ぽごしっぽよ

“ぽごしっぽよ”は韓国語で「会いたい」という意味です。心ときめく人・もの・食べものとの出会いをつらつら書いています

スクールピクニック

2018年05月25日 | いろいろ



5月の最終金曜日は恒例のBBQ・・の予定が、今年は生徒の希望で舞鶴公園でピクニックに変更。

ランチの前後にいろいろなゲームが企画されていて、なかなかの盛り上がり。 
ホワイトチームとブラックチームの対抗戦。二人三脚なんて、何十年ぶり~? 
息があがる・・運動不足(汗) 

SOSのビーガンサンドイッチも、けっこうなボリュームだったけれど、Yさんが作ってきてくれたキッシュやお惣菜が絶品で、絶賛の嵐。フレンチのプロだから、家庭の味とはやっぱり違う。キッシュ2種類(飴色になるまで炒めた玉ねぎ入りのと、トマトソースの)、柑橘が入ってさっぱりとしたキャロットラペ、ラタトゥユ、サラダ。このプレートだけでもよかったくらい♪ 

藤棚の下でおしゃべりしながら(英語で??)、楽しい歓談のとき。



ダンスタイム? 

学校のFacebookにこの日の様子がアップされてます。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜日

2018年05月20日 | そとごはん



免許の更新時に視力検査がぎりぎりだったえしぇ蔵。
夕方になると目が疲れるせいもあるけれど、念のために眼鏡を作っておいたほうがいいね、ということで天神まで歩いてGO。 

白金のあたりでお昼どきになったので、蕎麦で腹ごしらえ。
ランチセットの小海老の天丼が美味し~。もちろん、蕎麦は文句なしに美味。



眼鏡屋さんで検査したら、両眼とも1.0以上あるらしい・・それって眼鏡必要? 
中学生で眼鏡、大学からコンタクト、両眼とも0.1以下、近視に乱視に最近老眼が入って来た私からすると、この歳になるまで裸眼ということだけでもアンビリーバボー。ちなみにえしぇ蔵はつい最近まで虫歯もなかった。眼と歯に費やした二人の費用の違いを計算したら、すごい差があるだろうなー。

地下街の春水堂でクールダウン。
タピオカミルクティー❤❤ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わざわざ買いたいカヌレ

2018年05月18日 | パン・おやつ



エージのカヌレが忘れられず・・ 
今までそれほど興味がなかった・・むしろ、あまり好きではなかったカヌレ。
それをわざわざ買いにいくなんて~。それほどに好み♪ 

接写モードで、外側のがりがり感が伝わるかな~

器は、有田で購入した、賞美堂本店 其泉窯の銘々皿。
くだものシリーズの檸檬と桃に心を奪われてお持ち帰りしたもの。
形もかわいいので無地も組み合わせて。 

繊細な赤絵の味わいは写真では伝わらないなぁ・・ 
珍しく我が家の食器棚の仲間入りをした柄もの。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パスタ三連発

2018年05月07日 | えしぇ蔵クッキング



久しぶりのえしぇ蔵クッキング・・まとめて。
春キャベツと筍のパスタ。 
具だくさんをリクエストしたので、見た目は中華炒め。
キャベツが美味しい~~♪♪



生クリームを使わないクリームパスタ、これもえしぇ蔵パスタの鉄板。 
ただ。。クリームパスタににんにくは合わなかった。おしい!



Oisixのシーフードミックスでトマトソース。
50℃洗いして臭みゼロ、ぷりぷりのホタテ、えび、あさりがたっぷり。
えしぇ蔵パスタのトマトソースはコクがあって美味しいなぁ。

水曜日のパスタは続く・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GW最終日

2018年05月06日 | パン・おやつ



四連休の最終日は遠出はせずに近所を散歩。
大宮にできたパン屋さん・・というより、店名のとおりブーランジェリー&パティスリーと呼ばなければ失礼になりそうな品格を感じる。 

そもそもベーカリーとブーランジェリーって何が違うの?と調べてみたら、どちらもパン屋さんだけれど、フランスではパン屋とパン職人を名乗る基準を決める法律があるそうで、小麦粉の仕入れから、こね→発酵→焼成→販売という全過程に携わる人だけがブーランジェ(パン職人)と呼ばれ、ブーランジェがいる店をブーランジェリーと呼べるのだそう。

パンもお菓子も専門の職人さんがいるという誇りかな・・

妥協のないハード系。 
カット売りのフォカッチャの大きさにびっくりした~。 



ショーケースには芸術品のように美しいケーキが並んでいた。

でも、この黒光りするルックスに惹かれてカヌレをお持ち帰り。 



簡単にはナイフが入らないほど固い外側は、がりがり歯ごたえがあって、香ばしい! 
そして中はむっちり・しっとり。こんなにカヌレが美味しいものだとは!!

いっしょに購入したクイニ―アマンも、上質なバターの香りと、ざくっとした砂糖の舌触り、ほろほろ崩れてしまわないしっかりとしたパン生地がとても好み。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糸島

2018年05月05日 | パン・おやつ



義父のお見舞いの後、糸島をドライブ。
つまんでご卵の直売所、「にぎやかな春」でTKG♪
しじみ汁も美味しかったなぁ~ 
えしぇ蔵は今回も親子丼。

前から直売所の名前が気になっていたけれど、
レイチェルカーソンの「沈黙の春」とは反対の「にぎやかな春」を目指してつけられた名前と知って感動! 

レジの横に新聞紙にくるまれて売られていた、お買い得の芍薬。
次々に花が咲いて、長く楽しませてもらった♪ 
ピンク色のニュアンスが美しいなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナポリタンと金太郎

2018年05月04日 | えしぇ蔵クッキング



究極のナポリタン 
前日に茹でて冷蔵庫でねかせたもちもち麺。 
ケチャップだけのジャンクなソースではなく、トマトベースの深い味わいのソース。
ソーセージは控えめに(←これは私のリクエスト)、ベーコンでコクを出し、
野菜たっぷり。

もう外では、ナポリタン、食べません。 

サイラーの芽キャベツのキッシュに、春キャベツのオーブン焼き。



思わず買ってしまった、金太郎。 
下がカスタード、上はチョコクリーム。
サイラーにしては珍しい、キャラクターもの。

金ちゃんがのってるプレートは、チャイナオンザパークでえしぇ蔵が一目ぼれした、深川陶磁のもの。



ショーケースに並んでいる姿がユーモラスだった。
買ったはいいけれど、いざ食べる段になると、どうやって食べたらいいか困った。

結局、2種のクリームを味わうために、たてに真っ二つ(汗)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

波佐見&有田

2018年05月03日 | いろいろ



今年は5月3日に陶器市へ。
9時には波佐見に着いたので、町中に駐車できたし、
初日に比べれば人も少なくて、スムーズに歩ける。 

もう器はいらない・・収納する場所もない・・と毎年言いながら、、
でも年に一度の陶器市は年中行事になっていて、行かないときっと物足りない。 

これは高速のSAで朝食に食べたスタバのシナモンロール。 
えしぇ蔵は、チュロスにドーナツにシナモンロールって・・甘すぎやろ。 



波佐見で買う器は、福光窯だけ。
そして、えその天ぷらを買って・・
はなわくすいに寄って 



京千でお茶をして・・というのがここ数年のパターン。 



ジンジャーレモン、ぴりっと辛くて、すっきり美味し~。



と、これだけだと2時間もかからず、昼過ぎには福岡に着いてしまうので、今年は有田にも足を延ばすことに。

ずいぶん久しぶりの有田。
昼近くだったので、メインストリート付近の駐車場にはとめられなかったので、Arita Sera(アリタセラ)という有田焼専門のショッピングモールへ行くことに。ここは以前は「有田陶磁の里プラザ」だったらしく、今年の4月に敷地内にホテルを開業するにあたり名称を変更したのだとか。名前で印象がずいぶん変わるものだなぁ・・ 

敷地内に22の陶磁器の商社が入っているそう。 
久しぶりの有田焼きが新鮮で、昔よりモダンなデザインもあり、惹かれるものにたくさん出会えた。シンプルな波佐見に少しばかり飽きていたので、有田の絵付けに魅かれたのかもしれない。

もう一か所、深川陶磁のチャイナオンザパークへ。
ここがまた素敵なところで、緑の多い高台の敷地に、建物が点在していて、中でもギャラリーは素晴らしかった。パリ万博で金賞を受賞した大花瓶は圧巻の美しさ。世界中の人を魅了したのも納得。それにしてもこんな大きな花瓶を作る技術もすごいし、ヨーロッパまで船で運んだというのもびっくり。 



おまけで寄った有田が思いのほか充実していたので、来年はメインストリートも歩いてみたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日田

2018年04月30日 | 日本の旅



雨上がりの法泉寺温泉。
店らしきものはほとんどなく、鄙びていていいなぁ。

素朴な朝ごはんをいただいて、宿を後に日田へ向かう。 
途中で寄った慈恩の滝。巨大な滝の横に太公望! 



滝の後ろに道がある。
わー、涼しいっ! 



迫力!!!



日田の「草八」でお蕎麦を食べて、酒蔵「KOGURA」でパンを買う。
歴史を感じる酒蔵「薫長」で、日本酒を試飲させてもらい、酒粕などを買う。



大吟醸の酒粕を使ったソフトクリームも美味しかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝泉寺温泉

2018年04月29日 | 日本の旅



生のなんと美味しいことよ。 

歩きながらかなりの水分を摂ったつもりだったけれど、まだまだ軽い脱水状態だったのか。地鶏の炭火焼コースが最高だった~。

お肉もたっぷりだけれど、野菜も美味しくて。
巨大な甘長唐辛子は一人一本。 



鶏だけではなく、馬刺しあり、国産牛あり。 
見事な霜降り。わさび&塩でさっぱりといただく。 

お腹いっぱいだったけれど、最後に朴葉味噌を炭火で焼いたものがでたら・・ご飯食べないわけにいかない~。 



GW中なのにリーズナブルな料金で、期待以上のお宿でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加