まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

ハンチョウ6~警視庁安積班~ 第9話

2013-03-12 22:53:53 | 福士誠治 【ハンチョウ5&6】

第9話

『課長撃たれる! 遂に明かされる15年前』





尾崎が安積班へ帰って来た。

安積たちは喜び、飲み会を開こうと言っていた時、

安積の携帯が鳴り、久米島が撃たれたとのこと。

病院へ駆けつけた安積は、医師から「今夜が山だ」と言われる。



久米島が撃たれた場所は防犯カメラもない空き地だった。

事件現場から数百メートル離れたバーで、

久米島は誰かと待ち合わせしていたようだったと小池。

バーの店員が言うには、

電話がかかって来てそのまま店を出て行ったと。

そして結城の調べで、

久米島は5年前に入居して以来1人暮らしで、

家族らしい人は見たことなく、帰りも遅かったとのこと。

安積たちは定時で帰っていたはずの久米島が、

単独でなんらかの捜査をしていたのではないかと・・・



向島中央署に捜査本部が置かれ、

指揮を執る中西管理官は、

久米島の身内となる安積班を捜査から外した。



安積は真山に15年前に起きた事件の話を聞く。

15年前、川口刑事部長が日本橋署の署長時代に、

1億円の現金輸送車強奪事件が起こり、

同署の刑事課にいた久米島が捜査一課の応援に選抜され、

その時、誤認逮捕をしていたと。

川口と久米島に接点があったことに驚く。

真山は川口からの指令を伝える。

15年前に起きた事件の再捜査をするようにと。



安積班で15年前の事件の再捜査を開始。

現金輸送車を赤いジャンバーを着た男が強奪。

現場から200メートルほど離れた空き地で車は見つかったが、

1億円は奪われていた。

赤いジャンバーの男が逃走して行く姿を

多くの人間が目撃していたが、

隅田川を渡った辺りで忽然と姿を消してしまったらしい。

車や拳銃などの遺留品はあったが、

犯人への手掛かりは見つからなかった。


当時事件の指揮を執っていた久米島は、

平沼和夫という男を逮捕した。

平沼は多額の借金を事件発生後に返済していたため、

犯人と特定し逮捕に踏み切った。

しかし逮捕後に確かなアリバイが発覚してしまう。

当時、草野球の試合があり、

それを映したビデオに平沼が映っていたのだ。

アリバイが見つかったため誤認逮捕となっていた。

事件自体は既に時効だが、

川口が捜査を命じたのには理由があると考えた安積は、

事件当時の関係者から話を聞くことに。



尾崎と小池は平沼のところへ。

平沼は現在区議会議員になっていた。


安積と結城は当時、

現金輸送車に乗っていた銀行員・坂木治郎のところへ。

坂木は実家の呉服店を継いでいた。

犯人に腕を撃たれ、後遺症があると言う。


その後、もう1人の銀行員・戸田からも話を聞くと、

恐怖のあまりよく覚えていないと言う。

犯人描写は坂木がそう言ったから、そんな気がしたと・・・



意識不明の久米島のところへ寺田が様子を見にやって来た。

けど警護の警察官に通すことは出来ないと言われる。



丸岡から電話があり、久米島を撃った銃は、

15年前の事件で使われた銃と同一の物と判明。

70年前の戦時中に使われていた銃とのこと。

保存状態が良ければ今でも使えると丸岡。

それを聞き、あることを思い出した安積。

千春に調べるようメモを渡す。



そんな中、寺田から話があると連絡を受けた安積は、

分署に来てもらうことに。

なんと寺田は久米島の捜査を手伝っていたと。


「誰一人嘘は言っていない。

しかし、この町はみんなで嘘を言っているような気がする。」


久米島がそう言っていたと寺田。

草野球チーム『押上リバース』には裏の顔があるのではないかと・・・

寺田が言うには、久米島は坂木に会おうとしていたと。

坂木は昔、押上リバースのメンバーだったらしいと言う。

被害者と加害者に接点があったと判明。

赤いジャンバーの男は坂木が作り上げたものかもしれないと安積。


千春から電話が。

調べてもらっていたのは坂木の祖父・麟太郎で、

軍人だったことが判明。

安積たちは坂木の元へ向かう。



安積たちが坂木の店へ。

それに気づいた坂木が裏口から逃げ出した。

気づいて追いかけるが坂木は車に乗り逃走。

安積は捜査本部に連絡するよう言う。


捜査本部に坂木のことが伝わり、捜索を開始する。



安積班は押上分署へ戻る。

久米島を撃ったのは坂木だが、

赤いジャンバーの男は坂木ではないと安積。

平沼にもアリバイがあるから平沼でもない。

おそらく赤いジャンバーの男と坂木は共犯だったに違いないと。

そこへ寺田がやって来る。

安積たちに見てもらいたい写真があると、

現金輸送車が襲われた日の押上リバースの集合写真を見せる。

ただこの日は主要メンバーでもあった監督の竹本と、

町内会長だった村上は映ってないと。

赤いジャンバーの目撃者リストに竹本と村上がいたことが判明。

安積は目撃者の身元を徹底的に洗うよう指示。

寺田がもう1枚見てもらいたい写真があると。

その写真にはおでん屋の徳吉が写っていた。

徳吉も押上リバースのメンバーだったことに驚く安積たち。

赤いジャンバーの男は徳吉だった可能性も・・・





尾崎がやっと戻って来たよ~。


小池も嬉しそうです♪


しかし町ぐるみで犯罪に加担って・・・


しかも隠蔽まで?


こんな町住みたくないなぁ(-_-;)


やっぱ水沢も知ってるんだろうね。


坂木は久米島に真相を知られたから撃ったのか?


次回最終回です。


小池くんの見納めだぁ~!!





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話


コメント   この記事についてブログを書く
« あれから2年・・・ | トップ | ラストホープ HOPE-09 »

コメントを投稿

福士誠治 【ハンチョウ5&6】」カテゴリの最新記事