ぽごしっぽよ

“ぽごしっぽよ”は韓国語で「会いたい」という意味です。心ときめく人・もの・食べものとの出会いをつらつら書いています

こだわりのミートソース

2018年01月31日 | えしぇ蔵クッキング



今年の寒さは骨身にこたえる。 
そんな時、毎日お世話になっているのが、貼るカイロ。
貼るたびに、つくづく日本人ってすごいなーと思う。
しっかり10時間温かいんだから! 

カイロの話ではなくて・・、今週も水曜日はえしぇぞうパスタの日。

今回は仕込みを前日から始めた、本格派のボロネーゼ。
ひき肉はほぐさないで炒めるのがポイントらしい。 
パラパラにならないためふっくら仕上がっているお肉が美味しい! 

写真でもわかるとおり、にんじんが大きすぎない??
実は、料理の前に包丁を研ぐのがえしぇ蔵シェフのこだわりで(というか、私が一切研がないから)、この日も三面砥石で完璧に包丁を研いで料理に臨んだところ、ついいつもの切れない包丁の感覚でにんじんを切ってしまい、ざくっと指を・・あいたたた。「一瞬おとしまえをつけてしまったかと思った」というほど、さくっといったらしく。そいうわけで、みじん切りにするはずの人参は、このサイズにするのがやっとだったらしい。

涙なしには食べられないボロネーゼ(←嘘)  

コメント

三大ヌガー

2018年01月27日 | そとごはん



「お茶とヌガーを買いに」台湾に行ってきた友人からのお土産。 
台湾にはヌガーの名店が多くあるそうで、友人曰く、これが三大ヌガー。 

上から、ロイヤル日航、オークラプレステージ台北、糖村のもの。 
食感や味にそれぞれ特徴があるけれど、どれも美味しい! 
ハイチューのような歯にひっつく甘ったるいキャラメルの固いもの・・という私のヌガーに対するイメージを払拭する台湾ヌガー。まず抹茶や苺など素材の味が濃く、食感はチューイーというよりさくっとしていて、甘ったるくない。これは、はまっちゃうのも分かる。



台中の宮原眼科(眼科といってもお菓子屋さん)のスイーツはなんといってもパッケージから素敵。

この日はシロウズ珈琲でランチをしながら冬休みの話などいろいろ。 
アボカドと生ハムがトッピングされたパンケーキ。野菜がたっぷりなのも嬉しい。



友人のクロックムッシュもとっても美味ししそう。



珈琲も美味しく、朝から夜まで使えるカフェ♪ 

しばらくお茶タイムはヌガーの食べ比べ♪ 

コメント

本場のシュトレン

2018年01月26日 | パン・おやつ






12月ではなくても食べたっていいんじゃない? 

ケーキやタルトの気分ではなく、アイスも寒いし・・
フェルマータさんにて、思わず目と口が細くなってしまほど酸っぱいホットレモンを飲みながら、何かちょっと食べたいな・・と、ボードの下に「ドイツのシュトレン」を見つけて、迷わずオーダー。

しっとりとして、どちらかというとケーキのようなタイプではなく、イースト発酵を感じさせる、ややぱさっとした甘さ控えめの生地が好み~♪ そう、シュトレンはドイツ発祥のパン菓子なのだ。

コメント

釜揚げしらす

2018年01月24日 | えしぇ蔵クッキング



見た目は微妙~だけれど、こういうパスタが一番好きかも♪ 
釜揚げしらすのぺペロンチーノ! おいしゅうございました。

コメント

滑走路?

2018年01月21日 | そとごはん



帰路も晴天にめぐまれ無事に福岡に到着。
ちょうどお昼時でランチに向かったのは・・空港ビルの3F

ラーメン滑走路。
白線とランプが雰囲気出してる! 

日本各地のラーメン店10店舗が滑走路上にずらり。
北海道に関西に東京・・迷った末に東北以外で初出店という山形の満月へ。
自家製の極薄ワンタンが売りの地元では老舗の名店らしい。 

太めの縮れ麺に、煮干し出汁のすっきりスウプが美味しい。 
しかしワンタンは・・薄すぎて、印象も薄かった。 



滑走路の先にはこれまた九州初出店の茶寮伊藤園。
ラーメンを食べた後に食べたくなる気持ちをがっつりつかんでる。

さすがお茶屋さんの抹茶&ほうじ茶ソフト。 
甘さがかなり控えめでスイーツとしては物足りないかも。でも食べ終わった後はお茶を飲んだように、ラーメンによる胃のもたれを解消してくれる。



えしぇ蔵へのお土産は今回もホッカ(北陸製菓)のスナック。 
これ、地味に美味しいのだ。 

そして母からのお土産、イクラの醤油漬けで夜はどんぶり。

コメント

ハグミトンワークス

2018年01月20日 | 日本の旅



「金沢、パン」で検索して気になったベーグル専門店へ母とお出かけ。 
着いたころは品薄だったけれど、1時間ごとに焼きあがるので売り切れの心配はなさそう。

穴がなくなるほどぷっくりボリューミィな外観。 
天然酵母で一晩低温発酵させた生地はむっちり、好みの食感。
そして噛みしめるほどに甘味が感じらる味わいのよさ。類は多くはないけれど石川産の材料にこだわったラインアップは魅力的!
本日は・・ 能登塩を使った”キャラメルナッツノトソルト”、抹茶・有機きなこ・黒豆、珍しいところではコーテジパイなんていうものも。



ベーグルサンドのランチプレート♪
私ははABC(アボカド+ベーコン+チーズ)
母はサーモンとクリームチーズ。

プレートにはキッシュ(この日は五郎島金時芋入り)とサラダ、そしてドリンクがセットになっている。ABCには自家製のドライトマトペーストが添えられていて、これがアボカドに合うのはもちろん、そのまま食べてもめちゃウマ。

ベーグルだけでかなりの厚みなので、サンドの食べにくさは想像どおり。
汁がたれないように、添えられたサンドイッチバックに入れて、大口あけてかぶりつく。

美味しすぎる~~ 



肉厚のスモークサーモンにクリームチーズもたっぷり。
美味しくないわけがない~。

最近の野菜不足の中、たっぷりのサラダも嬉しい限り。
珈琲もとても美味しくて、大満足のランチ。福岡にあったら週1通うなぁ・・・



しいのき迎賓館の駐車場に車を停めて、せせらぎ通りを散歩。 
晴れたり曇ったりの天気で、途中から小雪が! 
最後はショールを頭にかぶって駐車場に駆け足となった。 

コメント

金沢でタイ料理

2018年01月19日 | 日本の旅



前回帰省したときから気になっていた、実家の近くのタイ料理屋。
評判はいいものの、派手派手ピンクの外観で美味しいのかな~?と半信半疑。 
でもバンコクで一番のカオマンガイと言われるガイトーンも、テーマカラーは”ピンク”。ヒンドゥー教の神様、ガネーシャもピンクの像。タイではピンクは縁起のいい色なのだそう。

ちなみにタイでは生まれた曜日によって、その人の色が決まるそうで火曜日はピンク。一昨年亡くなられたプミポン国王のカラーは黄色だったので、喪中は街中に黄色があふれていた。

話を元に戻して、金沢で美味しいと噂のジャークジャイ・タイフードセンターへ。長年東京でタイ料理を経営されていた方が金沢へUターンしてオープンされたとか。

扉をあけると、そこはタイ! 



まずはタイ料理で一番好きかもしれない、青いパパイヤのサラダ、ソムタム。
両親のためにすべて「辛さはマイルド」でオーダー。
それでも後からじわじわくる辛さがたまらない。 



素焼きの壺に入ったトムヤムクン(スウプは赤くないクリアタイプ)と、これも外せないパッタイも頼んだのだけれど写真紛失。

美味しいと噂のガパオライス。 
ほのかに香るタイ米が絶妙な炊き加減。 
今まであまり好きではなかったガパオライスのイメージが一新。これは美味しい! 



カレー系も食べてみたかったけれど、このあたりで3人とも満腹になりご馳走様。
母はタイ旅行の想い出が蘇り、タイ料理初の父も口にあったようでよかった。 

コメント

再び

2018年01月18日 | 日本の旅



そして迎えた1週間後。
先週の悪天候が嘘のように北陸地方も晴れが続いている。

混んでいるフードコートは避けて、改札の中のドトールでさっとランチを済ませる。



定刻に小松空港に到着し、リムジンバスで金沢駅へ。
すべてスムーズ♪ 
早めに着いたので駅前のショッピング施設フォーラスのBIGOでパンを買ったりしながら、母を待つ。 
BIGOのパン、好きなんだけれど、日本に3店舗しかないのが残念・・
 


名残りの雪。 

コメント

究極の

2018年01月14日 | パン・おやつ



チキン南蛮を食べた後、1時間弱ウォーキングしてお腹の隙間をあけてから向ったのは・・ 
Itsumo Itsumo 

いつもお惣菜やパン、スイーツを買うために立ち寄るけれど、今日はカフェが目的。 
このホットケーキを食べるために! 

銅のプレートとセルクルで20分以上かけてじっくり焼かれるホットケーキ。 
パンケーキブームの昨今でも、あまり見られないタイプでは・・ 



生地を流しいれた後は蓋をして片側10分。



時間がかかることは分かっていたので本を持参して、座り心地のよいソファに腰を沈める。 

店内にいい香りが漂い始め・・

う~~ん素晴らしい焼き色! 
目の前でティーキャラメルシロップをかけてもらい、さっそくナイフ投入。 

この厚み! 
むっちり目のつまったホットケーキ。ふわふわのパンケーキとは別物。 
えしぇ蔵とシェアしたけれど、これなら1人でも食べられるかも。 



添えられた粗塩をシロップと合わせると塩キャラメル風味になり、さらにさっぱりといただける。 

ここはムレスナティーをいただけるカフェ。
ホットケーキには、ティーフリーというシステムで何種類ものフレーバーティーを「ストップ」をかけるまでお試しできる紅茶がセットになっている。お試しの量というより、カップに並々注いでくださるので、3杯でもうお腹ちゃぷちゃぷ。でもムレスナティーはカフェインの量が少なく、天然由来のフレーバーなので、何杯も飲んでも胃がもたれない。

自分へのご褒美にまた食べたいな。。究極のホットケーキ。

コメント

日曜日のランチ

2018年01月13日 | そとごはん



結局、帰省を1週間延期。
楽しみにしていた料理教室+ビーガンスイーツ教室x2をキャンセルするのは心苦しく、学校のオープンカレッジもあったのだけれど、翌々週も寒波到来の予報だったので。

ということで、ぽっかり空いてしまった今週末。 
福岡も寒かったけれど市内は雪は積もっていないので行動には支障はない。 

日曜日になるとすっかり寒さも緩んだ。 

マキイに買い物に出かけ、向いのワタナベナンバンでランチ。 
宮崎名物チキン南蛮をサンドで♪ 揚げたてのササミフライも美味しかったけれど、ここはやっぱりチキン南蛮かな。 

タルタルの種類も豊富! 
持ち帰り用の南蛮もあり。

コメント