「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

放射性物質を全国に拡散させる政治家や官僚を許してはならない!

2011-06-30 03:04:30 | 福島第一原発と放射能

 

 

 放射性物質を全国に拡散させる動きが強まっています。絶対にこれを許してはなりません。一般ゴミの焼却で最大8000ベクレルも出ることなどで、東京が追い込まれている状況を考えると、全国でふつうのゴミの焼却でも、放射性物質がでていないか細かく確認を続けるべきです。この観点から考えると、他の地域からのガレキは、西日本では絶対に引き受けてはなりません。そんなものを引き受ければ間違いなく放射性物質は全国に拡散します。今、大切な事は被曝していない、もしくは比較的被曝していない地域がどこなのかを確定し、その地域がさらに被曝しないように最大限に努力する事しかありません。

 

 また、高濃度の汚染をされている汚泥を肥料として流通させる動きが強まっています。放射性セシウムの濃度が1キログラムで200ベク レル以下の汚泥や汚泥の焼却灰は肥料として利用できるという考えです。農水省は、高濃度汚染の汚泥を、汚染の少ない汚泥で希釈して肥料にし、基準をクリアするという方法論で、全国に放射性物質を撒き散らそうとしています。よろしいでしょうか。希釈されたとはいえ、一定レベル以上の放射性物質を含有するものが全国に蔓延していきます。大変な危険です。しかも、そこには、トロンチウムが含まれているかもしれません。今後、どの地域でストロンチウムが出てくるのか注視していますし、ここまであまりストロンチウムが、出てこないのは、検出をしようとしていないのだろうと僕はおもいます。こうした危険のある高濃度の汚泥を全国に拡散させる事は許してはなりません。

 

 政治家や官僚がきちんと判断せず、放射性物質が拡散していくと、許しがたい話になります。全国民を追い込んでいく構図です。こうしたことは、チェルノブイリの際に、昔ドイツでもおきたことです。皆が立ち上がってこれを阻止するしか方法はありません。許しておくと、僕らの次の世代の未来が奪われます。負けてはなりません。

 

 別の話です。高世仁さんとは昔からよく知っていて、映像ジャーナリストとして著名な方ですが、高世さんがチェルノブイリを取材した番組がCSの専門チャンネルで放送されるそうです。僕と高世さんとの間に、この問題について見解の相違もありますが、現地の状況を踏まえて、きちんと取材し、何がありうるのかという観点は大切です。これが、地上波で流れないのが、今のテレビの現実です。

 

ジン・ネット独自製作

「チェルノブイリ―『フクシマ』への教訓」朝日ニュースターで、6回放送。

 

6月30日(木)22時~22時55分 

7月 1日(金)深夜26時~26時55分 

7月 3日(日)19時~19時55分 

7月 4日(月)14時~14時55分 

7月 5日(火)早朝4時~4時55分 

7月 7日(木)17時~17時55分

  =====================================================================

 

 

ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に退避すべきだと僕は思います。優先順位は「避難する」ことです。僕はそれしか言う事ありません。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く退避することをすすめます。 

 

 

 

 

 

加工食品の原材料がどこのもので、さらにいつごろのものなのかで、内部被曝する可能性の有無を確認できる可能性があります。http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/b8c8f85c5ce80be6f2fafabcf0c8f66eこの記事のコメント欄で、それに特化した形でコメントをしてください。ネットからの二次情報でなく、ご自身が直接調べた情報をコメントしてください。この際、注意していただきたいのは、個別企業の批判的なコメントは一切書かずに、客観的に事実情報をまとめる形で作りたいです。下記のスタイルで書き込みを。

①企業名

②商品名

③製造場所(この記号はどこの工場までわかれば)

④主要な原材料

⑤原材料の産地

⑥賞味期限などから製造年月日がいつで、原材料の調達がいつか。

⑦放射能対応の有無、具体的な対応

 ====================================================================

 僕への様々な問い合わせはまず、メールでお願いします。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

コメント (39)

土壌調査を関東よりも西でも行う必要性を痛感しています。

2011-06-29 00:47:03 | 福島第一原発と放射能

 放射性物質の核種がどのくらい、西日本でもきているのかは調べてみないと分かりません。首都圏の土壌調査の結果は、百五十ヶ所程度のうち、まだ五分の一しか返ってきていないですが、セシウムが数千ベクレルを超えているところが何箇所もあれば、全く検出されないところや数十ベクレルの場所もある状態です。数百ベクレルの場所は珍しくありません。大半の場所では、セシウム137とセシウム134が同じような量で出ているところが多く、都内でセシウム134の降下量は多くないはずと公的機関がアナウンスしていた事は、ほぼ違うなと思っています。この原発事故の前は、日本で最も多い、東海村あたりでどんなに多くても数十ベクレル程度しか土壌に蓄積されていなかったセシウムが、その数倍から百倍近くまで首都圏で蓄積されている事がこの土壌調査ではっきりとわかるでしょうし、仮にあなたの家が線量が低くても、そうした環境に取り囲まれた世界の中で、あなたが生き続けるのかどうかということだと、僕は思います。僕自身も、大切な人には首都圏からの退避をずっと呼びかけていますし、このブログやフェイスブック、ツイッターなど僕が使用可能なスキームの中では、再三話している通りです。

 こうした点で、避難を考える人たちの間で、西日本にホットスポットがどこにあるのかということは、複数個所情報がきていますが、土壌調査を行う前には、線量情報のみでは、あまりにもハッキリしない部分があります。ひとつは、松戸や柏のように鮮明な数値ではなく、例えば都内の低いところと西日本のホットスポットは同じくらいの話ですから、線量という要素のみで確定がしづらいです。方法としてはそれよりも有効なのは、実際に土壌調査を行う事だと思います。関東より西のエリアで、特に避難を考えている人の間で、避難先がホットスポットなのを避けたいという心理があることはよくわかりますので、この話進めていくつもりです。

 例えば、きのう届いた情報では岡山県赤磐市で土壌調査を行った人がいて、セシウムは不検出、ヨウ素が自然由来と見られるものが15ベクレルとなり、この方は、かなり安心されていました。土壌調査のよびかけもまた、おこないますのでご注意下さい。

 また、全国の汚染状況を適切にチェックする一つのメルクマールは、全国でお茶の荒茶の検査をおこなうことです。乾燥して水が飛ぶ、お茶の葉っぱ、荒茶は、放射性物質がもっともわかりやすいです。ほかに、山菜やきのこなども確認が必要です。チェルノブイリのときにも山菜、きのこは顕著に出ました。わずか数ベクレルですが、大分のどんこで出ていることからも、見つけやすい対象物です。こういう食品の検査が、西日本であまり行われていない事は、安心すべきではありません。おのおのの自治体に、色んな食品検査を要求すべきですし、「放射能防御プロジェクト」という感じの団体を、西日本ベースで立ち上げて、民間での食品計測をお金を出して始める必要を強く感じています。これは、ごみ焼却の際に、放射性物質が飛灰で検出されているかどうかの確認も、全国で為すべきです。対応が限定しているのはおかしいです。

 ところで、都は放射性物質は焼却の際に九十五パーセント以上捕捉できると報道機関に説明していますが、そもそも都の清掃工場は、そもそも放射性物質を焼却する想定はないと聞いています。非常におかしな説明だと僕は感じています。恐らく、もし放射能が循環してダダもれる構造がはっきりすると、ゴミ焼却がストップするしかなくなるからです。それは、都市機能の終了を意味します。百万都市ナポリがゴミで追い詰められましたが、一千万人を優に超える東京はその比較にはなりません。放射能とゴミの問題を突き詰めていくだけでも、東京がどこまで追い詰められているのか、いい加減に理解して欲しいと思います。

ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に退避すべきだと僕は思います。優先順位は「避難する」ことです。僕はそれしか言う事ありません。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く退避することをすすめます。 

 

==========================================================================

加工食品の原材料がどこのもので、さらにいつごろのものなのかで、内部被曝する可能性の有無を確認できる可能性があります。http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/b8c8f85c5ce80be6f2fafabcf0c8f66eこの記事のコメント欄で、それに特化した形でコメントをしてください。ネットからの二次情報でなく、ご自身が直接調べた情報をコメントしてください。この際、注意していただきたいのは、個別企業の批判的なコメントは一切書かずに、客観的に事実情報をまとめる形で作りたいです。下記のスタイルで書き込みを。

①企業名

②商品名

③製造場所(この記号はどこの工場までわかれば)

④主要な原材料

⑤原材料の産地

⑥賞味期限などから製造年月日がいつで、原材料の調達がいつか。

⑦放射能対応の有無、具体的な対応

 ====================================================================

 僕への様々な問い合わせはまず、メールでお願いします。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 また、下記の書き込みについて詳しく伺いたいのでメール下さい。気になりますよね。

===============================

千葉県内産婦の最近臨床感想を少し… (千葉県人として)

2011-06-27 21:29:23
木下様 いつも拝見しています。

私は千葉県人の一人…産婦人科に勤める者ですが、ここ2週間あまり、お子様をお産みになられる方々、ことごとく低出生体重児です。正産期(妊娠37週以降)であっても、2300g以下の子供ばかり生まれます。ここ最近 不思議… 臨床での?、まさか放射線の影響? 懸念は強くなるばかりです。気のせいだと 祈るばかりですが…。
コメント (46)

清掃工場ゴミ焼却から高濃度の放射性物質は、東京の大都市機能の限界が示されている

2011-06-28 05:15:39 | 福島第一原発と放射能

 活性汚泥のみならず、一般ゴミの焼却についても、都内の清掃工場では、ダストとして集塵された飛灰が、江戸川区の清掃工場では9000ベクレルを超えていて、大田区の清掃工場でも6000ベクレルを超えていたようです。他の清掃工場も殆ど1000ベクレルを超えています。こうしたことは一時的な現象では、恐らくありません。これから東京で、ゴミを燃やすと、一定以上の放射性物質が出てくることは、恒常的になるということです。これは、由々しき事態です。過去に大都市が機能するかしないかの生命線となるのは、いくつかのポイントのうちの一つはゴミ処理です。ゴミを処理できなくなれば、その都市が大都市としての機能を果たせるのかどうかは難しくなります。そして、今回おきているのは、世界有数のメトロポリタンである東京で、一般ごみの焼却をすれば恒常的に大量の放射性物質が出るということです。こういう立場に立たされた都市が、首都機能を維持できるのかどうかは、難しい側面があると僕は思います。活性汚泥問題は、汚泥の処理には困るものの、ある種の都市の洗浄システムの中での状況があらわれているものです。放射性物質が水で流されれていくことで、都市機能を取り戻す作業の側面もあります。汚泥の行き場所を適切に定めればです。しかしながら、ごみ焼却は、ふつうに焼却する中に放射性物質が含まれていて、さらにダストとして再拡散する構造になります。これは、放射性物質が拡散する事を止める方法はなくなります。これは、東京でゴミを燃やせるのかという事ですし、吸着システムを作っても、その放射性物質の存在は変わりません。一般ゴミでここまで明確に出てくると、東京という大都市システムが維持できるのかという問いかけが僕の中でさらに強まります。本当に腹立たしい事ですが、東京が首都として機能することは、さらに厳しくなったと僕は思います。西日本でもホットスポットもありますが、同様の状況とは違います。(ガレキを受け入れなければですが。)東京、首都圏が厳しくて退避すべきだと、僕が言う中身は、放射性物質の降下量が格段に多く、土壌や食料などからの内部被曝も含めて、厳しいという認識でしたが、さらに一般ゴミの焼却でも問題が明確化したことで切羽つまっていくと思います。大都市として東京がこのままのかたちで、あり続けられるとは、僕はまるで思いません。

 福島第一原発は、冷却の循環システムが、配管から水漏れが見つかり、約1時間半で、注水を停止したそうです。やはり、うまくいっていないということだけは、確認しておきます。

ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に退避すべきだと僕は思います。優先順位は「避難する」ことです。僕はそれしか言う事ありません。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く退避することをすすめます。   

 

==========================================================================

加工食品の原材料がどこのもので、さらにいつごろのものなのかで、内部被曝する可能性の有無を確認できる可能性があります。http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/b8c8f85c5ce80be6f2fafabcf0c8f66eこの記事のコメント欄で、それに特化した形でコメントをしてください。ネットからの二次情報でなく、ご自身が直接調べた情報をコメントしてください。この際、注意していただきたいのは、個別企業の批判的なコメントは一切書かずに、客観的に事実情報をまとめる形で作りたいです。下記のスタイルで書き込みを。

①企業名

②商品名

③製造場所(この記号はどこの工場までわかれば)

④主要な原材料

⑤原材料の産地

⑥賞味期限などから製造年月日がいつで、原材料の調達がいつか。

⑦放射能対応の有無、具体的な対応

 

 

====================================================================

 

僕への様々な問い合わせはまず、メールでお願いします。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

コメント (33)

ホットスポットを探せ!空間線量と蓄積されている放射性物質の関係。

2011-06-27 03:49:38 | 福島第一原発と放射能

 ここのところ、実際に西日本各地からガイガーカウンターの数値が高いという報告は聞いていて、空間線量と蓄積されている放射性物質の相関関係は一定程度はあるとおもっています。しかしながら、数値は明確に高いほどではなく、例えばγ線で0.05マイクロシーベルトほど高い程度だと、空気中を漂っているダストはあるものの、土壌にセシウムなどの放射性物質が吸着が、どの程度あるのか見極めていかなければいけないと思います。ダストとして、放射性物質が一定程度全国に拡散しているのは、もう常識ですが、そのレベルを超えて、ホットスポットというものをどうやって発見するのかが、大きなポイントになります。チェルノブイリの時には、実際に何らかの症状が出始めて、そのことから逆算してホットスポットを割り出していく経緯がありました。それ以外には、色んな作物の検査結果がオープンにされていく過程の中で、ヨーロッパ内の各国で、その国の中でのホットスポットが解明されていく実態があります。こうしたことが、前例としてある事が分かっているはずですから、色んな形で、ホットスポットの解明を西日本でも続ける必要があります。

  ひとつ、ヒントになるのは、過去に光化学スモッグや大気汚染のひどいエリアは確認作業は早めにしたほうがよいと思います。気体として舞うことから、過去の公害事例でひどい場所は、関東からの避難者には、避ける方がよいとアドバイスはしています。

 他には平野が広がっているエリアでは、そこでの十メートル程度の高低差は、かなりの差になっている感じがしています。東京で顕著に出ているホットスポットが、やはり低地に集中している事から、放射性物質の漂い方は特徴があるようです。

土壌調査は、調査会社の事務作業中で、まだ結果の数字が三割程度しか、かえってきていません。首都圏で150箇所以上の数字がまとめて公表されるのは、はじめてです。社会的に、きちんと公開しますし、ブログでもお伝えします。ただしとりまとめるまで、時間がかかる事は認識下さい。これが一つの目安と考えています。

 

 

 =========================================================

加工食品の原材料がどこのもので、さらにいつごろのものなのかで、内部被曝する可能性の有無を確認できる可能性があります。http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/b8c8f85c5ce80be6f2fafabcf0c8f66eこの記事のコメント欄で、それに特化した形でコメントをしてください。ネットからの二次情報でなく、ご自身が直接調べた情報をコメントしてください。この際、注意していただきたいのは、個別企業の批判的なコメントは一切書かずに、客観的に事実情報をまとめる形で作りたいです。下記のスタイルで書き込みを。

①企業名

②商品名

③製造場所(この記号はどこの工場までわかれば)

④主要な原材料

⑤原材料の産地

⑥賞味期限などから製造年月日がいつで、原材料の調達がいつか。

⑦放射能対応の有無、具体的な対応

==========================================

ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に退避すべきだと僕は思います。優先順位は「避難する」ことです。僕はそれしか言う事ありません。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く退避することをすすめます。

 

僕への様々な問い合わせはまず、メールでお願いします。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

コメント (18)

チェルノブイリ・ダストならぬ「フクシマダイイチ・ダスト」に僕らはどう立ち向かうか

2011-06-26 01:14:08 | 福島第一原発と放射能
 
 このブログにAnnals of New York Academy of Science (2009)P.92の翻訳が出ていましたので、そこからの引用です。チェルノブイリの際に、呼吸器系疾患の初期症状が出ていたことの記述です。僕が何回も書いている、放射性の微細な微粒子というのも、ホット・パーティクルといわれていたり、チェルノブイリ・ダストといわれていたりします。
 
 
======================================================
呼吸器系疾患の初期症状(日本語訳)
 
5.5 呼吸器系疾患

チェルノブイリからのフォールアウトによって汚染された地域では、いたるところで呼吸器系の罹患が著しく増加している。鼻腔、喉、気管、気管支、肺などの呼吸器系の疾患は、放射線による影響の中でも、明白なる最初の影響であり、(症状は)鼻血や喉の刺激感から肺がんにまで及んでいた。ホット・パーティクル、別名 ”チェルノブイリ・ダスト” は、溶融した核燃料に由来する放射性核種と共に、金属の建造物や、土壌、etc.からの微粒子をも含んでいた(詳細は第1章参照)。これらの微粒子は、ウラン酸化物の低可溶性のゆえに、長期間にわたって肺の組織内に残存するのである。事故につづく初期の何日かの間において大人の口、喉、気管などの呼吸器系におこった諸症状は、基本的に、放射性核種がガスあるいはエアロゾールという形態であったこと関係していた。この初期の期間においては、I-131、Ru-106、Ce-144が呼吸器系に最も深刻な影響を与えた(IAEA, 1992; Chuchalin et al., 1998; Kut’kov et al., 1993; Tereshenko et al., 2004)。さらに、ホット・パーティクルと外部被ばくによって、呼吸器系疾患にさらなるダメージが引き起こされた。それは、また、免疫系やホルモンが変化したことも影響している。最も小さなホット・パーティクル(<5μm)は、容易に肺の最深部まで到達し、いっぽうそれより大きな微粒子は、肺より上部の呼吸気道でトラップされたのである(Khrushch et al., 1988; Ivanov et al., 1990; IAEA, 1994)。
http://terrylazybee.blog51.fc2.com/blog-entry-195.html
 
======================================================
 こうした微細な放射性物質にどういうふうに対抗手段があるのかが、僕らの未来はかかっていると思います。チェルノブイリ・ダストならぬ「フクシマダイイチ・ダスト」は、今も続いています。止められなければ、危機が続きます。もちろん福島県内は言うに及ばず、首都圏、関東全域では、その場所にとどまることは僕はすすめられません。小出先生が東京でも年間1ミリシーベルトを超えるところに、子どもを住まわせたくないと発言されたようです。ホット・パーティクルというか、「フクシマダイイチ・ダスト」を考えていくと、関東全域で子どもはおけないと僕はもう一度強く言います。

 ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に退避すべきだと僕は思います。優先順位は「避難する」ことです。僕はそれしか言う事ありません。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く退避することをすすめます。

=========================================================

加工食品の原材料がどこのもので、さらにいつごろのものなのかで、内部被曝する可能性の有無を確認できる可能性があります。http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/b8c8f85c5ce80be6f2fafabcf0c8f66eこの記事のコメント欄で、それに特化した形でコメントをしてください。ネットからの二次情報でなく、ご自身が直接調べた情報をコメントしてください。この際、注意していただきたいのは、個別企業の批判的なコメントは一切書かずに、客観的に事実情報をまとめる形で作りたいです。下記のスタイルで書き込みを。

①企業名

②商品名

③製造場所(この記号はどこの工場までわかれば)

④主要な原材料

⑤原材料の産地

⑥賞味期限などから製造年月日がいつで、原材料の調達がいつか。

⑦放射能対応の有無、具体的な対応

==========================================

名古屋近辺のあま市のお寺での講演会にも五十人の方が参加して、夜九時ごろまで熱い議論が続きました。名古屋のような、こうした動きになかなか踏み込まない風土のエリアでも、考え続けている人々、特に多くの女性が詰め掛けていました。首都圏のみならず、西日本各地でも、さらに訴えかけるつもりです。

僕への様々な問い合わせはまず、メールでお願いします。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 
 


コメント (31)

きょう午後三時から名古屋近辺で講演会です。このあたりも放射線量は高くなっています。

2011-06-25 02:47:41 | 福島第一原発と放射能

本日は名古屋で講演会です。僕は移動中です。お近くの方はどうぞ。

このあたりもβ線源もとる機種(γ線のみよりかなり高めに出ます)で高さ一メートル0.16マイクロシーベルトの数字が出ています。土壌は0.22マイクロシーベルト。思っているより高いです。名古屋の栄でγ線のみで0.15マイクロシーベルト数字が出ている話とも符合しますね。

 

「脱原発@愛知名古屋 木下黄太講演会 ~放射能汚染被害の実態と対策~」
日時:6月25日(土)午後3時から

場所:愛知県あま市甚目寺町甚目寺観音法花院
会費:500円
申し込み先 
oddiyana@gmail.com

問い合わせ:http://datsugen-aichi-nagoya.net/?page_id=6
企画担当:林久義
企画者よりのメッセージ
「いろんなところで木下氏の講演会が行われますが、各会の方どなたかが核となって下さい。
互いに連絡を取り合いたいです。この各地域地域の核になる会が、結ばれ融合してゆく事を期待します。1)FBの広がりから2)各地域での会の結成3)各地域の融合体への展開4)そして、大きな声をあげられる行動へ、みなさんの更なるご提案等を期待しています。」

コメント (9)

高濃度汚染地域特定と低濃度地域の除染の徹底を。特に西日本を。

2011-06-24 02:39:08 | 福島第一原発と放射能

 放射能汚染を拡大しないために、次に必要な事は汚染されているエリアをどんどん特定して、高濃度に汚染されている場所とそうでないところを識別し、特に除染が可能な場所から、除染を中心とした社会システムに切り替えていく作業が大切になってきます。土壌の汚染が深刻な場所は、はっきりいって難しいです。特に日本国内にどういう場所にそういうところがあるのか、特定する作業を進める必要があります。

 福島などの東北や関東は当然の事ですが、ことはそれにとどまりません。甲信越、中部、北陸、関西くらいまでのエリアの中では、恐らく局所的にホットスポットが出来ている可能性があります。こうしたところをいち早く突き止めるため、自治体ごとに十数か所くらいは、土壌調査をおこなうべきです。そして、特にセシウムがたまっている場所をいち早くみつけることが大切です。そうするとどこが、高濃度に汚染されている、どこがあまり汚染されていないというのがハッキリするはずです。いろんな意見があっても汚染されている場所がどこなのかをハッキリさせる事が大切です。岩手県の一関の教育委員会が、群馬大の早川教授の指摘に抗議をしたという話を見ましたが、根本的におかしいです。間違いかどうか、一関の土壌を十箇所程度土壌調査をして、セシウムを調べれば、実際に放射性物質があるかどうかがわかる。調べればよいのです。調べていくと、事実がはっきりする。事実がはっきりすると、高濃度なのかそうでないのかがわかってきます。間違いなら、その時に抗議すべきです。調べたほうがよいのです。危険を指摘する声には真摯に耳を傾けなければならない。そうしたことが必要です。調べる場所は念のためには、日本全国に及んだほうがよいかもしれません。思わぬ落とし穴がどこにあるのかわかりません。西の方で、山の谷間のエリアや湾岸の風が吹き溜まる場所で、高いエリアの報告は僕にも届いています。

 地域の特定に一年程度は時間がかかるかもしれない。時間がかかってもそれをすすめることで、いろんなことがずいぶんと変化してきます。高濃度と低濃度で区分けをしていくと、おのずと住める場所と住めない場所がはっきりとしてきます。住める場所であっても住む事を維持するためには、いろんな作業が必要になってくる。その根幹が「除染」です。ある種の除染をビジネスとして展開する状況は恐らくそう遠い先の話ではありません。除染をするのかしないのかで、恐らくその地域の存亡がかかってきます。玄関の出入り口で除染を中心とした作業が不可欠になるように、都市の出入り口である、高速道路や駅、空港などでもさまざまな除染のシステムが必要になる。

どこが高濃度で、どこが低濃度か見極める作業、さらに平行して除染をすすめる作業。特に、低濃度の可能性が高い西日本などでは、今から真剣に取り組むかどうかで、将来が大きく変わるかもしれない。

「ガレキはいらないが、人は受け入れる」ということは、こうした感覚の反映でもあると思います。

 

================================================

名古屋であす講演会です。

「脱原発@愛知名古屋 木下黄太講演会 ~放射能汚染被害の実態と対策~」
日時:6月25日(土)午後3時から

場所:愛知県あま市甚目寺町甚目寺観音法花院
会費:カンパ500円
申し込み先 oddiyana@gmail.com

問い合わせ:http://datsugen-aichi-nagoya.net/?page_id=6
企画担当:林久義
企画者よりのメッセージ
「いろんなところで木下氏の講演会が行われますが、各会の方どなたかが核となって下さい。
互いに連絡を取り合いたいです。この各地域地域の核になる会が、結ばれ融合してゆく事を期待します。1)FBの広がりから2)各地域での会の結成3)各地域の融合体への展開4)そして、大きな声をあげられる行動へ、みなさんの更なるご提案等を期待しています。」

=========================================

 

 ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に退避すべきだと僕は思います。優先順位は「避難する」ことです。僕はそれしか言う事ありません。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く退避することをすすめます。

コメント (83)

避難しても必要な放射能防御策①「加工食品の内部被曝を避ける」ためリストを作る呼びかけ

2011-06-23 00:42:59 | 福島第一原発と放射能

 私は、何と言われても、しつこく、この夏に避難する事を福島はもちろんのこと、首都圏、関東全域の汚染エリアの人々によびかけますが、避難をしても、避難できなくても、必要なのが、内部被曝をどうさけるのかというポイントです。そのことで、このところ、人々がまず欲しているのは、食品からの放射能の安全をどう守るのかということです。この安全を担保する方法は難しいのですが、肉魚野菜などとれたものをそのまま食するものは、産地偽装さえなければ、自分がいろいろと判断できます。しかし、加工食品は違います。加工食品の原材料がどこのもので、さらにいつごろのものなのかで、内部被曝する可能性の有無を確認できる可能性があります。このため、この記事のコメント欄は、それに特化した形でコメントしていただきたいです。フェイスブックのグループでも同様な形ではじめています。ネットからの二次情報でなく、ご自身が直接調べた情報をコメントしてください。この際、注意していただきたいのは、個別企業の批判的なコメントは一切書かずに、客観的に事実情報をまとめる形で作りたいです。個別企業の問題がある対応は、個別に僕にメール下さい。そのことは、また別途考えます。この記事については、このスタイルのコメント以外どのようなコメントも承認いたしません。内容的にコメントしたい人は別の前記事などにコメントしてください。

ここ数日、この類の情報に女性を中心に反応が早いのです。何人もの知人から「知っている事を教えて」と頼まれました。関心度が高いなら呼びかけたいです。この記事のコメント欄をみれば、分かる形にしますし、フェイスブックからのリターンもあればまとめます。

 

なんとなく下記のスタイルでおねがいします。

①企業名

②商品名

③製造場所(この記号はどこの工場までわかれば)

④主要な原材料

⑤原材料の産地

⑥賞味期限などから製造年月日がいつで、原材料の調達がいつか。

⑦放射能対応の有無、具体的な対応

こういうかんじでいかがでしょうか。 

 

================================================

名古屋で講演会です。

「脱原発@愛知名古屋 木下黄太講演会 ~放射能汚染被害の実態と対策~」
日時:6月25日(土)午後3時から

場所:愛知県あま市甚目寺町甚目寺観音法花院
会費:カンパ500円
申し込み先 oddiyana@gmail.com

問い合わせ:http://datsugen-aichi-nagoya.net/?page_id=6
企画担当:林久義
企画者よりのメッセージ
「いろんなところで木下氏の講演会が行われますが、各会の方どなたかが核となって下さい。
互いに連絡を取り合いたいです。この各地域地域の核になる会が、結ばれ融合してゆく事を期待します。1)FBの広がりから2)各地域での会の結成3)各地域の融合体への展開4)そして、大きな声をあげられる行動へ、みなさんの更なるご提案等を期待しています。」

=========================================

 

 ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に退避すべきだと僕は思います。優先順位は「避難する」ことです。僕はそれしか言う事ありません。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く退避することをすすめます。

 

コメント (325)

首都圏から避難する人に、簡単なステップから。まず長期の夏休みをとりませんか。例えば九州に。

2011-06-22 00:40:59 | 福島第一原発と放射能

 

僕がつくった「福島第一原発を考えます」というFacebookのグループhttp://www.facebook.com/home.php#!/home.php?sk=group_163985373661863(同報機能五千人限界のため新規参加は停止していますが、読むことはどなたでもできます)に、首都圏・関東・東日本からの避難、移住に関して具体的に対応したいという話が出始めています。ある男性、三月に福岡に避難している方からの呼びかけです。つぎはそれに対して Akiko Ikedaさんというロンドン在住の女性が、この夏休みに一度考えてみませんか。避難・移住から、夏休み旅行の形でも、被曝を減らしませんかという呼びかけをしています。こうしたことを続けていかなければならないという意識は僕たちには強いのです。

===================================

九州への避難・移住または、夏休み旅行を!

 

 

このグループ発足時にも一度九州への避難、或いは移住を検討の方、連絡くださいと投稿していました。あらゆる方面で真剣に考え始めている方、行動に移されている方が増えている現状と、これからもその動きが活発化されることが予想されます。

私自身、3月早々から実行に移した者です。福岡市近郊の不動産情報等、私の経験でよろしければお力になります。ちょっとしたことでもかまいません。私にコンタクトください。私は家族を連れての移住ですが、これまでの相談で単身の方で移住を決められている方もいるので、どなたでもいつでも連絡ください。

私という人間を知っていただくために考え方をここに書きます。強い者、お金のある者が生き残るのではなく、変化に対応した者が生き残るという進化論のダーウィンの言葉を是とした上で、今の我々の置かれた立場は個としての知力、体力、気力、胆力の総合力が試されているのだと思います。

これは全てを持ち合わせていなければならないという意味ではありません。頭が良すぎるだけでは体は動きません。体力、気力、胆力だけがあっても長続きは難しい。要はバランスです。置かれた立場の中でどう状況判断をしていくか。勿論、愛着のある地を守る方もいらっしゃるし、個人的な都合で動くに動けない環境の方もいらっしゃる。それを否定するものでは全くありません。どこに重きを置くかで導き出される答えは人の数だけ違います。

私は究極の選択をされて避難、疎開、移住を決断された、或いはこれからするかもしれない皆さんの気持ちは3ヶ月前に経験しています。

こちらとしてもまだどれだけお役に立てるかは未知数です。相談するだけでも肩の荷はある程度下りるかもしれない。

避難地の一候補地としての情報収集としての一助にもなるかもしれない。皆さんの経験が、その一言が、大きな決断をするかもしれない後続の東日本の皆さんの可能性、機会を切り開くかもしれない無限の力を秘めているんです。

九州にいらっしゃる皆さん、どうぞ情報をお待ちしています。東日本で大変厳しい環境にいらっしゃる皆さん、いつでも声をかけてください。知力、体力、気力、胆力。あとはヒトという生き物としての動物的、野性的な勘もフルに活用してください。機会は平等であることを信じて。

==================================================================

 

これは、「福島第一原発を考える」公開グループに最近投稿されたものです。このグループでは、情報が分速で飛び交っていてあっという間にタイムラインの中に埋もれてしまうので、自分のノートに保存しておきました。

 おっしゃっているコメントに、大変同意する部分があります。

それは、「強い者、お金のある者が生き残るのではなく、変化に対応した者が生き残るという進化論のダーウィンの言葉を是とした上で、今の我々の置かれた立場は個としての知力、体力、気力、胆力の総合力が試されているのだ。<中略>要はバランスです。」

 現在、あまりにも急ピッチで、これまでの3か月隠されていた事実が明るみになり、母乳被爆や、鼻血などの身体症状も各地で出始め、きっと大なり小なり被爆がある関東/首都圏在住の方々は、私の家族をふくめ、とまどいの中、思考停止になりそうな方もいるかもしれない。「うちは諸事情で、どうせ避難、移住は無理」と思考停止せずに、どうぞ変化に対応する努力を、脳内シュミレーションだけでもいいから、してみてほしいと切に願います。

 

例えば、移住は無理としても、夏休みに、少しゆっくり、九州や四国や沖縄などへ旅行(それも、宿代等はなるべくセーブして、少しでも長い期間ーそれは5日でも、1週間でも、2週間でも、3週間でも)してみてください。この努力が、大きな被爆状況の改善を生むことは、ベラルーシからの報告で明らかです。注1)

 崎山比早子(元放射線医学総合研究所主任研究官、医学博士、現高木学校)さんの3月20日の会見によれば、被爆のしくみは、放射能が出す放射線が身体の細胞を通過するときにDNAの鎖を切断してしまう。1本通れば1本傷がつく。100本なら100本傷がつく。身体には自己修復機能がある程度あるのですが、中途半端にしか修復できない場合もあります。

 

ラッキーな事に、被爆でなんらか症状や病気がでない場合でも、放射線によって細胞が傷つく事実は、同じです。

だから、たとえば自分の娘が近未来、幸い病気にならなくとも、将来に、子供を生む際に奇形の子ができてしまうなどの不幸が生まれます。その娘が病気にならない程度に傷を自己修復できても、その子の体内に備わっている卵子に傷がついたままになっているかもしれないから。男の子は精子は常に新しいのを作りますからよいのですが、女の子は生まれた時に、一生分の卵子を体内に持って生まれてくるから、このような悲劇が起こります。注2)

また、年齢が小さければ小さい程、放射能の影響を受けやすいことは周知です。それは、小さい子供ほど、成長のために活発な細胞分裂を繰り返しているので、DNAの転写が大人に比べて非常に盛んであり、DNAの修復が間に合わずに、間違ったまま転写してしまうリスクが高いからです。

 

 ただし、「チェルノブイリのかけはし」の方の活動報告をみても明白なように、生まれた時から重度に被爆しつづけてきている子供たちでさえも、夏休みの間だけ、被爆のない生活をすると、休み後のホールボディカウンターの値は、目覚ましく下がるそうなのです!

 

理想は、避難・移住です。

でも、それがどうしてもかなわぬなら、定期的に、できる限りの、被爆を休む休暇をとることです!

 まだ、幸い症状の出ていない方も、もうちょっと、心配な症状が少し自覚できる方も、今から、真剣にそれを検討してみるのは、とても意義のあることだと思います。

 

注1)「チェルノブイリのかけはし」代表野呂さんの講演会ビデオでの、彼女の報告にこのくだりがあります。

http://www.youtube.com/watch?v=M90OCg4pp3s&feature=related

 

注2)キエフ病院の子供たち 2011 - 原発事故のもたらしたもの

http://www.youtube.com/watch?v=kFP-xx68q6Q&feature=youtu.be

 

 

Akiko Ikedaさん作成

================================================

名古屋で講演会です。

「脱原発@愛知名古屋 木下黄太講演会 ~放射能汚染被害の実態と対策~」
日時:6月25日(土)午後3時から

場所:愛知県あま市甚目寺町甚目寺観音法花院
会費:カンパ500円
申し込み先 oddiyana@gmail.com

問い合わせ:http://datsugen-aichi-nagoya.net/?page_id=6
企画担当:林久義
企画者よりのメッセージ
「いろんなところで木下氏の講演会が行われますが、各会の方どなたかが核となって下さい。
互いに連絡を取り合いたいです。この各地域地域の核になる会が、結ばれ融合してゆく事を期待します。1)FBの広がりから2)各地域での会の結成3)各地域の融合体への展開4)そして、大きな声をあげられる行動へ、みなさんの更なるご提案等を期待しています。」

=========================================

 

 ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に退避すべきだと僕は思います。優先順位は「避難する」ことです。僕はそれしか言う事ありません。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く退避することをすすめます。

 

 

コメント (105)

首都圏で、柏や松戸などの東葛地域の子どもや妊婦、若い女性から退避すべきではないか。

2011-06-21 12:59:46 | 福島第一原発と放射能

フェイスブックグループのガイガー隊から寄せられた柏ビレジ近隣公園の放射線測定です。測定器 インスペクター+ですから、いろんなご意見はありますがγ線のみならず、β線やα線も検出します。その測定です。

地上一メートルでγ線 で0.425マイクロシーベルト

アスファルト γ線のみ 0.267マイクロシーベルト

         αとβとγ  1.540マイクロシーベルト

土        γ線のみ  0.575マイクロシーベルト

         αとβとγ  1.126マイクロシーベルト

道路      γ線のみ  0.413マイクロシーベルト

        αとβとγ    2.675マイクロシーベルト

 特に心配されるのはガンマー線では測れない、いろんな核種がやはりこの地域には大量にあるのではないかということです。セシウムカウンターで測ると柏近隣の数値がチェルノブイリの立ち入り禁止区域の手前にあたる場所の現在数値とほぼ同じという事もよく聞こえてきます。僕の知人の弁護士は、ウクライナのガイガーカウンターのterraで測って(γ線のみ)、松戸裁判所周辺で、0.8マイクロシーベルトを計測(六月十一日午後五時ごろの数値)しています。驚く数字です。

 首都圏からの退避を考える際に、まず優先されるのはこのエリアの子どもたちです。妊婦、さらに妊娠可能な女性も、もちろんです。首都圏でもこのエリアの数字は、他の地域と数倍開きがあります。僕は退避すべきだと思います。 

 2号機は19日の夜からあけはじめ、20日早朝に全開でしたが、双葉町山田では20日午前1時の27・5マイクロ・シーベルトから午前8時には同45マイクロ・シーベルトにあがっていたそうですが、保安院に 報告は夕方までなされていなかったそうです。大体、普段の倍近くの放射性物質が出ていたということです。懸念は間違っていませんでした。すぐに本当のことは言わないという体制であることは、今一度ご確認下さい。

 

================================================

名古屋で講演会です。

「脱原発@愛知名古屋 木下黄太講演会 ~放射能汚染被害の実態と対策~」
日時:6月25日(土)午後3時から

場所:愛知県あま市甚目寺町甚目寺観音法花院
会費:カンパ500円
申し込み先 oddiyana@gmail.com

問い合わせ:http://datsugen-aichi-nagoya.net/?page_id=6
企画担当:林久義
企画者よりのメッセージ
「いろんなところで木下氏の講演会が行われますが、各会の方どなたかが核となって下さい。
互いに連絡を取り合いたいです。この各地域地域の核になる会が、結ばれ融合してゆく事を期待します。1)FBの広がりから2)各地域での会の結成3)各地域の融合体への展開4)そして、大きな声をあげられる行動へ、みなさんの更なるご提案等を期待しています。」

=========================================

 

 

 ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に避難すべきだと僕は思います。最優先順位は「避難する」ことです。僕はそれしか言う事ありません。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く避難することをすすめます。

 

コメント (68)

三重県産の魚が市場で突然に増えているのは本当らしい

2011-06-20 13:37:15 | 福島第一原発と放射能

 三重県漁連が魚を買いつけて、三重県産として販売していく話は出回っていましたが、きのうの自由が丘の講演会に築地市場の関係者が来ていて、最近あきらかに、三重県産の魚の取り扱いがかなり増えているそうです。なんでこんな魚が三重県産として、納入されるのか分からない状態と聞きました。これは、違法行為ではなく、僕らから見たら「脱法」的な感覚で、産地がわからなくされているケースだと思います。三重県漁連の考えは僕にはまったく理解できませんが、日本のどこのものとわからない魚が、三重の魚として販売されている実態は衝撃です。結局、消費者が放射能被害を避けようとする事の方が優先されない社会が、この日本である事は間違いありません。徹底的に自衛するしかありませんし、徹底的に闘うしかありません。当面、僕は三重県産と表示された魚介類は一切買わない事に決めました。リスクが高すぎます。どこの産地のものか分かりませんから。本当に、この国が日本なのか疑う事ばかりです。これなら外国産の安い魚ばかり流していた安い回転寿司がまだマシで、まともな寿司屋があぶないということにもなりかねません。本当に憂鬱な日々です。(ちなみに三月十一日以降、寿司屋も回転寿司さえも、僕は一回も行っていませんが。)

 4号機の変化はまだわかりませんが、2号機の扉が開いたこととの関連はわかりませんが、きょうは若干茨城などでガイガーの数字が高めのようです。風向きの変化もあって、すこし南にも吹いているようです。ただし、気持ち高め位ですので、大きく心配する状態ではありません。4号機は注視が続きますが。

================================================

名古屋で講演会です。

「脱原発@愛知名古屋 木下黄太講演会 ~放射能汚染被害の実態と対策~」
日時:6月25日(土)午後3時から

場所:愛知県あま市甚目寺町甚目寺観音法花院
会費:カンパ500円
申し込み先 oddiyana@gmail.com

問い合わせ:http://datsugen-aichi-nagoya.net/?page_id=6
企画担当:林久義
企画者よりのメッセージ
「いろんなところで木下氏の講演会が行われますが、各会の方どなたかが核となって下さい。
互いに連絡を取り合いたいです。この各地域地域の核になる会が、結ばれ融合してゆく事を期待します。1)FBの広がりから2)各地域での会の結成3)各地域の融合体への展開4)そして、大きな声をあげられる行動へ、みなさんの更なるご提案等を期待しています。」

=========================================

 ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に逃げるべきだと僕は思います。優先順位は「逃げる」ことです。僕はそれしか言う事ありません。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く退避することをすすめます。

 

 

 

コメント (69)   トラックバック (1)

要注意:4号機の危機はさらに深刻。プールの使用済み核燃料が危ない。

2011-06-19 23:12:37 | 福島第一原発と放射能

 2号機は作業だからまだしも、今度は制御できていない話です。4号機のプールは前から漏水もあり、かなり懸念されています。米軍関係では、このプールの底が抜けるのではないかという懸念が当初から続いています。しかも、建屋が傾いています。もともと、ものすごく危ないのです。恐らく使用済み燃料プールの水が、沸騰していて、水位が大幅に下がっていて、つながっているピットの水が横に移動しているだけです。ピットの強い放射線なんかどうでもいいです。使用済み核燃料プールが、状況が厳しくなっていると考えるべきです。生身の核燃料が反応していて、水が保てるかどうかという状況でしょう。線量が高い状況でしょうから、作業は難しい。従来から水を入れていたのにこの状況になっているのは、何かの危機的状況を推測すべきです。ピットの方に、報道のポイントをずらす、つまりプールのむきだし核燃料の危険から、東電が国民をめくらまそうとする感覚もみうけられます。

 この4号機の使用済み燃料が、本当にプールの水位が下がりきり、完全にむきだしになると、ものすごく高い線量の放射性物質がでていく可能性も否定できません。とにかく、風向き、モニタリングポスト、ガイガー隊の数字を気にしてください。1マイクロや2マイクロの数字が出たら、すぐに逃げてください。

============================================

4号機建屋機器から強い放射線か 水位低下、遮蔽されず

東京電力福島第1原発4号機の原子炉建屋上部にあり、機器を水に漬けて保管している「ピット」という場所の水位が低下、水による放射線遮蔽効果がなくなり、露出した機器から強い放射線が出ている可能性が高いことが19日、分かった。

 4号機は地震発生時に定期検査中だったが、地震と津波で冷却機能が失われ、使用済み燃料プールの水が燃料の熱で蒸発して水位が低下。プールにつながるピットの水位も低下したとみられる。

 東電は「4号機の建屋周辺の放射線量は特に高くなく、外部への影響はない」とするが、今後、この付近で作業する場合に備えて水位を上げるため、19日から水の注入を始めた。

                                                     2011/06/19 18:39   【共同通信

コメント (36)

二号機の二重扉開放はきょう午後八時ごろから。風向きとモニタリングポストに注意してください。

2011-06-19 18:07:49 | 福島第一原発と放射能

 二号機の二重扉は、きょう午後八時ごろから開放します。モニタリングポストの数値、福島や茨城、近隣のモニタリングポストの数値、全国のガイガー隊の数値、風向き、降雨の有無は、今晩遅くからあすにかけて、福島はもちろんのこと、関東や東北エリアでは少なくとも警戒してください。万が一、モニタリングポストやガイガーの数値が1マイクロから2マイクロの数字を出す事があれば、もちろん逃げてください。

 こういうことを書くとまた騒ぐ人がいますが、ヨーロッパならメディアが事実を伝えるだけでなく、注意を呼びかける類の話です。そんな当たり前のことも分からず、危険が絶対にないと思い込みたい人は、僕には全く理解できません。

 とにかく、注意する事を注意する。異変がおきれば、退避する事は鉄則です。

 

ある程度被曝しているエリアの人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に逃げるべきだと僕は思います。優先順位は「逃げる」ことです。僕はそれしか言う事ありません。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く退避することをすすめます。

 

 
コメント (40)

チェルノブイリから、ベラルーシやドイツなどでおきたことを確認して下さい。

2011-06-19 03:32:48 | 福島第一原発と放射能

 チェルノブイリの事故の時にヨーロッパに旅行中に被曝した日本人女性の話をその親族から伺いました。その伺った内容をメールしてもらいました。

======================================================

新婚旅行はハンガリー、ポーランド、チェコ、東ドイツ。 (そのときにチェルノブイリがおきる。 )
   
ハンガリーで雨に濡れた。晴れていたのに急に雨が降ってきた。     
     
ホテルに戻り、乾いたブラウスを見たらグレーのシミがポツポツと沢山跡が残る。     
     
2年後妊娠、異常があり、チェルノブイリの被爆ではないかと診断。     

     
     
甲状腺、子宮、目、爪、皮膚、髪の毛など多機能で具合が悪い。     
     
皮膚感覚が敏感で、放射能が大阪に来るのがわかったそうです。     
     
目の周りが赤くなるそうで、確かに赤かったです。     
   
     
     
彼女が言うには、(正しいかどうか分かりませんが・・)     
     
外気に触れる肌にはいつも日焼け止めクリームを塗って(皮膚と放射性物質の間に膜を作るそうです)     
帰宅したらアルコールティッシュや清浄綿で手や顔も拭くそうです。     
     
とにかくこの先何年も何十年も雨には濡れない。     
     
汚染された地域の食物、たとえペットボトルの水でさえ、製造地が汚染された場所なら     
買ってはいけない。     
     
これから買い物に行ったら輸入品を買う事。     
     
子供は特に女の子を注意する。     
男の子は多少精子の数が減るかもしれないが、次から次へと作られる。だが女の子は違う。 
持って生まれたものが変わらない。     

===============================================

 チェルノブイリの影響は、東欧で旅行していた日本人にも大きく影響が出ている話です。怖いです。
 そして、当時のベラルーシと東京はあまりかわらないとも聞きます。核種の種類が東京の方が多い可能性があります。チェルノブイリはセシウム137が多い可能性があり、今回の僕らの土壌調査の一部結果をみると、セシウム137と134が等量、出ている感じです。そして、都内の地面で様々な核種が落ちているということは、当然、福島、茨城はもっとひどい状態です。こうすると、こうしたエリアの食べ物がまわる関東は、内部被曝の危険性はかなり高くなっています。もしかすると、東京はベラルーシよりもひどい内部被曝型になっている可能性もあります。
 
 ちなみに、ベラルーシで子どもは七割近く病気があり、染色体異常、IQの大きな低下もおきています。現在も、女性は甲状腺ガンが、かなり増加していると聞きます。当時、ベラルーシの若い女性は、着床しないため子どもが生まれない、不妊、流産の増加が出ています。
 
 ドイツ、ベルリンでもいろんなことがおきています。内部被曝をとめるために、このときのドイツの人達がいろんな対応をしています。ドイツ政府が当初ひどい対応をしていたこともあります。このへんのことは日本人女性ジャーナリストが書いた「ベルリンからの手紙」(八月書館)をお読みになればよくわかると思います。たぶん絶版なので、図書館でお読み下さい。1500キロ離れたドイツで、どの程度防御していたのかは、日本国内のすべての女性に参考になると思います。普通のレベルの対応では被曝は防げません。
 
 ある程度被曝しているエリアの人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に逃げるべきだと僕は思います。優先順位は「逃げる」ことです。僕はそれしか言う事ありません。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く退避することをすすめます。
 
 

コメント (46)

大災厄であればあるほど、安全と思いたがる傾向。その先にある落とし穴。

2011-06-18 07:06:36 | 福島第一原発と放射能
コメント (43)