徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人世界放浪昼寝旅ートルコ・イスタンブール最後の日ー4月23日

2012年04月24日 | トルコ
朝飯を食べに屋上に上がって行ったら、

     
     海の向こうから黒煙が上がっていた。
     野次馬で徘徊老人のワタシは「なんだ、なんだ?」と
     従業員に訊いても、従業員は「時々、あることです」と
     平静だ。
     そう言えば、ヘリコプターも飛んでいないし、消防車のサイレンの
     音も聞こえない。

     ドイツ人の家族が「石油コンビナート」の作業の関係でなにか
     燃やしているので、火災でないでしょうと言う。

    ワタシは「なるほどネ」と思ったが、
    澄み切った青空に異様な「黒煙」は、
    ワタシにとっては「タダ事」ではない。(笑)

    今日、宿はチェック・アウトしなければならない。

    正午にチェック・アウトをして、バックパックを預けて
    近くのマスジッドに行き、スケッチの仕上げをした。

    ここのマスジッドは観光客があまり多くはやって来ないので
    静かだし、ベンチもあるし
      
      木陰もあるし
      
      先日のニュー・マスジッドの絵の仕上げと
      
      ネパールのポカラでのスケッチの色付けをした。

      この様子を、近所のガキが覗きに来て、
      
      「あたしたちの絵を書いて」とせがむ。
      で、サラサラと全然似ていない「似顔絵」を書いてあげたら
      その絵を持って消えた。
      そしたら、今度は5人ぐらいのガキが「絵を書いて」とやって来たので
      マスジッドの中に逃げ込む。
      
      
      
      
      
      なかなか由緒あるマスジッドのようだったのだ。

      もう午後3時を過ぎていたので、昼飯をと思い
      今日は最後の昼飯なので少し良いレストランで
      
      チキン・カバブだ。止せばよいのにビールも飲んでしまった。

      バスの中で小用をもよおしたらどうする?

      ホテルに戻り、3度もトイレに行って、水分を放出した。(笑)

      午後6時、バッグパックを背負い、路面電車には乗らずに
      徒歩で地下鉄の駅に向かった。
      地下鉄の駅まで、たった3駅だ。歩くのだ。

      で、地下に降りるエスカレーターがあるので、ここが地下鉄か?と
      思い、降りてみるとバザールだったりして、
      やっとのことで地下鉄「メトロ」の入り口に到着する。

      ここから地下鉄で「オトガル」まで行く。
      「オトガル」の「オト」(OTO)は、「オート」=車のAut だ。
      「ガル」はヒンディー語・ウルドゥー語で「家」のことだ。
      多分、ペルシャ語かアラビア語が語源なんだろう。
      二つの単語を結びつけて「バス・ステーション」だ。

      地下鉄の「オトガル」駅で下車し、地上に出て見て驚いた。

     巨大な「バス・ステーション」だ。
      
       各バス会社ごとばかりではなく、行き先ごとに受け付けと
       乗り場があるのだ。

     ワタシの乗るバスは「メトロ社」の欧州方面行きの「ブルガリア」の
     ソフィアだ。
 
      そのオフィスを見つけて、9時半発のソフィア行はここから出ることを
     確認して、事務所の二階にある待合室で休憩する。
     まだ、時間があるので、夕飯を食べに出かけた。

     トルコ料理の「肉」ばかりに少々飽きて来たので
       
       茄子の油炒めとチキンスープとご飯だ。 
       ほっとした。

      また、出発事務所に戻り、午後9時過ぎになったので一階に降り
      バスの到着を待つ。
       
        
       トルコのバスは豪華バスだ。
       バスの横の「METRO」の文字の下に
       「Crazy Holiday」と書かれている。

       トルコのバスは列車より発達しているというのも
       分かるような気がする。

       さて、ところで
        他の欧州行きのバスが出て行っても、ソフィア行のバスが来ない。

       10時近くになったので事務所に確認に行くと

       事務職員が
       「今夜の9時半のバスは来ません。
        ソフィア行は午後10時半に来ます」と言う。

       「そんなバカな!あんたワタシに9時になったら
        ここに集まれって言ったじゃない!」

       「だから、バスは来ないわけではなく、必ず来ます。
        わが社のバスに何て書いてあるかご存じですか?
        クレーズィーと書いてあるでしょう!
        そう、キチガイなんです。クレージーなんです」
        とまったく意に介さないばかりかワタシに握手を求めて来た。

       他のソフィア行の乗客は慣れているのか、みな黙って
       待っている。

        まったく、ワタシの予感が的中した。

       2便の予定を人数が少ない場合に1便にする「手口」だ。

      バスは結局、午後10時半に来て、11時に出発した。

             ヤレヤレ!
        

      
     
      
       

徘徊老人世界放浪昼寝旅ートルコ・イスタンブールの美女たちー

2012年04月24日 | トルコ
観光名所の近くのホテルに投宿していたにも拘わらず、
考えてみたら「夜」は出歩いていなかった。

  なにしろ、ホテルの朝食が、朝8時半から10時半なので
  昼飯は、いつも3時頃に取る。
  そうすると、夕飯は午後8時過ぎから9時頃に取ることになる。
  夕飯を食べると、もうワタシの「就寝」時間の午後10時だ。
  お日様は午後8時過ぎでなければ沈まない。

  ブルーモスクもアヤソフィヤも夜には「ライト・アップ」されている。
  それを見ていなかったので、夕飯のテークアウトの前に見に行った。
     
    
    
    こんな感じだ。夜はまだ真っ暗にはなっていない。
  
    品行方正な徘徊老人は「真っ暗」になる前に、
    食糧を調達し、酒を喰らって寝たのでした。

   さて、さて、こんな「絵葉書的写真」はあまり面白くないので
   トルコの美女の写真を添付しましょう。

   断っておきますが、「トルコの美女」とは「トルコ嬢」(笑)ではありません!

   このダジャレが分かる人は相当年配の人ですね。

   補足説明すると(笑)、昔、今の「ソープランド」(風俗)を
   一般に「トルコ風呂」と言ったのです。
   そして、そこで働いている女性を「トルコ嬢」と言っていたのです。

   で、トルコ側からの「クレーム」(ホントどうか知りませんが)で
   国際問題に発展する前に、やはり、これはマズイ表現だということで
   「トルコ風呂」あらため「ソープランド」
   「トルコ嬢」あらため「ソープ嬢」と呼ぶようになったのです。

   さて、トルコの美女・・・・・
      
      どうです!
      
      後ろ姿からだって、美人と推測できるでしょう
      
      
       誰を待つのか・・・・
       待ち人来らず・・・だったりして・・・・
      
       「は~~い、シャッター押すわよ」
        俺もシャッター押した(笑)     

徘徊老人世界放浪昼寝旅ートルコ・イスタンブール 今日も徘徊ー4月22日

2012年04月23日 | トルコ
今朝は天気が良かった。

 天気が良いと、ホテルの屋上テラスからは
      
      
      こんな感じだ。
      
      一応、ブッフェ方式だ。皿がたくさん並んでいるので
      写真では「豪華」そうに見えるが、ジャムの種類の皿が4種類もある。
      あとはハム、チーズ、イチゴ、トマト、ヨーグルト、アンズなど。
      パンは3種類。タマゴはゆで卵だけ。

      ゆで卵は「考えたよな~~~」(笑)

      フライド・エッグは、だいたい2個が普通だ。
      オムレツも2個くらいで作る。
      
      それに対して

      ゆで卵を3個も5個も食べるひとは、まず居ない。
      だいたい1個だ。
      そして、ゆで卵は2日くらいは日持ちがする。

      だから、ゆで卵にすると経費節約になる。
      ホントかな~~~(笑)

   天気がよいので、ぶらぶらと
      
      ブルーモスクに行った。
      
      
      今日は中にも入った。
      ブルーモスクを背景に写真を撮ってもらった。
      
      全身入れなくてもいいと言ったのに、こんな感じだ。

      
      アヤソフィヤにも、今日は並んで入場した。

      アヤソフィヤは、最初はキリスト教の建物、つまり教会だったので
      
      
      
      
      
      こんなモザイク画が残されている。
      870年頃の作品だとか・・・・・
      いつものことですが、ご自分で調べてくださいね。

      ここは2階の窓からの眺めも素晴らしい
      
      
      外はこんな感じだ。
      2階から眺める1階は
      
      こんな感じだ。

      で、ここでも外人さんに写真を撮ってもらった。
      
      腰から上をアップでと言ったのに、
      全身を写す構え、つまりデジカメを横にされた時には
      諦めて、全身写真で我慢した。(笑)

      なんで、外人さんは、全身写真を撮りたがるのだろう?
      不思議だ!(笑)

      ここも、今では説明をヘッドホンで聴くことができるように
      なっている。
      ワタシは借りなかった。

      天気が良いので、会場から出た人は
      
      日向ぼっこだ。

      ワタシはここからイスタンブールの駅に向かって徘徊だ。
        
        途中、普通の回教徒の人の墓地を見た。
      
        
        シルケシ(Sirkeci)駅。昔のイスタンブール駅だ。
        新しくなっているように見える・・・・・
        
        が、が、横に廻って見ると、昔しの建物が残っている。

        
        プラット・ホームも電車も新しい。 
        駅構内の待合室は古く趣があるし、
       なんてったって、レストランが
        
        これだ!
        
        1890年オープンだ!
        
        オリエント・エキスプレスと書いてある。
        
        そして、オリエント・エキスプレスのレストランだから
        どうぞ 「いらっしゃ~~~い」と・・・・

        ワタシ?  入りませんでした。(笑)  節約の日々です。

      外に
        
        ふる~~~い、機関車が、
        
       プレートには1874年と書かれている。 

     う~~~ん、唸りながら海岸を歩く。
        
        豪華クルーズ客船が見える。
        
        ガラタ・タワーも見える。

      今日はガラタ橋の上ではなく、下を通ろうと思って
      進んでゆくと、もう姿を消したとばかり思っていた
      サバ・サンド売りがいるではありませんか!
        
         さっそく買い求めました。
         フランスパンに焼きサバをはさんで5トルコリラ(250円)

       ところが、このサバ・サンド売りの隣から始まるレストランにも
       ちゃんと、メニューにサバ・サンドがあり、これを食べながら
       ビールも飲むことができるのでした。

       ワタシはサバ・サンドを手に持ち、その橋の下のレストラン街を
       通り、橋から出て、適当なベンチに腰を掛け
       やっと。サバ・サンドを食べたのでした。(苦笑)

       それから、ガラタ・タワーに登る為、坂道を上ってゆきましたが
        
         入場するのに、人の列。登るのをあきらめ
         海っぺりに戻りました。

        
        市場では魚を売ってました。
        
        サバ・サンドも売ってました。

      海岸のベンチに腰を掛け、スケッチしました。
     ワタシの横にトルコ人の恋人同士が座り、ワタシのスケッチを
     多分「下手だね~~」とか小声で言いながら、見ていましたが、
     そのうち、退屈したのか、会話が途切れ、
     変な「チュッ」とか言う音が聞こえてきました。
     ワタシはスケッチに集中しました。(笑)
     でも、心の中では
      「バ~~ロ~~!まだお天とうさんが顔を出しているってのに」
      と怒っていたのです。

      集中したおかげで、スケッチは完了しました。

     ここに添付できないのが、残念ですね~~~。(笑)
                     
      

      
      
      
      
      
      

徘徊老人世界放浪昼寝旅ートルコ・イスタンブール徘徊ー4月21日

2012年04月22日 | トルコ
朝起きたら、なんだか雨模様だ。

  宿の屋上テラス、この宿では「朝食」はテラスで取る。
     
     天気が良ければ、地中海に繋がるマルマラ海を眺めながら
     
     パンとゆで卵と少々の果物だけの朝食を取りながらも
     それなりに「リッチ」な気分になれるというものだが、
     雨で風があると、風除けに透明のビニールシートが窓代わりだ。

   イスタンブールに4泊なので、雨だからと言って、「観光」を
   強行する必要はどこにもないワタシ!(笑)

   これからの「旅」の予定を組み立てる。
   インターネットでいろいろ調べて見ると、「世界一周」旅行をしている
   人が、結構いることに気づく。
   なかには若い夫婦で「世界一周」している人たちもいる。
   この人たちの「旅資金」はどうなっているのだろうか?

   「ひとり旅」で旅立ち、いつのまにか、「群れ」になっているような
   旅人もいる。
   同じ方向だから「一緒に行きましょう。ついでに宿も同じところに」の
   旅スタイルだ。
   だから、この手の旅人たちには「ツイッター」とかが
   不可欠なのだな~~~。

   少なくとも、ワタシの旅のスタイルは、こうではない。

   ワタシの「旅」の「コンセプト」(かっこいいね)、
   つまり、「原則」は
   「ひとり旅をつらぬくこと」だ。

   もっとも、日本人旅行者に声を掛けられることはめったにないので
   「原則」を貫いている。

   でも、仮に万が一、若い髪キンの美女に、一緒に連れてってと言われたら
   「原則」は、すぐに「撤回」する用意はある。(笑)

   だが、しかし、そんな出来事は、今まで一度もなかった!(笑)

   さて、さて、

   部屋が少し明るくなったので、外に出てみたら、雨が上がり
   青空が広がっている。
     
      ホテルを出て、
     (ホテルの白いボードの看板だけ、だから分かりにくい)

   グラン・バザールに行った。
     

    徘徊老人はバザールに行っても買うものがない。(笑)
     
     
     
      ただ、ぶらぶら徘徊しながら、見るだけ!(笑)

   バザールから出て、今度は
     
      海側の方に向かった。
     
      sea food レストランが沢山軒を連ねていた。
      まだ、昼過ぎなので、客はまばらだ。
      メニューを見たら、やっぱり高かった。
     
      海まで言ったら、灯台もあった。(笑)

    今来た道を引き返し、高いSeaFoodレストランには入らずに
    ファースト・フードの店に入った。
     
     シシカバブとコーラ。(パンは付いてくる)
     ビールを飲みたかったが、アルコール類はファースト・フードの
     店にはない。
     我慢した。これで500円だ。

     
     
     
     
     イスタンブールはモスク(マスジッド)ばっかし、
     だんだん飽きて来た。(笑)

     
     イスタンブール大学の正門。さすがに重厚な造り。

     
     この路地を下ってホテルに戻った。

     夜になって、近くのスーパーでワインとビールを買いだし、
     ファースト・フードの店から夕飯をテークアウト。
      
      ワインはトルコのアンカラの赤ワイン(450円)
      ビールはフェス(160円)
      夕飯は「チーズナン」と「シシカバブ」(650円)
      シシカバブには「ナン」が付いていたので、
      チーズナンとナンがダブって食べきれない。

      それでも、合計で1260円で、通常、レストランで食べる料金の
      3分の1で済んだ。

      ワインは、まだ3分の1残っているので、今夜もワインだ。         

     
     
     
     

     

徘徊老人世界放浪昼寝旅ートルコ・イスタンブール徘徊1日目その2-4月20日

2012年04月21日 | トルコ

ガラタ橋方面に下って行くと、本屋街やカメラ屋が軒を連ねる場所についた。

   そこをしばらく下ると、いい匂いがしてきた。
   
    あっ、昼飯を食べるのを忘れていた。

   パン屋さんに入った。
    
    「カラマリ」(ピロシキみたいにひき肉入りのパン)と
    アメリカンコーヒー。 
    これで500円だからヨーロッパは物価が高い。
    いちおう、今、ワタシが居るのはイスタンブールのヨーロッパ側(笑)

   ガラタ橋は
      
      橋の上から釣をする人がいっぱいいる。

      橋のたもとの名物の「サバ・サンド」売りは姿を消した。

      
       ニュー・モスクの外壁の水道で清める人々。

      ガラタ橋からは
       
      ガラタ・タワーが見える。
    
ガラタ・タワー界隈は明日行くことにして、
     また今きた道を歩いて戻った。

     今度は登りだ。(笑)

     部屋に戻り、休憩したあと、食事に出かけた。

     ワタシの投宿している界隈のレストランと言うか食堂は
     「ノン・アルコール」だ。
     ちょっと高級そうなレストランだとアルコールはあるが
     「高い」

     さまよい歩いていると「中国長城飯店」という店があった。
     
     中国料理で「ノン・アルコール」はないはずなので入った。

     
     「肉沫豆腐」(ひき肉と豆腐)と「清蒸魚」を注文した。
      ビールは小瓶だったので3本飲んだ。
      合計で67トルコ・リラ(約3000円)だ。

    明日から、スーパーでビールを買って、
    食糧は店からテーク・アウトしよう。(笑)