奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

バスルームでの過ごし方と機能と種類・パーツの選択で居心地の変化をイメージするように住まいの設計デザインの勘所、家事(掃除)の側面と過ごし方(リラックスタイム)の両面から。

2020年11月03日 | 住まいの水まわり住宅機器

設計とデザインのチカラで

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

※システムバス採用事例・Panasonic製品(既存庭を開放的に眺める計画での特殊窓採用・YKK-AP)

 

 

※システムバス展示品(Panasonic center 大阪SRにて)

 

 

家を建てる時に

皆さんはどんなことを思い浮かべますか?

※システムバス採用事例・LIXIL製品(スチームサウナを楽しむ計画と浴室専用庭につながるウッドデッキへの3方向開口での採用)

 

暮らしの趣って大切で

過ごし方も変化しますよね。

家を建てる事が目的?

※LIXIL SR 採用当時(SRにて広さの検討)

 

そうでは無いですよね

どんな暮らしがしたいのか・・・・・。

そんな思考で住まいの計画打ち合わせを

いつも丁寧に考えていますよ。

※システムバス展示品(TOTO橿原SRにて)

 

家づくりのプロセスも大切な提案ですから。

そういう意味で、

この日は一日の疲れを癒す

水まわりの設備、浴室のセレクトで橿原TOTO・SRにて。

※システムバスパーツ仕上げ検討中(TOTO橿原SRにて)

 

現場で色々とつくっていく

造作ではなくてユニットで組み立てる

システムバスですが、

抗菌や防カビ、掃除のしやすさに加えて

インテリアの工夫も織り交ぜられているので

15年~20年以上前のモノとは明らかに異なりますし

年々その内容は進化しているので

保温やその他機能に加えて

窓の外との融合のさせ方、

パーツのセレクトを

意味のあるモノゴトで考える事によって

造作での環境を超える事もありますよ。

※システムバスパーツ仕上げ検討中(TOTO橿原SRにて)

 

使い方と過ごし方

浴室での過ごす時間に

どんな価値基準をおいて暮らしのイメージを

整えるべきかは大切・・・・・。

浴室に限ったことではありませんけどね。

 

バスルームで意識する事は何ですか?

コロナ禍だからという訳ではありませんが

家で過ごす時間、

どんな場所でもそうですが

清潔で居心地よく

過ごしやすさの価値基準を

大切に考えたいものです・・・・・。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、劇的に。

 

良い意味で暮らしに影響がある

そんな場所に選択でも整えるように・・・・・。

 

Produce Your Dream>>>>>

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

コメント

住まいの水まわり・住宅設備機器類・建材の選定で大切な理想と現実と役割・過ごし方の価値観と維持保全、住まいの設計デザインでの価値観の部分は過ごす時間のイメージが大切ですよ。

2020年09月19日 | 住まいの水まわり住宅機器

設計とデザインのチカラで

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

システムバス参考

 

皆さんは何の為に家を建てるのですか?

家を建てる事が目的ですか?

それとも家を建てる事によって

得る事の出来る「何か」ですか?。

 

 

毎日の暮らしの事色々と・・・・・。

住み始めてからの

理想と現実のバランスは

住まいの計画時に

きちんと考えておく事が大切。

 

 

暮らし始めてからのギャップは

色々とありますからね・・・・・。

その部分を「最初の段階」で

僕はいつも「家づくり」の過程

として提案していますよ。

 

理解して判断して対策を

イメージ出来るように・・・・・。

 

例えば、住まいのカビの事。

汚くて臭いカビは嫌な存在ですが、

実はさまざまな病気を

引き起こす「怖い」存在。

 

夏場をピークに発症する「夏型過敏性肺炎」は、

エアコンや浴室、

台所などに繁殖している

トリコスポロンというカビを

吸い込むことで起こる

アレルギー性の肺炎・・・・・。

 

住宅にとっても

人体にとっても嬉しくないカビは、

「温度」「湿度」「栄養分」などの

条件がそろうと繁殖します。

 

繁殖しやすいとされる温度は20~30℃。

湿度は70~95%で、

浴室にありがちな

黒いカビは湿度90%以上を好みます。

 

カビを減らす方法のひとつは、

こまめな換気によって

温度や湿度を下げること・・・・・。

 

そのためには窓や換気扇などの配置を考え、

風通しの良い家づくりを

することが大切です。

 

窓のレイアウトや種類、

サイズなどにも見え方だけではなくて

役目は色々とありますからね・・・・・。

 

また、木や珪藻土(けいそうど)、

漆喰(しっくい)などの

ある程度の調湿機能を持った材料を

過信しない範囲で

使用することも効果的です。

 

特に水まわり、

浴室は、温度と湿度の他に栄養分もあり、

カビが繁殖しやすい条件がそろっています。

 

入浴時に体から出る皮脂は

カビの栄養源となるので、

お風呂上りには

冷水シャワーで壁や床の汚れを流し、

同時に室温を下げておくと

カビ予防になります。

 

また、「皮脂汚れが付着しにくい床材」を

使用したユニットバスなどを

取り入れることも対策のひとつです。

 

ただし、こうしたものも

万能ではありませんよ。

SRの話しは実験なので

現状とは異なりますからね・・・・・・。

 

カビ対策はやはり「風通しの良い設計」。

「材料」「手入れ」の

条件整理が大切。

 

システムや性能だけではなくて

使い方や維持管理を盛り込んで

素材や建材、設備を

検討する事が家づくりには大切ですよ。

 

当たり前の事ですが

実は見落とされる部分ですから。

 

理想には現実を

程よく融合させることが大事。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、

劇的に・・・・・。

 

過ごす環境と

空間が生み出す意味を丁寧に。

 

良い意味での暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

雰囲気を味わう空間となる事で

過ごす時間の豊かさをデザインしていますよ。

 

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

コメント

住まいの設計とデザインの勘所・・・間取りと住まいでの過ごし方の工夫、キッチンで過ごす時間と台所としての使い勝手を丁寧に暮らしに応じてサイズのバランスは大切。

2020年09月18日 | 住まいの水まわり住宅機器

設計とデザインのチカラで

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

 

皆さんは何の為に家を建てるのですか?

家を建てる事が目的ですか?

それとも家を建てる事によって

得る事の出来る「何か」ですか?。

※設備建材メーカーTOTO橿原SR(アイランド型システムキッチン)

 

キッチンのポイントは、

「高さ」と「ワークトライアングル」の関係性。

※設備建材メーカーTOTO橿原SR(アイランド型システムキッチン)

 

広すぎず狭すぎずに・・・・・・。

最近は、暮らしの多様化もあり

キッチン(台所)の役割も

随分と変化していますよ。

 

単に「料理をつくる」

という場所だけでは無くて

過ごす場所としての価値を大切に・・・・・。

 

そして、理想的であり現実的な

キッチンを求めて

オリジナルの観点で

オーダーメイドキッチンを検討するケースや

セミオーダーキッチンを検討したり。

 

勿論、各建材設備メーカーの

システムキッチンでのカスタマイズも

そうですよ・・・・・。

 

そして、

キッチンの使い勝手に対する思いは

多種多様ですが、

基本的に押さえておきたい

そういうポイントが二つあります。

 

一つ目は「高さ」。

 

キッチンで行う作業には主に、

洗う(シンク)、包丁を使う(調理台)、

炒める(コンロ)があります。

 

それぞれの作業に最適な高さは

バラバラです・・・・・

 

とはいえシンク・調理台・コンロの高さが

バラバラでは段差ができて、

使い勝手の良いキッチンとは言えません。

 

そこで一般的には、

包丁を使う調理台に適した高さを

基準に考えます・・・・・。

 

調理台が高すぎると腕が疲れ、

低すぎると腰が疲れます。

 

高さの大まかな目安は

「身長÷2+5cm」とされていますが、

いま使っているキッチンの高さも参考にしたり、

建材設備メーカーのショールームで

実際にキッチンの高さを

体感してみることも大切ですよ。

 

ショールームのキッチンを見学するときは、

必ず靴を脱いで実際の

身長で高さを測るように。

 

二つ目は「作業動線」。

 

作業動線のポイントになるのが、

冷蔵庫、コンロ、シンクの位置関係。

 

この三つの中心を結ぶ三角形を

「ワークトライアングル」と言い、

正三角形に近いほど

作業効率がアップします。

 

理想的なワークトライアングルの長さは

三辺の合計が3.6~6m。

 

これ以上長くなると

無駄な動きが多くなって

作業効率が悪くなり、

逆に短すぎると調理や配膳、

または収納のスペースが

不足するといった不具合が出てきます。

 

単純に広ければ使いやすい

という事ではないので

その辺り・・・注意が必要ですよ。

 

キッチンで過ごす時間は

決して短くありませんよね。

 

過ごし方を丁寧考えると

暮らしも上質に変化しますよ・・・・・。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、

劇的に・・・・・。

 

過ごす環境と

空間が生み出す意味を丁寧に。

 

良い意味での暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

雰囲気を味わう空間となる事で

過ごす時間の豊かさをデザインしていますよ。

 

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

コメント

生活環境を整えて心地よくす過ごす空間がある家に・・・住まいの設計とデザイン、家事時間を過ごす場所でありつつも団らんや休息の場所でもあるLDK(キッチン)台所の価値観とスタイル。

2020年09月05日 | 住まいの水まわり住宅機器

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

建築デザイナー

設計とデザインのチカラで

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

※建材メーカーWOODONE・SR

※建材メーカーWOODONE・SR

 

皆さんは何の為に家を建てるのですか?

それは大事な部分・・・・・。

 

住まう人の心を癒す暮らしの空間を創出するように。

 

家を建てる事が目的ですか?

それとも家を建てる事によって

得る事の出来る「何か」ですか?。

 

「I型(1列型)」「II型(2列型)」「L型」「U型」に、

「ペニンシュラ型」「アイランド型」と

キッチンスタイルは様々なのですが・・・・・。

※住設メーカー・TOTO橿原SR

※住設メーカー・TOTO橿原SR

 

キッチンはレイアウトによって

使いやすさやデザイン性が

大きく変化しますよね。

※トーヨーキッチンスタイル大阪SR

※トーヨーキッチンスタイル大阪SR

※トーヨーキッチンスタイル大阪SR

 

思いのほか滞在時間が長く、

使用頻度も高いキッチンとその周辺。

 

快適でありつつも実用性があり

機能性もそうですが

充実した時間を過ごす場所としての

キッチンスペース(台所)にするための

ポイントはいくつかありますが、

長く愛せるキッチンをつくるためには

レイアウト選びを慎重にしたいものですね。

 

レイアウトは家事くうかんとしての

「ワークトライアングル」とも

密接に関係しています・・・・・。

 

ワークトライアングルとは、

「シンク」「加熱調理器(コンロ)」「冷蔵庫」の

それぞれ中心点を線でつないだ

三角形のことで、

三辺の合計が3.6~6mの範囲が

適切とされています。

 

これより長いと動く距離が増えて

作業効率が悪くなります。

 

また「身長÷2+5cm」。

 

これはキッチンの高さの目安に

使われる計算式です。

 

高すぎるキッチンは腕が疲れ、

低すぎると腰が疲れます。

 

さらにキッチン本体の背後に

配置されることが多いキッチン収納。

 

このキッチン収納には

「引き戸」や「開き扉」のタイプがありますが、

今は「引き戸」のほうが圧倒的に

要望としてが人気だったりします。

 

室内の扉もそうですが

引き戸は開き扉のように

開閉時に自分自身が動かなくてすみます。

 

また調理中に戸を開けたままでも

邪魔にならないので、

「調理がスムーズに行える」

といった点が人気の理由。

 

でも実際には、住まい人の習慣や

癖、家事の効率性や身体的な移動の事

様々な個別要因をどれだけ配慮して

イメージする事が出来るのか?

 

建築の計画論だけに頼るのではなくて

どれだけ日常をデザイン出来るのか?

 

いずれも「自分のスタイル」に

あっていることが一番大切です。

 

これらの事だけではありませんが

長く愛せるキッチンについて

考えておく事で

日常生活の時間での過ごし方も

上質に暮らしやすさの時間を

感じる事が出来ますよ・・・・・・。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、

劇的に・・・・・。

 

過ごす環境と

空間が生み出す意味を丁寧に。

 

良い意味での暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

雰囲気を味わう空間となる事で

過ごす時間の豊かさをデザインしていますよ。

 

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

コメント

住まいと暮らしの生活環境提案と間取り工夫・LDK(リビング・ダイニング・キッチン)、寝室、廊下、収納エリアと同様に水まわり、洗面脱衣、浴室、トイレ、それぞれの空間設計デザイン採用の意味

2020年03月08日 | 住まいの水まわり住宅機器

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

設計とデザインのチカラで

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ

 

※建材設備メーカーショールーム展示品・システムバスルーム(ユニットバス)

 

浴室(お風呂)の空間を

しっかりと意識していますか?

 

キッチンやリビング、ダイニング・・・・・。

LDKスペースや寝室、趣味の部屋、

それぞれの過ごす部屋と同じように

水まわりスペースとなる

トイレや洗面脱衣、浴室(お風呂)、

ランドリースペース等

勿論、収納スペース(物入れ・納戸・クローゼット)

様々な生活環境を整えるべき

居住の為のスペースバランスで

過ごし方も心身の健康状態も変化しますよね。

※建材設備メーカーショールーム展示品・システムバスルーム(ユニットバス)

 

いくらLDKスペースが充実していても

寝室が風通し悪かったり不衛生な環境

または極端に

モノがあふれているスペースだったりすると

寝る時にも落ち着きにくいし、

一日のストレスも解消されにくいですよね。

 

トイレも、極端な位置にありすぎたり

洗面スペースと共同でOKな

生活習慣であればいいですけど

そうでは無ければ

デザインと見た目だけで

考えてしまうと

落ち着かないでしょうし・・・・・。

※建材設備メーカーショールーム展示品・システムバスルーム(ユニットバス)

 

そういう意味で、

今回は少し浴室(お風呂)の話しを。

 

浴室(お風呂)には大きくは

3つの工法があり、

フルユニットバス(システムバス)

ハーフユニットバス、

フルオーダーメイド(造作)、

となり、工法によって

全体のレイアウトも変わりますし

雰囲気も随分変わりますよ・・・・・。

 

一般的に最近用いられやすいのは

ユニットバス(システムバス)ですが、

僕が建築の世界に飛び込んだ

25年以上前、

建築家として独立した16年前

からと比較すると格段に良くなっています。

※建材設備メーカーショールーム展示品・システムバスルーム(ユニットバス)

 

そんなユニットバスと浴室空間の事を少し。

浴室内にあるバスタブもシリーズや

部屋全体のサイズによって

随分異なりますが

バスタブのお湯もたっぷりで

冷めにくく温かい時間が続く・・・・・。

たっぷりのお湯で寛ぐ時間・・・・・。

バスタブに入った際の

サイズ感も知りたい場合は

実際にバスタブ空間に入って

サイズ感も確かめるように。

※実際に採用した経緯のある上記同様メーカーのシステムバスルーム(浴室専用のバスコートもデザインしています)

※実際に採用した経緯のある上記同様メーカーのシステムバスルーム(浴室専用のバスコートもデザインしています)

 

展示しているバスルームをしっかりと

確認する事が出来るのもユニットバスのメリット。

 

例えば・・・少し異なった角度からそのメリットを。

入浴中の事故は交通事故よりも

多いのをご存じでしょうか?。

 

入浴中の急死・急病の原因は

心肺停止、脳血管障害、

一過性意識障害(失神)、

溺水・溺死とされており、

特に冬場の寒冷地に多く見られます。

 

暖房の効いた部屋から

寒い脱衣室に行って服を脱ぎ、

熱いお風呂に入る。

こうした温度差は

血圧の乱高下や脈拍の急激な変化をもたらし、

脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などを

引き起こす「ヒートショック」の引き金・・・・・。

 

このようなことが原因で亡くなる人は

よく勉強会などでも話を聞いたことが

あるかも知れませんが

推定年間1万人以上とされ、

交通事故死の2倍以上にもなります。

 

ヒートショックから身を守るには

急激な温度差をなくすこと。

たとえば浴室換気暖房乾燥機は

浴室の換気・暖房・乾燥などが目的ですが、

ヒートショック対策にも一役買っています。

 

暖房機能で入浴前に浴室を暖めておけば、

浴室に入ったときのひんやり感が緩和でき、

急激な温度変化をなくせます。

 

浴室換気暖房乾燥機は

便利でメリットも多く、

導入を希望されるご家庭は少なくありません。

勿論僕も「暮らし方」という意味で

洗面脱衣室の方も「過ごす充実度」を

提案しながらその部分は「一体」の考えで

仕様を含めた提案・・・・・。

 

そして暖房機能のほか、

換気・乾燥の機能は

湿気を抑えてカビや結露の発生を減らしてくれます。

 

衣類乾燥機能は

雨の日でも夜でも洗濯物を乾かせるので、

時短としても強い味方です。

 

最近ではミストサウナ機能、

カビ抑制機能、涼風機能など、

より多機能化していて、

消費電力を抑える省エネタイプや

静音タイプもあります。

 

システムバスだから充実している

リラックス機能もあったり

予算やライフスタイルにあった機種を選ぶには、

各設備建材メーカーのSRを

上手く活用することがお勧めです。

 

そして大事なのは、

設備面機能面だけの事を考えて

提案を受けるのではなくて

暮らし方と生活環境

建築のスペースと連動性を踏まえた「良さ」を

どのメーカーの商品が適していて

どのメーカーの商品が適していないのかを

判別しながら機能と使い勝手も

検討するという事・・・・・。

 

各社の特徴も色々差がありますからね。

僕自身は間取りの提案前に

価値観から「住まい手さん」の暮らしの習慣や

住まいの水準、意識にfitするように

メーカーを定めて案内を

いつもさせていただいていますよ。

 

ショールームの見学をご希望の場合には、

ご案内させていただきますので

気軽に声をお掛けください。

 

「デザイン」の提案と

暮らしの質的向上の提案を・・・・・。

 

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

 

 

コメント

建築家から見る間取りキッチンと暮らしと生活水準と上質な暮らしへの変化にも色々・・・間取りから考えるリフォームとキッチン、水廻りの使い勝手が変化するリフォーム、新築でのデザイン設計の質的価値

2019年10月29日 | 住まいの水まわり住宅機器

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

※トーヨーキッチンスタイルSR

 

住まいと暮らしの関連性にも色々と。

家事の中心となるキッチンのエリア。

LDK空間としての考え方と

台所(キッチン)エリア単体での考え方。

そして、家事全般として

水まわりエリア・・・・・。

キッチン・洗面脱衣・家事室・洗濯室、

ミセスコーナー・洗濯場、物干し場というゾーンでの考え方。

※トーヨーキッチンスタイルSR

 

様々な検討要素や

設計とデザイン、キッチンのレアウト空間として

ダイニングスペースや

リビングエリアとしてのコーディネートで

使い勝手の変化する部分・・・・etc。

 

 

様々な雰囲気に関しても

コツがあるのですが

その中でも先ずはキッチン単体の事色々と。

※トーヨーキッチンスタイルSR

 

新築の場合もそうですが

リノベーション、リフォームの場合でも

キッチンのエリアは要になります・・・・・。

※トーヨーキッチンスタイルSR

 

そして、キッチンを

リフォームしたいとお考えの方も

いらっしゃると思います。

 

新品の、理想適で

使い勝手の良いキッチンで料理できるとなると、

毎日の料理も家事も、

時間の使い方も変わり

調理時間の質も変わりますよね。

※トーヨーキッチンスタイルSR

 

でも・・・・キッチンやその周辺のリフォームでは

どのような点に気をつけたら良いのか、

また費用はどれくらいかかるのか、

心配な点も多いと思います。

※トーヨーキッチンスタイルSR

 

 

キッチンをリフォームする際に

考えておきたい部分を色々と・・・・・。

 

キッチンを選ぶ際のポイント

間取りや家全体の考え方でもそうですが

優先順位をつけるという事。

 

キッチンのリフォームといっても、

目的は1つでは無いことが多いですよね。

※トーヨーキッチンスタイルSR

 

収納箇所を増やしたい、

間取りを変えたい、

高性能なキッチンがほしい、

など・・・要望が

いくつかあると思いますが、

まずは優先順位を決める事が大切。

 

なぜキッチンのリフォームをしたいのか?

ある程度その理由が明確だと

リフォームはうまくいきます。

 

その上で、キッチンの型を決めるように。

キッチンは大きく分けて4種類あり、

それぞれ特徴があります。

 

どの型が合っているか、

間取りと相談しながら決める必要があります。

 

I型、I字型キッチンは、

最も基本的なキッチンで、

コンロやシンクが一直線にならんでいるタイプです。

 

サイズが大きくなるにつれて

移動距離も大きくなります。

 

II型II字型のキッチンは、

コンロやシンクが2列に分けられ、

IIという文字のように

平行に伸びたキッチンになっています。

 

動線は短いですが、

広いスペースを使います・・・・・。

 

L型キッチンは

コーナーに合わせたキッチンです。

動線は短いですが、

コーナー部分を上手く利用できないことがあります。

 

U型キッチンは、

II型の端の一方を繋げたものです。

II型より広い調理スペースがありますが、

活用が難しいコーナーも2つに増えます。

 

そのつぎに、色や質感を決めるように。

色は見た目の印象を変えるとても大切な要素です。

キッチンの色は大きく分けると、

白、木目、濃い色、薄い色のものが多いです。

 

キッチンの型にもよりますが、

配置も重要な要素です。

 

例えばI型でも、

壁にぴたりとつける、

壁と離して一方から入れるようにする、

アイランド型にして両方から入れるようにする、

といった配置の方法があります。

 

細かな内容はまだまだ沢山あるのですが、

今あるキッチンを基準に、

高さや幅を

ある程度考えておく事も・・・・・。

 

それぞれ身長や家事の動き

調理の癖などの違い・・・etc。

実情の把握も忘れずに。

 

リフオーム費用については数え上げれば

キリがないのですが、

キッチンリフォームに限った場合だと、

キッチン本体費、取付工事費、

必要なら配線や配管の調整費がかかります。

 

全体費用は、単純に

現在あるキッチンのカタチと同様の形態のキッチンを

入れ替えるだけであれば

窓の位置、床の状態、壁周辺の仕上げの状態

電気関係の状態にもよりますが

100万円前後が・・・・。

周辺の床や壁、天井、窓

ガスなのかIHでの電気なのか?

そういう要素を含み

間取りを加味して変えると400~600万円ほど

かかる場合もあります。

 

勿論選択する「キッチン本体」の価格による差も。

 

ただし、これはあくまで目安であり、

キッチンの性能や型、

要望によって大きく左右されます。

リフォーム前に必ず見積もりを出してもらい、

キッチン単体の値段だけでは無くて

設置場所やその周辺の

関連する場所との調整範囲

影響範囲を含んだ適切な

工事費用の説明を受けることが大切です。

 

キッチンを変える際は目的に優先順位をつけ、

何を重視するのかを

明確にしておくことがコツですよ。

 

キッチンだけに限った

話しではありませんが、

何を見据えてリフォームをするのか?

それを見失うと、

そのリフォーム自体が

意味を持たなくなりますからね。

 

暮らしの付加価値、選択の違いから

生活の水準が良い意味で変化しますよ。

 

※IDC大塚家具モダンスタイルショップ淀屋橋SR

 

過ごす時間という周辺を意識する事の大切さを

暮らしのイメージの中に

建築が出来る提案の部分を丁寧に・・・・・。

 

暮らしの事、「機能と場所の使い方」からも

丁寧に考えてみませんか?。

設計とデザインの価値は物の新しさ古さによる

利用価値や過ごしやすさではなく

人の暮らしそのものを

上質にそして価値ある時間を

心地よく暮らしそのものを変える事によって

心身の状態にも価値を与えますから・・・・・・。

 

住む場所、暮らす時間で変化する

気持ちよさの違いを実感する事ありますよね。

 

リフォームも新築も

そういうところが基本ですよ。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

コメント

間取りと暮らしの設計デザイン提案前の段階で考えるべき生活と暮らしのスタイル・・・LDK空間での過ごし方と家事の連動を意識して考えるべき内容提案、キッチン(台所)と使い勝手の違い。

2019年09月27日 | 住まいの水まわり住宅機器

 

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

※アイランドキッチンスタイルでのLDK空間提案デザイン設計

 

住まいの設計と間取りと

家族と暮らしの関係性にも色々・・・・・。

 

家族単位で考えてみても

家に居る時間の長さ、

使う密度の違いは生じますよね。

 

家の中で使う空間として

LDKや水まわり、個室など様々ですが

家にいるうちの半分ほどの時間を、

キッチンで過ごすといっても

過言ではありませんよね・・・・・。

※アイランド型キッチンでのダイニングテーブル一体型デザイン

(トーヨーキッチンスタイルSR展示)

 

できるだけ使いやすく、

快適な場所にしたいものです。

※ショールーム(SR)でのコーディネーターとの打ち合わせ

 

キッチンにもいろいろなスタイルがあり、

大きく分けると

オープンキッチン、

セミオープンキッチン、

クローズキッチンの3つに

分けることができます・・・・・。

 

 

オープンキッチンには、

壁に接することのない

独立したアイランド型や

対面式のペニンシュラ型、

壁面に取り付けるタイプの

壁付け型などがあります。

※水まわりSRへ住まい手さんご家族をご案内(TOTO)

※水まわりSRへ住まい手さんご家族をご案内(TOTO)

 

家族や友人たちと

楽しく会話を楽しみながら

調理をすることができるので、

最近の住宅に多く見られるタイプです。

※水まわりSRへ住まい手さんご家族をご案内(TOTO)

※水まわりSR(TOTO)現在検討中商品シリーズの一部

 

しかし、来客があっても

すべてが丸見えになってしまうといった

ある種の考え方によっては

デメリットも存在します・・・・・。

※水まわりSR展示品紹介(クリナップSR)

 

セミオープンキッチンは、

オープンとクローズの

ちょうど中間タイプ。

 

キッチンとダイニングが

一体化していますし、

対面式なので

家族の様子を見ながら

調理が可能でありながら

作業台が丸見えになることはありません。

 

しかし片方は完全に塞がれていますので、

動線がスムーズにいかないという

デメリットもあります。

 

クローズキッチンは、

完全にキッチンが独立しているタイプです。

 

昔の家に多く、

キッチンが一つの部屋として

スペースが確保されています。

 

誰からも見られることなく

自分のペースで作業ができるので、

集中して調理をしたい人には

おすすめですが、

人の気配を感じながら

調理をするのは

難しい空間のレイアウトになります。

 

このように、

キッチンのスタイルはいろいろあります。

 

どれもメリットとデメリットがありますので、

家族構成や自分の好み、

勿論使い勝手や暮らしの趣によって

どのようなスタイルを選択するのか

大きく左右されるところです。

※対面式のペニンシュラ型キッチン(ウッドワンSR)展示

※ご愛嬌で・・・・・。

 

キッチンスタイルを選ぶ際には、

自分がキッチンをどのように

活用したいかということを

考えながら選ぶように・・・・・。

 

家族や友人との団らんを重視するのか、

それとも自分が調理や作業をするとき

集中できる環境に近いスタイルを

重視するのかをよく検討する様に。

 

キッチンレイアウトは

簡単にスタイルを変えることはできないので、

よく考えてキッチンのスタイル選びを

することが大事ですよ・・・・・。

 

特にオープン、セミとは違い、

クローズは後から変更はききません。

 

どのタイプのキッチンスタイルを

選択するかによって、

LDK空間や部屋の雰囲気、

暮らしと家事と生活の動線も

ずいぶん変わってきますので、

部屋の間取りについて考えるときから

ある程度自分の好みの

スタイルを決めておくことは大切ですよ。

 

実際どのような感じになるのか

イメージがつかみにくい場合には、

キッチンのショールームへ

出かけてみるとよいヒントになります。

 

なので、僕は建築家としての仕事の

住まいの設計デザインに対して

ご相談をいただいた段階で

間取りを考える前に、

先に一旦、そういった水まわり商品や

建材関係を含めた「ショールーム」へ

ご案内、同行をさせていただいていますよ。

 

間取りを考える前の「順序」と「内容」と

生活の為、暮らしの為の

生活な知恵と知識を

提案さ得ていただく段階を

先に丁寧に・・・・・。

 

建築と暮らしの周辺を意識する事の

大切さをイメージの中に

家づくりの検討を楽しんでみませんか?。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

コメント

住まいの設計と水まわりスペース・・・洗面・脱衣・トイレ・浴室(お風呂)・洗濯スペースの位置関係と連動性のデザイン、毎日使い、居心地を左右する生活空間の要、LKDとの連動も大事な、癒しと家事空間。

2019年01月31日 | 住まいの水まわり住宅機器

注文住宅・マイホーム・住宅設計

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

※水まわりスペース一体型空間提案デザイン設計CG事例

 

 

暮らしの空間と

水まわりスペースの使い勝手。

多くの場合、

洗面室は浴室の横に配置され、

脱衣室としてやランドリースペース

としても利用されますよね。

 

狭い空間には洗面、脱衣、洗濯、

収納スペースが詰め込まれ、

顔を洗う、化粧をする、服を脱ぐ、

洗濯をする、収納するといった

暮らしに直結した場所なのに、

実際はプラン作りの際に

意外と後まわしにされがちだと思いませんか?

 

しかし、家族構成によっては

使用頻度や使うタイミングが異なり、

求める機能も人それぞれなので、

十分に検討しておかないと

ドライヤーの置き場所がない」

「コンセントの数が足りない」

「洗濯洗剤などをストックする場所が足りない」

といった不自由を感じる事にも

なりかねませんから・・・・・。

 

そんな洗面脱衣室で

ポイントとなるのが洗面化粧台。

 

洗面化粧台には「カウンタータイプ」や

「洗面器一体タイプ」といったものがあります。

 

カウンタータイプは

空間に合わせて自由に選び、

組み合わせることが得意・・・・・。

 

一方の洗面器一体タイプは

比較的コンパクトで、

価格が手ごろなものが

多いことが魅力だったりします。

 

お化粧やヘアドライヤー、

ひげそりはどこでするのか?。

 

家族が多い場合には

朝の洗面ラッシュに対応できるのか等、

家族の行動を客観的に振り返って

プランを考えたいものです。

 

また脱衣室を兼ねる場合には、

バスタオルや下着の置き場所が

必要になりますよね・・・・・。

 

さらに見落としがちなのは換気です。

お風呂から人が出た瞬間、

お風呂の湿気は一気に洗面脱衣室に

流れ込みます。

 

ですから、浴室だけでなくて

洗面脱衣室も、

窓や換気設備で湿気対策を

考えておく事、勝手口の通気などを

考えておく事大切です。

 

具体的な生活シーンを想像しながら

プランを検討する事で、

暮らし始めてからの

使い勝手が変わりますよ。

 

家の構成と生活環境で変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と暮らしのカタチを

上質に心地からデザインするように。

 

注文住宅の設計デザイン・ご相談、

ご連絡はホームページお問い合わせから。

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

 

コメント

キッチンから暮らしを変えるインテリアの価値・・・融合する機能とデザインと使い勝手で生活環境と暮らしの意識が心地よく融合する選択とデザイン設計の価値、間取りとレイアウトと環境デザインの視野。

2018年09月07日 | 住まいの水まわり住宅機器

注文住宅・マイホーム・住宅設計

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/ 

※トーヨーキッチンスタイル大阪SR

 

毎日の暮らしを支える空間を丁寧に大事に。

暮らしの環境をデザインする事で変化する

生活基準と意識と心地よさ・・・・・。

※トーヨーキッチンスタイル大阪SR

 

キッチンは勿論・・・・・。

主に料理をするところですが、

使い方や頻度は、

住まい手さんの家族構成や

生活環境によって異なります・・・・・。

※トーヨーキッチンスタイル大阪SR

 

そのため、実際には基本的な

キッチンのレイアウトがありながらも

様々なレイアウトが考えられ、

実際には窓の位置やサイズなどと同様に

実際のレイアウトに対して

要望と理想と現実をまとめて

しっかりと設計するべき重要な場所。

※毎日新聞奈良版

 

今年7月に掲載された毎日新聞の記事の際にも

取材の際にお話しをさせていただいてた内容なのですが

暮らしの感性とインテリアと

囲まれて暮らす空間の持つ魅力での

暮らしの質感との個性のバランス・・・・・。

 

※毎日新聞奈良版

 

キッチンとその周辺が変わる事で

毎日の家事の意識と過ごす時間の質を

良い意味で変化させますよ・・・・・。

 

昭和の時代や平成の最初の頃では、

臭いや煙といった衛生面から壁で囲み、

リビングやダイニングとは切り離し、

厨房の様な場所として計画する事が

当たり前でもある場所のようでしたが、

最近では調理そのものの変化や、

コミュニケーションを重視する考え方などから、

リビングやダイニングと一体で計画する

オープンキッチンなキッチンのスタイルが

主流だったりします。

※トーヨーキッチンスタイル大阪SR

 

しかしどのような形でオープンにするのかは様々で、

キッチンの背面を壁に寄せてしまい

正面を全て見せる壁付け型や、

ダイニングに向かって

対面式にレイアウトしオープンにするアイランド型、

または・・・対面式ではあるものの、

少し手元が隠れるよう壁を立ち上げる等・・・・・。

 

いずれにせよオープンにするという事は、

リビングやダイニングと

自然に馴染むように設えていく事が大切。

※トーヨーキッチンスタイル大阪SR

 

リビングとダイニングは

ソファやテーブルといった家具によって

役割が分けられている程度で、

そこまで異なる要素ではないですが、

キッチンは設備機器が多く集まり、

明らかに機能が大きく異なるゾーン。

 

 

そのため、暮らしのひずみを生み出さないように

キッチンをいかに家具の存在のように

生活の一部に馴染むような

インテリアとして見せるかは、

LDKを一体で設計する上で

非常に大事だったりします・・・・・。

 

作業場でありつつインテリアの要素でもあるように。

 

 

暮らしの質をデザインするということ。

 

 

吟味すべき暮らしに必要となる

「本当の価値の設計」から選択しながら

間取りと生活環境と素材の設計と

選択とデザイン・・・・・。

 

 

空間で変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と暮らしの

カタチを立体的構成力で・・・・・。

 

 

注文住宅の設計デザイン

ご相談、ご連絡はホームページお問い合わせから。

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

コメント

間取り検討、住まいの新築工事、リノベーションで考える事、家事動線、デザイン設計の工夫の前にそれぞれ各社の水まわりメーカーの商品検討も大切な設計検討の時間、LDK空間の使い勝手とレイアウト。

2017年09月22日 | 住まいの水まわり住宅機器

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

住まいの計画色々と・・・・・。

 

 

LDKやキッチンでの過ごし方と連動して

システムキッチンは、

各水まわりメーカーの商品を

色々と状況に合わせて

住まい手さんの暮らし方や

相談、打ち合わせの内容を加味して

僕の方で事前に提案のセレクトを

検討したりしています。

ハロウィンも近づいてきたので

ショールームのインテリア小物も

そんな感じに・・・・・。

 

そういう事で、水まわりメーカーの

クリナップショールームに。

 

 

かゆいところに手が届く工夫が

キッチン商品のあちらこちらに

施されていますからね。

 

 

久し振りにショールームアドバイザーで

キッチンスペシャリストでもあり

整理収納アドバイザーの

増田さんとイロイロと打ち合わせ。

 

 

この日は住まいの間取りプランに応じて

可変性のありかたも視野に

打ち合わせしながら

実際のショールームに展示されている

ジオラマ展示も視野に・・・・・。

 

ステンレスのデザインや

その質感、清潔の持つ意味など

日常の暮らしと家事の関係の接点を

キッチンから考えるという観点で・・・・・。

 

LDK全体でのキッチンの存在意味も

大事な部分で、

生活時間の違いをデザインする部分も

検討しつつの商品吟味。

 

 

見えるキッチンのレイアウト。

開放感が欲しいという視点で

LDKにキッチンをレイアウト計画する場合、

アイランド型を検討する事が多いですが

やはりキッチンがLDKの一部に

どう反映させるのかが

ポイントになりますからね・・・・・。

 

 

システムキッチン(キッチン)の

レイアウトには

「I型(1列型)」

「II型(2列型)」

「L型」「U型」に、

「ペニンシュラ型」「アイランド型」と

キッチンスタイルはさまざま・・・・・。

 

 

キッチンはレイアウトによって

LDK空間に対して、家事に対して、

動線に対して、個人差に対して、

使いやすさやデザイン性が

大きく変化します。

 

 

思いのほか滞在時間が長く、

使用頻度も高いキッチン。

 

快適な時間を過ごす

キッチンにするためのポイントは

いくつかありますが、

長く愛せる好みのキッチンエリアを

つくるためには

レイアウトは重要ですよ。

 

 

レイアウトは「ワークトライアングル」とも

密接に関係しています。

ワークトライアングルとは、

「シンク」「加熱調理器(コンロ)」

「冷蔵庫」のそれぞれ中心点を

線でつないだ三角形のことで、

三辺の合計が3.6~6mの範囲が

適切とされています・・・・。

 

 

これより長いと、

キッチン周辺で

調理など、家事時間に対して

動く距離が増えて作業効率が悪くなります。

 

 

そして「身長÷2+5cm」。

これはキッチンの高さの

目安に使われる計算式です。

床からの作業台(カウンター)までの高さが

高すぎるキッチンは腕が疲れ、

低すぎると腰が疲れます。

 

さらにキッチン本体の背後に

配置されることが多いキッチン収納。

このキッチン収納には

「引き戸」や「開き扉」のタイプがありますが、

今は「引き戸」・・・引き出し式で考える事が

多くなっています・・・・。

 

 

収納容量や家事の際の人の動き方や

物の出し入れを考えるとわかりやすいですよね。

引き出しや引き違いにする事で、

開き扉のように、開閉時

自分自身が動かなくてすみますよね。

 

 

また調理中に戸を開けたままでも

邪魔になりにくいので、

「調理がスムーズに行える」といったところも勘所。

いずれも「自分のスタイル」に

合っていることが一番大切です。

 

 

実際に使う事になる

建材や水まわり商品のセレクト・・・・・。

ショールームでの実体験を

僕はいつも建築家としても

生活者の一人としてもおススメしていますよ。

 

家事の動きを想定しながら

個人差での使い勝手の部分も

丁寧に・・・家事動線と設計の連動と

デザインの持つ意味を考えながら

展示品も参考に

「長く愛せるキッチン」について

じっくり考えてみたいですよね・・・・・。

 

 

家づくりの際の「時間」の使い方を

アドバイスする事も僕の大事な

仕事の一部ですから。

 

その時間と体験(体感)、

検討する事での質の差で

実際に住んだ時の理想と現実の

ギャップ差が異なりますからね・・・・・。

 

 

そして、ショールームアドバイザー

増田さんの「案内」は

余談も含めて参考になりますよ。

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

 

 

コメント

住まいの新築計画で住まい手さん家族を水まわりメーカーショールームへご案内・・・システムキッチン、トイレ、浴室、洗面化粧台等を体験、体感で「可能性」と「方向性」をデザインする検討要素。

2017年09月09日 | 住まいの水まわり住宅機器

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

住まい手さんご家族との

家づくりの打ち合わせ色々と・・・・。

 

 

この日は、建材関係で

住まいの水まわり総合展示場

TOTO橿原ショールームでの

商品候補の検討に。

 

 

住まい手さんの暮らしの趣きデザイン

と同様に水まわり、衛生設備機器類の

事前の方向性検討としての時間も大事。

 

 

キッチンも、LDK空間の構成要素として

I型、L型、オープンキッチン

アイランドキッチン等

色々と方向性がありますからね。

実際の使い勝手の部分や

サイズ感を体験していただく時間に・・・・・。

キッチンやキッチン収納、

洗面、浴室やトイレ空間の事・・・・・。

 

それぞれの機能面や使いやすさの部分も一通り

ショールームアドバイザーMさんからの

説明を聴きながら実体験・・・・・。

 

ショールームアドバイザーのMさんに

この日は住まい手さんの

ご案をお願いして、

同行しながら、

暮らしの趣やご家族での価値観、

家事動線や使い勝手の部分を

シミュレーションです・・・・・。

 

 

カラーのイメージも

住まいの空間構成にかかわってきますからね。

 

 

この内容は「間取り検討」の際に

重要ですからね。

間取りを決める前に、

どのような使い勝手が存在しているのか?

という事を認知して、

それを踏まえる事で随分と

暮らしの可能性に対しての視野や

お話しの内容も

「バリエーション」の違いが異なりますからね。

 

 

掃除や日常の手入れの部分も・・・・・・。

奥様にとっては「毎日の掃除」は

気になる部分ですからね。

 

浴室の床掃除・・・・・。

 

その内容も実演を見学しながら

「メーカー商品の特徴」も吟味。

 

 

 

浴室(システムバス)の体感も・・・・・。

部屋自体のサイズ体感もそうですが、

シリーズ全体の機能と合わせて

バスタブの形状とそのメリット、デメリットについても。

 

実はこの順番が大事だったりします・・・・・。

ネットや住まい造りの経験者からの「情報」と

実際の違いとその差が「この体験」を先に行う事で

存在する事に気づけますからね。

 

 

そこまでしない業界人も多いですが

方針として「そういう部分」での

寄り添い方も

僕の建築家としての仕事の一部ですから。

 

計画論だけではない実際の動きや体勢、

普段の癖や日常の作業状態を再現しつつ、

体感、体験する事は大切ですよ・・・・・。

今後も「その時間」を、

住まい手さんご家族との

打ち合わせの「段階」を確認しながら

調整ですよ。

 

ひとそれぞれ「身体」と「動作」と「空間」、

「サイズ」の動きが異なりますからね。

建材メーカーによる違いも視野に

各家庭で異なる

心地よい暮らしの意味を

設計デザインに

盛り込む準備を整えつつ・・・・・。

 

 

暮らしの時間と空間を丁寧に考えて

準備する僕の建築家としての

仕事の一部・・・・・・。

 

 

机上でのデザインや現場での打ち合わせ

だけがクローズアップされがちですが、

目に見えない丁寧な部分の仕事の蓄積が

完成する住まいの質にも直結しますからね・・・・。

 

 

ショップでの洋服のコーディネート

ではありませんけど、

似合うという意味をもっと広域で考えた際と同様に、

ご家族の希望を

聴かせていただくだけではなくて、

計画性のデザインと提案、

家族にとっての

暮らしの時間と質のよい建築空間で

過ごす事が出来る様に「コーディネート」での違い。

 

 

アドバイスの質で

新しい価値観とともに

場所の可能性を拡げつつ

丁寧に・・・暮らしを豊かに提案検討です。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

コメント

日々の家事の事を丁寧に考えてLDKからキッチンスペース・ダイニング・リビング、トイレ、洗面脱衣、お風呂(浴室)・・・選択スペースへの移動と作業内容、長く居る場所としてのキッチン動線。

2017年09月04日 | 住まいの水まわり住宅機器

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

日々の家事がラクになる

家づくりのポイント色々と・・・・・。

 

 

 

アイランドキッチンでのレイアウトを

検討の途中。

建材メーカーショールームでの

打ち合わせも色々と・・・・。

 

各家庭により、家事の癖や

日頃の何気ない動作等も異なりますよね。

その日常に家電の多くは

家事をラクにする目的で

進化してきたとも言えます・・・・。

 

それだけ「家事労働」は大変なわけですよね。

 

 

特に夫婦共働きが

あたりまえになりつつある近年においては、

「日々の家事をラクにする」ことが

より大切なポイントになりえます・・・・・。

家庭状況を加味しながら

考えるべき事柄色々と。

 

住まい手さんとの打ち合わせなども

行いながらお話を聞かせていただくと

毎日の家事で不便に感じることは?

という質問に対して、

「キッチンスペースでのゴミの保管場所」、

「洗濯スペースと物干しが離れている」、

「LDKの収納が不足」という内容を

聞かせていただく事が多いです・・・・。

 

マンション住まいされているケースや

実家暮らし、

社宅でのお住まい、

中古住宅をそのままでお住まい等

状況は事なっても、

その多くはこの3点に集約されてきます。

 

また、「家事がラクになるために必要なことは?」

に対しては、

「水周り設備の掃除や手入れが簡単」

「キッチンの収納が手の届くところにある」

「料理の配膳が簡単にできる配慮」などが多く・・・。

 

 

スマートに動きやすい位置関係も含めながら

人が家事の際に移動する

寸法地の割り出しも大事・・・・。

 

このことからも分かるように、

やはり家事の負担を減らす

キーマンは「キッチン」の周辺です。

 

食器洗い乾燥機やディスポーザー、

スライド収納など、

最新の設備機器や家電が備わったキッチンは

面倒な家事を強力にバックアップしてくれます。

でもそれだけではなくて、

キッチンとダイニング、リビングスペースや

お風呂、洗面、物干し場との位置関係や

作業ルート・・・・etc。

 

 

また、キッチンの作業効率を考えるとき、

ひとつの指標になるのが

「ワークトライアングル」です。

 

これはシンク・冷蔵庫・コンロの

3点を線で結んだ三角形のことで、

三辺の合計が3.6~6mの範囲に収まっていれば

平均として使い勝手が理想的だとされます。

 

シンク・冷蔵庫・コンロの配置や

キッチンの収納などを考えることは

「日々の家事をラクにする」ことにつながります。

 

 

新築工事やリフォーム工事の際には、

このような点からも

「キッチン」について丁寧に考える時間は

必要だと思いますよ・・・・・。

 

 

毎日の暮らしを奥深くデザインする事で

日常が良い意味で変化しますから。

暮らしの時間をどのように過ごすのか?。

という事を視野に建築を丁寧に・・・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

コメント

住まいと暮らしの空間の事イロイロと・・・・・キッチンや洗面化粧台、お風呂等、生活の基準に足し算、引き算をしながら選択をデザインするように工夫を設計に取り入れていますよ。

2017年04月18日 | 住まいの水まわり住宅機器

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

住まいと暮らしの空間でのアイテムとして、

水廻り商品の検討も色々と・・・・・。

暮らし方に対して必要となる

住宅設備機器類の選択も異なりますよ。

 

 

この日はタカラスタンダードショールームで

キッチンや浴室、洗面化粧台の検討を・・・・・。

 

キッチンは住まいの中でも特別な場所。

そこに立つと嬉しく感じる事が出来る様に。

家族との時間が明るく過ごす事が

出来る様に・・・etc。

 

様々な時間の経過がその場所で生まれる事で

生活の時間の密度も楽しさも変化しますよね。

 

 

そういう意味で「ココチ」が弾むように・・・・。

ショールームアドバイザーの平田さんと

キッチンの機能面や性能面も考慮しつつ

より良い暮らしのアイテムへの方向性を

検討の途中・・・・・。

 

 

 

タカラの特徴であるホーローの部分。

使い勝手も掃除のしやすさも

大きな意味を持ちますからね。

タカラスタンダードとしてのクオリティー。

高品位ホーローの表面はガラス質。

汚れが付きにくく、頑固な油汚れも

サッとふき取るだけの手軽さなので、

いつもきれいが持続しやすいですし・・・・・。

 

丈夫で長持ちです・・・・ホーローなので。

そして壁面のパネル等もデザインとしての機能と

別の側面として収納の価値も。

ホーローならではのマグネット収納で

壁面にも収納の場所を手軽に・・・・・。

 

キッチン空間での暮らし方にも色々と。

その選択で日頃の暮らしの時間にも

質の違いが生まれますよ・・・・・。

 

 

手入れのしやすさが抜群という付加価値を

どのように捉えるのかで

商品選定にも違いが生まれますからね。

 

 

暮らしのさまざまな側面を見ながら

いつも丁寧に住まい手さんへ検討資料を

お渡ししていますよ・・・・・・。

 

暮らしの場所を設計するという事は

そういう事ですから。

 

 

ガラスの価値も取り入れ方次第ですよ。

広さと清潔感を生み出す

工夫としての選択。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

コメント

住いと暮らしに大切な事・・・家の中での事故をなくす様に「ヒートショック」等による環境変化も体調との関連ある部分、水回り設備、お風呂や洗面脱衣、廊下などの空間にも温熱環境配慮

2017年03月17日 | 住まいの水まわり住宅機器

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

※建材メーカーショールーム展示商品(浴室)

 

 

 

※建材メーカーショールーム展示商品ショールームアドバイザーHさんの案内

 

※建材メーカーショールーム展示商品を使ってサイズ感も確認

 

 

※建材メーカーショールーム展示商品(浴室)

 

 

 

※建材メーカーショールーム展示商品(浴室)

 

浴室換気暖房乾燥機や設備機器類を上手く使って

入浴事故をなくように・・・・・・。

 

 

 

いつもとは少し違った角度から

浴室(お風呂)の話しを。

 

 

 

入浴中の事故は

交通事故よりも多いのをご存じでしょうか?。

※建材メーカーショールーム展示商品(浴室)

 

 

入浴中の急死・急病の原因は

心肺停止、脳血管障害、一過性意識障害(失神)、

溺水・溺死とされており、

冬場の寒冷地に特に多く見られます。

 

 

暖房の効いた部屋から

寒い脱衣室に行って服を脱ぎ、

熱いお風呂に入る・・・・・。

 

 

こうした温度差は

血圧の乱高下や脈拍の急激な変化をもたらして、

脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こす

「ヒートショック」が起こります・・・・・。

 

 

 

このようなことが原因で亡くなる人は

推定年間1万人以上とされ、

交通事故死の2倍以上にもなります。

 

 

ヒートショックから身を守るには

急激な温度差をなくすこと。

 

 

たとえば浴室換気暖房乾燥機は

浴室の換気・暖房・乾燥などが目的ですが、

ヒートショック対策にも一役買っています。

 

 

暖房機能で入浴前に浴室を暖めておけば、

浴室に入ったときのひんやり感が緩和でき、

急激な温度変化をなくせます。

浴室換気暖房乾燥機は

便利でメリットも多く、

導入を希望されるご家庭は少なくありませんよ。

 

 

暖房機能のほか、換気・乾燥の機能は

湿気を抑えてカビや結露の発生を減らしてくれます。

衣類乾燥機能は雨の日でも

夜でも洗濯物を乾かせるので、

忙しいご家庭の強い味方ですし・・・・・。

 

 

最近ではミストサウナ機能、

カビ抑制機能、涼風機能などより多機能になり、

消費電力を抑える

省エネタイプや静音タイプもあります。

 

 

予算やライフスタイルにあった機種を選ぶには、

各建材・設備メーカーのショールームを

上手く活用することが

お勧めですよ・・・・・。

 

 

 

ショールームの見学をご希望の場合には、

ご案内させていただきますので、

お気軽にお声をかけてくださいね。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

コメント

間取りと空間の検討に「アイテム」としての建材セレクト・・・・・機能と性能と効能とデザインとしての価値で住み方、暮らしの時間の有効性や時間の質も変化しますからね・・・・提案が持つ意味。

2017年02月20日 | 住まいの水まわり住宅機器

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

 

 

商品検討の途中にカタログ見ながら

プランとの融合性と有効性を

イロイロと検討の途中・・・・・。

 

※洗面化粧台ユニット「ルミシス」

 

 

 

 

※LIXIL南港ショールーム

 

 

※LIXIL南港ショールーム

 

 

洗面化粧室の使い方での

有効性とイメージをカタチに。

住まいの総合建材メーカーLIXIL。

※LIXIL南港ショールーム

 

洗面化粧台のユニットとともに、

壁際にもデザインの奥行と機能性を・・・・・。

※ショールームコーディネーターの林さん。

 

機能性のタイル「エコカラット」

何気に「洗面化粧室」も

大事な居室としての空間ですよね。

※LIXIL南港ショールーム

 

過ごす場としての価値を考える事は

その後の生活環境に大きく左右しますからね。

※LIXIL南港ショールーム

 

玄関周辺にも有効ですし、

使い方の発想で「空間」の装いも変化しますよ・・・・・。

 

※LIXIL南港ショールーム

 

エコカラットは

見た目の印象での操作もそうですが、

湿度調整やにおいの吸着にも役立ちます。

 

洗面脱衣室だけではなくて

トイレ空間、玄関、廊下、ホール・・・・書斎、寝室、LDK。

場所の効能をデザインする事で使う場所も色々と。

 

 

 

トイレと洗面脱衣室の一体化による「透明感」ある

場所の効能と優位性、空間の魅力や

スペースの「余白」の生み出し方・・・・・。

場所の間仕切り、壁の使い方

場所の仕切り方にも「手法」は色々とあります。

 

 

見えるインテリア空間としては一体化して

使うときだけ「ロールスクリーン」や「衝立」を

利用する事も可能ですよね・・・デザインの仕方次第で。

 

 

 

余分な湿気を吸収し、

冬の暖房時に起こりやすい結露も抑制し

いやな湿気も吸収する機能性・・・・・・。

ジメジメな場所にならないように

その場所での「過ごし方」も良い意味で変化しますよね。

 

 

見える効能と感じる効能も

デザイン選択には大事ですからね。

※LIXIL南港ショールーム

 

 

同様に・・・洗面化粧台も。

既製品での選択ですが、

足元が空くことでの有効価値の部分。

洗面台の下の空間・・・・・。

隙間の印象が全体の印象を変えますからね。

 

 

場所と使い方に応じた

暮らしのアイテム化が大切・・・・・。

 

※LIXIL南港ショールーム

 

収納の充実は「鏡の後ろ」の空間に。

機能性のタイルなどとも合わせながら

ニッチな部分も活用して「使い勝手」も

機能がデザインに追従する選択が大事・・・・・。

 

 

それは壁の厚みにも言える事。

 

 

収納スペースを確保しにくいトイレ等でも・・・・・。

壁の厚みを利用して

奥行の浅い棚を計画するイメージ。

勿論「デザイン性」と「使い勝手」があるならば

壁際での棚を活用するだけでも良いですよね。

 

 

場所の使い方をデザインすることも

僕の建築家として大切な仕事と

デザイン価値の奥行・・・・・。

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント