奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

家づくり・・・・注文住宅・マイハウスでの住まい造りのポイント、デザイン設計の要素づくりの段階で考えておきたいパーツや素材、考え方の部分、インテリアの要素と間取りの意味。

2020年03月20日 | 家づくりアドバイス

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

設計とデザインのチカラで

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ

※木質系空間の場合は壁面のパーツセレクトにも注意

 

注文住宅で後悔しないためのポイントを

教えていただけませんか?。

というお問い合わせをいただく事も

最近はよくあり・・・・・・。

 

注文住宅は、どちらかといえば

セレクト住宅とは異なり、

無いものを場所と家族と生活に対して

考えていくのものなので

費用も「最初から見えない」ものですし、

選択するもので全体の金額も大幅に増減しますから

不安も大きいですよね・・・・・。

 

そういう意味で「ポイント」を

おさえておきたいですよね。

 

注文住宅で知っておきたい

住まいの計画ポイントにも色々・・・・・。

 

空気の流れを意識して

窓や換気扇の設置場所を決める

という事・・・・・。

 

家に開放感を求めている方も

多いと思います。

 

特に、吹き抜けは

部屋を広々と見せる点で人気も高いです。

でも・・・その一方で、

開放感に反して出てくる問題が、

音と空気と匂いの流れが良すぎる事。

 

例えば、冬に暖房を付けていても

全体の空間容量をキチンと考えた

温熱環境のデザインを施しておかないと

ほとんど暖まらないなどの原因となったり。

 

また、料理の際、

調理する内容によっては

臭いが上の階に達して

気になるかもしれません・・・・・。

 

換気扇や窓を、熱源等を

空気が流れてくる場所や

人のいる位置関係、

スペックの内容を踏まえて

設置するのが大切ですよ。

 

暖気をなるべく逃がさないよう、

間仕切りの可能性を考えたり

場合によっては「ドライキッチン」と「ウエットキッチン」という

二種類の位置関係を考えたり・・・・・・。

 

環境をデザインする意味を付加価値として

考えておく事は大事ですよ。

 

個別のパーツや、

そのヶ所だけの視野で

考えるのではなくて

周辺要素と複合的に

そして俯瞰に考えて、

必要な寄り道は考えつつ

不要な寄り道は考えずに

「最適解」を出来る限り

提案させていただいていますよ。

 

より暮らしやすい間取りを考える場合に

性能だけではなく、快適性だけでもなく

広さだけでもなく「人と暮らしのバランス」で

導き出すように「視野」を毎回整えていますよ。

 

そして「場所を使う」という意味でも

意外と多く必要かも・・・・・。

コンセントの数と配置場所について。

 

注文住宅の計画でそれぞれの家族で

全く異なってくる内容として

コンセントの数と配置場所。

 

これまでは、一部屋につき

大体2ヶ所に振り分けると

十分と言われていました。

 

しかしながら、

充電式のものもあるとはいえ、

家電の数も大幅に増え

使い方も範囲も増えてきてますよね。

 

家具とのレイアウトのバランスもまた大事ですし、

スマートフォンやパソコンなどの

端末を充電するご家庭も多いですよね。

 

そういったときに限って

同時に「それ」行うと

欲しい場所に足りないという

不便さに困るかもしれませんよね。

 

延長コードなどで対処できますが、

足場が散らかるのも避けたいものです。

 

電気を使う場所を考え、

それに沿って十分な数に

コンセントを設置しておくように。

 

壁の使い方にも連動してきますが

収納面も考えて

部屋の広さと配置を・・・・・。

 

部屋の広さや使いやすさを重視する分、

間取り計画やプランでは

収納は優先順位をある意味

低くしがちかもしれません。

 

しかし、狭くてものが溢れてくる、

取り出しにくいなどの失敗が

そういう場合には起こると思いますよ。

 

大切なのは、部屋の間取りと

一緒に考える事。

 

それぞれの部屋で使うものを想像し、

それに相応しい大きさの

収納スペースを確保出来る様に。

 

使いやすさも格段に上がりますし、

物の移動もよりスムーズに行えますから。

 

それぞれの暮らしに応じた

空間の特徴があり

意識の違いが存在します・・・・・。

 

どんな暮らしの時間をイメージしますか?

 

暮らしの環境を

紐解きながら「デザイン」の提案と

暮らしの質的向上をいつも提案中ですよ。

 

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

コメント

住まいの設計とデザインの関連性を色々と・・・カラーという暮らしのコーディネート、色の使い方で変化する空間構成と佇まいという印象と趣の部分、暮らしの感度を左右する色のデザイン思考。

2019年02月26日 | 家づくりアドバイス

注文住宅・マイホーム・住宅設計

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

住宅建材ショールームでの打ち合わせでも

色の効果や特徴を加味していますよ。

 

住まいの設計とデザインの事色々と。

 

暮らしの感度をデザインするように

空間の趣にも関連するイメージの部分。

色による印象の効果にも

様々な要因と原因と結果のようなイメージ。

知っておきたい「色選び」のコツ。

 

壁紙、タイル、床材に、

システムキッチンに洗面化粧台、

 

玄関扉や外壁など、

住まいにはたくさんの「色」が

使われていますよね。

 

家づくりでは

これらの色選びをすることになるのですが、

色にはそれぞれが持つ特徴があります。

 

例えば「赤」は

交感神経を活発にするため暖かく感じ、

反対に「青」は

副交感神経を刺激するので

体温を下げる効果があるといわれています。

 

「緑」は疲れた目や体に一番やさしい色です。

色は今ここで挙げた以外にもさまざまあり、

人間の目で見分けることができるものは

実際には約700万色も

あるそうです・・・・・。

 

しかしながら、

私たちはこれだけの色を

区別する色名を持っていません。

そのため家づくりでは、

サンプルを見て

色選びをすることが多くなります。

ここで知っておきたいのが

「面積効果」というものです。

 

 

これは同じ色でも

面積が大きくなると

明るい色はいっそう明るい色に、

逆に暗い色はいっそう暗い色に見える

という現象のことをいいます。

サンプルで選んだ色と

実際に完成したときの色が違って見える

原因のひとつでもあります。

面積効果は色の錯視を起こします。

しかし、私たちに色の錯視を覚えさせるのは

面積効果だけではありません。

 

その他にも明度対比・・・・・。

明度対比とは隣接する色によって、

同じ色でも明るく見えたり、

暗く見えたりする現象のことを指します。

 

以下の画像を参考に。

 

左は黒の背景色、右は白の背景色を使っていますが、

背景色が暗い(黒)ほうが

真ん中の色の明るさ(明度)が

強調されているように見えませんか?

 

反対に背景色が明るい(白)画像は

真ん中の色合いが暗いように見えますよね。

 

このように隣り合う色によって

ある色の明るさが変わる現象を

明度対比といいます。

 

近年は1階と2階を

違う色で塗り分けるような

ツートンカラー(2色配列)にする例も

増加傾向にあります。

 

外壁等でツートンカラーを希望する場合などには、

特に明度対比のことを

意識しておく事も大切ですよ。

 

室内空間でも検討の際にもそうですが、

片方が落ち着いた色で、

隣り合う部分に明るめの色を希望する場合は

ワントーン暗めの色を選ぶのがポイントです。

 

反対に片方が落ち着いた色で、

隣り合う部分に暗めの色を希望するなら

ワントーン明るめの色を選ぶように。

 

あとは・・・・色相対比。

1つの色が背景の色に影響を受け、

本来の色とは違ったように

見えることを色相対比といいます。

 

この場合、元になる色は

背景色の心理補色が現れることになります。

 

心理補色とは、

ある色をじっと見つめた後に、

別のところを見ると

一瞬残像として見える色のことを

指しています・・・・・。

 

上の背景色が黄色の画像を

見てください。

 

黄色の心理補色は青紫となるため、

中心の緑色は青紫と

混色されたような色に見えます。

これが色相対比と呼ばれる現象。

外壁材を積み重ねたり、

張り合わせたりするときの

繋ぎ目部分(目地)の色選定において

考慮する必要があるポイントですよ。

 

そして彩度対比。

彩度とは色の鮮やかさの度合いを指しています。

彩度の異なる色が影響しあうことで、

色の鮮やかさが変わって見える現象が

彩度対比と呼ばれるもの。

上の画像を見ると、

左の彩度が高い背景色の場合は、

真ん中の色の彩度が低く見えます。

 

反対に右側の彩度が低い背景色の場合は、

真ん中の色の彩度が

高く見えることがわかりますよね。

 

つまり背景よりも

彩度が高い色を選ぶと

鮮やかな色合いを

演出することが可能になります。

 

色の彩度にこだわりたい方は

背景や近隣の建物の彩度を

チェックすることをおススメしています。

 

光源色という考え方も

色の選び方には大切な要因。

光源色とは、

太陽などの光源そのものが

発している光のことです。

 

外壁の場合は

この光源色によっても

見え方が大きく変わってきます。

室内の場合は太陽光もありますが、

照明器具での違いも大きな要因・・・・・。

 

外部に話を戻すと、

具体的には日の出のすぐ前、

日の入りのすぐ後の空が薄明るい時間帯と、

1日のうちで最も明るくなる時間帯とも

いわれている正午の3回。

 

この明るさが異なる時間帯で

外壁色を確認してみると

その違いがはっきりとわかると思います。

 

薄明るい時間帯に外壁を見ると

イメージと異なった色に見えますが、

明るい時間帯にチェックすると

イメージ通りの仕上がりになっている・・・・。

という具合で

実際に驚く方も多いですよ。

 

また外壁は太陽の光や時間帯だけではなく、

天気や季節によっても

見え方が異なるのが特徴。

 

そのため、色見本帳を確認するときも

外壁と同じ場所で

時間帯も考慮して

確認するのが好ましいですよ。

 

建築に関連する色の事、

それから感じるイメージの部分。

計画に対する大切な要素ですからね。

 

質の違いを丁寧に検討して

デザインする事で

家での過ごし方も随分異なりますよ。

間取りの関連性と

生活環境で変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と暮らしのカタチを

上質に心地からデザインするように。

 

注文住宅の設計デザイン・ご相談、

ご連絡はホームページお問い合わせから。

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント

インテリアの空間に毎日への効能・・・・暮らしの時間へのエッセンスも設計とデザインの配慮で変化する時間の質と心地よさへ・・・・・。

2018年12月12日 | 家づくりアドバイス

注文住宅・マイホーム・住宅設計

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

暮らしの空間にイメージしておきたいモノゴト。

インテリアに香りの価値も

大切だという事・・・・・。

 

 

人の気持ちって、

そういう見えない部分に

感じるところに

存在するものがありますよね・・・・・。

 

勿論「そのもの」の存在も

意味はありますから・・・・・。

 

暮らしのシーンへ

香りの価値も一緒に。

 

デザインと設計での

配慮という奥行は「日頃の意識」からの違い。

 

 

雰囲気という

伝わる感覚を意識しながら・・・・・。

 

間取りと生活環境で変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と暮らしのカタチを上質に心地からデザインするように。

 

 

注文住宅の設計デザイン・ご相談、ご連絡はホームページお問い合わせから。

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

コメント

家づくりを考える際のキッカケとなった「住まい手さん」の一冊・書籍「家を建てたくなったら」、自分と家族の暮らしを大切に思っているのであれば、暮らしと住まいが未来を変えるという事、分かりやすいですよ。

2018年08月22日 | 家づくりアドバイス
 
 
 
工務店を選定する際にも「それ」は本当に
 
そうだと思うし、
 
僕もそういう風に考えて
 
見積もり先の工務店、
 
工事依頼先の工務店「建築会社」を選定していますよ。
 
 
 
書籍「家を建てたくなったら」・・・・・。
 
暮らしを大切に考える建築であってほしい。
 
 
 
この本を読んで、
 
建築家に住まい造りをと考える様になり
 
僕のところへご依頼くださった「ご相談者さん」。
 
 
 
 
打ち合わせ時に
 
ご持参されていたので
 
少し読ませていただきました・・・・・。
 
 
 
 
住宅設計に対する考えや、
 
プロセスは「そうだな」と思うところばかり。
 
 
 
土地探しの事、家を建てる依頼先の事、
 
ハウスメーカー・工務店・設計事務所等の違い、
 
予算の考え方、良い家をつくる事、庭の事、
 
生活の事・・・・etc。
 
 
 
ひとつひとつ丁寧に説明されています。
 
 
 
自分に合った設計事務所建築家を
 
選ぶポイントのなかで「屋根」について
 
言及されていたのは、
 
まさにその通りだと。
 
 
 
「建築の実際」がわかりやすい書籍。
 
家づくりをお考えの方にお勧めの一冊です。
 
 
 
コメント

睡眠の時間を良質にすることも住まいの計画では大切、間取りの計画性、窓の計画性、場所の計画性、建築家の注文住宅暮らしの趣と同時に「生活の基準」を整理する事、設計デザイン価値で寝室も居心地の意味を。

2018年08月17日 | 家づくりアドバイス

注文住宅・マイホーム・住宅設計

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/ 

※寝室のデザイン室内空間提案CG事例

 

 

寝室を丁寧に考えることは大事です。

毎日の暮らしについて、

充実の時間は活動している日中だけではなく

その為の安らぎの時間を過ごす「寝室」の役割を

紐解けば・・・・・分かりますよね。

 

 

1日の3分の1は睡眠時間で、

その間は寝室にいます。

 

 

つまり、寝室は人生の3分の1を

過ごす場所であり、

寝室を快適にすることは

生活の質を向上させることにもつながります。

 

 

快適な寝室にするために

まず必要なのは適切な広さです。

 

ベッド派の場合は、

ベッドを置く前提条件のもと、

場合はベッドメーキングができるスペースも

考慮しておくことが大事。

 

 

ダブルやセミダブルのベッドなら

物理的には6畳以上、

シングルベッドを2つ並べるなら

8畳以上の広さがひとつの目安です。

 

 

照明器具は強く白い光のタイプではなく、

柔らかく暖かい色の光で広がるタイプが

最適です・・・・・。

 

また、横になったとき目に

直接光が入らない配慮もそこには大事。

 

なので、間取りの計画時点から

僕は家具のレイアウトと同時に

照明の計画性の大事な事を

提案しています・・・・・・。

 

照明や家具の些細な事が

実は住まいの快適性や

暮らし方には大きく影響する部分・・・・・。

 

さらには窓から入る外の光や音、

熱気や冷気を遮断するために、

シャッター雨戸や厚手のカーテンで対策

という事も視野に入れておく事は大切ですからね。

 

 

特に東の窓は夏場の早朝から

強い太陽光がさし込みます。

不用意に早く目が覚めてしまわないよう、

そういう意味で窓の事を検討する事も・・・・・。

 

 

それぞれの暮らしに応じた部屋の価値と

それぞれの要素の整理の仕方で

暮らしの充実度は変化しますよ。

 

 

吟味すべき「本当の価値の設計」から

選択しながら間取りと

生活環境と素材の設計と選択とデザイン。

 

空間で変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と暮らしの

カタチを立体的構成力で・・・・・。

 

 

注文住宅の設計デザイン

ご相談、ご連絡はホームページお問い合わせから。

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

コメント

住まいの設計とデザインと・・・暮らしの趣とカタチ、暮らしの時間に呼応するプラン、明るさだけではなく「陰翳」と「程よさ」が同居する空間が居心地と時間の質を良い意味で変化させます、この日は照明検討。

2018年06月29日 | 家づくりアドバイス

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

「違う発想がある」事で生まれる

ケミストリーな部分・・・・・。

住まいの設計とデザインでカタチだけではンク

デザインのポイントとして存在する照明の価値。

 

この日は照明計画の打ち合わせで

KOIZUMI・照明コンサルタントの

Y田さんと橿原アトリエでの打ち合わせ・・・・・・。

昨日は、照明プランを検討イロイロと。

 

前回計画の「Iさんの家照明プラン」から

提案調整などで打ち合わせ。

 

 

その場と暮らしと

気持ちの「シーン」を考えるって

大事ですから・・・・・。

 

照明計画で出来る事はそこに潜んでいます。

建築との空間融合のデザインで出来る事。

 

 

灯りは人のその状態での

気持ちへも干渉し、

直接影響がある「KEY」となる「意識構成要素」なので、

大事に大事に考えて・・・・・。

 

 

場所に応じた特徴の考え方。

場所の価値に合わせて

提案の手法もいろいろとありますからね。

 

 

基本方針は以下の二つ。

明暗のメリハリのある落ち着いた空間

主張しないデザイン

これを実現するため、

ダウンライトを中心とした

多灯分散型のプランとしながら・・・・・・。

 

 

ダウンライトは、

配置や組み合わせによって、

イメージする光を

自由に作り出せるのが魅力です。

 

基本的に、空間に対する光量はそれほど重視せず、

テーブルや壁をどう照らすか?

ということをメインに

考えながら・・・・・。

 

ダウンライトの適切な灯数で

ベースの明るさを確保しつつ、

照明とフロアライトで

壁面の明るさを計画したり・・・・・。

 

 

ダウンライトの位置は

部屋の中央からあえて外し、

居場所に添えるという発想も大事。

 

 

映画なんかを見る時は

ダウンライトを消して、

壁から天井を照らす「コーニス照明」を

50%程の光量で実用をイメージしたり・・・・・。

 

 

壁面をきれいに照らすためには、

開口部の広さや奥行を

きちんと計算する必要があります。

適当に取り付けると、

床に不自然な影が出てしまったりするので、

事前にちゃんとチェックした方がいいです。

 

 

フロアを照らすライトもポイント。

低い位置にあかりを作ると、

くつろぎ感が増して落ち着いた雰囲気に。

光源が視界に入るとまぶしいので、

ソファや観葉植物の後ろに

仕込むのがオススメですよ・・・・・。

立体感が強調されて

視覚的にも面白いですから。

 

 

明暗がある方がむしろ落ち着きながら

いいシーンを醸し出す事もありますから、

明るいだけが照明の価値ではありませんよ。

 

 

こういう内容での「使い分け」の自由度が高いのも

ダウンライトの面白さだと思います。

 

それぞれの目的に応じて「照明」の割り振りですよ。

吟味すべき「本当の価値の設計」から

選択してみませんか?。

 

 

照明計画の質でも暮らしの趣や

過ごす時間の価値は変化しますからね。

間取りと生活環境で変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と暮らしの

カタチを丁寧に。

 

 

 

注文住宅の設計デザイン

ご相談、ご連絡はホームページお問い合わせから。

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

コメント

今夜はSR終わりに会食で・・・・・。

2018年05月12日 | 家づくりアドバイス

 

 

今夜はSR終わりに

お仕事関係者との会食で・・・・・。

 

久しぶりにお会いしたので、

色々と広い範囲でお話しを。

 

 

スタイルではなく、本質的なところで、

自分自身の暮らしを

捉える必要がありますよね。

 

表に最初に見せたいと思うところではなくて

内側から外側へにじみ出るような・・・・・。

 

そういう全体に広がる

コアな部分の支えとなる

思想や行動が

大事ですよねってお話を・・・・・。

 

 

話題色々と、

相変わらず豊富ですね。

お話上手は、SRでもそうですけど

魅力の部分ですよね・・・・。

 

 

 

 

コメント

知って得する家づくりの勘所・・・・・暮らしのレシピも色々と「やまぐち建築設計室の住まい造り通信・5月号」が出来上がりました。毎日の暮らしがより豊かに質良く感じる事が出来る様に。

2018年04月26日 | 家づくりアドバイス

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

※やまぐち建築設計室の住まい造り通信5月号

 

住まいの設計とデザイン、

暮らしの事色々と・・・・・・。

 

 

やまぐち建築設計室の住まい造り通信

5月号出来上がりました。

住まい造りの得する情報や工夫だけではなくて、

暮らしそのものを

楽しく過ごす工夫や

食事から気持ちを心地よくするレシピまで。

 

 

お問い合わせはホームページ、

お問い合わせ・資料請求から

必要事項選択・記入の後、

無料ニュースレター購読をお選びください。

 

 

暮らしを豊かに感じる事色々と・・・・・。

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

コメント

暮らしの事を考えて、住まいの設計デザインを始める前に・・・・・最初に大事な土地(敷地)の事を色々と、土地探しで考えておかないと、建築計画そのものが成立しない事もありますからね。

2018年03月18日 | 家づくりアドバイス

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/ 

※住まい手さんご家族との土地視察状況

 

 

住まいの設計色々と・・・・・。

家そのものだけの話ではなくて

その基本となる部分のお話しで

宅地(土地)を探して、そこからの建築計画を

お考えの方からもご相談を

いろいろといただいたりしています。

 

 

実際に・・・不動産会社から紹介してもらったけど

法規制やルール、インフラ等の件で

想定外の費用が必要になったり、

説明をきいていたけど、よくわかりません・・・・・。

なんていう話しも。

 

 

実際にそれが原因で、購入した土地を手放して

最初から仕切り直しで、

僕のパートナーシップである、

宅建士(不動産会社)達と土地探しの「詳しい説明」を

キチンと相談してから候補地の計画、選定を始めたり。

 

 

困っている人ケースで、

ホームページから、

そういう内容についての相談者さんも

すごく多くて、なので・・・・・・。

 

 

少しですが・・・・・宅地(土地選び)の

相談をさせていただく事もあるので、

はじめて土地探しをする際の

注意すべきポイントについて、

少し書きたいなと思います。

 

 

宅地を選ぶ場合のポイントは様々です。

優先順位はどうか・・・通勤通学、価格、

駅からの距離などについては、

僕が口を挟むことは少ないのですが、

家を建てる場合に、

予期せぬ費用がかかる場合があるので注意が必要です。

 

 

地盤補強が必要であったり、

インフラ(ライフライン)としての

水道、下水、ガス、電気について、

引き込みや逆に排水についてのコストがかかってしまう、

仮設工事費用が通常よりもかかる場合など、

様々ですから・・・・・。

 

実際に、電気を建物を建てる際、

建てた後も必要になるけれど、

手前まで電柱がっても

土地へ引き込みが出来ないケースもありますからね。

 

僕が建築設計を手がける地域だと、

事前に関西電力へ確認したり・・・・・・・。

見た目での判断は実はすごく危険で

電柱があっても引き込めないケース。

 

びっくりですよね。

でも、本当にそういう事があるんです。

 

これらの事は、

一般の方には予想が難しいことであり、

不動産業者にもわからない場合があります。

 

つまり、見えない事もきちんと理解しておく事、

理解出来なくても「そういう土地もある」という事を

知っておくことが大事だという事です。

 

そして、建築を計画する際に

土地に対してのプラスαのコストが必要なのかどうか、

あらかじめ検討しておく事。

 

 

先ずは不動産巡りから

一般的に宅地を選ぶとき次の点を心得てください・・・・・。

 

掘り出し物は無いという事。

最初から良い物件に巡り会うのは希で、

値段と条件に恵まれた宅地はなかなか無いものです。

あったとしても、

同じように考える人が多いような

理想の土地の場合、

すぐに売れてしまうか、

事業用(建て売り住宅等)に廻されてしまうかです。

 

 

また一見のお客さまには、

不動産業者は、なかなか良い情報を出しません。

不動産業者の立場から考えても、

一見で、冷やかしかもしれないと思われると、

とっておきの情報は出さないです。

以上のことを踏まえて、

宅地選びのポイントは

数多くの物件を見て目を肥やしておく

希望エリアの不動産業者をリストアップする

本気の度合いをキチンと誠実に伝える

店頭やインターネット情報は目安と考える

物件情報は建築計画の内容を想定して相談してみる

 

 

そうすると、

希望するエリアの不動産店舗で

多くの情報を見てゆくうちに、

物の善し悪しや相場が

だんだんわかるようになります。

 

 

きちんと内容を整理してから見ないと、

逆に混乱しますし、自分の中での「判断基準」が

なくなってしまう事も多くなりますよ。

 

 

また予算や希望について情報交換してゆくと、

違った視点からも

考えることが出来るようになります。

 

 

不動産業者は土地売買の

際仲介手数料を受け取りますが、

この手数料にも二通りあります・・・・・。

 

 

土地を売る側と買う側です。

 

 

一般的に不動産業界でオープンになった物件は、

売買の窓口になる業者が

違う場合仲介手数料の全てを

受け取ることが出来ません。

 

 

そのため良い物件は

なるべく自分のところで扱い、

手数料を両方受け取るようにします。

 

言い換えれば店頭に出ていたり

インターネットに掲載されているオープンな物件は、

ある一定期間買い手が決まっていないということで、

価格と内容が釣り合わないか

何等かの事情があると考えられます。

 

 

もちろんすべてではありません。

良い物件に巡り会う可能性もあります・・・・・・。

 

そのため、本気で誠実にお話しすることが大事。

しかし迅速に検討することが大切です。

そのために、建築の計画をある程度考えておく

必要性があるという事です。

 

 

土地と建物のすり合わせは、

この時点で本当に大事。

 

 

建築の法規制で国や都道府県、

市町村が定める基準に

驚かれるご相談者さんも多いですからね・・・・・・。

 

 

思っていたサイズがその建築の法規制で

建てられないケース。

外壁の色や素材、

屋根のカタチの規制を受けるケース・・・・・etc。

 

 

 

それは、最初から自身が

持っておられる「土地」のケースも同じですからね。

土地には物理的にカタチとして見える情報と

見えない情報の存在があるという事。

それは建築も同じですけどね・・・・・・。

 

 

土地探しにも色々な「情報の大切さ」がありますから。

視点と情報の違いで、

計画そのものが変わりますからね。

 

 

土地(敷地)と建築の視点を建築家から、

設計を視野に・・・・・・。

不確定要素がある程度先にわかると

その先が違ってきますからね。

計画性での違い色々と。

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
--------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

コメント

暮らしの事、誠実に丁寧に建築と暮らしを、見せかけのデザインではなく、当たり前だけど安全で安心に暮らす為必要な選択の一部として自然に対して完璧が出来ない以上、考えておく予測の範囲での防災意識

2018年03月11日 | 家づくりアドバイス

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/ 

※過去に手掛けたリフォーム・リノベーション現場での構造材の耐震補強の様子

 

 

日々暮らしの中で考えておきたい事。

暮らす立場からも、その暮らしの場所や

街を形成する生業を行っている立場からも・・・・・。

 

 

「揺れやすい地盤」にお住まいの方、

地震対策は万全ですか?。

※既存の住宅地での土地地盤強度調査の一例(地盤の強度・軟硬の程度を現場調査)

 

熊本地震や東日本大震災

記憶に残るその他にもある様々な震災、

海の向こうでの国の出来事も・・・・・。

 

地震災害の恐ろしさを

目の当たりにして、

我が家の地震対策を見直したご

家庭も多い事と思います。

※地盤調査報告書の参考例

 

 

建築や家そのものに対する話、

避難の方法や場所を考えた際の地域防災や

道路等の在り方もありますが、

家族や個人単位で、

自分達の考えるべきモノゴトとして

地震対策としては「家具の固定」や「避難袋の用意」などが

まず浮かびますが、

その前にぜひ知っておいて欲しい事があります。

※地盤調査報告書の参考例

 

 

それは、お住まいの地域の地盤状態です。

地震で建物が揺れるのは地面(地盤)の

揺れによるもの。

つまり、地面が動くから

建物が揺れるのです。

 

 

当たり前の事ですが・・・・・・。

 

 

地面の揺れの大きさは、

「地震の規模(マグニチュード)」

「震源からの距離」

「表層地盤」の3つで決まり、

一般的に地震の規模が大きいほど、

または震源から近いほど

揺れが大きくなると言われます。

 

 

ところが、実際の揺れの大きさを

左右するのは地表周辺地盤。

地震の規模や震源からの距離が

同じ条件でも、

その地域の地表地盤が

やわらかければ

地盤の固い地域より

揺れが大きくなります・・・・・。

 

 

硬いもの、軟らかいもの、

例えば、同じ大きさの個体で

アイスクリームと、その形状に合わせた豆腐を

同じ勢いで揺らしたとき

その揺れの激しさは違いますよね。

 

 

たとえ震源から遠くても、

地盤がやわらかい地域では

建物崩壊などの被害が拡大してしまうのです。

 

 

お住まいの地域が「特に揺れやすい地盤」であれば、

住宅の耐震診断や耐震補強に力を入れ、

家具の固定を徹底するなどの対策が

より必要になるでしょう・・・・・。

 

 

また、いざという場合に備えた

心構えも変わってくるはずです。

 

内閣府のホームページでは、

全国の表層地盤の揺れやすさを

地図にした『地盤のゆれやすさ全国マップ』が

公開されています。

http://www.bousai.go.jp/jishin/sonota/katsudanso.html

 

地震対策の見直しと共に

これからの家づくりの参考にもなるので、

一度目を通しておくと良いと思いますよ。

 

 

そして、土地を選ぶ際にはそういう場所を

避けて計画するという事。

そういう場所で建築計画を行う場合は

それ相応の準備と対策を予測しておく事・・・・・・。

 

 

そしてその認識をいつも「持っておく」という事。

自然は優しい一面と

厳しい一面を持っていますからね。

 

人は何事にも慣れると忘れます。

記憶と経験を風化させないように・・・・・。

 

 

生活者の一人として、建築家として

いつも建築と暮らしに携わる事を

仕事にしていて感じる事も様々です。

 

 

丁寧に考えて丁寧に

その暮らしを生み出す基本の部分・・・・・・。

どれだけの「つくり手」が本気で

誠実にその事を考えているのか?。

 

 

それは本当にいまだに「考えさせられる部分」ですけどね。

 

 

地盤の調査について、ご相談についても

建築計画・建築目的が無くても

原状を知るという意味での

調査については、

実費での対応はさせていただいます。

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

家づくりと同時に大切な部分での思考・・・・生涯設計、ライフプランとマネージメント、暮らしの本質と同時に人生設計という分野における運用や未来像へのライフデザインも同様に住まい造りの要ですから。

2017年10月14日 | 家づくりアドバイス

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

※パートナーシップ・ファイナンシャルプランナー「東川さん」の打ち合わせ風景

 

 

暮らしとライフスタイル、

生涯設計という視点で

いろいろな事を考えていますよ。

 

※住まいのプランCG・二世帯住宅での考え方

 

 

僕は建築家ですが、図面を描く、プランを作る、

だけではなくて、その分野での業務範囲は

それ自体の「すその」も含めて様々ですが

実際にはそれにプラスして

色々な仕事の幅があります・・・・・。

 

 

家という建築「箱」を設計する

という概念だけではなくて

暮らしと未来を設計するという意味で

ファイナンシャルプランナーの東川さん

ともパートナーシップでのお仕事を

色々と・・・・・。

 

 

ファイナンシャルプランナーとは、

幅広いお金の概念のなかで、

ライフプランニングと資金計画

金融資産運用、タックスプランニング

リスク管理、不動産、相続・事業承継

などに対して、節約から税金、

投資、住宅ローン、

不動産、教育、老後、相続まで、

ありとあらゆるお金のエキスパートなのです。

 

 

建築は建てて終わりではなくて、

長い時間を考えての生活設計も大事。

 

そういう視点や考え方からも

ぼくは住まい手さんへの提案を

デザインしていますよ。

 

広大な土地を沢山持っていたり、

資産の運用や、目に見える数字の部分と

そうでなない部分もありますよね。

 

 

様々なシーンで

ファイナンシャルプランナーの知恵と経験と

職能が実際に必要だと感じています。

 

 

実際に、単純に住宅ローンの話しだけではなくて

資産家さんだったり、

会社経営者(社長)さん、役員さん等の

住まい手さんもいらっしゃいますので、

単純に「使う」、「貯める」というお金の話しではなくて

今現在やその先の事をライフプランとして

建築同様に「丁寧に考える事」を

提案させていただくように考えていますよ。

 

ファイナンシャルプランナーと建築家だから

出来る事、ご相談に乗りつつ、

出来る事があります。

 

 

暮らしという広くて深い分野について

考えておくべき幅も実は色々とあるんです。

 

 

暮らしをデザインする建築設計は

そういう部分も含んでいますからね・・・・・。

ライフプランをデザインする

建築家の仕事にも様々な角度からの検討を

提案していますよ。

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

コメント

知って得する住まい造りの情報がイロイロと詰まっている「やまぐち建築設計室の住まい造り通信」ニュースレター・・・・・10月号が出来上がりましたので「お知らせ」です。

2017年10月11日 | 家づくりアドバイス

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

月に一度発行している

やまぐち建築設計室の住まい造り通信は、

おかげさまで、

「住まい手さん」・「建て主さん」、

「ご相談中の皆さま」からも

ご好評いただいており、

読んだ後にメールでのご感想や、

打ち合わせ時にお取り寄せの感想

などもいただける機会が増えました・・・・・。

 

 

 

住まいづくり通信には、

毎月新しい家族団らんの健康レシピや

香りの事・・・・・。

気になるお取り寄せ、

家づくりの豆知識などを記載しています。

 

 

10月号の家づくりの豆知識は、

「選び方によって大きな差がでる住宅ローン」です。

 家を建てる前に 知っておくといいコト

イロイロと・・・・・・。

 

 

 

ちなみに、

今回の家族だんらん健康レシピは、

「にんじんとニラのシリシリ」です。

 

 

健康な食生活と豊かな生活空間で

心身共に元気に過ごせますよね・・・・・。

 

 

発送は平成29年10月13日からとなります。

現時点でメールでのご希望の皆さまにも、

同日の夜から送信の予定です。

 

 

「やまぐち建築設計室」のホームページやブログ、

掲載の雑誌、 ツイッターや

フェイスブックから「資料請求」をしていただいた皆さまにも、

 毎月郵送させていただいています。

 

 

 

「やまぐち建築設計室の住まいづくり通信」の

郵送をご希望の場合は、

ホームページの右上の

「家づくり知って得する情報誌」(無料ニュースレター)

リンクボタンを 気軽に「クリック」してください。

資料請求のページへ移ります。 

ホームページ → http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

 ※ 郵送・メールによるPDFでの送信範囲は

基本的に奈良県在住の

「住まい手さん」 「建て主さん」 「希望者様」に限ります。

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

コメント

やまぐち建築設計室の住まい造り通信7月号のご案内・・・・・家づくりの事、毎日の暮らしの事、ちょっと気になる事いろいろと。

2017年07月09日 | 家づくりアドバイス

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

住まい手さん、建て主さんに

「なるほど!家づくりのマメ知識」と

「ちょっと気になるお取り寄せ」が好評の

「やまぐち建築設計室の住まいづくり通信」

7月号が完成しました。

 

 

おかげさまで、 「住まい手さん」・「建て主さん」

ご相談中の皆さまからも

ご好評いただいており、

読んだ後にメールでのご感想や、

打ち合わせ時に

お取り寄せの感想なども

いただける機会が増えました・・・・・。

 

 

 

住まいづくり通信には、

毎月新しい家族団らんの健康レシピや

香りの事・・・・・。

気になるお取り寄せや、

家づくりの豆知識などを

記載しています。

 

 

7月号の家づくりの豆知識は、

「一級建築士、二級建築士、木造建築士のちがいとは?」です。

 家を建てる前に 知っておくといいコト

イロイロと・・・・・・。

 

 

ちなみに、 今回の

家族だんらん健康レシピは、

「松の実入りカルボナーラ」です。

 

健康な食生活と

豊かな生活空間で

心身共に元気に

過ごせますように・・・・・。

 

 

発送は平成29年7月12日からとなります。

現時点でメールでのご希望の皆さまにも、

7月13日、

夜から送信の予定です。

 

 

「やまぐち建築設計室」の

ホームページやブログ、雑誌、

 ツイッターやフェイスブックから

「資料請求」をしていただいた皆さまにも、

 毎月郵送させていただいています。

 

 

「やまぐち建築設計室の住まいづくり通信」の

郵送をご希望の場合は、

ホームページの右上の

「家づくり知って得する情報誌」

(無料ニュースレター)リンクボタンを

 気軽に「クリック」してください。

資料請求のページへ移ります。

 

 

 ホームページ → http://www.y-kenchiku.jp/

 ※ 郵送・メールによるPDFでの送信範囲は

基本的に奈良県内の

「住まい手さん」 「建て主さん」

 「希望者様」に限ります。

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

コメント

ご相談者さん、住まい手さん、建て主さんに「なるほど!家づくりのマメ知識」や「建築設計デザインの事」、イロイロ好評のやまぐち建築設計室の住まい造り通信「ニュースレター」4月号が完成しました。

2017年04月12日 | 家づくりアドバイス

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

住まい手さん、建て主さんに

「なるほど!家づくりのマメ知識」と

「ちょっと気になるお取り寄せ」が好評の

「やまぐち建築設計室の住まいづくり通信」

4月号が完成しました・・・・・。

 

 

 

おかげさまで、 

「住まい手さん」・「建て主さん」、

ご相談中の皆さまからも

ご好評いただいており、

読んだ後にメールでのご感想や、

打ち合わせ時に

お取り寄せの感想なども

いただける機会が増えました・・・・・。

 

 

住まいづくり通信には、

毎月新しい家族団らんの健康レシピや

香りの事・・・・・。

気になるお取り寄せや、

家づくりの豆知識などを記載しています。

 

 

4月号の家づくりの豆知識は、

「家族の笑顔はリビングから」です。

家を建てる前に

知っておくといいコトイロイロと・・・。

 

 

ちなみに、

今回の家族だんらん健康レシピは、

「たけのこ御飯」です。

健康な食生活と豊かな生活空間で

心身共に元気に 過ごせますように・・・。

 

 

発送は平成29年4月18日からとなります。

現時点でメールでのご希望の皆さまにも、

4月18日、夜から送信の予定です。

 

 

「やまぐち建築設計室」の ホームページや

ブログ、雑誌、ツイッターや

フェイスブックから

「資料請求」をしていただいた皆さまにも、

毎月郵送させていただいています。 

 

 

「やまぐち建築設計室の住まいづくり通信」の

郵送をご希望の場合は、ホームページの

「家づくり知って得する情報誌」

(無料ニュースレター)

リンクボタンを 気軽に

「クリック」してください。

 

 

資料請求のページへ移ります。

ホームページ → http://www.y-kenchiku.jp/

※ 郵送・メールによるPDFでの送信範囲は

基本的に奈良県内の

「住まい手さん」 「建て主さん」

 「希望者様」に限りますので予めご了承ください。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

コメント

住いと暮らしの設計デザイン、住まい手さんに「なるほど!家づくりのマメ知識」が好評のやまぐち建築設計室の住まい造り通信11月号です。

2016年11月05日 | 家づくりアドバイス

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談建築家

山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

住まい手さん、建て主さんに

「なるほど!家づくりのマメ知識」と

「ちょっと気になるお取り寄せ」が好評の

「やまぐち建築設計室の住まいづくり通信」

11月号が完成しました。

 

 

 

おかげさまで、

「住まい手さん」・「建て主さん」

ご相談中の皆さまからも

ご好評いただいており、

読んだ後にメールでのご感想や、

打ち合わせ時に

お取り寄せの感想なども

いただける機会が増えました・・・・・。

 

 

 

住まいづくり通信には、

毎月新しい家族団らんの

健康レシピや 香りの事・・・・・。

気になるお取り寄せや、

家づくりの豆知識などを

記載しています。

 

 

 

11月号の家づくりの豆知識は、

「駐車スペースの考え方」です。

家を建てる前に

知っておくといいコト

イロイロと・・・・・・・。

 

 

ちなみに、

今回の家族だんらん健康レシピは、

「紫芋のポタージュ」です。

 

 

健康な食生活と

豊かな生活空間で

心身共に元気に

過ごせますように・・・・・。

 

 

発送は平成28年11月9日からとなります。

現時点でメールでのご希望の皆さまにも、

11月9日、夜から送信の予定です。

 

 

「やまぐち建築設計室」の

ホームページやブログ、

雑誌、 ツイッターやフェイスブックから

「資料請求」をしていただいた皆さまにも、

毎月郵送させていただいています。

 

 

「やまぐち建築設計室の住まいづくり通信」の

郵送を ご希望の場合は、

ホームページの右上の

「家づくり知って得する情報誌」

 (無料ニュースレター) リンクボタンを

気軽に「クリック」してください。

 

 

資料請求のページへ移ります。

ホームページ → http://www.y-kenchiku.jp/

※ 郵送・メールによるPDFでの送信範囲は

基本的に奈良県内の

「住まい手さん」

「建て主さん」

 「希望者様」に限ります。

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 人気建築家 有名建築家 売れっ子建築家
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

コメント