週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

phone 97 -’08. 薪ストーブ

2008年09月27日 19時23分53秒 | お山の日記

今は気温も下がり、一桁の5℃を切ってしまった。
薪ストーブと温風ヒ一タ一を点けている。
今日の夕焼けが大変綺麗だった。
空の一部のみで、全体ではないが綺麗だった。

0927192353


追記:10月3日。

ayameさん、お約束の薪ストーブの炎の画像を載せてみます。
薪ストーブの前の扉を開けると家の中で居ながらにして焚き火しているような感じです。
炎を眺めているだけで癒されますし、飽きません。
物理的に体を温めてくれますが、心理的にも心を暖めてくれます。
実に良い暖房機です。
住宅の密集する都市部ではご近所の迷惑もあるので問題ですが、田舎なら囲炉裏と良い、開放型の薪ストーブに憧れます。
残念ながら我が家の薪ストーブは開放型の物ではありません。
出来る事であれば、次回は開放型を導入したいと思っています。

我が家の薪ストーブの心を癒す炎を!






















薪ストーブが何ゆえに人の心を癒すのか、自分の考えを、以前にも書いているはずですが、懲りずに再掲です。
【人類の遺伝子の中に炎を見ると癒される因子が蓄積されていると思っています。
道具を使い始める石器時代までは、捕食動物に狩られる危険を抱いていた人類。
それが、道具を使い始め火を使いこなし、制御し始めて安らかに夜を過ごす手段を手に入れた。
捕食動物も火が恐ろしく人類に近づけない。
暗い闇の暗黒の世界から光輝く朝日を見て生命が尽きなかったことを安堵した人類。
その人類を闇の世界から守ってくれた火たる炎。
だから、長い時間をかけて人間が炎を見ることにより心休まる安堵の時を過ごす事が出来た。
火は実に心癒される物です。
炎の揺らめき。】
『長野県』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
« phone 96 -’08. 秋が忍び... | トップ | phone 98 -’08. 我が家のみ »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当に! (ayame)
2008-09-27 20:28:20
かなり綺麗ですね。。夕焼け!
燃えてるみたいに。。イキイキしてますね
夕焼け!

お願いです。。薪ストーブも見てみたいのですが。。。赤々と燃える活気のあるものを!
綺麗な夕焼けでした。 (mintmama)
2008-09-28 06:59:20
 私も犬の散歩途中で立ち止まって見とれていました。
綺麗でしたね。
それにしてもグンと気温が下がりました。
薪ストーブにも火を入れられたようですね。
きちんとメンテナンスをされてるから、寒くなったらすぐに使えるんですよね。
反省!今日煙突の点検をし、薪ストーブに火を入れることにします。
山は雪? (赤い風車)
2008-09-28 08:07:32
群馬に家を持っておられる方が、8度とか10度とか書いておられました。やはり暖房を入れられたとか。
こちらは朝の6時でも、室内ですけど18度ありました。
やはり山は寒いのですね。
気温5℃とは… (nanairo)
2008-09-28 20:59:41
薪ストーブですか~。
いいですね~。憧れます!
そちらは、もう気温5℃を切ったんですね。

それにしても綺麗な夕焼けですね~♪
Unknown (管理人。)
2008-09-28 22:35:45
ayameさん、mintmamaさん、赤い風車さん&nanairoさんこんばんは。
時間調整して渋滞解消直後に通過してたった今帰りつきました。
ご返事は追ってさせて頂きます。
私は牛でしょか! (管理人)
2008-10-01 05:50:27
おはようがざいます、ayameさん。

昨日は研修と懇親会が終了しました。
今週末は年に一度の大イベント開催です。

赤い炎、赤い夕焼け。
自分の前世は闘牛の牛でしょうか。
ストーブの赤々と燃えて揺らめく炎を眺めるのが大好きです。

夕焼け、自然が織り成す一大叙事詩。
天地創造の神が造りたもう夕焼け。
刻一刻と変わって行く儚い夕焼け。
大好きで、気が付けば必ず眺めています。
家内が気が付けば必ず声を掛けてくれます。

薪ストーブの一番気に入っているオーロラの炎の画像を後日載せます。
再掲かもしれませんが。

我が家の猫のイラストに決定しました。
夕焼け小焼け (管理人)
2008-10-01 06:04:40
おはようございます、mintmamaさん。

空全体が赤く染まる夕焼けではありませんでしたが、綺麗でしたね。
ホンノ一部分の空が真っ赤で。
沈み往く太陽の周りだけが真っ赤に燃えていて。
外で作業していましたが、自分は気がつかずにいました。
先に家内がカメラで写真を撮っていました。

薪ストーブのメンテナンスは業者お任せです。
2年~3年に一度煙突掃除をお願いしています。
灰も小まめに捨てないので、真夏でも月一程度に焚いています。
(窓を全開で)
基本的に我が家は襖も扉も閉めずに全開です。
薪小屋の薪を割らないといけないのですが、この所未だ今シーズン分ぐらい地下室にありますので、手抜きしています。

我が家の猫から、「子猫ちゃん元気ですか?」
子猫の内は行動が活発ですが、大人になると実にユッタリ落ち着きますよ。
犬ほど感情豊かではありませんが、それが又猫のよさでしょうか。
もう直ぐ (管理人)
2008-10-01 22:18:21
こんばんは、赤い風車さん。
ご返事が大変遅くなり失礼しました。

いすみ市の岬とは大違いで、こちらではあと一ヶ月もすると水抜きです。
氷点下になり水道管凍結です。
ヒーターを巻いていますが、いない時は水道水を抜いてヒーターの電源もoffにします。
千葉は暖かいですが、お山は寒いですよ。
九十九里に近くて海ですから、暖かいし魚は美味しいし、我が家とは大違いで羨ましい点も沢山あります。
知り合いの方で千葉に別荘を持っている方は家族全員ゴルフをする為、買ったみたいです。
千葉はコースを多いですから。
自分はしませんが。
薪ストーブ (管理人)
2008-10-01 22:28:52
こんばんは、nanairoさん。

遅くなり失礼しました。

お山での9年で一番寒かったのは-19℃でした。

お山では、氷点下2~3℃でも、それ程寒く感じません。

不思議なものです。

東京で氷点下では大変ですが。


夕焼けでなくても空は美しいですよね。

でも、赤く染まる空も美しいですね。


我が家の猫のイラストに(勝手に決めさせていただきました。)

羨ましい限りです (Chibitan)
2008-10-04 00:01:31
贅沢(時間etc)な生活に見えますが、それらを満喫されているようですね。
自然の中での生活、憧れますねぇ!

星の世界もさぞかし綺麗でしょう。
あぁ 羨ましい!277

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お山の日記」カテゴリの最新記事