徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人のひとりごと クアラルンプル非日乗(平成30年3月5日、月曜日、晴れのち雷雨、最低気温24度)

2018年03月07日 | マレーシア
     今日、ホテルをチェックアウトして深夜便で日本に戻るのだが
     それまでどう過ごそうかと色々考えながら
        
        朝食を取った。
     ホテルに11時半頃まで居て、チェックアウトして荷物を預けて
     インド映画(タミル映画)かマレーシア映画でも観て、それから空港へ
     向かおうかと考えていたのだが、ネットで調べていたら
     空港に近いプトラジャヤという街にピンク・モスクといわれるきれいな
     モスクがあるということなので、行って観ることにした。

    不要な下着などを「断捨離」してバッグひとつに入れて10時半にチェックアウト。
    セントラルから空港行きのエキスプレスで空港に行き、
    荷物一時預けに荷物を預けて、
        
        KLトランジットという電車で空港とセントラル間を数駅停車する電車だ。
        
        空港からプトラジャヤまでは9リンギット40(282円)
        乗る時も降りる時もドアの開閉ボタンを押す誰かが押さないとドアが開かない。
        空港から乗る時に目の前のドアが開かないので焦って開いた隣のドアから
        乗った。(笑)
        15分ほどで
         
         プトラジャヤ駅に到着。降車客はあまり多くないが航空会社の
         CAが多い。空港から近い新しい街なので便利なんだろうな~~。   
         ここを開発して首相官邸や官庁を建てたいわば霞が関のような
         マレーシアの誇る近代都市だと言われている。
         近くにはサイバー研究開発をする研究機関などがあり
         マレーシアの近未来を象徴する街のようだ。
         こういうところはあまり行きたくないのだが、ピンク・モスクには
         行って観ようと思って時間つぶしにやってきた。
       「情報」をあまり持っていないのだが、駅前からバスでピンク・モスクまで
       運転手さんが日本語で1リンギット50(45円)。
         
         市バスの中は乗客が6・7名。
         途中、2名の乗客が降りたので、ワタシもついられて下車してしまった。
         運転手さんがマレーシア語でなんたらかんたら言ったが分からないので
         降りてしまった。
         下車した場所は
         
         財務省の建物の前。
         2キロくらい向こうに
         
         首相官邸。
         首相官邸まで一直線の道だ。
         外国首脳との首脳会談などはこの一直線の道をパトカー先導で
         首相官邸まで向かうのだろうな~~~。
         あたしゃ~~政府要人でもない、普通の日本の一市民のジジイだが
         歩いて向かおう。
         財務省の反対側は
         
         
         なんだか知らない建物。(笑)
         緑が多いのだが、歩道には陽射しを遮るのは街路樹しかないし
         首相官邸までの中央の道には木陰ひとつない。
         日に焼けるよ~~~。
         そして、歩いている人は皆無!
         
          首相官邸とピンク・モスクが見えて来ました。
              
         
            Masjid Putra とかいうのが正式名称のようだ。
         丁度、お祈りの時間には、異教徒は中に入ることができないので
       マスジッドの周りを徘徊した。
       下は貯水池になっており、遊覧船も運航されているようで
       人造湖から見るマスジットもきれいだとのことだが、
       ワタシが行った時には遊覧船は運行されていなかった。
       乗ったら暑いだろうな~~~。
   
         
          
          マスジッドに隣接するフォードコートで
     
       午後2時になったので、再びマスジッドに行く。
          
          異教徒の女性はガウンのようなものを借りて入らなければならない。
          
          マスジッド内に入ることができるが、お祈りする場所にはきめられた
          場所までしか入ることができない。
          
          ドームの内天井がきれいだと言われる。
          なるほど。
                
       このマスジッドにはクアラルンプルから観光ツアーバスが沢山やってくる。
       でも、マスジッドの外廊下までは観光客はめったに来ない。
       日陰になっている部分は涼しい。
          
          昼寝に最適だ。
          ワタシも横になって30分ほど昼寝した。
          
          首相官邸の上空にはモクモクと積乱雲が現れて、
          そろそろ今日も雷雨があるかな~~~~。
       マスジッドの外に出て、どうやって駅まで戻ろうかな~~と考えながら
       タクシーででも戻ろうかと運転手に声をかけると、
       「予約車なんだよ」との声。
       目の前のバスは観光ツアーのバスだしとロータリーを見まわすと
       「市バス」が停車していた。
       な~~んだ、バスは駅からここまで来るんだ~~~~。
       来る時、途中で下車したワタシはバカだった。(笑)
       でも、歩いた人なんかそうそういるはずがないのでそれを誇ろう!(笑)

     バスに乗ってしばらくすると雨が降り出した。
     ラッキーだ~~~!
          
          土砂降りだ。
          
          マレーシア航空のCAさんやマリンダ航空のCAさん、
          エアー・アジアのCAさんが電車を待っている。
         
         KLトランジット電車がやっていきた。
         この電車の外装は汚かった。
         いつでもどの列車でも豹が描かれているとは限らない。(笑)

      なお、プトラジャヤの駅には荷物を入れるロッカー設備もある。
      多分、空港に向かう途中でピンク・モスクを観て空港に向かう観光客を
      想定して設置されたんだろうな~~~。
   
         
            

徘徊老人のひとりごと クアラルンプル非日乗(平成30年3月4日、日曜日、晴れ、最高気温32度)

2018年03月05日 | マレーシア
  今朝も朝4時に目が覚めたので、ベッドの中でYoutubeで「朝まで生テレビ」の
  激論集を観た。
  まだ田原総一郎が仕切ってんだね~~~~。(笑)
  6時からブログを書き始め
  9時前に朝飯を食べるために食堂へ。
       
       今朝はたっぷり果物を食べた。

       
       午前中は昨日から描いている絵の続き。
      
    今日は日曜日なので街は混雑していると思って午後1時過ぎに昼飯を食べに
    目の前のショッピング・モールへ出かけた。
    このショッピング・モールはほぼ全館パソコンやスマホやカメラ関連の店だ。
    その地下が食堂街になっていて
          
          なんちゃって「日本食」の「一番拉麺」で
       
       叉焼麺とアイスコーヒー。
       豚骨ダシでまあまあの味だった。
    昼寝後に
       
        絵に色をつけて完成。
        テレビの格付け番組の「プレバト」風に言うならば
        「才能なし!」だろうが、それでいいのだ~~~!(笑)

    昨日、一生懸命歩いたので尻が筋肉痛なので、マッサージを受けようかと
    近くの「マジメ」なマッサージ店をチェックした。
    2軒ほど見つかったのだが、スマホでチェックすると
    どちらも 「痛い!」とコメントしてあった。
    痛いのはな~~~~~~。と結局、マッサージはパスした。

    明日の夜にマレーシアを出国するので、明日の夜は空港のラウンジで夕飯なのだが
    街生(まちなか)ではマレーシア最後の晩餐なのでアロー通りに行った。
       
        なにを食べようか迷ったが
       
       バター・フライド・シュリンプ。
       上に乗っかっているのがバターのようでもありチーズのようでもある。
       カロリー高け~~~~~。
       この下に揚げた海老が5匹くらいいた。
       ビールのつまみにチーズだかバターだかが丁度いい。
       
       もう一品は魚を蒸したもの(清蒸魚)。
       唐揚げとか唐辛子をまぶした焼き魚を進められたが、辛いもの苦手だし、
       焼き魚は焼くのに時間が掛るし、よく焼けてないこともあるしで
       15分で蒸し上がる清蒸魚にしたのだ。
       
       カールスバーグ大瓶2本飲んで、合計105リンギット(3250円)
       まっ、いいんじゃないの~~~。
   と、夜風に当たりながら
       
        フェデラル・ホテルの広場で行われているショーを見たり
       
       路上の絵描きさんの絵を見たりして、ホテルに戻ったのでした。
       
       もう、今夜やYoutubeで、今日の日本のテレビ番組の放送をチェックしたり
       しないで寝ることにした。
       今日は熱海や小田原は最高気温が18度くらいあったようだ。
       このまま、暖かくなってほしいものだが、天気は明日から崩れるようだ。
       やだな~~~~。
 

徘徊老人のひとりごと クアラルンプル非日乗(平成30年3月3日、土曜日、晴れ時々雷雨、最高気温31度)

2018年03月04日 | マレーシア
       ホテルの部屋(寝室)には入口のドアの照明の他には
          
          シェード・ランプだけだ。
          ベッドの脇にスイッチが二つ並んで付いてあるが、どれを押しても
          電気が消えたり点いたりするわけではない。
          ひどいと言えばひどい部屋だ。
          ランプのスイッチはそれぞれに付いているのだ。
          洗面所にはチューブ(蛍光灯)もついてあり、
          この部屋で一番明るいのが洗面所だ。(笑)
          これで一泊6千円もするのだから、今回の「避寒」では
          最悪なホテルの選択だった。
          加えて言うならば、ハウスキーピングも来ない。
          部屋の外の廊下で話し声はするが部屋を掃除に来る気配がないので
          「ゴミ」を出し、ミネラルウォーターのボトルを2本貰った。
          どうやら、チェックアウトする部屋だけを掃除しているようだ。
          まっ、ワタシの部屋にはベッドが2つあるので、
          明日は別のベッドで寝よう!
          貧乏性なのでツインベッドの部屋でも、同じベッドで寝てしまう。

     朝食は期待しなかったが
          
          ホリディーイン・エクスプレスよりは、少しましかな~~~。
          この後、スイカとパパイアを食べた。

    午前10時から歩き始め、クアラルンプルの「日本人墓地」に行くことにした。
    セントラルに行くモノレールの線路の下の道を歩いて行くと
    森のような公園のような、実は墓地(中国人)の一画に出会う。
    ここの一画に日本人墓地がある。
          
          ここでは、係の人が芝刈り機で雑草を取っていた。
          
           日本人墓地としては明治時代にこの場所を使用しはじめたようだ。
           と言う事は、第二次世界大戦以前からある墓地なので
           錫や天然ゴムの採掘栽培などからの時代なので、カラユキさんも
           この中に眠っているのだろう。
           
           分かりやすく、「日本人墓地」と書かれて、柵があって
           管理人住宅が1棟あったて、犬が3匹いて、
           門には鍵が掛っていた。
           門の前に立つと犬が激しく吠えた。
           犬の声に管理人さんが出て来るかと思ったが出てこないので
           チャイムを何度も鳴らしたが、チャイムが壊れているのか
           管理人さんが不在なのか出て来なかった。
           日本人墓地は塀で囲まれているので、中が見える場所を探して
           隣接するチューリッヒ保険の脇道から
           
           墓地を見ることができた。
           手を合わせて、足元はゴミが散乱していたので、早々に退散することにした。

     来た道を戻って、途中から国道1号線をムルデカ・スタジアム方面に向かった。
            
            こんな中国寺院もあった。
            
             パグのような狛犬にどっかで買った「目」を貼り付けて
             おもしろい顔をしている。
             でも、もう一匹は片目の「目のシール」が落ちてみじめ。(笑)
         少し歩くと
                
                陳氏書院・佛院という立派な建物があった。
             
             なんでも1896年に建てられたものらしく、
             記帳ノートがあったので「日本国なんのだれそれ」と氏名を
             記入し「元宵節快楽!」と記帳した。
      で、どんどん歩いて行ったらセントラルマーケットにたどり着いた。
      セントラルマーケットに行く理由の「トイレ」に行くためなのだ。
      ホテルを10時にでて昼まで1回もトイレに行っていないので
      マーケットの有料トイレで用を足し、
            
            スリマハマリアマン寺院に立ち寄った。
         
         12時10分から「お祈り」が始まるので、楽器演奏者が
         
         太鼓と笛と鐘を打ちならすなか
         
         
         「プージャー」(お祈り)が始まる。
         ここでひと休みして、こんどは別の道を歩いてホテルまで戻る。
       途中、雷雨となり、雨宿りし、昼飯でも食べようと思ったが
       食べたい昼飯に出会わないのでで、雨が止んだので、
       また歩きだして、ブキ・ビンタンまで戻った。
       フェデラル・ホテル1階の和食屋「海宝丸」のランチサービスが
          
          これで50リンギット(1500円)なので、これと缶ビールを飲んで
          ホテルに戻った。
          なんと、歩いた歩数は1万3千歩を越えていた。

     遅い昼寝後、少しスケッチして、夜になったので、今日は軽く食べようと
     目の前の新しくできた
       
        ショッピング・モールに行ったら、なんちゃって日本食ラーメン屋があった。
        でも酒がないので、ショッピング・モールから出て向かいの中華屋で
          
          福建麺と
          
           茄子のガーリック炒め
          
          ニンニクがこんなに沢山入っていた!
          ビールはハイネンケンの大瓶を2本。
          合計で1870円。
          そう言えば、去年の記憶がよみがえってきた。
          去年もここで食べたかもしれない。
          向かい側のショッピング・モールは建設工事中だったので
          ざわざわした雰囲気だったな~~~~。
            
         
           
          

徘徊老人のひとりごと クアラルンプル非日乗(平成30年3月2日、金曜日、晴れのち曇り、最低気温28度)

2018年03月03日 | マレーシア
       
       今朝の朝飯もたいした組み合わせではない。
       ハムとスクランブルエッグをパンにはさんでサンドイッチのようにして食べる。

    今日はホテルを移動の日だ。
    ここのホテルは朝飯以外は静かでいいホテルだった。
    メールをチェックしたら、マレーシア航空から
     「あなたの座席は2Aから6A」に変更になりましたとの座席変更案内が来ていた。
    なんでやネン!(ワタシは関西人ではないが。笑)
    自分で決めた座席が航空会社の方から変更してくるとは?
    機材が変更になったとか、国会議員さんや他のお偉いさんが
    どうしても2Aに座りたいとゴネタから、座席を変更したのか?
    今度、乗る時に2Aに座った人を観察してみよう!

    11時半にホテルをチェックアウトして、今日から3泊するホテルに歩いて
    移動した。
    昨年、宿泊したフェデラル・ホテルの近所の古いホテルでホテル・キャピトールと
    いう名前のホテルだ。
    「古いホテルで取りえは部屋が広いことだ」という「口コミ」で選んだホテルだが
    本当にその通りで、エレベーターの上下する音が飛行機の離着陸の音のように
    部屋まで響く。
    初めは雷の音かと思ったが、エレベーターの音だった。
    Wi-Fiも接続状況があまり良くなくて、パソコンでWi-Fiを使おうとすると
    繋がらない。
    スマホでも途中で切断してしまう。
    昨今、マレーシアのWi-Fi接続状況は地方都市のホテルでも各段に改善されている
    のに、ここはどういうこと?と首をひねりたくなる。
    だからブログのアップも帰国するまであきらめかけていたが、
    フェデラル・ホテルのパブリックのWi-Fiに繋がることが分かった。
    ホテルが近いため電波がこのホテルでもキャッチできることが分かった!  

    少し遅い午後に
         
         香港式食堂に行って
         
         揚州炒飯と
         
         「ドンカフェ」(アイスコーヒー)
     部屋に戻って午後寝をして、今夜は飯抜きにしようかな~~~と思っていると
     午後8時頃に花火の打ち上げの音があちこちから聞こえてきた。
    音のする、夜の食堂街でにぎわう「アロー通り」に行ってみた。
         
         龍の踊り(?)
         
         や
         
         獅子舞が舞われ
      なんだか今日はイベントのようだ。
      看板に「元宵」と書いてあった。
         
         観光客も道に溢れ
         
         花火も打ち上げられ
         
         この花火なんか「昇り竜」のような花火だ。
         
         みなさん、花火の写真を撮ったり。
         
         ワタシは安い料理を探し、
         「アサリのスープ」
         アサリのダシがでて味噌汁のようかな~~と思って注文した。
         ら、ら、生姜味だった。
         
         土鍋で煮た豆腐を注文して、その中にご飯を入れた。
         昔、香港や中国の食堂で食べる時によくやっていたワタシの食べ方。
         これにカールスバーグの瓶ビールを1本で
         合計で63リンギット(1890円)
         今夜はビール1本しか飲まなかった。(エライ!)

            

徘徊老人のひとりごと クアラルンプル非日乗(平成30年3月1日、木曜日、曇り時々雷雨、最低気温24度)

2018年03月02日 | マレーシア
      今日から3月だ。
           
           今朝は、ちゃんとセーターを着て食堂に行った。

   空模様が怪しいので外出は避けて、部屋に「引きこもり」を考えたが
   近くのクアラルンプル・タワーに昇って見ようと出かけた。
   万歩計で1300歩を少し超えるくらいの距離だ。
   熱海のワタシのマンションから星野リゾナーレまでの距離に等しい。
   つまり、そんなに遠くはない。
   入場料を見て驚いた。
   一番上の展望台まで大人は130リンギット(3900円)もする!
   今のワタシの所持金は100リンギット紙幣1枚。
   これじゃ~~入場できないし、「いいか~~~」と思っていたら
   案内の若い女性が、「シニア割引もありますよ」と言う。
   「シニアであることを証明するものを持ってないんだけど」と言って
   帽子を取って、頭を見せて、「これで証明してもらえるの?」
   「大丈夫、私がチケット売り場に声をかけますから」と言って
   チケットカウンターで「シニア1枚」と言ってくれた。
   シニア割引でも94リンギット(2780円)だ。
   高いな~~~~~。
   エレベーターで一気に最上階の展望台に。
          
          現在、マレーシアで一番高いペトロナス・ツインタワーもこちらより
          低く見える。それもそのはず、こちらのタワーは小高い丘の上に立っている
          から、こちら方が高いのだ。
          
          ガラス張りのデッキもあって、そこから地上を見ることもできる。
          
          その下の展望デッキに降りてみると団体観光客で一杯で
          エレベーター待ちの長い列。
          「業を煮やして階段で降りたいのだけれど」
          「ダメです。列に並んでエレベーターで降りてください」と言われた。
           老人は待つことが嫌いなのだよ。
           やっと地上に降りた。
          チケットは、地上にある「ミニ動物園」やら「ミニ水族館」などの
          入場料込のようなのだが、
          ワタシはもういいやとホテルの部屋に戻った。
    昼飯は
          
          カップ麺とバナナ1本。
          部屋掃除の係が今日もやってきたので、「今日はいいよ」と言って
          ミネラル・ウォーターのボトル3本とバスタオル1枚だけ貰った。

     昼寝をしていると激しい雷鳴がして目が覚めた。
     雨が降り出した。
     外に出かけないのは正解だった。
     「ポッドキャスト」で日本のラジオ番組を聴きながら読書をして
     やっと、難しい本を読み終えた。

     雨が止んだら、今夜は外で食事をしようと雨待ち状態。
     午後、6時過ぎに雨が止んだので、ホテルの近所を徘徊し、毎日のノルマの
     5千歩を越えるよう歩き回った。
     ワタシの部屋から見える高層マンションは「クアラルンプル・レジデンス」と
     言う名前で1階には鮨屋や洋食屋などがあった。
     鮨屋など300リンギット(9000円)もする。
     やはり、お金持ちしか行けない店だような~~~と徘徊していたら
     ホリディーイン・エクスプレスのホテル内の裏側にも和食レストランがあった。
     CoCo・Tei(ここ亭)と書いてあった。
     まだ夜の開店前なので値段など分からなかったが、入らないことにした。
     ブキ・ビンタンのショッピング・モールのパビリオンの東京ストリートに行き
     各店の品定めをして
          
          「一膳」という店に入った。
          
          「すき焼き刺身定食」が
          
          茶碗蒸しもついて50リンギット(1500円)だ!
          高級感よりも価格に敏感に反応するジジイのワタシはこれに決めたのだ。
          刺身なんて空輸されたものでなくてもいい!
          刺身のような形をしていればいいのだ~~~。
          中国の奥地、カシュガルでも刺身を食べたワタシだ!(笑)
          ビールはタイガーでいい!と2缶飲んだ。
          
          で、締めで安い日本酒を注文したのだが、「品切れ」ですと言われて
          「一の蔵」100リンギット(3000円)。
          この「品切れです」のセリフに、ジジイのワタシは心の中で
          切れるのです。
          オメエラ~~!毎日毎日在庫チェックしてんだろっ!
          品切れになったら補充しておくのが当たり前だろうが~~!
          一番安い日本酒には「ノット・アベイラブル」という貼り紙がして
          あるじゃないか!
          なんで、同じように「品切れ」なら「品切れ」って貼り紙をしないんだよ!
          と心の中でブチ切れながら
          もしかして、高い日本酒を飲ませよとして「品切れ」と言ったんじゃ
          ないかとゲスの勘ぐりをしながら日本酒を飲みほしたのでした。
          会計は合計で189.2リンギット(5676円)。
          昨日も部屋飲みで節約したし、昼飯はカップ麺だったし、
          まあいいか~~~~。
          店から5リンギット(150円)のバウチャーを2枚貰ったら
          「また来てやろうかな~~~」と気持ちが大きくなるジジイであった。
          
          雨上がりのクアラルンプルの街は涼しくて、
          ペトロナス・ツイン・タワーもきれいに輝いていました。
          夜はまだまだこれからなのですが、
          早寝早起きのジジイは9時には寝たのでした。