名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

将棋上達法実践編(21)

2019-04-13 | 将棋上達法則

HくんとAくんのレッスンは終わり、名南将棋大会に参加してもらったら棋譜を点検する反省会で継続して教えています。少しずつ形になってい入るのですが、まだまだ勝てないでいます。

今年の1月に将棋教室の企画がありましたが、参加してもらった母娘がもっと教えて欲しいということで、新しいレッスンが始まりました。母Uさん、娘Sさんとしておきます。

初回が3/31で実力を見ましたが、ルールがわかっているというくらいです。

Uさんは守備的で振り飛車、Sさんは攻撃的で居飛車、と別れてしまいました。同じ時間で来てもらうので効率が悪いのですが、希望に合わせます。

4/6が2回目。

SさんにDSのソフトを買い与えたのでゲームで学ぶ分だけ上達が速くなるでしょう。

2人には5手詰めでは早すぎるので、基本3手詰を毎日やってもらいます。(3手詰めハンドブックが書店で見つかりませんでした。)母娘でやるのでさぼりにくいというのは良いところです。

Uさんには四間飛車名局集を並べてもらうというのはHくんと同じです。まだ意味は解らないと思いますが、部分的な手筋を覚えてもらえればよいです。

Sさんには鳥刺し戦法です。オッサン流振り飛車破りを買い与えてもまだ読みこなせない(新4年生)し、改良する部分もあるし、四間飛車以外にも定跡化しているので、オリジナルテキストです。

今日4/13が3回目。

Uさんは(娘の監督はしていても)自分で解いていないので3手詰めがまだまだ。

Sさんは面白くなったようで、1日1問で良いよ、と言ってあったのですがいっぱい解いた日もありました。結果としてまあまあ解けるようになっています。

2人とも棋譜の記号になれていないから、定跡並べ、棋譜並べはうまくいっていません。一緒に並べて、また1週間の課題にしました。

また、形勢判断のやり方を教え始めました。

 

2人とも個性があるのでどう教えるのが良いかを手探りしながら進めています。

 

 

コメント

将棋上達法実践編(20)

2019-02-04 | 将棋上達法則
Hくんのレッスンは1/26に25日目、2/2に26日目でした。
詰め将棋などさぼっていて習慣ではなくなったのでしょうね。退化しています。困りました。次回は名南将棋大会で、レッスンは最終回です。
棋譜並べと復習で4局




形勢判断をして、大局観を作り、いろいろな手を検討する、という復習です。
指導将棋(平手で手加減をします)をしましたが、これで大丈夫かなあと私が不安です。まあ実戦で負けてやる気が出るかも。
棋譜をつけながら対局させて、今後は名南将棋大会の棋譜の反省会を月1回行う予定です。

Aくんのほうはぶっつけ本番ですが、対局しながら見てあげましょう。

コメント

将棋上達法実践編(19)

2019-01-14 | 将棋上達法則
しばらくこの記事を書いていませんでした。

Hくんのレッスンは11/23に22日目、12/8に23日目、昨日が24日目でした。
詰め将棋は順調にこなしていましたが、冬休みにさぼっていたようでちょっと後退です。
棋譜並べは6局、復習の図面は5つあります。形勢判断をしてこういう手もあるよね、という検討をしました。
「今日の一手」を四間飛車名局集の棋譜でやっている感じです。

実戦では77角同角成同飛~27飛というのが味の良い手順です。

対穴熊では95歩と端を攻めるべきです。

33角が詰めろ逃れの王手。

85歩が後手の攻め駒を減らす手。

攻め駒を増やすには15歩。

12/9はAくんのレッスン10日目でした。
極限早繰り銀の変化、対矢倉まではなんとか終わりました。もっとやりたいのですが、卓球部のほうが忙しくて、レッスンはここまでになりそう。

2人とも2月の名南将棋大会に参加する予定です。まだまだ弱いのでいじめないでくださいね。


さて2人のレッスンも終わりに近づいたので、私の時間も空いてきます。教えてほしいお子様がいたらご連絡ください。
また今週末19,20日は将棋教室を開催します。
(このブログを読む方ならば必要ないかとおもうのですが念のため。)
コメント

将棋上達法実践編(18);相振り四間飛車

2018-11-13 | 将棋上達法則
Hくんのレッスンは10/27に20日目、11/10に21日目でした。
相振り飛車も四間飛車で通します。

四間飛車の時の理想は6筋と8筋の歩を一度に交換することです。

これは前回の記事に書いた金無双の崩し方です。

穴熊への端攻めとか

美濃囲いへの端攻めも

うまくいきます。

矢倉は63金型にはならないので7筋を攻めることができます。86銀が逆モーションですが良い構想です。

角筋を通されているときは66銀型で攻めます。75同歩同銀74歩22角成同飛74銀同銀55角

後手が歩切れなので91角成が厳しくて、△33角以下難しそうでも攻めがつながります。

相振り中飛車ならば65の位を取り66銀型に。玉の囲いは後回しで

石田流に組んで攻めればよいです。

中飛車左穴熊ならば、藤森先生の本を流用して、67歩のまま66銀型を作ります。

向い飛車に転じて飛車をさばく順、あるいは石田流でも十分に戦えます。

というのを教えました。先月の朝日アマでは相振り飛車ばかりで苦労していたので、興味をもって学んでいました。


11/10はAくんのレッスン9日目でした。
極限早繰り銀の後手番の変化を始めました。
私も棋風改造で鳥刺しや極限早繰り銀を指すようになったので、定跡のおさらいができるし、教えながら気づくことも多くて助かります。
コメント

将棋上達法実践編(17)

2018-10-21 | 将棋上達法則
先週10/14は朝日アマの東海予選会、Hくんは朝日盾C級に参加しました。
が、参加者1名のためB級に交じって4回戦、4連敗でした。4局とも相手が振り飛車党で、相振り飛車にしたのですが、教えていないのでどうしようもありませんね。
(前日10/13にちょっと教えておくつもりが、南生涯学習センターがお祭りで中止でした。)
4連敗でも優勝の賞状や盾をもらたので、悪くはないのですが。

さて昨日10/20はHくんのレッスン19日目です。
相手が振り飛車の時にどうするかというのを相談していたのですが、大山先生の位取りの将棋を1局並べてみて、相振りはこういうのがあるよ、という定跡を教えてみて、どうやら相振り飛車に決まりました。

角筋を止めずに68飛なら良いのではないかと先週にひらめきました。あれこれ考えていて、ネット検索もしてみたら将棋序盤のStorategyに記事がありました。
この形、後手からの角交換で居飛車にされるのは問題ない(角交換四間飛車は振り飛車から換える時代)ですし、84歩なら66歩で通常の形、42飛はともかく52飛や32飛を回避できれば、44歩~33角~22飛には作戦勝ちが望めます。

6筋8筋の歩を一度に交換できて

有名な端攻めの手筋を実現しやすいです。これを定跡として教えました。

後手番の時にどうするか、76歩34歩66歩に32飛から菅井流をやります、と予告しておきました。帰り道の自転車で、76歩34歩66歩も42飛でよいのではないか?と気が付いて(1手違うだけですし)、来週までに検討しておきます。


今日10/21はAくんのレッスン8日目でした。(中学生は部活もあるので進まないです。)

Aくんには極限早繰り銀の先手番の変化を終え、細かい変化やこれにて有利からどう指すか、というのを考えてもらいました。私が簡単だろうと思う手もなかなか見えないものですね。これからいろいろ吸収していくのでしょう。


コメント

将棋上達法実践編(16)

2018-10-08 | 将棋上達法則
9/22はHくんのレッスン17日目、今日はHくんのレッスン18日目、Aくんのレッスン7日目でした。

Hくんは9/22に棋譜並べを3局。
今日は並べた棋譜に中央位取り対策を書かれていたので、ついでにそのほかの戦型も対策を教えました。
中央位取り対策の復習と
玉頭位取り対策の復習
左美濃(四枚美濃)対策の藤井システム
の3つです。これでポピュラーな戦型は大丈夫だと思うのですが。
内容は四間飛車を指しこなす本3がとても参考になります。(その中で疑問に思うところがあり私の宿題です。)

あとは対振り飛車に何を採用するかですが
相振り飛車
居飛車をもって左美濃
居飛車をもって位取り(大山流)
など提案してみました。経験がないのでわからないでしょうが、とりあえず大山先生の位取りの将棋の棋譜を次回は並べてみようということになりました。76歩34歩66歩44歩78銀32銀67銀43銀というどちらが振るかという出だしの将棋です。


Aくんには極限早繰り銀を教え始めました。攻め将棋なんです。本の内容を学ぶのにレッスン4,5回くらいでしょうか。それで序盤は困らなくなるはずです。

何か最強の矛と盾を教えている気分ですが、今2人が対局したらどうなるのでしょうね。Hくんには鳥刺しを教えていないからなあ(聞かれたらどうしようかなあ)。
コメント

将棋上達法実践編(15);居飛車穴熊対策

2018-09-17 | 将棋上達法則
今日はHくんのレッスン16日目でした。

少し間があきましたが、前回に居飛車穴熊対策をたずねられました。友達に居飛車穴熊を指されたからですが、答えには悩みます。(私は居飛車党ですが穴熊は苦手なので、これまで見向きもしませんでした。)
ちょっと悩んで「浮き飛車作戦」がいいのかなあと考えました。
小林先生の本(スーパー四間飛車)に載っています。そのほかの本を調べて、どうやらこれは今では居飛車穴熊側の常識みたいなんですね。一応まとめました。昨夜立石流も使えるかなあとおもいついて、2つをミックスしてまとめてみました。
以下は定跡講座です。

<浮き飛車作戦>
☗7六歩☖3四歩☗2六歩☖4四歩☗4八銀☖4二飛☗6八玉☖6二玉☗7八玉☖7二銀
☗5六歩☖7一玉☗5七銀☖3二銀☗7七角☖3三角☗2五歩☖8二玉☗8八玉☖9四歩
☗9八香☖4五歩

98香の瞬間に45歩で角交換を挑みます。66歩と止める変化は
☗6六歩☖4四飛☗5八金右☖3五歩☗9九玉☖3四飛☗8八銀☖1四歩
☗7九金☖3六歩☗同 歩☖同 飛☗3七歩☖3五飛☗6八金寄☖1三桂

浮き飛車にして軽く飛車交換を目指します。
☗8六角☖6二金☗4六歩☖2五飛☗同 飛☖同 桂☗4五歩☖2八飛

後手陣には飛車の打ち込みがなく、29飛成~37桂成~47歩など横からゆっくり攻めていけば簡単でしょう。

先手の変化としては石田流の拒否で

(これを嫌うならば44飛の前に35歩ですが、38飛~36歩は少し面倒です。)
☗3六歩☖7四飛☗8六角☖7六飛

76の歩を取ってさばいていきます。
☗5三角成☖5五歩☗同 歩☖同 角☗1八飛☖5六歩☗同 銀☖6六飛☗5五銀☖6九飛成☗5九歩

後手の駒損ですが玉の堅さでは上回っています。67竜~47竜~27竜~28金などをねらってどうか。穴熊にはされないので実戦的には勝ちやすいのかなあと思います。

居飛車が角交換に応じる変化は

☗3三角成☖同 銀☗9九玉☖3五歩☗8八銀☖3二金☗7九金☖4四飛☗5八金☖3四飛
☗2六飛☖3六歩☗同 歩☖4四角

ゆっくり立石流で組んでも良いですが、早めに飛車交換に持ち込むこともできます。
☗2八飛☖3六飛☗3七歩☖2六飛☗同 飛☖同 角☗4一飛☖3一歩



さて、こういう戦いは居飛車穴熊側が好ましくないので、98香は保留して駒組みをする(66歩~67金~78金)のが常識なんですね。(こういうのを知りませんでした。)では振り飛車はどこで45歩を突くべきか検討してみたのですが、64歩や52金左を指さないで、早めについてしまうのが良いようです。
98香に代えて☗5八金右の時に☖4五歩

☗6六歩☖3五歩☗3八飛☖2四歩

居飛車の38飛は浮き飛車のけん制ですが、この時に24歩を突いて
☗同 歩☖4四飛☗2三歩成☖同 銀☗2八飛☖2四飛☗2五歩☖3四飛☗7八銀(か26飛か)

こうなれば互角でしょう。

あるいは24歩を取らないで
☗3六歩☖同 歩☗同 飛☖2五歩☗7八銀☖4三銀☗3七桂☖4四角☗4五桂☖3五歩
☗3九飛☖5二金左☗4六銀☖3四銀

こんな変化かも知れません。いずれにせよ居飛車は穴熊を放棄するので振り飛車が指しにくいことはないと思います。


もう少しわかりやすい指し方があります。
<立石流での居飛車穴熊対策>
☗7六歩☖3四歩☗2六歩☖4四歩☗4八銀☖4二飛☗6八玉☖6二玉☗7八玉☖7二銀
☗5六歩☖7一玉☗5七銀☖8二玉☗5八金右☖9四歩☗7七角☖3五歩

31銀型に構えて、58金右~77角を待って35歩と突きます。
☗2五歩☖4五歩

2筋を受けないで角交換を挑みます。
☗2二角成☖同 銀☗6八銀上☖3二金

33桂型では77角など自陣角で44飛~34飛を防ぐ対抗策があるのですが、22銀型ならば33銀で困りません。
☗6六歩☖4四飛☗6七銀☖3四飛☗7五歩☖3三銀

従来は49金型で玉頭位取りにする対抗策があった(飛車交換からの打ち込みに強い)のですが、58金の後で立石流にしているのが工夫です。少し早めに飛車交換をねらって動けます。

先手が角交換を拒否すると
☗6六歩☖3二金☗8六角

32金としないで44飛は65歩34飛22角成同銀43角31飛24歩・・・というちょっとややこしい変化になります。これを避けて32金。居飛車は86角でけん制すると
☖4三飛☗8八玉☖4二銀☗6七金☖4四飛☗7八銀☖3四飛

それでも石田流までもっていけます。26飛は44角~36歩で飛車交換。26飛でなければ3筋の歩を交換して指します。振り飛車まあまあでしょう。

立石流らしい変化は45歩の時に
☗2四歩☖同 歩☗同 飛☖3二金

飛車先を交換されても金を上がっておくのです。
☗9六歩☖2三歩☗2六飛☖7七角成☗同 桂☖2二銀☗6六歩☖4四飛

やはり22銀型で飛車を浮くのが無難です。この後は24飛とぶつける変化にしても良いのですが
☗8八玉☖3三桂☗7八銀☖3一銀☗1六歩☖1四歩☗8六歩☖2四歩

2筋の歩を突きだしていくのも良いです。
☗6七金☖2五歩☗2八飛☖2四飛☗2七歩☖3九角

角銀交換でも2筋を破る手筋(こういうのもHくんに覚えて欲しかった)があって
☗3八飛☖5七角成☗同 金☖2六歩☗同 歩☖同 飛☗2八歩☖2七歩

十分に指せます。

どちらも古い指し方ではありますが、浮き飛車で軽く指すほうが初心者にはわかりやすいと思います。有段者になるまでは(あるいはそれ以降も?)これで十分でしょう。

初心者に穴熊対策として藤井システムや44銀型は難しすぎると思います。大山流の無造作は力が必要です。角交換四間飛車が流行りますが、手筋が変わってくるので避けたかったのです。
うまくまとまりました。







コメント

将棋上達法実践編(14)

2018-08-25 | 将棋上達法則
8/19はHくんのレッスン15日目、今日はAくんのレッスン6日目でした。

Hくんは復習を2局

急がないで自玉に手をかけるのが森安流で25桂が攻防手です。

寄せ合いの理論として勉強しました。先手玉は2手すき、後手玉は3手すきくらいですが、後に攻防手(詰めろ逃れの詰めろ)が出現します。常識的には38金など受けておくものですが。

棋譜並べと指導対局をやって、とここまではいいのですが、居飛車穴熊の対策を聞かれました。
次回までの宿題としましたが、Hくんには藤井システムや角交換四間飛車ではなく、軽く石田流狙いの指し方「浮き飛車作戦」がいいのかなあと考えているところです。



Aくんには
禁断のオッサン流振り飛車破りの鳥刺し戦法のところを終えて、対中飛車、対三間飛車、対向い飛車の定跡を作って教えました。対三間飛車が一番難しいのですが、結構戦えます。
定跡の後は実戦形式でおさらいです。

次回からは極限早繰り銀を教える予定です。これで全戦型をカバーできるはずで、来年1月に名南将棋大会に参加するのを目標としました。




コメント

将棋上達法実践編(13)

2018-08-14 | 将棋上達法則
土曜日にはHくんのレッスン13日目、Aくんのレッスン5日目でした。今日もHくんのレッスンで14日目です。

Hくんは

棒銀の受け方を並べ、復習でほかの受け方を教えました。

ここで実戦は96歩同歩92香の端攻め。ほかの攻めは67銀79金29飛成~87桂。受けるなら64銀が良さそうだねという検討をしました。

次の将棋は高橋内藤で左美濃に対して急戦向い飛車に転じる将棋だったので、急戦向い飛車がうまくいく形を教えました。25歩33角が早いことが前提ですが、対穴熊ならばうまくいくことも多いでしょう。

一度二人で(というか私がヒントを出しながら)並べた棋譜を、もう一度一人で並べてもらうという形式が定着しました。手のつながり、指し手の意味がより意識されていると思います。だんだんスムーズにできるようになっているので棋力が上がってきたのではないでしょうか。
詰め将棋も盤駒を使いますが、一度自分なりに読もうとするようになりました。読む力もついてきたようです。まあ読み抜けなども多いのですが。

指導対局を1局。振り飛車から無理に動く、詰まないのに派手な手から考えてしまう、というのが反省するところでしょう。


Aくんには

禁断のオッサン流振り飛車破りの鳥刺し戦法のところを学びました。
ノートに定跡手順を印刷したものを張り付け、並べ、局面図を張り付け、説明文をノートするという感じです。対四間飛車は終わった(本ではここまで)なので、次回は対中飛車、対三間飛車、対向い飛車をやります。(私が定跡を作らねばなりません。)


せっかく教えているので、実戦で私の指す戦法も変えてみようかと思っています。鳥刺しと極限早繰り銀(次のテキスト)を主力にしようかと。この二つの組み合わせは相性が良いです。ほかの定跡を知らないでも全部カバーできるはず。


コメント

将棋上達法実践編(12)

2018-07-22 | 将棋上達法則
先週ははHくんだけレッスン12日目、昨日はHくんのレッスン13日目、Aくんのレッスン4日目でした。



Hくんは棋譜並べ、復習+本編で2局

43金もあるかもしれません。54角が攻防で天守閣美濃を攻略していきます。

寄せのセオリーを考えつつ、3手かけて飛車を取りに行く74桂

2日目の新しい棋譜並べは2局。その場で再度並べてもらうので進行がゆっくりになりました。手順を覚えられるようになると、読みの訓練にもなるのではないかと期待しています。タイムトライアルにするとやる気が出るようです。


Aくんには

禁断のオッサン流振り飛車破りをテキストに与えて、鳥刺し戦法を半分ほど並べたりノートしたり進めています。テキストの間違いを見つけ、疑いながら定跡を検討するのが面白い、上達方法の一つなんだよという話をしながらです。
鳥刺しだけで対振り飛車すべてカバーできるのか?というのが私の宿題です。

コメント