えしぇ蔵日記

えしぇ蔵日記のブログ版です。

飯盛山

2017年07月16日 | Weblog

この暑さなのに山登り。ちょっと危険かなと思ったけど、低い山だし木が多いので大丈夫かなと。
今回の山は「飯盛山」。有名なので何度も登ろうとは思いつつ、あまりに低いのでいつも見送ってた。でも今日のような猛暑の日に登るならこれぐらい低い方がいいかなということでチャレンジ決定。

登山口の飯盛神社まで家から30分。始めて飯盛神社に行ったが、結構たくさんの参拝客がいた。赤ちゃんの餅踏みをしていた。聞こえてくる雅楽がいい感じだった。



中宮までは舗装された道を登った。この中宮の立派さには驚いた。まだ新しいようで夏の強い日差しで鳥居はピカピカに光っていた。



登り約50分の手軽な山……と思いきや、距離は短くとも傾斜が非常にきつく息が上がった。ただ樹林は背が高くその中を通ってくる風は心地よくて思ったほど暑さには悩まされなかった。
休憩しながらゆっくり登ると頂上は気温が26度くらいで風も心地よく、下界にいるより全然快適だった。見晴らしも抜群。実に爽快な気分だった。



持って来た「サイラー」のパンと姫手製のサンドイッチで昼食を済ませ、登りとは別のルートで下山した。

中腹ぐらいまで下りた時、姫が「あ、神社の雅楽がここまで聞こえるねぇ」と言うので耳を澄ますと、かすかに何か音楽が聞こえた。だがワシにはそれはちょっとメロディアスに過ぎるのではないかと思えたので、 「あれ、雅楽かいな?」と言うと姫も自信なさそうな様子をした。その音楽が徐々にはっきり聞こえてきたところで下の方を見ると、一人のおじさんが腰にラジオをぶら下げて登ってくるのが見えた。音楽はそのラジオから流れる演歌だった。
ワシも姫も音楽の正体がわかったが、おじさんが通り過ぎて離れて行くまで笑うのをこらえるのが大変だった。しばらくしてから姫は爆笑していた。その後も思い出す度に笑っていた。
姫には演歌が雅楽に聞こえるらしい。雅な耳だ。



汗だくの身体を「富士の湯」でさっぱりさせてから帰宅した。夜は冷たいビールがことのほかうまかった。

追記:
飯盛神社の大きな看板に「(縁)むすびの神」と書いてあるのを見て、姫は「おむすびの神」だと思ったらしく、「変な神様やね」とつぶやいていた。神様もあきれて苦笑いというところだろう。

「おむすび」

飯盛と おむすびかけて ひとり合点


この記事をはてなブックマークに追加

リハビリラン

2017年07月11日 | Weblog

大雨による朝倉や日田の被害は想像以上にひどいらしい。災害は人間の油断を見事に突いてくる。不安定な天候の下で復旧作業に取り組む人々の苦労はいかばかりか。

術後の腫れが治まってきたので先週からリハビリがてらトレーニングを再開した。振動で患部が疼くので最初はウォーキングから始めたが、だいぶ平気になってきたので今日からランを再開した。しかし湿度と気温が高い上に久しぶりだったのでかなりきつかった。

これからしばらくは海外ミステリーのまだ読んでいない傑作を一つ一つやっつけていこうかなと思う。まず手始めにカトリーヌ・アルレーの「わらの女」。
それにしても今はアマゾンとヤフオクでほとんどの本は手に入る。便利なもんだ。読みたいと思ったら検索、見つけたらクリック、3日後には読み始めてる。昔じゃ想像もつかない世界だ。
だが無目的に本屋に行って、ふと出会った本を買うというのも好きだ。だから便利になったからといっても本屋さんは存続して欲しい。次々に本屋さんが閉店していくのを見るのは寂しいもんだ。

「本の縁」

本の縁 手にしたそれの 両隣


この記事をはてなブックマークに追加

平常のありがたみ

2017年07月02日 | Weblog

今日は安静にしておこうと思ったが、なにせ退屈なので軽く筋トレして5km歩いた。気温が高くて結構くたびれた。

退院してからの3日間で2つのことを発見した。
一つ目は食事は左右両方で噛まないとおいしさが半減するということ。退院した時は口内もかなり腫れてて左側で噛むことができなかった。姫の料理を食べてもいつものおいしさの感動がないので不思議に思っていたが、今日は左側でも噛めるようになったので両方で噛んでみるとうまいうまい。同じものを食べても昨日までとは全然違う味だった。

二つ目は筋トレには顔の筋肉も必要だということ。顔以外はなにも問題ないので筋トレしても大丈夫だろうと始めてみると、結構顔の筋肉も使ってたことがわかった。今一つ力が入らないので軽めにしておいた。

そんなわけで術後3日でなんとか顔がマスクの中におさまるようになった。

「平常」

失ひて 知る平常の ありがたみ


この記事をはてなブックマークに追加

マラソンコース測定

2017年07月01日 | Weblog

スマイルホーム」さんは不動産業だが、社長は小郡市陸上競技協会に所属されており、3月に行われた「福岡小郡ハーフマラソン」の実行委員長も務められた関係で、ワシもだいぶ陸上関連の書類作成のお手伝いをした。
そして今日はGPS付の時計を使ってコースの距離を測るのを手伝った。今日は大よその距離を測るだけなので車で移動したが、正式に測る場合は自転車を使うらしい。
スタートとゴールに使われる小郡市陸上競技場に行ったが、たくさんの学生さんが練習していた。それを見ているとワシもトラックを走ってみたくなった。聞いてみると一般でも使わせてくれるらしい。
それにしても興味深い経験だった。



「走る」

走ること 好きになるのが 遅すぎて


この記事をはてなブックマークに追加

入院3日目

2017年06月30日 | Weblog

朝、執刀の先生が説明に来て顔のガーゼを外してくれた。顔が左側に1.2倍くらいに腫れて、左だけガキデカ実写版という感じ。先生は成功したと自信満々に話されてた。前回も自信満々だったから少し差し引いて考えておこう。

口が閉じないので朝食も食べられなかった。もう1日半何も食べてないが、あまり空腹も感じない。身体はなんとなく爽やかな感じがして全然きつくない。ワシはブレサリアンになれるかもしれない!

10時前には病院を出た。帰宅は11時。早速シャワーを浴びた。昼飯は自分でカルボナーラを作った。食事はしばらくは苦労すると思われる。時間をかけて少しづつしか食べられない。
午後からはゆっくり過ごした。アラン・ドロン主演の映画「冒険者たち(原題:Les Aventuriers)」を観た。夜は早めに寝た。

さて、今回の結果がどうでるか。答えが出るのは数ヶ月後?

「時」

目は開かず 口は閉じない ていたらく
時に委ねて なす術はなし


この記事をはてなブックマークに追加

入院2日目

2017年06月29日 | Weblog

今日は手術なので朝から絶食。手術に呼ばれるまでとにかく暇。持ってきた本も読み終わりそうだし、スマホに入れてきた映画はあと1本。手術の後はしばらく起きれないのでその時のために本と映画はとっておかないといけないからいよいよすることがない。 ゲームしたり、ブログ書いたり、ウロウロしたり…。

昼過ぎに姫が来た。そして3時半にようやく手術室に呼ばれた。 例によって麻酔が効いたらあっという間。気づいたら終わってた。

病室に戻ったのが5時半。前回と同じように顔に大きなガーゼがあてられてた。口が閉じないほど顔の左側が腫れていた。 夕食も抜きだし、長い夜を本読んだり映画観たりして過ごそうと思ったが、なんと夕方6時から翌朝の5時までうつらうつらと寝ては起き、寝ては起きの繰り返し。合計するとかなり寝たと思う。麻酔の影響だろうか?

「全身麻酔」

手術室 「ぼやっとします」 はい終わり


この記事をはてなブックマークに追加

入院1日目

2017年06月28日 | Weblog

兎にも角にも今日から入院。2回目の手術に挑む。
昼前に病院に入り、3時から手術の説明があった。先日のカテーテル検査の結果、血流はほとんど止まってるので今回は塞栓療法はなし。腫瘍に残ってる血液を固める硬化療法のみを行うとのこと。 さて、どれくらい改善するか。もうなるようにしかならんと開き直りの心境。

今日は特に検査も何もないので暇。夜、映画「スターリングラード(原題:Enemy at the Gates)」を見た。今回は2泊しかしないからパソコンもタブレットも持って来てないのでスマホで見た。寝ながらだと結構見れるもんだ。

「入院」

病棟の 勝手知るなり 四回目


この記事をはてなブックマークに追加

情報共有

2017年06月20日 | Weblog

いろんな検査をした後、お昼前に退院した。さて、本番は日曜日からだ。今度は多少は腫れが引いてくれるといいんだが。まぁ期待しないでおこう。

それにしても食事はやっぱりひどかった。昨日の夕食も今朝の朝食もほとんど食べなかった。あぁ日曜からの一週間何を食べて飢えをしのごう……。

福大病院について思ったこと。ワシの治療の場合、脳外科と形成外科のコラボで対応してもらうのだが、その連携が今一つうまくいってない。どうしていいか戸惑ったことが何度もあった。情報の共有がなされてない。脳外科の言うことと形成外科のいうことが食い違ってたり、片方がワシに言ったことをもう片方は知らなかったり。「え?そうなんですか?」というセリフを何度聞いたことか。入院の日程も2回せっついて、「あ、そうだった」的に急に段取りが決まったりしてなんとも不安の募ることばかり。
一人一人の看護師や医師は本当に親身に対応してくれるのだが、科をまたぐとがたがたになるオペレーションはもう少し見直すべきではないだろうか?

「誓約書」

書いて不安 書かせて安心 誓約書


この記事をはてなブックマークに追加

検査入院

2017年06月19日 | Weblog

腫瘍は3月にあれだけの治療をしていながら結局はあまり効果がなかった。もう一度同じ治療をトライしようということになったが、その前に術前検査ということで今日から1泊で検査入院。
今回は過度に期待せず、ダメでもともとの心境で挑むことにする。そうやって日々悩んでる間に月日が流れて、いつか決定的な治療法が見つかるだろう。極めて淡いが唯一の期待。

前回の治療で腫れがひかなかった原因を調べるのがこの検査入院の目的。またカテーテルで調べるが、今回は手首から入れた。手からだと寝たまま何時間も安静にする必要はないのでこれはいいやと思ったが、最初に刺す時に痛さにはちょっとビックリ。これなら足のつけねからの方がいいかなとも思った。

終わった後はカテーテルを通した手首は強く圧迫された状態。刺した部分がずっと痛くて閉口した。本来なら4時間で圧迫をとるはずが、出血が止まらないので6時間圧迫した。

6時間後に圧迫を外してようやく痛みが薄らいだ。なんだか散々な一日だった。

「病院の夕餉」

夕餉時 こっそり持参の サンドかな


この記事をはてなブックマークに追加

うきはDAY

2017年06月11日 | Weblog

本日は「うきは」DAY。一日うきはで遊ぶべく朝10時に出発。
まずは「耳納の里」で野菜の買い出し。ここは早い時間に行かないといい野菜がなくなってしまうので、ここは最初の目的地にしないといけない。
その後は「中華そば おさみ」でお昼。鶏、昆布、かつおぶしの出汁が素晴らしいハーモニーを奏でる中華そばを堪能。これは本当に絶品だった。次回も絶対来ると決めた。
お次は「ぱんのもっか」でパンをゲット。ここは相変わらずの人気。レジの列に時間がかかるのは毎度のこと。
その後は吉井の街並みを散策。本当に良さげなお店が増えた。イタリアンのカフェが出来てたのでここもいずれは訪問しないといけない。
「ミエル」で焼き菓子を買ってから、本屋併設のカフェ「MINOUBOOKS&CAFE」でお茶した。こういう心の余裕をくすぐるお店が出来始めるというのはおしゃれな街になってきた証拠ではないかと思う。
お次は「ノアホール」という山奥にある小さなコンサートホールでピアノのミニコンサートを聞いた。小さいが檜でできたホールは反響もよく、檜の香りも良くて、耳からも鼻からも癒された気分だった。



コンサート終了後はホールのすぐ近くにある「プランタゴ」にベーグルを買いに寄った

最後は「リバーワイルド」でソーセージを買ってから帰宅。
夜は今日の収穫をつまみにドイツビールの宴。いい休日だった。

「うきは」

癒されて うきはこころの 里帰り


この記事をはてなブックマークに追加