モノトーンでのときめき

ときめかなくなって久しいことに気づいた私は、ときめきの探検を始める。

「メドーセージ・パープル(anise scented sage)」

2007-07-19 15:30:28 | その他のハーブ

6月中旬にメドーセージが咲き始め、梅雨を幸いとしてか次から次へと青紫の花が咲いている。

この青紫は、イタリアサッカーチームのユニフォームの色であり、“アズーロ (azzurro)”色ともいわれる。


今度は、赤紫色のメドーセージ・パープルが7月19日に咲き始めた。






「メドーセージ・パープル」
・シソ科の半耐寒性常緑低木。但し、冬場は、地上部から切り戻しを行う。
・流通名はメドーセージだが、サルビア・ガラニチカ(Salvia guaranitica)
・南米が原産地で、花弁が3cm級の赤紫の花を7月中旬から秋まで多数咲かせる。
・咲き終わった花穂は切り戻す。
・草丈30~50cm。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「ヒソップ ピンク(Hyssop r... | トップ | みょうがが隠し味となる「ジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他のハーブ」カテゴリの最新記事