奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計のなかでの「暮らしの事」・「収納の事」イロイロ

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで暮らしの設計・新築・リフォームをデザイン中です。

住宅設計と住まいと暮らし、庭と風景、内部の空間として窓を意識しつつ一階のLDKと二階のセカンドリビング、外部となる風景(庭)と接続するデザイン設計での「思惑」から心地の良さをロケーションに。

2018年11月29日 | (仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

注文住宅・マイホーム・住宅設計

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

週末の上棟(棟上げ)に向けて

現場の動きの確認等もあり・・・・・。

基礎内、床下部分での

設備の配管で「排水」の接続部分工事を終えて

工事用仮設足場の先行設置工事が終えたところ。

 

(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築工事。

基礎部分でのボリュームから

庭とのバランスも住まい手さんにも

把握していただきやすい状態に・・・・・。

ほぼ土地(敷地)の中心部分に

建物をレイアウト(配置)しているのにも、

理由があります。

 

土地と建物のレイアウトでのバランス。

暮らしの趣にも関連する部分・・・・・・。

東西南北の方位も関連付けで

過ごし方と庭の取り方。

 

単純に広いというだけではなくて

風景との接続も「窓の位置」で考えていますよ。

 

風景の見える部分に窓があり、

その窓の視野からの位置関係の割り出し・・・・・・。

土地に対しての建物レイアウトは「シミュレーション」していますよ

その都度大事なコンセプトと暮らしに基づいて。

 

そこには一階だけではなくて

二階からの楽しみ方も・・・・・。

2階セカンドリビングから楽しむ吹き抜けと

反対側に設けたバルコニーの存在。

そこから見える風景にも理由が・・・・・。

 

部屋の延長としてそのバルコニーを使いつつ

デッキスペースのような楽しみ方も

そこにはデザインしていますから。

 

 

適度に囲みくつろげる空間としてのバルコニー。

隣地に近づきすぎると「開放感」を半減させますからね。

そうならないように・・・・・。

 

空間をつなげる外と内の関係は

そういう部分も視野に「レイアウト」を

デザインしていますよ。

 

見える範囲を意識するという事は

暮らしの趣にも関連する部分・・・・・。

配慮としてのデザインは

そういう意味で「心地」を左右しますからね。

 

予測の範囲がどこまでか?

暮らし始めてからではない「イメージ」は大切ですよ。

設計とデザインの価値で、

丁寧にな暮らしの心地という

恩恵を感じてみませんか?

 

質の違いを丁寧に検討して

デザインする事で

過ごし方も随分異なりますよ。

 

間取りと生活環境で変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と暮らしのカタチを上質に心地からデザインするように。

 

 

注文住宅の設計デザイン・ご相談、ご連絡はホームページお問い合わせから。

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント

(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築工事、設計デザインと暮らしの提案、インテリアコーディネートのその先にあるデザインの効能、暮らしの質と上質と質感で変化する居心地のデザイン。

2018年11月15日 | (仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

注文住宅・マイホーム・住宅設計

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

ライフステージの心地よさ

インテリアデザインによる質の良さで

暮らしの時間にも厚みと深さが生まれますよね。

 

住まいの設計デザインに欠かせない

インテリアのデザイン設計から・・・・・・。

 

(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築工事

 

現在現場では建物の基礎工事が進んでいる段階ですが、

その進行に合わせて「意識」の部分のデザインとして

インテリアコーディネートと暮らしのバランスを

設計デザインとしての昇華の途中・・・・・。

建築にはソフト面とハード面のバランスが大事。

単なる生活の箱としての家の提供ではなくて

暮らしの基準をデザインしながら

生活の面を意識してデザインを提供していますよ。

この日はトーヨーキッチンスタイル大阪SRで

住まい手さんをご案内して

インテリアの微調整を・・・・・。

 

建築の箱に対しての見せかけのデザインではなく

暮らしの時間を充実しながら

楽しむ事の出来る工夫の提案。

単純にインテリアのモノとしての良さや質ではなくて

その場所で空間が生まれて得る事の出来る内容、

それをご提案させていただきながら、

モダンスタイルの暮らしを・・・・・。

 

今回の選択はシャンデリア。

クランカーLEDを。

モダンスタイルのシャンデリア。

一列に連なるクリスタルのオーメントで

構成されています・・・・・。

 

 

昼も夜も変わらない輝きの様子が

スマートに華やいだ空間に

時間の喜びを同時に表現する価値。

 

その輝きが天井や壁の空間の一部、

全体に陰影をデザインして

水面に揺れる波が反射するような空間美を

表現してくれます・・・・・。

僕が良く表現として使う

二次的デザインの効能。

その「モノ」だけではなくて「選択」から

拡張される特徴を踏まえた時間の過ごし方が出来る上に

空間の心地よさが進化するように。

そしてその心地よさの定義は

人それぞれ価値観が異なるので

生活文化と構成されている価値観

そして新たに、

それまでの枠の外側にある

価値観とのバランスで暮らしを提案させていただいていますよ。

いつでも丁寧に・・・・・。

 

この日もSRでの案内は

営業の山口氏とSRコーディネーターの伊川さんに。

 

 

特徴的なトーヨーキッチンスタイルの深いシンクが織り成す

家事時間の効率化とそこから得る事の出来る時間の質も

トーヨーキッチンスタイルからの「独自」の

幸せな時間の提供スタイル・・・・・。

 

 

建築の箱と、そこに選択するキッチンや設備機器類

インテリア・・・・etc。

暮らしの効能はそれぞれの絶妙なバランスの上で

心地よさが生まれるという事。

 

それをデザインする

建築家としての僕の役目は、

その先、入口から出口までだけではない部分を

見越しながら「暮らしの意味」をデザイン設計で

提案させていただいていますよ。

いつでも丁寧に・・・・・。

 

 

質の違いを丁寧に検討して

デザインする事で

過ごし方も随分異なりますよ。

 

間取りと生活環境で変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と暮らしのカタチを

考えてみませんか?。

 

 

注文住宅の設計デザイン・ご相談、ご連絡はホームページお問い合わせから。

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

コメント

(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築工事・・・・今月末の建築工事着工を前に地鎮祭(起工式)を執り行って新たな気持ちで現地に家の存在を良い意味でイメージしながら和モダンの佇まいを。

2018年10月22日 | (仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

注文住宅・マイホーム・住宅設計

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

住まいの設計とデザインから

暮らしのイメージを

カタチにする段階に・・・・・。

 

 

奈良・大和高田市内での住まいの設計新築工事。

(仮称)暮らしの趣を一緒に楽しむ和モダンの家

週末・・・この日は実際の建築工事に入る前段階での

地鎮祭(起工式)。

 

地鎮祭(起工式)は、土木工事を行う際や

建築工事前に、神様に工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る

神事のことをいいます。

 

「じちんさい」・「きこうしき」・「とこしづめのまつり」等

地域や風習によって様々な呼び名も。

 

今回は、おつきあいのある氏神さまをお祭りしている

鷺栖神社の宮司さんに建築現場となる

現地へお越しいただき「祈願」を・・・・・。

式典のながれをご説明いただき

準備が整って「住まい手さんご家族」、

緊張の面持ちもありつつ、

感謝の気持ちもそこには在処として。

 

そして・・・・・今回工事を依頼したのは

TOC建設株式会社

住まい手さんの価値観と暮らし方

「求める内容」と「対応可能な内容」での

バランスを検討した結果の提案として

パートナーに選定しましたよ。

TOC建設株式会社ホームページ

http://www.toc-kensetsu.com/

地鎮祭の用意もお手伝いいただき、

一緒に参加して式の役目も・・・・・。

 

 

式は滞りなく・・・・・・。

そして記念に宮司さんも入り写真を一枚。

献杯も済んで談笑後は

現場で簡易打ち合わせスペースをつくって

着工に向けての昇華打ち合わせ。

 

そして外観部分で

イメージの「確定」を意識しながら

雰囲気の生み出し方を再確認。

 

 

同じ建物のカタチであっても色の雰囲気で

随分イメージが変わりますからね。

 

選択済みの外壁の素材を

どのように使い活用するのかで

家は異なっていますからね・・・・・。

 

なぜ「その選択」なのかも

住まい手さんには「意味」を

お話しさせていただきながら

住まいのデザインを意識していただきつつ

建築工事は今月末から

本格的に建築スタートの予定ですよ。

現地に建物の場所をわかるように地縄で現した位置を見ながら

住まい手さんも建物の建った状態をイメージしながら

現場をあるきながら未来のカタチを・・・・・。

 

価値空間を生み出す為の選定には

その部分から結果を生み出す

素材の魅力を

吟味する意識が大事ですからね。

 

 

設計とデザインの魅力で

暮らしに変化を促す空間の価値を

感じてみませんか?

 

 

吟味すべき暮らしに必要となる

「本当の価値の設計」から選択しながら

間取りと生活環境と素材の設計と

選択とデザイン・・・・・。

 

空間で変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と暮らしの

カタチを立体的構成力で・・・・・。

 

 

注文住宅の設計デザイン

ご相談、ご連絡はホームページお問い合わせから。

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

コメント

(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築計画・・・現場で土地造成整備の工事が始まる段階、暮らしの場所に廊下、ホール、リビング、吹き抜け、窓、開放感のデザインと暮らしやすさを。

2018年09月03日 | (仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

注文住宅・マイホーム・住宅設計

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/ 

※新築計画地の現状

 

開放的でのびやかに暮らす事の出来るデザインの家として

注文住宅・住まいの新築計画で

土地造成の現場。

住宅建築の為の前段階の土地造成に

もうすぐ着工という事もあり現場へ・・・・・。

 

計画地を宅地の状態にする前段階。

上水道の給水や雑排水、ガス等のインフラ(ライフライン)。

土地造成。

 

 

開放感はそのままに・・・・・。

 

そして、この日は住まい手さんご夫婦と

橿原アトリエでの打ち合わせ。

※橿原アトリエで住まい手さんご夫婦との打ち合わせ

 

暮らしの提案が図面やプランから

リアル化していく段階に・・・・・。

(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築計画。

 

この日は、外観内容の整理として

佇まいの整理内容等・・・・・。

 

インテリアの工夫も事前の状態で

色々と拡張しながら

掘り下げつつ・・・・・。

 

インテリアの工夫と心地よく暮らす為のアイデア。

見える場所と見えない場所をデザインしつつ

サイズ感や色、

空間の連続性があたえる暮らしへの意味。

 

 

家の中の風通しと抜け感のデザイン・・・・・。

 

閉塞感が生まれないように

場所を広く感じるデザインで

空間を整えている間取り。

※吹き抜け・廊下・セカンドリビングの開放感(デザイン打ち合わせ途中の簡易版での室内CG)

 

間仕切りの少ないオープンプランで

広々と家の中も家の外も使える様に。

 

窓の位置と大きさ(サイズ)もそうですが

場所を適材適所で

コントロールできるデザインで

同時に生活の環境を整えるように。

 

吹き抜けも存在しながら

開放的で伸びやかなプラン。

オープンプランの間取り・・・・・。

 

一つの空間となる様にデザインしていますよ、

空間の抜け、

そして視線の抜けも大事。

 

行き止まりの無い回遊式プランで

広々を実感できる工夫も盛り込んでいますよ。

 

 

人の動き、動線を間取りの工夫で

ぐるりと回遊出来る様に・・・・・。

 

玄関→LD→キッチンという動線も

玄関→物入れ→廊下→洗面脱衣→浴室→キッチン

その他にも複数の「動線」は

一体化出来る様に暮らしの動きが

スムーズになりますよ。

 

 

人の動きがスムーズになる事で

生活環境も広くなり

変わる事がありますよね・・・・・。

 

 

印象を左右する「空間」の選択を

デザインに考慮する事で

暮らしの趣も変化しますよね。

 

 

吟味すべき暮らしに必要となる

「本当の価値の設計」から選択しながら

間取りと生活環境と素材の設計と

選択とデザイン・・・・・。

 

 

空間で変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と暮らしの

カタチを立体的構成力で・・・・・。

 

 

注文住宅の設計デザイン

ご相談、ご連絡はホームページお問い合わせから。

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

 

 

コメント

(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築計画、価値観と意識のデザインが住まいの設計デザインには大事、LDKと吹き抜け、暮らしの時間が生み出す生活の質の良さ、過ごす時間の価値を丁寧に

2018年07月26日 | (仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

※提案調整中のインテリア照明(建材ショールームにて)

 

家づくりというのは

本当に不思議なのです・・・・・でも当たり前なんです。

※橿原アトリエでの「住まい手さんご夫婦」との住まいの設計照明計画打ち合わせの様子

 

住まい手さんの満足基準が、

皆違うので。

 

 

例えば快適だとか、

使いやすいとか、

気持ち良いとか、

落ち着くとか、楽しいとか・・・・・。

 

人それぞれで「満足」という

価値観の物差しが違うのです。

 

僕の建築家としての仕事は

初めにその住まい手さんの「想いや考え方、価値観」を

しっかり意識として「同じ」に近くなるように

丁寧に聴き取る事から始まります。

 

住まい手さんは何を望んでいるのか?

どんな暮らしをしたいのか?

今はどんなところで暮らし

どんな生活を営み

どんな部分で苦労したり

不便を感じているのか・・・・・etc。

 

何度もお会いして、

いろんな話をして

断片的な情報を繋ぎ合わせてみる。

 

その後、頭の中を整理して

一から新たに組み立てるように。

 

そうすると、

住まい手さんにfitした「住まい」の根本という

カタチにすべき部分が少しずつ見えてくるんです。

 

組み立ての骨格が見えてくると

建築家としての腕の見せ所・・・・・。

 

住まい手さんの表面に見える

要望をかなえることだけでなく、

暮らしの本質の部分と同時に

ここにいると、何故か気持ちいいし落ち着く

という僕からの生活者の一人としての視点と

建築家としてのプロの視点で

提案する何気ない安心感も入れたいと思うんです。

 

 

いろんな要素がかみ合って、

そういった空間を作り出しているんだけど、

そういう部分の思考は絶対入れたいと

思っているんです。

 

それがある事と無い事での暮らしの違いを

知っているので・・・・・。

 

勿論、気持ちの晴れやかな所や

高揚する場所も必ず造るんですけどね。

 

設計とデザインの趣旨の部分で、

まず一つ目に、住まいは、「気持ち良い空間」であること。

これにこだわるからか、

いつもテイストが似ていないのかも知れませんね。

 

「気持ち良い空間」は、

人がそこにいて気持ち良いなと

感じられる場所のことで、

自然素材を使うだけでなく、

様々な要素が絡みあって構成しているもの。

 

僕の建築家としての得意分野です。

 

 

二つ目は、「暮らし易さ」にこだわっています。

使い易さが良いのは当然ですが、

日々の生活(例えば料理や掃除・洗濯等)や、

整理のし易さ、家族の動線処理など、

毎日の事ですから・・・・・。

 

そして、「少しの遊び」を入れています。

ドアや引き出しなどの細工や、

引手や手すり、

制作家具など「オリジナル」のものを

つくる事も、こだわりと共に

暮らしに対しての愉しみとしています。

 

さて、貴方との出逢いから

始まる「家づくり」はどうでしょうね。

 

 

吟味すべき「本当の価値の設計」から

選択してみませんか?。

 

間取りと生活環境と素材の吟味。

外の空間と内の空間で変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら、住まいの設計と暮らしの

カタチを丁寧に設計デザインの価値を・・・・・。

 

注文住宅の設計デザイン

ご相談、ご連絡はホームページお問い合わせから。

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント

(仮称)暮らしの趣と時間を一緒に楽しむ和モダンの家新築工事計画・・・デザイン設計の方向が確定して、工事の見積もりから計画の契約へ、工事を行う工務店(建設会社)を決定して工事準備は、土地造成工事から。

2018年07月17日 | (仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

※工事契約時の様子

 

暮らしのリアルを生み出す準備で

ある意味スタートラインの部分。

 

この日は朝早くから長時間での

住まい手さんとの打ち合わせを橿原アトリエで。

 

工事を依頼する工務店との契約ですよ。

今回の工事発注先は「TOC建設株式会社」。

http://www.toc-kensetsu.com/

 

 

地盤の調査、曳家、古建築から新建材を使う家

事務所、飲食店、ショップ建築家ら

リフォーム、リノベーションと

水まわり等のリペア工事まで「小回り」もきき

柔軟な対応が出来る工務店です・・・・・。

 

この日は工務店の社長自ら

住まい手さんご夫婦と契約の約款を

読み合わせしながら内容の再確認。

そしてイロイロと確認事項を済ませてからの

ご捺印・・・・・。

※間取り設計プラン1階鳥瞰図デザインCG

 

 

 

※間取り設計プラン2階鳥瞰図デザインCG

 

 

工事に向けての準備も整いましたよ。

まだ少し内容の精査など調整は残っていますが、

土地の造成は今年のお盆明け・・・・・。

8月下旬からのスタ―トの予定ですよ。

※住まい手さんご夫婦との照明プラン打ち合わせ

 

 

それらの打ち合わせが済んでからは

僕の方で、事前に建材ショールームでの

打ち合わせをしていた内容で、

照明器具でのインテリアコーディネート。

 

全部ではない部分で「ポイント」となるヶ所に、

特徴的な照明器具のレイアウトを提案ですよ。

※住まい手さんご夫婦との照明プラン打ち合わせ

 

 

照明器具の選択で変化する空間の魅力。

明るさだけではなくて、

雰囲気が生まれる事で

その場所での時間の過ごし方や

空間の魅力は変化しますからね・・・・・。

その空間で暮らす事で「得る事」が出来る

時間の価値をデザイン提案に盛り込みつつ、

意識化での心地よさを設計していますよ。

 

 

心地よい暮らしの効果を丁寧に・・・・・。

暮らしの心地。

吟味すべき「本当の価値の設計」から

選択してみませんか?。

 

 

間取りと生活環境と素材の吟味。

外の空間と内の空間で変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と暮らしの

カタチを丁寧に。

 

 

 

注文住宅の設計デザイン

ご相談、ご連絡はホームページお問い合わせから。

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

コメント

(仮称)暮らしの趣と時間を一緒に楽しむ和モダンの家新築計画・・・暮らしの時間を丁寧にデザインと設計の価値が現場でカタチになる準備、マイホーム・注文住宅計画そのプロセスを大事に提案しながら意識の概念

2018年07月10日 | (仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

※橿原アトリエでの住まい手さんご夫婦との打ち合わせ

 

 

力強く繊細で味わい深い建築は、

環境に対する多角的配慮と

緻密な構造計画と同時に、

人の想いに共鳴することによって生まれます。

 

僕の建築家としての思考の土台部分、

目指す建築の指針であり、

日々追求し続ける「建物の在り方」と言えます。

 

住まいの新築工事、

デザインのある暮らし・・・・・。

 

(仮称)暮らしの趣を時と一緒に楽しむ和モダンの家新築計画。

 

この日は住まい手さんご夫婦との

橿原アトリエでの打ち合わせ。

 

色々な過程を経て、

来週は建築工事、建物を建てる土地の造成工事を

依頼する建築会社(工務店)との契約の段階ですよ。

 

家についてのプロセスも考えながら

この日はその手段と目的という建築の行為そのもの

についても色々と雑談も交えながら・・・・・。

 

建物は屋根や壁を有した「器」であり、

寒暑や風雨を避け、

人と道具を内在させます。

 

 

そもそも建物は、

その存在目的を考察された上で

人の手によってつくられます。

 

 

こうして生まれた建物は

土地や地域の一点景となり、

そこに佇み時の経過を刻みます。

 

 

人と共に在る建物は、

やがて独自の進化を遂げ、

文化の証として

後世に生き続ける可能性をも持ち得ます。

 

 

「建物をつくること」すなわち建築とは、

それを仕事とする僕たちにとって

壮大な世界観を呈するものであり、

同時に数多の課題をもたらします。

 

 

よってそれに携わる人々は、

ひとつひとつの建物について

深い考察と探求を繰り返しながら

向き合い続けています・・・・・。

 

基本的に建築に携わる人間全てが

そうであってほしいのですが、

業界の全員が全員、そうではないのが事実。

 

なので工事の発注には、依頼には注意が必要で

得意不得意もあれば、

意識の違い、共有の可否も・・・etc。

 

そんな意味も含めての選択。

 

少なくても建物の具現化は、

仔細な結果の積み重ねによって

構築されるものと考えて、

決して一足飛びに成し得るものではありません。

 

 

一歩ずつ細かな段階を踏みながら、

都度導き出される考察に対して

丁寧な対処を積み重ねることが全てであり、

その作業なくして建物の自立は望めませんから。

 

 

その一連の作業から「建物はつくるもの」という

意識に辿りつきます。

 

社会において「建物は買うもの」

という概念も存在します。

それはそれで間違いではありませんし、

その建物がどのような意味合いを

内包するかによって概念は変化します。

 

しかしながら、僕が建築家として、

僕の周辺の協力者としての建築会社が考える建物

つまり僕たちが目指す建築とは

「つくるもの」という認識に着地点を見出しますよ。

 

 

住まい手さん、クライアントの心の中に浮かんだ夢が

少しずつ輪郭を帯び、

僕たち「造り手」が、

その輪郭を共有するところから

建物づくりはスタートします。

 

 

想いを詳細な計画と共に

具体化していき「目に見えるかたち」を

つくりあげていきます。

 

 

建物計画に先立ち最も重要なことは、

土地の特徴を理解することです。

 

 

どこに建てるのか、

それはどのような場所なのか。

まずは設計者がその場所を訪れ環境と風土を知り、

方位を調べます。

 

 

これにより、住まい手さん、

クライアントの「理想とする過ごし方や住まい方」、

「現実を帯びている暮らし」に基づいて、

土地の特性に対しての「建物の在り方」を提案します。

 

その土地独自の自然条件を

きちんと捉えることから、

耐久性と快適性をコントロールできる

建物が生まれると考えていますよ。

 

 

自然の力を最大限に享受できる建物は

非常に合理的です。

 

 

陽の光、風の流れ、

生息する植物から推測できる土壌。

もともとその場所が持つ性質は

人の手によって安直に変えられるものではなく、

むしろそれに無理なく

寄り添うことで

土地との共存は可能となります。

 

 

それを十分に理解した上で、

はじめて建物の機能性が

より高めれる設計を考えることができます。

 

環境と建築素材およびデザインの相性を

深く考察することは、

持続性のある建物を生みだしますから。

 

 

持続性とは建物そのものの耐久性でもあり、

それは頑強であるだけでも、

美しい質感だけでも

完結するものではありません。

 

 

まずは気候条件に見合った

素材を選択することは基本です。

 

 

さらに、そこに過ごす人々の

建物への愛着心を伴ってこそ、

日常のケアや経過年数の節目で

手を入れるなどの意識が生まれます・・・・・。

 

 

残る建造物は、

全て人の手によって

大切に維持され続けています。

 

また、建物に柱が建ち、

屋根や壁がつき、

いわゆる「物理的な器」が完成した時が

完結ではありません。

 

 

そこで人の生活が始まり、

建物には暮らしが宿ります。

 

そして人の手によって育まれ、

建築は成熟していきます。

 

人の心に愛着を抱かせる建物は、

ある意味「潔さ」が求められます。

 

建築とは、そもそも建物をつくることにおいて

ある種の芸術性という側面をも

持ち合わせるものです。

 

 

芸術性の追求は、

ともすれば建築家の意思が先行し、

それが現実の生活スタイルに

折り合いを見出せないかたちとなる場合もあります。

 

 

逆にその意思こそが美術的視点における、

建築の素晴らしい側面であることも事実です。

 

但し「人が暮らす」という主眼における建物は、

前述のように住まい手、クライアントの手に託され、

その手によって成熟させていける

器量が必要です・・・・・。

 

 

美観を叶えながら、

そこに暮らす人が各々に

生活デザインを描ける空間こそが、

僕の建築家として提案する「潔さ」であり、

物理的な構造と相まって

建物の持続性を高めていけるものと

考えていますよ。

 

そういう概念だけではないですが、

暮らしと趣と佇まいをカタチにする

準備を着々と・・・・・。

来週は、工務店(建築会社)との住まい手さん、

契約ですよ。

吟味すべき「本当の価値の設計」から

選択してみませんか?。

 

 

間取りと生活環境と

外の空間と内の空間で変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と暮らしの

カタチを丁寧に。

 

 

 

注文住宅の設計デザイン

ご相談、ご連絡はホームページお問い合わせから。

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント

(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築計画・・・工事発注先工務店選定も終わり、この日は橿原アトリエで住まい手さんご夫婦と和モダンインテリア暮らしの要素を昨年末の打ち合わせを踏まえ。

2018年06月28日 | (仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

※橿原アトリエでの住まい手さんご夫婦との打ち合わせ

 

 

暮らしの基準を丁寧に

デザインを施して設計する事で

未来が少し変わりますよね・・・・・よい方向に。

 

 

(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築計画。

工事を依頼する建築会社(工務店)も

株式会社TOC建設に決まり、

http://www.toc-kensetsu.com/

※別日での工事見積もり確認時の橿原アトリエでの「工務店社長」との面談打ち合わせ

 

 

に決まり・・・・順序立てて

工事着工までのプロセスを調整して

土地造成の部分も

手続き関係は順調に・・・・・・。

 

 

建築のプロセスも大事。

計画のプロセスを継続しつつ、

設計内容の昇華も進めて次の段階に。

 

※インテリアの要素を整理の途中

 

 

この日は「橿原アトリエ」で

住まい手さんの意向の部分を整理しながら

インテリアの部分を打ち合わせの途中・・・・・。

 

※KOIZUMI 照明計画プレゼン資料

 

見えるインテリアの要素と

形づくられる空間と

二次的デザインの要素として、

照明計画の整理。

 

※昨年末、moooi大阪SR・Kartell大阪SRでの住まい手さんとの打ち合わせ

 

 

全般的な照明の計画は「KOIZUMI」照明で

まとめつつ、

ピンポイントで「moooi」を考えているところ。

空間を彩る「灯り」は、その存在で

時間の過ごし方を変化させます。

※昨年末、moooi大阪SR・Kartell大阪SRでの住まい手さんとの打ち合わせ

 

 

単純に「明るい」だけではなくて、

その時間を、その空間でどのように過ごすのか?

という事を考えての選択ですよ。

 

 

本を読んだり、勉強したり、

作業をする際の「灯り」。

食事をする際の「灯り」。

団らんや憩いの時間を過ごす「灯り」。

 

 

それぞれの相応しい「シーン」が存在しますよね。

それを「灯り」の効能として「インテリア」の要素で

検討しているところ、

それは「色」における心理面の効能と同じ・・・・・。

 

色の効果で時間を早く感じたり

長く時間を感じたりしますよね。

それと同じで「灯りの効能」は

過ごす時間を変えますから・・・・・・。

 

 

どんな場所でどんなシーンを過ごすのか?

という事も昇華しながら「住まいの設計」と

「暮らしの融合」をデザインの途中ですよ。

 

 

意識の部分を大切に・・・・・・。

吟味すべき「本当の価値の設計」から

選択してみませんか?。

 

 

間取りと生活環境で変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と暮らしの

カタチを丁寧に。

 

 

 

注文住宅の設計デザイン

ご相談、ご連絡はホームページお問い合わせから。

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

 

 

コメント

暮らしの環境デザインと見える角度見えない角度による生活空間の質向上デザイン設計と丁寧な工夫(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築工事、デザイン意識と共通認識が現場へ引継がれるように。

2018年06月07日 | (仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

※橿原アトリエでの住まい手さんご夫婦との打ち合わせ

 

 

段差や凸凹の場所をデザインする事で

家の内外に変化と見える場所、

魅せたい場所、逆に見せたくない場所を

操作する設計の工夫で、

生活と暮らしの環境を丁寧に「住み心地」として

デザインする様に・・・・・・・。

 

 

この日は「橿原アトリエ」で

住まい手さんご夫婦との打ち合わせを。

 

 

(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築計画。

※LDK内観デザイン採光シミュレーションCG

 

LDK空間で過ごす時間をどのように考えて

見える場所をどのように感じるのかを

いつも丁寧に考えてデザインしていますが、

こちらの住まいでは、

二階セカンドリビングでの暮らし方、

過ごし方での「幅広さ」をより一層感じる価値を

デザインしていますよ。

 

その内容はまたの機会に・・・・・。

※住まい手さん御夫婦と工務店社長との見積概要説明・面談打ち合わせ中の様子

 

プランから設計がひと段落して、

この日は「工事業者」選定を目的とした

工事見積書開示と内容の再打ち合わせを・・・・・。

 

 

事前に「精査」したうえでの調整。

工務店「面談」も3か月ほど前には済ませていて

その工務店が工事を行った現場を「視察」の上で

候補として調整して・・・・面談を行って、

この日の「見積もり」打ち合わせに・・・・・。

 

相性は大事です。

 

価値観の共有がしっかりと出来ていないと

コミュニケーションも「伝達」と「解釈」と「結果」が

異なったものになってしまいますからね。

 

僕にも苦い経験、実はあります。

 

図面で説明しても、資料で説明しても

言葉で説明しても、事例で説明をしても

共通の認識が組み立てられない「現場」での苦悩・・・・・・。

 

力量の話し、知識の話し、経験の話し、

理解力の話、コミュニケーション力の話し・・・・etc。

 

価値観の共有と意識の共有と

それぞれのバランスをきちんと考えておかないと

結果は変わります。

 

価格だけではない選定の理由がそこにはあります。

 

そういう意味で・・・・・今回は「TOC建設 株式会社」での選定。

http://www.toc-kensetsu.com/

 

 

単純に「造る」だけではなくて

そのプロセスや結果への繋がり方の意識が

価値観としての共通認識で

住まい手さんとも「一致」するので・・・・・。

建築の仕事は大事な部分で見える「カタチのある部分」

だけではない事を理解している工務店。

 

そして「現場」と「連携」の部分で

ちょうどいい理由もあるので・・・・・。

それぞれの家族、それぞれの現場と

設計の内容に「沿う」現場の選択が大事。

 

 

暮らしの環境を丁寧に生み出すには

絵に描いた餅ではない「現場の力量」との

バランスも大事。

 

間取りと生活環境で変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と現場のカタチを

考えてみませんか?。

 

 

ご相談、ご連絡はホームページお問い合わせから。

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

コメント

(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新デザイン設計・住まい手さんと打ち合わせ、吹き抜け空間の一体性と連動する様、LDK空間の段差活用で広さの意識を感じる空間に階段状の広い段差リビング

2018年05月20日 | (仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

※橿原アトリエで住まい手さんとの住まいの新築計画打ち合わせ

 

 

住まいの設計デザイン新築工事の計画打ち合わせ色々と。

この日は住まい手さんご夫婦と

橿原アトリエでの打ち合わせ。

 

 

※2階間取りプラン提案打ち合わせ時の鳥瞰図CGデザイン

 

 

(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

 

 

家の中に暮らしを楽しむ工夫を散りばめつつ、

段差を活用した住まい方の意識も色々と盛り込んでいますよ。

勿論考え方の足し算、引き算の

反実仮想 (反事実的思考)を意識しながら・・・・・。

 

 

家の中での段差にも

色々な意味があります。

勿論ある意味では「吹き抜け」も段差の活用。

 

 

その吹き抜け空間の下部である

一階のLDKスペースの段差部分・・・・・・・。

 

 ※1階間取りプラン提案打ち合わせ時の鳥瞰図CGデザイン

 

 

一般的な床の高さからあえて「ステージ」の逆に

床の高さを下げていますよ。

 

 

ある意味でスキップフロアの意識を拡げるデザイン。

 

 

LDK部分はオープンプランで仕切りのない状態。

大きな空間を感じる間取りプランにしているのですが

仕切りの意識も欲しいところ。

 

 

狭い空間という訳ではありませんけど

より一層仕切った意識を払拭する為に

区切りの意識は少なくして

広さの認識を持ちつつ部屋の意識を持つことが出来る様に。

 

 

段差を活用した錯覚の活用という視点。

広さの感覚には床の延長をどのように感じるのか?

という意識が働きますよね。

その「床の延長の意識」をあえて「崩す」事で

床を見て意識する広さの感覚を変化させる設計で

LDK空間をデザインしていますよ。

 

 

床のレベル(高さの違い)を半階までとはいかず、

階段2段程度の段差でレイアウト、

緩やかにその段差でつなぐ、

そうすると・・・視線が上下斜めに伸びる事で

ワンルームをさり気無く広げて

壁や家具で仕切らないメリハリのついた

開放感を床段差の効果で感じつつ

その段差を家具のように使う事で

物を置かずに「腰を掛ける」ような使い方も・・・・・。

ちょうど階段に座るような意識。

 

 

場所のカタチや意識で

暮らし方そのものを

良い意味で変化させるように、

設計デザインの工夫を間取りにさり気無く

立体的な意識の工夫で施していますよ・・・・・。

 

丁寧な暮らしの工夫として。

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

コメント

住まいの設計デザインの途中(仮称)暮らしの趣きを時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築計画・・・暮らしの本質を丁寧に、2階セカンドリビング、デザイン設計の付加価値で丁寧な暮らしが生み出す空間提案。

2018年05月10日 | (仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

※二階(2階)セカンドリビングCG内観デザイン

 

 

住まいの設計・・・モダンで和とエスプリも意識しつつ

普段使いと特別な時間、

暮らしに触れるべき内容を

デザインとして整えていることろ。

 

 

(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築計画

 

 

※二階(2階)セカンドリビングから続くバルコニースペース

 

 

 

単純にバルコニーというカタチだけではなくて

セカンドリビングから続くその場所、

その屋外の空間に「何」が出来るのかをデザインする事。

 

 

 

二階セカンドリビングからのつながりと

付加価値としてのバルコニーの存在。

 

 

視界の広がりや使い方の可能性としての実効性も

意識しながら、そうではない部分での意識も。

 

例えばそこが、アウトドアリビングや

休日のブランチスペースになったり、

夕焼けを眺めながらのcafe空間になったり

アウトドア家具を置く事での場所の価値。

 

 

バルコニーの良い状態とボリュウムを

考えつつ、イメージの部分も大事にしながら

平面図を描きつつの吟味。

 

 

人の感覚と感性の部分は住み方の意識で

随分と変わります。

身体的な寸法(サイズ)と可動範囲や

座面からの心地よさや立って歩いて寄りかかる際の心地よさ。

それぞれの過ごす時間の意味と時間が生み出す

シーンを考えつつ、

ときどき読み返す本が何冊かあります。

 

そのうちの一つ、

「住空間の家族学『心・体』感覚で考える」著者:山田初江

発行所:彰国社があります。

 

あとがきに、次の一文があります。

 

学生からよく「住みやすさと建築家としての個性ある住宅とは相反しないか?」

という質問を受ける。

「相反しないし、反するとしたらその人の能力が劣っている事になる」

と答えるが、主客転倒の事例がある事は否めない。

住宅が他の建築と際立って異なる点は、人の命を育む場であることだ。

あくまでも人間の「心・体」が主題であって、形態、技術などは

副題の手法なのである。

 

強く共感すると同時に、背筋が伸びる思い・・・・・。

 

 

冒頭でバルコニーの検討していると書きましたが、

形の良いバルコニーをつくることを第一に考えるのではなく、

室内床からバルコニーへの出やすさや

バルコニーの空間が気持の良いものになるように

考えることが大事なんだという事。

考えとデザインを昇華しなければです。

 

 

バルコニーだけに限った話しではなくて

毎回丁寧にそういう風に考えながら

家全体、外部としての庭、アプロ―チから

玄関、廊下、ホール、トイレ、バス、洗面のスペース、

LDK、書斎や寝室、物置きや余剰空間も含めて

意識も「暮らし方」をデザインしながら

検討をしているのですが、

改めて考えさせられる一文・・・・・・。

 

 

丁寧な暮らしに大事な事

どれだけ繊細に深く考えていますか?

理想と現実のギャップが引き起こす事が

どれだけあるのかも丁寧に整理しながら

意識も身体も心地よく、

そして様々な関係性を育む場所として

住まいの設計を毎回丁寧に取り組んでいますよ。

 

意識と質の違い・・・・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

コメント

ゲストハウス新築計画デザイン・・・その目的とイメージ、場所の付加価値とメリットという部分をイメージしながら「宿泊したい」、「借りたい」という思考と行動、インテリアと空間の価値デザイン設計と古民家。

2018年04月29日 | (仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

※橿原アトリエでのオーナーさんとの打ち合わせの様子

 

 

計画性と柔軟性をデザインする様に・・・・・。

仮称)古民家と和モダン・奈良を味わうYさんのB&B 住宅付店舗 新築工事

 

 

Airbnbを始めとする

民泊サービスの人気が高まるなか、

不動産を所有するオーナーさんは

宿泊者のニーズにあわせて、

これまで以上に

空間づくりに気を配る事が大事ですよね・・・・・。

※古民家を意識した新築デザイン外観イメージCG

 

 

ゲストハウスの計画にも色々な配慮の空間と

機能面での融通性を意識しながら

宿泊の「地域」だけではない付加価値の部分。

※玄関ホール内装イメージデザインCG

 

 

インスタ映えもそうですけど・・・・・・。

 

配慮の行き届いたデザインやスタイリングは、

さわやかで、個性的で、

暮らしてみたいと思わせる家をつくりだします。

 

 

つまり、バケーションレンタル物件として

家を活用するときには、

デザインのクオリティが

きわめて重要なポイントになるのです。

 

わずかな努力が、

借りる人にとって

快適で魅力的に思える場所やシーンを

生み出すことにつながりますよね・・・・・。

 

目的に合わせた空間づくりは大事です。

リフォームや新築の前なら、

民泊に提供することを

計画に盛り込んでおくことが重要です。

 

 

その建物の最大のアピールポイントを見極めて、

最適な間取りを考えるように。

 

間取りを考える時には、

その空間を使ってのイメージが大事。

パーティをする、映画を見る、

夜にゲーム大会をする、追加のゲストを泊める、

食事をする、仕事をする・・・・etc。

それぞれれの目的別に、

どの空間をどう使うのが

理想的かをあてはめていきます。

 

つまり・・・部屋やエリアごとに

役割を持たせる事。

使う人や宿泊する人にとってのメリットの部分が

分かり明日言事は重要ですからね。

 

素晴らしい眺め、美しい暖炉、

居心地のよい小さな空間などがあるなら、

それを生かすように、

ソファコーナーをアレンジしたり・・・・・。

 

誰にアピールしようとしているのか、

どんな人にいちばん借りてもらいたいのか

を考えるのも良い方法です。

 

 

休暇を過ごす家族向けですか?

それとも出張でその街を訪れる人向けですか?

 宿泊予約対象者のニーズに

応えられるように気を配るという事。

 

子どもに配慮したインテリアにする、

オフィス環境を備えた

ノートパソコンが使いやすい

ワークスペースを提供する・・・・・etc。

 

 

暮らしの空間を予備的に提供する様に。

宿泊だけがその価値ではないという事・・・・。

自分に置き換えたりしながら、

その場所を借りたくなるように

考える事は大事ですよ。

ゲストハウス計画にも

色々なシーンを想像する事。

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

 

 

コメント

住まいの設計デザイン途中、建材ショールームでの商品検討打ち合わせ・・・(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築計画、床、壁、ドア(扉)、階段建材等、内装材素材とカラーコーディネート。

2018年04月25日 | (仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

 

それぞれの家の「コンセプト」から、

カラーコーディネートの着地点をデザインするように。

 

※LDKスペースをジオラマ展示しているコーナーでの打ち合わせ

 

 

住まいの設計、新築計画デザインの途中。

間取りがある程度決まって、

打ち合わせの途中に・・・・・・。どんな素材、どんな建材を実際に使うか?

という部分での工事見積もり

とも連動してくる部分で、

候補は前もって、

住まい手さんと相談したり

打ち合わせの際に調整していますが、

その内容選択に・・・・・・建材ショールームでの打ち合わせ。

※フローリング選択の打ち合わせ

 

 

建材ショールームの専属アドバイザーさんにも

付いてもらって、

この日は建材の選定に・・・・・。

 

※内装扉(ドア)レバーハンドルのセレクト

 

選択の目的の部分を説明させてもらってから

建材の特徴についてアドバイザーさんから

説明を受けながら、

建材の選定中・・・・・。

 

※内装扉(ドア)レバーハンドルのセレクト

 

どちらかといえば、濃いタイプではなくて

色の薄さも求めつつ、

明るさと印象が「ソフト」なイメージ・・・・・・。

 

※フローリング選択の打ち合わせ

 

 

愛娘のRちゃんも床材サンプルを見ながら

座り込んで・・・吟味の途中ですよ。

 

 

床をベースとして色のトーンを決定して

扉のカラーと壁の印象が

モダンになるようなセレクトで

今回は扉を「ホワイト」を選択。

※内装扉(ドア)選択の打ち合わせ

 

スッキリと見える壁の印象で

デザインを整える事になりましたよ。

 

色(カラー)コーディネートで大事なのは

バランスをどのようにデザインするのか?

という事・・・・・。

※内装建材選定からの提案資料

 

 

崩した印象でデザインを整えるケースもありますし、

逆に統一感を大事にしたコーディネートを

実践する場合もありますから。

 

 

そういう部分で大事なモノゴト。

色決めのコツも色々と・・・・・・。

何気なく選んでいる小物や洋服の色は、

実は自分の心理状態を表しているそうです。

 

 

なぜなら、「色」というのは

人が五感でキャッチする

イメージのひとつだからです・・・・・。

 

 

家づくりでも「色」は重要なポイントですよね。

すべてを好きな色でまとめれば

気に入った家になるかと言えば、

そうではありませんから。

 

 

大事なのは先にも書いた「バランス」です。

 

 

家づくりに限りませんが、

カラーコーディネートの基本は

「ベースカラー」「アソートカラー」「アクセントカラー」

という3つのカラーバランス。

 

 

ベースカラーは、

全体のイメージを決める基本の色。

アクセントカラーは、

インパクトでメリハリをつける差し色。

ベースカラーとアクセントカラーを

なじませて全体に統一感を出すのが、

配合色のアソートカラーです。

 

 

理想的な割合は、

ベースカラー70%、

アソートカラー25%、

アクセントカラー5%という具合。

 

 

住宅の場合でいうと、

ベースカラーは床、壁、天井などの色。

アソートカラーは家具やカーテン、

ドア(建具)などの色。

 

アクセントカラーは

インテリア小物や絵画、クッションやラグ等ですよ。

 

ベースカラーは、

あとから替えづらいので

慎重に選びたいものです。

 

特に小さな色見本帳で見る場合は注意が必要。

実際には、現場で仕上がった全体を見たときのほうが

最初に見本帳で見た色よりも

色合いがはっきりと明るく見える傾向にあるからです。

 

 

できるだけイメージに近づけるためには、

希望の色合いより彩度(鮮やかさ)と

明度(明るさ)をワンランク下げた色を

選ぶことがポイントですよ。

 

 

そして「窓から入る光」や「照明の灯り」でも

その色の見え方は変化します。

 

ショールームでの打ち合わせの際は

僕からのアドバイスとしては

そういう部分もキチンと「情報」を

お話ししながら打ち合わせしていますよ。

 

ショールームのアドバイザーからだけでは

分からない部分も丁寧に・・・・・・。

 

 

丁寧な打ち合わせの時間と経過は大事。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

 

コメント

(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築計画・・・間取りの構成と暮らし方のバランス、毎日の生活時間をイメージの中に、キッチンに立つ時間、家事の事、居心地の時間をリビングで。

2018年04月19日 | (仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/ 

※橿原アトリエで住まい手さんご主人との打ち合わせ

 

 

住まいの設計・・・暮らし方の提案と

間取りが持つ時間の過ごし方のデザイン・・・・・。

 

 

この日は橿原アトリエで、

住まい手さんご主人との

住まいの新築計画での打ち合わせ。

 

 

バルコニースペースの有無と

手法はもう少し先で考える事にして

コアな部分での状態のデザインとして

方向性の検討を色々と・・・・・・。

 

 

吹抜けと薪ストーブとリビングと

セカンドリビングの繋がり方・・・・・。

同時にキッチンスペースへの

生活動線と家事動線。

 

 

空間(部屋)としての繋がり方と連動性。

 

 

家事空間と生活環境の意識を

どうつなげるべきなのか?

というところを打ち合わせしながら。

 

 

キッチンスペースが生み出す

暮らし時間の持つ意味は大事・・・・・。

単純に作業場としての

意味付けではなくて、

楽しい場所であるように、

そして家事が楽であるように。

 

その一環として・・・スムーズな動線を叶えて

気持ちの良い場所としての開放感も叶える

回遊式の間取りプラン。

 

 

移動が楽で、広々感も味わえる。

回遊式・・・・・・。

例をあげると、

キッチン→洗面室→玄関→LD→キッチンのように

移動の為、人が動く位置関係としての

動線が輪になっていて、

ぐるりと一回り出来るようなプラン。

 

 

2方向の動線があるので

あと戻りする事なく

目的の場所へ移動もスムーズな間取り。

 

 

行き止まりが無いので

広々としたイメージも生まれますから。

 

 

通り道をさり気無く心地よい場所に

連動するイメージをデザインすることで

家全体の使勝手もスペースが持つ意味も

よりよく変化しますからね・・・・・。

 

 

移動の場所も設計には大事な基本計画。

丁寧に暮らしをデザインして

暮らしを豊かに彩る設計の価値ですよ。

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

コメント

住まいの設計デザインと間取りの勘所・・・玄関からキッチンへの移動と普段使いの移動ルート、LDKのエリア空の空間の抜け、暮らしの要素をイメージしながら毎日の家事動線と回遊空間のデザインとインテリア。

2018年04月11日 | (仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/ 

 

※橿原アトリエで住まい手さんご夫婦と打ち合わせ中

 

 

住まいの設計デザイン・・・・・。

暮らしの趣を丁寧に。

二階セカンドリビング近くの

手洗いスペースも、

お洒落にイメージしながら打ち合わせ中ですよ。

 

 

この日は、橿原アトリエで、

住まい手さんご夫婦と、

キッチン周辺での人の移動要素を。

 

 

空間の連動性と吹き抜けを介して

LDKとセカンドリビング、

回廊のように連続性のある空間・・・・・。

※一階間取り図

 

 

プランを相談しながら

暮らしの余白時間をどのように楽しみつつ

実情の家事や毎日の暮らしとのバランスを

保つのかをデザインの効能で。

 

 

キッチンスペースへの回遊性を

この日は具体的内容で・・・・。

 

行き止まりの無い、

回遊性のあるプランは広さも感じますしね。

人の動きを「ぐるり」と・・・・・・。

目的の部屋後戻りせずに

移動する設計だと、

閉塞感がなくなり、

空間を広く感じる事が出来ますから。

 

 

そして移動の途中に

アプローチしたい空間が存在する様に。

キッチンを中心に展開する様に

移動の距離も含めて「調整」ですよ。

 

 

家全体に対して、二次的な人の動きを

間取りの中で設計。

玄関から入って様々な「抜け道」のような

移動の方法をこの計画では設計しています。

そのルートが現在は3方向有るんですけど

そこにリビングコーナーから

異なる動線でキッチンへ入るルートを計画する事に。

 

元々DEN・・・洞穴のように、

遊び空間でデザインしていた部分に

正規での通り道を

計画する事にしましたよ・・・・・。

 

 

それによって、家事の時間での移動ルートが

もう一つ増えるので・・・・・。

 

生活の環境として移動する位置関係。

それは家事の時間も、朝の出勤や

日常の移動時間や過ごし方にも

関連する部分・・・・・。

 

 

家の中でどのような移動が良いのかは

家族の暮らし方によっても

違いのある部分。

 

 

間取りに大事な要素を丁寧に

いつも設計の工夫を盛り込んでいますよ。

 

同時に家具の置き方でその移動も

変化する事を視野に・・・・・。

間取りは単に「部屋」を

レイアウトするだけではなくて

人の移動と距離を考える事も大事。

 

空間への抜け・・・・・・。

 

移動に伴う様々な暮らしの環境と時間。

考える際に大事なのは「その移動」が

何を目的とする移動なのか?

という事ですよ・・・・・・。

 

 

間取りの意味を丁寧に

設計デザイン中です。

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

コメント