徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人のひとりごと ジャカルタ日常(平成27年2月24日、火曜日、晴れ)

2015年02月26日 | インドネシア
    今日の夜の便で日本に戻る。
    でもホテルをチェックアウトした後、フライトまで9時間もあるので
    荷物をホテルに預け、近場の徘徊に出かけた。

    かつて、オランダ領時代にバタビアを呼ばれたこの地区には
    オランダ的な建物が残っている。
       
       オランダが銀行として使用していた建物は、
       現在、インドネシアの銀行が博物館として無料開放している。
       
       
       ステンドガラスの窓など、
       
       広場を囲むように歴史的建物が立っている様は、
       まったく、ヨーロッパの町を思わせる雰囲気だ。
       
       歴史博物館
       
       ファインアート・アンド・セラミック博物館
     暑いので、これらの博物館に入って、休み休み、見物する。
     そして、お昼過ぎに「カフェ・バタビア」に入る。
       
       広場の角にある、やはり由緒ある建物なので、
       入口には「カスタマー・オンリー」とチョーク描きされた
       黒板が出て、注文もせず、店内だけを見に来る客を断っている。
       
     店内はなかなか趣があり1階は喫煙でき、2階は禁煙席になっている。
       
       ここを訪れた客の写真が貼られている。
    ワタシは2階の窓際の席に案内され、広場を見下ろしながら
       
       今日がインドネシア最終日なので奮発してJava Coffeeを注文した。
       
       クラブ・サンドイッチ。コーヒーとサンドイッチで1700円!
      広場を眺めていると
       
       あらら、ドラえもん(?)だ~~~!
     広場に出てみると
       
       これも日本のキャラだっけ?
     広場を走り回れるよう
       
       観光貸し自転車。この自転車に乗って記念写真をとるようだ。
     この広場から海の方に足を伸ばした。
     一方通行なので道を横断するのが大変なくらい車やバイクの量が多い。
     悪臭のする川沿いを歩いて行くと
       
       ありました!
       ゴッホが描いたと同じような「跳ね橋」が!
       インドネシア人の観光客はここまでは来ない。
      多分、日本のツアーでも、ここを見に来たとしても車内から見て
      下車して見ないだろうな~~~~~。
      なにしろ、悪臭!
      このそばにRiver Hotel というやはり白亜のホテルがあるが
      泊まりたくはないよな~~~。
       
       東芝の看板があるこの建物も由緒ある建物のようだ。
    この界隈を徘徊したので、またまた徘徊しながらホテルに戻ることにした。
    そして、今日は別の路地に入ると、ここも中華街だった。
       
       果物なども売っているが
       
       漢方薬の店が多い。
      そうそう、
      新聞に昨日の火事の様子が一面のトップ記事で扱われていた。
      やはり、見に行けばよかった!(笑)
     ホテルに午後5時に帰りついた。
     預けていた荷物を受け取り、タクシーで空港に向かった。
     飛行機は9時半出発だ。
     どんな夕飯が機内で出るかどうか、
     夕飯を空港で食べるべきかどうか?
     悩んだ。(笑)
     出発フロアーを徘徊していると、CITI BANK のラウンジがあった。
     ラウンジの中でなんか食べている人もいる。
     ドアを開けて受付で訊いてみた。
     するとCITI BANK のクレジット・カードを持っていれば
     使用することが出来ますよとのことだ。
     それも無料で!
     一応、
     クレジットカードで100インドネシアルピア(1円)のレシートを出す。
     レシートにサインして(笑)ラウンジ使用。
      
      ビール 有りました! 小瓶だけれど2本飲んだ!
      スパゲッティ!
      
      揚げもの、豆腐、茹で卵(まるでオデン)
      このCITI BANK のラウンジを知っている日本人は少ないと思う。
      いい穴場を見付けた!でも、もう二度とジャカルタには来ないだろう。
    搭乗時間が迫って来たので、搭乗口に行き、搭乗。
    乗客は70%くらいの搭乗率で、ゆったりできたが
    機内食は
       
      ハンバーガー1個、クラッカー、チーズ、チョコレート、水
      ああ、ラウンジでスパゲッティを食べていて正解だったよ!

徘徊老人のひとりごと ジャカルタ日常(平成27年2月23日、月曜日、晴れ後雨のち曇り)

2015年02月24日 | インドネシア
     今日は月曜日だ。
     月曜日というのはだいたいどこの国でも美術館や博物館が休みだ。
     (バリ島には毎日営業しているところがあるが)
     営業しているところは?
     コピーした『なんとかの迷い方』に、動物園は毎日開園しているような
     ことが書いてあった。

     そうだ! 動物園に行って、コモドトカゲでも見てよう!

     動物園は遠い。
     タクシーで行ったらとんでもない料金になるから
     トランスジャカルタという市バスで行くことにした。
     これも『迷い方』に 3500ルピア(35円)均一で、
     乗り代えてもで行けると書いてあった。
     まあ、目まぐるしく変わる物価だから、35円はないよな~。
     40円くらいになっているだろうと・・・・
     丁度、わがホテルの目の前がバスの駅になっているので
     窓口で切符を買い求めようとした。
     すると、係員が英語で「フォーティ」(40,000ルピアのこと)と言った。
     ワタシは今書いたように物価の値上がりを想定して40円というのが
     頭にあったので、
     「そうかそうか、やっぱりな」と4000ルピア出した。
     すると、係員はもう一度「フォーティ」と言って磁気カードを
     見せてくれた。
     「え~~~~っ。プリペイドカードじゃん!」
     40円と400円じゃえらい違いだ!(笑)
     それと、何回バスに乗るか分からないしな~。
     でも、400円払っても、まっ、タクシーを使うより安いか。
          
          これがジャカルタの「スイカ」だ。
          
       バスの駅は道路の真ん中のバスレーンの所にあって、
     歩道橋はバスの駅に向くように出来ている。
     こちらではバスレーンではなく、BUSWAYという表示なもんで
     はやとちりのワタシなどはサブウエイと読んでしまう。
     幹線は二両編成の冷房車で、
     どうも前の車輛の座席は女性専用のようだ。
     前の車輛の座席が空いていたので座ったら
     隣の女性にじろじろ見られた。
     さりげなく、女性専用と書いてあるかな~~と探したら
     そんな文章やロゴマークはなかったので暗黙なのだろうな~。
   で、途中、動物園方面に乗換は、乗換ジャンクションで
          
          こうやって歩道橋を乗換駅まえ行く。
     乗り変えたバスは
          
          古い普通のバスで、筋肉がほぐされるような(笑)・・・
          冷房もなく・・・
         (帽子をかぶり、バティクのシャツを着た眼鏡で髭の人は
          ワタシではありません。念のため)
     そして、乗り代えて乗ること40分!
     終点のラグナン駅、まあ、楽だったけれどね(ダジャレ)に着きました。
          
          目の前がラグナン動物園!
      お~~~、日曜日は混むだろうが、今日は月曜日だから
      空いていそいうだな~~~~。
     入場券売り場はどこかな?と駐車場の係の人に訊いた。
     「入場券? 今日は休園日ですよ」
     「え~~~っ!ウソ~~~!」
     「毎週月曜日は休園日です」
    怒り心頭に達したワタシは
    この駐車係の人に言っても無駄なことを口走った。
    「ほれ、このガイドブックには営業:毎日7:00~18:00って
     書いてあるじゃない!」とコピーを見せた。
    係のオジサン
     「日本語わからない。そのガイドブック間違ってるネ」
    ったく!『迷い方』振り回されたぜ!
    ごねてもショウガナイ。
    また、バスに乗って、そうだ、「ブロックM」のデパートに行こう!
    と、ブロックMのPasaraya というデパートに行った。
    伊勢丹や三越といった感じのデパートで高級品をあつかっているし
    売り場面積も広い。
    ここの地下のフードコートで
         
         
         プリペイドの食券(500円分)を買って
         
         SOTO AYAM定食(420円)
         大衆的ではないので空いているし、高いし、量が少ない。
         まあ、ワタシには丁度よい。
      80円残ったので、コカコーラ(80円)を飲んで
      プリペイドカードを使いきった。(笑)
     このデパートではお土産物も豊富にそろえていて、
     品質の良い物は高いんだな~~~~と感心しながら見て回った。
     バティクのシャツなど7000円もする!
     買わないよ、絶対に!(笑)
     トラジャ・コーヒーは買った。
     お金を払っていたら、うしろからおばちゃんが「こっちこっち」と
     手招きする。
     なんだと思ったら、「精力剤」の販売員だった。(笑)
     こんな、一流デパートでね~~~~。(笑)
     第二夫人、第三夫人などいる人は必要かもしれないがね~~~。
     でも、おばちゃん曰く
      「日本人、お土産、これ買う」(これだけは日本語で言った。笑)
     再びバスに乗り、今度はワタシが下車するホテル前の駅を通り過ぎ
     終点のKOTAまでいった。
          
          鉄道のジャカルタコタ駅
          
          構内。
          
          プラットホームには切符がないと入れないようだ。
          磁気カードをタッチしなければホームに入場できないし
          軍人のような人が番をしていた。
    このKOTA周辺地区は昔、バタビアを呼ばれたところだ。
    古い建物が残っているし、明日、来てじっくり見る予定だが
    『迷い方』に頼って、また迷っても困るので下見だ。(笑)
          
          
          似顔絵絵描きさんたちが軒下で絵を描いている。
          毎日、何枚も描いていれば上手になるよな~~~。
        おもしろいことに、丁度5時になったら、片付け始めた。
        勤勉だな~~~。5時になったら店じまいっていうよりは
        ほとんど客がいないしな~~~~。
     スイカがあるので、ホテルまでひと駅だけど、バスに乗った。(笑)
     雨も降って来たし・・・・
     消防車が二台バスを追い越して行った。
     さっき見えた黒煙はやっぱり火事だったか!
          
          ワタシの部屋からも黒煙が見える。
          近いし、見に行きたいな~~と思ったが我慢した。
          結局、1時間ほどして黒煙は消えた。 
    夜、今日も飯を食べに出かけた。
          
          ドリアンの屋台も出ていた。
          
          ヘビ屋の屋台も・・・・
          
          これ、皮剥いて、焼いていた。
          精力付くだろうな~~~~。(笑)
          今でも第五夫人までいいのかな~~~~?
          デヴィ夫人は第二夫人だったからな~~。
          インドネシアの男はカネと精力が命!(笑)
    で、ワタシはって~~~と
          
          苦瓜(にがうり)と卵の炒めのさっぱりした淡白な(笑)もの
          
          薄い牛カツをオイスターソースで煮たもの。
          これ800円もする!
          今夜もビール2本飲んで
          今夜の出費 2200円! 
     ホテルに戻る途中、ローソンがあったので、明日の朝食と
     部屋で缶ビールでもと入った。
          
          どら焼きが売っていた!80円
         菓子パンとヨーグルトを買って、冷蔵戸棚を見てもビールが
       見当たらない。
       しょうがない、ビールは諦めようとレジで精算していると
       レジの横に小さな冷蔵棚があって、そこにビールがあるではない!
       「缶ビールのロング缶1缶をください」と言うと
       レジのお姉ちゃん
          「身分証明書を出してください」
      あれれ、日本のマニュアル通り、年齢確認かい?!
      勘弁してよ、こんな爺に年齢確認が必要かい?
      「パスポートはホテルにある」と言っても
      このお姉ちゃんは売ってくれなかった! 
     アメリカやオーストラリアなどアルコール類は身分証明書が必要だが
     ジャカルタで提示を求められたのは初めてだ。
     絶対、これはローソンのマニュアルの押しつけだ~~っ!と
     こころの中で叫びながらホテルの部屋に戻ったのでした。     

徘徊老人のひとりごと ジャカルタ日常(平成27年2月22日、土曜日、晴れ)

2015年02月23日 | インドネシア
     旅をしていて心配になることのひとつに現地時間がある。
     陸続きの国でも国境を越えると1時間違うとか、
     歩いて国境を渡ったのに、もう時差がある  と思ってしまう。
     時計を現地時間に合わせておかないと予定の乗り物に乗り遅れる
     危険性もある。
     特に、アジアの国々の安いホテルの時計は時間が正確でないことが
     多いので、確認とチェックが必要だ。
     そこで、ネットで現地の正確な時間を調べたりする。
     ところが、その「世界の現地時間」のHPでも、間違っているのがあるので
     要注意だ。
         24 Time Zones.Com
      http://24timezones.com/ja-time/indonesia_jakarta
      このHPではジャカルタと日本の時間差は1時間になっている!
     こんなの信じていたら、あぶね~~~ということになる。
         Time-j.net. 世界時計ー世界の時間と時差
     http://www.time-j.net
       こちらは信用できる。
      ちゃんと 日本とジャカルタの差は2時間です。と標記されている。

   さて、今日は日曜日だ。
   どこに出かけようか。
   地図を見ると、ワタシが宿泊しているホテルから
   国立博物館やムルデカ広場は2キロの距離だ。
   
   歩いて行こう!

   今時、2キロの距離を歩く人などいないようだ。
   なにしろ天気がいいし、暑いし、こんな日に歩くなんて・・・・と
   思うから、みんなバイクを買って、安いガソリン(?)を買って
   移動するから交通渋滞にはなるし、排気ガスはまき散らすし・・・・

   テクテク30分歩いて
        
        美術館についた。
        
        まるでインドの美術館と思いそうになるほど、ヒンドゥー教に
        関連するものが多いのには驚いた。
        博物館はよく管理されていて冷房も効いていた。
     博物館から出てムルデカ広場、独立記念塔(モナス)に
        
        ここはエレベーターで展望台に昇ることができるようだが
        
        日曜日とあって、長蛇の列。
        簡単に並ぶのを諦めた。
        
        天気予報と全然違って、晴れだぜ~~~。 
        これ高さが137メートル、頂上部には35キロの純金の
        燃え盛る炎をイメージしたものが載っている。
       東京スカイツリーの近くのビール会社のウ○チみたいのと同じような・・
    近くに白いドームのようなものが見える。
         
         東南アジアで最大の規模を誇るモスクだとさ。
         「行って見べい」
         建物の内部に異教徒は入ることができないが、外側はOKだ。
      でも、建物が多き過ぎて、あの白いドーム型の屋根が
         
         こんなにしか見えない。
         遠くから見るのが正解だ。
      このモスクの道の向かい側に
          
          教会がある。
         日曜日とあって日曜礼拝でにぎわっていた。
          
      結局、このあたりをぐるぐる徘徊して、
      最高裁判所、大統領官邸の前を
          
          これ、大統領官邸で、この道は侵入禁止だ。
      もうお昼過ぎたので、ホテルに戻ることにした。
      ホテルまで歩いて30分。
      今朝来た道を戻った。
      往復で4キロ、広い公園を徘徊したので合計6キロは徘徊した。
      暑いし、水分を補給するため、缶ビールを置いてある
      なんとかイレブンに入った。
      ハイネンケンやサンミゲルがあったので、安い方のサンミゲルを
      2缶買ったが、1缶215円もする!
      
     部屋で遅い昼食。
        カップ麺(カレー味) 45円と
        サンミゲル 2缶   440円。
      このアンバランス!
      気持ちよくうとうとしてきたので、昼寝した。
     午後4時頃、部屋掃除の係に起こされた。
    このホテルにはプールもトレッドミルもあるので、行こうかと思ったが
    止めた。

    暗くなったら、なんだか、ポン・・・・ポン・・・と
    単発的に花火のような音がするので窓の外を見たら
         
         花火が上がっていた。
         それにしても3発くらい上がると、しばらく間があく。(笑)
    夕飯だ。
    近所は中華とインドネシア料理がごっちゃになっている。
    昨日の調べでインドネシア料理の店にはビールがなさそうだったので
       
        中華にした。
       
       餃子の店だ。焼き餃子や水餃子が売りのようで、
       「俺の餃子」という日本名もある。
       一階は大衆感が満載だが、二階は少し高級そうな雰囲気だ。
       ワタシは二階に連れて行かれた。
       部屋は冷房が効いていて、壁にこの店の紹介記事がジャカルタの
       日本語新聞に載っているのが貼られていた。
       多分、日本人は二階に通されるんだろう。ビールも飲めるし。
        
        このお兄さんのTシャツの左右の肩袖に中国国旗と日本国旗が
        印刷されてある。このお兄さん、日本語も少しできる。
        もう一人のこの部屋担当のお兄さんは中国語が少しできる。
       
     メニューを見て 「白菜と豆腐と肉のスープ」というのを注文した。
   写真では浅底(グラタン皿)の皿に白菜と豆腐と豚肉を炒めた写真だった。
     しばらくすると料理が運ばれて来た!
         
        どっ、どっ、え~~っ! なに?!この量!
        食べきれる量じゃない!
       おれ、このほかに韮の焼き餃子を注文してあるんだよ!
       何事もチャレンジ!
       そうは行かない!(笑)
        
       これに今夜もビンタンビール大瓶2本。
       ビールが思いのほか高かったので、
       今夜の合計は2040円。

    もちろん、当然のこととして、スープは3分の2は残した。
    まあ、それでも、駐在員の人たちがあつまるブロックM地区の
    日本料理屋に行かないので、安上がりですな~~~~~。(笑)
                    

徘徊老人のひとりごと ジャカルタへ(平成27年2月21日、土曜日、晴れ)

2015年02月22日 | インドネシア
   朝、ホテルのエレベーター前の窓から
        
        ムラビ山がくっきりと見えた。久しぶりの晴天だ。
        
        拡大してみると、確かに噴煙が上がっているようだ。
        活火山なんだね。
    フィットネス・センターで一時間ほどジョギングした。
    この辺在住の有閑マダム(古いね~~、表現が。笑)風インドネシア人の
    お姉さんたちが「エアロビ」にやってきていた。
    インストラクターの筋肉隆々の若い男性と40代50代のおばちゃんたち。
    普段は露出しないのだろうが、タイツ姿やお腹丸出しで・・・・
    トレッドミルでランニングしながら、ワタシは頭がクラクラした。(笑)
    ランニングしながらTVニュースを見ていたら、今朝もジャカルタ空港は
    ライオン航空がトラブッテイル様子を映し出していた。
    今日の移動大丈夫かな~~~~~?

   午前11時にチェックアウトしてタクシーで空港に向かった。
   今日乗る飛行機はバクチ航空、いや違う!
   バティック航空だ。
   これもライオングループのLCCだが、ライオンより少し高い。
        
        ジョグジャの出発ロビー。混んでいる。
    思うに、まあ、旧正月と関係するかどうかわからないが、
    そんな関係で旅行客などが多いのだろう。
    手荷物の多さはインド人が一番多いかと思ったが、
    インドネシア人も負けてはいないね~~~~~。
    段ボール箱3つも4つも持って移動する人がザラだね。
        
        これね。今日乗る飛行機。
        
        尾翼がバティック模様。
        
        
        機内の座席間隔もライオンより心持広いような気がする。
        
        ほ~~ら、手荷物としてポテトチップを持ちこんだ人がいる。
        収納扉を閉めたら「パキパキ」と潰れないかな~と期待した。(笑)
    前の背もたれにはTVモニターが付いていて
        
        インド人用の歓迎の言葉
        
        韓国人用
        
        中国人用
        次は? 英語とインドネシア語。
      あれれ、日本語・・・・・ないじゃん!
      LCCに乗る日本人が少ないから、歓迎されないのね!(笑)
     ちなみに、この便の日本人は、多分、ワタシだけ。
    飛行機は予想に反して、定刻に離陸。
        
        ムラビ山も見える。
       1時間のフライトだそうだ。
       今日は旋回しないだろうな~~~~。(笑)
    ワタシの後ろの座席ではガキが飛行機に乗り込んでからず~~っと
    ぎゃ~~ぎゃ~~泣いている。
    心の中で
       母ちゃん、ガキ黙らせろって!と何度も毒付く。
      (「徘徊老人のひとりごと」だかんね)
   さっき、ライオンより少し運賃が高いと書いたが・・・・
        
        ほ~~ら、ランチボックスが渡されたよ。
        
        バナナチョコパンとケーキと水。
   ちなみに運賃は5600円くらいだ。
   インドネシアのLCCは4000円、5000円台が普通だ。
   
   飛行機は無駄な旋回もせず(笑)、今日は無事、ジャカルタ空港に到着した。
   さっきまで機内でギャーギャーないていたガキは飛行機から出ると
   泣きやんだ!
      バカ野郎! 飛行機から出ても泣き続けろ!
      それぐらいの根性で泣け!
      人様に迷惑をかけて置きながら、
      機内から出ると泣きやんでけろっとしてんじゃない!
    と、また、徘徊老人は心の中でひとりごとを言ったのでした。

    今日のホテルはジャカルタ北部にあるクロッド地区。
    別名チャイナタウンにあるホテルだ。
    特別割引価格でやはり5000円台。
    それには訳がありそうだってより、訳があるんだよね。きっと!
    フロントでひと悶着した。
    ノンスモーキング・ルームではなくスモーキング・ルームだと言う。
    予約時に「特別リクエスト」をしなかったからとフロント係。
    おいおい!
    今じゃ世界的に喫煙者はマイノリティーだよ。
    特別リクエストは喫煙者が「喫煙ルーム」とリクエストするのが普通でしょ!
    禁煙ルームに変更してくれと要求すると、
    禁煙ルームは満室だとぬかした!
    つまり、ホテル側は喫煙ルームの稼働率を上げるため
    破格の安さで部屋を提供しているから、
    いろいろ理由をつけて断固として部屋の変更には応じないのだ。
    まあ、しょうがない。
    部屋は蚊取り線香でも焚いて、煙草臭を消す。
    だが、廊下は、ホント、煙草くさいんだよな~~~~。
         

徘徊老人のひとりごと ジョグジャ日常(平成27年2月20日、金曜日、うす曇り)

2015年02月21日 | インドネシア
     今日は昨日より薄曇りだ。
     朝、フィットネスセンターで一時間トレッドミルで汗を流し
     置いてあった体重計に乗ったら、57.5キロだった!
     そんなに痩せていないはずだ!
     朝食後、のんびりと部屋でくつろぎ、
     10時半ころから王宮近辺を散歩した。
        
        今日はめずらしくメラピ山が姿を現した。
  
     木陰で休んでいると、爺さんに「何時だ?」と訊かれた。
     ポケットから数字を書いた紙を出し、「11」と言ったが通じなかったので
     時計を見せた。(笑)
     まったく! 俺に訊くなって!(笑)
     王宮の裏の「タマン・サリ」(水の離宮)に向かう路地はバッテックを営む
     小さな店が多い。
     路地を歩いていると日本語で話しかけて来て、
     自分の店に連れて行こうとする。
     まあ、付いて行ってもいいんだけれど・・・・
     あたしゃ~~、付いて行かない!(笑)
         
         クッションカバーにバッティックを施している若い子(笑)
         ロウみたいな液体で絵の線に沿って塗って行く。
         
         こんな路地で
         
         壁にこんな絵や
         
         こんな絵や
     そうそう、インドネシア人って鳥カゴで小鳥を飼うのが好きみたいだ。
         
         メジロだぜ。
         熱海のオラのところじゃ、放し飼いで一杯いるのに
         ここじゃ~~、籠の鳥じゃの~~~。(笑)
         
         ブルーのアイシャドウをしたカラス三兄弟かい? 
         
         ハクビシンのようだ。子供とじゃれ合ってる。
      徘徊していたら、お腹がグルグル鳴りだした。
      やべ~~~!
      こんな時のために、「下痢ストイッパー」を持って歩いている。
      これは「水なし」で飲めるので、ワタシの旅の常備薬だ。
    やはり、ホテルに戻ろう。
         
         途中、食べ物屋の品物の写真を見ていたら、
         保温器の蓋を開けて見せてくれた。
         
         屋台では煮込んだのか揚げたのかニワトリの頭だけ。
         
         繁華街のマリオボロ通りの屋台は昼飯時で活気がある。
         でも、ワタシは食べない。(笑)
     部屋に戻り、正露丸を3粒飲んだ。
     これが今日のワタシの昼飯。(笑)
    明日、ジャカルタに移動するので、買い置きの食べ物、飲み物を
    処理しなければならない。
    今日のこれからの予定は午後8時からワヤン・クリ(影絵)を見に行く。
    買い置きのカップ麺を 午後4時過ぎに食べ、
    午後6時半に隣のショッピングセンターで菓子パン2個を買って
    ワヤン・クリを見に出かけた。
         
         
         こちらが影絵になっている方。
         
         
         
         こちらがワヤンを動かしている方。
         このオジサンがひとりで「語り」と「動き」をやる。
         ひとりでワヤンを二つ以上動かすことはできないので
         その時は動かさないワヤンは立てかけておく。
     まあ、乱暴な言い方をすれば、「紙芝居」のようなものだ。
     夜通し演じることもある。
     ここのソノブドヨ博物館のワヤン・クリは2時間だ。
     興味のない人は真剣に食い入るように見なくてもいいのだよね。
     オジサンが一生懸命ワヤンを動かし、語り、
     おばちゃんがまったりとした歌を歌う。
     あれっ?
     このメロディーの感じ、
     昨日、ホテルのロビーで歌っていたメロディーに似ているな~~。
     そうかそうか、そうだったのか、納得。
     『ラーマヤナ』を題材にした歌だったのね~~~~。
     で、ガムランを演奏するオジサンたちも、
     昼は働き、夜は演奏で、
     それも、芝居の最中にず~~っと演奏しているわけではない。
     演奏する時が来るまで
         
         こっくり、こっくり
     オジサンの語りが激しくなったり、おばちゃんの歌が始まると
    銅鑼がボワ~~ンと静かに鳴ると、それが目覚ましの合図か
    「はっ」と目を覚まし、でも姿勢を正すでもなく、
    バチでポン・ポコ・ポン・ポコと叩き、またコックリ。
    このダルサ感がたまらないよな~~~。
         
         ほ~~ら、隣の演奏者もコックリ。(笑)
    ワタシも眠くなったので1時間ほどでホテルに戻った。
    シャワーを浴び、さっき買った菓子パンと缶ビールとで
    遅い夕飯。
    今日の出費は超少ない!
         菓子パン  170円(2個、閉店間際だったので割引価格)
         水・コーラ 105円
         缶ビール  180円
       ワヤン入場料  200円
        出費合計   655円
    昼飯は買い置きのカップ麺だったし、缶ビールも一缶買い置いてあった。