徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人世界放浪昼寝旅ータイ・チェンマイ・バンコクそしてダッカへー

2012年01月28日 | タイ
インドビザを貰ったので、
早速、バンコクに戻るためチェンマイの空港に行った。
早めに到着したのだが、空港内は冷房が効いていて寒いので
外のベンチで飛行機の発着をボーっと眺める。

  チェンマイ国際空港はタイ空軍基地と併用だ。

    
    まだ、こんな飛行機が空軍では使われている。
    乗ってみたい。
    本当に飛ぶのかな~~と思ったら
    「飛んだ!」
    失速するくらいゆっくりと
    でも、なんだか一生懸命飛んでいる。

   
   空軍の輸送機だ。これも古そう。

   で、タイ・エアーの最終便でバンコクに戻った。

  バンコクは以前宿泊したスクンヴィットのホテルに一泊した。

  バンコク最後の夜、もう生きているうちには二度と訪れることはないと
  少し、「夜のバンコク」を探検することにして、インターネットで調べた。

  え~~~っ、
  スクンビットの奇数番地地区は「夜の歓楽街」だったんですね~~!

  でも、ワタシは自慢するけれど、生れてこのかた
  「バー」「カラオケ」の類には 数回しか行ったことがない。
  それも仕方なしに行ったことがあるだけだ。
  ひとりでは行ったことがない。
  第一、「バー」「カラオケ」が大嫌いだ。
  
   でも今夜はナナ・プラザに行き、若い女性のゴーゴーダンスを
  観賞しながら、夜のスクンビットの歓楽街を徘徊しようとした。

  だが、スクンビットの街を歩いているうちに、
  日本人御用達のスーパーマーケットを見つけたのが予定の行動の
  変更を決定ずけた。

  FUJIマーケットというスーパーがあった。
  マーケットの外では天麩羅などのお惣菜を売っている。
  手作り豆腐みたいのも売っている。
  スーパーの中に入ると、日本食材が売っている。

  う~~~ん、若い子の裸の踊りより、ワタシはこっちだなと即断!

     
     幕の内弁当は超豪華版!
     種類が少しずつなのが良い。
     刺身はマグロとタラバガニの刺身。
     酒は朝陽スーパードライと日本酒。
     
     ひとり酒、手酌酒が一番いい。

     誰にも気を使わなくてもよいし・・・・

   で、1月27日 午後7時のバンコク・エアウエイズという会社の
  飛行機でダッカに飛ぶのだ。

  このバンコク・エアウエイズの広告には
  「どなた様も空港ラウンジをご使用になれます」と書いてあった。

  そのバンコク・エアウエイズのラウンジを探し当てた。
     
     アルコール類は置いてないが、サンドイッチやコーヒーは
     置いてある。
     経費節約のため、紙コップ、紙の皿。
     まだ、あまり知られていないのか客は少ない。
     無料でWi-Fiインターネットもできる。

  搭乗時間になったので、ゲート前に行く。
     
     さすが、バングラデシュのダッカ行きだけあって、
     バングラデシュ人が90%。
     この少女たちはバンコクでのイヴェントに参加して帰国だ。

   飛行機は1時間遅れの8時半に出発。
 機材はAB320型で、相当古い。でも古い方が座席がゆったり座れる。
  乗客は 50人。
  ひとり旅乗客は3列席にひとりで座れる。

  後方の団体席では、飛行機が無事飛び立つと少女たちが
  歓声と拍手だ。

    いいな~~~~。

    
     機内食。
     プレートが小さすぎて、メインディシュが載らない。

    飛行機は現地時間の午後9時半にダッカに到着。

    入国審査官の一本指入力方式のため、入国審査というより
    審査官の「入力時間」に時間が掛る。
    なにしろ、滞在先のホテルの住所まで一本指で入力する。
    10本指入力の審査官と1本指の審査官では
    10倍のスピードの差だ。

    ならんだ列が悪かった!(泣)

    でも10本指の審査官はいないみたいなので、
    「外人列」は似たりよったりなものだった。

    入国審査を終え、両替をし、荷物を受け取り
    タクシーカウンターで料金を払い
    無事、今夜のホテルに到着したのは現地時間の午後11時を
    廻っていた。

    それにしても、空港の外に一歩足を踏み出すと大勢の客引きや
    モノねだりがやってくるインドと違い、
    だれも付きまとわないので、なんだか拍子抜けしたり
    ホッとしたり。

    ホテルの部屋には電気香取が備え付けてあり、
    蚊にも悩まされずに眠ることが出来たのでした。
     

    

徘徊老人世界放浪昼寝旅ータイ・チェンマイの日々ー

2012年01月24日 | タイ
チェンマイでは、観光ツアーに出かけない限り、日々の生活のお金は
それほどかからない。

 ワタシの毎日の活動は、まったく同じなので、部屋掃除のおばさんも
 ワタシが昼飯に出かけるまで、部屋の掃除はしない。
 行動パターンを読まれている。(苦笑)

   朝、部屋が日陰にあるので、大体6時半起床だ。

   7時ころになると、東の空から太陽が昇ってくる。
     
     
    東の空が赤みを帯びて来る。
    
    太陽が顔を出し始める。
    
    
    

   ワタシの宿泊しているホテルの廊下にも太陽の明かりがさしこんでくる。
     

     7時半頃にジョグに出かける。
    このところ、お腹の出具合を気にして、ジョグをすることにした。
     
      気温が高ければ、つまり暖かければ、そして観光ツアーに
      出かける必要がなければ、ワタシだってジョグするんだよ!(笑)

      ジョグから戻り、シャワーを浴びて、朝食だ。
     「SriTOKYO」ホテルの朝食はバイキングなので、
     「ご飯」を腹いっぱい食べる。(これがよくないよな~~~)
     「SriTOKYO」というだけあって、非常に薄味の「味噌汁」もある。
     「薄味」だから、ワタシには「塩分控えめ」で非常に助かる!
     仕上げにコーヒーなど飲み。
     部屋に戻り、ヨーグルトを食べて、サプリメントを飲む。

     それから、「読書」、「お絵かき」、これから先の「旅の計画」など
     結構忙しい。

     11時半過ぎに近くのショッピングセンターに出かける。

     ここのスーパーマーケットで買い物したり、マッサージを受けたり
     フード・コートで昼飯を食べる。

     ちなみにマッサージは1時間120バーツ(360円)が相場だ。
     バンコクの半額だ。
     これを2時間やる。720円。
     マッサージのおばちゃんに「体が硬い」と怒られる。(笑)
     お腹がじゃまして座って足をのばしたまま前屈ができないのだ。(悲惨!)

     ワタシが宿泊している「西側」の地区は長期滞在者(ロングステイ)や
     マンション、病院などがあり、
     日本人の老人もたくさんいる、いや「いらっしゃる」(笑)
     スーパーでも、よくひとりで買い物をしている姿をよく見かける。
     スーパーでは「納豆」「豆腐」なども売っているし
     マンション地区の方には「日本料理店」も多い。

     ワタシはだいたい、このショッピングセンターで軽い昼飯を取る。
         
         タイ風焼きそば。辛くない。甘口。30バーツ(90円)
         
         「あんかけのスープにビーフンが入っている」
          辛くない。甘口。みたらし団子のあんかけと同じ味。
         30バーツ(90円)
         
         ビーフンが深く沈んでいる。(笑)
         
       魚のすり身ボールときし麺入りのスープ。 40バーツ(120円)

       これらの「昼飯」は量が少ない。
       フード・コートで食べる時はビールも飲まない!(ホントか!)

     昼食後、ホテルに戻ると部屋が掃除されていて、カーテンも全開で
     隣の病院の上から太陽の光が部屋に舞い込む。

     昼寝をする。

     昼寝後、散歩に出かける。

     そして、たまにはコーヒーショップでコーヒーを飲む。
        
        こんな真面目な顔でコーヒーを飲むので
        「ナンパ」されることもない!(笑)
        「ありえね~~っ!」(笑)
        「Latte」が 80バーツ(240円)!高け~~~っ!

      もう金銭感覚は現地人!

     夜はスーパーで買ったり、フードコートからテイクアウトして
     部屋で「飲む」
        「納豆」と「豆腐」と「焼き魚」または「餃子」

    たまに、外食する。
    でも、日本料理店には行かない。高いから。

     昨日、昼に「おふくろの味」という「のれん」の下がった
    日本食屋に入ってみた。

       親子丼と味噌汁で 100バーツ(300円)

       日本の「吉野家」よりも高いんじゃないの!

    で、「おふくろの味」ですが、
    確かに、この店の「おばあちゃん」がこしらえていました!
    はっきり言って、料理の下手な「おふくろさん」だね。
    こんな「おふくろさん」に育てられた子供は悲惨だよ。(笑)

    でも、おふくろの味には違いないので「のれん」に偽りなしだ。(笑)

    口直しに夜はタイ庶民料理
         
         チキン
         
         春巻き
         
         「焼き」担当の料理人と「辛いの」担当の料理人は
         暇なので、ビールを飲みながら将棋を指している。
         ビール2本と上記の料理で250バーツ(750円)

     日本料理屋にさえ行かなければ、ホテル代込みで
     1日5000円以内で暮らせるのだ。
         
      朝晩は気温が18度から20度くらいに下がるが
     日中は30度近くなる。
     でも乾燥していて過ごしやすい。

     昨日は夕方、ジョグでステープ山の山登りした。(箱根を真似て)
     上に行くにつれて気温が下がり、気持ちよかった。       
    
        
         
     
   

徘徊老人世界放浪昼寝旅ータイ・チェンマイ徘徊ー

2012年01月23日 | タイ
3日間住んだマンションをチェック・アウトして、
運動不足解消のため、バックパックを背負って
歩きで次のホテルに向かった。

ホテルはオールド・タウンの西側のお堀沿いにある
Lavender Lanna Hotel だ。

 30分ほど歩き、そのホテルのある場所に着いたが、
 ホテルの名前は「Sri TOKYO」と看板が出ている。
 地図を確かめても、このホテルに間違いがないのだが・・・・

  ホテルの予約票には、確かに「Lavender Lanna Hotel」と書いてある。

  取りあえず、入って行った。
  
   「ここはLavender Lanna Hotel じゃないんですか?」

  と訊くと、
  「そうです。以前はLavender Hotel でしたが名前が変わりました」だって!
      
      
      部屋は狭いが、値段は朝食込で2000円くらいだ。
      ここでインドビザの給付を受けるまで5泊するのだ。

    オールド・タウンの中を徘徊する。
      
      坊さん学校の生徒さんに「中国語」で「一日の暮らし」に
      ついてインタヴューしている中国人の中国から来た女子大生。
      彼女は非常に熱心で、質問事項も中国語で書いていたし
      坊さんの方も「中国語が少しできる」
      たいしたもんだと見ていたら
      質問事項に「朝起きたら何を飲むか?」という質問があった。
      彼女は「コーヒーか?」
      坊さん「ウーロン茶」(笑)

      この坊さん学校だが、夕方には、夕方のお経の時間がある。
      
       本堂で、先生の唱えるお経の後に全員で唱和する。
      
      さすがに、正座していると「足がしびれる」のか
      後列の右側の二人、足首をストレッチしている。(笑)
  
      お経が終わると、先生は「膝を崩して楽にしなさい」と言う。(多分)
       
     
      
      先生は講和をする。
      「明日は春節のため、托鉢も授業も休みだが、
       羽目をはずすんじゃないよ」
          と言う訳ないか~~~。(笑)

      でも、お坊さんでも、買い食いokだからね。
      アイスクリーム食べながら歩いている坊さんもいる。(笑)

      
      講和中の横には犬が、「あ~~あ、早く終わらないかな~~」と。

     外に出ると
      
      夕陽がまさに沈まんとしている
      

      毎週、日曜日は オールド・タウンの界隈は歩行者天国となる。
      加えて22日の日曜日は春節前の大晦日(?)で
      出店が道いっぱい。

      
      
      
      人が多くても動じない犬
      
      
      
      
            
           
      

      

徘徊老人世界放浪昼寝旅ータイ・少数部族 首長族ー1月19日

2012年01月20日 | タイ
そのカレン族の村から、再び車でチェンマイ方向に戻ります。

  途中、チェンダオ・ケーブという鍾乳洞に寄ります。

      
      
      
      鍾乳洞の中にも「リクライニング・仏陀」さんがいます。

      で、ここでお食事。
      
      
      辛くなくて助かりました!
      外人二人対日本人二人というのは、ツライものがあります。
      「英語の苦手」なワタシとしては「場が持てない」のです。
      
      話しかけられないよう、ただひたすら食べることに集中している
      ふりをします。(笑)

      心のなかでは「食べる時くらい、黙って食べろ!」と念じながら・・・

   食事が終わり、「首長族」の村に行くのですが、
   カナダ人のおっさんの「しつこい」写真撮影と買い物のために
   時間が押せ押せになっています。集合時間に必ず遅れるのです。

   大勢の団体だったら、遅れてた場合、おいてけぼりになる可能性もありますが
   たった4人の団体ですから、遅れた人が誰だかすぐ分かるので
   「置いてゆくわけ」にはゆきません。

   「首長族」の村に到着しました。
      
      村と言うよりは、土産物バザールです。

     そもそも、「首長族」とは「カレン族」の部族のバダウン族で
     女性が逃げないよう首に真鍮を撒いたのが始まりと伝えられています。

     男の「首長」はいない。

     男女、子どもなどの一族が全員「首輪」をして首が長ければ
     「首長族」の称号を与えてもよいのだが・・・・(笑)

     で、今、ワタシは「土産物バザール」と書きましたが
     まったく、その通りで、観光客慣れしていて
     写真を撮らせてくれます。
       
       
       
       子どもも5歳頃から巻き始めます。
       1本の真鍮をコイル状に巻きます。

       コイル状に巻くということは、「取ることができる」と
       いうことですね。

       だから、寝る時、取ることが出来るかもですよね。

       でも、寝る時に首が長くなって支えるものがないと
       大変じゃないかと心配するでしょう?

       でも、心配いりませんよ。

       整形外科医がレントゲンで獲って調べたら、
       首の長さは普通の人と違わないんだって!

       ただ、真鍮の重さで肩に位置が下がっているだけなんだって!(笑)

      そう言えば、アフリカの部族でも首に輪っかをしている部族が
      いますね。ジャンプする部族。

      あれもコイル状に巻いているのかな~~~~。

      このバザールには「首長族」だけじゃなく、
      「耳長族」(なんだか、首長に対抗して付けた名前のようだが)
       
       イヤリングの穴が大きい。
       ついでにですが、このお姉さんの写真はあちこちの
       ブログで見ることができる有名人(笑)

      で、若い人
       
       
      しかし、ここも結局は観光地で
      
      アカ族の人もいれば、(この人は若い!)
      と言っても40歳代くらいかも?(笑)
      
      写真写りは逆光で良く見えないが、
      ミエン族(ヤオ族の)の衣装を着た人もいる。
      シャレではない、偶然逆光だったので、あまりミエン!(笑)

      結局はここも「観光地」で、各部族の「衣装」を着ている感じだ。

      観光客が帰った後は、「ああ~~、今日も一日終わった」と
      いう感じで
      
      この家というか住宅に帰るのかも知れない。
      徘徊老人はバザール風の店から、丘の上にある住宅を発見し
      そこに行った。
      道路も舗装されていた。(笑)

      ここには大勢の観光客が訪れる。

      ロシア語の話すグループは「バザールか?だったら見る必要はない」と
      言ってバザールには入らず「首長族」も見ずに帰ったし、

      アラビア語を話す男女の若者の一団(20人くらい)は缶ビールを
      飲みながら、煙草を吸いながら「ツーショット」を撮り
      撮影代として100バーツを渡したりしていた。

      まったく、観光地の見世物だ。

   丁度、ワタシは「秘境探検」のノンフィクション『空白の五マイル』を
   読んでいる最中だったため、落胆はひどかった。

   でも、ライトバンに乗って「秘境探検」はないよね、と反省。

   
             

       
       

徘徊老人世界放浪昼寝旅ータイ・少数部族の村へー1月19日

2012年01月20日 | タイ
チェンマイまで来ると、この街からの観光ツアーが盛り沢山だ。

 トレッキング・ツアーあり、少数部族の村巡りツアーあり、
 ゴールデントライアングル・ツアーありだ。

 30年くらい前までは、チェンマイ以北は「秘境」でケシの花栽培で
 麻薬を作る場所だったのだ。

 今ではすっかりインフラが整い、国境までチェンマイから車で2時間くらいで
 行くことができる。

 ワタシは「One day Hill traibe Villages Tour」に申し込んだ。

 これは、チェンマイからチェンライまで北上し、
 カレン族の少数部族の村と「首長族」の村をめぐるツアーだ。

   当日のメンバーは カナダ人のおっさん   1名
            オーストラリア人の女性 1名
            日本人の妙齢をずーっと過ぎた女性 1名
            日本人の徘徊老人(ワタシ)    1名だ。

   車はチェンマイから3時間ほど北上し、カレン族の村に到着した。
      
      
      
       山に囲まれた静かな雰囲気の村だ。
       高床式の建物だ。
       庭では
       
       子豚がトウモロコシを食べていて
       
       アヒルのお母さんは予期せぬではない、またか~~~、
       変なのが来たよと警戒する。

      
      
      
      お湯は「かまど」で沸かしていた。

     ガイドは「電気が来ていない」と言っていた。

     だが、ワタシは村のあちこち徘徊し、見てしまった!(笑)
     家を建設中の作業小屋では材木を電動ノコで切断していたし、
     電信柱も、電線もあったし、
     「パラボラアンテナ」もあった!(笑)

     だから、木でお湯を沸かしているのは「観光用」かも・・・。

     カレン族については、日本の新聞でもつい最近ニュースで
     報道されたと思う。

     カレン民族同盟とミャンマー政府は「停戦に合意」したのが
     今年の1月12日のことだ。

     で、カレン族ってなんだ?というと
     タイ北部・西部からミャンマー東部・南部にかけて居住する民族の
     ことだそうです。
     ミャンマーに350万人、タイに40万人いるそうで
     特にミャンマーの軍事政府は民族浄化と開発の名目でカレン族を弾圧し
     それに抵抗してカレン民族同盟や民族解放軍が
     抵抗を続けていたのです。

      いつものことですが、詳しいことは自分で調べてくださいね。

     そこで、訪れたこの村ですが、

     女性はまったく観光客用なのです。(笑)

     私たちが行くと 群がって来ます。
        
       土産物の販売が終わると、バイクに乗って家に戻ります。(笑)

       特に、今回のツアーのグル―プでは外人さんだけが
       「お土産」を買い、日本人の二人は何も買いません。

      この人たちは「比較的若く」(笑)、家事でもあるのでしょう、

      商売にならないから、サーッとバイクで引き上げてゆきます。(笑)

      そのバイクに乗って行く距離の短いこと短いこと!

     「歩いてゆけよ!」と言う距離!(笑)

      ここの集落には「アカ族」の人もいます。
        
        雲南省のシーサパンナから流れて来た人たちです。
        カナダ人のおっさんは「お土産」を買い、
        このように「囲まれる」のが好きらしく、
        ガイドにカメラを持たせて、その姿を写真に撮らせます。
        
        
        「アカ族」の婆さん(みんな婆さんデス)を並ばせて
        写真を撮ったりします。
        並ばせた時、ワタシが後ろに居たら
        「邪魔だ」と言われました!(苦笑)

        そして「写真撮影費」を婆さんたちに払います。
        
        ワタシはそれに便乗して、写真を撮ります。
        「撮影代」を要求されたら、
        「あのおっさんが払ったでしょ」と答えるのでした。(笑)

       でも、タダで撮る方法というのはあるのです。
        
        そうです。子どもを撮るのです。
        撮った映像を子どもに見せると、子どもも家族も喜びます。
        
        
        お婆ちゃんは「どうぞ、どうぞ」と言って写真を撮らせてくれました。

        
        家にキリストの絵のカレンダーがありました。
        近くに
        
        教会もありましたし、サッカー用のグラウンドもありました。

        子ども達は学校ですし、男たちは働きにでているのでしょう。
        あるいは「畑仕事」です。

        畑にはスプリンクラーで散水が行われていました。

        と言う訳で、村に残っているのは「婆さん」だけで
        これは「婆さんの副業」ということなのでしょう。