私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

海の試し描き : 風景画事始め

2018-01-19 07:33:13 | 水彩画
2018年1月19日(金)

2枚のハガキに海を描いてみた。


風景画がまともに描けるようになるには何年もかかるんぞ。
まだ、静物画もまとまらんのんじゃけえな。
と、お師匠さんに言われる。

が、早く描けるようになりたいのだ。
ガサや釣りをした地点の風景写真の代わりにしたいのだ。

何度も密漁の跡や愛好家による採集の場面に出くわすと、
場所が特定されることが怖くなってしまう。

「やはり野におけレンゲ草」派の私としては、
「レア物お持ち帰り」派の方々の気持ちはよくわかるけど、
情報提供はさけておきたいし・・・

かといって
大多数を占める「野のレンゲ草、何それ?」派の方々には、
「こんな魚たちも生きてるんですよっ!」って伝えたいし・・・

パーツに分解しつつ、お絵かき練習をしていこっと。
はよ、うまくならんかなあ・・・
『魚』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かんむりに思うこと | トップ | イシドジョウの思い出 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
応援しています! (紅実子)
2018-01-19 19:31:15
私魚人さん、こんばんは!
アウトドアの趣味からインドアの趣味へ波及し、 両方そろいましたね。
素晴らしい!! 
これからも、私魚人さんらしく、自由に思い切ったチャレンジを続けてくださいね。
楽しみに観させていただきます。
有難うございます (私魚人)
2018-01-20 07:00:38
紅実子さん おはようございます!

インドア生活の中心にあるのは多量の魚類関係の書籍なんです。
ただ、紹介したいと思っても、著作権違反は避けたいなあと思うようになって・・・
合法の範囲で紹介できる書籍なんてのを調べるのも面倒くさいし・・・
自作の物なら何の問題もおきませんものね。
特に何か指摘やクレームがあったわけではないんですが。

ま、今は冬眠・家籠もりしておきます。

やはり私魚人さんだった!? (紅実子)
2018-01-20 10:58:11
そうだったんですか?
やはり私魚人さんは、淡水魚一筋ですね!

それにしても、1,000冊も処分したのに、まだ多量の書籍が…!?
淡水魚一筋の私魚人さんに対し、私は気が多すぎて収拾が付かない状態…という違いはありますが、
書籍の多さという点については、似たようなものを感じます。

こちらも、その書籍関係について近々投稿する予定でいますので、
またよろしくお願いします。
Unknown (私魚人)
2018-01-20 13:56:15
こちらこそよろしくお願いします。

紅実子さん宅に書籍溢れてることは確実ですよねえ。
私の場合と違って、きっと生活に生かされてる書籍たちなんだろうなと、いつもブログを読ませてもらいつつ、感じてます。

コメントを投稿

水彩画」カテゴリの最新記事