邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「明日の記憶」

2014-07-20 | ★愛!の映画

普段は考えていないけれど

ふと

想像するだけで奈落の底へ落ちるような恐怖を感じることって

たくさんありますが

この映画のテーマ

「若年性アルツハイマー」もそのひとつだと思い知らされました。

 

花形広告代理店の部長だった渡辺謙が、

若年性アルツハイマーに

なってしまう。

病名を告げられた時の絶望感、想像するだけで恐ろしいですね。

世界の謙さんが

丁寧に丁寧に主人公の心のひだを表現しています。

 

徐々に自己が崩壊していく恐怖におびえつつ

無くなっていくだろう記憶を日記に書きとどめておこうとする

姿は傷ましいの一言。

渋谷の街で突然自分の居場所がわからなくなり

焦りまくる主人公の姿も恐ろしかった。

映像も本人の頭の中の混乱をよく表していて

会社を歩いている時の妄想シーン(からだと脳がぐらりとゆらぐ感じ)は

特に素晴らしかった。

 

ひとり娘の結婚式でのスピーチ、

退職する謙さんを見送るかつての部下たち、

細かい演出が涙を誘います。

 

精神が崩壊していく病気ほど

残酷でつらいものはないのではと

思った。

 

ショックを受けながらも

夫を支えていこうとする専業主婦の樋口可南子が凛と美しく

つらい物語の救いになっていた。

 

あなたがもしこんな病気に罹ったら?

大切な人が罹ったらどうしますか?と問われているような気がした。

でも

答えは出てこないし

映画の終わりもとても切ないものだった。

 

 

日本映画専門チャンネルにて

コメント