徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

吉野家の牛丼を食べたー1 (9月30日)

2010年09月30日 | 日記
日本に戻ったとき、TVで吉野家の牛丼 280円とかの宣伝をしていた。
負けじと他の牛丼屋も同じ値段で対抗していた。
ものは試しと東京は神田の「牛丼屋」に何十年ぶりかで入った。
さすがに280円の牛丼ではなく「生卵つき」のを頼んだ。
でも「生卵」が出てきたが、どうやって食べたらよいのか分からなかった。
カウンターの中のバイトのお姉さんに「これどうやるんですか?」と訊いた。
お姉さんは明快に
       「割るんです」と答えた。

   確かに!

だが、私の訊きたかったのは、牛丼の上から掛けるのか、牛肉を
すき焼きのように玉子にまぶして食べるのか?と言う質問だった。

 オジサンは周りの人の食べているのをさりげなく探りながら、
真似をして食べた。最後は「たまご掛けご飯」になった。

 そして、今日、香港で吉野家に行った。
牛丼と味噌汁つきで28ドル(316円)
他の香港人は牛丼とペプシ!

 味?  こんなもんでしょうね。 悪くはありません。

吉野家の牛丼を食べたー2(9月30日)

2010年09月30日 | 日記
で、香港の「鍋文化」を変えたとも言われている「日式火鍋」が
これだ!
そもそも「鍋」は数人で囲むものだが、これは「ひとり鍋」だ。

まるで、団体旅行で大広間で夕飯を食べる時についてくる「鍋」だ。

今や香港では「ひとり鍋」が流行だ。
ただ、吉野家では午後6時からと「鍋の開始」は決まっている。

この「しゃぶしゃぶセット」には日本茶かペプシコーラが付くのだが
香港人は「ペプシ」を選ぶ。

鍋開始時間から満席だ!

ペプシコーラを飲みながら「鍋」をつつく、この香港ピープル!
「おめえら、違うだろっ!」と言いたくなる。
もっとも、香港の吉野家では酒を販売してはいない。

カルチャーショック(9月29日)

2010年09月29日 | 日記
今月は東京に2週間余り滞在した。
これまでは「お客さん」だったが、2週間も滞在すると、「家人」としての扱いを受ける。

そこでショックだったのは、日本人の「細かさ」だ。

端的なのは「ゴミの分別」だ。
環境保全を目的に「ゴミ」を「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」に分別するのだが、
日本はこの分別がもっと細分化されている。
「資源ゴミ」(チラシ、新聞紙)同じ紙でもダンボールや菓子箱やティッシュの箱などは別に出すらしい。
「燃えないゴミ」はペットボトル、プラスチック、酒瓶など全部それぞれに分別する。
ペットボトルのキャップはプラスチックなので、外してプラスチックゴミとして捨てる。
酒瓶の金口はまた別なので、それも分別する。果物や魚のトレーも分別する。

 なんだか、お金を出して買ってきたものを、自分で分別して捨てなければならないし、
間違って捨てると「別の家人」から「それは違うでしょ!ちゃんとマナーを守りなさいよ!」と
お叱りの言葉が飛ぶ。

まるで監視されているみたいだ。

 マンションのエレベーターの壁には「ゴミ分別」についての「注意書き」が貼られており、
「仕分けするのに人手がかかりますから、各ご家庭でちゃんと分別して出しましょう」と
 書いてある。これじゃあ、雇用促進には繋がらないな~~と思った。

 近年、香港でも「環境保全」に注意が向けられ、公共の場では二種類くらいの分別はあるが、
マンションには、それがない。

なにを捨ててもよいのだ。

 だから、テーブルの脇にゴミ袋を置き、飲んだり食べたりしながら缶ビールはポイ捨て、
トレイはポイ捨てができる。これらのゴミは各階の大きなゴミ捨て容器に入れておくと、
回収され、またそのゴミが人の手によって各種類別に分別されるのだ。
ある種、雇用の促進につながっているのだ。

 だから、東京に戻って大変神経が疲れた!

 経済大国の中国ですか? そんなものあるわけがない!(大都会はあるかもしれないが)
 歩道に設置されたゴミ箱の中にガキの排泄物を捨てる人もいる!

浅草を徘徊した①(9月20日)

2010年09月21日 | 日記
今日は「敬老の日」だ。
徘徊老人の私をだれも祝ってくれない。
家人(妻)も実家に出かけていて、俺ひとりだ。

 浅草の「合羽橋道具街」に行き、
料理サンプルを香港土産用に購入するために浅草に出かけた。
ショーケースに並んでいる「スパゲッティー」や「カレーライス」などの
サンプルは1個5000円もする!

「チョコレート・パフェ」だって3000円くらいする。

 本物を食べた方が安い!

だから、これはアキラメ、ミニュチアのマグネットで止めるやつを
数個買った。

 それからブラブラと浅草寺に行ったが祝日とあって混雑しており、
レストランも満員で、結局、境内で売っていた「コロッケ」2個が昼飯となった。

 そこから東京スカイツリーの良く見えるところまで歩いた。

浅草を徘徊した②(9月20日)

2010年09月21日 | 日記
東京スカイツリーの全貌だ。

 まだ建設中だ。今日は「祝日」なので仕事は休みのようだ。

 あんな高いところで地震でもあったらどうなるんだろうか?