徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成30年12月15日、土曜日、曇り)

2018年12月16日 | 日記
      今日は「高齢者講習会」に出かけた。
      今所持している「原チャリ」の運転免許証が3月下旬に更新になる。
      その頃には70歳に達しているから「高齢者講習会」を受講してくださいとのハガキが届いていたのだ。
      指定されたもよりの自動車学校に1ヶ月前から予約を入れていたのだ。
      場所は伊豆山の山の上だ。
      寒いので手袋を2枚重ねて、マスクをしてバイクで出かけた。
      自動車学校に着いてもしばらくは手の指が凍えて指が白くなっていた。
      ホカロンで温めた。
             
             天気が良ければ暖かいから、もう水仙が咲いている。
             前方には初島と大島も見える。
             だが、今日も曇り空で寒い。

      「高齢者講習会」の今日の受講者は御同輩の3名。
      高齢者の運転に対する注意すべき事項の講義(?)と視力検査と実技だ。
      この講義を受講して証明書を貰わないと免許の更新ができないので、受講せざるを得ない。
      視力検査は視力の他に動体視力や視野検査があって、
      「歳をとるとだんだん低下してくるんですよ~~~」と我ら老人に分からせようとしている。(笑)
      時々、「お~~、早いですね~~」とヨイショして老人の心象を害さないように気を配ってくれる。
      面倒なジジイババアもいるんだろうね。ハハハ。
      実技では御同輩の2名は普通自動車の免許なので乗用車で車庫入れなどをやらされる。
      一人の御同輩が「2年前に足をけがして1年以上車を運転していないのだが、
      運転しなければいけないのかね~~?」と質問した。
      キタキタ~~~~(笑)
      「オートマ車ですから、一応運転してみてください。
      この実技でどんなに失敗しても「免許取り消し」されることありませんが、車だけはぶつけないでください。
      お怪我でどうしても運転ができない場合には私が判断しますので、一応実技をしてください。
      くれぐれも言いますが、これで免許を更新できないということはありません」と言う。
      この自動車学校は「認定校」なので「指定」された通りのことを実施しなければならないのだね~~~。
      原チャリのワタシだってそうだ。
      原チャリのワタシに対しても低速での「八の字走行」をさせられた。
      免許取った時の「実技」では「自転車が運転できればいいんですよ~~」と
      試験場の外周を2,3周したたけだったのだが・・・・。
      「八の字走行?白バイの技能選手権じゃないよ!」
      案の定、足を着いた。
      「先生」(?)に
      「熱海は狭い坂道が多く道も狭いので乗用車とすれ違う際にはどうしても低速運転になりますから
       気をつけてくださいね」と言われた。
      「おらあ、狭い道ですれ違うときは止まって待っているぜ!」と心の中でひとりごとをいいながら
      「そうですね。分かりました」と応えた。
      その後、ビデオを見せられて、2時間の講習を終え、「高齢者講習修了証」を貰った。
      それとナン日からナン日までに警察署で更新手続きを行ってくださいという指示。
      
      やれやれ、疲れたぜ。

      

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成30年12月14日、金曜日、曇り)

2018年12月15日 | 日記
         ベッドの中で1時間ほど読書をして、
        「あっ、そうだ!ふたご座流星群が見られるかもしれない!」と
         起きだしてベランダに出てみた。
         星空で右手に「明けの明星」が煌々と輝いていた。
         情報によると「流星群」は1時間に40個くらいは見ることができるということだ。
         左手の暗い方に目をやると、スス~と2個ほど流れ星が見えた。
         一瞬だったので流れ星かどうかは確信がない。
         老人性の目の中に黒いものがす~~~っと移動する「あれ」だったかもしれない。

         寒いので部屋に戻った。

         日の出の頃、熱海上空は雲が掛かった。
             
             最近、熱海に関する限り、まったく天気予報は当てにならない。
             「晴れ」の予報だったはずだ。

         これでは「ひきこもる」ほかはないと「閉じこもり一人暮らし老人」に徹することにした。
         人間社会では「インフルエンザ」が流行の兆しだという。
         「人恋しくて」石川啄木のように駅に行って人ごみに紛れる気持ちなどワタシにはさらさらない。
         忘年会シーズンで世のお父さんたちは「うこんの力」やナントカというドリンクを飲んで
         胃を守りながら、文字通り体を張って頑張ってんだな~~~。
         テレビのワイドショーでは相変わらずの下世話な話題が絶えない。
         どこかの市長が視察旅行に台湾に行って女を部屋に連れ込んだとか連れ込まないとか、
         全国ネットで放送する大事件か~~~?
         そんななか、女風呂に女装して脱衣所では脱がずに裸の女性を見ていたということで男が捕まったと。
         なるほど、新手か。(笑) 脱がなきゃ男とは分からないからな~~~~。
         この逮捕された男のコメントが「なまの若い女性の裸がみたかった」
         「気持ちは分かる」(笑)
         だがな~~~~~~~~~。

         今日も「お絵かき」の練習だ。
         このところ毎日「お絵かき」をしているので次第に上手くなってきている。(ほんとか~~~?)
              
              熱海港の漁船
              
              これはYoutubeの「水彩画技法」サイトから見習って描いた「古いボート」

         午後3時半にホカロンを持って徘徊に出かけた。
         今月の日照時間は例年になく少ないそうだ。
         午後にお日様がでていると岸壁まで徘徊に行くのだが、近場で徘徊だ。

         夜は、食糧がそろそろ底をついてきて、残りの冷凍餃子を焼き、ふろふき大根を作り、
         味噌はツナ缶に味噌、みりん、砂糖をダシで溶いて温めて大根の上に載せた。
         なんだか写真に撮ると誤解されるような形状なので写真に撮るのはやめたが
         味はよかった。

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成30年12月13日、木曜日、曇りのち時々晴れ一時雨)

2018年12月14日 | 日記
     どうも天気がはっきりしない。
           
           雲が空を覆って、天気予報とは大違いだ。

     やっと今朝、村上春樹の『騎士団長殺し』を読み終えた。
      「騎士団長殺し」という絵を通して「イディア」と「メタファー」の絡みを主題にした長編作品だ。
     と、こんなことを書けば「なんなんだ!訳が分からない」ということになる。
     「イディア」って「なんだ?!」「メタファー」って「何だ?!」ってことになる。
     だから辞書が手放せない。(笑)
     そして背景に流れる音楽はモーツアルトの「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ」、
     シューベルトの「弦楽四重奏曲」(15番、D804番、ロザンデ)、
     オペラ「ドン・ジョバンニ」、プッチーニ「トゥーランドット」「ラ・ポエーム」
     イ・ムジチ合奏団「メンデルスゾーン八重奏曲」
     リヒアルト・シュトラウス「バラの騎士」(ゲオルグ・ショルティ指揮)、「オーボエ協奏曲」
     リヒアルト・シュトラウス指揮「ベートーベン・シンフォニー」6番、7番、8番
     などなどクラシック音楽に村上流「うんちく」が披歴され
     ジャズ(たぶん)ではチャーリー・ミンガス、レイブラウン、
     60年代のビリーホリディーやドアーズ、ブルース・スプリングスティーン、デゥランデゥラン、デボラ・ハリー
     などのポップ歌手(?)の曲も披歴される。
     (歌手の名前が出て来るたびにメモした。笑)
     村上春樹ファンはたまらないんだろうが、クラシックにも60年代の欧米ポップスにも疎いワタシは読み流す。
     でも、読者はそんなことに拘る必要はどこにもないのだが・・・・・。
     そして
       「人間界は時間と空間と蓋然性という三つの要素で限定されている」と『騎士団長殺し』の絵の中から
     出て来た「騎士団長」に語らせるところに「イディア」と「メタファアー」(比喩)の絡み合いを暗示している。
     つまり「イディア」(観念)は「時間」と「空間」を超越することができ、「蓋然性」は、そのことが
     「偶然ではなく」「必然」だということで、「騎士団長」は「人間界」の「人間ではなく」幽霊でもなく
     「観念」ことなのだ。
     そのことは第二部の最後で
       「イディアとは観念のこのなんだ。観念は姿かたちを持たない。ただの抽象的なものだよ」と主人公の
      画家の「私」はもうひとりの主人公の「まりえ」にイディアについて説明する。
     (第二部第59章 死が二人を分かつまでは)
     と哲学的な本なのだが、
     クスリと笑いを持ち出してくる場面もある
      「まるで石器時代に造られた受話器のようにひどく重く感じられた」など。
      石器時代に受話器があるかよっ!(笑)
     「緊張」と「弛緩」を狙ったのかな?
     また、この本の「章」の多さとそのテーマになんだか『聖書』や『マタイによる福音書』(?)などを
     想起させられる。キリスト教てきでもあるが、第一部で生きたままミイラになる「即身仏」についても
     語られていて仏教的でもある。プラトンの「イディア」(観念)と仏教の「唯心論」の「観念」とは
     「同じものではない」と言われているが、仏教にも通じる読み方ができるかもしれない。
     受験生時代にラジオで深夜放送を聴いた朝方、文化放送だったかに電波(?)を合わせると
     「世の光」だったかの聖書のお話が放送されていたのを思い出させる。

     そう言えば、村上春樹君(突然、君づけだ。笑)はワタシと生まれが1ヶ月くらいしか違わないから、
     同時代を生きていたことになる。村上君も「世の光」を聴いただろうか?(笑)
     まあ、同時代と言ってもワタシと村上君とは生きている世界も環境も違うからな~~~~。
     いまでも、マラソン大会に出場しているだろうか?

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成30年12月12日、水曜日、雨のち時々小雨)

2018年12月13日 | 日記
     昨日(11日)寝る前に、明日の朝は寒いだろうと
     オイルヒーターを目が覚める1時間前の午前2時半にセットした。
     これまでは寝る時に3時間ほど温めて電源が切れるようセットしている。
     今夜は逆に朝起きタイマーセットをしたのだ。
     夜中にトイレに起きた時も、セットランプが点いてるのを確認した。
     朝目が覚めると部屋の中は程よく温められており、
     布団から腕を出し本を読んでも指先が冷えることもないだろうと思った。
     午前3時半に自動的に目が覚めた。
     だが、部屋の中は期待した暖かさではない。
     それどころか寒いくらいだ。
     オイル・ヒーターのパネルを見ると電源ランプもセットランプも消えていた。
     どうした!とベッドから跳ね起きた。
     差し込みプラグに異常はない。
     困った!
     修理に出すもの大変だ。

     朝食後、
     取りあえず「取説」の「故障かな?」のページを読んだ。
     すると、このオイル・ヒーターには「過重電流」が流れると安全のため自動的に
     電源が切られるようになっていることが分かった。
     プラグの表面に小さなボタンが付いており、そのボタンが上にあがって電源が切れる
     ような作りになっているようだ。
     だから、そのボタンを再度押し込むと電源が点くようになった。
     やれやれ。
     だが、なぜ過重電流が流れたのか?
     インドなどでは一瞬部屋の電気が暗くなったりいやに明るくなったりして
     「おっ、電流が流れ過ぎじゃないか」と目視で分かるが
     安定供給している日本ではな~~~~。
     もしかして、タイマーセットしたので、その開始時間に「カチッ」という
     電流が流れたのを「過重電流」と認識して自動的に電源が切られたのかもしれない。
     ナーバスなデロンギだぜ!(笑)
     朝起きタイマーは使えないのかな~~~。

     まあ、やれやれ一件落着ということだ。

     天気予報では午後伊豆半島は午後から晴れマークが付いているが
     朝から雨が降っている。
     「水彩画」の白を生かすためにマスキング・ゴムを塗って、それが乾く間は
     読書をしてと芸術的・文化的生活だけではなく、
     今読んでいる村上春樹の『騎士団長殺し』の中の哲学的用語などはメモして
     Wekipedia(?)でその意味を調べたりと「学び」の姿勢だ。
     マスキングゴムが乾いたので、剥がそうとしたら
         
         紙までごっそり剥がれてしまった!
         ペン型のマスキングゴムなので塗るのが均一ではなく、ドバッと出たりして
         ガッチリと安い「画用紙」に貼りついてしまったためだ。
         ペン型の修正液と同じなんだよな~~~。
         あ~~あ!
         下手は下手なりに一生懸命にやっているのにな~~~。
         やはり、紙は水彩用の紙でマスキングゴムは筆で塗るマスキングゴムを
         使うべきなんだな~~~~。
         どちらも持っているけどネ。
         ガッカリ!

     午後、三浦半島方面の空は青空が出て来ているが熱海の空は曇り空だ。
     どこが「晴れるでしょう」だ!
     それでも運動不足を解消しようと徘徊に出かけたら小雨まで降って来た。

     まったく今日一日はついていない一日だぜ。

     夜はチキンカレーを作った。
     晩酌は昨日から開始して禁酒は3日間だけだった。

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成30年12月9日、日曜日、晴れ、この冬最低気温)

2018年12月10日 | 日記
        一日中寒かったので「引きこもり」した。

        Youtube で インド古典音楽
           
           バンスリー(竹笛フルート)とタブラの演奏を聴きながら
           家事や「お絵かき」や「読書」などをまったりとこなした。
           バンスリーの切ない音色がいい。

        Youtube を観ていると、「おすすめ動画」というのが出て来る。
        これまで観た動画から、視聴者の好みの傾向を察知して「お薦め動画」が
        羅列されて出て来るのだけれど、「ちあきなおみ」が出て来てビックリ!(笑)
        確かに、「高橋真理子」は最近聴いたけど、そこから察知して「ちあきなおみ」かよ!
        スマホにはちあきなおみの「円舞曲」(わるつ)や「酒場川」や「矢切の渡し」が
        入っているが、そこまで察知するのかね~~~。
        と言うか、そこまで情報が読み取られているのだろうか?!
        いや、確実に読みとられているネ。
        怖ろしいことだ。
        「孤高」(?)を保って山の中に住んでいても情報に接している限り
        こちらの個人情報は洩れ漏れなのだよな~~~~。
        例えば、来年の「避寒」のために飛行機の予約をしたところ、
        予約が済んでいるのに、他の航空会社から行き先と出発日を明記した
        広告が表れるのには閉口するよりも、
        広告に「お前バカか」と独り言を言ってしまう。

      夜は昨日の夜の残り物とご飯一膳で、今日も酒を飲まなかった。
      2日連続で禁酒した。エライ!
      明日も禁酒して、禁酒連続記録の更新をしよう。(笑)

      8時20分に花火が始まった。
      客寄せ花火はうるさくてしょうがない。
      これを長年実行していると、「恒例」とか「名物」とか付くから困ったもんだ。
      夏は木々が茂って花火は見えないのだが、葉っぱが落ちた今は
          
          枝の隙間から少しは見えるが、寒いのですぐに部屋に戻り
          9時には寝た。