ぽごしっぽよ

“ぽごしっぽよ”は韓国語で「会いたい」という意味です。心ときめく人・もの・食べものとの出会いをつらつら書いています

山椒

2014年05月31日 | いろいろ



三越の八百一で箱買いしていた山椒の実。

買った後に気力体力ともに減退し・・毎日少しずつしか枝とり作業が進まず、一部変色してしまった(涙) 

下茹でして半分は冷凍庫へ。

残りはちりめん山椒と、昆布の佃煮へ。 

やはり旬の山椒の実で作ると美味しい~~ 
見るとまた箱買いしてしまいそう・・。



らっきょうも漬けたいし、梅酵素ジュースも待っている人(←えしぇ蔵)がいるけれど、下処理を考えると購入に踏み切れない今日この頃。

病院で血液検査をしたら、アレルギー体質を示す数値が高いとのこと。数値で示してもらわなくても、自分でアレルギー体質ということは自覚できるんだけど・・これだけ毎日、風邪でもないのに鼻水が出るんだから・・。 血液検査では更年期の症状はまだ出ていない、とのことでその面では一安心。アレルギー症状緩和と体力増強のために(+お肌のために)、隔週でプラセンタ注射をすることにした。 

えしぇ蔵のように、打ったその日から、「うぉ~~っと元気になる」ような感じはなかったけれど、2回目で少し肌に潤いが出たかな・・という気がする。夏を乗り切る体力をつけなくちゃ。 

コメント

簡単チャプチェとチゲ

2014年05月30日 | 韓国料理の会



今月の韓国料理の会は、簡単にできるチャプチェとチゲをご紹介。 
主婦にとって”手軽にできる”レシピは嬉しいもの。
といっても、せっかく時間をかけて習いにきてくれているメンバーさんたちには、きちんとした韓国料理を伝えるべきではないか、という迷いもあり。。 

本来は宮廷料理で手間のかかるチャプチェは何度か作り、「チャプチェは炒めるのではなく、具を別々に作って最後に手で合える」ということを分かっているメンバーさんなので、今回はお手軽を教えてもいいかな~と。

汁もののほうも、アサリの出汁を使う正統派のトゥブチゲを習った上での、ツナを使う簡単チゲなのでいいかな~と。

完璧に最近の私の手抜き志向を反映した今月のぽごしっぽよ。

でも、お手軽でも素材はちゃんと準備します。

海鮮がたっぷり入った、チャプチェは簡単なのに美味しい、ご飯のおかずにいい!と大好評。 
韓国の家庭でもよく作られるツナとキムチのチゲも、簡単なのにツナからけっこういい出汁が出る。
ズッキーニのチヂミは粉はあまり使わず、野菜をつなぐ役目をする程度。
タレをつけないで、野菜の甘みを感じながら食べて欲しい一品。



デザートにファジョン(花煎)をみんなで作ったのだけれど・・・
これが私が焼き方を確立できていなかったので、メンバーさんにもうまく教えてあげられず、手にくっつくは、丸くならないは、焼けた後も横のとくっつくわ・・で、大変だった・・。ごめんなさい!

食用花(チンダルレ=韓国ツツジなど)をのせると、それはそれは美しいファジョンが出来る、ということを写真だけお見せして、韓国のお菓子文化の一つとしてご紹介。 たぶん、みなさん家では作らないだろうなぁ~(汗)。Nちゃんなんて、フライパンで火傷しちゃったし。ミアネよ~。 

コメント

スパイシー!

2014年05月28日 | そとごはん



同僚のSさんも私もツナパハのファンで、ときどき禁断症状を起こして食べに行く。
ずっとヌードルカレー派だったけれど、Sさんオススメのドライカレーを試してみてから、私もドライカレー派に転向。
最近、ヌードルカレーの通常の辛さが胃にこたえるようになってきたこともあり、ドライカレーの辛さがちょうどいい。
ちなみにドライといっても、具がたくさん入ったフライドライスに別添えのカレーソースをかけて食べるのがツナパハのドライカレー。 

暑さとともに、スパイシーなものがいっそう食べたくなる。
大丸の近くに美味しいカレー屋さんがあると聞いて、同期3人でランチへ。

私一人だったら見落としていたであろう、路地裏の片隅に・・噂のTikiはあった。

古民家を利用したお店は、1階はカウンター、2階はユーズドの家具を寄せ集めた、テーブル席が5~6席あったかな。

まずは定番のスパイシーチキンを。
Yさんは、基本のスパイシーチキンよりスパイスが多め入り、”よりインドに近づいた味”というスパイシーMAXにトライ。

クミンやブラックペパーがホールでごろごろ入っていて、辛さより奥深いスパイスの香りに、これはハマル!!
タイ米がまたカレーによく合う。

ツナパハとはタイプは違うけれど、Tikiも中毒性あり。

仕事まで時間があったので、オーバカナルでお茶。
テラス席で、パサージュ広場を通り抜ける風が心地よかった~。

最後までラテアートの絵が残ったので、「飲み方が上手ね」と感心されたけど、ラテアートって、普通に飲んでも最後まで絵が残る
んじゃなかったかな!?

心地よすぎて、まだ大丈夫、あと5分・・・と粘って、ギリギリに職場へ。 

コメント

cocoさんと

2014年05月27日 | そとごはん



前の職場の同僚だったcocoさんとランチデート。
ふたりともチャリ族なので、晴れていれば職場から少し離れた店でもOK♪ 
今日は、前にcocoさんがブログで紹介していて、麺が美味しそうだった舞鶴麺飯店へ。 

お店は清潔で都会的な雰囲気・・でも、お値段は中華食堂レベルというのが嬉しい。
行く前は坦々麺を食べる気満々だったけれど、定食メニューも豊富で迷った挙げく、レバニラ炒めに。
cocoさんも同じく。 

ニラもレバーもたっぷり。
ニラの臭みもほとんどなく、見た目ほど油っぽくなくて、最後まで美味しくいただけた。
自家製のザー菜もとっても美味しかった。
ただひとつ残念だったのは、スウプが塩辛かったこと。



仕事のことや、ピアノのこと..etc 箸を動かしつつ、怒涛のごとくおしゃべりして、またね~。
オシャレなブランドサングラスをかけて、またチャリをこいでcocoさんは会社へ帰っていきました。

また今度、ゆっくりね。

コメント (2)

99.5回

2014年05月26日 | えしぇ蔵クッキング



前回のさくら飯が美味しかったので、「今度は3合炊いて」とリクエスト。
ついでに「人参が入っていると嬉しいな」 

炊き込みご飯の人参が角切りなのは初めて見た(笑)

おこげの加減が絶妙~~。
さくら飯なら、お味噌汁くらいでおかずは要らなかったのに、茄子の炒め物と卵とトマトのスウプつき。
しろご飯でよかったのにー。



この回がブログの「えしぇ蔵クッキング」カテゴリの99回目となる。 
本当はもっとたくさん作ってくれているので、あくまでも投稿回数ということ・・
でも次回は100回目だからと、なんだか今からメニューの構想を練っている様子。 

だから、さくら飯の後に作ってくれたこのオムライスは1回にカウントしないんだって(笑) 

ということで、99.5回目。



なんだかケチャップが投げやりな感じなのは、字を書こうとしたけれどケチャップの口が大きくて、大量のケチャップがけになってしまいそうで、やめたらしい。ぷぷっ

コメント

21st

2014年05月25日 | そとごはん



22日が結婚記念日のカップルは多いのかも。
22=ふぅふぅ=夫婦の日だから!?

我家の場合は、二人で役所に行ける週末がたまたま22日だったようで、意図して入籍したわけではなかったので、記念日を忘れてしまうという事態に・・。 去年ようやく戸籍を調べて20年目にして始めて記念日を祝った次第。 

ともあれ今年も二人そろって健康で21周年を祝えることに感謝して、太宰府のエッサンスでお祝い。 
乾杯したかったので電車で太宰府へ。いつも車なので、なんだか新鮮。

最初の一皿、赤ピーマンのムースの美味しさに感動!
やっぱりこちらは野菜の美味しさが際立ってる。

前菜のサーモンは、40度のミルクでじっくり煮込まれていて、火が通ってパサつくことなく、でも中までしっかり味がしみている。



カプチーノ仕立てのスウプ。
前に来たときも感動したこの一皿。
泡、スウプ、ムースの部分、それぞれに食材の味がする。



自家製のパンも美味しく、会話も弾み。。のはずが、このあたりから私の具合が急激に悪くなってしまった。
5月に出始めたアレルギー症状で体調が悪かったところにアルコールが入ったためと思われる。

メインのお魚はほとんどえしぇ蔵の胃袋へ。 
ステーキを選んだえしぇ蔵は、肉と魚のフルコース!

魚のソースはブイヤベース仕立てになっていて・・それはそれは美味しかったのに~~
今、写真を前に改めて無念さがこみ上げる。



それでもデザートは意地でも食べるのだ。 

4種のデザートから選ぶのが悩ましい。
私はマンゴーづくしの一皿、えしぇ蔵はブリュレとキャラメルアイス、フルーツサラダのセット。 

ブラッドオレンジのシャーベットですっきり。



何をするにも健康であってこそだな。。と改めて思った記念日ランチ。 

アレルギーは病気ではないし、アレルゲンが分かったところでどうしようもないし・・と放置していたけれど、今年はあまりにもきついので、近々アレルギー科を受診することに決めた。 ついでにプラセンタも打ってもらって、元気を回復しなくちゃ。
このままでは、体脂肪がどんどん落ちて若返りを見せつつあるえしぇ蔵に体内年齢で追いつかれてしまう! 

死ぬまで、よきパートナー、よき友として支えあいつつ、よきライバルとして刺激を受け合う関係でいたい、そう思った21回目の記念日。

コメント

なすとアボカドのパスタ

2014年05月22日 | えしぇ蔵クッキング



前回、かちんこちんで廃棄処分となったアボカドのリベンジ!? 

じっくり火を通して、柔らかく甘みのでた茄子のグリルに完熟アボカドが合う! 
トマトパスタに入れるより、シンプルなパスタに入れて正解。

さらにもう1品
アボカド+チーズのトースト

食べる前から美味しいって分かる~! 

見事にアボカドを使いこなした献立でした。

コメント

モンゴルの鍋

2014年05月21日 | そとごはん



通るたびに気になっていたこの看板。
モンゴル・・といえば羊!くらいしかイメージがわかない・・
薬膳鍋ってどんなの!?

というわけで、学校の昼休みにランチ。

定食などもあったけれど、やっぱり鍋でしょ。
お一人様からOKということで、辛いスウプに豚ロースをチョイス。



昼からひとり鍋~♪

二人以上で別のスウプを頼むと、火鍋のように仕切りのある鍋でサーブされるみたい。

じわじわっ~と辛さが後からくる。
漢方臭のようなものはほとんど感じられない。
ナツメやクコがぷかぷか浮いていて、身体によさそう♪

10種類以上の自家製の調味料がワゴンに並んでいて、好みのタレを作ることができる。
お店の方のオススメの、ニラ、キノコ、練りゴマの3種類のソースを混ぜたら本当に美味しかった。

肉や麺は追加OK 

せっかくモンゴルなので、ラムにすればよかったな・・。次回はそうしよう。

コメント

ハスカップジュエリー

2014年05月19日 | パン・おやつ



大丸の催事で買いそびれた、もりもとのハスカップジュエリーを岩田屋の北海道展でゲット! 

ハスカップのジャムと生クリームをクッキーでサンドし、縁がチョコでコーティングされている。
ベリーの酸味とチョコとクッキーの甘さの調和が見事! 

いっそう酸味のパンチがきいたブラックのほうが好みだった。



また食べたいなぁ・・。
といっても、デパ地下などでいつでも買えるようになると、ありがたみが薄れるので、年に数回の催事で出会うくらいがちょうどいい。

北海道は大学の頃に行ったきり。
パウダースノーでスキーをしたり、車で北海道を半周して、どこかの岬で”とど”の焼肉を食べたり(←とどを食べた証明書をもらった)、小樽の雲丹丼、羊蹄山、霧で何も見えなかった摩周湖、函館の夜景も忘れられない思い出。

でも九州にいると北海道は遠いなぁ。 他のアジアの国のほうが気軽に行ける。 



甘いもの続きで、最近食べたセブンのアイス。
冬の間は、セブンのアイスのラインナップに不満だったけれど、いつのまにかいろいろ出てる!
ロイズの抹茶バーにテンションアップ。

でも、中のチョコはいらないなぁ。甘すぎた。

  

コメント

ベランダで

2014年05月18日 | おうちごはん



IKEAでガーデンテーブルとベンチ(ガーデニンググッズ収納兼)を購入したので、「今度の日曜日はベランダでモーニング」と決めていた。 

そうとなったら、やっぱりパンケーキでしょ♪

お店のように綺麗に焼けないけれど、気分はリゾートの朝ごはん。

リビングのテーブルと5歩くらいしか違わない場所なのに、やっぱり外の空気というだけで、気持ちがいい。
眺めはそれほどいいわけではないけれど(5階だし)、マンションの前の道はほとんど車が通らず、静かで埃が少ないところが気に入っている。 以前、百道のマンションを見学に行ったとき、眼下に広がる海に感動したけれど、ベランダが狭い(タワー型なので)のと、あまりの高所に足がすくんで、ベランダでくつろぐどころではなかった。海風も強いし・・。 なので、我家はシーサード嗜好ではなく、山派。といっても田舎ではなく、街に近くて緑が溢れるところ・・・といえば、大濠公園借景(←まだ夢みてる(笑) 

調子にのって、ランチもベランダで。

てきと~に作ったトマトパスタも、カフェのテラスで食べているみたいで、気分いい。



と、せっかくリゾート気分を満喫しているところに、ショッキングな事件が!

えしぇ蔵がランパンにティシュを入れたまま(しかもほとんど未使用の1パック)洗濯してしまい、洗濯物が悲惨なことに・・・

汗臭いランパンのポケットまでチェックしませんから・・自己責任でお願いします。

ということで、リゾートは一転して紙ふぶきの場と化した。
いやはや大変だった・・・



でも気を取り直して3時のお茶もベランダで。
今はまだ小さい、トネリコやユーカリ、オリーブが大きくなったら、もっとグリーングリーンな空間になるだろうなぁ~。

えしぇ蔵が夕涼みにベランダに出るときの台詞は・・

「ちょっと別荘に行ってくる」 

庶民のささやかな妄想。。ぷぷっ

コメント