ぶちぶちワンコの日記

ダルメシアンと暮らすOLの徒然なる日記

ジャングル化

2017-06-28 18:18:35 | うちのワンコ
リカさんのオリーブの木がいまいち元気が無いので、心配ですが・・・



それとは対極的に添え物のハーブ達が元気過ぎて、エライ事になってます。
休日に雨続きなのと、再発したアトピー皮膚炎に悩まされ、しばし外に出てないわずかな期間にあっという間にジャングル化してます。


放置されてたラピュタ状態ですね・・・

最近猫同士の縄張り争いに負けたのか、あの白い墓守ニャンコも来なくなり、徐々に大家族化しているスズメの軍団にツンツンと突っつかれている毎日。
ごめんよ~、落ち着いたらサッパリさせるからね。
なんだか弱々しいリカさんの木、梅雨に負けずにがんばれ~







にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ

コメント (7)

【ドブロヴニク旅行記 24】 ドブロヴニクカード

2017-06-14 22:32:55 | 旅行(ドブロヴニク2017)
旅行記でたびたび登場したドブロヴニクカードについての体験談です。
ドブロヴニクカードとは、美術館等の施設がフリーで入れ、いくつかのショップ、レストランが割引になり、公共機関がカードの有効期間フリーで乗り降りできるカードです。
1日券、3日券、7日券が有ります。
ただし1つの施設への入場は1回のみ。
私が買った1日券は170HRKですが、ネットで買うと10%OFFとなります。
ドブロヴニクカードHP

購入完了するとメールでバウチャーが送られてくるので、それを何か所か有るツーリストインフォメーションに持って行けば、その場でカードを受け取れます。
ただ何の説明も無く、ポイッとカードのみを渡されるので、使えるお店等はHPで確認することになります。
(なんか案内冊子とかぐらい付いてくると思ってたので、しばし呆然)



左がドブロヴニクカードで、右が交通カードです。
交通カードを挟んだ状態でもらったので、2つ折りのドブロヴニクカードの方は単なる入れ物かと思っていて、最初は交通カードを差し出していました。
だってただの2つ折りの紙なんですもの。
これで、どうやって入場確認するんだろう?
使用開始時間とかも印字されるんでは?と思って。

答えは・・・



超原始的でした。
と同時に、思い違いをしていたかも?という恐れに気づく・・・
私、使用開始から24時間有効、と書いてあったと思ってたんですけれど、どうやらそれは交通カードだけで、観光施設は印字された日のみ?ということに。
時間が有効に使えるように、1日目の午後から2日目の午前にかけて使う予定だったんです。
というか、最初に使ったのがすでに午後・・・
しかもみんな早々閉館していて入れない・・・

ということで2日目は、ダメ元で内面を開いて(日付の無い方)差し出しました。
ダメって言われたら、勘違いしていたんですぅ~と泣き落とし覚悟で。
結果、計4つ入場&1軒のお店で5%OFFでショッピングができました。

が、良いコは真似せずに朝イチから使いましょう~

正直、買うかどうかを結構悩みました。
なぜかというと、使える施設が微妙。
自らお金を払って行く場合、もしくは時間が無い場合、入れる施設で行きたいと思うところは2つぐらいしか無かったので。
しかも観光の目玉となる総督邸が休館となると、かなり価値が下がる様な。
ま、逆にフリーパスなので普通見ずに終わってしまう施設も見れた、というプラス面も有ります。
料金的には、誰もが行く城壁とフランシスコ会修道院の2つを行けば、元は取れると思います。
あと、徒歩で帰れないホテルの人はバスが乗り放題なのでお得。
買い物、食事で使えるのもポイント高し。

なので、2日以上滞在して、ゆっくり見れる人は買っても損は無いかなぁと思います。




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ

コメント (2)

【ドブロヴニク旅行記 23】 初体験

2017-06-10 22:08:58 | 旅行(ドブロヴニク2017)
7:25ドブロヴニク発フランクフルト行
帰りは乗り継ぎ1回だけなので大分気が楽です。

機内では朝食替わり?のかわいいおやつボックスが配られました。

中はビスコッティとヨーグルト
美味しかったですが、クロアチア航空の機内で出てくるものは喉が渇く系が多いみたいですね。

で、ウトウトしていたら、あっという間にフランクフルトに着いてました。
まだ9時半。
次の大阪行きが13:20発。
長いの~
まあ、トルコ航空だったらイスタンブールで12時間待ちだったので、マシな方ですよね。

行きと同じくセキュリティチェックを受け、(今度は小部屋検査は免れ)無事無罪放免。
免税店も行きに見飽きているので、さらーとだけ見、せっかくドイツに来たんだし、大昔にドイツに行った時は食べられなかったよな~とプレッツェルを買って早々ゲート前へ。
ゲート番号はまだ出てなかったですが、今度はルフトハンザアプリを信じて案内に従いました。
早めに行って良かったです。
ゲート近くにはあまり席が無いんです。
そして窓際のテーブル席は争奪戦。




飛行機も良く見えるし、パソコン等を使われる方には便利ですね。
と呑気にお菓子広げてくつろいでましたが、なんだか異様に人が多いような。
座れない人達がもうゲート前に並び出したのですが、その列がすごくてすでに隣のゲートまで。
こんなに乗れるの?
と若干不安に思っていたら、続けざまに乗客の呼び出しが。
そしてカウンターで何やらゴニョゴニョ。

と、しばらくして日本人の男性職員がアナウンス。
”LH740便でオーバーブッキングが発生いたしましたことをお知らせいたします!”
なんですとーっ!
幸いというか、今まで一度も遭遇したことなかったんです。
この時はプレミアムエコノミー席の人で普通席へ変更してもらえる人を募ってました。
結果どうなったかは分かりませんでしたが、機内最後尾で普通、席が無いところに座っている人がいたので、なんとか無理矢理にでも全員乗せてくれたのかな?
どっかの航空会社のようなことにならなくて良かったです。

毎度のことですが、帰りの便は和風のカツカレーを食した後は爆睡。
フライト時間も席の狭さにも打ち勝つ眠気。
弾丸旅行でもそれなりに充実した旅でした。




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ

0
コメント (2)

【ドブロヴニク旅行記 22】 ドブロヴニク空港

2017-06-04 22:43:06 | 旅行(ドブロヴニク2017)
さて、帰国の日。
私の旅行史上最も早い時間の出発です。
4:25には空港行きの車が来るので、朝4時にチェックアウト。
当然ホテルの朝ゴハンは食べれません。
頼めばお弁当作ってもらえるようですが、空港に着いてからセキュリティ通るまでに食べれず飲めずに没収~されたら勿体無いので頼みませんでした。
普通に持って入れた昔が懐かしい・・・
ちなみに同じ時間にチェックアウトした2組の欧米人がもらっていましたが、結婚式の引き出物サイズの紙袋だったので結構豪華かも?

待っている間に、Wi-Fiに接続しネット検索。
(ヒルトンってフリーWi-Fiはフロントなど共用スペースしか使えないんです・・・もちろんアジア館は繋がらないので、ネット使いたかったら本館に行かねばならないという不便さ)
で、やっと繋がってまず飛び込んできたのは、
「てるみくらぶ倒産!帰国できない人続出!」のニュース。
および近しい人達からの”アンタら大丈夫?”的な文面のライン。
幸い無関係でしたので、私らは大丈夫よね~とこの時は別の世界の話のように思っていましたが・・・
(遠い世界の話では無かったみたいです。
ま、それは置いておいて。
とりあえず、空港へ。
帰りはドブロブニクから出国ですので、空港にも2時間前には到着。
が、お客さんはそこそこ集まっているけれど、カウンターは無人・・・
そしてポツポツと置いてある自動チェックイン機。
有るのは知っていたけれど、まさか選択の余地無く使うことになるとは思ってませんでした。
超適当にポチポチ押して進んでいきましたが、レシートみたいなペロペロの紙でもとりあえず無事搭乗券が出てきたので、ホッ!
フランクフルト→大阪は予約時に座席指定できていたのでそのまま出てきましたが、ドブロヴニク→フランクフルトは座席指定&変更はできないようでした。

が、荷物は?
キオスクで預けられるという情報も有りましたがそこも閉まってるんですけど。
ということで、スーツケース持った各国人の旅行者が皆ボーッと佇む職員のいない空港という見たことない光景でした。
しばらくしてようやくグランドホステスさん達が登場し、皆がわらわらとカウンターに。
でも自分の番になって頭上のモニターが見えるようになったら”ザグレブ行き”のカウンターでした。
行先ごとに違うなんて今まで経験したことなかったのよぉー。
フランクフルト行きのカウンターは隣でまだ準備中。
そぉーりぃーと謝ってアワアワしていたら、いいよやったげるな感じだったので、”大阪””大阪”を強調してスーツケースを預けました。
ザグレブに行ってしまったら困りますものね。

で、セキュリティを抜け中に。
ザグレブの時ほどは厳しくはなかったです。

ドブロヴニクは新しくてとてもきれいな空港です。
でも、まだ工事中の部分も有るようで。
そして時間も時間なので、空いているお店も1軒で、空港の半分は電気が消えていてシーン。


空港のガヤガヤした感じはゼロです。
免税店は1軒だけでしたが、中身は充実してました。
食品、お菓子も可愛いパッケージのものが有って、ワインもとっても素敵な瓶のものが有ったのですが、何せ乗り継ぎ有りなので、液体、クリームものがNG。
ああ、残念。

で、搭乗開始の6:45までゲート見つめてボーッとしていたら、何やら一般人ぽくない恰好のお姉さんやらテレビカメラやらが私達の乗る便の搭乗ゲートに集まってきました。
えっ!誰か有名人でも?
後で誰かに聞けば分かるかなぁ、とお写真撮らせてもらいましたが

どなたでしょうねぇ?
まさかこんな所でしかも朝っぱらからこんな事に遭遇することが有るなんてね。

まあ、このおかげで私達の搭乗遅れたんですが。
7:25発だったのに、たぶん乗れたの7:15分ぐらいでした。
でも、大きな飛行機では無いので、ほぼ定刻通りにはLH5991便はドブロヴニクを飛び立ちました。



にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ

コメント (2)