徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成28年11月29日、火曜日、晴れ)

2016年11月30日 | 日記
  10時頃から釣りに出かけた。
  天気予報では関東地方では風が強いとの予報だが、熱海は風がなくて
  遮るものがない岸壁は日向ぼっこにむいている。
  近くで釣りをしている常連の名人は30センチのメジナを釣りあげたが
  ワタシは今日も全然釣れない。
  まあ、釣れない時は気分転換に「さびき釣り」でイワシでもと準備はして来た。
  でも、今日はイワシの回遊は少なかったのでイワシ三匹にトウゴロ五匹。
  まあ、酒の肴にはこれくらいの量でもいいか~~~。
       
       今日は天麩羅にしてみた。
       白身のトウゴロはカリカリして酒の肴によいことが分かった。
       次回は唐揚げにしてみよう!
       これだけじゃさびしいのでカボチャを焼いた。

  ところで、腰が痛い。ギックリ腰かな~~~?
  そして、最近、胸が少し締め付けられるような感じになったり、
  動悸が僅かながらする。
  別に絶世の美人から声を掛けられたり、お誘いを受けたりした訳ではないのにね~~。
  そんな時、「明日こそは病院に行って検査してもらおうか?」と思うのだが・・・・。
  ワタシの寿命もそろそろかな~~~~、と思う今日この頃である。
  でも、酒を飲めば、忘れてしまう。
  

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成28年11月28日、月曜日、曇り時々霧雨)

2016年11月29日 | 日記
   写真の整理していたら、
        
        先日の晴れた日に木のてっぺんに止まってさえずる鳥の写真があった。
        名前もしらないがヒヨドリではない。

  ところで、日の出もそうとう遅くなった。午前6時を過ぎても太陽が昇ってこない。
  だから早朝の「徘徊」は中止している。
  6時過ぎから「徘徊」すると「ラジオ体操」までに戻って来れないし、
  朝食の準備もあるからだ。
  そこで、最近は「読書」(ホントか~~~?)と「思索」(ますますホントか~~~?)に
  ふけっているのだが、これについては後日、明らかにしよう!(笑)

  寒くなって来たのでオイルヒーターを使用している。
  ルームエアコンは今のところ使用していない。
  なぜ使用していないか?
  これが大問題なのだ。
  秋のある日、家に戻って来たらエアコンが勝手に「換気」運転をしていたのだ。
  リモコンで「停止」ボタンを押しても、「換気」運転を止めない。
  仕方がないのでコンセントを引きぬき、無断「換気」しないようにしているのだが
  寒くなったので、「取り説」の「故障ではありません(こんなときは)」を読んで
  なんとかしようとしたが、まったく直る気配もない。
  もっとも、エアコンは十数年前の機種なので、もう買い替えの時期なのかもしれない。

  ワタシの意志に反して勝手な動きをするのはエアコンだけではなくテレビもだ。
  テレビも気まぐれに赤ランプが「カチッ」と音を立てて点灯する。
  テレビも買い替えの時期に来ているのだけれど、
  今回はエアコンを買おう!
  それにしても、生き物のほかに機械もワタシの言う事をきかない。
  みんな勝手だ!(笑)
  これでは人工頭脳のロボットなんか買ったら、
  ワタシを無視してどんどん自分勝手に学習して、ワタシを征服してしまうに違いない!

  まっ、今年は今のところ、親戚・身内・知人関係に仏事がなかったので
  「冠婚葬祭・旅費予算」にまだ若干の残高がある。(笑)
  なので、エディオンに行ってエアコンを買うことにした。

  家に戻ると、ジョウビタキの雄が目の前を飛びまわっていた。
       
       ルーフトップから熱海の町を見下ろし
       
       アラヨッと飛び下りたり
       
       飛びます、飛びますと飛びまわったり
       
       柵に止まったり
       雌を引き付けようと頑張ってんのかな~~~。

  夕方、パン作りの励んだ。
       
       だんだん良くなってきた。
        

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成28年11月25日、金曜日、晴れ)

2016年11月26日 | 日記
        
        今日は快晴だ。

  今日、「家主さん」が東京に戻るというので、
  徒歩で図書館経由で熱海駅まで送ることにした。
  なんてワタシは優しいのだろうか?!
  違う違う!
  熱海駅まで行かなければならない理由があるからだ。
  それは
        
        熱海駅の駅ビルの商業施設「LUSCA](ラスカ)のオープンが今日だからだ。
   オープンセレモニーでは
        
        ソムリエの田崎真也氏による伊豆のスパークリングワインでの乾杯があったり。
        (右隣の背の高いヒトは熱海市長)
        
        熱海の「きれいどころ」が記念手ぬぐいを配ったり
   正午のオープンまで地元民や帰途につく観光客で長蛇の列だった。
   商業ビルのなかには百均やスーパー、伊豆・熱海の土産物屋やレストラン、
   ベーカリーなどが入って、便利になった。
   これまで熱海にはスーパーが一軒しかなかったので、
   少し高級なスーパーが出店したので楽しみだ。
   運よく席を確保した我々は
         
        「ばんばん定食」と
        
        「刺身定食」を食べて

        「家主さん」と別れた

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成28年11月24日、木曜日、雨のち雪のち曇り)

2016年11月25日 | 日記
   朝方は雨だったが、次第に雪混じりになった。
        

   「庭」にも雪がうっすらと積もった。
        
   でもすぐにまた雨に変わり午後には雨も止んだ。

        
        山は雪だ。

  どこにも出かけられないので、4回も風呂に入った。

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成28年11月23日、水曜日、曇り)

2016年11月24日 | 日記
    今日は曇り空だけれども、家主さんを連れて歩きで山をひと山越えて
    蕎麦を食べに行くことにした。
         
         山は紅葉を始めている
         
         カラスウリや
         
         椎の実(?)ドングリ(?)
         
         これはなんの実だろう?
         
         ミカン畑。
     無人野菜販売所でミズ菜(100円)、サトイモ(200円)、ゆず(100円)
     など買って、早生ミカン(200円)も買った。
     
 2時間ほど歩いて、蕎麦屋さんへ。
 忙しいお昼時なので、U君が調理場から出て客案内していたので
    「二人だけど、大丈夫かい?」と言うと
    「どうぞどうぞ」とすぐに通してくれた。
    「ホントに歩いて来たんですか?」と驚かれた。
         
         少し寒くなって来たので「がんもどき」と熱燗1本注文して
         蕎麦が来るのを待つ。
         
         ワタシは天ざる
         
         家主さんは桜えび天ざる
         ここの蕎麦はおいしい。2時間歩いて来る価値がある。
         でもほとんどの客は車で来るのだ。(笑)
  帰りは熱海市内までバスに乗り、夕飯の食糧を調達して。坂道をわっせわっせと
  登って帰って来た。
  蕎麦屋さんで、無人販売所で買った野菜やミカンをワタシのザックに入れ替えようと
  したら、ミカンが2個腐っていたので捨てたが
  家に帰ってみたら、ミカンに
         
         ナメクジがくっついていた!
         ワイルドだな~~~~~。

  夜は寒いので「鍋」にして、酒は日本酒
         
         家主さんのお友達Mさんから頂いた熊本の酒「花の香」
         Mさん、ありがとうございます。
         是非一度、わが「泥酔亭」におこしください。
         三食昼寝温泉付きで「おもてなし」をいたします。