奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

インテリアと暮らしの空間・・・家づくりでの大切なソフトとハードの関係性、デザイン設計での暮らしの趣を、理想だけではなくて居心地の空間を意識するように。

2019年09月02日 | インテリア 家具 IDC大塚家具

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

暮らしをコーディネートする

という事・・・・・。

暮らす空間をイメージしながら、

家具選択での質の違い。

家の空間と家具レイアウト

セレクトでの空間バランスが

居心地も変化させますから。

空間にはそれぞれの「バランス」が大事。

使い勝手もそうですし

人の移動や見える範囲、

色やサイズが場所に適切かどうか

という事も含めて・・・・・。

勿論、いい材料というだけで

暮らしやすくて「住まい手さん」にとって

いい家はできませんよ。

 

作り手の大工の腕が良くても

住み心地など住む人の気持ちが

汲取られていなかったりします。

 

設計でそれを全て解決できるか?

と言えばそうでもない。

いえのつくり方の部分から・・・・・・。

 

家は日常であり、

自然体で居られる場所で

なくてはならないと思いますよ。

 

憧れや理想も大事ですが

帰りたくなる家、

落ち着く家

過ごしやすい家という「価値」の部分を

大切に考えることが重要です。

 

非日常的な家も勿論大事・・・・・。

でも「それだけ」では既に

家とはかけ離れたものに

なってしまう事もあります・・・・・。

 

先入観という事・・・「先入観」。

 

これに大きく惑わされるんですよね

大人の先入観ですよ。

 

そういったこと、

なるべくフラットに考えることが大事。

本当に正しいのは何か・・・・・・。

自分にとって大事なのは何か?

家を考える時間には

そういう「自分を見つめる時間」も

必要ですからね・・・・・。

 

建築と暮らしの周辺を意識する事の

大切さをイメージの中に検討中ですよ。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

コメント