名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋問題集20210924

2021-09-24 | 大山将棋研究

後手番大山先生の手を考えます。

第1問

 

桂頭をねらわれていますが。

A 55歩  B 64歩  C 34銀

 

第2問

 

候補手がいくつかあり悩ましいですが、駒得が一番わかりやすいでしょう。

A 64飛  B 65同銀  C 36歩

 

第3問

 

桂を取られる代償は?

A 37桂成  B 36角成  C 95歩

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2116);四間飛車に持久戦(丸田祐三)

2021-09-24 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210924

昭和35年12月、丸田祐三先生と第10回NHK杯です。

大山先生の四間飛車です。また5筋を突いてからなのは、中央位取りがよほど嫌いなのでしょう。

丸田先生は端角でその弱点を突きます。

後手に中飛車を強制し、けん制しながらの駒組になります。

大山先生は5筋の歩を交換して

銀を出て、中央で戦います。丸田先生は36歩を突きにくいので

26飛に44角、28飛33角26飛44角・・・だと千日手ですが、NHK杯なのでどちらかが避けるでしょう。

28飛に22飛で千日手にはなりません。丸田先生は4筋に目を向けて

反撃です。後手は42飛と受けられないので先手ペースか。

52飛36歩46歩、ここでは右桂を使いたいです。26角46銀45歩28飛が何とかなりそうなので、先手有利になったかもしれないですが、

丸田先生は2,3筋の歩を突き捨てて46銀。軽い攻めの棋風です。

45歩57銀(これがちょっと不満)64歩、大山先生は持ち歩が多いので、歩損する筋を決行しやすくなっています。

34歩25桂64角、これで収まれば先手よしですが。

65歩77桂

62飛65歩同銀。角取りと66歩があって、両方を受けることができませんから後手有利になります。

66歩64飛65歩、丸田先生は角銀の取り合いで我慢します。

84飛45飛27角、飛をさばいたものの、角を打たれるのでは失敗です。26歩が先だったでしょうか。

48飛46歩

33歩成同角26歩、これで桂を取れば二枚替えなのですが、

端を詰められては駒得とも言えません。

馬を作られて37銀を打つのは、持ち歩が欲しいからですが、

駒得になったとはいえ、端を受けにくくなっています。ここで64桂を打てばちょっとプラスかと思うのですが、まだ自信なし。

75歩は「大駒は近づけて受けよ」で75同角に76銀と受けるつもりだったでしょうか。大山先生は(珍しく)4歩持っているので97歩成同歩96歩とこじ開けて

馬を引いて香取り。受けにくいのですが、持ち歩を使い切ったのは失敗では? 先に吊り上げておかないと64桂を打たれるということなのですが(ここでは96馬が厳しい)、76桂から飛を追われて64桂96馬72桂成同金では後手よしとも言い切れません。

88桂の受けならば安心で、75歩を取って歩切れ解消、97角成も受かりませんから後手有利です。

76銀97角成85銀、飛を逃げると94歩や74歩の嫌味が残ります。

85同飛同桂同馬、これは明快で、飛角交換で馬2枚、後手玉に怖いところもなく、攻め駒4枚は優勢です。

98歩~99歩成が確実で

と金を引いて投了でした。

 

早指しだと棋風の影響が出やすく、丸田先生の軽い攻めの棋風がこの形では裏目に出たのかも。馬が活躍するときの大山先生は強かったです。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1960/12/10
手合割:平手  
先手:丸田祐三8段
後手:大山名人
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 3四歩(33)  
   3 2六歩(27)  
   4 4四歩(43)  
   5 2五歩(26)  
   6 3三角(22)  
   7 4八銀(39)  
   8 3二銀(31)  
   9 5六歩(57)  
  10 5四歩(53)  
  11 5八金(49)  
  12 4二飛(82)  
  13 6八玉(59)  
  14 6二玉(51)  
  15 7八玉(68)  
  16 7二玉(62)  
  17 9六歩(97)  
  18 8二玉(72)  
  19 5七銀(48)  
  20 7二銀(71)  
  21 6八銀(79)  
  22 4三銀(32)  
  23 9七角(88)  
  24 5二飛(42)  
  25 6六歩(67)  
  26 9四歩(93)  
  27 8六角(97)  
  28 4五歩(44)  
  29 6七銀(68)  
  30 5五歩(54)  
  31 同 歩(56)  
  32 同 飛(52)  
  33 5六歩打    
  34 5二飛(55)  
  35 1六歩(17)  
  36 5四銀(43)  
  37 2六飛(28)  
  38 4四角(33)  
  39 2八飛(26)  
  40 2二飛(52)  
  41 4六歩(47)  
  42 3三桂(21)  
  43 4八飛(28)  
  44 5二飛(22)  
  45 3六歩(37)  
  46 4六歩(45)  
  47 2四歩(25)  
  48 同 歩(23)  
  49 3五歩(36)  
  50 同 歩(34)  
  51 4六銀(57)  
  52 4五歩打    
  53 5七銀(46)  
  54 6四歩(63)  
  55 3四歩打    
  56 2五桂(33)  
  57 6四角(86)  
  58 6五歩打    
  59 7七桂(89)  
  60 6二飛(52)  
  61 6五歩(66)  
  62 同 銀(54)  
  63 6六歩打    
  64 6四飛(62)  
  65 6五歩(66)  
  66 8四飛(64)  
  67 4五飛(48)  
  68 2七角打    
  69 4八飛(45)  
  70 4六歩打    
  71 3三歩成(34)
  72 同 角(44)  
  73 2六歩打    
  74 9五歩(94)  
  75 2五歩(26)  
  76 9六歩(95)  
  77 9八歩打    
  78 3六角成(27)
  79 3七銀打    
  80 2五馬(36)  
  81 4六銀(37)  
  82 4二角(33)  
  83 7五歩(76)  
  84 9七歩成(96)
  85 同 歩(98)  
  86 9六歩打    
  87 同 歩(97)  
  88 9八歩打    
  89 同 香(99)  
  90 9七歩打    
  91 同 香(98)  
  92 9五歩打    
  93 同 歩(96)  
  94 9六歩打    
  95 同 香(97)  
  96 5二馬(25)  
  97 8八桂打    
  98 7五角(42)  
  99 7六銀(67)  
 100 9七角成(75)
 101 8五銀(76)  
 102 同 飛(84)  
 103 同 桂(77)  
 104 同 馬(52)  
 105 5五銀(46)  
 106 9八歩打    
 107 6六銀(57)  
 108 9九歩成(98)
 109 6七金(58)  
 110 9八と(99)  
 111 投了        
まで110手で後手の勝ち

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第221回名南将棋大会(壱)結果速報

2021-09-23 | 名南将棋大会

本日は第221回名南将棋大会(壱)を行いました。結果速報です。

今回は各クラス4連勝なしなのに4連敗ありで、不幸な方が少し。

賞金をいっぱい払ったし、9回連続で偶数ゆえ参加できない私が一番不幸でしょうが、楽しく過ごしました。

 

A級優勝

白井亮太郎さん

黒瀧大地さん

伊藤誇吾さん

B級優勝

丹羽拓郎さん

森七郎さん

C級優勝

荒島栄一さん

斉田賢治さん

竹下航平さん

D級優勝

本郷聰弘さん

坪田和政さん

天野一雄さん

優勝された方々おめでとうございます。

参加された皆様ありがとうございました。

 

過去12回分の優勝記録です。

半分にして拡大

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋問題集20210923

2021-09-23 | 大山将棋研究

後手番大山先生の手を考えます。

第1問

 

攻めているのですが、単純な攻め方では切れてしまいます。

A 66歩  B 88角成  C 46歩

 

第2問

 

これで後手が指しやすいです。

A 55歩  B 46と  C 67歩

 

第3問

 

軽い手がありました。

A 47角  B 39角  C 67と

 

第4問

 

駒得ですが後手玉は安泰ではありません。

A 57角  B 72歩  C 92玉

 

第5問

 

後手勝ちまでもう少し。

A 88銀  B 76銀  C 51同金

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2115);四間飛車に玉頭位取り(松田茂行)

2021-09-23 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210923

昭和35年12月、松田茂行先生と第11期九段戦第4局です。

大山先生の四間飛車です。

端を受けずに中央位取りを拒否しますが

74歩を先にはできませんでしたか、玉頭位取りを許します。

45歩を突いて

44銀型に。松田先生は48飛が無難ですが、当時はこの形自体が珍しいので経験はなかったかも。

66歩に55歩、これは取ると棒銀の要領でさばかれます。(だから48飛と受けておくのですが。)

強く65歩と返して52飛。5筋と6筋とどちらが大きいかですが、

64歩56歩66銀55銀、これで銀交換になり

55同飛は振り飛車の手筋ですね。先手だけ66銀と打つのでつまらない感じですが、位取りの厚みを生かすには盤上に駒があるほうが良いということもあります。

51飛に67金が薄かったのでしょうか(68金上か)銀を打ち込まれるといやな感じです。

65銀直46歩、これは46同歩同銀成58歩57歩成同歩同銀成56歩というくらいの攻防が普通ですが、

松田先生は角を換えて74歩同歩54歩、44角のねらいがありますが、

44角77角66歩はピンチか。

56金47歩成、と金を作られて駒損です。

45歩に67歩成で

角を交換されて55歩、これは取れませんから銀のほうを取って

73歩で反撃です。

73同桂74銀62歩、後手玉にも嫌味が出てきました。47角を打たれると両取りなので、

75銀を打てば67と。67同銀は39角、67同玉は56角、軽い好手です。

88玉に47角も攻防です。後手有利になったでしょうか。79金は78歩があるので

68金同と同飛。金金と銀の交換では駒損がひどいようですが、63歩成を見て攻め味があります。

52金左に73銀成同銀65角。角を消して頑張ろうというわけで、悪い手ではなさそうですが後手を引きます。65角ではなくて74歩は同銀同銀同角成でだめですね。だけど65桂はあったのか。

65同角成同銀92玉、先に玉を逃げると(81はおかしいですが71はありそう)駒得の後手が良さそうなのです。72歩の先受けよりも良い受けです。

74銀右同銀同銀84金、攻め駒は多いので何かありそうなところなのですが、81銀同玉73桂も足りなさそうです。

85銀打同金同銀では銀が離れてしまうのでだめか。角を打たれて

78飛66角成97玉75金、86金の受けには77歩でしょうか、まだ何かあるかもしれませんが。

63歩成同金42角は形つくりです。

85金51角成76銀まで、詰めろで終わりでした。

 

ちょっと足りないようでも勝負形にできるのが玉頭位取りの長所で、金を取られてもまだ難しかったのですが(後手の飛が遊んでいるということがある)、もう少しが足りませんでした。松田先生はストレート負けでしたが、内容はそれほど悪くもないです。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1960/12/06
手合割:平手  
先手:松田茂行8段
後手:大山九段
手数----指手--
   1 2六歩(27)  
   2 3四歩(33)  
   3 7六歩(77)  
   4 4四歩(43)  
   5 2五歩(26)  
   6 3三角(22)  
   7 4八銀(39)  
   8 3二銀(31)  
   9 5六歩(57)  
  10 4二飛(82)  
  11 6八玉(59)  
  12 6二玉(51)  
  13 7八玉(68)  
  14 7二玉(62)  
  15 5八金(49)  
  16 8二玉(72)  
  17 9六歩(97)  
  18 7二銀(71)  
  19 6八銀(79)  
  20 5四歩(53)  
  21 5七銀(48)  
  22 6四歩(63)  
  23 7五歩(76)  
  24 4三銀(32)  
  25 7七銀(68)  
  26 4五歩(44)  
  27 7六銀(77)  
  28 4四銀(43)  
  29 6六歩(67)  
  30 5五歩(54)  
  31 6五歩(66)  
  32 5二飛(42)  
  33 6四歩(65)  
  34 5六歩(55)  
  35 6六銀(57)  
  36 5五銀(44)  
  37 同 銀(66)  
  38 同 飛(52)  
  39 6六銀打    
  40 5一飛(55)  
  41 6七金(58)  
  42 5七銀打    
  43 6五銀(66)  
  44 4六歩(45)  
  45 3三角成(88)
  46 同 桂(21)  
  47 7四歩(75)  
  48 同 歩(73)  
  49 5四歩打    
  50 4四角打    
  51 7七角打    
  52 6六歩打    
  53 5六金(67)  
  54 4七歩成(46)
  55 4五歩打    
  56 6七歩成(66)
  57 同 玉(78)  
  58 7七角成(44)
  59 同 玉(67)  
  60 5五歩打    
  61 5七金(56)  
  62 同 と(47)  
  63 7三歩打    
  64 同 桂(81)  
  65 7四銀(65)  
  66 6二歩打    
  67 7五銀打    
  68 6七と(57)  
  69 8八玉(77)  
  70 4七角打    
  71 6八金(69)  
  72 同 と(67)  
  73 同 飛(28)  
  74 5二金(41)  
  75 7三銀成(74)
  76 同 銀(72)  
  77 6五角打    
  78 同 角成(47)
  79 同 銀(76)  
  80 9二玉(82)  
  81 7四銀(65)  
  82 同 銀(73)  
  83 同 銀(75)  
  84 8四金打    
  85 8五銀打    
  86 同 金(84)  
  87 同 銀(74)  
  88 5七角打    
  89 7八飛(68)  
  90 6六角成(57)
  91 9七玉(88)  
  92 7五金打    
  93 6三歩成(64)
  94 同 金(52)  
  95 4二角打    
  96 8五金(75)  
  97 5一角成(42)
  98 7六銀打    
  99 投了        
まで98手で後手の勝ち

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋問題集20210922

2021-09-22 | 大山将棋研究

先手番大山先生の手を考えます。

第1問

 

先手が指しやすいのでどれもあり得ますが。

A 45歩  B 47銀  C 24歩

 

第2問

 

これにて先手有利、という局面になります。

A 33銀  B 52角  C 25歩

 

第3問

 

飛を切りました。どう寄せますか?

A 35歩  B 22金  C 42角成

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2114);相矢倉(松田茂行)

2021-09-22 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210922

昭和35年11月、松田茂行先生と第11期九段戦第3局です。

後手松田先生の振り飛車模様でしたが、25歩に33銀(32から)でうそ矢倉です。

46歩と54歩の対抗で

松田先生は早囲いです。現代ならば先手に米長流の急戦矢倉があるので、後手の作戦負けになりそうですが。

早囲いを生かすならば、31角のまま攻めるか、75歩同歩同角と動くかなのですが、64角でけん制するならば、普通の囲い方と違いません。

先手の四手角に対して、総矢倉で受ける形ですが、後手番とはいえおとなしすぎる感じはします。

29飛と引かれると、45歩を突かれて取れないわけで、後手の作戦負けかもしれません。64銀は45歩に55銀で反撃を見せたということか。

66歩に75歩同歩同銀、これは現代矢倉では棒銀にスイッチするときの手筋です。

76歩に84銀と引いて、93桂~86歩同歩85歩あるいは86歩同銀85銀とする攻め方です。しかし当時にはないので64銀でした。これは45歩を突かれて先手ペース。

62角56歩73銀、後手の駒が下がっていきますから、形勢は良くなりません。

44歩同金46銀43金引、これで角交換して

38角を打てるというわけですが。

28飛56角成57金83馬34歩、どう応じても先手の攻めが続きます。

34同銀35歩36歩、まあ仕方ないですが

銀桂交換で駒損です。45桂を打てるけれども、先手の攻め駒が増えるだけなのでだめでしょうね。

73馬46銀45歩、これで銀を取れればですが。

大山先生はもち歩を使い切っても2筋を攻めていきます。

25同歩同飛に、松田先生は34金右でしたが、24歩45飛44歩35飛ではつらいのでしょう。でもこれはいかにも寄せられそうな形です。

31角12玉、ここは先手が24歩25金23歩成か

単に23飛成かを選べるところですが、23飛成同玉42角成は詰めろ。受けるのは難しいです。

22飛に41馬

32歩31銀、

飛を取られてはだめで

ここまで。以下31銀に同馬同玉41飛成22玉31銀12玉32金で受け無しです。

 

大山先生の快勝に終わりましたが、相矢倉のの戦術が洗練されていない時代です。今ならばどういう陣形を取るべきかを考えると、理解が深まると思います。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1960/11/25
手合割:平手  
先手:大山九段
後手:松田茂行8段
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 3四歩(33)  
   3 2六歩(27)  
   4 4四歩(43)  
   5 4八銀(39)  
   6 3二銀(31)  
   7 2五歩(26)  
   8 3三銀(32)  
   9 3六歩(37)  
  10 5二金(61)  
  11 4六歩(47)  
  12 4三金(52)  
  13 7八金(69)  
  14 5四歩(53)  
  15 6九玉(59)  
  16 8四歩(83)  
  17 6八銀(79)  
  18 8五歩(84)  
  19 7七銀(68)  
  20 6二銀(71)  
  21 4七銀(48)  
  22 4二玉(51)  
  23 7九角(88)  
  24 3二玉(42)  
  25 6八角(79)  
  26 3一角(22)  
  27 5九角(68)  
  28 7四歩(73)  
  29 5八金(49)  
  30 6四角(31)  
  31 2六角(59)  
  32 7三角(64)  
  33 3七桂(29)  
  34 5三銀(62)  
  35 7九玉(69)  
  36 2二玉(32)  
  37 1六歩(17)  
  38 3二金(41)  
  39 2九飛(28)  
  40 9四歩(93)  
  41 8八玉(79)  
  42 6四銀(53)  
  43 6六歩(67)  
  44 7五歩(74)  
  45 同 歩(76)  
  46 同 銀(64)  
  47 7六歩打    
  48 6四銀(75)  
  49 4五歩(46)  
  50 6二角(73)  
  51 5六歩(57)  
  52 7三銀(64)  
  53 4四歩(45)  
  54 同 金(43)  
  55 4六銀(47)  
  56 4三金(44)  
  57 6二角成(26)
  58 同 銀(73)  
  59 3五歩(36)  
  60 3八角打    
  61 2八飛(29)  
  62 5六角成(38)
  63 5七金(58)  
  64 8三馬(56)  
  65 3四歩(35)  
  66 同 銀(33)  
  67 3五歩打    
  68 3六歩打    
  69 3四歩(35)  
  70 3七歩成(36)
  71 同 銀(46)  
  72 7三馬(83)  
  73 4六銀(37)  
  74 4五歩打    
  75 2四歩(25)  
  76 同 歩(23)  
  77 2三歩打    
  78 同 金(32)  
  79 2五歩打    
  80 同 歩(24)  
  81 同 飛(28)  
  82 3四金(43)  
  83 3一角打    
  84 1二玉(22)  
  85 2三飛成(25)
  86 同 玉(12)  
  87 4二角成(31)
  88 2二飛打    
  89 4一馬(42)  
  90 3二歩打    
  91 3一銀打    
  92 4六歩(45)  
  93 2二銀成(31)
  94 同 玉(23)  
  95 4二飛打    
  96 2三銀打    
  97 4三金打    
  98 投了        
まで97手で先手の勝ち

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋問題集20210921

2021-09-21 | 大山将棋研究

後手番大山先生の手を考えます。

第1問

 

指しすぎかもしれませんが、積極的に動きます。

A 65歩  B 45歩  C 84角

 

第2問

 

軽い手筋です。

A 65銀  B 56歩  C 38歩

 

第3問

 

攻める場所はどこでしょうか。

A 73桂  B 33香  C 83香

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2113);矢倉対雁木(松田茂行)

2021-09-21 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210921

昭和35年11月、松田茂行(茂役)先生と第11期九段戦第2局です。

大山先生の振り飛車のようでしたが、先手の96歩を見て84歩を突きます。

通常はうそ矢倉になるところですが

雁木を選びます。松田先生は47銀型で

袖飛車に。3筋の歩を切るのですが、

急ぎ過ぎたかもしれません。45歩を突かれて、79角65歩同歩46歩同銀45歩37銀36歩28銀では形が悪いです。なので45同歩ですが、

65歩で香取り。現代矢倉の感覚では18飛なのですが、

37歩では屈服です。46歩を打たれるのも面白くなくて、

58銀62飛。65歩同飛~45飛も面白くないですから、形よく収めるわけにはいかなくなっています。

79玉33桂55歩、矢倉に囲うことをあきらめて、中央で戦います。

55同歩65歩86歩同歩87歩、大山先生は調子よく攻めていきます。

87同金に45桂と使い、

46歩を取りに来られたら38歩。38同飛には65銀で好調です。

46飛39歩成で後手の駒得になりそうです。

56歩29と55歩19と、54歩には46角が王手です。

56金に43銀は妥協でしょう。46飛にひもが付いたとはいえ、銀を取らせて寄せに行く手を考えれば速かったのです。桂にひもを付けて43香くらいでした。

45桂を取られても香を打って

35飛48香成67銀47成香、これでも後手有利かといえばそれほどではないのです。4歩と香の交換で成香と金ありですが、45飛と寄られたら応対は難しかったでしょう。

45歩94歩35歩というのが松田先生のおかしな手順です。香を持たれると飛を殺されますから、端攻めをされて

1歩手に入れられて57歩、ここは悩ましいですが、95歩が最善だったでしょうか。

39桂96香、96同香は87桂から香を取られます。47桂99香成も同じで飛の詰めろになります。

96同香58成香77角95歩、この図は39桂が空振りで、後手の成香が好位置、香も取り返されますから先手不利です。

95同香同角36飛83香、後手を引いて香を据えられ

78玉82飛、8筋は88香と受けても94桂がありますから、

58銀同成香67玉は非常手段です。

86香に58玉、87香成には95角があるのですが、それでも悪いです。

大山先生は35歩同飛26銀36飛を入れてから、

金角を取り合って35金、飛を取るのが現実的に攻防です。

59角に86成香、76成香と取る寄せ方です。

88香の受けも87成香で問題がなく、

松田先生は54香~53香成で形つくり。

87飛成54歩

飛を取って18飛から

26銀まで使われて、

二枚飛車で挟撃されてはいけません。

ここまで。

 

松田先生は力戦のほうが好きなのでしょうが、矢倉を放棄しなければならないのでは予定通りではないではず。それでも後手の歩切れでバランスを保っていた(大山先生はやらかしがちです)のですが、ここせのような飛の「詰められよ」はおかしかったでしょう。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1960/11/16
手合割:平手  
先手:松田茂行8段
後手:大山九段
手数----指手--
   1 2六歩(27)  
   2 3四歩(33)  
   3 7六歩(77)  
   4 4四歩(43)  
   5 4八銀(39)  
   6 3二銀(31)  
   7 9六歩(97)  
   8 8四歩(83)  
   9 6八銀(79)  
  10 8五歩(84)  
  11 7七銀(68)  
  12 5二金(61)  
  13 5六歩(57)  
  14 5四歩(53)  
  15 7八金(69)  
  16 6二銀(71)  
  17 4六歩(47)  
  18 5三銀(62)  
  19 4七銀(48)  
  20 4三銀(32)  
  21 6六歩(67)  
  22 3二金(41)  
  23 5八金(49)  
  24 4一玉(51)  
  25 6七金(58)  
  26 7四歩(73)  
  27 6九玉(59)  
  28 6四歩(63)  
  29 3六歩(37)  
  30 3三角(22)  
  31 3八飛(28)  
  32 5一角(33)  
  33 3五歩(36)  
  34 同 歩(34)  
  35 同 飛(38)  
  36 7三角(51)  
  37 3八飛(35)  
  38 4五歩(44)  
  39 同 歩(46)  
  40 6五歩(64)  
  41 3七歩打    
  42 4六歩打    
  43 5八銀(47)  
  44 6二飛(82)  
  45 7九玉(69)  
  46 3三桂(21)  
  47 5五歩(56)  
  48 同 歩(54)  
  49 6五歩(66)  
  50 8六歩(85)  
  51 同 歩(87)  
  52 8七歩打    
  53 同 金(78)  
  54 4五桂(33)  
  55 6六銀(77)  
  56 5四銀(43)  
  57 4八飛(38)  
  58 3八歩打    
  59 4六飛(48)  
  60 3九歩成(38)
  61 5六歩打    
  62 2九と(39)  
  63 5五歩(56)  
  64 1九と(29)  
  65 5六金(67)  
  66 4三銀(54)  
  67 4五飛(46)  
  68 4四香打    
  69 3五飛(45)  
  70 4八香成(44)
  71 6七銀(58)  
  72 4七成香(48)
  73 4五歩打    
  74 9四歩(93)  
  75 2五歩(26)  
  76 9五歩(94)  
  77 同 歩(96)  
  78 同 香(91)  
  79 9六歩打    
  80 5七歩打    
  81 3九桂打    
  82 9六香(95)  
  83 同 香(99)  
  84 5八成香(47)
  85 7七角(88)  
  86 9五歩打    
  87 同 香(96)  
  88 同 角(73)  
  89 3六飛(35)  
  90 8三香打    
  91 7八玉(79)  
  92 8二飛(62)  
  93 5八銀(67)  
  94 同 歩成(57)
  95 6七玉(78)  
  96 8六香(83)  
  97 5八玉(67)  
  98 3五歩打    
  99 同 飛(36)  
 100 2六銀打    
 101 3六飛(35)  
 102 8七香成(86)
 103 9五角(77)  
 104 3五金打    
 105 5九角(95)  
 106 8六成香(87)
 107 8八香打    
 108 8七成香(86)
 109 5四香打    
 110 8八成香(87)
 111 5三香成(54)
 112 8七飛成(82)
 113 5四歩(55)  
 114 3六金(35)  
 115 同 歩(37)  
 116 1八飛打    
 117 4八銀打    
 118 3七銀成(26)
 119 5七銀(66)  
 120 7八龍(87)  
 121 6八金打    
 122 4八成銀(37)
 123 同 角(59)  
 124 6七銀打    
 125 4七玉(58)  
 126 6八銀(67)  
 127 投了        
まで126手で後手の勝ち

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋問題集20210920

2021-09-20 | 大山将棋研究

先手番加藤先生の手を考えます。

第1問

 

怖い手ではあるのですが、成立しています。

A 22歩  B 38飛  C 56金

 

第2問

 

攻防に角を打たれました。

A 77桂打  B 48飛  C 53歩成

 

第3問

 

どう応じても良さそうですが、より安全に。

A 98同金  B 76歩  C 68金

 

第4問

 

即詰みです。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする