小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

ラツキョウの種球掘り起こし

2019年07月16日 07時28分01秒 | 家庭菜園

 

今年こそは全て加工して食べ切り新しい種球を買い更新しようと思ってました。

一穴に2球が増え前年10倍以上も収穫出来たので又もや残りました。

 

堀上るか直ぐに植え付けるか放置するか。

大量に米酢とアップルビネガー黒酢を買い込み味に変化を持たせて漬けこみました。漬けこみ酢はサラダのドレッシングに使います。無駄無しです。

二次加工出来る様に砂糖は入れません。

 

収穫しても加工が忙しい、その日のうちに漬けこまないと美味しくない。美味しくなくなるのが分かりながら後日に回せない。

同時期ピクルスキュウリも漬けます。

以前と違い貯蔵庫も無い。

 

2割程度は生食用に配ったのに余りました。

ユリ科の植物もウイルスに弱い数年に一度種球を買います。

 テレビの番組で産地ならではのカレーのタマネギ代わりに使い大量消費も見ましたが、同時期収穫の下処理の簡単度はタマネギの勝ちです。

 

 菜園のあちこちに植え付けた葉ネギ日陰地も多く上手く育たないのを収獲して、

ネギと豚肉だけの餃子です。

ラツキョウ酢に青唐辛子の輪切りを添えました。この時期ハクサイやキャベツは一個食べ切れ無い。意外とネギ餃子美味しかったです。

連休外食は混み合うのを見ながら帰宅、キッチンが狭くなったので作りながら家飲みです。

架空居酒屋「おばんです」

もう一品

モロッコインゲンの陰でひっそり育ってました。

最高気温25度前後曇りのち時々晴、草取り頑張ってます。

 

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。

 

 

コメント