徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成29年5月30日、火曜日、晴れ)

2017年05月31日 | 日記
   昨日(29日)の朝は薄雲が海上を覆っており、日の出前の空はきれいだった。
       
       
       日の出前の陽光が雲を照らし、なんとも表現できない美しさだ。
       
       逆に、太陽は雲にさえぎられて「ぼんやり」と昇って来た。

  今日(30日)は朝4時にマンションを出て、釣りに行った。
  今シーズン第1回目の釣だ。
  岸壁には海上自衛隊の掃海艇「ちちじま」が碇泊していたが、小さい船なので
  釣をするには邪魔にはならなかった。

  熱海湾には大量の小サバが回遊していて、コマセを撒くと群がるように餌を漁る。
  そのため狙いの魚まで届かないので、取りあえず、今夜の「おかず」にと
  竿を代えて「小サバ釣り」にした。
        
        マキエをしなくてもサビキ用の針にくらいついてきて
        「あっ」という間に20匹ほど吊ったので

     また竿を代えてメジナ狙いの切り代えたが・・・釣れなかった。
     代りに30センチくらいのアイゴが針に喰らいついてきた。
     タモ網を持っていないので、糸を緩めたり強めたりして
     アイゴと格闘しアイゴが弱るのを待って、
     えい、や~~っと引き上げたら糸が切れてしまった。
     近くの「釣り人」から「タモがなきゃ~ダメだよ」と言われてしまった。
     タモ網を使うほどの「大物狙い」じゃないから、タモ網は持っていない。
     そろそろタモ網を買おうかな~~~。
     でも、タモ網を買うと「大物」など釣れなくて無駄使いになっちゃうしな~~。
     まあ、引きの強いアイゴで遊んだので充分楽しんだからいいか~~~。

    リゾートマンションか別荘に遊びに来ていたのだろうか、高齢4人組は
    レンタル竿で釣糸を垂れるやいなや小サバが喰らい付いて来て、
     「なんだ、なんだ、入れ食いだ~~~」と大はしゃぎ。
    釣れ過ぎて、「どうする?どうする?」状態になっていた。
    4人で100匹以上釣ってどうすんの???!!!!(笑)
    奥さまらしき人が朝食の「おにぎり」を持って来て
    4人組がおにぎりを食べる間に、その奥さまが釣り糸を垂れると
    また小サバが引っかかってきて、
    「まあ、初めて釣りしてこんなに釣れるなんてね~~~」とはしゃいでいた。
    このグループはおにぎりを食べて午前中一杯は釣りをしようと思っていたのだろうが
    釣れ過ぎたので、おにぎりを食べ終わると撤収して行った。

    なかなか賢明な判断だ。(笑)

    ワタシもメジナ狙いの針に小サバが喰いついてくるので、
    釣ってはリリースして、カンパチの子供だけは一匹だけ釣って
    午前10時になったので、撤収。

    小サバの処理をして
         
         小サバの梅煮と唐揚げを作った。
         地産地消!(笑)
         小サバの梅煮は明日も食べる分があるのだ!
         消費出来ない分は「釣ってはいけない!」(笑)

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成29年5月28日、日曜日、晴れ)

2017年05月29日 | 日記
     テレビで相撲の千秋楽を観ていたら最前列で派手なアクションをする
     女性二人が気になった。
          
          画面左隅の白とピンクの女性二人だ。
          
          おそらく、「わ~~~っ!」「ぎゃ~~~~っ!」と叫んでいるのか?
          はっきり言ってオーバーアクションなので目障り(笑)
          後ろの黄色のTシャツの青年も、一番目の写真では黒いジャケットを
          着ていたのだが、興奮して脱いで拳を振りまわして応援している。
          
          白のお姉さんは念仏まであげている。(笑)
          
          ピンクのお姉さんは口が大きく手も大きいので目立つ目立つ!(笑)
          「グー」にしたり「パー」にしたり、手を叩いたり、
          挙句は膝立ちしていた。
          この白、ピンク、黄色の観客以外の砂被りの席の客はみなさん
          冷静な客で、相撲通のような雰囲気だ。
          なにしろ、相撲の雰囲気にぴったり合っている。
          この3人はいかにも「場違い」な感じなんだよな~~~。(笑)

  そうそう、先日は
          
          こんな芸能人も観戦に来ていたな~~~~。

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成29年5月27日、土曜日、晴れ)

2017年05月28日 | 日記
  昨日(26日)、雨のなか、古い友人がやってきた。
  宿泊費として缶ビールロング缶6本のほかに
        
        東京から来た友人は一升瓶とチーズのつまみを
        京都から来た友人はシャブリの白ワインと
        
        なすの「はんなり漬」を
        
        ありがたいことだ。

     さっそく風呂に入ってもらい、
        
     熱海地ビールで乾杯し、「渾身のおもてなし」
        料理を作るのに忙しくて、写真を撮る暇がなかった。(笑)
        この夜は季節がら「竹づくし」の料理にした。
        竹の器に若竹煮に「庭」採りのフキの煮たのを添えたり、
        カレー風味焼き鳥の「串」も自作の串。(笑)
        アボガドのサラダには自家栽培のルッコラ、パセリなども入れた。
        ただ、熱海名物「金目鯛の煮付け」は
        ゴボウを入れ過ぎ真っ黒になって失敗!
        まあ、こんなこともあるさ。(笑)
        「締め」は「タケノコご飯」

        日本酒は静岡の地酒 「富士山」

  お互い、老人なので飲み過ぎないようにして10時には就寝。

  そして今朝4時半に日の出を見てもらうために東京から来たAヤンを起こして
  露天風呂から日の出を鑑賞してもらった。
  なにしろ、Aヤンの名前は「今朝雄」というくらいだから、
  なんとしても起こして今朝の朝日を見てもらいたいのだ。(笑)
  そのあと、ワタシの朝の徘徊コースを散策し
       
       (iphoneで写真を撮りまくるAヤン)
   帰宅して、また風呂に入りに行き
       
       のんびりと朝食。
   客人二人はまた風呂に行き(笑)
   下界に降りて、定番の「市内観光案内」をして、昼近くに熱海駅に到着した。
   二人はお土産などを買い、昼飯は観光客で混んだりはしない
   「古い」「食堂」のような所に入った。
   下界は陽射しが強く、暑かったし、ずいぶん歩いたので
       
       サッポロビールの地域限定ビールでキュ~~~~と一杯!
       
       肉厚でふっくらしたアジフライ!
       
       アジフライとイカメンチ。
       Aヤンの話だとイカメンチも美味しかったそうだ。
       どちらも「定食」が1000円だった。
       観光客でにぎわう店より安いと思ったね。
    「うまいね~~~!」とオカミさんに言うと
    「うち、いつからやってると思ってんのよ!昭和2年よ!」
  店の中のメニューの書いてあるホワイトボードに手書きで
  「昭和2年創業」と書いてあった。
  なるほど!(笑)
  ホワイトボードで手書きってところがいいね!
  そのうち「創業明治2年」になったりしてね。

  熱海駅で二人を見送って、歩きで戻っている途中に携帯の電話が鳴った。
  なんだと思って出てみると
  Aヤンから「ハンガーに掛けた服を部屋に忘れた」と。
  年寄り同士で、忘れ物のないように何度も念を押しても
  結局、忘れ物をする。
  年寄りって、こうなんだ。(笑)
  ワタシの方も、スマホでの電話の切り方が分からず、通話中のままになっていて
  焦ってしまった。(泣き)
  なにしろ電話は課金されるからだ。
  ヤレヤレ。

  ワタシの今日歩いた歩数は1万5千歩!

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成29年5月24日、水曜日、晴れ)

2017年05月25日 | 日記
   今日は朝の徘徊時にナイフ、シャベル、枝切りハサミを持って出かけた。
   ひとつには金曜日の二名の予約客のためにタケノコを食べさせようと
   タケノコを採ること。
   もうひとつは毎年やっているのだが、
   路側帯まで伸びて来た雑草を刈り取ることのためだ。
   タケノコはもう季節がとっくに過ぎているのだが、
   なんにでも「遅咲き」とか「出遅れ」とかあるもんで
   一本出遅れのタケノコを見付けて無事ゲットした。
   帰りは雑草を刈りながらマンションに戻ったが、腕と腰が痛くなった。
   もう今日はこれだけで一日の予定は終了したようなもんだ。
   朝風呂に入りに行く頃には眠くなった。
   もう一日の終わりのような気分だ。

    朝飯を食べながらテレビでワイドショーを観ていたら「発達障害」について
  実例を交えて論じていた。
  「道に迷う」「空気を読めない」「計算が苦手」「忘れっぽい」「注意欠如」が
  発達障害だという。
  これらにワタシは全部当てはまる!
  ゲストとして出演していた発達障害がある男性タレントは、
  初めて行かなければならない場所に行く時に
  スマホで地図を見ながら行っても道に迷うのだそうだ。
  これなど、ワタシは100%おんなじだ。
  ワタシはスマホの地図の自分の動きを示す青色の懐中電灯のような光が
  進行方向ではなく、噴射して進んでいるマークだと思っていたのだ。
  だから逆方向に進んで行くのだから目的地から遠く遠くなってしまっていた。
  それに気付いた今でもスマホで地図を頼りにしても道に迷う。
  まあ、発達障害というよりは、老化現象かもしれないけどね。

  今日は午前中から空が騒がしかった。
      
      10時頃ヘリコプターが飛来して何度もん何度も熱海上空を旋回する。
      
      どこのヘリかと拡大したら静岡第一テレビのヘリだった。
      どうやら静岡第一テレビの情報番組で熱海を取りあげていたらしい。

   午後には
       
       米軍の輸送機が
       
       二機飛来し
       
       海には海上自衛隊の掃海艇が訓練航行しているようだ。
   夜になっても航空機の爆音が聞こえたが機体は確認できない。
   戦闘機なんだろうな~~~。

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成29年5月23日、火曜日、晴れ)

2017年05月24日 | 日記
   朝、徘徊からもどって「庭」の草花に水をやろうとしたところ
         
         モグラが死んでいた。
         モグラって死ぬ時は穴から出て死ぬのかな~~~?
         
         生をあきらめ死をあきらむるは仏家一大事の因縁なり、
         生死の中に仏あれば生死なし、ただ生死すなわち涅槃を心得て、
         生死として厭うべきもなく、涅槃としてねごうべきもなし・・・と

         露命いかなる道の草にか落ちん、
         身すでにワタクシにあらず、命は光陰に移されて
         しばらくもとどめがたし・・・

         とねんごろに弔らわずに、お経にある通り、
         道の草に落ちたモグラを竹ばさみでつまんで
         「柵」の外の谷底に投げ捨てた。

         もうカラスが木の枝から獲物を狙っていた。

   午後は「熱海市民大学」の「日本の100年」というテーマの講座を受講しに行った。
   初回の今日のテーマは「市民」「民衆」「大衆」など戦時下、戦後の
   認識の移り変わりを哲学的に論じるものだった。
   講師はどっかの大学の特任教授の安田さんという人で参考テキストなどを
   コピーしてくれて、やる気満々の先生だった。
   受講者も全員が老人だが、こちらも学ぶ気満々の爺さん婆さんばかりで
   ワタシだけコックリコックリ。
   眠気覚ましにペパーミントの飴をなめたが辛かったな~~~~。

   午後3時過ぎ、やっと授業から解放されたので、息抜きに海岸に行き
   ジャカランダの花の開花状況を確認に行ったが、
   ♪♪ 花は、花は、ま~~だだ~~~った~~~♪♪