ぶちぶちワンコの日記

ダルメシアンと暮らすOLの徒然なる日記

【ランカウイ旅行記】異国の空港よ、さようなら 

2010-08-20 18:51:02 | 旅行(ランカウイ2010)
9:15 香港に向けて出発。
当然のことながら、周りは中華系だらけ。
そして思った、日本便よりこっちの飛行機の方が新しいし、機能がデラックス。
日本は格下なのか・・・。

香港着は13:00



一言言わせてもらうと、あ・つ・いー!
クアラルンプール空港なんて、凍えるほど寒かったのに。
なんでこんなに暑いのー!
多分この温室のようなガラス張りにせいでしょうね。



まあ、規則正しくビルが並んでいること。


香港発は15:05
乗り継ぎの為、JALの乗り継ぎカウンターへ。
なんだか、まだ日本じゃないけど、JALの看板みた途端、ものすごい安堵感が。
なんか全面的に信頼できます~みたいな。

機内食でハラダのラスクが出ました。ちょっとうれしい。
やっぱJALはいいわねぇ。
会社自体には問題有りだけれど、現場で働いている人達を見る限り、利用者にとってはいいエアラインだと思うんですけどね。

そしてようやく19:45、関空に到着。
本当に長かった・・・。
ホテル出てからほぼ24時間。
これから家まで2時間近く。

壊れたスーツケースは保険で「修理されて」しまいました。
修理されるのは2度目。
また買い換えるタイミングを逃してしまいました。
”修理不能”にならないと保険金は出ません・・・。

何より、失った時間の補償をしてくれ~と思います。
マレーシア航空についてのウワサでは、あまりにクレームが多いので、国内では予約以外の問合せができないようにしているとか・・・。
かなり真実に近いカンジ。



さて今回の反省点は
関空の七夕の短冊に書いたとおり、一応”楽しい旅行”ではあったけど、今度書く時は
”予定通り、無事帰れますように”と絶対書こう!と思ったこと。

長々とお付き合いいただきましてありがとうございます。
これで2010年ランカウイ旅行記は終了で-す。


にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へにほんブログ村
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【ランカウイ旅行記】異国の空港で彷徨う 

2010-08-18 20:03:36 | 旅行(ランカウイ2010)
さて、あっという間に翌朝です。
チケットの予約は航空会社が手配してくれましたが、一度クアラルンプールで入国した事になっているので、チェックイン・出国をやり直さないといけません。

そう、このとぐろを巻いている長ーい列に並んで・・・
しかもマレーシア航空のカウンターの列は2箇所に分かれていて、どっちに並べばよいか分かりにくい。
昨日は係員付きである程度特別待遇状態だったけど、今日はもう一般その他大勢に逆戻り。
ランカウイから一緒だったお二人はビジネスだったので、スイスイと。
こういうトラブルの時に、クラスの差が出るのね・・・。

ホント気が遠くなるほどの長蛇の列。
そして分かりづらいのは皆同じらしくみんなウロウロ。
でも、日本行きの便はない時間帯なので、日本人は皆無。

やっと順番が回ってきたので、予約控を渡す。
職員がPCを見ながら怪訝な顔をするので、前日のチケットを突き出し、
”アンタのトコの航空会社のせいで、今私ここにいるのっ!”と。

そして荷物が日本までスルーで行くのか確認する。
大抵、向こうから荷物預かる時に、そういう事を確認してくるのですが、何も言ってくれないし。
だって、香港からはJALになるので、一度ピックアップしないといけない可能性もあるでしょ。
そもそもそんなルートで帰ることになるとは思ってなかったので、下調べができてないもん。

が、担当の職員は”うーん”と。
ちょっとぉー、何なのよ、その自身無さげな反応は。
その人、調べても分からなかったらしく、隣のカウンターに聞きに行く。
結果、とりあえず関空まで行くらしい。

ふう、やれやれ。
次は出国審査。
何だかチャラい審査官。
”○ー○ー子、出国カードがなーい


”だーかーらー、昨夜アナタ達のお仲間に回収されたんだってばー
なのでここでも昨日のチケット突き出し、半分ヤケ気味にミステイクを強調する。
というか、私の語学力ではそうとしか言えない・・・。

ま、それで無事通過できましたが。
ちなみに、私の名前に”子”は付いていないです

あんまり時間がなかったので、免税店も見ることなく、エアロトレインでゲートに向かう。
お土産、ランカウイ空港で買っておいて本当によかった。

ゲート前に並んでいると、前に昨日ランカウイ発の飛行機で同じだった韓国人の親子に遭遇。
そう、仁川行きの便も彼らを置いていったのです。
ロンドン行きもそうですが。
やっぱり計画的犯罪の匂いが・・・。

どうやら香港まで一緒みたい。
ホテルでも顔を合わし、お互い挨拶はしてましたが、何を思ったのか、母が親子の息子の方を指つんつんして、しゃべりかけているではないですか!
それも思いっきり日本語で・・・。
韓流ドラマ好きの母、どうしてもしゃべりたかったらしい。
でもあれだけ毎日韓流ドラマ見ているくせに、韓国語がひとつも思い浮かばなかなかったらしい。
怖いもの知らずというか・・・フォローするこっちの身にもなってくれ・・・と思う。



にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へにほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【ランカウイ旅行記】異国の空港で取り残され・・・

2010-08-16 18:34:26 | 旅行(ランカウイ2010)
日本人4人、窓ガラスに張り付いて飛行機を見つめる。
飛んでしまっていたらまだしも、そこに居るのに・・・。
なぜに乗せてくれない。
荷物は後でもいいから、せめて体だけでも。

私達が乗れなかったのは、うっかりミスなのか、故意なのか?
ストライキでクルー同士が結託しているのか?
それよりこれからどうしよう?
家にも帰れないこと伝えないといけないけど、夜中だし。

係員さん(名前聞いたけど、発音しにくい名前だったので忘れた)にまた誘導されどこかに。
多分、1回出国しちゃっているので、再度入国しないといけないよう。
でも、それがかなり審査場で手間取って、なかなか終わらない。
審査官側からしたら、”なんで、一度出国しちゃっているのさー”みたいなカンジで係員さんと押し問答。
もしや、私達が振り回されているのは、すべてはこの係員のドジのせいなのか?

でも、ご当人全然気にすることなく、
”今夜のお泊りは5スターですよ”
”お食事も私のポケットマネーで無料で付けますよ”
”Sorryの日本語教えてください”
とか脳天気にしゃべりまくる。

私的には
”5スターのホテルから気持ちよく帰国するはずだったんです。
”こんな時間(深夜1時すぎ)から食事できるかいっ!
”アンタにゴメンと言われても・・・”
です。

結局明日とりあえず香港へ行かされ、そこから乗り継いで日本へ帰るチケットをくれるらしい。
そしてそれじゃ、ホテルへという段になって、またもや追い討ちをかけるような出来事が。
私のスーツケースを運ぼうとした係員さんが、”コレは持つトコ、ドコにあるの?”と。
って、ソコだけど・・・?
アレ、無い・・・。

そう・・・側面のハンドル部分が根元からポッキリ消えていた。
あれま。

ということで、またそれから今度はバゲージクレームの手続に。
もうげんなり・・・

やっと全てが終わり、ホテルに辿り着く。


パン・パシフィックホテル
いいホテルなんでしょうが、もう疲れて見回す元気もない。

ホテルに着くと、なんとロビーに現地旅行社の方が駆けつけてきてくれてました。
なんでも、マレーシア航空に問合せたら、乗ってないと言われたので、ここに来ましたと。
こんな夜中に・・・いい人です。
とりあえずもらったチケット控えを確認してもらい、部屋へ。



キレイだし、アメニティも各種揃っているんだけど、今深夜3時前。
明日の便が朝なので、5時頃には起きないといけない。
なので、化粧もそのままでとりあえず横になる。
だって化粧品も使いきって捨ててきたし。

もう少し早い時間だったら、折角のクアラルンプール滞在楽しむのだけれど。
だって朝ゴハンの時に思ったけど、こっちのホテルの朝食バイキングの方がはるかにおいしかった。

にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へにほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【ランカウイ旅行記】異国の空港でひた走る

2010-08-15 10:57:46 | 旅行(ランカウイ2010)
お願い・・・とにかく飛んで、せめてクアラルンプールまで。
待合は寒いし、何もないし。
時間も時間なので、皆ぐったりー。

そうこうするうちに、前のマレー人らしき家族の話の中から、”エンジニアスト”なる言葉が。
なんですってー、こんな時間に、こんな島でそんなことするなー!
まさかこの避難所みたいな待合で夜明かし?
いやー!やめてぇー。

とか思いながら持っていた非常用のお菓子と部屋から持ってきたバナナを食す。
だって晩ゴハンは飛行機で食べられると思って食べてないし。
まだあのおいしくなかったサンドイッチでも食べていてよかったと思いました、この時。
備えは必要だ・・・と実感。

22:30頃だったでしょうか、係員が立ち上がりました。
そして”MH1471、OK、Go-!”と。
多分、この旅行で一番印象に残ったシーン。
皆が飛行機に向かって走り、タラップを駆け上る。
それも実にすばやく、協力的に。
大荷物抱えたおじいちゃん、おばあちゃんも、子供抱えた親も。
人種、国籍を超えて一致団結、5~10分でもう離陸。
やれば、できるんだね。

今から約1時間の飛行。
もしかして乗り継ぎ便にそんなに待ってもらわなくても大丈夫かも!

途中ではトラブルもなく、無事クアラルンプールに到着。
23:40くらいだったでしょうか。
降りる時もこれまたみんな、争うこともなく、皆がすばやく飛行機の外へ。

何人かの係員が搭乗便名を書いたカードを持って立っている。
はい、はい、MH052便は私達の便ですー!
で、そこで言われた一言。
”今日は飛行機に乗れません”
”なぜに・・・まだ間に合うのに

とりあえず誘導されて、係員さんの後をどこに連れて行かれるかも分からず、うなだれて付いて行く。
その間も係員さんはずっとトランシーバーで話ていました。
そしてなぜか出国審査を受け、長い通路を歩く。

すると突然、係員さんが
”Gate 10,Gate10,Go,Go-!"と。
えっどゆこと?

係員の指差す方向を見ると、が。
えっ乗れるのー!

そこで見ず知らずの日本人同士4人、歓声をあげてめいいっぱい走る。
神様ありがとう!



ところが、ゲートに辿り着くと、飛行機は目の前にいるんだけど、何だかゲート前の係員の様子がヘン・・・。
そして頭の上で×のポーズ。
    

私達についていた係員さんも”どうして?”みたいなカンジでその係員さん達に聞いていました。
おいおい、全然連携取れていないじゃないかよー。
というか、この係員さんが交渉してくれるかと思いきや、あっさり”ダメだそうです”と。
なんでよー10分位遅れても大した損害にならないでしょうが。
それにアンタのトコの飛行機、しょっちゅう遅れているじゃんっ!
そもそもこんな事になったのは、アンタのトコの会社のせいでしょうがぁぁぁー!

テンション上がったり、下がったり
もしかして弄ばれている?私達。




にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へにほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【ランカウイ旅行記】 ハプニング 

2010-08-13 16:47:42 | 旅行(ランカウイ2010)
やっとお迎えのジミーさんが来て、ランカウイ空港へ。
帰りも私達だけ。

空港で乗り継ぎ分のチェックインもして、チケットをもらう。
もう後は飛行機から飛行機に乗り継いで帰るだけ。
寝て起きたら日本に着いているはず。

ここでジミーさんとはお別れ。
まだ時間があるので、免税店を見る。
と言っても小さな空港なのでそんなにお店はないですが。
でも、まだ会社用のバラマキ土産が買えてなかったので、とりあえずマンゴー系のチョコとクッキーを買う。
あまりこの手のお菓子は、おいしくない事が多いので普段買わないのですが、ホントにホントに、何も買うものがなかったので。
クアラルンプールの空港でも良かったのですが、とりあえず何か買っとかないと安心できないので。
まあ、結果的にこの時に、こんなものでも買っておいてよかったと後で思うことになるのですが。


お店も見飽きたので、搭乗ゲート前の待合に行きます。
行きと違って、大荷物を抱えたローカルの人が大勢。
本土から家族総出で免税ショッピングに来ておられるようです。
日本人の気配も無く、ちょっと孤独。

出発は21:30
待合はどんどんいっぱいになってきます。
クアラルンプールからの飛行機が着いて、乗客が降りてきます。
あの飛行機に今度は私達が乗るのね。

と思っていたら、搭乗時刻になっても何にもなし。
というかゲートに係員いないし。
程なく、パイロットらしき人が買い物袋ぶら下げて談笑しながら戻ってきました。
おいおい、もしやクルー待ち?
早く乗せてよー。

それでも日本以外ならまあこういう事は多々有ることなので、待っていたのですが、クルー達が乗り込んでしばらくたっても何もなし・・・。
乗客達もなんとなくヘンだと思いだしたよう。

と、そのうちに私達の便よりも遅い出発便が搭乗を開始し始める。
”なんでやねんっ!”
と思ったのは私達だけではなく、皆が係員に殺到。
私も問合せに行って戻ってきた後ろの席のイギリス人の方に、どうだった?と聞いてみる。
でも、その人も不満そうに”ナッシング”と。

えー、何、何ー?
乗り継ぎあるんですけど、大丈夫なのー?

誰か同じ乗り継ぎ便乗る人いないですかー?
とりあえず、日本国パスポートをよく見えるように掲げてみる。
すると同じく説明を求めて係員に詰め寄っていたビジネスマン風に男性が、”日本人ですか?”と。
時期を同じくしてもう一人女性もやってきて、とりあえず4人日本人がいることが判明。

で、その男性の話によると、多分今日はクアラルンプール泊りになると言われたとのこと。

なんですってぇー!
じゃあ、どうやって日本に帰るのよー。

とりあえず、現地旅行会社に電話する。
すると同じ航空会社なので、遅れても乗り継ぎ客がいれば、待ってくれるはずとのこと。
ホント?だったら安心だけど。




にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へにほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【ランカウイ旅行記】アフタヌーンティー

2010-08-13 14:36:20 | 旅行(ランカウイ2010)
最後の午後のひとときをプールで過ごす。
そして真昼間に無防備に泳いでしまった・・・。
今、そのツケでドス黒ーくなってます。
日本でUV対策をしまくっていたのは、何だったんだろう...。



ガンガン照りじゃないので、つい勘違い。


そろそろ部屋に戻って帰る準備しなくては。
最後にリーディングルームにはまだ行っていなかったので、アフタヌーンティーをしに行くことに。
帰国便は夜なので、夕食までのお腹の足しに。

で、どれどれとメニューのアフタヌーンティーのページを見る。
スタンダードなヤツにするべきか?
が、なぜかcurryというとても似つかわしくない文字が。
これはもしかすると、とんでもないものが出てくるかもしれん。

食べれないモノがどっさり出てきたら困るし、それにそれほど空腹でもないし。
ということでサンドイッチだけのコースにしました。




食べかけの見苦しい写真でスミマセン。
まさかこんなデッカイのが出てくるとは・・・。
良かった三段トレイみたいなのにしなくて。
絶対食べられなかったと思う。
そして結構モサモサして重くて、もう一度食べたい味ではなかったです。
プールサイドのサンドイッチはおいしいのに・・・。

ちょっとガッカリめで部屋に戻る。
一応レイトチェックアウトにしているので、6時までは部屋に居れます。
なので、ターンダウンサービスのチョコを今日もゲット。



夕方、こんな箱に入ったチョコとお花と明日、明後日のアクティビティのお知らせがお部屋に届きます。
ホテルのショップでも販売しているのですが、24時間前に注文しないといけないようです。
私は帰る間際にショップに行ったので間に合わず・・・。
このショップ、結構私好みの商品セレクトでした。
私はペンダント、母はバッグと服を買いました。



本日初めて、タンジュン・ルーの夕日を拝めました。
だけど、暑い・・・。

6時にチェックアウトなのですが、お迎えは7時過ぎ。
居る所がないー。
最初リーディングルームに行ったのだけれど、西日が当たって暑いし、まぶしいし、メニューを持ってこられるし・・・なんだか居づらい雰囲気。
なので、ショップを見たりウロウロ。
でもいつもと違って今日は手荷物持っているし、何か場にそぐわないカンジ。

レセプション周りに一応座る所はあるのだけれど、何せオープンエア。
暑い、蚊に咬まれる。
この空白の時間が結構辛かった・・・。



にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へにほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【ランカウイ旅行記】 オリエンタルビレッジ

2010-08-12 14:22:14 | 旅行(ランカウイ2010)
ケーブルカーを降りて麓?のオリエンタル・ビレッジの散策。

ショップやレストランが集まった一応ショッピングモールらしいですが・・・
結構工事中のトコロが多かったかな?



後ろの建物は”日本”を意識?
どこ行ったか分からない写真ですね~。





カモとニワトリがいたり



シカがいたり・・・




あとサルもいました。

動物園と言えるのかは微妙ですが・・・
まだ開発中なんだろう、ということで。

結論的に言えば、ケーブルカーがなければわざわざ行くほどのところでもないような。
そんなに見るものも買うものも有りません。
そして何より暑い・・・。
歩きまわる元気はない・・・。

ので、早々タクシーに戻ってホテルに帰ることに。


で、帰ってまたもやプールサイドでお昼。
今日はサラダとピザにしてみました。
ピザも中々いけました。




にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へにほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【ランカウイ旅行記】 ランカウイケーブルカー

2010-08-10 18:50:11 | 旅行(ランカウイ2010)
天気予報では今日も雨でしたが、日頃の行いが良いせいで、今日もいいお天気。

なのでランカウイケーブルカーを乗りに行ってみることにしました。
このケーブルカーは風が強いとすぐに運休になるらしいので、滞在しているリゾートからは離れているのですが、行ける機会に行っとかないとね。

今回はタクシー3時間でチャーター。
なんとおとついと同じドライバーさんでした。

ケーブルカーの乗り場はオリエンタル・ビレッジというショッピングモールと動物園もどき?の複合施設内にあります。
朝早いというのに、もう大勢の人が集まっていました。
滞在していたリゾートは欧米人が大半でしたが、ここはアジア人観光客だらけ。
こんなにこの島に人がいたんだーと思うぐらい。
きっとパンタイ・チェナンとかパンタイ・テンガーには大勢滞在されていたのでしょうね。

で、とりあえず切符(25RM)を買い、列に並び乗車。





前方の山を越えちゃうらしい。
海抜700Mまで上がる全長2.2km。
高所恐怖症の方には多分恐怖の乗り物かな?



頂上までに中間駅があり、そこでいったん下車。
タイも見えます。






頂上駅に向かうところ


右手に見えるのが恐怖の?スカイウォークです。
宙に浮いているけど。
ワイヤー1本が命綱?




ここまで来たのなら、やっぱり歩いてみるべきでしょう。





一応行きましたという証拠写真。
ちなみに足元の板と板には隙間有り。
人が歩くと揺れもあり。
とりあえず落ちたら命は無さそうな眼下の光景。




空中散歩をしている気分になりたい方は是非どうぞ!



にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へにほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【ランカウイ旅行記】 レストラン ”サフラン”

2010-08-08 09:41:27 | 旅行(ランカウイ2010)
本日の夕食は地中海料理のレストランサフランにしました。
これでこのリゾートのレストラン全部行ったことになります。

内装はこんなカンジ



早い時間に行ったので私達のほかは子供連れの1組だけ。
ちなみにこちらはお子様OKのレストラン。

まずこのボリュームの有りそうなパンがドンと出てきます。
中に玉葱を炒めたようなものが入ってました。




以下メニュー名忘れましたので適当です。

エビのグリル




ベビーイカのパスタ




シーフードサラダ




ブイヤベース




どれもおいしかった!
多分ここのレストランが一番普通においしかったと思います。
純粋に地中海料理っていうか。
とにかくシーフードが贅沢にたっぷり使われています。

ただ量は結構有って、しかも一度に全部どーんときてしまったのでぎょえーってカンジにはなりましたが。
なので今日もやっぱりデザートはムリでした。


夕方の風景
と言っても20時前くらいですが。




プールにも灯りがともり



小道にも灯りで道しるべ。
ま、スコールが降っている時にはこんな灯りは頼りになりませんでしたけどね。








そして本日のフルーツは洋ナシ。



本日もお疲れ様。
さあ、いよいよ明日は最終日。



にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へにほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【ランカウイ旅行記】ジバ・ルー・スパ

2010-08-06 22:18:42 | 旅行(ランカウイ2010)
マングローブツアーから帰ってきたのが午後1時過ぎ。
とりあえずお昼ごはん。
気楽なので、またもやプールサイドで。
今日はサンズプールの方で。



またもやクラブハウスサンドイッチ。
そしてマンゴーとエビのサラダ。
そう言えば朝食のフルーツでマンゴーなかったのよねー。
旬だと思うのだけれど。





さてさて、今日の午後の予定はスパマッサージです。
女性同士でオールインクルーシブプランを申し込むともれなく50分のマッサージが付いてます!というキャンペーンらしく。

とりあえず予約時間の30分前程にここのホテルスパ
ジバ・ルー・スパへ。
まずはレセプションでメニューの確認。
母はアロマテラピーマッサージ、私はハーブヒートリバイバル。
布に包んで温めたハーブのボールでポンポン叩くやつね。

で、時間があるのでジャグジー入る?と聞かれたので入らせてもらう事に。
そしていきなりジャグジーに案内されたのだけど、”まずどこで着替えるの?”ってカンジ。
水着で来ればそのまま入れるんだろうけど。
更衣室ってないの?
ルームキーとかどうすれば・・・?
マゴマゴしていたら、トイレで着替えてね~みたく案内されたので、服脱いでとりあえずタオルを巻いて出てきたのですが、脱いだモノはどうするんざんしょとまたまた困惑。

するとハンガーを差し出され、預かるから~と。
えっ下着もこれに・・・?
と固まってしまったら、”ノープロブレム、ノープロブレム”と。
いや~ん、恥ずかしい・・・。
どっかで落とされたらどうしましょう。

顔から火を吹きながらそそくさとジャグジーに身を沈める。
ちなみにジャグジーは外です。
天井なし、木に囲まれているだけ~
見上げれば客室の窓~

で、時間になったらトリートメントルームに来てねと言われていたのですが・・・
時間分からないんですけど。
とりあえず適当な時間で出て、タオルを巻き巻きしているとどこからか見られていたのか、スタッフが現れる。

で、無事トリートメントルームに案内される。
あ、紙パンツはここの付属のシャワー室に置いてありました。
このまま何にもなしなんじゃあーとちょっと不安だったので、一安心。

まずはハーブティーをいただきながら、フットバス。
そしてマッサージ。
ボディだけかと思ったら頭と顔までやってくれました。
とにかくもう極楽~。
熱いハーブボールの感触がたまらん~
なんだかやみつきになりそう・・・。

終わった後はレセプションでスイカを頂きながらアンケート記入。
しつこいお勧めもなく、とっても満足な体験でした。

そうそう、マッサージ中にスコール&カミナリが有りました。
ジャグジーに入っている時でなくてホント良かったです。
帰る時は雨あがってたし。
やっぱり日頃の行いがいいのね~私達。



スパから見たサンセットプール。
スコールの後なので誰もいません。


にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へにほんブログ村
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする