ぽごしっぽよ

“ぽごしっぽよ”は韓国語で「会いたい」という意味です。心ときめく人・もの・食べものとの出会いをつらつら書いています

大晦日

2013年12月31日 | おうちごはん

最低限のお節作りでも、1日でしようと思うと大仕事。
そこで今年は3日に分けて少しずつ作ったので、苦にならずに丁寧にできた。

29日 田作り、黒豆
30日 なます、菊花蕪、栗きんとん
31日 筑前煮、数の子 

↑ 車海老とか八幡巻き、鰆の西京漬、昆布巻きなどが入らないのが我家の御節。
肉・魚は別に食べればいいかなぁ~と。 

年末に韓国料理の会のメンバーさんから贈り物が届いた。 
一度使ってみたかった茅の舎だし。小袋なので出汁がないときに、お味噌汁が食べたい!というときに便利。。でもCMのように、「まずは大根」を煮てみようか。
えしぇ蔵はめんたいに大喜び。あまり買ってあげないからね・・
みんなの気持ちが詰まった素敵な贈り物。
御礼を言うのは私のほうなのに・・いつも、いつもありがとう。
来年もお野菜たっぷりの韓国料理を、みんなで一緒にわーわー言いながら作って食べれたら幸せ。



大晦日の夜は鰤のアラとごぼうの煮付け。
ストウブで煮たので短時間で味がしみ激うま。



シメはお蕎麦をたっぷりと。



ふりかえると、たいへんよく食べ、よく遊び、まぁまぁ学び、そこそこ働いた一年だったかな。何より家族全員が健康でまた新年を迎えられることがありがたい。

まだまだ人生の折り返し地点と思って、ずーっと先までやりたいことを思いめぐらしつつ、明日命が尽きても悔いのないように、1日1日を大切に過ごしたい。それが来年の抱負。

コメント

仕事おさめ

2013年12月30日 | えしぇ蔵クッキング



派遣社員は年末年始は比較的自由に休みをとっていい雰囲気だったけれど、27日から休むと10連休になり、社会復帰が危ぶまれるので、30日と3日は出勤に〇。 

9連休のえしぇ蔵は、さっさと年賀状を投函し、まめに家の掃除を進めている。 
なので私はキッチンと玄関の掃除だけ担当して、あとはお任せ~。
ついでに30日のご飯もお願いしま~す。

対馬から鰤が届いたので、お正月を待たずに美味しいものは美味しいうちに!
刺身でたらふくいただいて(一切れが超分厚い^_^;)、あとはえしぇ蔵の得意料理のひとつ、豆腐ステーキと大根のお味噌汁。 表面がさくっとして、ブラックペッパーがきいた豆腐が美味しい! 

お茶タイムは、玉の湯のかりんとうと市田柿。 

コメント

レキップ

2013年12月29日 | そとごはん



美味しいという噂を聞くと、どうしても新しいお店を試したくなる。
そんな私たちが”常連”とまでは、おこがましくて自称もできないけれど、リピートしているのが、高宮の”ごえん”と、薬院のレキップ。 

「今年のシメに思い切りワインが飲みたい」と、えしぇ蔵のリクエストで、滑り込み予約。

厨房では二人の料理人が声を掛け合いながら、無駄のない動きで次々に料理を仕上げていく。 店内は満席なので、それこそ一息つくヒマもない。 オープンキッチンのカウンターに座ると、調理の工程も楽しめるからいい。 カウンターの隣の席では、初デートと思わしきカップルが甘い会話(?)を交わしているのに、私たちときたら、「バターの量がすごい」だの、「あの火力だからできるんだよね」とか、「同時に3、4品の料理をよくできるよね」とか、色気のない会話(笑)

二人で来たら前菜は3種盛りがいい。
(そうでないと、メインが食べられなくなる~)

とろけるようなフォアグラのムースに、香ばしい鱈とジャガイモのブランダード、イタリアのハム。 我ながらナイスセレクト・・って、どの前菜をチョイスしてもハズレなしなのだけど。

メインの肉の前にもう一品・・ということで、サーモンのマリネを。
肉厚のサーモンがこれまたウマイ! とにかくポーションが多めなので、3~4人でいろいろ食べたいところ。



メインは黒板に書かれた本日のオススメから、エゾ鹿のグリル ワインソース&サツマイモペースト添え。 とにかく赤身のお肉をがっつり食べたくて。

カウンターから、「あれが、うちらの鹿かなぁ~~」なんてワクワク眺めてた。



そしてやってきました!
いや~、柔らかくてジューシー。
臭みもまったくなくて、噛みしめるごとに旨みがじんわり。


しかし、このアップの写真は少々グロイ!? 
Facebookに「エゾ鹿を喰らう!」とアップしたら、ちょっとひかれてしまった。



いや~美味しかったね、と歩きながら帰れるのも嬉しいところ。
途中でabekiでお茶。

こちらも満席。

濃厚チーズケーキをシェアして、「やっぱり淹れてもらった珈琲は美味しいね」としみじみ。

オーナーさんの後ろ姿がいつ見ても「薬剤師」or「理科の実験室」を思わせる。
職人だなぁ。 

コメント

山荘の朝

2013年12月28日 | 2013 台北



散歩の後の朝風呂。
冷えた体に最高~~

朝食はほうれん草と豆乳のスウプからスタート。

ふんわり、じゅわっのだし巻き卵、美味しい~。



蒸し器つきの土鍋、いいなぁ。
玉ねぎエキス入りの甘酢が野菜の美味しさをひきたてる。



ラウンジの調度もシックで素敵。
背丈より大きな真空管のスピーカーから流れるクラシックにしばしうっとり。 



あとりえとき&玉の湯のショップだけ寄って、一路福岡へ。 
太宰府でピザを食べて帰宅。

おうちで珈琲&友永のあんパンでまったり。



もうこのまま正月に突入~、といきたいところだが、大掃除とお節作りがまっている。

コメント

山荘わらび野

2013年12月27日 | 日本の旅



由布岳は雪化粧。 
地上もかなり寒く、まさに温泉日和♪

今年のえしぇ蔵セレクトは、湯布院ICからほど近い山荘わらび野。
賑やかなメインストリートからはほどよく離れていて、周囲に店などまったくないところがいい。 

全室離れ、内風呂つき。
適度な部屋のしつらえが心地いい。



とにかく周囲に何もないからのんびりお宿を満喫。 
まずは露天風呂!
汚い足で失礼~



部屋の大きなこたつでゴロゴロ。
やっぱり家にこたつがなくてよかった・・と実感。なーんにもしたくなくなるし、着替えから何もかもコタツの中でやってしまいそう。

7時にお部屋で夕餉がスタート。
柚子の食前酒が食欲をそそる。

帆立のテリーヌと、師走の盛り合わせ。



竹筒の中に旬のお造り。 
シマアジの美味しいこと!
蓮根餅入りのお吸い物。



鰆の香焼き、ふろふき大根・・熱燗がすすむ・・。





豊後牛のステーキ



自家製米と赤だしのお味噌汁、香の物でおわり。
器も素敵だったし、料理も量もバランスがすばらしい。

デザートのチョコアイス大福を激写中のえしぇ蔵。
今年もナイスな温泉セレクト、ありがとう。 



コメント

同期ランチ

2013年12月26日 | そとごはん



仕事納めの前に・・ということで、同期でランチ。

天神界隈で美味しいお店というと、ありそうで・・実はあまり情報がない。
そんな中で、小籠包と刀削麺が美味しい、上海モンナリーサをセレクト。

ランチはかなりお得~♪
刀削麺は麺がもっちもちでスウプがよくからんで美味しかった。 
でも白ご飯は、いらないし。おかわりOKって、どんだけ(笑)

 

焼き小籠包は上海を思い出す。



場所を移してキルフェボン♪ 実はメインはこっちだったりして。

同期のSちゃんは数日前から「どうしても苺のタルトが食べたい」と言っていたので、迷わず季節限定の紅ほっぺのタルト。



1ピース1575円なんて、誰が食べるの??と思っていたら、Kさんが迷わずオーダー。
いや~、セレブだ。 

でも白い苺って美味しそうに思えないのは私だけ!?



紅ほっぺのほうが粒が大きいし、生クリームももりもりでお得感あるけどなぁ。



生クリームが苦手になってきた私はリンゴのシブースト。
しかし・・でかい。



もはやカフェの伝票とは思えないね。 



すっごく楽しいランチだっただけに・・・オフィスに向かう5人の足取りは重く・・(笑) 

コメント

イブ

2013年12月24日 | いろいろ



クリスマスはイブも当日も仕事。 
なので、8時から始まる大名クロスガーデンのキャンドルサービスに仕事帰りに参加。

天神にプロテスタントの教会があってありがたい。 

毎年この季節には、同じ聖書の箇所を読み、クリスマスのメッセージを聴くけれど、イエス様の誕生は決して古くならないストーリー。 

今年もハレルヤコーラスを歌えてよかった。 

コメント

クリスマスコラボ。デザート

2013年12月24日 | おうちごはん



デザートはscopeのレシピから、フォンダンショコラ。

北欧雑貨を扱うscopeのサイトは、読みものとしても上質。
レシピに添えられたコラムも楽しく、料理が映える器とテーブルコーデがとっても素敵。

チョコムースを作っておけば、フォンダンショコラ→ガトーショコラと展開できるというのも気に入った。 2カップだけフォンダンショコラにして、残りは15cm型でガトーショコラに。 

スフレみたいにふくれたけれど、中がとろとろでもう少し焼けばよかったかも。
でもビタースイートで、えしぇ蔵にも好評。 

ツリーの下のプレゼントも前倒しで今夜オープン。

ふたつのボックスの中身は・・ 

atelier junkoのカップ&ソーサーとカッティングボード。

どちらも大好きな薬院の輸入雑貨店(et saeki)で買ってくれた模様。 
カップもボードもお店で素敵だな・・と思っていて、自分でクリスマスに買おうかと思っていたものだったので、ビックリ! えしぇ蔵は一度だけお店に一緒に行ったことがあったけれど、欲しいものは伝えていなかったし、まさか一人で行くとは思わなかったー。 

カップはリモージュの新鋭ブランドJaune de chromeのもので、マットな質感でオトナのピンクがたまらなく素敵。写真では分かりにくいけれど、ソーサーはクラックといって貫入(ヒビ)仕上げになっているのも雰囲気がある。

他に白、水色、ブラウンがあって、どの色もものすごく素敵なので、ひとつずつそろえたい。 



カッティングボードはピューター(錫)の持ち手がついている。
アメリカのデザイナー Mickel Michaudのテーブルアクセサリー。 

 

毎日、使って、眺めていたい。
ありがとう! my サンタさん。 

ちなみに、えしぇ蔵へのプレゼントはジョギング用のウェア3点セット。
現実的ですみません・・。
昔は欲しいものはCDだけだったけれど、最近はトレーニンググッズはいくつあってもいいそうで・・。

コメント

クリスマスコラボ

2013年12月23日 | おうちごはん



恒例のクリスマスのコラボディナーは連休最終日に前倒しして開催。 
えしぇ蔵が「ステーキとガーリックトーストを作る」らしいので、私は「前菜と魚とデザート」

”こんなときでもないと買えないから”(笑)、お肉は鮫島精肉店へ。 
ショーケースに巨大なルビーのように輝くいろいろな部位の塊。
好きなところを必要なだけカットしてもらう。これぞ正しい牛肉の買い方だなぁ・・。 
赤身がいいので、腿肉で筋の少ない部位を厚さ1㎝でカットしてもらう。



前菜はサーモンのタルタルとレンコンのマリネ。 
魚は鰆の蒸し焼き、きのこ&トマトソース。

どちらも簡単メニュー。



ステーキに期待してま~す。

いちおうフルコースなので、1品出したら担当者が席をたってサーブ。

クリスマスディナーといっても家だとこんな恰好(汗)



めっちゃ美味しいレアだったけれど・・焼けた肉の写真がない(>_<) 
若いころはあまり肉が好きではなかったけれど、40歳後半からはいいお肉を時々食べて枯れないようにしようと思う。 

ガーリックトーストもお店のみたい・・いえ、お店のよりおいしい!とお世辞抜きで。 



8種類がワンカットずつ入ったオーグルマンのチーズセット。
赤のランブルスコもクリスマス気分を盛り上げてくれた。 



そして、ワインを飲んだら速攻おねむの私は夢の中へ・・
目覚めると片付けは終わっていて、デザートタイム。 

つづく

コメント

ツリーの下

2013年12月22日 | いろいろ



早くプレゼント開けたいなぁ・・・

実家から荷物が届いて、父の木のおもちゃの新作が入っていた。 
幼稚園、保育園で人気だそうで、もう2000個以上作ったらしい。 70歳を過ぎてから、「忙しい」と言えるのはある意味幸せなことだと思う。それが社会貢献になることで、かつ少しの収入にもつながる仕事ならなおさら。 まだまだ先のこと・・なるようになるでしょ、と自分の老後のことはあまり考えないけれど、今のうちにビジョンを持って、準備ができたらいいなと思う。 

マトリョーシカ風のサンタさんもかわいい♪ 

コメント