お二人さまの老後

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

バレンタインチョコのお返しは額縁

2010-02-14 15:56:08 | 日記・エッセイ・コラム

 毎年バレンタインチョコレートをプレゼントするのは4人の甥と夫の5人です。

 それに昨年からは30年以上お世話になっている美容院のK先生が加わりました。

 k先生の美容室は奥様が一緒に手伝っていらして、いつも奥様の手作りケーキと紅茶をご馳走して下さるのです。これが喫茶店のものよりずっと美味しく、毎回楽しみになっています。というわけで奥様への感謝も込めているのです。

 今年は12日にカットをして頂きに出かけたのでお渡ししました。甘党のK先生はとても喜んで下さいました。

 4人の甥には毎年デパートから送ってもらっているのですが、今年は小田急デパートの食品売り場が改装中で扱っている商品が少なく、適当なものが無かったので、10日に横浜高島屋まで出かけ、送りました。

 夫にもその日のうちに渡したところ、翌日、早速、お返しをプレゼントしてくれました。それは、年賀状のためにスケッチした絵を入れる小さな額縁でした。以前スケッチした江の島のヨットの絵が入れられていて、額縁に入れられた絵はとても素敵に見えました。早速玄関に飾りました。 スケッチは沢山溜まっているので、時々入れ替えようと思います。          

                        001_3                           

 ちなみに、夫は「バレンタインはまだだから」と13日まではチョコレートを食べませんでした。律儀ですよね!

コメント

前回の記事に誤りがありました

2010-02-11 20:10:20 | 日記・エッセイ・コラム

 前回「夫の俳句が次点になりました」と紹介した記事で、こともあろうに夫の俳句を間違って書いてしまいました。

 正しくは、「青年の袱紗を捌く二日かな」でした。一字一句に神経を使って俳句を作っている夫に大変申し訳ないことをしたと反省しております。

コメント

夫の俳句が次点に選ばれました

2010-02-05 14:38:25 | 日記・エッセイ・コラム

 夫は趣味で俳句や短歌を神奈川新聞に投句していて、それが新聞に掲載されるのを楽しみにしています。

 先日の日曜日に夫の句が次点に選ばれ掲載されました。

     青年のふくさ捌きの二日かな

 選者は諸角せつ子氏で

「あらゆる文化関係に若者の姿が消えつつある。そんな中でこの作、新年のひかりが見えるよう、こころあたたまるものがある。省略の利いた佳品」

という評をいただきました。

 この俳句は、お正月に私の姉妹夫婦や甥・姪達が我が家に集まり、初釜で甥が点前をした情景を詠んだものです。

                       012

                       013

  夫の作品と共に、甥のことも褒められたようでうれしかったです。

  この1月から、山仲間のAさんご夫婦が我が家にお茶の稽古に見えることになりました。

  これからも茶道に精進したいと思う立春です。

コメント