラリアを堪能し、お昼はゆっくりどこかで名物料理を、と思っていたのですが、母が仁寺洞に行きたい~と言っていて、しかもあまり寒くない日だったので、急遽仁寺洞に行くことに。

寒さと言えば・・・
ホントに滞在していた2日間は寒くなかったんです。
最近使ったことも、買ったこともない”貼るカイロ”まで持っていったのに、結局使わず。
ハイネックのヒートテックとカシミヤセーター、そしてこれまたヒートテックのタイツと靴下と裏毛のパンツにダウンコートが苦しい~。
だって、ソウルってハンパない寒さだって言うから。

2日程前は雪が降って寒かったらしいですが。
日頃の行いがいいから・・・

というわけで、どこで食べよう~なんてゆっくり探している時間もなく、且つこの日の夜は宮廷料理のディナーを控えていたので、パッパと軽くランチとなり、ロッテ百貨店のフードコートの冷麺で済ますことに。

冷麺コーナーを探し、ムルネンミョンの番号を覚え、レジへ。
何の躊躇もなく日本語数字で言う。
無意識というか、海外だという事を忘れている。
何か、周りがアジア系だと日本語しか出てこない・・・。
逆に日本人の顔して、大してうまくもない英語使うのも浮きそうな雰囲気。
というか英語が通じる人には日本語も通じるし。

番号札をもらい、冷麺コーナーでムルネンミョンを受け取る。
お昼よりちょっと前の時間だったけど、お客さんでいっぱい。
一人の時とか気軽に食べれて便利そう。

味はまあ普通。でも量は結構有りましたので、コレだけで私達は十分でした。
お腹もいっぱいになったので、いざ仁寺洞へ。





にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
コメント

【ソウル旅行記】 ロッテマート

2010-02-13 18:36:55 | 旅行(ソウル2010)
さて、今日の最初の予定はロッテマートに行くこと。
小公地下商街を通って市庁駅へ。
ついでにそこから直ぐの徳寿宮


五大古宮の一つ
こんなに簡単に来れるトコだと思わなかったので、予定に入れていなかったのと時間がないので、とりあえず門だけ~


また来ることができれば、見学はその時にでも。

で、ここから再び地下に潜り駅へ。
地下との上下で階段の上り下りが結構多い都市かも。

さて、初地下鉄乗車ですが・・・
1回券はいちいち保証金の払い戻しが面倒なので、それほど乗る予定はないけど、チャージ式のTmoneyカードを購入することにしました。
(ソウルの地下鉄は紙の切符が廃止されて全てカード式)

カード代は3000W、初乗りは1000W(80円位)。
ネットで印刷してきた購入マニュアルを片手に、販売機をポチポチ。
カードはコンビニでも買ったり、チャージできるらしいですが。

音声の日本語案内も有るのですが、結構恥ずかしいです。
カードだけ出てくると思っていたら、箱が出てきました。
なので、カードを取り出し、今度は別の機械でそれにチャージします。
これで改札に通せる状態に。
簡単簡単。

では、いざホームへ。
駅名はハングルだけでなく、漢字と英語表記もあるので分かりやすいです。
乗り換えも乗りたい路線のカラーを辿って行けば辿り着きます。
JR環状線よりよっぽど分かりやすい。
(たまにしか乗らないので、いまだに外まわり、内まわりが分からない・・・

こんなワケで無事ロッテマートのあるソウル駅に到着。
駅構内に連結しているので、迷う心配もなし。

とりあえず、どの国もスーパーはかかせない。
私は接客されるのがうっとおしいので、自由にゆっくり見れるスーパーが好きです。



一応父へのお土産のおつまみ系
が、結果的に一番ヒットなお土産だったかも。
左はタラの・・・表現しにくいのでとりあえずおせんべい?(えびせんのタラバージョンってことで)
右はスルメのナッツあえ。

多分、日本人であればおいしさが分かる味。
もし今度出会えたら、他人へのお土産にもしたい一品。

でもタラせんは割れやすいのが難点。
気を付けていたけれど、スーパーからホテルまでの間に割れ、かつソウル→大阪間でも割れ、結構みじめな状態に。でもおいしい。


マルベリーのワイン。 見た目で購入。
お酒は他にも買ってみたいのがあったのですが、重量がねぇー。

上のおつまみに対して期待を裏切られた一品。
家族全員、一口飲んで皆目を剥いた・・・。
ニガイ・・・。

そして何故か口に残る異様な匂い。
なぜに人参臭がっ!
大急ぎでラベルを見たが、人参の文字はなし。
でも何故か体が熱い・・・。
ワインごときで熱くなることはないのですが。
ってことはやっぱりアレ入り?

とりあえず、他人にあげなくて良かったぁー。


ジャガイモ麺(ちょっと辛いけど、ダシが好みでおいしかった!)
他にカップ麺も買いましたが、これも結構いけます。


ダシダ(ダシ)
肉・イワシ・カツオ・カニ。
何となくで買ったのだけど、帰国後調べたら、結構優れものの人気商品らしい。
確かに、コレを入れると何とも奥深い味に。
よく分からなかったから、全部買ってきたけれど、日本で手に入りにくい味としては、やっぱり”肉”ですかね。
ああ、もっといっぱい買ってくれば良かった。


あとはお茶~(写真は他で買ったのも混ざってますが)


野いちご茶(結構重い&デカイ



サンファ茶(私しか飲まないけど。仏壇の香りがします~)



ザクロ茶&ナツメ茶



柚子茶(ビン&チューブ)



高麗人参茶(これも私だけ。人参パワーがやみつきに)
あと、何か分からないお茶(きっと普通の人は買わないだろう)



生姜茶&ミカンの皮茶
日本の生姜茶よりヘビーなお味。でも効きそう。
ミカンの皮茶はハーブティーぽい味。これも体に良さ気。

お茶売り場でどれ買ったらいいかしら~ってカンジで見ていた日本人のおば様が、私が次々とカゴに入れていくのを見て呆気に取られてました。
でも、実は買っているのはココだけじゃないんです・・・昨日も買ったし、きっと明日も買うと思います。
 
まずかろうがおいしかろうが、その国のお茶は全部飲んでみたい私。
家にいたら、2時間ごとぐらいに何かしらお茶飲んでます~




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
コメント

【ソウル旅行記】 お粥を食べに行こう

2010-02-12 22:30:00 | 旅行(ソウル2010)
ソウルでは基本的にオーダーしないと、宿泊に朝食が付いていないみたいです。
ホテルでも食べられるけど、安くて気軽に行ける店が多いので、そっちにみんな行ってしまうみたいで。
私は個人的にホテルの朝食を結構楽しみにしているクチなんですけどね。
ホテル選びもそれを踏まえて選んでますし。
それと、泊まっているホテル内で一度も食事をした事がないっていうのもちょっと寂しいし。
だから、1食はホテルで、1食は外で食べることにしました。

そんなワケで、今日は外でお粥の朝ゴハンです。
行き先は色々迷ったのですが、味加本にしました。
カフェ風でソコソコ小奇麗なお店で入りやすそうだったから。

時間は8時。
日曜の朝なので、ローカルの方は多分ほとんど出歩いていなくて、彷徨い歩いているのはみんな日本人。

お目当てのお店に着いたのは開店ちょっと前だったけど、入れました。
食べたのは”エビのお粥”
アワビのお粥と並んで日本人に人気らしい。



お味は評判通り。
付いているおかずもおいしいです。

人気店らしく、あっという間にお客さんでいっぱいに。
お粥だけど、食べ終わると満腹。
おいしい朝食で、今日もいい始まり。



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
コメント

【ソウル旅行記】 ロッテホテル

2010-02-12 18:42:33 | 旅行(ソウル2010)
泊まったのは本館ですが、リニューアルされた後なので、広くはないですが、キレイで設備も整っていました。
でも、毎度写真を撮る前に、荷物広げちゃってあまりお部屋の写真はないですが。

韓国ではエコの為、歯ブラシは置いていない事が多いらしいですが、ここは有りました。
アメニティも一揃いあって、香りもいい香りでした。

あと、浴衣&バスローブ&スリッパも。
これは荷物が減るからありがたい。

バスルームと寝室の境はガラスなので他人同士だと微妙かもしれません。
でも、下半分はすりガラスなので丸見えって事はないです。





新館がやっぱり人気みたいですが、機能的には多分ほとんど差がなさそうです。
めちゃくちゃ感動するって事もないですが、不満も特になかったです。
ソウル旅行の場合、部屋にいる時間ってほとんどないし。

とりあえず、ロケーションは最高だと思います。
特に天候が悪くてあまりウロウロできない日に当たったとしても、ここなら周辺だけで買い物も食事もOKなので。





にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
コメント

【ソウル旅行記】 ロッテ百貨店食料品売り場

2010-02-11 11:22:55 | 旅行(ソウル2010)
ホテルに帰ろうとは言ったものの、地下に潜るとホテルに帰るには、ロッテ百貨店の食料品売り場を通り抜けて行くことになるんですよね・・・。

当然フラフラ行っちゃいますよねぇ。
ゴハンが早かったので、これも食べてみたかったキンパプ(韓国式ノリマキ)を買って帰って部屋で食べようよーとかなってしまって。
閉店が迫っている時間だったので、あちこちの売り場で値引きの文字がっ。
日本式のおスシやお弁当も安くておいしそうで・・・
ああー買いたい、買いたいよー!
このまま自宅に帰るのだったら・・・
無理やり視線を引き剥がし、キンパプ1パックだけ買う。
ま、これぐらいなら食べれるだろう。

その後、興味惹かれるお惣菜数々のケースを見ないようにし、移動。
が、そこにはまた別の誘惑が。
フォション等、パン&ケーキのショップが2、3軒連なってます。
見た目も匂いもおいしそう。
そして店頭には大判振る舞いの試食テーブルが。
もちろん、手を出しました。おいしいぃー。

でも買えない・・・。
外の飲食店に期待できない国とかだったら、買って明日の朝か昼ゴハンにするのに。
何でこんなに食べたいモノがいっぱいあるんだぁぁぁー!
と滞在中何度思ったことか。

早く食べ物以外の売り場に行こう。
で、お茶売り場。
通りがかったら、定員のお兄さんからそば茶のサービス。
おいしい、そしてとっても勧められる。
でも、そば茶は日本でも珍しくないし。
インスタントのお茶も結構既に買い込んでいるので、これまた試飲でおいしかったティーバッグタイプの五味子茶を購入。


五味子茶3種
左からティーバッグ、真ん中は五味子の実そのもの、右は粉末タイプ。

家で飲んでみた結果、粉末タイプ以外は、おいしく淹れるいれるのは難しかったので、他人にあげるのはやめました。

他にも買いたいお茶はあったけど、明日スーパーにも行く予定だったので、そこを見てからもう一度何買うか考えようと思い、お買い物はとりあえず終了。
また明日がんばらないと。




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
コメント