奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

リノベーション計画独特の工事の手法とノウハウの部分を整理整頓の途中・・・設計デザインとインテリアの融合にリノベーションだから考えるべき内容。

2020年10月04日 | (仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家

設計とデザインのチカラで

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

(仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家

 

住まい手さん Oさま

設計    やまぐち建築設計室 建築家 山口哲央

施工管理  株式会社 TOC建設

 

この日は「アトリエ」にて

工事を請け負う

株式会社TOC建設関係者との

打ち合わせを着々と。

リノベーションだからこその

注意点部分や工務店自体での

現状調査後の打ち合わせ事項の整理をイロイロと。

 

現状の住まいから

暮らし方の改善と見える風景の場所

様々な要因を「Re」する暮らしの在り方を

カタチにするためのイメージだけでは無くて

「物理的な工夫」を細部から・・・・・・。

 

インテリアの構成要素と

現状との融合に

アイデアを練り込む部分。

 

ゴールが同じでも「ルート」が違うと

進め方も経過も手法も変わります。

 

どんな方法でゴールへ着地するように出来るのか?

 

リノベーションならではの「現況」の

再利用方法と組み替え。

 

例えば、一階の現状を解体した際に

二階との繋がり方での柱位置の盛替えや

二階の荷重の受け方を構造的に

現状調査前と調査後、

そして見えない範囲の調査後の結果を

踏まえてどのように工事作業を行い

補強して仕上げるべきか・・・・・。

 

ひとつひとつの「パーツ」の扱いは

新築のそれとは異なりますからね。

 

新築では無いノウハウの部分を

現状調査の結果を踏まえて

部分解体後の状態を意識して

整理整頓しているところ・・・・・・。

 

見えない範囲の想像域は

大切ですからね。

 

リノベーションと現状の形態から

考えるべき「処方箋」の意味を

カタチにする整理整頓はもう少し。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、

劇的に・・・・・。

 

過ごす環境と

空間が生み出す意味を丁寧に。

 

良い意味での暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

雰囲気を味わう空間となる事で

過ごす時間の豊かさをデザインしていますよ。

 

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

コメント

二階LDK・リビング・ダイニング・キッチンを2階に計画する事で生まれる開放感ある間取りの設計デザイン提案、バルコニーをテラスのようにブランチのスペースに。

2020年09月11日 | (仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家

設計とデザインのチカラで

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

※外観イメージパース・CG

 

皆さんは何の為に家を建てるのですか?

家を建てる事が目的ですか?

それとも家を建てる事によって

得る事の出来る「何か」ですか?。

 

(仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家

 

住まい手さん Oさま

設計監理 やまぐち建築設計室 建築家 山口哲央

施工管理 (予定)株式会社 TOC建設

※橿原アトリエにて住まい手さんご夫婦との打ち合わせ

 

アトリエで、住まい手さんご夫婦との

打ち合わせを進めながら

暮らしの未来を

整理整頓しているところ。

 

二階にLDK空間をデザインしています。

 

風が吹き抜ける様に

そして明るい日差しと

広がる風景を楽しむ時間を

過ごす事が出来る様に・・・・・・・。

 

家の計画を練る際には

環境の整備をデザインします。

 

その原点を紐解くと

今回の計画地の近隣状況

ロケーションを踏まえると「二階リビング」が

最適解になりますよ。

 

屋根のカタチと開放感を連続させる事で

広さの感覚も拡張しますから・・・・・・。

 

二階にLDKをレイアウトする事で

庭のようにバルコニーを利用する事が出来ます。

 

テラスとしての二階空間は

一階の「それ」とは異なる開放感が

生まれますからね。

 

アウトドアリビングや

ダイニングとしての活用も

生活空間の拡張性を持った空間となりますよ。

 

そういった場所が連続する事で

外に過ごす場所が

生まれますよ・・・・・・。

 

二階LDK空間の延長スペース

屋外のテラスで過ごす時間を

心地よく感じてみませんか?。

 

そんな充実時間の打ち合わせを

住まい手さんと楽しみながら・・・・・。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、

劇的に・・・・・。

 

過ごす環境と

空間が生み出す意味を丁寧に。

 

良い意味での暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

雰囲気を味わう空間となる事で

過ごす時間の豊かさをデザインしていますよ。

 

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

 

 

 

コメント

(仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家・エレガントでラグジュアリーな空間に感じる素材と質感とイメージ、家具としての周辺要素とキッチンで居る時間の設計デザイン要素。

2020年08月12日 | (仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

建築デザイナー

設計とデザインのチカラで

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

※計画途中前半での住まいの外観パース

 

皆さんは何の為に家を建てるのですか?

それは大事な部分・・・・・。

家づくりの全てのゴールに繋がる根本。

 

家を建てるのが目的ですか?

それとも家を建てる事によって

得る事の出来る「何か」ですか?。

 

建築空間をどのように感じ、

どのように過ごすのか・・・・・?。

 

とある赤煉瓦の佇まい計画・・・・・。

(仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家

 

住まい手さん Oさま

設計監理 やまぐち建築設計室 建築家 山口哲央

施工管理 検討中

※アトリエでの設計内容の詳細を打ち合わせ中

 

橿原アトリエにて

住まい手さんご夫婦との

間取りから進化して

設計デザインの打ち合わせをイロイロと。

 

暫定ですけど、壁の位置や寸法、

使う素材や具体的な内容について

イロイロと方針を固めながら

イメージを具体化する手段を

提案中のところですよ・・・・・・。

※TOTO橿原SR展示

 

そしてキッチンも。

こちらもモデルチェンジの新色。

カラーコーディネートの部分も。

エレガントな意味での色のセレクトと質感。

 

場所のイメージもつくりだす

色の効能という意味で

素材を楽しむカウンター

空間に馴染ませる細工の部分

新色の「カラーバリエーション」の中から

オーブアッシュピンクを・・・・・・。

 

建築設備建材メーカー

TOTO橿原ショールームでの選定で

新しく展示されている展示用キッチンにも

採用されているカラーリングですよ。

 

そして天板のメーカー特徴でもある

光を透過して

優雅さと耐久性を兼ね備えた

クリスタルカウンターも

ピンクが基調の

クリスタルライトピンクで・・・・・。

 

雰囲気が奏でる優雅な場所に。

 

毎日の家事空間を

どのように感じる場所として

設計デザインするのかによって

良い意味で居心地と

キッチンを使う時間の質の

違いを生み出すように・・・・・。

 

メーカーの商品特徴を加味して

過ごす時間の質も

設計に取り込んでデザイン提案です。

※TOTO橿原SR展示シッステムキッチン本体とキッチン収納ユニットの間(幅の提案と内容検討)

 

そして今回のキッチンレイアウトは

LDKという考え方ではなくて

LD+Kのイメージ・・・・・。

 

毎日の事だから賢い動線計画が決め手です。

家事を効率よくこなしつつも

役立つ間取りとして

その計画で進めていますよ。

 

動きやすく手入れしやすいキッチンの工夫で。

家事は人により

手順・そして「やり方」が違いますから

より自分にfitしたキッチンとなるように。

 

キッチンは広い空間ということが

大事なのではなくて

一人で立つ事が多い場合、

そして集中して家事を行いたい場合

様々な理由を加味して

逆にコンパクトな「コックピット」キッチン

となる方が良いケースもありますから。

 

今回はそのイメージで・・・・・。

 

作業スペースの幅が、

大きく動き回らなくても良い

80cm周辺での枠組みで。

 

出し入れやモノを選択する際に

人がそれほど移動することなく

簡単な動きで済むという

使い方の価値観で・・・・・・。

 

家事時間を集約する為の

寸法とサイズという考え方も

暮らしやすさ、

家事時間デザインのポイント。

 

自分達家族にとってのLDKの役割と

位置関係を発想に。

今回はLD+Kですよ・・・・・・。

そういう意味での「部屋のつながり」ですよ。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、

劇的に・・・・・。

 

過ごす環境と

空間が生み出す意味を丁寧に。

 

良い意味での暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

雰囲気を味わう空間となる事で

過ごす時間の豊かさをデザインしていますよ。

 

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

 

 

 

 

コメント

(仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家・インテリアデザインの感度と暮らしのイメージの設計要素を検討しながらシャンデリアのイメージを反映する吹き抜けとLDKの要素。

2020年07月25日 | (仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

建築デザイナー

設計とデザインのチカラで

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

※計画途中前半での住まいの外観パース

 

皆さんは何の為に家を建てるのですか?

それは大事な部分・・・・・。

家づくりの全てのゴールに繋がる根本。

 

家を建てるのが目的ですか?

それとも家を建てる事によって

得る事の出来る「何か」ですか?。

 

建築空間をどのように感じ、

どのように過ごすのか・・・・・?。

 

とある赤煉瓦の佇まい計画・・・・・。

(仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家

 

住まい手さん Oさま

設計監理 やまぐち建築設計室 建築家 山口哲央

施工管理 未定

※橿原アトリエで住まい手さん奥様と内観「仕様」の打ち合わせ

 

住まい手さんとの打ち合わせ。

橿原アトリエにて、

この日は、間取りと住まいに対して

コンセプトは決まっているので

それに基づいた「仕様」についての

確認事項を色々と・・・・・。

 

仕上げとなる色やカタチ

素材の印象の内容を

住まい手さんと一緒に相談中のところ。

 

雰囲気は大事。

なので・・・・・家の雰囲気を生み出す

そんな素材の吟味ですよ。

 

例えば床。

床といっても色々な床の素材があり

種類について・・・・・。

 

フローリング材、

大理石のような石、

タイル、シート類・・・・etc。

 

そこに基本的なベースとなる色のこと等。

 

ベースとなる考え方のところ。

色々な色の効果と効能

そして僕なりの考え方と

住まい手さんの思う「家のシーン」を

意識した住み方、

暮らしの内容にリンクするような

素材感とベースカラー。

 

中世ハプスブルクのイメージ。

 

舞踏会の似合う空間。

でも日常を忘れない暮らしの心地。

非日常と日常の融合は大切で

暮らしの雰囲気に「疲れない」工夫も・・・・・。

 

理想だけでは無くて

暮らしの日常をしっかりと意識した雰囲気に。

その「酔わせる空間」のイメージを。

 

程よさの居心地を生み出す

エレガントな空間がポイント。

 

毎日の暮らしをキチンと考える事。

 

※トーヨーキッチンスタイル大阪SRインテリア展示

 

例えば・・・・・。

エレガントな暮らしにのシーンの一部。

そのアイテムとして、

今回は、以前にも別案件で採用した事のある

トーヨーキッチンスタイルのモダンスタイルシャンデリア

 

 

一列に連なるクリスタルのオーナメントで構成されたシャンデリア。

 

この商品に限らずですが

クランカーは昼も夜も変わらない輝きが、

空間を鮮やかに彩ります。

※実際に採用して設置した住まいでの竣工写真の一部

 

僕がよく計画する「二次的なデザイン」にも

反映される事の多い要素が

この商品単独にも隠れていますからね。

 

※実際に採用して設置した住まいでの竣工写真の一部

 

クロームメッキのパイプに

きらめくさまざまな形をしたクリスタルガラスが、

部屋をスマートに華やいだ空間に演出しますよ。

※実際に採用して設置した住まいでの竣工写真の一部

※実際に採用して設置した住まいでの竣工写真の一部

 

一般的なシャンデリアは

支柱から伸びたアームに

オーナメントがぶら下がるのが

通常のスタイルですが、Klunker「| クランカー」 は

横に長く伸びたバーに

直接オーナメントが配置された

モダンなデザイン・・・・・。

 

そこにも採用の利点があり

空間に対しての圧迫感の解消。

細長い形状なので、

キッチンのシンク上部や、

ダイニングテーブルとも

コーディネートしやすくて、

配置する高さを低めに設定しても

邪魔になりにくいカタチという利点・・・・・。

 

モダンにもコンサバティブにも

幅広いインテリアに組み合わせられる

ある意味で「守備範囲」の広さも魅力なんです。

 

基本的なモダンデザインもありつつ

各オーナメントの形状はティアドロップやペンなど、

クラシックなモチーフになっています。

 

そこが今回採用のポイントで・・・・・・。

ロングなメタルバーに

クリスタルガラスが重なりあうように

贅沢に配置されています。


キラキラと美しく輝く理由の部分なのですが

その煌めきが「その時代背景」と「中世ハプスブルク」を

イメージとして空間の別の要素と重なり

連想出来る様に・・・・・。

 

意識をイメージに落とし込む「キー」としての

検討事項ですよ。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、

劇的に・・・・・。

 

過ごす環境と

空間が生み出す意味を丁寧に。

 

良い意味での暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

雰囲気を味わう空間となる事で

過ごす時間の豊かさをデザインしていますよ。

 

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

 

コメント

とある赤煉瓦の佇まい計画・(仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家設計デザイン提案の途中、住まい手さんご夫婦と間取り印象・素材・要素の打ち合わせ。

2020年07月08日 | (仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

設計とデザインのチカラで

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

※赤煉瓦を意識した外観での計画・内部は大理石床とトリムによるカラーコーディネートデザインの住まい

 

皆さんは何の為に家を建てるのですか?

それは大事な部分・・・・・。

家づくりの全てのゴールに繋がる根本。

 

 

家を建てるのが目的ですか?

それとも家を建てる事によって

得る事の出来る「何か」ですか?。

 

とある赤煉瓦の佇まい計画・・・・・。

(仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家

 

住まい手さん Oさま

設計監理 やまぐち建築設計室 建築家 山口哲央

施工管理 未定

※橿原アトリエにお越しいただき住まいのプラン打ち合わせの途中

 

橿原アトリエにて、

住まい手さんご夫婦との打ち合わせ。

 

この日は、事前に既存の状態を

視察させていただいた内容を加味して

建物の内部構成と外周部分のサイズ感

そして駐車スペースや玄関までの動線

既存の塀の利用計画等、

家づくりの本体だけでは無くて

周辺状況の範囲も一緒に打ち合わせ・・・・・・。

 

道路から玄関までの人の動きは

大事ですからね。

 

生活動線は家の内部(間取り)と外部(外構)

連動していますから・・・・・・。

 

この日のメインのお話しは、

一階窓関連のサイズ感と

家族の成長過程での「住み方の可変性」を加味した

状態変化をデザインに取り入れる手法。

 

そして二階LDKからの「外側」へ続く部分

天井へと続く吹き抜け部分の範囲を交えた

開放感のデザインの事を色々と・・・・・・。

 

実際に家族が成長する過程では

年齢の応じた生活環境と種変要素が存在します。

いつまでも同じでは無くて

幼稚園・小学校・中学校・高校生・大学生・・・という段階での違い。

 

それを踏まえると暮らしへの可変性が

ある程度までは必要で

仕切りと収納、

そして生活の時間帯を加味した特徴を

間取りの中に落とし込む打ち合わせ。

 

食事や入浴の時間・・・・・・。

想像域は大事ですからね。

 

そして二階にも

暮らしの時間を満喫する仕掛けを仕込むように。

 

二階LDKの特徴を活用して視界を

トンネル化しながら「テラスでの気分」を味わえる工夫。

 

場所に視界がデザインされることで

印象の効果は「暮らしの時間」を

変化させますからね・・・・・。

 

場所の効能を落とし込むように。

間取りはあくまでも壁と扉

そして人の移動をかたちづくる要素。

 

そこに「印象の効果」という

デザインと設計での味付けで暮らしの趣は変化しますよ。

 

ふり幅を最適解で提案をカタチに・・・・・・。

大理石を意識した

ホワイトカラーと鏡面風の床と

トリムをバランスよく融合するように。

 

視界に入る「好き」を大切に。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、劇的に・・・・・。

人の営みとしての暮らしのデザイン。

過ごす環境と

空間が生み出す意味を丁寧に。

 

良い意味での暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

暮らしの環境を紐解きながら

住まい手さんに見えていない

現実と理想のギャップを詰めながら

暮らしの「質的向上」をいつも提案中ですよ。

 

雰囲気を味わう空間となる事で

過ごす時間の豊かさをデザインするように・・・・・・。

 

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

コメント

(仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家・暮らしにエレガントのある住まいとして設計デザインのプランを打ち合わせの途中に住まい手さん宅にて暮らしのイメージを丁寧に。

2020年07月02日 | (仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

設計とデザインのチカラで

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

※住まい手さんのご自宅にてプラン打ち合わせの時間に

 

皆さんは何の為に家を建てるのですか?

それは大事な部分・・・・・。

家づくりの全てのゴールに繋がる根本。

※いつもの「住まいのチェックシート」以外に住まい手さんから想いの託されたメモの一部

 

家を建てるのが目的ですか?

それとも家を建てる事によって

得る事の出来る「何か」ですか?。

 

とある赤煉瓦の佇まい計画。

(仮称)赤煉瓦の佇まいを愉しみエレガントを持ち込む中世ハプスブルクの家

 

住まい手さん Oさま

設計監理 やまぐち建築設計室 建築家 山口哲央

施工管理 未定

 

赤煉瓦での佇まいは「サイディング」による

イメージの範囲で調整しつつ

雰囲気を大事に「時代感」も

佇まいに検討中ですよ・・・・・。

 

この日は、住まい手さんの現在のご自宅にて

ご夫婦そろっての打ち合わせの時間。

 

前回・・・橿原アトリエで打ち合わせした内容を

含みながら更にハプスブルクの時代感覚を

イメージに取り込みつつ

暮らし方との融合を検討しているところですよ。

 

大事なのは現場の状況をどのように

家の内側と外側で融合しながら

暮らしの範囲を立案するべきかという部分。

 

外観の赤煉瓦の佇まいにも意味があり

そこから内側へ切り替えるホワイトカラー

白での鏡面感にも「時代をイメージする意味」が

存在していますよ。

 

例えばですがハプスブルクからイメージされる

その時代の「舞踏会」の会場のような空間。

 

シャンデリアが似合うそんなLDKと

屋根の勾配(傾斜)を利用した吹き抜けの空間と

構造的な骨組みとの繋がり方のデザイン。

 

そのデザインを施した空間を

設計する事で

得る事の可能になる時間の豊かさ。

 

そういったインテリア空間に囲まれて

過ごす「エレガントな気持ち」から

派生する心の拠り所が生まれますよ・・・・・。

 

家が造りだす「過ごし方」の意味が

尊い時間の流れを生み出すように

設計での仕掛けを考えているところ。

 

二階に計画するLDK空間が

閉塞的な現時点での過ごし方から

開放的に視界をつくりだし

そこから得る事の出来るトンネルのような奥行を

活用して延長距離のある空間となるように。

 

そうする事で「ティータイム」も「ブランチ」も

「ホームパーティー」も「普段の過ごし方」も

ある意味で華麗なる「ハプスブルク家」のイメージで

時代を感じる空間に・・・・・。

 

ハプスブルクの時代背景を読み解きながら

暮らしとの調和を

打ち合わせ中ですよ・・・・・。

 

暮らす場所と時間から得る事の出来る

豊かさと意味をデザインするように・・・・・。

 

良い意味での暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように。

 

暮らしの環境を紐解きながら

暮らしの「質的向上」を上質に

いつも提案中ですよ。

 

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

 

コメント