ぽごしっぽよ

“ぽごしっぽよ”は韓国語で「会いたい」という意味です。心ときめく人・もの・食べものとの出会いをつらつら書いています

デパ地下ごはん

2011年03月28日 | おうちごはん



スイーツ博の期間中、一度はしようと思っていたデパ地下ごはんを決行。賑わう阪急地下で買ったのは大村寿司と、おいなりさん。

錦糸玉子がたっぷりのった、ちらし寿司のような押し寿司のような。ふんわり甘くておいしかった。 

買ってきたものをそのまま食卓にGOするのもあんまりなので、とろろ昆布と梅干しと生醤油を入れたお椀に熱湯を注いで作る即席澄まし汁をプラスして体裁をととのえる。

食後は、九州のうまいもん大会で買った蒸気屋のかすたどん&かるかん饅頭。 

  

コメント

春野菜たっぷり

2011年03月25日 | ベジキッチン

 

九州スイーツ博覧会の期間中は、7階のイベントホールでお菓子教室が行われている。16区を皮切りに、日替わりでシェフ直々に教えてもらえるなんて~私も受けたい。

金曜日はゴトウ先生のアシストで阪急入り。
ベジキッチンのメニューは春のトマトスープ、アスパラのオープンサンド、あまおうアイスと盛りだくさん。アスパラは先生が西区の農家さんのところへ行って朝採りを調達したもの(アスパラは鮮度が命)。熊本の塩トマトは甘さがぎゅっと濃い。

実習に入る前のお野菜講座で熱く語る先生。お野菜選びのポイントから保存の仕方まで・・料理の前の段階にも学ぶことが多い。

同じ材料でもサンドの仕方に個性が見られて面白い。

 

スイーツ博覧会と同時に開催されている九州のうまいもん大会もいろいろ気になるお店が。長崎四海楼のチャンポンや、五島の練り物、天日干しの鯖や鰆の燻製 etc.. 正直なところ、スイーツよりこちらのほうが楽しい。試食しながら思わずビール~と心で叫ぶ。

先日コメントでオススメいただいた八女の「このみ園」さんも出店されていて、タイムリーな出会いに嬉しくなる。1865年創業の八女最古のお茶問屋さんで、本店にはギャラリーも併設されているそう。

明治時代に政府の奨励で作られた紅茶を復刻したというパッケージも素敵な国産紅茶。オススメどうり、ふんわり柔らかくて夜に飲むのにぴったり。1杯の紅茶で疲れをリセットしてあと4日乗り切ろう!
 
 

コメント (2)

スイーツ博覧会

2011年03月23日 | ベジキッチン



博多阪急8階催事場で、九州スイーツ博覧会がオープン。本日より29日まで!
スイーツなのにベーグル??と、つっこまれそうだけれど、お野菜や果物の自然の甘みを感じてもらいたい。あまおう(苺)や、桜&つぶあん、あまおう&つぶあん、などイベント限定ベーグルも登場。 

 

夕方、ちょこっと売り場に顔を出す。
スイーツは生きるためになくてはならないものではないけれど、疲れた体や心には潤滑油となってくれる。被災された方に届けることができたら・・と、フロアいっぱいにあふれるお菓子をみながら思わずにはいられなかった。 

コメント (2)

作業台

2011年03月15日 | いろいろ

ダイニングテーブルを置いていない我が家。でもたくさんで料理するときは作業スペースが必要なので、工房Zakki NOMONOさんにオーダーで作っていただいた。ボックスに板をのせるスタイルなので、普段は片付けておくことができる。ボックスだけ収納棚として使え、ボックスを横に置けば座卓にもなる。将来的に板に足をつけてテーブルにしてもいい。

コメント

今できること

2011年03月14日 | 韓国料理の会

2年半ぶりに韓国料理の会を再開した。こんなときなので中止しようかとも思ったけれど、ただテレビを見ていても何も生み出さないし、痛みを分かち合い、何が出来るか考える機会になれば・・と予定どおり集まることに。

そっとぼーちぇという名で民家をお借りして月に1度のお料理会をしていたのを、これからは「ぽごしっぽよ」に名を改め我が家で月1~2回程度できればと思っている。

今月は市場で買ってきた漢方を使って代謝アップを図る献立。

 

茹で豚。柔らかく美味しくできました。
 

暖かい食べ物や毛布を被災地に届けることができないもどかしさを覚えつつ・・会費を寄付させていただくことで、今日の会を少しでも意味のあるものに出来たことに感謝です。

コメント (4)

無力・・

2011年03月12日 | いろいろ

刻々と入ってくる情報に胸が痛む・・。一瞬で奪われた多くの命。寒さの中で救助を待つ多くの人々。 同じ日本でも東北は遠い。かけつけて何かできるわけではなく・・一日も速い復旧と、被災者の方々の心の平安を祈るのみです。 

コメント

チプトリ

2011年03月09日 | おうちごはん

 

韓国では引越しをすると、チプトリ(집들이)といういわゆる引越しパーティをする文化がある。親戚や友達だけではなく、会社の上司や同僚など、大勢を招く主婦にとっては頭のいたい行事だとか。そして招かれた側の手土産は、洗剤とトイレットペーパーが定番。泡にかけて繁栄と、ぺーパーのようにくるくる問題が解けるようにという意味があるとか。でも一度にたくさんのトイレットぺーパーをもらってもねぇ・・

我が家のチプトリはこじんまりと。
お土産は洗剤より嬉しいお花と、阪急の鼎泰豊(ディンタイフォン)の肉まんと、果実工房新SUNのフルーツゼリー。嬉しいな♪

  

ジューシーな肉まんも、新鮮なフルーツたっぷりのとろんとろんのゼリーも美味しい♪ こんなチプトリなら毎月してもいいな~ 

コメント

鹿児島弾丸ツアー

2011年03月06日 | 日本の旅

5名で鹿児島日帰りツアーを決行! 生憎の雨も気にならないくらい、楽しい一日だった。

8時に大野城駅を出発し、太宰府ICから鹿児島まで3時間で到着。12日の全線開通までは博多⇔鹿児島中央は3時間40分かかるので、私たちって新幹線より速い! 

出発前から「黒豚、クロブタ~!」と盛り上がっていた(ちなみに私たちはお野菜ベーグル、ベジキッチンのスタッフ(汗) もちろん高速を降りたらランチに直行。数ある黒豚のお店の中から寿庵を選択。さらに、カツかしゃぶしゃぶか迷いに迷い、鹿児島の幸を堪能できる”おごじょ御膳”に落ち着いた。 

黒豚だけでも、味噌漬け、ヒレカツ、生湯葉巻き。さらにキビナゴの刺身、天ぷら。さつま揚げにさつま汁、と鹿児島がてんこ盛り。最後まで「美味しい~」を連呼してた5人。 


昨年のオーガニックフェスタにも出店されていたYANO CAKE TEN MOKUへ。



アメリの世界!

 

お目当てのミントブラウニーズはなかったけれど、ショーケースの中はぐっとくるケーキばかり。

ぜんぶ買いたかったけれど旅はこれからなので、ハミングバードとチョコのチーズケーキにしぼる。素朴だけど洗練されていて、重厚だけどしつこくない。。食べてしまうのが惜しいほど美味しかった。やっぱりもっと買ってくればよかった。

 

お次は1月にオープンしたFUKUREさんのカフェへ。名山町にあった以前の工房も素敵だったけれど、古さを上手に活かし、さりげないところにコダワリが見られるカフェも心地よい空間。ミートボール&玄米のランチやフクレ菓子のお茶セットがいただける。

 

珈琲はnest coffee、紅茶はマリアージュフレールのティーバックというのも嬉しい。日替わりのフクレ菓子。この日はぺシェミニヨン(ラズベリーの甘酸っぱさが濃厚なチョコのアクセントに)&コミカン(世界一小さいという桜島小みかんのグラッセと生姜)。しっとり濃厚だけど、蒸し菓子なので軽い。FUKUREさん、福岡にも出店してくださ~い

 

おまけの一枚

かつて日本一広かったレトロフトのトイレ。
FUKURE Cafe はその敷地の3分の2を改装してできたそう。


そのトイレ、今でも十分に広いし・・
からくり仕掛のような鍵や鏡貼りの壁とか。今のタイトルは「日本一フシギなトイレ」かな。

今も昔もトイレはひとつ。
勇気を出してお立ち台へ。

 

楽しみドコロ満載のフクレカフェを後に買物を続行。dankenのパン、さつま揚げの徳永屋、○八のフクレ菓子、豚味噌、キビナゴの佃煮、鰹のデンブ。みるみるうちに車中は5人の荷物でいっぱい。

あっちゃん号発見。篤姫に眼鏡?
 

ドルフィンポートで最後の買物をして、鹿児島を後にした。雨のおかげで灰や花粉は平気だったけれど、桜島が見えなかったのは残念。

高速のSAでも何か食べてる5人。「サービスエリアで食べるちくわとか小籠包ってなぜか美味しいんよね~♪」

両棒餅(ぢゃんぼもち)はみたらし団子とは違う食感でうまい!
 

事故渋滞で少し遅れたけれど9時過ぎに福岡到着。事故もなく弾丸ツアーを終えることができてよかった。次の弾丸はどこへ~?

コメント (2)

狭くて広い福岡

2011年03月05日 | おうちごはん

 

新宮に住んでいたときは、南方面はとても遠く感じていた。那珂川なんて未開の地! 逆に南や西からは東区や粕屋郡って遠~いイメージなのだろう。

よく「新宮は博多駅からJRで17分よ」と、そんなに田舎じゃないと力説していたような。今は「那珂川は博多駅から新幹線で10分よ」と便利さをアピール!?

今では遠い東区から友が二人遊びにきてくれた。OPERAのケーキをお土産に♪ 里芋のスウプとチキン南蛮でパンランチ。近所の産直のクレソンとトマト(今が美味しい!)にナッツを加えたサラダ。

話は尽きず・・あっという間に夕方に。
「今度は新幹線で来るね」 は~い、プチ旅行気分でいつでも来てね。

コメント

ついに!

2011年03月02日 | パン・おやつ



ひなまつりに開店する博多阪急のプレオープンに突撃!
案内では11時オープンとなっていたけれど、実際は10時オープン。友が待ち合わせ時間を間違えてくれたおかげで、ほとんど並ばずに開店とともに入店できた。メディアのカメラから顔をそらせながら。夕方のニュースに映ったりしたら恥ずかしいし。。

まずは地下に潜入。

九州初!のショップが目白押しの阪急。
さすがに堂島ロール、ガトーフェスタハラダ、クラブハリエにはすぐに長蛇の列。そのうち買えるようになるよね、と行列はスルーして、ROKUMEIKANのゼリーとべノアのスコーン、チーズ売り場で大きなゴーダチーズを購入。試食もあれこれ♪ クリスピーは1時間40分待ち!!アンビリーバボーだわ 

クラブハリエのカフェはまだお客さんがほとんどいなかったので、行列を横目にできたてバームクーヘンを堪能。ふんわり、軽めのバームクーヘンはさることながら、フレンチプレスで淹れた珈琲がとっても美味しい!京都の小川珈琲のバードフレンドリーというブレンドだそう。お土産にバームクーヘンのラスクもいただいた。

とりあえずアミュプラザを含め全フロア偵察終了。次は少し落ち着いたころに・・

コメント