名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋問題集20211018

2021-10-18 | 大山将棋研究

後手番大山先生の手を考えます。

第1問

 

反撃に移ります。

A 33桂  B 44銀  C 52銀左

 

第2問

 

攻め駒をさばきます。

A 33桂  B 56歩  C 45銀

 

第3問

 

好手があります。

A 57歩  B 58香成  C 78成桂

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2140);四間飛車に玉頭位取り(加藤一二三)

2021-10-18 | 大山将棋研究

今日の棋譜20211018

昭和36年9月、加藤一二三先生と第11回NHK杯です。

大山先生の四間飛車です。

54歩を早めに突き、中央位取りを避けるのはいつもの通り。先手の36歩を見て、62銀から金美濃を選びます。

加藤先生は45歩急戦をねらいますが、後手が32銀型で待っているので仕掛けられません。

仕方なく57銀右~47金と待ちます。これで55歩同歩同角~56銀~45歩と攻める将棋にするのかと思ったのですが、

玉頭の位を取ります。

しかし左右分裂ですし、金銀が連結していないので薄い陣形です。

後手の31飛で35歩同歩同飛36歩34飛を見せられて、仕方なくという感じの45歩の仕掛け。

33角に57銀で一応攻めの形は出来ました。

4筋はそのままに、少し駒組が進んだところで、大山先生から55歩、同角は54銀左77角65銀とさばくのでしょうか。

55同歩45歩に

加藤先生は45同桂51角、これはちょっと不安な仕掛けです。

24歩同角22歩、こういうのは先手が有利になったという感じがしないです。

44銀46歩、これで33桂くらいならば先手が良さそうですが、

大山先生はあっさり45銀同歩33桂。駒損は65桂を打てば取り返せますから、後手有利になりそうです。

35歩45桂

46銀65桂。66角には56歩同金37桂成(か57桂左成)から飛を成り込めます。

加藤先生は65同銀で先手を取って32銀、これでは自信はないでしょう。

51飛45銀で桂得ですが、

46歩57金寄76銀

88角35角。自然な23飛成は47歩成同金87銀アリ同玉68角成で後手優勢です。

79桂に24歩は落ち着いた手ですが、この図は互角でしょう。AIによると66歩を突くのが手筋で、66同金47歩成で有利であると。言われてみればその通り。

21歩成84歩(ここでも66歩があった)36銀

角を逃げずに85歩同歩86歩、受けは77歩で

87歩成同桂85銀86歩、手筋の応酬があって、

86同銀76歩53角これは良い勝負ですが、加藤先生が持ち直してきた感じがあります。

24飛95歩

54歩64角33角成54飛、互いに大駒をさばき合って、

43銀不成に57飛成。大山先生は勢いで飛を切ったけれど寄せ切れるでしょうか。

57同金56歩58金96歩。加藤先生は98歩と受けたくなりますが、すると57金に59歩と受ける1歩がありません。

83歩同玉51飛

61金打56飛成97歩成、端を破られましたが、

97同香96歩同香同香で被害は最小限です。駒得で大駒が3枚ありますから、玉を右翼に逃げだして、入玉すれば勝てるでしょう。なのでこの図は先手有利か優勢のはず。

75歩の銀取りに84香、攻防手が続きます。

88歩47歩成同銀19角成、地味ですが、19角成は大きな手です。形勢は接近しているでしょう。

97歩に55歩36竜46歩同銀と利かされて、

97香成同桂96歩。加藤先生は98歩の受けではおとなしすぎると、

85桂97歩成55馬、後手玉の寄せを考えています。

85香に64香、あまり速くない寄せに見えますが、まだ先手玉が安全なのでこれでも良いのでしょう。

76桂に69玉、まだ先手玉は大丈夫ですが、9段目に落ちたので、危険度が上がっています。

87と同歩75銀、大山先生は桂香だけの攻めなので、後手玉のことも考えています。

63香成同金77歩、これは加藤先生の好手で(に見えました)

88桂成76歩同銀、88馬と取るのだと思ったら、

34飛87香成75桂、飛の横利きで寄せる方を選びます。

84玉63桂成同金、この図は正解が難しいです。すでにどこか間違っていたのかも。

31飛成に51香は攻防で、後手有利か。

53歩(よりも54歩か)同金42銀不成54香、先手玉が危なくなっています。

82馬に57歩が痛打。逃げるわけにいかないので

57銀で82馬を抜かれてしまいました。(が56歩を利かす方がより良いとか。)

76銀を取れるので、まだまだとも見えますが、王手で77角を打たれて

86角成が強い受けです。

65竜57香成同金64金、大山先生は5筋の香2本を使えて、

85香同馬同竜同玉と返されましたが、後手玉は安全です。

51銀成に45桂36竜37銀まで。まだ詰みませんが先手玉を寄せるのは簡単です。

 

180手の熱戦で、形勢も揺れ動いているのですが、加藤先生が入玉を目指さなかったのが敗因と言ってよいでしょう。玉周りの攻防は大山先生の得意とするところです。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1961/09/17
手合割:平手  
先手:加藤一二三8段
後手:大山名人
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 3四歩(33)  
   3 2六歩(27)  
   4 4四歩(43)  
   5 4八銀(39)  
   6 3二銀(31)  
   7 5六歩(57)  
   8 4二飛(82)  
   9 2五歩(26)  
  10 3三角(22)  
  11 6八玉(59)  
  12 6二玉(51)  
  13 7八玉(68)  
  14 7二玉(62)  
  15 5八金(49)  
  16 5四歩(53)  
  17 6八銀(79)  
  18 8二玉(72)  
  19 3六歩(37)  
  20 6二銀(71)  
  21 3七桂(29)  
  22 7二金(61)  
  23 4六歩(47)  
  24 6四歩(63)  
  25 9六歩(97)  
  26 9四歩(93)  
  27 5七銀(48)  
  28 1四歩(13)  
  29 4七金(58)  
  30 6三銀(62)  
  31 7五歩(76)  
  32 5二金(41)  
  33 6六銀(57)  
  34 4三銀(32)  
  35 1六歩(17)  
  36 4一飛(42)  
  37 7七銀(68)  
  38 4二角(33)  
  39 7六銀(77)  
  40 3一飛(41)  
  41 4五歩(46)  
  42 3三角(42)  
  43 5七銀(66)  
  44 4一飛(31)  
  45 6八金(69)  
  46 6二金(52)  
  47 8六歩(87)  
  48 1三香(11)  
  49 7七角(88)  
  50 5五歩(54)  
  51 同 歩(56)  
  52 4五歩(44)  
  53 同 桂(37)  
  54 5一角(33)  
  55 2四歩(25)  
  56 同 角(51)  
  57 2二歩打    
  58 4四銀(43)  
  59 4六歩打    
  60 4五銀(44)  
  61 同 歩(46)  
  62 3三桂(21)  
  63 3五歩(36)  
  64 4五桂(33)  
  65 4六銀(57)  
  66 6五桂打    
  67 同 銀(76)  
  68 同 歩(64)  
  69 3二銀打    
  70 5一飛(41)  
  71 4五銀(46)  
  72 4六歩打    
  73 5七金(47)  
  74 7六銀打    
  75 8八角(77)  
  76 3五角(24)  
  77 7九桂打    
  78 2四歩(23)  
  79 2一歩成(22)
  80 8四歩(83)  
  81 7四歩(75)  
  82 同 歩(73)  
  83 3六銀(45)  
  84 8五歩(84)  
  85 同 歩(86)  
  86 8六歩打    
  87 7七歩打    
  88 8七歩成(86)
  89 同 桂(79)  
  90 8五銀(76)  
  91 8六歩打    
  92 同 銀(85)  
  93 7六歩(77)  
  94 5三角(35)  
  95 2四飛(28)  
  96 9五歩(94)  
  97 5四歩(55)  
  98 6四角(53)  
  99 3三角成(88)
 100 5四飛(51)  
 101 4三銀(32)  
 102 5七飛成(54)
 103 同 金(68)  
 104 5六歩打    
 105 5八金(57)  
 106 9六歩(95)  
 107 8三歩打    
 108 同 玉(82)  
 109 5一飛打    
 110 6一金打    
 111 5六飛成(51)
 112 9七歩成(96)
 113 同 香(99)  
 114 9六歩打    
 115 同 香(97)  
 116 同 香(91)  
 117 7五歩(76)  
 118 8四香打    
 119 8八歩打    
 120 4七歩成(46)
 121 同 銀(36)  
 122 1九角成(64)
 123 9七歩打    
 124 5五歩打    
 125 3六龍(56)  
 126 4六歩打    
 127 同 銀(47)  
 128 9七香成(96)
 129 同 桂(89)  
 130 9六歩打    
 131 8五桂(97)  
 132 9七歩成(96)
 133 5五馬(33)  
 134 8五香(84)  
 135 6四香打    
 136 7六桂打    
 137 6九玉(78)  
 138 8七と(97)  
 139 同 歩(88)  
 140 7五銀(86)  
 141 6三香成(64)
 142 同 金(62)  
 143 7七歩打    
 144 8八桂成(76)
 145 7六歩(77)  
 146 同 銀(75)  
 147 3四飛(24)  
 148 8七香成(85)
 149 7五桂打    
 150 8四玉(83)  
 151 6三桂成(75)
 152 同 金(72)  
 153 3一飛成(34)
 154 5一香打    
 155 5三歩打    
 156 同 金(63)  
 157 4二銀(43)  
 158 5四香打    
 159 8二馬(55)  
 160 5七歩打    
 161 同 銀(46)  
 162 8二馬(19)  
 163 7六龍(36)  
 164 7八成桂(88)
 165 5九玉(69)  
 166 7七角打    
 167 4八玉(59)  
 168 8六角成(77)
 169 6五龍(76)  
 170 5七香成(54)
 171 同 金(58)  
 172 6四金(53)  
 173 8五香打    
 174 同 馬(86)  
 175 同 龍(65)  
 176 同 玉(84)  
 177 5一銀成(42)
 178 4五桂打    
 179 3六龍(31)  
 180 3七銀打    
 181 投了        
まで180手で後手の勝ち

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋問題集20211017

2021-10-17 | 大山将棋研究

後手番大山先生の手を考えます。

第1問

 

これで手になるのです。

A 25歩  B 45歩  C 55歩

 

第2問

 

振り飛車党ならばノーヒントノータイムで。

A 26角  B 33桂  C 56歩

 

第2問

 

ここはこれしかなさそうです。

A 26角  B 42飛  C 31飛

 

第3問

 

両取り逃げるべからず。

A 66歩  B 49角  C 57歩成

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2139);四間飛車に57金戦法(丸田祐三)

2021-10-17 | 大山将棋研究

今日の棋譜20211017

昭和36年9月、丸田祐三先生と第2期王位戦第4局です。

大山先生の四間飛車です。この時期は54歩を突いてからのことが多いですが、

端を受けて美濃囲いです。(端を受けずに早囲いではないので)相手を見て決めているのか、居飛車の急戦に対しての自信が出てきたのか。

丸田先生は玉頭位取りは棋風ではないのでしょうか、66銀から5筋の歩交換へ。

43銀に57金というのが変わった手です。

金は56に出ましたから、57金戦法(金立ち戦法)の変種と見て良いでしょう。

45歩の攻めを見せて

54歩を打たせたら銀を引き戻します。銀の動きは手損ですが、この形は見たことがあります。ただ相手は(中飛車ではない)普通の四間飛車なので、その相性が良いかどうか。

丸田先生は今でいうエルモ囲いです。当時でも57金戦法ならば79金の形はあったでしょう。

攻める方は45歩ではなくて38飛でした。これを見て大山先生が動き出します。1筋を攻めてもうまくいかないはずですが、

24歩同歩15歩に45歩、角を交換して47角を打とうということなのでしょう。馬は作れますし、65桂と跳ねる筋もあります。してみると丸田先生の袖飛車がおかしかったのかな。

45同歩に88角成。今のエルモの定跡書を見ると、88同金と取れるから良い、と書いてあるのですが、壁金は壁銀よりも悪形ですよね。47角28飛65桂でまずいでしょう。

88同玉のほうが自然ですが、33角の王手。66角の合わせが無難なはずですが、交換せずに65歩とか55歩が嫌な感じです。

66歩65歩、放置して66歩同銀65歩77銀の形はあまり怖くないので、28飛とか78玉とか、有効な手で待ちたいですが。

丸田先生は44歩同角55歩

55同歩45金、こういう細かい歩の手筋が好きな先生です。でも56歩と突きだされて角は取れず、

56同銀66角77桂、嫌な形で受けるしかないです。

75歩67銀引76歩同銀75歩67銀、7筋に位を取られては先手不利です。

33角55歩で一息つきましたが、

74金89玉56歩、これは取れず

37飛85歩、まではわかります。でもこの76歩は何でしょうか。後手から66歩同銀76歩の攻め筋が見えているのに。しかも76同歩同銀75歩でも困ります。さっぱりわかりませんでしたが、76同歩同銀75歩65銀同桂同桂同金に53桂か74角の両取りで勝負しようということでした。それで良くなるとは思えませんが。

52銀だったので75歩同金76歩、7筋の位が消えたので持ち直しました。

74金に44歩同角32角。これで互角になったか。

26角41角成同銀。57歩成や66に駒を打ち込む筋があるので37飛と26角の交換は怖いけれど、その方が勝負になったかもしれません。逃げずに23飛とか54飛とかです。

27飛48角成44飛、これが両取りなので先手よし、には見えません。52角の受けもありますし、

86歩同歩49角、飛をどこに逃げても57歩成から銀を取られます。と言って74飛や41飛成では寄せ合い負けなので、

28飛(57歩成には48飛)39馬58銀というのは苦心の手順です。

飛角を取り合ってどうかですが、こんなことならば最初から37飛26角の形で取ってもらう方がましでした(が44から飛は打てなかった)。

57歩成同銀39馬で両取り。58銀28飛68金56歩も勝てる形ではないので、

48銀上48飛

68歩89歩成には同玉がましでしょう、金を逃げては大きな利かされです。

57飛成から二枚替え、

74金を取れば駒得ですが、56馬は両取りです。角合いしても仕方ないのでしょう、

87玉は金を取られて投了するくらいのつもりだったかもしれません。大山先生は84飛打からの王手が気になったか、83銀打と固めます。

44飛43歩同飛成52銀、竜を追って玉を固めます。54竜に45馬同竜88金97ふょく95歩で必至でしょうか。、先の83銀打も働いています。ここで投了でした。

 

中飛車以外にも57金戦法を使うことがあるのですが、この当時に急戦法が少なかったからかもしれません。中飛車向い飛車にはまあまあ有効、四間飛車三間飛車は軽いから失敗しやすい感じがします。もっとも金を攻めに使うと玉が薄いので優秀な戦法とは言えません。本譜のようにエルモ囲いになったら評価が変わるかもしれませんが。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1961/09/12
手合割:平手  
先手:丸田祐三8段
後手:大山王位
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 3四歩(33)  
   3 2六歩(27)  
   4 4四歩(43)  
   5 4八銀(39)  
   6 3二銀(31)  
   7 5六歩(57)  
   8 5四歩(53)  
   9 5八金(49)  
  10 4二飛(82)  
  11 6八玉(59)  
  12 6二玉(51)  
  13 7八玉(68)  
  14 7二玉(62)  
  15 6八銀(79)  
  16 8二玉(72)  
  17 9六歩(97)  
  18 9四歩(93)  
  19 5七銀(48)  
  20 7二銀(71)  
  21 6六銀(57)  
  22 6四歩(63)  
  23 5五歩(56)  
  24 4三銀(32)  
  25 2五歩(26)  
  26 3三角(22)  
  27 5七金(58)  
  28 5二金(41)  
  29 5六金(57)  
  30 5五歩(54)  
  31 同 銀(66)  
  32 6三金(52)  
  33 3六歩(37)  
  34 7四歩(73)  
  35 4六歩(47)  
  36 5四歩打    
  37 6六銀(55)  
  38 7三桂(81)  
  39 5七銀(66)  
  40 1四歩(13)  
  41 7九金(69)  
  42 4一飛(42)  
  43 1六歩(17)  
  44 8四歩(83)  
  45 3八飛(28)  
  46 1五歩(14)  
  47 2四歩(25)  
  48 同 歩(23)  
  49 1五歩(16)  
  50 4五歩(44)  
  51 同 歩(46)  
  52 8八角成(33)
  53 同 玉(78)  
  54 3三角打    
  55 6六歩(67)  
  56 6五歩(64)  
  57 4四歩(45)  
  58 同 角(33)  
  59 5五歩打    
  60 同 歩(54)  
  61 4五金(56)  
  62 5六歩(55)  
  63 同 銀(57)  
  64 6六角(44)  
  65 7七桂(89)  
  66 7五歩(74)  
  67 6七銀(56)  
  68 7六歩(75)  
  69 同 銀(67)  
  70 7五歩打    
  71 6七銀(76)  
  72 3三角(66)  
  73 5五歩打    
  74 7四金(63)  
  75 8九玉(88)  
  76 5六歩打    
  77 3七飛(38)  
  78 8五歩(84)  
  79 7六歩打    
  80 5二銀(43)  
  81 7五歩(76)  
  82 同 金(74)  
  83 7六歩打    
  84 7四金(75)  
  85 4四歩打    
  86 同 角(33)  
  87 3二角打    
  88 2六角(44)  
  89 4一角成(32)
  90 同 銀(52)  
  91 2七飛(37)  
  92 4八角成(26)
  93 4四飛打    
  94 8六歩(85)  
  95 同 歩(87)  
  96 4九角打    
  97 2八飛(27)  
  98 3九馬(48)  
  99 5八銀(67)  
 100 8八歩打    
 101 7八玉(89)  
 102 2八馬(39)  
 103 4九銀(58)  
 104 5七歩成(56)
 105 同 銀(68)  
 106 3九馬(28)  
 107 4八銀(49)  
 108 5八飛打    
 109 6八歩打    
 110 8九歩成(88)
 111 6九金(79)  
 112 5七飛成(58)
 113 同 銀(48)  
 114 同 馬(39)  
 115 7四飛(44)  
 116 5六馬(57)  
 117 8七玉(78)  
 118 8三銀打    
 119 4四飛(74)  
 120 4三歩打    
 121 同 飛成(44)
 122 5二銀(41)  
 123 投了        
まで122手で後手の勝ち

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋問題集20211016

2021-10-16 | 大山将棋研究

後手番大山先生の手を考えます。

第1問

 

どの駒を使いましょうか。

A 35歩  B 44銀  C 54銀

 

第2問

 

ゆっくりはできないので反撃に移ります。

A 46歩  B 27歩  C 84角

 

第3問

 

強く攻め込みます。

A 47歩成  B 56角成  C 25歩

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2138);四間飛車に中央位取り(下平幸男)

2021-10-16 | 大山将棋研究

今日の棋譜20211016

昭和36年9月、下平幸男先生と東京新聞杯です。大山全集には記念対局とあるのですが、この年に下平先生が活躍したという記録が見つからないので、トーナメントの途中で対戦しただけではないかと。

大山先生の四間飛車です。

今回は54歩を突いていないので中央の位を取られます。

下平先生は急戦のほうを選びます。

桂を跳ねたら35歩ですか。35同歩15歩同歩同香16歩36歩というのは後手よしかもしれません。でも途中で24歩を突き捨てれば対応できると思いますが。

47金36歩同金というのは形勢互角ですが妥協です。

51角に45歩から攻めます。玉は薄くなっているけれど攻撃力はあるでしょう。

45同歩54歩同歩24歩、と3つ突き捨てて22角成が予定でしたが、24歩を手抜かれて55歩。突き捨ての順番を間違ったのかな。

55同角44銀、角を引くと55歩を打たれて自信なし。

といって44同角同飛23歩成でも先手よしには見えません。駒損ではないので抑え込めれば良いのですが。

84角は39角58飛57角上成同金49銀というねらい筋がありました。75歩は「大駒は近づけて受けよ」。

46歩に48歩は仕方ないのか。45歩は34飛35歩の時に飛を逃げずに55歩同銀47歩成(54飛55歩同飛47歩成よりも良い)~39角で負けそうです。こんな利かしが入るようでは後手有利になっています。

27歩同飛38角

26飛25歩同桂、利かしはさらに入ります。

75角66銀打、下平先生は粘ります。

84角13桂不成、駒得を主張しますが、桂交換はうれしくありません。でも他に何があるかと言われると。

65歩55銀左、これくらい利かしが入れば飛を逃げない寄せがあるでしょう。

大山先生は47歩成同歩同飛成。角成でも良かったかな。

強攻しても香損だけです。58歩の受けに

56歩46銀上25歩、これは金で取るしかなくて

13桂は金取り、同と で手順に4枚目の攻め駒が手に入りました。先手の4枚の金銀で玉を守っているのは1枚だけです。

なので寄せは簡単、76桂69金57歩成、69馬を実現させれば勝ちです。

57同銀同角成の時に76桂を取られましたが、

単純に馬金を交換して

寄せてしまいました。先手は金銀を持っていないから受けることができなかったのです。

 

大山先生の快勝です。下平先生は38手目の35歩を同歩と取るべきだったか、桂を跳ねる前に26飛と備えるべきだったか。36同金の形で仕掛けなければ長いのですが、まとめにくそうです。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1961/09/05
手合割:平手  
先手:下平幸男7段
後手:大山名人
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 3四歩(33)  
   3 2六歩(27)  
   4 4四歩(43)  
   5 2五歩(26)  
   6 3三角(22)  
   7 4八銀(39)  
   8 3二銀(31)  
   9 5六歩(57)  
  10 4二飛(82)  
  11 6八玉(59)  
  12 6二玉(51)  
  13 7八玉(68)  
  14 7二玉(62)  
  15 5八金(49)  
  16 8二玉(72)  
  17 6八銀(79)  
  18 7二銀(71)  
  19 5五歩(56)  
  20 4三銀(32)  
  21 5七銀(68)  
  22 5二金(41)  
  23 5六銀(57)  
  24 6四歩(63)  
  25 5七銀(48)  
  26 7四歩(73)  
  27 3六歩(37)  
  28 6三金(52)  
  29 6八金(69)  
  30 4一飛(42)  
  31 4六歩(47)  
  32 1四歩(13)  
  33 1六歩(17)  
  34 1三香(11)  
  35 9六歩(97)  
  36 9四歩(93)  
  37 3七桂(29)  
  38 3五歩(34)  
  39 4七金(58)  
  40 3六歩(35)  
  41 同 金(47)  
  42 5一角(33)  
  43 4五歩(46)  
  44 同 歩(44)  
  45 5四歩(55)  
  46 同 歩(53)  
  47 2四歩(25)  
  48 5五歩(54)  
  49 同 角(88)  
  50 4四銀(43)  
  51 同 角(55)  
  52 同 飛(41)  
  53 2三歩成(24)
  54 8四角(51)  
  55 7五歩(76)  
  56 4六歩(45)  
  57 4八歩打    
  58 2七歩打    
  59 同 飛(28)  
  60 3八角打    
  61 2六飛(27)  
  62 2五歩打    
  63 同 桂(37)  
  64 7五角(84)  
  65 6六銀打    
  66 8四角(75)  
  67 1三桂(25)  
  68 6五歩(64)  
  69 5五銀(66)  
  70 4七歩成(46)
  71 同 歩(48)  
  72 同 飛成(44)
  73 同 銀(56)  
  74 同 角成(38)
  75 5八歩打    
  76 5六歩打    
  77 4六銀(57)  
  78 2五歩打    
  79 同 金(36)  
  80 1三桂(21)  
  81 同 と(23)  
  82 7六桂打    
  83 6九金(68)  
  84 5七歩成(56)
  85 同 銀(46)  
  86 同 角成(84)
  87 7六飛(26)  
  88 5八馬(47)  
  89 同 金(69)  
  90 同 馬(57)  
  91 3四角打    
  92 6九銀打    
  93 8八玉(78)  
  94 7八金打    
  95 9八玉(88)  
  96 6八馬(58)  
  97 投了        
まで96手で後手の勝ち

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋問題集20211015

2021-10-15 | 大山将棋研究

後手番丸田先生の手を考えます。

第1問

 

手筋で攻めていきます。

A 57馬  B 56歩  C 66歩

 

第2問

 

攻防の手です。

A 58竜  B 46角  C 19竜

 

第3問

 

寄せの手順は?

A 87歩  B 78歩  C 79竜

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2137);相矢倉(丸田祐三)

2021-10-15 | 大山将棋研究

今日の棋譜20211015

昭和36年8月、丸田祐三先生と第2期王位戦第3局です。

大山先生の先手で矢倉です。

46歩から47銀型に。

丸田先生は73銀、急戦矢倉もみていますが、

相矢倉に進みます。

7筋の歩交換は、75同歩同角65銀とするのが定番の受けなのですが、ここでは86歩同歩同角同銀同飛87歩66飛~65飛という二枚替えの順があるのでまずいです。

よって67銀76歩同銀右と受けましたが、丸田先生は7筋に位を取ります。

74銀64角は矢倉崩しの理想形なのですが、ここでは75歩を打っているので、攻めつぶせるというわけではないです。それでも64角のにらみがあるので、金矢倉に囲って待てば作戦勝ちになりそうですが。

73角~64歩(~65歩同歩同銀)を選んだので、囲いが遅れています。なので四手角に対して44歩を突けずに72飛。

凹矢倉に囲いました。大山先生は6筋の歩交換を避けるために腰掛け金で受けます。

後手の44銀は定番の手筋、先手が37桂と跳ねたところで、丸田先生から動きます。

65歩同歩55銀、守りの銀で攻めても良いのでしょうか。金銀交換は後手が少し得ということなのでしょう、

66銀同銀同金というのは善悪不明ですが

46角56金

73角64銀62角

同角成同飛までは互角としか言いようがありません。大山先生は自陣角を打ち

55歩同銀44銀

77角86歩同歩47角、これで馬ができるから

少し後手が指しやすい感じはします。

38歩82飛

75銀同銀同金。持ち歩の数が違うから、まだ形勢は互角です。

47銀68飛46馬、馬が使えれば後手が指しやすくなるか。

大山先生は24歩同馬45歩33銀と利かしたのですが、後手玉が堅くなっただけなので失敗でしょう。黙ってこの64歩を突きだす方が良かったです。

56歩同歩66歩

66同銀68馬同角56銀成。馬飛の交換は少し損ですが、47に打った銀を使えるので丸田先生が少し有利になったでしょう。

でも大山先生も駒損ではないので粘ります。

と金ができて

けん制に65角を打ちます。

66歩も払って、形勢は互角に近づいたでしょうか。

丸田先生はやっと37桂が取れました。

73歩に56歩、これは58歩に66桂があるので受けにくいです。しかし先手は怖くても67金と受けるものだったか。

72歩成92飛81と57歩成

91と68と同金91飛と進んで、丸田先生は香と飛の交換です。先手にと金を使われるとはいえ、右の桂香がいない形(右桂をさばいた)なので、攻め駒も多いです。後手有利でしょう。

52と(これは痛いが)67歩42と同金67金

95桂79桂56歩58歩28竜。ここで大山先生が68金打と受けなかったのが不思議です。

63角成46角のところでも金を打って受ける方が良さそうですが、

96歩57歩成95歩、玉を上に逃げだしたかったということなのでしょう。

67と同銀19竜

57香95歩と進み、また飛桂交換で駒損です。いまさら78金と埋めても見込みがないので、

24歩に56歩

2筋を乱して56歩を取り

後手玉をしばったのですが、角か銀か桂をもらわないと後手玉は詰みません。

丸田先生は飛は渡しても良いので、79竜同玉87銀で詰めろ。78飛に67成銀で必至でしょうか。ここまで。

 

相居飛車で丸田先生が攻めて、大山先生が受ける展開というのは何とも言えませんが、玉が堅くなったところからは丸田先生のほうが指しやすかったようです。大山先生にしては粘りの手が続かなかったというのはちょっと不思議です。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1961/08/28
手合割:平手  
先手:大山王位
後手:丸田祐三8段
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 8四歩(83)  
   3 6八銀(79)  
   4 3四歩(33)  
   5 7七銀(68)  
   6 4二銀(31)  
   7 2六歩(27)  
   8 6二銀(71)  
   9 4八銀(39)  
  10 3二金(41)  
  11 4六歩(47)  
  12 4一玉(51)  
  13 3六歩(37)  
  14 7四歩(73)  
  15 4七銀(48)  
  16 8五歩(84)  
  17 7八金(69)  
  18 5四歩(53)  
  19 6九玉(59)  
  20 7三銀(62)  
  21 2五歩(26)  
  22 3三銀(42)  
  23 5六銀(47)  
  24 5二金(61)  
  25 5八金(49)  
  26 3一角(22)  
  27 6六歩(67)  
  28 9四歩(93)  
  29 7九角(88)  
  30 7五歩(74)  
  31 6七銀(56)  
  32 7六歩(75)  
  33 同 銀(67)  
  34 7五歩打    
  35 6七銀(76)  
  36 7四銀(73)  
  37 6八角(79)  
  38 6四角(31)  
  39 4七金(58)  
  40 7三角(64)  
  41 5九角(68)  
  42 6四歩(63)  
  43 2六角(59)  
  44 7二飛(82)  
  45 7九玉(69)  
  46 3一玉(41)  
  47 8八玉(79)  
  48 4二金(52)  
  49 1六歩(17)  
  50 2二玉(31)  
  51 5六金(47)  
  52 4四銀(33)  
  53 3七桂(29)  
  54 6五歩(64)  
  55 同 歩(66)  
  56 5五銀(44)  
  57 6六銀(77)  
  58 同 銀(55)  
  59 同 金(56)  
  60 4六角(73)  
  61 5六金(66)  
  62 7三角(46)  
  63 6四銀打    
  64 6二角(73)  
  65 同 角成(26)
  66 同 飛(72)  
  67 6六角打    
  68 5五歩(54)  
  69 同 角(66)  
  70 4四銀打    
  71 7七角(55)  
  72 8六歩(85)  
  73 同 歩(87)  
  74 4七角打    
  75 4八飛(28)  
  76 6六歩打    
  77 同 金(56)  
  78 3六角成(47)
  79 3八歩打    
  80 8二飛(62)  
  81 7五銀(64)  
  82 同 銀(74)  
  83 同 金(66)  
  84 4七銀打    
  85 6八飛(48)  
  86 4六馬(36)  
  87 2四歩(25)  
  88 同 馬(46)  
  89 4五歩打    
  90 3三銀(44)  
  91 6四歩(65)  
  92 5六歩打    
  93 同 歩(57)  
  94 6六歩打    
  95 同 銀(67)  
  96 6八馬(24)  
  97 同 角(77)  
  98 5六銀成(47)
  99 7七銀(66)  
 100 6六歩打    
 101 7六銀打    
 102 5八飛打    
 103 6三歩成(64)
 104 3八飛成(58)
 105 6五角打    
 106 5八龍(38)  
 107 5九歩打    
 108 4七龍(58)  
 109 6六銀(77)  
 110 3六龍(47)  
 111 7七銀(66)  
 112 5五成銀(56)
 113 7四角(65)  
 114 3七龍(36)  
 115 7三歩打    
 116 5六歩打    
 117 7二歩成(73)
 118 9二飛(82)  
 119 8一と(72)  
 120 5七歩成(56)
 121 9一と(81)  
 122 6八と(57)  
 123 同 金(78)  
 124 9一飛(92)  
 125 5二と(63)  
 126 6七歩打    
 127 4二と(52)  
 128 同 金(32)  
 129 6七金(68)  
 130 9五桂打    
 131 7九桂打    
 132 5六歩打    
 133 5八歩(59)  
 134 2八龍(37)  
 135 6三角成(74)
 136 4六角打    
 137 9六歩(97)  
 138 5七歩成(56)
 139 9五歩(96)  
 140 6七と(57)  
 141 同 銀(76)  
 142 1九龍(28)  
 143 5七香打    
 144 9五歩(94)  
 145 2四歩打    
 146 5六歩打    
 147 2三歩成(24)
 148 同 玉(22)  
 149 2四歩打    
 150 同 銀(33)  
 151 2五歩打    
 152 3三銀(24)  
 153 5六銀(67)  
 154 同 成銀(55)
 155 1五桂打    
 156 1四玉(23)  
 157 3六金打    
 158 7九龍(19)  
 159 同 玉(88)  
 160 8七銀打    
 161 投了        
まで160手で後手の勝ち

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋問題集20211014

2021-10-14 | 大山将棋研究

後手番大山先生の手を考えます。

第1問

 

3筋から攻められたところで、8筋から反撃です。継ぎ歩の後は?

A 85同飛  B 88歩  C 86歩

 

第2問

 

先手から66歩があるのでゆっくりできません。

A 96歩  B 57歩  C 75歩

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2136);陽動居飛車(丸田祐三)

2021-10-14 | 大山将棋研究

今日の棋譜20211014

昭和36年8月、丸田祐三先生と第2期王位戦第2局です。

大山先生の中飛車ですが、76歩に52飛はかなり珍しいでしょう。初心者が指すような手ですから。最近の近藤正和先生のインタビュー記事にも初手58飛が指しにくかったとありました。

26歩54歩25歩に34歩を突けばゴキゲン中飛車ですが、もちろん当時にはなかったので32金。タイトル戦でこんな素人っぽい局面ができるとは。

56歩34歩48銀55歩、もう駒がぶつかります。

丸田先生は角を交換せずに68玉、

大山先生から交換すると手損ですから22銀、丸田先生は66歩と止めたので、局面は落ち着きます。

大山先生は62玉から囲わずに、右銀を使います。

位取り拒否で64歩や74歩を突いただけではなくて、8筋の歩を伸ばしていきます。

玉は左へ動き、

居飛車に戻りました。分類は陽動居飛車としておきます。丸田先生は79玉か88玉~78金とすれば穏やかでしょうか。

玉を固めずに、銀を繰り出して攻めていきます。

35同歩同銀の時に、大山先生は8筋を継ぎ歩~垂れ歩で攻めます。86同角とは取れないので、34歩22銀24歩同歩同銀85飛88歩くらいが当然の手順という気もしますが、

丸田先生は大山先生に攻めさせる作戦なのでしょう、46銀85飛88歩は穏やかです。でも79玉~78金という形は作れなくなりました。

大山先生の44歩同歩同銀は、この45歩を同銀ととれないとおかしいのですが、77桂があるのでだめです。

33銀79金と進み、4筋の歩交換はマイナスでしょう。

94歩55銀95歩、2歩持ったので端に目を付けましたが、

46角43歩、また43に歩を打つのでは、何をやっていることやら。ねらいとしては54歩の銀取りです。丸田先生は角をどちらかに引けば穏やかですが、77桂81飛65歩と攻めたら調子が良さそうです。

先に65歩を突くのは軽い攻めの棋風だからでしょうか。65同桂のときに、すぐに66歩を打つと54歩で銀を殺されるので角を引いておきます。

大山先生は96歩同歩97歩。現代では当たり前の端攻めも、当時にはまだ珍しい発想だったでしょう。97同香には98歩です。だから97同桂81飛66歩と進んで、まだ難しいのですが。

66歩96香、ここも97桂が普通の手ですが、

65歩98歩成77桂、丸田先生の棋風は軽い攻めなので、こう指したくなってしまうのでしょう。

83飛34歩42銀24歩同歩22歩、22同金にどう攻めるつもりだったのかわかりませんが、大山先生はこれを手抜きます。

97香成で88と のねらい。丸田先生は98と を払いますが、

87歩成69玉98と

59玉25香。これで早い投了ですが、形勢は明らかに悪いです。

 

丸田先生の指し方がうまくいっていないのですが、連続挑戦しているのですから調子は良いはずです。でもリーグ戦には大山先生はいないからなあ。

大山先生は 8,9筋だけで先手陣を破ってしまいました。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1961/08/14
手合割:平手  
先手:丸田祐三8段
後手:大山王位
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 5二飛(82)  
   3 2六歩(27)  
   4 5四歩(53)  
   5 2五歩(26)  
   6 3二金(41)  
   7 5六歩(57)  
   8 3四歩(33)  
   9 4八銀(39)  
  10 5五歩(54)  
  11 同 歩(56)  
  12 同 角(22)  
  13 6八玉(59)  
  14 2二銀(31)  
  15 6六歩(67)  
  16 3三銀(22)  
  17 5六歩打    
  18 4四角(55)  
  19 5七銀(48)  
  20 6二銀(71)  
  21 7八玉(68)  
  22 6四歩(63)  
  23 6八銀(79)  
  24 6三銀(62)  
  25 5八金(49)  
  26 7四歩(73)  
  27 4六歩(47)  
  28 8四歩(83)  
  29 3六歩(37)  
  30 8五歩(84)  
  31 6七銀(68)  
  32 4一玉(51)  
  33 4五歩(46)  
  34 5三角(44)  
  35 7七角(88)  
  36 7三桂(81)  
  37 6八角(77)  
  38 8二飛(52)  
  39 4六銀(57)  
  40 5二金(61)  
  41 3五歩(36)  
  42 同 歩(34)  
  43 同 銀(46)  
  44 8六歩(85)  
  45 同 歩(87)  
  46 8五歩打    
  47 同 歩(86)  
  48 8六歩打    
  49 4六銀(35)  
  50 8五飛(82)  
  51 8八歩打    
  52 4四歩(43)  
  53 同 歩(45)  
  54 同 銀(33)  
  55 4五歩打    
  56 3三銀(44)  
  57 7九金(69)  
  58 9四歩(93)  
  59 5五銀(46)  
  60 9五歩(94)  
  61 4六角(68)  
  62 4三歩打    
  63 6五歩(66)  
  64 同 桂(73)  
  65 6八角(46)  
  66 9六歩(95)  
  67 同 歩(97)  
  68 9七歩打    
  69 6六歩打    
  70 5四歩打    
  71 4六銀(55)  
  72 9六香(91)  
  73 6五歩(66)  
  74 9八歩成(97)
  75 7七桂(89)  
  76 8三飛(85)  
  77 3四歩打    
  78 4二銀(33)  
  79 2四歩(25)  
  80 同 歩(23)  
  81 2二歩打    
  82 9七香成(96)
  83 9八香(99)  
  84 8七歩成(86)
  85 6九玉(78)  
  86 9八と(87)  
  87 5九玉(69)  
  88 2五香打    
  89 投了        
まで88手で後手の勝ち

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする