小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

虫取り助っ人育てます

2019年07月07日 11時24分08秒 | 菜園料理

畑の野菜の水撒き用の鉢カバーに何やら

アマガエルの子供たちです。

あーどうしましょ。

もう少し大きな水槽に移そうかしら。このままでは育ちそうも無いです。

爆発的にバラや野菜に被害を与える虫が増えないのはこの子たちの親カエルのお陰だと思います。

畑の主な困った虫はカタツムリとナメクジです。それもレタス全部雨で腐った事で一網打尽出来、ジャガイモのマルチをはがす時ほぼ見掛けないほど減りました。やったーーーー。

 

畑の野菜はほぼ無農薬栽培出来ています。

耕耘する時に蛾のサナギらしいのが見つかります。

見逃さずに捕殺します。

前作の野菜が好きだった虫が残る場合が多いので同じ作物を作らないようにしています。

今頃から植え付けて間に合うか鉢植えのサツマイモ苗第二弾です。茎の下葉を整理して今回は真っ直ぐ植え付けます。

第一弾は6月中旬に植え付けていますが全て活着してます。

知人に安納芋の鉢植えは植え付ける所が無いのでプレゼント、これは一度苗を採取したシルクスイートの残りを育てた苗です。

ジャガイモが前年より2週間遅れの4月初旬に植え付け7月初旬の3か月あれば収穫出来たので、植え付けて見ます。

秋ジャガイモも9月初旬から10月下旬には収穫出来てます。サツマイモとジャガイモの違いはあれどド素人なので平気な顔で焼き芋サイズ少量の収穫を目指します。アハハ!観葉植物栽培になるかもーーーー。

今時期の葉物も難しい、畑を草ボウボウにしない工夫です。

 

 

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。

コメント

三角ハウスのログ完成間近

2019年07月07日 05時12分28秒 | 耕作放棄地

 

過酷な環境の波板張りのハウスの中、単管足場があった時に換気扇の工事はしていますが暑い日は40度越えです。

何とか使い勝手を良くしようと工夫しています。来春までにある程度と考え少しづつ忙しい業者さんの隙間仕事で依頼しています。

急ぐわけでも無いし。

暇なので作るのを楽しみたい。

 

輸入品のキットなので雑な品ですがプロが組み立てるとスッキリゆがみを感じさせません。

要約すると「歪んでいるし節や傷が多く物置だから良しの感覚が無いと購入はお勧めしません。」の確認書にサインして買いました。日本加工物から見たら荒いです。本来は外で使う物置小屋です。問屋さんの外売り場の休憩室に使い10年以上使われまだ壊れて居ないのを確認しています。

7月4日撮影

換気扇と照明を付け極寒時凍りそうなので断熱材を張り内張するようです。オムツ替え程度できればと仕切りナシです。

 

畑の庭に完成は無いので使い勝手を良くしていければ程度に考えています。店は完成時にはもう変化させる楽しみが全く無くてつまらなかったです。

ただ仕事に明け暮れるだけでした。

改良を加えながら変化を楽しむ。自宅なら困る遊びも畑のボロボロだったハウスです。少しづつの予算で出来る範囲と考え、旅に出たらこんな景色に会えるかしらと想像の中の遊びです。固定経費のインフラ代が80パーセント減り半年分と思い整備してます。

田舎でも新幹線乗り場に徒歩圏内から、周りは田に移転したわけです。

そりぁそうです。

選挙の争点にならずとも消費税アップは老人家庭を直撃するハズです。

 

小さなお店も自己防衛は節約と我慢何て変です。箱屋さんも資材屋さんも街中の店より畑の方が近いのでよりスムーズに届いています。互いに経費が掛からなければ良いかも知れません。来て下さる方たちが安全にご来園出来ますように。

6日杉材で内壁が張られてました。良い香りです。

サウナ状態のハウスで大工さん頑張ってます。

 

来春オープン出来ますように。七夕祭りのお願いです。

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。

 

コメント

キュウリのピクルスにハーブ

2019年07月07日 04時34分21秒 | 菜園料理

 

 沢山苗を作ったけれど食べ切れ無いので、5株植え付けたピクルス用のキュウリ一度に数個採れるようになりました。

配った苗はどうしたかしら。

収穫までたどり着いたかしら。

葉陰で大きくなったのは薄くスライスしてサラダに、5センチ程度の小振りでピクルスを作ります。

 

瓶詰の市販品はモット小さい

左上のが節成一般的な日本の品種です。

見落とすと数日で大きく育ってます。

月桂樹とディルの種を香りづけに使います。赤トウガラシは植え付けが遅れ花が咲き始めた所です。収穫出来たら加えます。

貯蔵用なので熱湯をくぐらせ熱いうちにアップルビネガーをひたひた迄掛けます。水で酢を一般的に薄めますが貯蔵性が落ちるのでタルタルソース等二次加工する時に加える調味料で加減してます。砂糖も同様。

ハーブはお好みです。

 

マメな友人は浅漬けの素で楽しんでいるようです。大きなものは輪切りにして漬けます。

和洋普段の食事に合う香りを漬けます。翌日には食べれますが冬まで常温で持つので長期保存用と食べ切りようを作ります。

これが食べたいのでこの品種栽培です。

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。

 

 

コメント