奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計のなかでの「暮らしの事」・「収納の事」イロイロ

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで暮らしの設計・新築・リフォームをデザイン中です。

家のカタチ、壁の位置・・・・斜めの壁での場所の違いを考えて設計デザインすると、遠近感や空間(スペース)の距離感に差が出ますから「狭小住宅」や「法律の制限が厳しい土地」での考え方にも。

2017年07月02日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

建築のカタチでの効果も

大事な部分。

 

 

 

斜めのスペースで場所の違いを

設計デザインすると

空間の密度、部屋の構成での

場所の「間」も変わります・・・・・。

 

 

同じ大きさであっても

その「カタチ」によって

距離感も感じ方が異なりますよね。

 

現在工事進行中の

(仮称)光の路と明るさのある家新築工事。

 

 

階段を上がって二階ホール部分には

「たまり」の部分として少しの広さを

設けていますが、

直角ではなくて斜めの壁で

カタチを表現しています・・・・・。

 

 

曲線や斜めのラインを取り入れる

事で変化を持たせる考え方ですよ。

 

 

曲線や斜めのラインは

狭い場所を広く見せる効果と

人の動きを「動線」をスムーズにする効果、

スペースの有効活用などのメリットがあります。

 

 

狭小住宅や住宅密集地、

建築的な法律・・・「建ぺい率」、「容積率」

「壁面後退」等の関係で「広さ」に対しての

制限が厳しい場所での計画・・・・etc。

 

 

色々な建築の条件や規制等もりますが、

「建物は四角く区切る」という

固定観念ではなくて

斜めや曲線等を場所に応用して

考える事や視線の抜け、

遠近感の設計デザインをどのように施して

工夫するのかで限られた場所であっても

広さの認識は変化しますよ・・・・・・。

 

 

斜めのスペースで認識を変化させて

距離感を出すという事での効能も

イロイロですからね。

 

使う素材や建材のセレクトも

そういう考え方、選択と効果も同じ・・・・・。

窓や壁の認識、選択や

設計の工夫で変わる空間の価値です。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

コメント

住まいの新築途中・・・・・現場での仕上げ部材、素材発注前の最終段階確認の打ち合わせと空間構成の調整中、暮らしの心地よさを左右する仕上げ材、全体の空間構成を整える事が大事です。

2017年06月19日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

暑い時期なので、

現場での打ち合わせの際は

住い手さん・・・・・着替え持参

での場合もあります。

 

(仮称)光の路と明るさのある家新築工事

 

住い手さんのお仕事お休みの日に、

住まいの新築イロイロと現場での

打ち合わせで、仕上がりの部分も

発注前の決定事項、

ご希望の仕上げ材が、

その場所に似合うのか?。

見え方としての明るさの具合や

照明の灯りとの相性、

空間構成としても、

住まい手さんの意見も交えて

建築家の仕事として、

僕の方で調整中ですよ・・・・・。

 

打ち合わせ内容も反映させながら。

 

ひとつひとつのパーツだけで

モノゴトや素材の良さをだけで

見るのではなくて

空間全体の構成として

選択のバランスは大事ですからね。

 

 

住み心地もそれに包まれて

暮らす時間の質も随分変わりますから・・・・・。

 

外部の状態も住い手さんにとって

仕上がりがイメージしやすくなっているので

内部空間と連動する部分でもある

床タイルの検討も・・・・最終段階。

 

 

この日で決定でタイル発注です。

 

 

そして和室部分の畳での細かな部分ですが、

畳縁も打ち合わせ中・・・・・。

 

畳縁は、畳の長い辺につけられる布の事。

畳を補強するためにつけられていますよ・・・・・。

現在では自由に選択する事が出来ますが、

歴史のなかでは決まり事もあり、

自由に選ぶことが出来なかったものです。

 

 

畳縁で和室の雰囲気も随分変化しますからね。

これはポイントです。

 

 

ちなみに・・・・琉球畳には「それ」は

ありませんよ。

 

 

着地点となる「暮らしの器」としての建築。

そこから始まる「暮らしの時間」の

感じ方を想定する

リアルを検討する事は大切。

 

 

現場で空間構成の心地よさを

サンプルを使いながら調整を

昇華の途中ですよ・・・・・。

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント

住まいの新築工事の途中・・・現場での住まい手さんとの打ち合わせを色々と(仮称)光の路と明るさのある家新築工事、LDK空間のカタチ、階段の吹き抜け効果と和室の味わいも実感できる状態。

2017年06月11日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

住まいの新築工事・・・・・。

(仮称)光の路と明るさのある家新築現場。

 

この日は、現場で住い手さんご夫婦と

リアルサイズでの昇華の途中。

細かな寸法(サイズ)と合わせて

仕様・・・・「使用する部材」の

発注前の最終決定等色々と。

 

現場で再確認する事で「リアル感」も

良い意味で働きかけますからね・・・・・・。

 

 

そして和室部分の本格的な仕上げの決定も。

 

 

予め選定していた建材メーカー商品のサンプル帳から

方向性を調整した「色」をいくらか選定しつつ

それを大きな面積で分かりやすく「職人さん」に

検討用サンプルを製作してもらい

現場で再度絞り込み・・・・・・。

 

山口先生はどう思われますか?。

という風に、この日も住まい手さんからの

質問に答えさせていただきながら・・・・・・。

 

 

その場所にとって最適な選択を示唆。

住い手さんも納得で「色決定」ですよ。

 

 

場所やサイズ、雰囲気をどのように

考えてどんな効能を期待するのかで

その選択は変化しますからね・・・・・。

 

 

勿論「そもそも論」として「どんなイメージ」で

暮らすのかを僕自身が軸を検討していますから。

暮らしのイメージをデザインする意味で

そのイメージに馴染む選択を

いつも提案させていただいていますからね。

 

和室も良い感じで内観の佇まいが

整理されていく途中ですよ。

 

 

現場全体の仕上がりの様子も

住い手さんと一緒に確認しながら

暮らしの空間を丁寧に昇華中です・・・・・・。

 

カタチと空気のデザインを

リアルサイズの状態で

住い手さんにも確認していただきながら

カタチの効能による効果も

実感していただいている途中ですよ・・・・・・。

二階廊下と洋室部分に、内窓をつくっているのですが、

風と光が建物空間を通り抜けて

心地よく感じる細工ですよ・・・・・。

 

 

この部分も開閉が出来る状態になり、

閉じたり開いたりで変化も生まれますからね。

 

 

現場に良い意味で色々な答えを

用意していますからね。

住まいと暮らしの空間を心地よく

いつも丁寧に考えていますよ・・・・・・。

 

 

完成までもう少しという事も実感されて、

住まい手さんから、

「先生にも、家が完成すると会えなくなるのは寂しいですね」

という言葉を掛けていただき・・・・・。

ありがとうございます。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

コメント

(仮称)光の路と明るさのある家新築工事・・・現場の工事は設計デザインのカタチと効能が肌で感じる事が出来るように近づいていますよ、現場での昇華が促す「心地よさ」の理由が空間全体に。

2017年06月04日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

住まいの新築工事現場・・・・・・・。

(仮称)光の路と明るさのある家。

 

 

工事も終盤で現場では内装壁の下地材の

状態で部屋そのものが

分かりやすくなっています。

 

階段部分での光の取り込み方の様子も

階段手摺からのスリット部分を通して

吹き抜けの効果のように光の透過が

ステンドグラスのように「ガラスブロック」を

透して階段全体を包み込むような雰囲気。

 

 

色の効能が生きていますよ・・・・・・。

 

和室部分も下地材が完成して

造作部分とのバランスもしっかりと

見える様に・・・・・。

 

竿縁天井の具合も全体のバランスとして

古風に作法の部分も丁寧に

完成に近づいているところ。

 

 

座面での心地よさで空間の印象も

デザインしていますよ・・・・・。

 

 

畳で過ごす時間の心地よさを

味わう事が出来るように。

それぞれの空間の意味付けも

デザインの中に含まれていますからね。

玄関ホールの天井部分にも

気持ちよさを生み出す工夫の為の下準備。

レールを入れるための「細工」の途中・・・・・・。

 

ここへレールが入り、照明がつく事で、

玄関ホール部分の「フォーカルポイント」

にも「光の効果」での心地よさが生まれます。

間接的であり直接的な照明の効果を設計していますよ。

印象の操作はそういう部分の考え方での差も

ありますからね・・・・・。

 

 

オリジナルだから生まれる空間の感性を

心地よく感じる事が出来る様に

設計デザインの経過の中で現場での昇華から

生まれた「カタチ」の理由と「空気」が

少しずつ感じる事が出来るようになっていますよ。

住い手さんからも現場や僕のアトリエで

打ち合わせするたびに

感謝の言葉をいただき・・・・・。

逆にこちら側が感謝です。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント

(仮称)光の路と明るさのある家新築工事・・・階段と吹き抜けの効能を併せ持つ空間で窓を変化の起点にさせてガラスブロックを使い「光壁」としてその自由度のある計画で光を変化させて心地よく。

2017年05月31日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

奈良県・橿原市内での

住まいの新築工事の途中・・・・・。

まだ下地の状態ですけど

階段の天井にも光が伸びていきますよ。

 

(仮称)光の路と明るさのある家新築工事。

 

 

 

 

 

 

和室部分の仕上げも段々と見える状態、

壁の仕上げをどうするかはまだ少し

検討要素も残っていますが、

馴染みながらも穏やかな時間を

過ごす事が出来るように・・・・・・思考中。

 

この日は、住まい手さんと一緒に

現場で打ち合わせをいろいろと。

 

微調整の範囲を精査中・・・・・。

選択の自由度の部分も細かく精査して

決めていく段階に・・・・・。

決まった寸法ではなくて、

どんな寸法が必要かを考えると

場所のイメージも良い意味で変化しますからね。

 

大事な「ものごと」は何か?

それが分かれば自然に現場も変わってきますよ。

 

 

空気がもたらす暮らしの環境という事・・・・・。

時間のゆとりをどのように生み出すのか

「空気の設計」はそういう部分で

生きてきますからね。

 

東側の窓の一部をガラスブロックとして

その特別にあしらえた「3色のカラー」デザインを通して

光が階段空間を吹き抜けのような効能で

色を写し取り・・・・導きいれる事による

ステンドグラスのような「イメージ」・・・・。

光の価値の持ち方を変化でデザインしていますよ。

ガラスブロックも使い方やデザイン次第で

その効果が様々に変化しますからね。

 

仕上げに向けて・・・内装のデザイン、

打ち合わせの昇華も空気の意識を持ちながら・・・・・・。

 

 

要素をデザインする事で味わう時間も

変化しますからね・・・・・暮らしの価値時間。

大事だと思いますよ。

 

 

 

丁寧に設計して、丁寧に打ち合わせした蓄積が

その後の「暮らし時間」を

良い意味で変えるという事。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント

住まいの新築工事・・・(仮称)光の路と明るさのある家新築現場でリアルサイズ、リアル空間で丁寧な打ち合わせの質がある時間、壁紙や床材の仕上げ部分も打ち合わせの途中。

2017年05月21日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

住まいの新築工事途中・・・・・。

(仮称)光の路と明るさのある家の現場。

 

この日は住まい手奥様と現場での

打ち合わせを色々と。

 

以前から調整中だった

内部の仕上げ部分について「壁紙」や

「床材」の選定・・・・・。

 

現場で壁材や床材のサンプル帳を見ながら

意見のすり合わせも空間を想定しながら、

イメージの途中ですよ。

 

床の濃さ、壁の明るさ、天井での反射光など

要素を整理しながら場所「単体」ではなくて

その素材や色、模様等を選ぶ

空間構成による「メリット」と「デメリット」を

住まい手奥様へ説明しつつ、

良し悪しの部分を丁寧にレクチャーしながら。

 

 

出来上がる空間構成による心理面の違いも

大事ですから・・・・・。

暮らす場所として「家具類」との相性も。

そして階段部分と建物の佇まいとしても

フォーカルポイントになりつつ、

光を内側と外側で変化させる装置としての

ガラスブロックの効能も

工事途中ですが「壁下地」が出来た事により

光の変化と動きの働き具合が見える段階に・・・・。

壁に床に降り注ぐ光のシャワーに

ガラスブロックの色の透過で・・・・・・・。

視覚的要素での効能も大事。

そういう部分をデザインと設計の効果で

暮らしの時間を豊かに感じるように・・・・・。

 

仕上げ部分によって空間の持つ

魅力も変化しますからね・・・・・。

そこには部材の持つ空間比率も効能のひとつ。

つまりは空間に対する部材のサイズによる

感じ方という部分。

リアルスケールでの打ち合わせも丁寧に・・・・・。

現場での進行に合わせて「打ち合わせ」の中身は

変化しますよ・・・・・。

見える部分、見えない部分の仕事の質と

仕事量の違いが暮らしの充実と心地よさに

直結しますからね。

丁寧なデザインと設計の持つ意味・・・・・・。

 

 

2階では黙々と大工さん下地の仕上げ段階ですよ。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

コメント

(仮称)光の路と明るさのある家新築工事の現場・・・和室部分の天井や壁の下地、床の間と違い棚の「あいだ」のちんくぐりも建築の歴史上も諸説ある部部ですが、解釈も色々で今回はカタチ。

2017年05月11日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

(仮称)光の路と明るさのある家新築工事の現場。

和室の造作も進んでいるところ。

天井が見えると

住まい手さんも全体の部屋としての

イメージもやりやすくなりますよね。

 

床の間と違い棚の間の壁に

諸説ありますが、「ちんくぐり」・・・・。

その形状は住まい手さんとの打ち合わせで

8角形の下地完成。

 

 

一つ一つのバランスを確認しながら

全体としての完成度に向けての部分を

現場で昇華の途中・・・・・。

 

階段部分は外部からもシンボル的な

フォーカルポイントのガラスブロックが

設計の工夫として「光を変化」させて

屋外へ導きつつも

夜はその内側の光を外へと・・・・・。

時間とシーンによる光の変化を促すことで

佇まいを味わいへと。

和室部分の下準備が済んだので

LDK側へも作業を移していきますよ・・・・・。

 

設計の工夫が現場で具体化する事で

実際の暮らしのイメージがより鮮明に・・・・・。

斜めの壁も空間に余白を与える

空間操作のやりかた。

物理的条件と感覚的条件のバランスも

建築の感性には大切・・・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント

木の家・和室の上座・設計デザイン時の打ち合わせ事項を和室「和風」の持つ意味は各家庭によりさまざま、床柱、床の間、違い棚、筆返し、狆くぐり、床脇、長押、竿縁天井、造作のカタチでの精神性と諸説・・・。

2017年05月03日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

木の家・・・木造二階建て住宅新築工事。

(仮称)光の路と明るさのある家。

現場での工事が進行しているところ。

 

二階部分では応援の大工さんが

階段と二階廊下部分の手スリ用の細工を

ノミを使って加工の途中・・・・・。

こうやって、しっかりと大工さんの仕事を出来る

大工さんも少なくなっているのが事実。

手間を減らし、システム化する一方で

持つべき技術の継承が

どんな分野でも課題ですよね。

 

丁寧な価値ある手仕事を含めて・・・・・。

 

光を変化させて明るさを屋内空間へ

導きいれる工夫を色々と投入している現場ですが

この日は・・・・・・。

現場工事進行に合わせて

検討用のスタディ模型も現場へ出張して

打ち合わせ中でしたよ。

 

 

階段部分や二階室内の壁形状、

和室部分の工事も細かな部分を調整中ですよ。

 

和室部分の特徴エリア。

昔ながらの和室意匠・・・・・。

 

柱やが見える「真壁」の和室。

窓の上部に「長押」をまわし、

床柱・・・床の間に違い棚。

床の間と違い棚の間にも「ちんくぐり」を。

 

和室の造作、意匠・・・・場所や

カタチの意味に理由には諸説ありますが、

意味のある「床の間」と「違い棚」の壁に

計画した「ちんくぐり」のカタチは8角形・・・・・。

床の間は、和室の構成要素の中でも

最も伝統的な法則があり、

格式が重要視され、

和室の象徴として大切にされているエリア。

 

 

四季を演出し、お客様を迎える「顔」でもあるため、

床の間を背にして座るという事も意識して

上座の持つ意味も丁寧にひも解きながら・・・・・。

 

 

床には掛軸、香炉・花が置かれ、

違い棚には飾り物がある

本来のカタチで・・・・・・。

 

 

住まい手さんの「暮らし方」が

大きく反映される部分にも。

招き入れるというモノゴトのカタチ・・・・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

 

 

コメント

新築工事の途中・・・・現場での打ち合わせ(仮称)光の路と明るさのある家新築工事、ガラスブロックを通じて屋内空間を照らす光を楽しみながらカタチの状態を視察して「デザイン」をカタチへ確認。

2017年04月29日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

(仮称)光の路と明るさのある家新築工事。

現場での打ち合わせも色々と・・・・・。

 

この日は階段手摺部分の部材についての

打ち合わせをしながら

出来高の確認作業なども・・・・・。

 

二階部分の壁の下地となる石膏ボードは

ほぼ張り終えて、

部屋のカタチも状態確認が出来る段階。

斜めの壁が持つ意味も

見た目だけではなくて「その部分」を

歩くとわかりやすい状態に。

見える向きと歩く状態で

角度の違いが判るんですよ・・・・・。

その他にも、

資料関係の確認をしながら

打ち合わせ・・・・・。

窓から入る光の変化も楽しみながら。

 

仕上げに向けての「状態変化」を

良い方向へ導く為の準備段階・・・・・。

色の選択で「周辺の見え方」が変化しますからね。

限られた場所での奥行き感を

カタチの印象で操作するように・・・・・。

住い手さんへ説明済みの部分も

あらためて確認が出来る様に

準備の途中ですよ・・・・・。

 

 

壁の面につくりだす「フォーカルポイント」の

デザインも、仕上げで印象が変わります。

 

 

フォーカルポイントとは

インテリア用語で

自然に視線が向く場所の事・・・・・。

 

 

そこに目線が向く事で、

視野を調整して

カタチに対する意識のレベルを調整して、

見える的を絞る事で、

空間の奥行を生み出すように。

場所での魅力の操作はそういう工夫の

一つ一つの積み重ね・・・・・・。

丁寧に現場でも設計の魅力を

カタチに落とし込むための昇華途中ですよ。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

コメント

フォーカルポイント・・・インテリアの効能で心地よさが良い意味で変化するように(仮称)明るさと光の路がある家新築工事、アトリエでの住まい手さんとの打ち合わせを現場の進行に合わせて。

2017年04月25日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

暮らしの設計デザインが現場で動いている途中。

(仮称)光の路と明るさのある家新築工事。

 

この日は、「アトリエ」で

住まい手さんとの打ち合わせ・・・・・・。

 

心地よさの部分を紐解きながら

玄関周辺のイメージの確認と

素材、建材の再吟味。

 

壁の仕上げ材料と見せ方のポイント。

住み心地の価値観もデザインも、

その意味の「存在させ方」で変わりますよね。

 

イロイロとご相談を聴かせていただき、

アドバイスしているところ。

 

インテリアの要素が変化する事で

全体の空間の趣も変化します。

 

その変化が良い意味で変化する様に・・・・・・・。

デザインの価値を落とし込んでいく

方向性をロジカルにラテラルに調整ですよ。

 

 

一般的には「床の仕上げ」として使用する事が多い

「床建材」を今回は「アクセント」として「壁」に。

 

素材感を変える事で

フォーカルポイントとして「役目」をよりよく。

 

フォーカルポイントとは、

インテリアの用語のひとつ。

 

 

フォーカルとは焦点の意。

つまり、空間の中で視線が集中する場所のことです。

 

 

例えば、ある空間に扉を開けて入った時に、

まず目に跳び込んでくる場所が

最初の「フォーカルポイント」です。

 

その場所は強く印象付けられます場所となります。

この第一印象を決める

最初の「フォーカルポイント」が

センスよく整っていると、

その部屋「空間」全体の印象が

ぐんとよくなる効果がありますからね。

 

この最初のフォーカルポイントになる

場所を「見せ場」とし、

印象づけたいイメージで

スタイリング(作り込む)することで、

部屋「空間」全体のイメージを

見せたいイメージにすることができます。

 

これは、一種の「視覚のマジック」です。

インテリアにはこのようなテクニックによる

デザインの魔法による効果、

その場所により発揮する効能が

イロイロとあるんです・・・・・。

僕は建築家としてその住まい手さんの

暮らしの質や環境に対して

意味を持つ「魔法」を提案しつつ

住宅の設計をしていますよ。

 

 

そういう仕掛けを作っておくことで、

よりインテリア効果の高い住宅になり、

「視覚のマジック」を応用することで、

暮らしの心地よさを「カタチ」に

出現させることが出来ますからね・・・。

 

 

暮らしの心地よさを感じる様に。

丁寧な暮らしが出来る空間が

心地よい環境を整えますよ・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント

(仮称)光の路と明るさのある家新築工事・和室部分の工事進行しつつ、意識ある空間で時間の流れを心地よく感じる暮らしが出来る様に・・・二階階段と廊下とガラスブロックとブリッジ「橋」としてイメージ。

2017年04月21日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

(仮称)光の路と明るさのある家新築工事の現場。

外部は既に工事用の

仮設足場も撤去済みで

外観の佇まいも

住まい手さん、喜んでくださっていい感じ。

内部工事はというと、

二階部分から先行していますけど、

和室部分の作業も進みつつ、

造作部分の床の間や違い棚も

雰囲気は住まい手さんに

見ていただけるように・・・・・。

 

そして今日は現場で、

メーカー製品の手摺発注前の

現場打ち合わせ中。

 

ちょっとした仕掛けのある部分・・・。

ガラスブロックを通じてが

入ってくる光がまとまる部分。

 

 

オリジナルの光と共に、

操作された光と楽しむ場所となるように、

橋のイメージを廊下にとり入れていますよ。

そのイメージをした「橋の端」からの

仕掛けがある事による

陰影からの時間を楽しむ場所に。

 

出来上がるその効能は

手摺が生み出す陰影の価値。

 

隙間の効能はそういう部分にもありますからね。

時間により、その陰影も変化して

心地よい時間の流れを

視覚的にも感じる事が出来るように・・・・・。

 

 

イメージが生み出す時間の価値を

感じながら暮らしてみませんか?。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

コメント

(仮称)光の路と明るさのある家新築工事の現場・ガラスブロックと階段と玄関ホールのつながり方、光が漏れる角度と灯りが壁に明るさをつくることで周辺が「ほのか」に・・・・。

2017年03月31日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

住まいの新築工事途中・・・・・・。

(仮称)光の路と明るさのある家。

 

 

現場では、外部工事用の

仮設足場も撤去が済み、

外観が見える状態に・・・・・・。

この家の特徴となるカラフル、

でもそれでいて

透明度の高いカラーガラスブロック。

 

 

外からも目立ちます。

 

 

ガラスブロックとは、

建築用資材で、キューブ状のガラス。

壁や天井、床に使用することで、

明るい壁を演出できます。

 

中空という構造のため、

断熱性・防音性にも富んだ資材・・・・・。

 

 

そこに色(カラー)の特徴で変化を演出していますよ。

明るさを確保しつつ

外部の視線をシャットアウトしたい面、

それでいて光を取り入れて変化を生み出したい

「階段」と「二階ホール」の部分・・・・・。

 

光が透過する事で「明るさ」と同時に

色の変化を外へも内へもつくりだすように

考えてデザインしていますよ・・・・。

 

そして内部も段々とカタチの見えてくる段階。

二階部分を先に仕上げていく算段で

 

一階部分は色々な緻密な部分を調整しつつ

囲う前の状態・・・・・。

 

和室部分は床の間を含めて

違い棚等和室としての佇まいを調整の途中。

 

床柱の存在感も重要なので・・・・・。

床柱とは、床の間と床脇棚の境にある化粧柱で

正式なものは角柱ですけど、

数寄屋風書院では、磨き丸太・面皮柱・唐木なども用いられて、

今回は磨き丸太での和室。

 

 

独特の雰囲気で空気感も変わりますからね。

和室の空気感を整えながら

玄関部分の細工にも・・・・・・。

今回の玄関部分にはレールライトを

天井面に取り付けて、

玄関ホール正面の棚部分にも細工を・・・・・・。

 

 

一階玄関ホール上部、

天井部分にはレールライト用の「下地」を準備。

玄関タイルと床の境目部分をちょうど天井に

移し替えた位置にレールライトをレイアウトしますよ。

 

 

照明器具を正面ではなく

斜め方向からその場所を照らす予定で・・・・・。

周辺を整える事で

正面部分の見え方を調整の途中ですよ。

 

 

イメージを現場で整える仕事。

現場でもリアルサイズで打ち合わせしながら

灯りの効能を検討中ですよ。

 

照らす部分での程よさのある雰囲気で。

それによって「棚」の価値も変わりますから。

「ほのか」が玄関とその周辺、

空間のコンセプト・・・・・。

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

 

 

コメント

住宅新築工事中の現場・・・・・・(仮称)光の路と明るさのある家・和室の持つ意味を丁寧にひも解きながら「額縁の効果」としての床の間と違い棚・・・狆潜りが存在する事での効能も。

2017年02月09日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

木造二階建て、

木の家・・・・・住まいの新築工事の現場。

(仮称)光の路と明るさのある家新築工事。

現場でのリアルなサイズが見えつつ、

佇まいの一部も分かりやすくなっている状態に。

 

工事用の仮設足場の隙間から見える外壁材の工事も、

もうすぐ全体を包み込み終える予定。

 

 

光を変化させる装置としての

壁材、窓材のガラスブロックの効果も

足場が完全に外せる段階になれば

一気にそのデザインの「機能」が

発揮されますよ・・・。

内部は大工さんが仕事段取りを調整中・・・・・。

設備配管の準備も整い、

住宅設備機器類の設置も順番に・・・・。

先ずはお風呂(システムバス)の組み立てからで

現場では「箱」の状態である程度の

バスタブや鏡や備品も設置済みの状態に。

 

 

 

水廻りの位置関係は集約しつつ

設備の配管が分散しない状態で計画しているので

位置関係は連動して家事動線や生活の動線も

連続性を持たせた状態ですから

使い勝手はいい「位置」ですよ・・・・・・。

 

和室部分も大工さんが造作に入る準備、

仏間、違い棚、床の間にも

住まい手さんの、良い意味での「こだわり」の部分を

反映していますからね・・・・・。

床の間と違い棚の「壁」にも「カタチ」を

配慮しての・・・・「ちんくぐり」を。

 

床の間は、客を迎える部屋につくられます。

そもそも「床」とは、

ものをのせたり、

位の高い人が座る、

一段高い場所・・・・・。

 

床の間は、数ある部屋の中で

一番神聖な場所とされるんです。

 

壁には掛け軸。

その下には花入や香炉が置かれたりします。

硯(すずり)箱や書物などは、

隣にある「床脇」という空間に収納したり、

飾られたりします。

 

床の間は、こうした美術品を飾る場所として

発達してきました・・・・・。

「床の間」の起源は室町時代にさかのぼり、

歌会や茶会を催す時、

壁に掛け軸をかけ、

「押板」と呼ばれる板の上に、

美術品をおいて鑑賞しました・・・・・。

 

 

余談ですけど

今日のような形になったのは、

桃山時代から江戸時代初期にかけての事。

 

床の間という、ほの暗い空間の中で、

掛け軸に陰影ができ、

描かれた世界が奥深くみえるように・・・・・。

 

飾られるものが最もお客様に対して

印象的にそれを受け止めてもらえるようにするには、

適当な明るさというものが必要なんです。

 

光に対する感覚を日本の住まいのカタチは

よく証明していると思いますね・・・・・。

 

床の間の隣に設ける予定の「床脇」にも。

ここも客をもてなすための大切な空間です。

光は、「狆潜り(ちんくぐり)」を通して、「床脇」まで届きます。

「床脇」は、お客様がある意味・・・・美術品を

手に取って楽しむ場。

 

例えば、和歌の好きな客を迎える時には、

歌集を飾り、興にのった時、

客が筆をとれるように、硯箱と紙も用意するような。

 

床脇は、お客様への

さりげない心遣いを示す場。

座敷の込めるモノゴト・・・・・色々と。

 

 

さまざまな工夫が本来必要な「床の間」の配置。

「床の間」は、日本建築の特性をいかした、

座敷の中の小さな美術館だと思いますよ。

 

 

家のサイズという意味ではなくて

暮らしの質を生み出すように・・・・「気持ち」を反映するカタチを

現場で「リアルサイズ」を使って

昇華の途中ですよ。

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 人気建築家 有名建築家 売れっ子建築家
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

コメント

住宅新築現場でのカタチづくりの経過・・・・・(仮称)光の路と明るさのある家新築工事、ガラスブロックで変化する建築のフォーカルポイント、アクセント垂直の水盤で空間の質に非日常を。

2017年02月04日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

住まいと暮らしのシーンを「現場」で

カタチとしてデザインしている途中・・・・・。

木の家、木造住宅の新築。

(仮称)明るさと光の路のある家新築工事。

デザインのカタチが現場でも鮮明に

見えてくる途中。

 

この住まいの特徴であり「フォーカルポイント」

そして「光の路」となる壁であり窓である

ガラスブロックの特徴ある部分も

現場で見える状態に・・・・・。

ガラスブロックの職人さんの現場作業も

クライマックスに・・・・・。

 

住まい手さんとのプランの打ち合わせ段階、設計に入る段階で

打ち合わせしながら「彩り」の相談の際に、

ガラスブロックの提案・・・・・。

その際に「カラー」での特徴と心地よさを

設計してもらいたいですとの事で。

バランスを整えながら色をランダムに・・・・・。

ガラスブロックとは、建築用資材のなかで、

光を通箱状の建材で

壁や天井、床に使用することで

明るい部屋を演出できます。

 

 

光の透過が波とカラーを持ち・・・・煌めきを

屋内空間へと届けますよ。

 

中空という構造のため、

断熱性・防音性にも富んだ資材。

明るさを確保しつつ

外部の視線をシャットアウトしたい面に

使用する事が多い建材ですよ。

 

サッシのガラス窓は、

完全に「素通し」であることがほとんどですけど、

ガラスブロックには様々な商品があり、

ガラス面の波打ちや

すりガラス処理で

不透視性を高めたものもあります。

 

明るさは欲しいけれど、

外部から見られたくない面(道路に面した部屋など)で

僕は設計段階で住まい手さんに

提案させていただく事があります。

 

例えばですけど・・・・・。

今回は採用していませんが、

部屋を壁で完全に仕切りたい時も、

その壁によって部屋が暗くなってしまう場合には、

このガラスブロックを使用することで

明るさ確保ができますよ、

使い方のセンスアレンジで「意匠性」も

「心地よさ」「光の取り入れ具合」も変化しますよ。

 

 

ガラスブロックには

意外にも多くの色合いがありますので、

部屋のイメージに合わせた

「採光を意識した壁」ができますからね。

 

そのガラスブロックを光の壁として

デザインしましたよ・・・・・。

住まい手さんへ色の効果と

ブロック別に「ランダム」での色の効果を

提案させていただき、

現場で視察いただいた際にも

「先生すごーい、綺麗・・・・・すてきねー」と、

喜んでいただけましたよ・・・・・。

意識として、垂直方向の「水盤」のイメージで。

ヒカリの揺らめきと色の変化が

室内・・・そして室外(屋外)にも

彩を生み出しますからね・・・・・。

 

ヒカリの遊び心が生み出す「環境の余白」は

暮らしのシーンを「時間の妙」で「生み出しますよ。

 

 

時間変化をデザインに取り入れるという

設計の価値による「上質感」を生み出すように・・・・・・。

 

 

過ごす場所の価値を

デザインで考えてみませんか?。

階段空間を通じて「垂直方向の余白空間」を使って

吹き抜け空間と同様の心地よさを生み出す

設計の工夫で・・・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 人気建築家 有名建築家 売れっ子建築家
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

コメント

(仮称)光の路と明るさのある家新築工事の現場・・・・外壁の仕上げ材を現場で工事の途中・・・・今回の住宅での仕上げ材は「サイディング」。

2017年02月01日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

木造(木の家)二階建て住宅新築工事の現場・・・。

(仮称)明るさと光の路のある家。

 

 

現場では外壁工事の仕上げ材の下地工事が終わり

仕上げ材を現場で壁へ施工していく途中。

 

 

今回、外壁の仕上げ材として

選択しているのはサイディング材。

建材メーカー等で開発・製作、販売されている

壁の仕上げ材・・・・・。

 

 

さまざまな外壁材の中のひとつである

「サイディング」は、

ボード状の建材で工場生産されます。

 

 

比較的安価なものから、

高級なもの・・・・・。

いろいろな性能を持つものまで

種類は豊富にあり、

素材によって窯業系、金属系、

木質系、樹脂系などに分かれます。

 

 

窯業系は、セメント質と繊維質を

主な原料にして板状に形成したもの。

柄や色などのバリエーションが

豊富なことが特徴で「選択肢」が多い分

デザインでの幅を効かす事も出来ます。

 

 

金属系は、

成形したスチールやアルミ、

ステンレス、ガルバリウムなどを

表面材としたもので、

軽量で施工性が良く、

断熱材と一体のものであれば

断熱効果も高いことなどが特徴・・・・・。

 

 

木質系は、天然木や合板、

木片セメントなどを塗装したものです。

 

 

木の風合いを感じることができますが、

他のサイディングに比べて

メンテナンスの手間がかかります。

 

 

また、法令により

使用できない場合もあるので注意が必要・・・・・。

 

 

樹脂系は、塩化ビニル樹脂を原料としていて

軽量で建物に負担がかからず

耐久性に優れている商品。

 

 

また、水を吸わないので

凍結によるひび割れなどにも

強いのが特徴ですよ・・・・・。

 

 

 

人の暮らし、日常でも

冬の寒さから守ってくれる衣類には、

綿コートやダウンジャケット、

毛皮などいろいろとありますよね。

 

 

綿コートは軽いけれど、

毛皮に比べれば防寒性能が劣ります。

しかし、毛皮は非常に高価格です。

 

こうした防寒具の種類別のように、

住まいを守る外壁材もいろいろ・・・・・。

 

 

さらに外壁は寒さだけでなく

暑さや、時には火災からも住まいを守ります。

ぜひ、外壁材には

たくさんの選択肢があることを

知っておいてください・・・・・。

 

 

そして家づくりの際には、

性能やデザイン、

予算などの多方面から

検討されることをお勧めいたしますよ。

 

デザインのコンセプトや

家の特徴、好みなど雰囲気も併せて

建材ショールームでの検討も

僕の大事な建築家としての仕事の一部・・・・・。

要件によって・・・建材メーカの検討も

様々なメーカーショールームで

専属のコンダクターやアドバイザーを交えて

住まい手さんも交えて

丁寧に検討を重ねますよ。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 人気建築家 有名建築家 売れっ子建築家
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

コメント