奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

今夜のつまみ食いは…。

2013年06月30日 | Weblog
今夜のつまみ食いは…プッチンプリンと…山形代表りんご。
コメント

住まい、環境、暮らしで育まれる・・・・つまりは、そういう考え方です。

2013年06月30日 | 建築家 設計の仕事 監理の仕事

日曜日・・・・「吉野のアトリエ」で心地よい風と空気を

感じながら思考を深めています・・・・・。

 

 

今日は仕事です。

 

 

住まいづくり。

新しいカタチでの 「魔法の壁」が生まれそう・・・・・・。

 

 

 

いままでいろいろな発想で、思考で「魔法の壁」を実際の住まい、

家族に合わせてつくりだしてきましたが、

今回の提案では、

ある意味、考え方としては、

今までで・・・・・一番「古風」かも。

 

 

外部で考える魔法の壁。

そして「それの雰囲気」を利用することで生まれる「感じ方」。

 

 

人は感性で・・・・・その心地よさを知るのだと思います。

そんな部分に「設計の工夫」が必要であり、

「求められる職能」なのだと・・・・・・。

 

 

日々、そういう部分にも「配慮」しながら「計画」をしていますよ。

暮らしで育まれる・・・・つまりは、そういう考え方です。

 

 

Produce Your Dream>>>>>--------------------------------------

建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
やまぐち建築設計室ホームページ  http://www.y-kenchiku.jp/
無料のご相談・「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談・土地取得の相談
リフォーム・二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家等
-----------------------------------------------------<<<<<<<<<<

 

 

コメント

今朝の奈良吉野は…。

2013年06月30日 | 奈良県吉野郡吉野町

おはようございます・・・・日曜の朝、奈良吉野は過ごしやすい天気。

今日は「吉野のアトリエ」での仕事です。

リノベーション・リフォームの事イロイロと・・・・・思考。

コメント

今夜のつまみ食いは…。

2013年06月30日 | Weblog
今夜のつまみ食いは…深夜ですが、チーズケーキをのせたタルト。
コメント

リノベーション・リフォームの現場・・・・・階段の検討と模索。

2013年06月29日 | 建築家 設計の仕事 監理の仕事

リフォーム・リノベーションの話し・・・・・。

既存建物を蘇らして、新しい価値をつくり、既存も上手に取り入れる。

 

 

イロイロな打ち合わせを住まい手さんと現場で打ち合わせをしたり、

視察したり、検証したり・・・・・etc。

 

 

 

計画内容も調整しているところです。

 

 

 

既存の建物の良いところをよりよく使うことができるように、

そして住み方と使い方に合わせて「カタチ」を本質的に変えていくリノベーション。

 

 

今回のポイントの「階段」と「一階」・・・そして「つながり部分」の

LDKとの「あり方」をイロイロと。

 

 

出来る部分の内容を掘り下げつつも広げて、

「出入り口」との関係も調整中ですよ。

 

 

屋内と屋外の繋がり方から「広げていく方法」を

考えていますよ。

 

 

現場でも、住まい手さんご夫婦と愛娘のIちゃんも一緒に

未来を考えていますよ。

 

 

プランの最終微調整も含めて、

現場で考えるから、分かる事が沢山ありますから・・・・・。

 

 

リノベーション、リフォームでは特にそのあたりは大切。

共通認識・・・・・・。

 

 

沢山の選択肢の中から適切な内容を提案中ですよ。

そして来週は、住まい手さんと「と・あ・る・と・こ・ろ」に

ご招待する予定です・・・・・。

 

 

ショールームではありませんよ。

すごく「今後の参考」になるところへ・・・・・・。

 

 

今日は住まい手さんとの

「ショートメール」で、その件についての「相談」も・・・・。

 

 

沢山の「可能性」を考えるという意味で、

来週の打ち合わせも楽しみです。

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>--------------------------------------

建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
やまぐち建築設計室ホームページ  http://www.y-kenchiku.jp/
無料のご相談・「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談・土地取得の相談
リフォーム・二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家等
-----------------------------------------------------<<<<<<<<<<
コメント

二世帯住宅での勘所・・・キッチンが一か所の場合の工夫で・・・・。

2013年06月29日 | 2世帯住宅

二世帯住宅での勘所・・・・・・。

実際には「キッチン」のスペースは各世帯に設けたほうが

よいケースのほうが多いです。

 

 

実際、僕が自分で会社員建築士時代に設計して

家族で住んでいる二世帯住宅でも、子世帯部分には「ミニキッチン」を

設置しています・・・・・。

 

 

実際に子世帯が使う「時間」と「密度」を考えると

ミニキッチンで十分だったので、コストバランスも考えて・・・・・。

スペースの関係も含めて。

 

 

でもその「ミニキッチン」の設置も難しい・・・・・「スペースの問題」があったり。

都心部や狭小地での計画の場合。

 

 

それでも必要性で「二世帯住宅」で・・・・というケースがありますよね。

半地下という手法もありますが、

土地の物理的要件や法規的な内容でそれが出来ないこともあります。

 

 

そんな場合は「キッチン」のみ共有して、

各世帯の「キッチン収納」のみを分別する設計の工夫・・・・・・。

 

 

それには「間取り」の工夫が必要ですけどね。

 

 

それぞれの「世帯」の「位置関係」を調整しつつ、

「裏表」の関係でスペースを計画したり、「左右」ので計画したり、

僕の設計でよく用いるような「魔法の壁」を細工して

仕切りで調整をしたり・・・・・。

 

 

生活の時間帯や食事文化というと大げさかも知れませんが、

「買い置き」・・・・「冷蔵庫の中身」・・・・「食費」や「食器の違い」・・・・・etc。

 

 

 

世帯の生活観の違いが分かりやすい「食事」のスペース。

その調理場となる「キッチン」のスペース。

 

 

少しの「工夫」でずいぶんその差は生まれますよ。

同居、設備共有での二世帯の場合の設計の工夫として

考えていますよ・・・・・。

 

 

エリアを調整する設計の工夫。

キッチンを使うから分かる配慮もありますしね・・・・・・。

調理準備も。

 

 

実際の暮らしで考えてみるとよくわかる部分だと思いますよ。

各世帯での「冷蔵庫」の置き場やレイアウトの工夫も盛り込んで・・・・・。

 

 

省スペースで二世帯を考える場合の工夫。

設計の手法で変わる空間の「価値」がありますから。

 

Produce Your Dream>>>>>--------------------------------------

建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
やまぐち建築設計室ホームページ  http://www.y-kenchiku.jp/
無料のご相談・「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談・土地取得の相談
リフォーム・二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家等
-----------------------------------------------------<<<<<<<<<<

 

コメント

週末、今朝の奈良吉野は…。

2013年06月29日 | 奈良県吉野郡吉野町

おはようございます、週末の土曜日・・・・今朝の奈良吉野は気持ちのいい青空。

朝から深呼吸して気持ちよく仕事をスタート。

夕方からは「打ち合わせ」がるので、それまで「吉野のアトリエ」でコツコツと・・・・・。

コメント

今夜のつまみ食いは…。

2013年06月29日 | Weblog
今夜のつまみ食いは…お・と・な…じゃがりこ、カマンベールチーズ。
コメント

建物の外周部の価値を生かして屋外の回廊・・・・・。

2013年06月28日 | 建築家 設計の仕事 監理の仕事

現在、着工に向けてイロイロな調整を行っている(仮称)もてなしの家。

その「もてなし」の空間は「屋内」だけではなくて「屋外」にも

設計しています。

 

 

その質感もありますが、

全体を包み込む「回廊」を設けることで。

 

 

建物のファサード・・・正面となる部分とその周囲を含めて、

建物の顔としての「役目」も持たせつつも、

実際に玄関までの動線に「その回廊」は役目を持っています・・・・・。

 

 

回廊があることで人の動きが誘導されて「中庭」を眺めつつ、

屋内へと・・・・・。

 

 

屋根付きの柱が列になり・・・・歩廊としての実体的役目、

そして「質」と「環境」を作り出す役目・・・・・。

夜の灯りがつくり出す「反射」による彩。 

 

デザインの工夫が生きるように・・・・考えています。

住宅に生まれる環境は「人の心」にも響くように・・・・・。

それがデザインの本質だと考えていますよ。

 

 

だからこの住まいには「回廊のある家」ではなくて「もてなしの家」という

仮称を名付けているんです・・・・・。

 

 

その工夫が生み出す環境は

「もうすぐ現場でカタチを生み出す仕事」に切り替わりますよ。

 

 

沢山の人の手によって建築はつくられます。

心のバトンで。

 

 

質の良い「つくり手が集まる建築会社」がつくりだす「カタチ」と「それ以外に生まれるもの」・・・・・。

そこにも大切な「もてなし」の心がありますから。

建築会社も規模だけではなくて「質」が大切・・・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>--------------------------------------

建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
やまぐち建築設計室ホームページ  http://www.y-kenchiku.jp/
無料のご相談・「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談・土地取得の相談
リフォーム・二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家等
-----------------------------------------------------<<<<<<<<<<
コメント

二世帯住宅の勘所・・・・・玄関からの生活動線も。

2013年06月28日 | 2世帯住宅

家族の生活習慣の違いや仕事の事など・・・・・。

二世帯住宅、多世帯ならではの悩みはありますよね。

 

 

二世帯住宅の計画をしていると「玄関」のそのキーワードになります。

家への出入りの時間帯やそれぞれの世帯への最初の部分・・・・・。

出入り口ですからね、玄関は。

 

 

出入りに気兼ねしないような工夫は実際に二世帯として暮らしだすと、

欲しい工夫になりますよ。

 

玄関を二か所に設けることができるのが理想でありますが、

スペースの問題以上にコストが問題だったりすることも・・・・。

 

 

なので、そういう配慮も考えた提案が必要ですよね。

間取りのなかでの「スペース」の位置関係を踏まえて・・・・・。

 

 

中間領域を工夫してちょうどいい距離感の設計で。

吹き抜けによる「世帯間の交流」も視野に入れて。

 

 

設計の配慮で変わる暮らしがありますよ。

 

 

親世帯、子世帯が共有で使う部分ですから、

単純に「スペースが確保されている」だけではなくて、

出入りやコミュニケーション・・・・・生活そのものを視野に入れて、

「プラン」を考えることが大切ですよ。

 

 

単世帯でも大切な配慮ですが、

プラスして二世帯・・・・・多世帯特有の内容を反映しての「玄関」への

配慮が必要ですからね。

 

 

来客が多い家では特に・・・・・・玄関とその周囲に二世帯だからこその工夫を。

親世帯の来客の特徴、子世帯の来客の特徴をつかむと

分かると思いますよ・・・・・「暮らしと動線」の関係。

 

Produce Your Dream>>>>>--------------------------------------

建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
やまぐち建築設計室ホームページ  http://www.y-kenchiku.jp/
無料のご相談・「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談・土地取得の相談
リフォーム・二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家等
-----------------------------------------------------<<<<<<<<<<

 

 

コメント

今朝の奈良吉野は・・・・・。

2013年06月28日 | 奈良県吉野郡吉野町

今朝の奈良吉野は曇り空・・・窓を開けると涼しいですね。

朝からの打ち合わせもひと段落して、屋外での深呼吸で一息・・・・・。

コメント

今夜のつまみ食いは…。

2013年06月28日 | Weblog
今夜のつまみ食いは…冷やし白玉ぜんざい…。
コメント

工務店・・・・現場監督との打ち合わせでイロイロと。

2013年06月27日 | 建築家 設計の仕事 監理の仕事

工務店・・・・・現場監督との打ち合わせ。

今回・・・・工事を担当していただく工務店の現場監督さんとの微調整。

リフォーム・・・・リノベーションの現場の件で。

 

 

計画に沿って、良い選択を出来る限り提案したいのです、

住まい手さんへ・・・・・。

なので計画が具体的に決まってからも、試行錯誤を繰り返し、

現場が始まるタイミングも考えて・・・再度調整し、考えるのです・・・・・・。

新築の場合もそうですが、りフォーム・リノベーションの現場特有の事もあり。 

 

 

今回のリノベーション現場では、「階段部分」の選択がキーになりそう。

工事金額・・・・コストを調整しつつ、

階段とその周囲についての「質」を上げる工夫を・・・・・商社から届いている資料をみながらも

その「方法」をまとめる打ち合わせ。

 

 

緻密な打ち合わせができることで、

仕事の質も準備も変わってきますからね。

報告・・・連絡・・・相談・・・・「報・連・相」からもわかるように。

仕事の基本ですよね、本当に。

 

 

 

現場監督は・・・・・・建築会社の監督さん。

設計事務所は監理であり・・・・管理は現場監督さんの仕事。

 

 

イロイロな違いがあるのです。

文字は異なりますが、

言葉で話すと同じ「かんり」なので・・・・・ややこしいですよね。

 

 

でも仕事は全く異なるのです。

そういう部分での「振り分け」もしつつ・・・・打ち合わせ。

「階段」のポイント部分を。

 

 

ポイントをしぼり、リノベーションの現場の件での、大切な打ち合わせをしていますよ。

計画的に現場を動かすことが、

仕事の質を上げて、工期にも最終的にはそれ以外の部分にも

キチンとした「配慮」ができる「現場」となるのですから。

 

 

イロイロ経験をしているとわかる事がありますよ。

その違いも・・・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>--------------------------------------

建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
やまぐち建築設計室ホームページ  http://www.y-kenchiku.jp/
無料のご相談・「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談・土地取得の相談
リフォーム・二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家等
-----------------------------------------------------<<<<<<<<<<
コメント

暮らしの設計、二世帯住宅にもつながる計画の勘所・・・・・。

2013年06月27日 | 2世帯住宅

二世帯住宅特有の悩み事など・・・・・・・ありますよね。

僕自身も二世帯住宅を設計して自分たち家族で住んでいますし、

二世帯住宅のご相談をいただいて、

単世帯住宅をリフォーム・・・リノベーションしたり、新築・・・建て替えを設計したり。

 

 

色々なケースがありますが、

今だけを考えずに長期で考えたり、本当に暮らしやすさを考えるのであれば、

大切なことがあります。

 

 

それは「単世帯の住宅」でもそうなのですが、ものすごく当たり前の話し・・・・・。

「家族に対する思いやり」です。

 

 

二世帯住宅であえていうのであれば、親世帯を暮らしやすい場所へ

もてなす・・・・ということ。

 

 

それだけで「物理的に贅沢」な以上に「家族の空気」がよくなりますし、

「家族のつながり方」にも良い意味で「変化」が生まれますよ。

 

 

人間は感情の生き物です。

フラットな気持ちで考えると「よくわかる」と思いますよ・・・・・。

 

 

そこに「建築家の工夫」と「配慮」を上手に用いて「暮らしやすさ」を考える。

「気持ちの設計」で暮らし方・・・・・そのものが変わると思いますよ。

 

 

そういう配慮がない家では家族もギクシャクして「関係性」も「気持ち」も崩れますからね。

それは「単世帯」でも同じ。

 

 

 

家屋の事だけではなくて「家族の暮らし」を設計することが大切ですよ。

二世帯住宅も・・・・・・単世帯住宅も。

 

 

Produce Your Dream>>>>>--------------------------------------

建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
やまぐち建築設計室ホームページ  http://www.y-kenchiku.jp/
無料のご相談・「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談・土地取得の相談
リフォーム・二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家等
-----------------------------------------------------<<<<<<<<<<
コメント

埋蔵文化財発掘など・・・地面の下の確認に・・・・・。

2013年06月27日 | 役所 行政 検査機構 書類の仕事

先のブログにもあった「奈良地方法務局・桜井支局」での情報収集を

終えてからは、桜井市立埋蔵文化財センターへ・・・・・・。

 

 

地面の下の話です。

遺跡と土地が関係しているのかどうか・・・・・。

 

 

現在建物が経っている場合でもそうではない農地の場合でも、

郊外でも駅や市役所近くの市街地であっても

この「確認作業」はとても大切・・・・・。

 

 

 

現在建物が建っている土地であっても

それは必要な事なのです。

 

 

 

埋蔵文化財・・・・・発掘・調査・立ち会い・・・・・慎重工事など。

その他に・・・・・「届出対象区域外」も。

イロイロとあります。

 

 

 

大体の位置関係は頭の中には入っていますが、

同じ奈良県でも奈良市内、斑鳩や大和郡山・・・・橿原市や明日香など。

 

 

遺跡の多い地域は特に二重に・・・・・遺跡の地域が重なっている場合もあり、

重要な遺跡の場合は「調査発掘」や「計画の再検討」など。

 

 

 

そういう「表面的にわからない部分」をしっかり事前に洗い出す調査。

大切な仕事ですから・・・・・・。

 

 

目に見えない仕事を「しっかりと」、「確実に」行うことが

後になって変わってくるのです・・・その「結果」が。

 

 

地味ですが、「大切な許認可や書類の仕事」に入る前の

情報収集と整理の仕事。

 

 

Produce Your Dream>>>>>--------------------------------------

建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
やまぐち建築設計室ホームページ  http://www.y-kenchiku.jp/
無料のご相談・「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談・土地取得の相談
リフォーム・二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家等
-----------------------------------------------------<<<<<<<<<<
コメント