名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋問題集20210917

2021-09-17 | 大山将棋研究

先手番丸田先生の手を考えます。

第1問

 

先手有利に持っていきます。

A 98歩  B 34銀  C 45歩

 

第2問

 

自然な攻めが続きます。

A 81飛成  B 63銀  C 55歩

 

第3問

 

竜を捕獲されましたが。

A 31同竜  B 22竜  C 64桂

 

第4問

 

即詰みです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2109);相矢倉(丸田祐三)

2021-09-17 | 大山将棋研究

今日の棋譜

昭和35年10月、丸田祐三先生と第8回王座戦決勝三番勝負第3局です。

丸田先生の先手で矢倉です。

大山先生はまた53銀右の形。

丸田先生は47銀の形、今回は25歩を突いているので陽動中飛車などではないでしょう。

大山先生は早繰り銀です。(相矢倉では早繰り銀と言わないことが多いですが。)

75歩の攻めは先手に65歩を突かれたら失敗します。でもこの35歩では左右分裂しているでしょう。

96歩34銀97角。これは65歩ねらいなので

52金に24歩同歩同飛

23金28飛25歩、大山先生は高く受けたのですが、危なさそうです。

47金24金65銀、丸田先生が動きます。53銀74銀は難しいですが、

65同銀同歩53銀、これは先手だけ銀を手持ちにしたので指しやすいはず。

47金94歩36歩、36同歩には36同金~45金とぶつけるのかとも思いましたが、のちの手順のように79角~45歩かもしれません。

86歩同歩(同角と思いましたが)95歩、これでは先手の損に見えますが、

79角96歩35歩。35同銀は36歩44銀45歩33銀37桂でしょうか、先に45歩でしょうか、23歩を打ってからかもしれませんが、調子よく攻めることができます。端角のまま使うよりは、引き角が24金をねらって調子のよい攻めなのでした。

23銀に45歩

97歩成46角。この飛取りも気持ちよいです。

64歩同歩55歩68飛。丸田先生は と金を作られた分の駒損ですが、飛角が働いています。

65歩同飛54銀に飛は引いておいて十分なのですが(55歩~63歩成がある)、ぶつけてしまいました。(よくあることですが)大山先生は歩切れなので飛を交換するしかありません。

85同飛同歩49飛、先着できる方が少し得なので、形勢は難しくなったでしょう。

58玉89飛成79金99竜、とりあえず後手の駒得です。

61飛51桂63銀。63同銀は同歩成同金64歩53金62銀52金63歩成という調子で攻めが続きます。ということは51桂ではなくて51金で先手を取るほうが正しかったのか。

56歩は先手の角筋が通るのですが、57香とか57銀のねらいです。52銀成同玉63歩成。63同銀は62金から桂銀を取れそうです。丸田先生の攻めがつながり、先手有利になっています。

63同桂21飛成で角取り。大山先生は31銀ではつらいので銀を打ち込み、

金を手に入れて31金ですが。

22竜同金31角、詰めろ金取りです。

75桂は詰めろ逃れの攻防手ですが、先手玉は詰めろになっていません。丸田先生は53銀から後手玉を追って、

53角成は詰めろでしょう。とはいえ大山先生に良い受けはありません。

79竜で形つくり。54馬から詰まされました。92玉に93歩を打てるので、93同桂82銀成同玉73成銀以下。

 

大山先生は相手に研究されないように、矢倉でも変わった指し方を心掛けているのでしょうか。でも急戦を目指したのに35歩からの盛り上がりの構想では失敗するでしょうね。

丸田先生は攻めの姿勢が良かったようで、逆転優勝できました。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1960/10/11
手合割:平手  
先手:丸田祐三8段
後手:大山名人
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 8四歩(83)  
   3 6八銀(79)  
   4 3四歩(33)  
   5 7七銀(68)  
   6 6二銀(71)  
   7 2六歩(27)  
   8 4二銀(31)  
   9 4八銀(39)  
  10 5四歩(53)  
  11 7八金(69)  
  12 5三銀(62)  
  13 2五歩(26)  
  14 3三銀(42)  
  15 4六歩(47)  
  16 3二金(41)  
  17 4七銀(48)  
  18 4一玉(51)  
  19 6九玉(59)  
  20 7四歩(73)  
  21 5八金(49)  
  22 6四銀(53)  
  23 6六歩(67)  
  24 8五歩(84)  
  25 5六銀(47)  
  26 3五歩(34)  
  27 9六歩(97)  
  28 3四銀(33)  
  29 9七角(88)  
  30 5二金(61)  
  31 2四歩(25)  
  32 同 歩(23)  
  33 同 飛(28)  
  34 2三金(32)  
  35 2八飛(24)  
  36 2五歩打    
  37 4七金(58)  
  38 2四金(23)  
  39 6五銀(56)  
  40 同 銀(64)  
  41 同 歩(66)  
  42 5三銀打    
  43 5六歩(57)  
  44 9四歩(93)  
  45 3六歩(37)  
  46 8六歩(85)  
  47 同 歩(87)  
  48 9五歩(94)  
  49 7九角(97)  
  50 9六歩(95)  
  51 3五歩(36)  
  52 2三銀(34)  
  53 4五歩(46)  
  54 9七歩成(96)
  55 4六角(79)  
  56 6四歩(63)  
  57 同 歩(65)  
  58 5五歩(54)  
  59 6八飛(28)  
  60 6五歩打    
  61 同 飛(68)  
  62 5四銀(53)  
  63 8五飛(65)  
  64 同 飛(82)  
  65 同 歩(86)  
  66 4九飛打    
  67 5八玉(69)  
  68 8九飛成(49)
  69 7九金(78)  
  70 9九龍(89)  
  71 6一飛打    
  72 5一桂打    
  73 6三銀打    
  74 5六歩(55)  
  75 5二銀成(63)
  76 同 玉(41)  
  77 6三歩成(64)
  78 同 桂(51)  
  79 2一飛成(61)
  80 5七銀打    
  81 同 金(47)  
  82 同 歩成(56)
  83 同 玉(58)  
  84 5五香打    
  85 5六歩打    
  86 3一金打    
  87 2二龍(21)  
  88 同 金(31)  
  89 3一角打    
  90 7五桂(63)  
  91 5三銀打    
  92 6三玉(52)  
  93 6四銀成(53)
  94 7二玉(63)  
  95 5三角成(31)
  96 7九龍(99)  
  97 5四馬(53)  
  98 8二玉(72)  
  99 7一銀打    
 100 9三玉(82)  
 101 8四金打    
 102 投了        
まで101手で先手の勝ち

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋問題集20210916

2021-09-16 | 大山将棋研究

後手番丸田先生の手を考えます。

第1問

 

駒得なのですが難しい形勢です。この手は勝負手でしょう。

A 58歩  B 32金  C 86歩

 

第2問

 

攻めるならばこの手です。

A 69角  B 87歩成  C 65桂

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2108);陽動中飛車(丸田祐三)

2021-09-16 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210916

昭和35年9月、丸田祐三先生と第8回王座戦決勝三番勝負の第2局です。

大山先生の先手で矢倉です。

56歩と64歩の対抗ですが

先手の57銀型は珍しいです。

先手は総矢倉に組んでいくのですが、丸田先生は65歩を突く将棋にしないで中飛車に。

玉を41に移動すれば矢倉中飛車ですが、右にもっていけば陽動中飛車の分類です。大山先生は67金左から78玉型、5筋の歩交換を避けて46銀の形にしています。

36歩44銀57銀、後手から55歩同歩同銀同角は面白くないのでしょうが、2手損になりました。

丸田先生は5筋の歩を交換し

大山先生は2筋の歩を交換します。

45銀46歩54銀引、ここまで来れば後手から65歩をねらえるでしょう。22角の利きも通っていますし、後手の作戦勝ちだと思います。

大山先生は後手に65歩と来られる前に、7筋から動きます。

75同歩86銀51飛75銀74歩。この形は84銀81飛73銀成同金と進むのもあり得るところですが。

まあ86銀のほうが普通で、丸田先生は81飛、8筋からの反撃をねらいます。こうなると右玉と区別がつきません。

77銀85歩76金、大山先生は他に攻めるところもないので、金銀の厚みを生かしての勝負です。

65歩に76金、かなりの厚みです。

64銀に97角

63金65歩同銀66歩、ここで金銀交換は歓迎です。

54銀に75歩、ちょっと強引ですが、攻めるところはここしかないでしょう。

金銀交換して角を引いたら、端を攻められました。

64銀62金打

63銀成同銀95歩。ここで丸田先生は96歩が無難でしたが、

95香と欲張ったら、42角成と捨てられました。

42同金95香。香角の交換は駒得なのですが、端の香を捨てているのは(右玉と思えば)痛手です。23飛成と92香成があるのでどうするか。

両方は受からないので58歩ですか。丸田先生らしい歩使いですが、23飛成には59歩成で勝負になるのでしょう。22竜69角88玉86歩は確かに厳しそうです。よって大山先生は92香成。

31飛と逃げるのが幸便で、23飛成に32金と守れます。でも22竜は怖いか。22同金94角83銀82金61玉83角成52玉は先手の駒得になっているかもしれません。

自重して28竜には59歩成。この と金はかなり働きがあります。

76銀(8筋を受けて67金にひもを付けた)27歩同竜86歩。86同歩には88歩同玉75歩同銀49角の筋でしょうか、単に58とでしょうか。

77金(49角の筋を受けて8筋の強化)75歩。

75同銀に26歩同竜44角を入れるのですが、歩切れになって余計な交換でした。

28竜(横利きで守れるのが大きい)に65桂、これが決まるかどうか。

65同歩69角。この王手に、大山先生としては竜の利きがあるので68玉~59玉とかわしていくのが正しかったのです。

もちろん88玉とはできませんから67玉のほうを選びましたが87歩成。

66金74歩

64銀75銀。ここで投了でした。後手から64銀上同歩58銀という詰み筋があるのですが、55歩とか、75同銀同歩同金はまだ頑張れるのではないかと。なぜ指さなかったのかが不思議です。

 

派手な角捨てがあるし、面白い戦いだったのですが、最後のところが不可解です。玉の逃げ方を間違えて、気が抜けてしまったのでしょうか?

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1960/09/27
手合割:平手  
先手:大山名人
後手:丸田祐三8段
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 8四歩(83)  
   3 7八銀(79)  
   4 3四歩(33)  
   5 7七銀(78)  
   6 4二銀(31)  
   7 2六歩(27)  
   8 6二銀(71)  
   9 4八銀(39)  
  10 3二金(41)  
  11 5六歩(57)  
  12 6四歩(63)  
  13 7八金(69)  
  14 6三銀(62)  
  15 6九玉(59)  
  16 7四歩(73)  
  17 5七銀(48)  
  18 5四歩(53)  
  19 2五歩(26)  
  20 3三銀(42)  
  21 5八金(49)  
  22 7三桂(81)  
  23 6六歩(67)  
  24 5二飛(82)  
  25 6七金(78)  
  26 6二金(61)  
  27 7八玉(69)  
  28 6一玉(51)  
  29 4六銀(57)  
  30 7二玉(61)  
  31 3六歩(37)  
  32 4四銀(33)  
  33 5七銀(46)  
  34 5五歩(54)  
  35 同 歩(56)  
  36 同 銀(44)  
  37 5六歩打    
  38 4四銀(55)  
  39 2四歩(25)  
  40 同 歩(23)  
  41 同 飛(28)  
  42 2三歩打    
  43 2八飛(24)  
  44 4五銀(44)  
  45 4六歩(47)  
  46 5四銀(45)  
  47 9六歩(97)  
  48 9四歩(93)  
  49 7五歩(76)  
  50 同 歩(74)  
  51 8六銀(77)  
  52 5一飛(52)  
  53 7五銀(86)  
  54 7四歩打    
  55 8六銀(75)  
  56 8一飛(51)  
  57 7七銀(86)  
  58 8五歩(84)  
  59 7六金(67)  
  60 6五歩(64)  
  61 6七金(58)  
  62 6四銀(63)  
  63 9七角(88)  
  64 6三金(62)  
  65 6五歩(66)  
  66 同 銀(54)  
  67 6六歩打    
  68 5四銀(65)  
  69 7五歩打    
  70 同 歩(74)  
  71 同 金(76)  
  72 同 銀(64)  
  73 同 角(97)  
  74 7四歩打    
  75 9七角(75)  
  76 9五歩(94)  
  77 6四銀打    
  78 6二金打    
  79 6三銀成(64)
  80 同 銀(54)  
  81 9五歩(96)  
  82 同 香(91)  
  83 4二角成(97)
  84 同 金(32)  
  85 9五香(99)  
  86 5八歩打    
  87 9二香成(95)
  88 3一飛(81)  
  89 2三飛成(28)
  90 3二金(42)  
  91 2八龍(23)  
  92 5九歩成(58)
  93 7六銀(77)  
  94 2七歩打    
  95 同 龍(28)  
  96 8六歩(85)  
  97 7七金(67)  
  98 7五歩(74)  
  99 同 銀(76)  
 100 2六歩打    
 101 同 龍(27)  
 102 4四角(22)  
 103 2八龍(26)  
 104 6五桂(73)  
 105 同 歩(66)  
 106 6九角打    
 107 6七玉(78)  
 108 8七歩成(86)
 109 6六金(77)  
 110 7四歩打    
 111 6四銀(75)  
 112 7五銀打    
 113 投了        
まで112手で後手の勝ち

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋問題集20210915

2021-09-15 | 大山将棋研究

先手番大山先生の手を考えます。

第1問

 

両取りの受け方は悩ましいです。

A 67金右  B 67銀  C 77銀

 

第2問

 

しっかり受けます。

A 55銀  B 59桂  C 58銀

 

第3問

 

即詰みです。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2107);陽動向い飛車(塚田正夫)

2021-09-15 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210915

昭和35年9月、塚田正夫先生と第1期王位戦第5局です。

塚田先生の振り飛車模様でしたが、62銀と上がります。

袖飛車で先手玉を直接攻めるという戦法は当時にあったのでしょうか?内藤先生の定跡書があります。

77銀に72飛ではなくて22飛、陽動向い飛車です。先手の78金を見て、ではなくて77銀を見て、ではあまり得をしていないですが。

先手の玉頭位取りを避けたという意味合いはあります。大山先生は右の銀桂を使っておきます。

左銀で5筋の歩を交換して

中央に銀を進出します。塚田先生は美濃囲いにできないのですが、囲いを強化していきます。

大山先生は87玉型に。端の位を取っているからということなのでしょうか。

金銀4枚が連結していませんが、こんな形です。後手玉が堅くて先手玉は広いと見るのでしょうか。

塚田先生はうまい待ち方が無かったということなのでしょう、65歩同桂64銀と動き出しますが、1歩損しているので、無理をしています。

73桂成同金寄88玉55歩、勢いでもう1歩損をします。

銀桂の総交換ですが2歩損の歩切れでは面白くないです。69銀を打てるけれどそれだけでは追いつきません。

51飛56歩65銀、1歩手にいれたら改善するでしょうか。

66銀54銀上

77銀打56銀57歩65銀引

65銀同銀66歩。これで54銀と引くようでは後手に厳しい手がありませんが。

66同銀同銀65歩、銀を捨てて

66桂を打ちます。大山先生は銀を埋めて

割打ちを打たれますが、(金を取られたとして)金金と銀銀桂の交換で少し駒得です。

28飛55金56銀打。こういう時は駒を打って受けるのが正しいです。

78銀成同玉66歩、ここも

59桂と受けておくところでしょう。46金の桂取りに49桂ではもったいないから

54桂53角42銀、両取りをかけます。

42同角同桂成37金

飛の取り合いにはせず68飛、塚田先生は飛を切って勝負です。

56同歩に58歩。攻め駒は4枚あるので切れないでしょう。

66飛59歩成

46角69銀。先手玉は詰めろが続くかどうかくらい(現状は2手すきか3手すきでの後手番)の状態です。

69同飛同と で2手すき。後手玉はどうでしょうか。

73角成同金71銀、実は即詰みでした。

 

大山先生は終始リードしていて、そのまま勝ち切って王位を獲得、四冠王です。先手は変な囲いに見えたのですが、大駒の交換にでもならなければ大丈夫なのですか。現代将棋にはない感覚だと思います。AIの評価は悪くないので、バランスがとれていると見るのか。考えさせられます。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1960/09/19
手合割:平手  
先手:大山名人
後手:塚田正夫9段
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 3四歩(33)  
   3 2六歩(27)  
   4 4四歩(43)  
   5 2五歩(26)  
   6 3三角(22)  
   7 4八銀(39)  
   8 3二銀(31)  
   9 5六歩(57)  
  10 5四歩(53)  
  11 6八玉(59)  
  12 4三銀(32)  
  13 7八玉(68)  
  14 6二銀(71)  
  15 6八銀(79)  
  16 5三銀(62)  
  17 3六歩(37)  
  18 7四歩(73)  
  19 7七銀(68)  
  20 2二飛(82)  
  21 5八金(49)  
  22 6二玉(51)  
  23 4六歩(47)  
  24 7二玉(62)  
  25 9六歩(97)  
  26 5二金(41)  
  27 4七銀(48)  
  28 6四歩(63)  
  29 3七桂(29)  
  30 5一角(33)  
  31 6六銀(77)  
  32 3三桂(21)  
  33 5五歩(56)  
  34 同 歩(54)  
  35 同 銀(66)  
  36 5四歩打    
  37 6六銀(55)  
  38 8二玉(72)  
  39 9五歩(96)  
  40 7二金(61)  
  41 5六銀(47)  
  42 6三金(52)  
  43 1六歩(17)  
  44 1四歩(13)  
  45 8六歩(87)  
  46 2一飛(22)  
  47 8七玉(78)  
  48 7三桂(81)  
  49 7七桂(89)  
  50 4二角(51)  
  51 7九角(88)  
  52 8四歩(83)  
  53 7八金(69)  
  54 6五歩(64)  
  55 同 桂(77)  
  56 6四銀(53)  
  57 7三桂成(65)
  58 同 金(63)  
  59 8八玉(87)  
  60 5五歩(54)  
  61 同 銀(56)  
  62 同 銀(64)  
  63 同 銀(66)  
  64 5一飛(21)  
  65 5六歩打    
  66 6五銀打    
  67 6六銀(55)  
  68 5四銀(43)  
  69 7七銀打    
  70 5六銀(65)  
  71 5七歩打    
  72 6五銀(56)  
  73 同 銀(66)  
  74 同 銀(54)  
  75 6六歩(67)  
  76 同 銀(65)  
  77 同 銀(77)  
  78 6五歩打    
  79 同 銀(66)  
  80 6六桂打    
  81 7七銀打    
  82 5八桂成(66)
  83 同 飛(28)  
  84 6九銀打    
  85 2八飛(58)  
  86 5五金打    
  87 5六銀打    
  88 7八銀成(69)
  89 同 玉(88)  
  90 6六歩打    
  91 5九桂打    
  92 4六金(55)  
  93 5四桂打    
  94 5三角(42)  
  95 4二銀打    
  96 同 角(53)  
  97 同 桂成(54)
  98 3七金(46)  
  99 6八飛(28)  
 100 5六飛(51)  
 101 同 歩(57)  
 102 5八歩打    
 103 6六飛(68)  
 104 5九歩成(58)
 105 4六角(79)  
 106 6九銀打    
 107 同 飛(66)  
 108 同 と(59)  
 109 7三角成(46)
 110 同 金(72)  
 111 7一銀打    
 112 投了        
まで111手で先手の勝ち

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋問題集20210914

2021-09-14 | 大山将棋研究

先手番塚田先生の手を考えます。

第1問

 

銀取りの受け方です。

A 34歩  B 36歩  C 36飛

 

第2問

 

この端攻めも厳しいのですが。

A 51と  B 85飛  C 97香

 

第3問

 

方針を決めます。

A 52と  B 88馬  C 77香

 

第4問

 

気が付けば簡単な詰みです。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2106);三間飛車に急戦(塚田正夫)

2021-09-14 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210914

昭和35年9月、塚田正夫先生と第1期王位戦第4局です。

塚田先生の先手で76歩34歩に96歩とは何でしょうね。この頃に振り飛車を指してはいないと思いますが。端を受けたら横歩取りにする研究をしていたのでもないでしょうし。大山先生が端歩を受けない振り飛車を指していたので、端攻めを絡めた急戦策を考えていたのか?

大山先生は端を受けずに35歩です。これだけ見ると振り飛車ブームのころに、どちらが飛を振るかの駆け引きみたいなのですが、そうではなかったはずです。35歩自体が珍しく(先手番で76歩34歩75歩とは指されない)、升田式石田流はもっと後です。

26歩44歩25歩33角、これは香落ちの35歩ということか。平手でもどれだけ有効か、指してみようと思ったということなのでしょう。

三間飛車に対して、塚田先生は47銀型です。

玉を移動したら早速36歩と動きます。この辺りは香落ちでの経験もあるのでしょう。

36同歩同銀に大山先生の82玉はのんびりし過ぎたようです。銀を出られて悪くしたのでは。と言って代案は36銀72玉の位置の時に45歩くらいしか思いつきませんが。

36歩を打てば26飛、ここで45歩を突くのではなくて

37歩成同桂を入れてから45歩というのがおかしな手です。36歩を打たずに進めていれば、先手に37桂と使われていなくて1歩持っていましたから。

33角成同飛36歩、この36歩では34歩もあるのですが、34同銀44銀の時に後手が35銀と出る手がある、その時に37桂の形のほうが後手の得だと読んでいたのでしょう。それが歩を成り捨てた意味だと思います。が、先手にこの36歩を打たれるならば、成り捨てなければ良かったと。まあその前の局面でしくじっていたので、両方とも後手の都合通りにはいかなかったのでしょうね。

46歩45桂31飛、塚田先生は右桂がさばけて十分すぎる図です。53桂不成あるいは53桂成で桂と金(あるいは銀)を交換して58金右が自然な指し手です。

24歩47歩成23歩成57と、これは後手の と金の位置が良いので失敗したでしょう。「57の と金に負けはなし」は例外もあるでしょうが、昔から言われます。

58歩37角24飛、だけど53桂不成が残っているので、まだ先手よしか。

67と同玉19角成22角52銀、53桂不成を逃して怪しくなったか。

42歩は厳しいですが、飛を切られて

51金左の図は、銀香と飛の交換で玉が露出しています。

11角成46馬78玉45馬

67歩55桂88玉

67桂成32と。先手の攻めは確実で駒得は期待できそうなのですが、後手の攻め駒は4枚あります。68香から攻められるのは無理な感じではありますが、食いつかれるかもしれません。23歩あるいは23香も嫌な手です。形勢逆転でもおかしくないところですが。

44歩41歩成、これはちょっと助かったかも。金銀を手に入れると守りにも使えますから。

55馬98玉94歩(77香など別の攻めを考えるところか)、「端玉には端歩」ですが、これならば手番があります。51と95歩61と96歩では先手の負けですが、

85飛は攻防の手(馬取り)で、66馬に44馬。後手の馬が消えると後手玉に詰み筋も見えてきます。

76馬86香(詰めろ)84香、飛は逃げられないので、

84同飛同歩51と

72金77香、先手玉が安全になってきました。77で清算は後手玉に詰み筋も生じるので歓迎です。

65馬75金で先手ペース。玉頭戦なので持ち駒を打った方が良くなります。

75同馬同香95歩、とうとう端玉の嫌味を突かれました。

45馬66成桂38角、これは詰めろです。

54銀52と、馬を取ってもらえば後手玉が詰みます。

大山先生の94飛は攻防の手で、88玉96歩。

塚田先生の62銀って変な手です。61銀を打つつもりがとっさに方針変更したみたいな。後手に銀を渡しそうで、先手玉も危なくなります。61と が普通でした。大山先生は97歩成同香77金

77同桂97飛成78玉まではよいけれど、そこで良い手が無かったのか。この65香は攻防なのですが、

取られてしまうので逆転に至りません。65同角(65同桂もあるか)同成桂71銀成、

71同玉62金同金同金同と同玉65桂、一目詰めろだけど53桂成から追いかけていくのは長そうで、73から行けばよいのか。馬を取られても桂を取られても後手玉が詰むでしょう。

大山先生は89角から馬を抜きましたが

73香成まで。74桂を打てるので簡単です。

 

塚田先生は良い将棋を落としての連敗で、すっかり調子をおかしくしていたのでしょう。変な手が目につきますが、なんとか勝ち切りました。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1960/09/07
手合割:平手  
先手:塚田正夫9段
後手:大山名人
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 3四歩(33)  
   3 9六歩(97)  
   4 3五歩(34)  
   5 2六歩(27)  
   6 4四歩(43)  
   7 2五歩(26)  
   8 3三角(22)  
   9 4八銀(39)  
  10 3二飛(82)  
  11 4六歩(47)  
  12 4二銀(31)  
  13 4七銀(48)  
  14 6二玉(51)  
  15 6八玉(59)  
  16 7二玉(62)  
  17 7八玉(68)  
  18 4三銀(42)  
  19 3六歩(37)  
  20 同 歩(35)  
  21 同 銀(47)  
  22 8二玉(72)  
  23 3五銀(36)  
  24 3六歩打    
  25 2六飛(28)  
  26 3七歩成(36)
  27 同 桂(29)  
  28 4五歩(44)  
  29 3三角成(88)
  30 同 飛(32)  
  31 3六歩打    
  32 4六歩(45)  
  33 4五桂(37)  
  34 3一飛(33)  
  35 2四歩(25)  
  36 4七歩成(46)
  37 2三歩成(24)
  38 5七と(47)  
  39 5八歩打    
  40 3七角打    
  41 2四飛(26)  
  42 6七と(57)  
  43 同 玉(78)  
  44 1九角成(37)
  45 2二角打    
  46 5二銀(43)  
  47 4二歩打    
  48 3五飛(31)  
  49 同 歩(36)  
  50 5一金(41)  
  51 7八玉(67)  
  52 4六馬(19)  
  53 1一角成(22)
  54 4五馬(46)  
  55 6七歩打    
  56 5五桂打    
  57 8八玉(78)  
  58 6七桂成(55)
  59 3二と(23)  
  60 4四歩打    
  61 4一歩成(42)
  62 5五馬(45)  
  63 9八玉(88)  
  64 9四歩(93)  
  65 8五飛打    
  66 6六馬(55)  
  67 4四馬(11)  
  68 7六馬(66)  
  69 8六香打    
  70 8四香打    
  71 同 飛(85)  
  72 同 歩(83)  
  73 5一と(41)  
  74 7二金(61)  
  75 7七香打    
  76 6五馬(76)  
  77 7五金打    
  78 同 馬(65)  
  79 同 香(77)  
  80 9五歩(94)  
  81 4五馬(44)  
  82 6六成桂(67)
  83 3八角打    
  84 5四銀打    
  85 5二と(51)  
  86 9四飛打    
  87 8八玉(98)  
  88 9六歩(95)  
  89 6二銀打    
  90 9七歩成(96)
  91 同 香(99)  
  92 7七金打    
  93 同 桂(89)  
  94 9七飛成(94)
  95 7八玉(88)  
  96 6五香打    
  97 同 角(38)  
  98 同 成桂(66)
  99 7一銀成(62)
 100 同 玉(82)  
 101 6二金打    
 102 同 金(72)  
 103 同 と(52)  
 104 同 玉(71)  
 105 6五桂(77)  
 106 8九角打    
 107 6八玉(78)  
 108 4五角成(89)
 109 7三香成(75)
 110 投了        
まで109手で先手の勝ち

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋問題集20210913

2021-09-13 | 大山将棋研究

後手番大山先生の手を考えます。

第1問

 

持ち歩が多いから、とこんなところから攻めました。

A 75歩  B 88歩  C 57歩

 

第2問

 

先手玉に詰めろをかけます。

A 47角  B 58銀  C 55角

 

第3問

 

馬を逃げているわけにはいきません。

A 69銀  B 87銀  C 59同馬

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山将棋研究(2105);雁木(丸田祐三)

2021-09-13 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210913

昭和35年9月、丸田祐三先生と第8回王座戦決勝三番勝負第1局です。

丸田先生の先手で相掛り、これも久しぶりです。

浮き飛車と引き飛車で

5筋の歩を突き合うのは旧型です。

大山先生は角筋を止めて

雁木に組みます。

早繰り銀(64銀)に、丸田先生は66銀と受けて

現代では好まれない47金型に構えます。大山先生は銀を引いたので

55歩64歩、これで中央位取りにでもなれば穏やかですが、

丸田先生は仕掛けます。3筋4筋と突き捨てて

45同桂ではなくて33歩ですか。これは両取りがあるので33同桂しかないでしょう。

54歩同銀55銀

銀交換して手番があるので先手ペースでしょうか。33角成同角45桂だって成立するかもしれません。

端に手を付けました。これで歩切れになるので12同香に21銀の筋でしょう。

54金77角12香、ここで21銀ではなくて

56金は良い手のような甘い手のような。大山先生は持ち歩が多いので88歩から攻めます。

88同角に86歩同歩85歩、銀を持っているので85同歩86歩は後手有利になりそうです。

21銀86歩

83歩同飛84歩同飛66角。歩切れなので後手が良さそうです。

82飛12銀成、ここで大山先生は角を逃げることもできますが、

87歩成84香、丸田先生としてはこれくらいしかないという手順です。

78と同玉52飛22成銀同金で一段落。金銀と角香の交換は互角くらいです。玉の堅さも同等、攻め駒は3対3ですから形勢も互角です。

63角に86歩88歩62金、81角成もありますが、

52角成同玉45桂、丸田先生に角金桂を使った自然な攻めがあります。

44歩33桂成同金

12飛42桂91香成55歩、先手が少し駒得になり、玉が薄いという状態です。金を引くのもありそうですが、

55同金同金同角、そこで大山先生の65金は変な手です。受けるならば54金のはずで、後で76金から寄せる攻防の手だというわけでしょうが。先手に攻め駒が多いので後手玉に寄せがありそうなのです。53歩が良さそうに見えますが、

丸田先生の45桂も厳しいです。32金に44角では他の手もあったはず。33歩ではおかしくて、53歩も逃げられそう。54歩が良さそうかな。この角捨ては

金と交換ということになります。後手玉は54桂が詰めろになるので2手すき。

大山先生の47角は87銀からの詰めろだったとは。先の65金が利いています。丸田先生は58歩を打って

58同角成59金、馬を逃げてもらえれば寄せ合い速度は逆転でした。大山先生は銀を捨てます。69同金には87銀79玉88銀成同玉87歩成同玉69馬から、詰まないですが詰めろはかかります。

77玉に85銀、これは55角を打つ詰めろです。ここまで。

 

形勢はほぼ互角が続いていて、攻めている丸田先生にすこし分があるのですが、先手玉が薄いので間違えるとすぐにひっくり返ります。角を捨てて2手すきではいけなかったのですね。面白い将棋でした。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1960/09/04
手合割:平手  
先手:丸田祐三8段
後手:大山名人
手数----指手--
   1 2六歩(27)  
   2 8四歩(83)  
   3 2五歩(26)  
   4 8五歩(84)  
   5 7八金(69)  
   6 3二金(41)  
   7 2四歩(25)  
   8 同 歩(23)  
   9 同 飛(28)  
  10 2三歩打    
  11 2六飛(24)  
  12 3四歩(33)  
  13 7六歩(77)  
  14 8六歩(85)  
  15 同 歩(87)  
  16 同 飛(82)  
  17 8七歩打    
  18 8二飛(86)  
  19 4八銀(39)  
  20 6二銀(71)  
  21 3六歩(37)  
  22 5四歩(53)  
  23 5六歩(57)  
  24 5三銀(62)  
  25 6九玉(59)  
  26 4四歩(43)  
  27 5八金(49)  
  28 4二銀(31)  
  29 4六歩(47)  
  30 4三銀(42)  
  31 6八銀(79)  
  32 7四歩(73)  
  33 5七銀(48)  
  34 6四銀(53)  
  35 6六銀(57)  
  36 4一玉(51)  
  37 3七桂(29)  
  38 5二金(61)  
  39 9六歩(97)  
  40 9四歩(93)  
  41 1六歩(17)  
  42 1四歩(13)  
  43 4七金(58)  
  44 5三銀(64)  
  45 5五歩(56)  
  46 6四歩(63)  
  47 3五歩(36)  
  48 同 歩(34)  
  49 4五歩(46)  
  50 同 歩(44)  
  51 3三歩打    
  52 同 桂(21)  
  53 5四歩(55)  
  54 同 銀(53)  
  55 5五銀(66)  
  56 同 銀(54)  
  57 同 角(88)  
  58 5三金(52)  
  59 1五歩(16)  
  60 同 歩(14)  
  61 1二歩打    
  62 5四金(53)  
  63 7七角(55)  
  64 1二香(11)  
  65 5六金(47)  
  66 8八歩打    
  67 同 角(77)  
  68 8六歩打    
  69 同 歩(87)  
  70 8五歩打    
  71 2一銀打    
  72 8六歩(85)  
  73 8三歩打    
  74 同 飛(82)  
  75 8四歩打    
  76 同 飛(83)  
  77 6六角(88)  
  78 8二飛(84)  
  79 1二銀成(21)
  80 8七歩成(86)
  81 8四香打    
  82 7八と(87)  
  83 同 玉(69)  
  84 5二飛(82)  
  85 2二成銀(12)
  86 同 金(32)  
  87 6三角打    
  88 8六歩打    
  89 8八歩打    
  90 6二金打    
  91 5二角成(63)
  92 同 玉(41)  
  93 4五桂(37)  
  94 4四歩打    
  95 3三桂成(45)
  96 同 金(22)  
  97 1二飛打    
  98 4二桂打    
  99 8一香成(84)
 100 5五歩打    
 101 同 金(56)  
 102 同 金(54)  
 103 同 角(66)  
 104 6五金打    
 105 4五桂打    
 106 3二金(33)  
 107 4四角(55)  
 108 同 銀(43)  
 109 3二飛成(12)
 110 4七角打    
 111 5八歩打    
 112 同 角成(47)
 113 5九金打    
 114 6九銀打    
 115 7七玉(78)  
 116 8五銀打    
 117 投了        
まで116手で後手の勝ち

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする