奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計のなかでの「暮らしの事」・「収納の事」イロイロ

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで暮らしの設計・新築・リフォームをデザイン中です。

日々の思考を丁寧に・・・・・建築の環境で暮らしを整理して心地よい場所となる様に。

2016年10月31日 | 和モダン 思想

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談建築家

山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

住まい造りの事色々と・・・・暮らしの環境を大事に。

間取りデザインを紐解きながら。

心地よくて優しい、

使いやすくって気持ちのよい建築を

いつも考えています。

 

 

機能的な建築を心掛け、

デザイン性・居住性・耐震性に優れるという事。

暮らしの環境を整える事で

ある種の「変化」を感じる事が出来る様に。

 

 

洗練された場所は

住むという行為自体を変えていきますよね。

人工的であっても、ある程度の「自然のある環境」を

感じる事が出来る様に・・・・・。

 

シンプルな事柄をより丁寧に設計デザインする事で

「室内から屋外が一体となった空間」づくりへと。

このテーマを意識して、

建築自身が・・・暮らしを決めつけないように

単純化した「プレーン」であるが故に、

内部空間からも外部空間からも遮る事なく、

そこにある環境を丁寧に心地よく

感じられるような建築を造りたいと思っています。

 

 

 建築は「人が暮らすため器であり、生活の背景である」です。

その「器」がこれみよがしの

デザインに溢れていてはすぐに飽きてしまうし、

愉しい生活が演出できないんじゃないか?。

と考えています・・・・・。

 

 

人が生活したり活動したりするとき、

その人の行為を視覚的にも機能的にも

邪魔しない「建築空間」でありたい。

「建築」としてシンプルで明快でありたい。

そのようなデザインのある「カタチ」が、

より機能的な建築につながると思うんです。

 

 

シンプルな建築表現というのは

本当に難しい・・・・・。

 

 

現場で「狂い」のない施工など

不可能かもしれない。

それでも、個々の素材がぶつかりあう

複雑な納まり、あるいは構造の問題などは

まるでなかったかのように、

静かに佇む「建築」でありたいと思うんです。

 

 

建築家と家づくりでの

建築家・設計事務所の最大の特徴は、

住まい手・・・建主の夢や希望を

アイデアとデザインで良い方向へ導き

叶える事ですよ・・・・・。

 

 

丁寧な設計デザインと

思考の持つ意味。

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 人気建築家 有名建築家 売れっ子建築家
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

 

 

 

コメント

今夜のつまみ食いは・・・・・・。

2016年10月31日 | グルメ つまみ食い 夜食

 

ハロウィンですね、「TRICK or TREAT」。

今夜のつまみ食いは・・・・・「かぼちゃパウンド」。

 

 

 

 

コメント

住宅設計、二階建ての木の家、明るさを部屋の中に呼び込む設計デザインの工夫は「リズミカルな光」が生み出す明るさ、ガラスブロックで変化。

2016年10月31日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談建築家

山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

住まいの新築工事・・・・・。

(仮称)明るさと光の路のある家。

 


現場での「カタチ」をつくる工事も進みながら、

作業工程にあわせて詳細の再確認も

丁寧に続けているところ・・・・・。

 

検討用の「スタディ模型」でも、

今回の打ち合わせポイントの「調整」。

 

空間を立体的に「リズミカル」な空気を

デザインするように、

階段スペース部分に動きを・・・・・。

 

 

その設計の工夫部分を検討昇華しつつ、

カタチと色と位置への吟味に移行。

ランダムと色の関係、そしてそこから生まれる

二次的な「感覚」の部分も想定しつつ・・・・・。

 

この日は住まい手さんの

現在の住まいへお伺いさせていただき、

光を導きいれる窓・・・そして、

その特徴である「光を変化させる」、

階段部分と二階北側の「ガラスブロック」の

打ち合わせをいろいろと・・・・・。

 

ガラスブロックとは、

中が空洞になった箱形の建築用ガラス。

内部には低圧の空気が封入されているため、

普通のガラスより断熱性や遮音性に優れ、

インテリアとしても面白味がある

光を通す壁となる「建材」・・・・・。

 

 

今回はそのガラスブロック、

乳白色や透明、金箔という

選択肢ではなくて「ビビットカラー」華やかなカラー的な

イメージで「屋外の光を取り入れる」、

そして「屋内の光を外へ漏れる」

その事の価値をより暮らしのコンセプトに合わせて

色の付いた動く光を取り入れるデザインで

選択を提案・・・・・。

 

ランダムに「ガラスブロック」を

組み合わせますよ。

海外に住んでいる

住まい手さんのお嬢さんとも

やり取りもしつつ・・・・・。

 

動く光を視覚的に「面白く」

見える様にデザインするイメージ。

そして・・・打ち合わせの途中に、

現場での様子の画像を奥様が・・・突然タブレットで。

先週の基礎工事での機構検査の

検査立会の様子も

奥様・・・こっそり撮影していたようで

今日「その写真」を見せていただきました。

 

 

検査内容の確認と調整をしているところだったので

検査員と僕は後ろ姿ですが、

「出来る現場監督」は横顔ですね。

 

それは海外に居る「お嬢さん」にも

メールで送ってやり取りしていたらしく、

色々と・・・「その感想」も

聞かせていただきましたよ。

 

 

カタチを「そこに出現させる」仕事は

現場の進行にあわせて

沢山まだ「リアル検討」がありますからね。

 

照明器具もその「連動」で

微調整の途中なので空間の雰囲気を左右する

「照明プラン」を再確認しながら

機種の一部変更も打ち合わせ中・・・・・。

 

 

見える部分の配慮と見えない部分の配慮、

両方がそろって、

暮らしの為の「質の改善」が現れますからね。

ソフトとハードの関係が

住まいづくりにも大切・・・・・。

 

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 人気建築家 有名建築家 売れっ子建築家
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント

今夜は、お誘いをいただいて・・・・・・・。

2016年10月30日 | グルメ つまみ食い 夜食

 

今夜はお誘いいただいて・・・・・ご馳走になっていました。

お話し色々と「時間の密度と質」。

 

 

コメント

家の新築、古民家、中古住宅の選択の場合も、家を考える時大切な事として「土地」敷地を探す場合に気を付けたい事・・・・。

2016年10月30日 | 建築家 設計の仕事 監理の仕事

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談建築家

山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

※夕焼けのロケーションにも土地の価値はあります。

 

 

住まいと暮らし・・・・。

建築という暮らしの場所を造る前に、

最初に敷地(土地)がそこに存在しますよね。

 

 

僕のもとへ相談に来られる方々にも、

土地から探される方もいらっしゃいますので、

アドバイスさせていただくことがあります。

 

 

ホームページからの

お問い合わせで「相談」のケースもそうですが、

知人を通じて「紹介」で相談に訪れる方も・・・・・。

 

 

そんな土地探しでの「相談」の内容も

様々ですが、

やがて住まい造りの現場となり、

暮らしのシーンが生まれる「場所」としての

土地(敷地)選択のノウハウとして大事な部分を少し・・・・・。

 

思いつくままにあげると

〇土地は曜日や時間を変えて何度も見に行ってみる

勿論「天気」での違いの状態も見る様に・・・・・・・。

〇近所の人複数に、

周辺の事などいろいろ聞いてみる

〇市役所などで、過去の事、災害について確認する(ハザードマップ)

〇土地に埋まってる物がないか、

元々はどんな土地だったか調べる

〇境界でもめていないか、確認する

〇地元でのお付き合いを聞いてみる

〇高圧線、近所の工場など、

健康に関係しそうなことをチェックする

〇たてこんだところや道が狭いと、

建築費用がかさむので周辺道路を俯瞰でみてみる

〇値段が高い土地を買って、

予定の建物に十分な予算がなくなったと

いうことがないよう簡単なシミュレーションをしてみる

その際に気を付けたい土地の加工(土地造成)費用の事を視野に入れる

〇関連して、隣の擁壁は工作物申請、宅造申請、確認申請が出された、

丈夫なものか確認などなど・・・・・。

 

 

特に土地勘がないところで探すのは、

難しいので、

近所・良くいく場所・親戚がいる場所、

などが間違いないと思いますよ。

 

 

リスクになりそうなところをチェックしたら、

あとは、その場所に住み続ける自分や家族、

というのを想像してみて、

「楽しそうだな」と思ったら、

購入を具体的に計画するように・・・・・。

 

 

値段に広さ、条件、その後の経過の予測・・・・・etc。

現実的にどこが譲れないか、

優先順位を考える事も「考え方」では大事ですよ。

 

 

最初に大事な土地「敷地」の事を色々と・・・・・。

始まりの部分ですからね。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 人気建築家 有名建築家 売れっ子建築家
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント

今夜のつまみ食いは・・・・・。

2016年10月30日 | グルメ つまみ食い 夜食

 

今夜のつまみ食いは・・・・・プランミュゲの「シュークリーム」。

 

 

コメント

住まい造りに想う事・・・・・日々の思考と暮らしの場所としての建築を考える時の事色々と。

2016年10月30日 | 日々・・・思考

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談建築家

山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

住まいと暮らしの充実と質的改善・・・・・・。

LDK、玄関、ホール、階段、寝室、

書斎や収納スペースという意味ではなくて、

暮らしを包み込む「家」全体としてのモノゴト。

 

土地の気候風土と

住むことの本質と

その家族と個性と暮らしを読み取り、

豊かな空間を創造する手段としての「設計」、

木材をはじめとする土・石・紙などの自然から生まれた「素材」、

それを最大限に生かし切る「技術」。

 

これらの3つは、

本物の建築に必須の要素ですよね・・・・・。

 

時を経て味わいを増し

世代を超えて愛される空間を

創り出すことにつながるように・・・・・。

 

住まい手、家族、クライアントの立場、

設計、デザイン、監理、

施工者、代理人管理者・・・・。

そして現場で技術と情熱を生かす

職人さんが密に協力し合い、

喜びと誇りを持って

取り組むことができるように・・・・・。

 

 

情熱の存在が

そこにプラスされることが

当たり前であることで

「モノ」の存在としての建築の質は

劇的に改善されますよね・・・・・。

 

 

日々のモノづくりの現場から

想う事・・・イロイロと。

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 人気建築家 有名建築家 売れっ子建築家
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

コメント

住まいと設計、住宅デザイン・・・暮らしの環境を心地よくデザインするノウハウの一部色々土地が狭く、道路や隣地が近くてもLDK・中庭・ロフト。

2016年10月30日 | 家 住まい 間取り プラン

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談建築家

山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

※完成済み案件

シンプルモダンのコートハウス設計時資料・外観イメージ図

 

 

住まい造り・・・土地と建物の関係。

はじめに「敷地」土地があって、

そこからの発想も大事。

 

 

建てる場所となる土地「敷地」のサイズは

あらゆる面で・・・・考え方の基本。

 

 

そんな意味での「小さな土地」の場合。

 

 

状況によっては、

安く手に入れることができる分、

制約が多いのが狭小地の宿命。

 

 

そうした狭小地での家づくりで

最初の課題となるのが、

「狭さによる圧迫感をどう和らげるか?」

というモノゴトの観点。

 

 

ハウスメーカーなどの企画住宅の場合、

一般的に決められたかたちの住宅を

決められた通りに

配置することが基本なので、

工夫には限界がありますよね・・・・・。

※中庭で屋外からの視線をカット、

屋内からは庭を中庭を見せ空を感じる様にデザイン

(シンプルモダンのコートハウス)

 

 

 

しかしながら建築と暮らしを

丁寧に発想しながら「何が出来るのか・・・?。」

という観点でそこにしか出来ない事を

考えるという価値観を持つなら、

こうした土地でも

最大限に広く使えるノウハウを駆使出来ます。

 

 

たとえば、

外部の借景を上手く取り込むという方法。

敷地「土地」の条件や周囲との関係をじっくり観察し、

外と内をつなげることで、

室内を広く見せることが出来るのです。

空を屋内空間から見せるデザインもそういった手法のひとつ。

※道路斜線制限の制約を逆手に取ったシンプルな片流れ屋根の外観

(シンプルモダンのコートハウス)

 

 

それと共同して、

法律的な制限を逆手に取ったデザイン・・・・・・。

法律的な制約も狭小地での課題の1つです。

代表的なものに、「道路斜線制限」と呼ばれるものがあります。

これは、道路の反対側から

一定の角度で斜線を引いたと想定し、

その斜線よりも建物の方が

低くなるように計画しなければならない

というもの・・・・・。

 

 

この制限をそのまま守ると、

居住スペースはどんどん小さくなってしまいます。

そこで、例えば、屋根のかたちを

道路斜線制限に沿って斜めにカットし、

この形を考慮した全体計画にすれば、

建物に個性をもたらす「デザイン」となります。

※屋根の形状を利用したロフト空間

(シンプルモダンのコートハウス)

 

 

 

こうした狭小地ならではの影響を極端に受けやすい

法律上の制限を逆手に取ったデザインも、

住む(暮らす)環境には関連しています。

※ロフト用はしご(シンプルモダンのコートハウス)

 

 

 

そして・・・・狭さ故のプライバシーを確保しつつ、

明るさを確保させること。

 

 

狭小地では隣地がすぐそこに迫っていること、

道路との距離が近くなる事が多いため、

窓を大きく取ることが難しくなります。

 

※LDK階段・ストリップ階段・アイランドキッチン・LDKの開放感・二階から光を導く

(シンプルモダンのコートハウス)

 

 

こんな時・・・・たとえば、

ハイサイドライトやトップライト、

二階部分から光を取り入れる吹き抜け空間や

階段を利用した光の路をデザインしたり、

中庭の効能などという

一般的な窓の設置位置とは異なる観点で

その場所ならではの適切な位置に

効果的に窓の設計、計画をして、

道路や隣地からの視線を気にせず、

光りや開放感・・・心地よさを取り込む

といった方法で柔軟にデザインしておく事で

暮らしの環境を気持ちよく・・・・・。

※LDKから中庭方向を見る(シンプルモダンのコートハウス)

 

 

そして・・・・省スペースと

デザイン性アップを狭小地でも活用できるように。

 

室内を移動するためには、

通路や階段はどうしても必要になります。

でも・・・・・狭小地では、

こうしたスペースはなるべく

最小限に抑えたいところ。

そこで、たとえば階段を「LDK階段」、

「リビング階段」、階段室ではない状態、

そして俗に「ストリップ階段」と呼ばれる

足を乗せるための踏み板の奥にある

蹴込板の無い階段、手すりも極力

壁では無くて、格子状のものにすることで、

省スペースを実現しつつ、

空間のアクセントにするという方法があります。

 

※中庭の効能・明るさ開放感・二次的利用

(シンプルモダンのコートハウス)

 

 

中庭で奥行き感を持たせたり、

中庭の壁を利用して視線を遮り、

光を壁で反射させて屋内空間を明るくしたり・・・・etc。

このように、スペースの有効活用と

デザイン性アップを同時に実現する事も

土地の狭い中で

広さの認識をデザイン出来る工夫を設計するように・・・・・。

 

 

様々な設計の持つ意味を組み合わせて

それが空間を構成し、

そこに住むことで、

心地よさを感じる事が出来る様な

デザインを日々丁寧に思考していますよ・・・・・・。

 

 

狭小地であっても「暮らし」が充実出来る

設計手法はイロイロと。

 

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 人気建築家 有名建築家 売れっ子建築家
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

コメント

和の佇まい・古民家の歴史から新しい価値観と暮らしを育む場所を生み出すように・・・・リノベーション(リフォーム)を想う・・・・・。

2016年10月29日 | リフォーム・リノベーション

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談建築家

山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

住まいのデザイン、空間の価値で生活の質が

かわるという変革を促すイメージ・・・・・。

 

 

現在進行中のリノベーションの現場から。

既存の構造体を活かしながら、

そこにある内なる環境と、

周囲の環境を最大限取り込んだ

古民家リノベーション・・・・・・。

 

環境の変化を計算して設計デザインに盛り込む

新しい価値を生み出している途中。

 

 

リノベーションには既存の制約もありますが、

新築にはない個性が生まれます。

 

今まで慣れ親しんだ

住まい手さんご家族の愛情を守りながら、

プラン(間取り)で新たに提案した空間の変化に、

住まい手さんご家族が

新しい感覚を持ちつつも

懐かしい空間に身を置く感覚・・・・・・。

 

 

既存の制約さえも

新たな空間作りへの手掛かりとして、

自然環境を最大限取り込み、

静謐な空間を生み出すように・・・・・。

 

新築では発生しない仕事も多々あり、

実は・・・・それ以上に手間も掛かる古民家リノベーション。

 

 

既存建物の図面を元に、

緻密に積み重ねられた新しい設計デザインは、

解体をして初めて判明する

天井裏、床下、構造体を前に、

スピーディな、

時には即興での変更を

判断しなくてはいけない場合もあります。

 

 

その際、反射神経と引き出しの数が勝負になるんです。

トータルコストの中での

デザインをより意識しながら、

どこまでをさわり、

どこからはさわらないかを

その場その場で考え悩み、

完成する空間をイメージしながら

現場で決断を重ねていくという連続・・・・・。

 

 

費やしたコストに対し、

空間の質という意味での

最大限の効果を目指しながら・・・・・。

 

 

刻一刻変化し、

目に見えて生まれ変わる現場、

リノベーションは、そういう意味で考えると

人生観の基となる空間と

連続する新しい空間が、

新しい視点で「モダンに生まれ変わるイメージ」・・・・・。

 

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 人気建築家 有名建築家 売れっ子建築家
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

 

 

 

コメント

今夜のつまみ食いは・・・・・。

2016年10月29日 | グルメ つまみ食い 夜食



 

今夜のつまみ食いは・・・・・「オールドファッションドーナツ」。

 

 

コメント

日々の思考色々と・・・・・実際の工事の事を考える段階で「工務店・建築会社」の選定でよい工事業者とは何なのか・・・・・という事。

2016年10月29日 | 日々・・・思考

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談建築家

山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

※写真は特に記事の内容に関係する事ではなくてイメージです。

 

 

住まいと建築・・・デザインがある毎日の事。

建築家としての仕事の一部であったり、

そうではなくて単なる雑談の延長としても

仕事柄よく「どっか良い工務店知りませんか?」と

聞かれます。

 

 

同業の建築家仲間だけでなく

一般の方からも勿論、

それは「仕事での選別と選択」としての話しですが。

 

 

その都度状況を判断して

お答えするのでですが、

実は・・・・これが簡単ではなくて難しいんです。

本当に。

※写真は特に記事の内容に関係する事ではなくてイメージです。

 

 

良い工務店、建築会社の定義というか、

そもそも「よい工務店」、「よい建築会社」の

定義が難しいんです・・・・・。

 

 

「保障制度がしっかりしている工務店」

「会社としての規模が大きい工務店」

「工事レベルが高い工務店」など、

いくつかその定義は

想定する事ができるのですが、

つまるところ

現場は現場監督「現場代理人」次第なので、

実はどれも「よい工務店」の定義からは

微妙に外れるんです・・・・・。

 

つまり「人間」なんですけどね。

 

 

 

現場監督「現場代理人」の仕事は、

建築家(設計事務所)と、

実際に現場で仕事をする職人さん達の

間に入る仕事で、勿論その仕事内容は

実に多岐に渡るのですが、

ざっくりと言うと、

各種の段取りをする仕事、

それから、建築の完成度を左右する仕事です。

 

 

現場監督さん次第で、

同じ設計図書でつくられた建築物でも、

その結果は似て非なるものが出来てしまいます。

僕の設計でもそれは同じで、

現場監理として「現場打ち合わせ」で

リアルサイズを使い「詳細」を詰め、

デザインや設計の密度を高く昇華させるのですが、

その内容についてこれるかどうか・・・・・。

 

それだけではなくて「現場対応」も含んで。

 

現場監督さんは、

その会社(工務店・建築会社)の専属、

つまり従業員である事が多いのですが、

中にはフリーの現場監督さんなども居られます。

 

 

また、所謂「一人親方」でやっている

小さな工務店などの場合、

社長が現場監督さんだったりもします。

 

 

保証がしっかりしているという観点は

もちろん良い工務店なのですが、

平成21年10月から施工された

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)によって、

すべての新築住宅に

瑕疵担保保証が義務づけられているので、

どの保険会社の保険に加入するかで

多少の差はあるものの、

基本的には同じ保証が受けられるので、

この部分に関しては

ある程度の範囲で

どの工務店を選んでも一緒という事になります。

 

 

そして会社の規模についても・・・・・・。

実はこれが一番判断し難いような気がします。

なぜなら、

前述のように大きい工務店さんの場合

沢山の現場監督さんを抱えている事が多く、

前に現場を担当してもらった

Aさんという現場監督は良かったけど

今回担当して頂いているBさんは・・・・・。

というケースもままある。

 

 

それならばAさんを指名すれば良いのですが、

たまたまAさんが他の現場担当で忙しかったり、

或いは既に退社されたりしている

ケースもあるからです。

 

 

施工(工事)レベルの現場レベルについても、

高ければそれは、勿論よい工務店なのですが、

前述のように結局は

現場監督さん次第なので

当たりはずれがある。

 

 

また、高い施工レベルを維持する為に

施工費が高くなる傾向があるので、

コスト面から判断すると

必ずしも「良い工務店」、「建築会社」とは

言い難いところ・・・・・。

 

 

まとめとしては、

結局工事を実際に行う場所で

建築会社の人間としてそこにいる

現場監督さん次第です。

勿論「会社の資質」も含めて・・・・・

 

 

そして、そこに「つく」事になる

職人さん達・・・・・。

 

 

しかし、現場監督さんで

工務店を選定するすることは殆ど無く、

実際はその逆。

 

 

工務店を選定後に

現場監督さんが決定するのです。

 

 

しかも、その決定は会社の工事運営の状態で

理由動的な・・・・・。

 

 

実際に現場が始まるまで、

どんな現場監督さんが

担当するのかは分からない

 

単純ではない話しとして、

よい工務店か否かの判断は

実に難しいのです。

 

 

建築家・設計事務所もそうですが、

結局は、関わる事になる

「人の質」なので・・・・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 人気建築家 有名建築家 売れっ子建築家
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

 

コメント

住まいの設計、新築、リノベーション(リフォーム)丁寧な設計デザインと現実と現在の暮らしを見直す時間の使い方で変わる暮らしの収納価値。

2016年10月29日 | 家 住まい 間取り プラン

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談建築家

山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 ※LDK・リビングスペース周辺イメージ検討CG

 

 

 

住まいの計画デザイン・・・設計の工夫にも色々と。

住みやすさと収納の関係。

 

 

例えばですけど・・・・・・。

住宅展示場などのモデルハウスが

素敵に見える理由のひとつは、

室内がすっきり片付いているから

という「理由」の部分もあります。

 

 

我が家を常にすっきりさせておくには

収納が肝心ですが、

業界のある調査によると、注文住宅で新築した人が

最も失敗したと感じることの第1位は

「収納の失敗」だそうです・・・・・。

 

 

収納スペースは、

「ただ多ければよい」というものではないのが

難しいところです。

 

 

仮に、奥行きの深い押入れが

たくさんあれば収納スペースは増えますが、

問題はそこに何を収納するかです。

 

 

布団や座布団を入れても

スペースが余るからと、

頻繁に使用する物を

奥に入れてしまうと

取り出すだけでひと苦労ですよね。

 

 

逆に、ほとんど使わない物を入れておけば

押入れの肥やしになりかねませんし・・・・・。

 

 

例えば、扇風機やファンヒーターのような

「季節品」を収納するなら押入れを減らして、

もう少し奥行きの浅い収納を

計画しておけば有効ですよね。

 

 

 

一方で、掃除機やモップなどの「日用品」は、

リビングやダイニングに収納スペースを設けておくと、

汚れに気付いたときに短時間で手際よく掃除できます。

 

 

新築工事やリフォーム工事をするときには、

「そこに何を収納するのか」まで

検討しておくことが大事・・・・・・。

 

 

その収納計画と連動して

「間取りの持つ意味」も変化します。

どこにどんなモノを収納して

何処で何を使うのか・・・・・。

 

収納したものを

持ち運び使うという前提条件が持つ意味。

分かりますよね・・・・・。

 

 

「季節品」のほか、お客様用の布団や座布団、

雛人形やご勝人形、コタツやハロウィングッズ、

クリスマスイルミネーション・・・・・etc。

 

特定の時期にしか使わないものほど、

きちんと採寸して確実に収納できる場所を

確保しておきたいものですよね。

 

 

片付けることを意識した家づくりをしておけば

ライフスタイルにあった

「収納上手な家づくり」を

実現することができますよ。

 

 

何気ない日常の「生活様式」が

その暮らしを使い勝手を左右しますよ。

 

理想だけではなくて、夢だけではなくて

現実の部分をどのように、

住まいの計画に反映したうえで、

質の良い暮らしが出来る家に計画するのか?。

 

 

手間の掛かる地味な部分ですが、

実はそういう部分が

家づくりには大切な時間。

 

 

事前に収納計画を丁寧にデザインする事で

家事にも暮らしの時間にも良い意味での

影響が出ますよ・・・・・。

 

 

丁寧で家事や暮らしの時間が充実する

暮らしの場所を考える「間取り」の考え方・・・・・。

 

 

人の行動と物の置き場所が連動する事で

暮らしのイメージも良い意味で変化しますよ。

 

 

丁寧な設計デザインと現実を見直す価値。

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 人気建築家 有名建築家 売れっ子建築家
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

住まいの設計デザイン新築工事・・・現場でのカタチづくりが進んでいるところ、建物を支える部分「基礎工事」でコンクリートに隠れる鉄筋を・・・・・。

2016年10月29日 | (仮称)光の路と明るさのある家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談建築家

山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

住まいの新築工事の現場・・・・・・。

工事が段階的に進んでいるところ。

 

 

(仮称)光の路と明るさのある家新築工事の現場。

この日は建物を支える基礎の鉄筋の検査。

工事中に必要な「配筋検査」の日・・・・・。

 

建築工事を行うための書類手続き

「建築確認」や「瑕疵担保責任保険」

での経過中での検査。

 

工事中に第三者機関によって「適切な工事」が

行われているのかを検査・・・・・・。

 

民間確認検査機構の検査員が

生コンクリートを打設する前に

その中に隠れてしまう鉄筋の状態を

図面と照らし合わせて検査中・・・・・・。

 

鉄筋と鉄筋を組んでいる部分の

間隔や適切な組み方となっているのか?。

寸法は適合しているのか?。

鉄筋とコンクリートの「かぶり厚さ」あ適切に工事出来そうか?。

補強している部分は適切なのか?。・・・・etc。

実際に現場で寸法を計測したりしながら

記録を取りつつ、確認中ですよ。

 

都合がついたので、

この日は住まい手さんご夫婦も

僕の検査立ち会と一緒に

現場で同席・・・・・。

 

 

勿論・・・・・何の問題も無く検査にも合格。

継続して「工事」の続きを行えますよ。

住まい手さんにも、

安心していただき、次の段階・・・・・。

生コンクリートの打設を行いますよ。

 

 

一つ一つの工程での

「確認作業」がありますからね。

 

住まいの新築工事・・・・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 人気建築家 有名建築家 売れっ子建築家
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

コメント

暮らしに対しての丁寧な思考とデザイン・・・・・毎日の暮らしを設計するように、場所による違い、考え方による違いの差。

2016年10月28日 | 日々・・・思考

自分の家を建てたとき、住まい手の立場を経験して

建築業界の理不尽さを経験。

建築家として日々丁寧に構想と設計・監理。

 

 

 

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談建築家

山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

住まい造りの事色々と・・・・デザインと趣。

創造は無から何かを生むという

訳ではありませんよね。

 

 

無ではないという事は

つまり敷地の条件は様々・・・・・。

 

広い・狭い、混んでいる

空いている、賑やかな地域

閑静な地域・自然が豊かな場所、

歴史的な風情が残る場所・・・・etc。

 

 

住まい手家族、建て主の方の

希望や理想、生活スタイルが

それぞれにあると言う事・・・・・。

 

 

土地条件との融合。

 

 

建築そのものに長い歴史があって、

今つくるものは、

過去に立脚しているという事。

 

 

これらをきちんと把握してから、

そこに「住む」家族だけのための

設計=創造が始まります。

 

 

 

奇をてらわずとも、

そこから生まれる建築は

どのように設計デザインし、

その場所に対して丁寧に考えるのか・・・・・。

そこに生まれる価値がありますよね。

 

 

その結果、

ごくごく普通に見える家に

なることもあり、

特別な設計になることもあるのです。

 

 

住まいの場所に何が存在するのか、

蔵shがそこにどのように生み出されるのか?。

 

 

暮らしの質のさは、

何を考えてデザインして「創造」し「つくるのか?」で

随分変わりますよ。

家の「何」を考えているのか・・・・という事。

 

 

 

 

 Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 人気建築家 有名建築家 売れっ子建築家
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント

今夜のつまみ食いは・・・・・。

2016年10月28日 | グルメ つまみ食い 夜食

 

今夜のつまみ食いは・・・・・・ハーゲンダッツ

期間限定「バニラクッキーラズベリー」。

 

 

 

 

コメント