徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

1月27日 「な、なんなんだ、これは?!」の続き

2011年01月27日 | 日記
1月21日の「な、なんなんだ、これは?!」の続きです。

私の添付した写真は「金玉観世音」というレストラン?の写真でしたが
本当の「金玉観音様」は南山寺にちゃんといらっしゃいます。(笑)

なんでも日本円で約30億円もかけた純金の観音様だそうです。

この南山寺は一大仏教観光センターみたいなところで、その広さは166ヘクタールもあるそうです。大阪万博会場と同じくらいの広さです。

海上に面したところに建立された108メートルの「海上観音」と純金の「金玉観音」と「南山寺」が三大見どころとなっているようです。

あまり広すぎて、私は「海上観音」と「南山寺本堂」だけしか見ませんでした。

広いので機関車トーマスみたいなバスが走っているが、これもお金を取るのです。

なんだか、なんでもお金を取るのです。

108メートルの海上観音様の周りの店では108元でジュヅとか売ってたり・・・。
地獄の沙汰も金次第という雰囲気・・・・

私は「徘徊老人」の根性で「歩き」で、「出口はどこだ?」と徘徊しました。

そうです、「金玉観音」を見なかったのです。

入場料は大人150元。でも60歳以上だと半額になります。

私は香港の身分証明カードを持っているので老人値段で入場しましたが、
ゲートで止められ「身分証明書を見せろ」と言われました。

係員に「若い」と思われたのか?(それならうれしいけれど)

香港は中国に所属する「特別行政区」なので、係員は「カード」で
年齢を確認すると入場を許してくれました。

この南山旅遊センターまではタクシーで120元で来ました。
タクシーの運転手は「待ってる」と言いましたが、
私が出てくるのが遅かったのかタクシーの運転手はいませんでした。

でも、ここ始発のミニバスがありました。
帰りはミニバスで16元で三亜の市内まで帰りました。

添付写真は「海上観音」です。

1月23日 香港のジオパークのひとつ 馬屎州に行った

2011年01月25日 | 日記
最近、香港では香港ジオパークの宣伝が盛んだ。

「自然を見直しましょう」「自然を大切にしましょう」と
ショッピングセンターのイヴェント会場でパンフを配ったり、写真展を開催することもある。

 今回はそんなジオパークのひとつ「馬屎洲」という島に行った。

 なんでもこの島の海岸の岩は2億5千年前くらいの岩らしい。

 「へ~~~~」と感嘆の声を上げたが、

 家に帰ってからよく考えてみたら、エベレストだって地球誕生以来からあるんだよね。

 で、「ジオパーク」ってなんなんだ?と調べてみたら
「自然遺産を含む、自然に親しむ公園」なんだってね~~~。

「公園」なんだよ。

さらに調べてみたら、香港よりも早くに日本にはこの「ジオパーク」があって
香港から視察団が2009年頃からしきりに日本を視察に訪れていたようだ。

 てなわけで、私がこの公園から貝の付いた石を拾って来ても
「公園」から石を拾ってはいけませんとの法律がないから、問題ないわけだ。(笑)

1月21日 な、なんなんだ、これは?!

2011年01月24日 | 日記
香港から飛行機で1時間20分ほどのリゾート地に行った。
寒いのは苦手なので少しでも暖かいところで合宿だ。
すぐ海の向こうはベトナムのハノイだ。
海の青さを期待して行ったが、透明度は低くて熱帯魚には会えなかった。
思えば、ベトナムのハノイからハロン湾に行った時の海の色も同じだった。

朝はひたすらジョグした。
朝飯は6時から11時までなので極力遅くに食堂に行って昼食を節約することにした。カッコ良い言葉で言えば「ブランチ」だ。

ブランチの後は冷たい海に入ったり、温水プールで泳いだりして体を苛めた。

夜はホテルの飯は高いので町に出たが、町で食べてタクシーを拾うのに1時間半もかかり泣きたくなった。(ひとり旅でよかった!)

後で地図を見たら路線バスで帰ってくればタクシーを拾う必要がないことがわかった。

そのタクシーでの帰り道、赤々とネオンサインが輝いているお店があった。

店の名前が「金玉観世音」! 

ギョギョッ!

レストランらしい。秘宝館ではない!

日本語読みしてはイケナイ!

中国語読みで「ジンユ」と発音する。

添付写真はホンコンに戻るため飛行場に向かう途中で撮ったその写真。
日中なのであまり目立たない。

そして今日(24日)香港の HSBC銀行に行ったら女子行員さんの名前が
陳玉金さんだった。ホント!
英語名がElisa Chan さんだ。

これも日本語読みしてはイケナイ!


1月16日のメモ

2011年01月20日 | 日記
1月16日にANAで日本に戻った時のメモがあった。
ANAの機内で見たTVドラマのことだ。

「あぶない刑事」を見た。

相当前のTVドラマだろうが、通常はドラマなど見ないが機内では暇つぶしに見る。

で、見て驚いたね。

主役の館ひろしや中村トオル(?)が暗いところでもサングラスをかけ、
まだ犯人と決まっていないのに容疑者(?)に殴る蹴るの暴力をふるう。

中国の公安よりスゴイ!

こんなTVドラマを見ると中国の公安の悪口は言えない。

同じ部署の女性刑事役が木の実ナナだ。

ほとんど仕事をしないで色気だけを振りまいている。(笑)

主役の二人はサングラス姿で容疑者を追い、尾行する。

誰が見たって「目立つ」

笑っちゃう。

でもコメディードラマだと思えば・・・・

どうってことないか

1月16日 香港に戻った

2011年01月17日 | 日記
朝 9時50分の飛行機で香港に戻るため成田に向かった。

成田に向かう途中から雪が激しく降り出した。

「えっ?!」

「雪!」

成田空港に到着すると雪は止んでいたが、飛行機の翼などの雪溶かしの作業をやっていた。

雪国の空港では珍しいことではないかもしれないが、成田では珍しいことだ。

午後2時半ころ 香港に到着した。

アパートに戻り、洗濯し、ひと休みしてから 夜は「新年会」だった。

ああ、今週もよく徘徊したもんだ。