あしたのタネをまく、アシタネブログ!

ブログを開設して12年目。記事は1,000を越えました。

読書が楽しくなる赤えんぴつ活用法。

2021年11月08日 04時57分13秒 | 文章、表現力を目指して!

本を読む際、気になった箇所に赤えんぴつで赤線を入れる。何故なら、読み返すのが30分程度で済む。そして大切なことだけを、ノートに転記する。そして必要なときに、ノートを見る。これが結構役に立っている。

以前、近藤麻理恵さんの著書「人生がときめく片付けの魔法」の中で、「私たちが本を読むのは、本を読むという経験を求めているのです。一度読んだ本は、「経験した」ということ。内容をしっかり覚えていなくても、すべてあなたの中に入っているのです」という記載があるが、本を通して何かを経験しているのだと改めて思う。



(鎌田 實著 「言葉で治療する」の1ページ)

また、鉛筆をつかうことのメリットもある。それは手で削ることで芯先の太さが微調整でき、好みの線が引きやすくなること、かすかに残る木の香りも楽しめる。えんぴつが少しづつ短くなるのを見ながら、命の存在を感じ愛おしくもなる。

時折、本を読み返しつつ赤線の量と文字を追い、どんな気付きがあったかを振り返る。それも楽しみのひとつである。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 仕事力UPのために(記憶力を... | トップ | 40年ぶりのピアノ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぷく)
2015-04-25 15:49:44
はじめまして!

小学校の頃の担任が、えんぴつ削り機の使用を禁止して、えんぴつはカッターナイフで削るように決めました。

保護者からは危険だと反対の声も多数あったようですが、「えんぴつ一本も削れないようでは
困る」と押し切ったとのこと。

はじめは全然うまく削れなかったけれど、一カ月もしないうちにみんな上手になって、木を削る時の感触や香りを思い出しました。

今の子どもたちにも伝えたい技ですね。
拍手替わりに、応援ポチっ^^
ぷくさんコメントありがとう♪ (55_rainbow)
2015-04-25 17:11:19
先生は良い指導をされましたね。そして児童達もそれに応えて、削れるようになったんですね。先生と子ども達に拍手!パチパチ♪

良い話を聞かせてくださり、ありがとうございました♩♫♩♫

コメントを投稿

文章、表現力を目指して!」カテゴリの最新記事